« きっこさん含め雪崩現象に唖然とす。&ネットウヨが嫌うアニメ・メッセージバナー(笑)、そして巧妙化するネット工作者ウォッチング。 | トップページ | 「いいのですか?ジュゴンの未来は、あなた達の未来かも、」バナーです。色々なアプローチで色々な人とつながりたいですね。 »

2007年5月19日 (土)

始めから失敗を約束されたアンケート。公平性は最低限の条件、むしろ答える民主党議員がいたら間抜けすぎてその方がむしろ心配。

 元々の言いだしっぺとしては、きっこさんまで巻き込んだりとか、えらい騒ぎに発展してビックリしてます。

 「バナーを作るぐらいなら良いが、それ以外では、何かアイデアが浮かんでも、思いつきでやたら書くべきではないな」と反省することしきりの今日この頃、みなさんお元気ですか。(笑)

 現在、主にはしゃいでいるのは、党利党略一直線・金太郎飴の日共シンパの方と、政治的な情勢判断力のない政治音痴の方だけだと思います。

 最低限、自民党にも同じようにアンケートを突きつけ紙に記録する、言質取りをやるということなので最初のものよりほんの一歩だけ前進です。しかし何度も書いたように、やはりすべての候補者の言質をとることが本来でしょう。

 アンケートというのは公平性が最低限の条件なので、特定の政党にだけ聞くという時点でその条件が崩れてしまっています。公平性が担保されているかどうかも分からない正体不明のアンケートに答えるなんて間抜けすぎますし、結果党利党略の宣伝に使われたなんてことなら民主党自体が間抜けすぎてその方がむしろ心配です。(笑)

 つまりです、もし民主党の候補者が誰も答えないとしても、誰もそれを非難できないということです。まあ、党利党略一直線の日共はガンガン宣伝するでしょうが、もともと公平でない条件で民主党(最新案では民主と自民?)にだけ言質取りのために聞こうってんですから、そんなの多数の国民は相手にしません。

 「公平な条件ではなく、正体不明の宣伝に悪用されそうなので、党全体としても答えないように指示した」でおしまいです。

 一番間抜けなのは、公明党に聞かないことです。言質をとっておけばあとでいくらでも政治宣伝するときにそれを使えます。「加憲」で、元々の憲法はいじらないと言っているのですから、全員そろっておいしいことを言っておいて、こんどは全員そろってひどい改憲をしたらそれこそ言質を使ってたたけるでしょう。

 難しいことはよく分からないが、昔読んだ本に「一が分かれて二になる」だったか、「一を分けて二とす」だったか、ってのがありました。敵の中に味方を見出し、「一を分けて二とす」ってのが弁証なんとかと言うものではないのですか?(笑)

 「ゴホンと言えば龍角散、護憲と言えば共産党」とか言ってはしゃいでいるのもいました。護憲が日共だけと言うのは、票目当てにヨダレたらして党利党略で言っているうちは金太郎飴党員・ロボット党員として筋が通ってます。しかし、それで憲法九条を守れると本気で考えているとしたらただの馬と鹿です。護憲だけで民主党から票が離れて日共に行くほど甘くはありません(多少はあるでしょうが)。それほど国民の現実感覚は幼稚ではないと言うことです。

 われわれネット言論で勝負しようとするものにとっては情報の伝播力だけが勝負です。伝播するためには、情報に「筋が通っている」ことが必要です。「義」のないもの、「公平性」のないもの、「合理性」のないもの、要するに「筋が通っていない」情報は伝播のしようがないのです。

 今までいくつかのコメントを読んで、参考になったものを末尾にご紹介しておきます。弁護士さんのも名月さんのところで読みましたが、幼稚すぎて参考にはならなかった。(笑)

※あまり期待はできないとしてもマスコミにやらせるべきです。お約束した「マスコミよ全候補者に憲法についてアンケートで問え、本当にジャーナリストなら」バナーをなるべく早く作成しようと考えています。

関連投稿
きっこさん含め雪崩現象に唖然とす。&ネットウヨが嫌うアニメ・メッセージバナー(笑)、そして巧妙化するネット工作者ウォッチング。
いったん中止・保留にさせてください⇒有志を募って連名で民主党に、特に九条への態度を問うアンケートはどうですか?


その1(「憲法、なかでも9条が変えられることに反対するブロガーの皆さん。」へのコメント

趣旨には大いに賛成ですが)

アンケート対象を自民党まで拡張するというのは大変よい方向だと思います.参議院議員の任期は6年間ありその間は改選されませんが,安倍政権の改憲スケジュールでは3年後に改憲を提起することになっていますから,今回の参院選予定候補者の立ち位置をあらかじめ確認しておくことは有権者が投票行動を行う上での必須の条件とも言えます.この意味でアンケートの趣旨を「9条改定の是非」に絞り込むのは適切な判断だと思います.

もしそうであるとすれば,ここで公明党を除外するというのは腑に落ちません.私はむしろ無所属を含めた全候補者に同趣旨のアンケートを実施し,それを公開すべきではないかと思います.もちろん,技術的ないし時間的あるいは労力的な問題もあるとは思いますが,この種のアンケートはできる限り「透明」なポジションで実施するのが妥当であるように思うのですが...自・公政権を切り崩すという「戦略」は理解できますが,私自身は「公明党の少なくとも一部」は護憲勢力であると認識しています(自民党内の護憲論者が「味方」であるのとまったく同様趣旨で).

アンケートの文面を民主党向けと自民党向けで区別するというのも「何だかな~」という感じがします.(厳密に言えばそれでは-統計学的な意味で-公正な「アンケート」とは言えません)茶文字部分はすっきりと全面削除された方がよいのではないでしょうか?補足的意見として述べれば,アンケートを2段階で実施するということも考えられます.最初は(早い段階で)政党の予定候補者を対象に実施し,2回目(選挙直前)に全候補者を対象にアンケートを行うというものです.

    * 2007/05/19(土) 07:10:37 |
    * URL |
    * 馬場英治 #PIpocw5A
    * [ 編集 ]

その2(雑談日記へのコメント

はじめまして。ぶいっちゃんのところから来ましたFKと申します。よろしくお願いします。

私も民主党議員だけに護憲か、改憲かの是非を問うのは反対です。(自民党議員に範囲を広げても消極的です。)間違いなく改憲派の議員や民主党は改憲の内容に関係なく「平和を脅かす勢力」として護憲派からレッテル貼りされ非難されます。(自民党や共産党の思うつぼです)

もし問うのであれば自民党憲法草案の是非を問うべきです。改憲派であってもその内容は様々です。私は自民党憲法草案には反対ですが、専守防衛のための自衛隊の存在は憲法に明記したほうがいいと思っています。このような考え方も護憲か、改憲かで問われれば改憲になります。

また護憲の立場の人でも共産、社民の憲法解釈である非武装中立を望んでいる人は少数派だと思います。多くは現状維持を望んでいると思います。そのような人も護憲だから共産、社民支持が当然だ、というのも間違いだと思います。

投稿 FK | 2007/05/18 22:56


|

« きっこさん含め雪崩現象に唖然とす。&ネットウヨが嫌うアニメ・メッセージバナー(笑)、そして巧妙化するネット工作者ウォッチング。 | トップページ | 「いいのですか?ジュゴンの未来は、あなた達の未来かも、」バナーです。色々なアプローチで色々な人とつながりたいですね。 »

コメント

こんばんは。コメントの掲載ありがとうございます。参考までに他のブログでもこれに関連した記事を見つけました。

1.「ちょっと一言」
http://sapporo-hide.cocolog-nifty.com/hitokoto/2007/05/post_e559.html

5月15日記事、「参院選の争点を改憲是か非かにしてはならない」

2.「日本がアブナイ!」
http://mewrun7.exblog.jp/
の5月16日の記事

「護憲か改憲か」を争点にしようと考えている人は自民からの反撃や自陣営の分断についての弊害を全く論じていません。

私が中川幹事長であれば、絶対に憲法が争点になっても「自民党憲法草案」は前面に打ち出しません。(公明党との連携にひびが入ります。)もし攻撃されても「決してこの案にこだわりません。各党とよく相談して国民の理解が得られるものに致します。」と選挙前だけうまいことを言ってごまかすでしょう。そして社民の非武装中立論の問題点を訴え、社民と共闘している民主を攻撃します。また民主は憲法の考えがまとまっていない、と責任政党としての資質を攻撃します。共産は民主攻撃に重点を移しているならば放置し、野党間の分断を図ります。国新も万が一のことを考え批判はそこそこにします。

9条を守るならば参院選で与党を過半数割れにし、安倍氏を退陣に追い込んだり求心力を失わせる方が有効だと思います。共産党が1~2議席増えた所で与党の過半数割れを許せば流れは変わりません。(小沢代表が変わり民主が共闘路線を捨て右傾化する弊害の方が大きいと考えます。)

3年前の参院選でも野党が敗北した27ある一人区のうち9つは民主、共産の得票が自公候補者の得票を上回っていました。各野党が党利党略を優先すると、郵政選挙の時と同じように47.7%の得票率で73%の自民議席を与えることになります。共産支持者以外の護憲派の人はもう一度よく考えて行動してほしいと思います。比例や複数区の民主以外の支持はもちろんいいと思いますが、一人区では自公候補者に勝てそうな人に票を集中すべきです。また民主を自公や共産と一緒になって攻撃するのは間違いです。共闘とは統一ではありません。(ゴホンと言えば龍角散、批判と言えば共産党)

投稿: FK | 2007年5月20日 (日) 04時50分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 始めから失敗を約束されたアンケート。公平性は最低限の条件、むしろ答える民主党議員がいたら間抜けすぎてその方がむしろ心配。:

» サンプル動画の活用法 [サンプル動画の活用法]
サンプル動画を利用することで個人ブランドや企業ブランドの作り方のアイデアなどを載せていきたいと思います。 サンプル動画は今後ネットビジネスのコンテンツの主流になります。 ぜひあなたもサンプル動画を活用して下さい。 [続きを読む]

受信: 2007年5月20日 (日) 01時35分

» 速報:名護市辺野古の市民グループ「命を守る会」代表の金城祐治さんが十九日午前、亡くなった。七十二歳。 [エクソダス2005《脱米救国》国民運動]
沖縄タイムス 2007年5月19日(土) 夕刊 5面 金城祐治さん死去/72歳「命を守る会」代表  【名護】普天間飛行場の移設に反対する名護市辺野古の市民グループ「命を守る会」代表の金城祐治さんが十九日午前、亡くなった。七十二歳。  金城さんは一九九九年から「命を守る会」の代表を務め、普天間飛行場の移設に一貫して反対し座り込み運動など反対派の象徴的な存在だった。キャンプ・シュワブが普天間飛行場の建設候補地に挙がって以来、名護市民投票など反対運動の先頭に立ってきた。温和な性格で親しま... [続きを読む]

受信: 2007年5月20日 (日) 03時43分

» 明月さんの提案する「自民党と民主党候補者に改憲の賛否を問うアンケート」についての当ブログの見解 [エクソダス2005《脱米救国》国民運動]
耐震強度偽装事件などを追求して鋭い分析力を発揮しておられる《反戦な家づくり》の明月さんから提起された『【緊急】賛同ブロガー募集!「自民党と民主党候補者に改憲の賛否を問うアンケート」』というアクションについての当方の見解をまとめておきたい.私自身,筋金の入った『護憲論者』のつもりであるし,現時点においては現憲法の一字一句たりと言えども変えてはならない,むしろ今必要なのは現憲法を文字通り実現することであり,日本国憲法の精神を全世界に広めてゆくことであると考えているので,軍事最高司令官を自称する現アベシ政... [続きを読む]

受信: 2007年5月21日 (月) 19時26分

« きっこさん含め雪崩現象に唖然とす。&ネットウヨが嫌うアニメ・メッセージバナー(笑)、そして巧妙化するネット工作者ウォッチング。 | トップページ | 「いいのですか?ジュゴンの未来は、あなた達の未来かも、」バナーです。色々なアプローチで色々な人とつながりたいですね。 »