« 日本全国に届け、響け、魂を揺さぶる心の底からのこの声!2007年07月11日夕方銀座での天木直人・藤田東吾両氏の街頭演説。〔動画〕 | トップページ | 7月12日の地方紙:沖縄タイムス、琉球新報、東京新聞、河北新報、京都新聞 主要紙:朝日、毎日、読売、産経、日経の社説&コラムです。 »

2007年7月12日 (木)

「安倍がご指定の29日に投票するのムカツクなぁ、そうだ元の22日にやっちゃおう、もち、あてつけです」バナー(笑)

 まずトラの猫キックがあるタイプ。

「安倍がご指定の29日に投票するのムカツクなぁ、そうだ元の22日にやっちゃおう、もち、あてつけです」バナー 「安倍がご指定の29日に投票するのムカツクなぁ、そうだ元の22日にやっちゃおう、もち、あてつけです」バナー

 次に、トラの猫キックを省略したタイプです。

「安倍がご指定の29日に投票するのムカツクなぁ、そうだ元の22日にやっちゃおう、もち、あてつけです」バナー 「安倍がご指定の29日に投票するのムカツクなぁ、そうだ元の22日にやっちゃおう、もち、あてつけです」バナー


参考:その1(日本がアブナイ!*1『◇投票率、「夏休みの日曜」に思惑交錯

与党が投票日を選ぶ際は、投票率も念頭に置くのが普通。今回も、自民党内で昨
年末に投票日が調整された際、当初は投票率上昇を防ぐねらいで「3連休の中
日」の15日が軸になったほど。公明党の反発で22日投開票がいったん内定し
たが、公務員制度関連法案を成立させるため国会会期延長で29日にずれ込んだ。

 過去の国政選挙で投票日が夏休みと重なったのは89年(7月23日)、92
年(同26日)、95年(同23日)、01年(同29日)の4回でいずれも参
院選。92年と95年は選挙区の投票率は50.72%(92年)と44.
52%(95年)と、それぞれ当時の最低記録を更新した。01年は「小泉ブー
ム」もあり56.44%。89年は投票率65.02%で自民が惨敗した。

 こうした中、与野党が力を入れるのが期日前投票。03年12月から導入され
た制度で、従来の不在者投票と比べ簡単に投票できる。04年参院選では約
717万人が利用し投票総数の12.37%に達し、05年衆院選でも約896
万人、12.89%に伸びた。 <毎日新聞12日>

参考:その2
ただし、期日前投票制度の問題点(Wikipediaより)

有権者が期日前投票をした後に立候補者が死亡した場合などし、その立候補者が
欠けた場合、有権者がその立候補者に投じた票は「無効」となる(例:2007 年4
月の長崎市長銃撃事件)。また、選挙権は1人1票であり、誰に投票したかわから
ないため、仮に有権者が「立候補者が欠けてしまったのだから、もう一度投票し
たい。」と申し出ても、再度投票することは出来ない。


関連記事
インターネットによる政治評論について~gooのお達しをどう考えるか?」【情報流通促進計画 by ヤメ記者弁護士】
インターネット選挙解禁の公約はどこへ行った」【保坂展人のどこどこ日記】
WEBでの文言いろいろ」【ネット時代の勝手連と公選法】
番外編:「きっこのブログ」事件を推理する」【ネット時代の勝手連と公選法】
番外編:「きっこのブログ」事件その後とYouTube」【ネット時代の勝手連と公選法】
権力に完全屈服の「きっこ」の無様さ。「HP著作利権主義者」はこんなもの・・・
「きっこの日記」が当局により摘発されるかもしれないとの噂流れる
インターネット選挙運動とは何か?【宮台真司】」
インターネット選挙は公職選挙法違反か --「馬」は「自動車」か 」【諸野脇 正@インターネット哲学者】
インターネット選挙になるべきだった選挙 -- あなたも公職選挙法に「違反」してみませんか 」【諸野脇 正@インターネット哲学者】
外山恒一氏の政見放送の動画削除要請は著作権法に違反する言論弾圧だ!

関連投稿
萎縮効果としてのきっこさんの「お知らせです。」問題と公選法、そしてケーススタディとしてのマスコミ・ウォッチング。
結局 外山恒一氏だけ見た。政見放送を自由に見たいのに見れない。公選法は有権者に優しくないぞ、俺たちの願いをかなえてくれるのはどの政党だ?
NHK開票速報、8:30放送開始と同時の当確速報を嗤い、その悪意あるメッセージ性に注目しよう。
政見放送、インターネットTVでなぜやらない。公職選挙法は時代遅れだ、「変な公選法」の歌をZAKIさんに作曲してほしい。(笑)

 以下、お勧め。「ぬぬぬ? いろいろあるけど...明日晴れるといいね」より
結果を受け入れざるを得ない民主主義の弱点攻撃

【1】 異常に早期化する"当確"選挙速報とシナリオ掴んだ記者たちの我慢汁
【2】 「そういうことになってますから」の世の中のシナリオ書きの反復練習 
【3】 「横田めぐみが帰ってくる」衆院解散同日選挙と"安倍改憲翼賛体制"の確立 
【4】 結果と数字の目晦まし、新手のセコー戦術は世論偽装のクリックスクラム 
【5】 「あきらめてもらうシナリオ」への最大のレジスタンスは「あきらめてやんないこと」

 今政治ランキングが熱い、リベラル系が大幅に進出。確認したければ、バナークリック。(ランキング参加の意義)
人気blogランキングバナー

SOBA自作のバナーです。
SOBA個人用バナー「僕は青空と平和が好きだから天木さんを応援します」

ZAKIのバナー

|

« 日本全国に届け、響け、魂を揺さぶる心の底からのこの声!2007年07月11日夕方銀座での天木直人・藤田東吾両氏の街頭演説。〔動画〕 | トップページ | 7月12日の地方紙:沖縄タイムス、琉球新報、東京新聞、河北新報、京都新聞 主要紙:朝日、毎日、読売、産経、日経の社説&コラムです。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「安倍がご指定の29日に投票するのムカツクなぁ、そうだ元の22日にやっちゃおう、もち、あてつけです」バナー(笑):

» 安倍首相の目を見よ! [Black Choco]
昔から「政治には裏がある」とは聞いていたが、 こんな裏があるとは・・・ 自民党は、いや、安倍首相は 本当に日本を愛して政治を行なっていると見た。 その理由をこれから述べよう。 彼の言う「戦後レジームからの脱却」は、 アメリカの支配からの脱却と言う事だ。 彼は就任するとすぐに、中国と韓国へ飛んだ。 誰もが驚いたはずだ。 当時は 「経済的に切っても切れない相手に、おべっかでも使いに行ったのか」 と思っていた。 だが、それは違っていた。 彼らに「アメリカからの脱却... [続きを読む]

受信: 2007年7月13日 (金) 00時15分

« 日本全国に届け、響け、魂を揺さぶる心の底からのこの声!2007年07月11日夕方銀座での天木直人・藤田東吾両氏の街頭演説。〔動画〕 | トップページ | 7月12日の地方紙:沖縄タイムス、琉球新報、東京新聞、河北新報、京都新聞 主要紙:朝日、毎日、読売、産経、日経の社説&コラムです。 »