« 6月13日の地方紙:沖縄タイムス、琉球新報、東京新聞、河北新報、京都新聞 主要紙:朝日、毎日、読売、産経、日経の社説&コラムです。 | トップページ | 6月14日の地方紙:沖縄タイムス、琉球新報、東京新聞、河北新報、京都新聞 主要紙:朝日、毎日、読売、産経、日経の社説&コラムです。 »

2007年6月14日 (木)

安倍についてはバナーにしたいネタが出まくりで、こんなのってあるのだろうか。もういい加減作るの嫌なのだが、。(笑)

 この写真や、この写真もネタに一発かます必要があるだろうし、以前作成済みの下記のコマはぜひとも使わなければならないだろうしネ。(笑)
150212


 これでもし安倍が参院選で惨敗しないなら、よほど野党が戦術的に拙劣か、それともTVマスゴミを使った洗脳が強力かだろう。決して国民が愚かなのではない、こんなにマスゴミが我が物顔の国は他にはないのじゃないか。

 もう一つ言っておかなければならないのは悪法「公選法」の存在である。ネット選挙運動がもし自由にできるなら、費用もかからず、資金力の差ではなく知恵が勝負の選挙運動をすることができる。金がかからず知恵が勝負、これって民主主義の基本だろう。

 そもそも、目と耳と口をふさがれた状態で、国民がどうやって的確な判断ができるのか。きっこの日記なども、国民を愚弄・馬鹿にするだけでなく、悪法「公選法」の存在について少しは書いたらどうなんだ。

※雑談日記は常に、「子供でも興味をそそられる、分かる、インパクトがある」を念頭においてブログ活動を行ってます。あなたのブログには「子供でも興味をそそられる、分かる、インパクトがある」の要素がありますか?

 以下のエントリーは参考資料として採取。これに関しても創作意欲をそそられます。(笑)


 以下、右下の「お勧めサイト&ブログ」でもご紹介している「thethe メディアリテラシーの向上のために」さんの「美しいAVEC」より。

(略)

しかし呆れるのは、自分で今回の年金問題の元凶は、菅直人元厚生大臣だと叫んでいたくせに、重要な問題から議論がそれる懸念があると言って、自ら矛を収めたフリップフラッパーぶり。別に菅直人代表代行が、責任は次の小泉純一郎元厚生大臣にある、という子供じみた反論を受けたからではないだろう。そもそもこの2人が大臣を務めていたのは、自社さ連立政権の橋本内閣の時で、第一次橋本内閣(96.1-11)までが菅直人、第二次橋本内閣(96.11-98.7)が小泉純一郎とその政権内で内閣改造によって社会保障政策が大きく変わったという訳ではない。どっちもどっちだ。

それよりも自分自身が、当時の衆議院厚生委員会のメンバーであったことも忘れたようである。何人かのジャーナリストが指摘しているが、大臣に責任があるなら、このメンバーにも責任を問わねばならない。

以下委員リストを掲載。

第一次橋本政権(96.1-96.11)の衆議院厚生委員会委員
大臣:菅直人

委員長 和田 貞夫君
   理事 衛藤 晟一君 理事 木村 義雄君
   理事 鈴木 俊一君 理事 青山 二三君
   理事 石田 祝稔君 理事 柳田  稔君
   理事 横光 克彦君 理事 荒井  聰君
      伊吹 文明君    稲垣 実男君
      狩野  勝君    近藤 鉄雄君
      竹内 黎一君    戸井田三郎君
      長勢 甚遠君    根本  匠君
      堀之内久男君    持永 和見君
      保岡 興治君    山下 徳夫君
      赤松 正雄君    石井 啓一君
      鴨下 一郎君    坂口  力君
      福島  豊君    山本 孝史君
      五島 正規君    田邊  誠君
      枝野 幸男君    岩佐 恵美君
      土肥 隆一君

第二次橋本政権(96.11-98.7)の衆議院厚生委員会委員
大臣:小泉純一郎

委員長 町村 信孝君
   理事 佐藤 剛男君 理事 住  博司君
   理事 津島 雄二君 理事 長勢 甚遠君
   理事 井上 義久君 理事 岡田 克也君
   理事 山本 孝史君 理事 五島 正規君
      安倍 晋三君    江渡 聡徳君
      大村 秀章君    奥山 茂彦君
      桜井 郁三君    鈴木 俊一君
      田村 憲久君    根本  匠君
      能勢 和子君    桧田  仁君
      松本  純君    青山 二三君
      井上 喜一君    大口 善徳君
      鴨下 一郎君    坂口  力君
      吉田 幸弘君    米津 等史君
      家西  悟君    石毛えい子君
      枝野 幸男君    児玉 健次君
      瀬古由起子君    中川 智子君
      土屋 品子君    土肥 隆一君


 以上、転載終わり。早急に強烈なバナーを作らなければいかんな。(笑)

関連記事
権力に完全屈服の「きっこ」の無様さ。「HP著作利権主義者」はこんなもの・・・
「きっこの日記」が当局により摘発されるかもしれないとの噂流れる

インターネット選挙運動とは何か?【宮台真司】」
ンターネット選挙は公職選挙法違反か --「馬」は「自動車」か 諸野脇 正@インターネット哲学者
インターネット選挙になるべきだった選挙 -- あなたも公職選挙法に「違反」してみませんか 諸野脇 正@インターネット哲学者
外山恒一氏の政見放送の動画削除要請は著作権法に違反する言論弾圧だ!
ネット時代の勝手連と公職選挙法

関連投稿
憲法「表現の自由」や「異議あり」への安倍自民党の本音、「自由と生存のメーデー07――プレカリアートの反攻」デモ警備を見ればよく分かる。
改憲しやすい国民投票法と改憲しにくい国民投票法がたぶんあるのだろう。それにしても尻に火がついたように今慌てるとは。
三権分立を考えるとき、この植草さんの発言を思い出さずにはいられない。なぜはめられ、長期拘束されたかの謎もわかる。
「めぐみさん帰国の拉致問題で参院選自民圧勝、謀略の筋書き」警戒せよ、先回り予告バナー貼りまくりで茶番・猿芝居を無効化しよう!
萎縮効果としてのきっこさんの「お知らせです。」問題と公選法、そしてケーススタディとしてのマスコミ・ウォッチング。
全国の隅々まで届け浅野史郎の新宿東口最終演説「これは終わりではなく、新たなスタートです。」インターネット放送しときます。
結局 外山恒一氏だけ見た。政見放送を自由に見たいのに見れない。公選法は有権者に優しくないぞ、俺たちの願いをかなえてくれるのはどの政党だ?
NHK開票速報、8:30放送開始と同時の当確速報を嗤い、その悪意あるメッセージ性に注目しよう。
政見放送、インターネットTVでなぜやらない。公職選挙法は時代遅れだ、「変な公選法」の歌をZAKIさんに作曲してほしい。(笑)
インターネットと選挙、考える材料として宮台真司さんの発言。
選挙とインターネット、いまや一番自民党が後ろ向きかも、。ニート・フリーター、若者の敵、反動政党の自由民主党。(笑)

 以下、お勧め。「ぬぬぬ? いろいろあるけど...明日晴れるといいね」より
結果を受け入れざるを得ない民主主義の弱点攻撃

【1】 異常に早期化する"当確"選挙速報とシナリオ掴んだ記者たちの我慢汁
【2】 「そういうことになってますから」の世の中のシナリオ書きの反復練習 
【3】 「横田めぐみが帰ってくる」衆院解散同日選挙と"安倍改憲翼賛体制"の確立 
【4】 結果と数字の目晦まし、新手のセコー戦術は世論偽装のクリックスクラム 
【5】 「あきらめてもらうシナリオ」への最大のレジスタンスは「あきらめてやんないこと」

政治ランキングをリベラル派で占拠しよう!(バナークリックで政治ランキングに飛べます。「検索窓でお目当てのブログ⇒サイト情報⇒カテゴリ : 政治」でリアルタイムの順位ページです。)
人気blogランキングバナー

天木直人さんを応援しています、SOBA個人用バナーです。草原の壁紙を使っていて同じく天木さん支持している人は使ってもいいですよ。(笑)
完全プライベートバナー「僕は青空と平和が好きだから天木さんを応援します」

ZAKIのバナー

|

« 6月13日の地方紙:沖縄タイムス、琉球新報、東京新聞、河北新報、京都新聞 主要紙:朝日、毎日、読売、産経、日経の社説&コラムです。 | トップページ | 6月14日の地方紙:沖縄タイムス、琉球新報、東京新聞、河北新報、京都新聞 主要紙:朝日、毎日、読売、産経、日経の社説&コラムです。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 安倍についてはバナーにしたいネタが出まくりで、こんなのってあるのだろうか。もういい加減作るの嫌なのだが、。(笑):

» きっこの日記♪人気ブログ! [きっこの日記♪人気ブログを覗いてみませんか?]
きっこの日記! 人気ブログ「きっこのブログ」が本になって登場です♪ [続きを読む]

受信: 2007年6月25日 (月) 19時17分

« 6月13日の地方紙:沖縄タイムス、琉球新報、東京新聞、河北新報、京都新聞 主要紙:朝日、毎日、読売、産経、日経の社説&コラムです。 | トップページ | 6月14日の地方紙:沖縄タイムス、琉球新報、東京新聞、河北新報、京都新聞 主要紙:朝日、毎日、読売、産経、日経の社説&コラムです。 »