« 雑談日記は999000で100万アクセスまで、1000をきりました。到達は明日お昼過ぎだと思います。 | トップページ | 立花隆さんの講演会で紹介された「再建日本の出発-1947年5月 日本国憲法の施行」(国立公文書館)は5月22日までです。 »

2007年5月15日 (火)

Wikipediaの通称・略称『国民投票法、憲法改正手続法』に準じて、『憲法改悪手続法』とバナーのコマを修正したバージョンを作りました。

 以下は、法律の通称名を変更したタイプです。Wikipediaの「国民投票法」によれば、公式名称は『日本国憲法の改正手続に関する法律』で通称・略称は『国民投票法、憲法改正手続法』となっていました。バナーでは『憲法改悪手続法』としています。

※左が安倍と鳩山氏が並んでいるタイプ、右が両方とも憎らしげな安倍の顔が並んでいるタイプです。(安倍の顔が並んでいるのだけ欲しいという要望が あるので、。)下にタグを書いておきます。文字だけのブログの方にぜひ使って欲しいです。CM的な宣伝戦の重要性に気がついてください。きっこの日記あた りで紹介してくれると良いのだが、、。

「最低投票率定めないのは世界で2カ国、こんな法律最低ジャン」バナー 「最低投票率定めないのは世界で2カ国、こんな法律最低ジャン」バナー

小泉の「自民党をぶっ壊す、「47.7%の得票率で、73%の議席獲得の「圧勝」自民。小選挙区制インチキ選挙。」、結果安倍で、やらせ・ごまかし・改悪やり放題、で、「日本の9・11絶対に忘れない」バナー 小泉の「自民党をぶっ壊す、「47.7%の得票率で、73%の議席獲得の「圧勝」自民。小選挙区制インチキ選挙。」、結果安倍で、やらせ・ごまかし・改悪やり放題、で、「日本の9・11絶対に忘れない」バナー

通称名『憲法改悪手続法』最低ジャン左のバナー

<p><a href="http://soba.txt-nifty.com/zatudan/2007/01/post_f114.html"><img border="2" src="http://soba.txt-nifty.com/zatudan/0anime/kokumintouhyouhousaiteijan1-2.gif" alt="「最低投票率定めないのは世界で2カ国、こんな法律最低ジャン」バナー" /></a></p>

通称名『憲法改悪手続法』最低ジャン右のバナー

<a href="http://soba.txt-nifty.com/zatudan/2007/01/post_f114.html"><img border="2" src="http://soba.txt-nifty.com/zatudan/0anime/kokumintouhyouhousaiteijan2-2.gif" alt="「最低投票率定めないのは世界で2カ国、こんな法律最低ジャン」バナー" /></a></p>

 今までのタイプです。

「最低投票率定めないのは世界で2カ国、こんな法律最低ジャン」バナー 「最低投票率定めないのは世界で2カ国、こんな法律最低ジャン」バナー

国民投票法最低ジャン左のバナー

<p><a href="http://soba.txt-nifty.com/zatudan/2007/01/post_f114.html"><img border="2" alt="「最低投票率定めないのは世界で2カ国、こんな法律最低ジャン」バナー" src="http://soba.txt-nifty.com/zatudan/0anime/kokumintouhyouhousaiteijan.gif" /></a></p>

国民投票法最低ジャン右のバナー

<p><a href="http://soba.txt-nifty.com/zatudan/2007/01/post_f114.html"><img border="2" alt="「最低投票率定めないのは世界で2カ国、こんな法律最低ジャン」バナー" src="http://soba.txt-nifty.com/zatudan/0anime/kokumintouhyouhousaiteijan-2.gif" /></a></p>

関連投稿
憲法「表現の自由」や「異議あり」への安倍自民党の本音、「自由と生存のメーデー07――プレカリアートの反攻」デモ警備を見ればよく分かる。
立花隆さんの講演会に行ってきました。そして、その感想を元に憲法を取巻く情勢マッピング・マトリクスを修正してみました。
改憲しやすい国民投票法と改憲しにくい国民投票法がたぶんあるのだろう。それにしても尻に火がついたように今慌てるとは。
YouTubeがやたら止まったり、いきなり端折って切れたりする時の視聴法。例として「クローズアップ現代 9条を語れ 憲法は今」。
「実は既に手にしていた理想的な憲法」図解にアニメGIFバナーを組み込みました。かなり強烈なアピールになったかも、。(笑)
あるいは憲法九条より以上に重要な憲法九九条。九が二つってのも「あながち偶然ではないのかな」なんて思いたくなる。
国民投票法でフラフラしている、民主党幹事長の鳩山をぶったたくバナーを作ったよ。お待たせネ。(笑)

|

« 雑談日記は999000で100万アクセスまで、1000をきりました。到達は明日お昼過ぎだと思います。 | トップページ | 立花隆さんの講演会で紹介された「再建日本の出発-1947年5月 日本国憲法の施行」(国立公文書館)は5月22日までです。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Wikipediaの通称・略称『国民投票法、憲法改正手続法』に準じて、『憲法改悪手続法』とバナーのコマを修正したバージョンを作りました。:

» 国民投票法の成立 [虎哲徒然日記]
日本国憲法の施行から時あたかも60年。世の中、というか歴史というのは妙な偶然を演出することがあるが、これもその一つに数えてもいいかも。 憲法96条に定められている改正の手続き。その中に規定されている国民投票について、ついに具体的な法律が出来上がった。いろ....... [続きを読む]

受信: 2007年5月16日 (水) 20時55分

« 雑談日記は999000で100万アクセスまで、1000をきりました。到達は明日お昼過ぎだと思います。 | トップページ | 立花隆さんの講演会で紹介された「再建日本の出発-1947年5月 日本国憲法の施行」(国立公文書館)は5月22日までです。 »