« 7月3日の地方紙:沖縄タイムス、琉球新報、東京新聞、河北新報、京都新聞 主要紙:朝日、毎日、読売、産経、日経の社説&コラムです。 | トップページ | 7月4日の地方紙:沖縄タイムス、琉球新報、東京新聞、河北新報、京都新聞 主要紙:朝日、毎日、読売、産経、日経の社説&コラムです。 »

2007年7月 3日 (火)

この3つのバナーで、創価学会のこのじいさんを締め上げたのが効いたかもね、久間妄言問題。久間ついに辞任。(笑)

 ちっぽけなバナーで実際政治に影響を及ぼそうと、日々妄想している今日この頃のSOBAです。みなさんいかがお過ごしですか。(笑)

 下記3種類のバナーの、それぞれ6コマ目、9コマ目、9コマ目に使ったコマです。

62729


 最新の、久間発言問題を取り上げたバナー。6コマ目で創価学会の例のじいさんを締め上げました。(笑)

いくらなんでも参院選前のこの時期?久間発言は年金問題から焦点ずらしの相撲技で言えば「猫だまし」の可能性もあるバナー いくらなんでも参院選前のこの時期?久間発言は年金問題から焦点ずらしの相撲技で言えば「猫だまし」の可能性もあるバナー

 安倍自民党の横暴を支えているのは公明党であり、その公明党を創価学会が支配しています。9コマ目「傲慢自公、お灸記念日、7月29日」に池田大作の顔を背景に使ったタイプを急遽追加で作りました。(笑)左が1コマ目の安倍の顔 が大きいタイプ、右がやや小さいタイプです。

 左が1コマ目の安倍の顔 が大きいタイプ、右がやや小さいタイプです。

参院選、これからも馬鹿にされますか?信じますか?だまされますか?7月29日は傲慢自公お灸記念日バナー 参院選、これからも馬鹿にされますか?信じますか?だまされますか?7月29日は傲慢自公お灸記念日バナー

 今政治ランキングが熱い、リベラル系が大幅に進出。確認したければ、バナークリック。(ランキング参加の意義)
人気blogランキングバナー

SOBA自作のバナーです。
SOBA個人用バナー「僕は青空と平和が好きだから天木さんを応援します」

ZAKIのバナー


 以下、資料として採録。

久間防衛相辞任:世論読み違え、傷口広げた首相【毎日】

久間防衛相の辞任に関して記者の質問を聞く安倍首相=首相官邸で3日午後6時47分、内藤絵美撮影

 久間章生防衛相が原爆投下を「しょうがない」と発言した問題は3日、安倍晋三首相による擁護から一転、久間氏の辞任という参院選公示(12日)を目前にした安倍政権にとって最悪の事態となった。首相は発言直後から辞任の必要性はないとの立場だったが世論の反発は強く、年金記録漏れ問題に続き、再び世論を読み違えた格好だ。対応が後手に回り、傷口を広げた首相。任命責任が問われることで選挙戦のみならず、投票後の責任論議にも影響しそうだ。

 3日午後1時。首相官邸5階の首相執務室。安倍首相は久間氏と向かい合った。久間氏が切り出した。

 「長崎市長もお見えになった。これ以上(政府・与党の)皆さんに迷惑をかけてもいけませんし、参院選が私の発言でマイナスになっても困る。一つのけじめをつけなきゃいかんと思いますので、辞任します」

 「そうですか。その決意を受け止めます」

 首相は硬い表情で、慰留もせずあっさりと辞意を了承した。久間氏はこの後、防衛省に戻った折、記者団に囲まれ「友人と昼食を共にしながら、辞めるなら早く決めた方がいいと思い、首相に辞意を伝えた」と選挙への影響を懸念しての自らの判断と強調した。

 首相は2日に官邸に久間氏を呼んで厳重注意したばかり。6月30日、遊説先の愛媛県の車中で発言を知った際は「何でそんなことを言うんだ」と不快感をあらわにした。しかし、その直後、久間氏発言について記者団から問われると「米国の考え方について紹介したと承知している」と述べ、あえて問題視しない姿勢を強調した。

 「いろいろ釈明しないでちゃんと謝罪してほしい」。1日、塩崎恭久官房長官と自民党の中川秀直幹事長が断続的に電話で連絡を取り合い、塩崎氏は久間氏の留守番電話に吹き込んだ。首相に近い政府・自民党幹部からは「久間さんはほんとうにしょうがない人」「あの人の顔は見たくもない。会いたくもない」といった声が漏れたものの、同日の久間氏の陳謝会見を受け、「更迭は必要なし。続投」が首相サイドのコンセンサスになりつつあった。首相周辺は1日時点で「もうこれで落ち着くよ」と進退問題には発展しないとの見通しを示している。

 しかし、事はそう甘くはなかった。「これでは選挙は戦えない」--。参院選を控え、年金問題で世論の逆風にあえぐ参院自民党と公明党の怒りは尋常ではなく、引導を渡す役割に動き出した。公明党が3日午前、久間氏の釈明を聞くため約束していた面会を直前にキャンセルしたことは、重要なシグナルとなった。

 「安倍君が任命した人なんだ。結局そこに行き着く。佐田(玄一郎前行革担当相)君、松岡(利勝前農相)君、久間。全員論功行賞だからね」

 さらに、参院自民党を束ねる青木幹雄議員会長は2日朝、周辺にこう漏らしていた。首相の任命責任にズバリ切り込んだ発言は、公務員制度改革関連法成立のため、首相が青木氏ら参院側の反対を押し切り強引に今国会の会期延長を押し通したしこりを物語っていた。

 ◇公明党が一足先に事実上「引導」

 「昨日の段階までは公明党は収束に向け動いていた」。久間章生防衛相辞任表明が伝えられた3日午後、公明党幹部はこう断言した。

 異変はこの日朝、公明党から起きつつあった。太田昭宏代表らは「影響が大きすぎる」(同党幹部)として、表向きは発言せず、「音無しの構え」に徹していた。だが、支持母体の創価学会も含め同党内で、久間発言への怒りはすさまじかった。

 実は久間氏は午前9時半からの同党国会連絡会議に釈明のため出席する約束になっていた。

 その約1時間半前、同党の斉藤鉄夫政調会長から防衛省の西川徹矢官房長に電話が入っていた。

 「久間防衛相が我が党の会議に出席していただく予定になっていますが、出席をキャンセルしてもらえませんか」

 久間氏は8時半に住居の赤坂議員宿舎を出発。首相官邸での閣議を終えた後、記者団に「公明党の会議に出ますか」と聞かれ「いや、行かない」とだけ答え、そのまま防衛省に戻った。久間氏は出邸時も閣議前も口を結んで硬い表情で、公明党が面会を拒否したことにショックを隠せなかったようだ。

 久間氏不在の公明党の会議では、浜四津敏子代表代行が「久間さんには辞めていただきたい」と強硬論を主張。「連立与党だからと言って、官邸の言うように久間氏をかばっていたら選挙が戦えない」との意見が大半だったという。

 会議終了後、久間氏を待ちかまえていたテレビカメラに向かって浜四津氏は「党としては見解を決めていないけれども、私個人としては(女性を子供を産む機械に例えた)柳沢伯夫厚労相の発言も問題だったが、それとは質的に違う重大な発言だ」と強調。「自分の身の処し方を賢明に判断していただきたい」と自発的辞任を求めた。浜四津氏は同党と創価学会の女性層に大きな影響力を持つだけに、この発言の意味は重かった。

 一方、午前11時から始まった自民党総務会では、ベテランの深谷隆司元通産相が「怒りを感じる。抗議する」と発言。丹羽雄哉総務会長は総務会後の記者会見で「極めて不適切な発言」と強調。「反安倍色」の濃い加藤紘一元幹事長も「内閣がもっときりっとしていなければならない」と語った。選挙を戦う参院側からも東京選挙区で出馬する保坂三蔵参院議員が2日、辞任要求を唱えていた。自民党も「辞任コール」一色だったが、すでに公明党が一足先に久間氏に事実上、引導を渡していたのだった。

 午後1時過ぎ、公明党の北側一雄幹事長のもとに自民党の中川秀直幹事長から「久間辞任」の電話があった。

 久間氏も午後4時半過ぎの辞任会見で「今日の午前中あたりから、与党が困っているなと感じ始めた。選挙を控え自民党だけでなく公明党もやりづらいのではないかと非常に感じた」と認めた。

 参院選を前に与党が大きな打撃を受ける中、1日の党首討論でも久間氏の発言を取り上げた民主党の小沢一郎代表は3日「こういった政権を是とするか非とするか、それは主権者たる有権者が判断する」と語った。辞任劇が終わった後、ある参院自民党幹部は「もうこの内閣は死に体だなあ」とつぶやいた。

毎日新聞 2007年7月4日 3時00分


|

« 7月3日の地方紙:沖縄タイムス、琉球新報、東京新聞、河北新報、京都新聞 主要紙:朝日、毎日、読売、産経、日経の社説&コラムです。 | トップページ | 7月4日の地方紙:沖縄タイムス、琉球新報、東京新聞、河北新報、京都新聞 主要紙:朝日、毎日、読売、産経、日経の社説&コラムです。 »

コメント

今日の新作バナーもとても面白いです。ところで小泉親衛隊の小池氏が久間氏の後継に決まりましたが、これが与党に追い風を吹かせるきっかけになるのではないか少し心配です。これを受けて小泉はどう動くでしょう。民主党もよほど油断しないようにしないとどのような展開になるか・・・。

投稿: 三浦 | 2007年7月 3日 (火) 21時06分

SOBAさん、こんばんわ。
下の「傲慢自公お灸記念日」のバナー、怖すぎます。とくに中川秀直氏、怪談並みです。片山、桝添もすごい。口角の上がっているところが不気味ですね。

投稿: とむ丸 | 2007年7月 3日 (火) 21時53分

 とむ丸さん今晩は。

 僕も自分で作ってみて、改めて見てから不気味すぎてぞっとしました。

 それにしてもこの方々はすごい顔をしてます。ほとんどカルトの教祖のような感じです。

投稿: SOBA | 2007年7月 4日 (水) 01時03分

すいません
また新しいの使わせてもらいます

更新早いなー

投稿: so_p | 2007年7月 4日 (水) 13時47分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: この3つのバナーで、創価学会のこのじいさんを締め上げたのが効いたかもね、久間妄言問題。久間ついに辞任。(笑):

» 林田力「天下りと随意契約〜法律事務所の事例」JANJAN 2007年5月30日 [東急リバブル東急不動産被害者の会]
官僚の天下りを受け入れる見返りに、企業・団体が天下り官僚の出身官庁から受注を獲得する利権の構図が批判されている。最近では農林水産省所管の独立行政法人「緑資源機構」の官製談合が問題になっている。その農林水産省と法律事務所についての天下りと随意契約の事例を報告する。 法律を守ることを使命とする法律事務所でも天下りと受注の構図が見られることには驚かされる。高木賢・元食糧庁長官は農林水産省退職後、弁護士となり、井口寛二法律事務所(東京都千代田区神田駿河台)に入った。農林水産省が下記URLで公表している通り... [続きを読む]

受信: 2007年7月 3日 (火) 21時38分

» 井口寛二法律事務所天下り問題報道 [東急建設東急不動産東急リバブル不買運動]
井口寛二法律事務所の天下り・随意契約問題が市民メディア・インターネット新聞JANJANで報道された(林田力「天下りと随意契約〜法律事務所の事例」JANJAN 2007年5月30日)。高木賢・元食糧庁長官は農林水産省退職後に井口寛二法律事務所に入ったこと、井口寛二法律事... [続きを読む]

受信: 2007年7月 3日 (火) 21時44分

» 藤田東吾氏が天木直人氏の支援を表明 [東急電鉄東急リバブル東急不動産反発]
イーホームズの社長であった藤田東吾氏は天木直人氏の支援を表明した。天木直人・元駐レバノン特命全権大使は憲法9条の改定に反対する団体「9条ネット」から参院選比例代表に立候補する。天木氏は『さらば外務省! 私は小泉首相と売国官僚を許さない』の著者である。藤田氏...... [続きを読む]

受信: 2007年7月 3日 (火) 21時47分

» 反‐貧困集会で出会ったあるベテラン女性社会運動家への手紙 [エクソダス2005《脱米救国》国民運動]
7月1日の反‐貧困東京集会のデモに私が手作りののぼり旗を持って参加したことは前便に書いた.旗の一番上には「年金一揆」の標語を掲げ,最下部に「反‐貧困 無年金者同盟」のタイトルを入れた.この旗を見て私に話しかけてこられた小柄な年配の女性がいた.「私も同盟に参加させてください」とおっしゃってメアドを頂いた.これが「無年金者同盟」の「旗揚げ」だったとすれば,彼女はその第一号同盟員ということになる.デモの解散地で同じ方向に帰ることが分かったのでお供を申し出て,道中かなりの時間対話することができた.彼女が一人... [続きを読む]

受信: 2007年7月 3日 (火) 21時49分

» もうとっくに隷属しています [晴耕雨読]
太田龍氏やコールマン博士にうさんくささを感じるのは、このまま進めば人々は「家畜」になると脅していることです。 「近代」の世界化で、隷属から逃れている地域は消滅しました。 太田龍氏やコールマン博士がいう「家畜」化は、既に完了しているのです。 それがわかっていないのか、わかっていないふりをしているのかはわかりませんが、お二人が“あちら側”の人だと考える所以です。 現在に隷属感を抱かない人は、今後の世界でも、ただ生活苦に絶えるしかないと思うだけで、自分は“自由”だと錯誤し隷属しているとは考えないはず... [続きを読む]

受信: 2007年7月 4日 (水) 11時30分

» 何気ない日常〜昨日の出来事(久間辞任も含む) [うみおくれクラブ]
 利用している信用金庫の「新しいICチップ機能付きのキャッシュカードが誕生。現在のカードから新カードへの変更は、9月までは手数料が無料になります!」というポスターを見て、てっきり9月から新しいカードに全て切り替わるんだと思い込んだゆみちゃん。  これは9月までの手数料無料期間に手続きしておかなきゃ、と通帳、カード、印鑑を揃えて信金に出掛けた。    しかし店頭で、新カードは5年回毎に変更し、その都度千円の手数料がかかると説明された。「えっ!5年ごとにキャッシュカードに千円払うの!」雀の涙の預金金利が... [続きを読む]

受信: 2007年7月 4日 (水) 12時53分

» 久間氏辞任でもまだまだ終わらない参院選の暑い夏 [Black Choco]
久間さんがどたばたした揚げ句、 このままでは参院選が闘えないからって辞めたね。 久間防衛相辞任:世論読み違え、傷口広げた首相 毎日新聞 発言がどうのこうのって言ったって 結局、参院選への影響を考えて辞めたんであって、 参院選が無ければアベシも守ろうとしてたし、 辞めなかったんだろうな。 参院選がこの時期にあって良かったと言う事だろうか?(^_^;) 後任は小池百合子氏となったが、 この女性はしたたかだなぁ。 「行ける」と思ったら、それまでの環境を簡単に捨てて転身... [続きを読む]

受信: 2007年7月 4日 (水) 13時20分

» 久間防衛相が「しょうがない」発言で辞任〜辞任を決意するに至った原因は公明党!? [Because It's There]
久間章生防衛相(66)(衆院長崎2区)は3日午後、安倍首相を首相官邸に訪ね、米国が広島、長崎に投下した原子爆弾に関する自らの発言が国民の誤解や与党の混乱を招いたとして、辞任する考えを伝え、首相も了承し、辞任となり... [続きを読む]

受信: 2007年7月 4日 (水) 19時08分

« 7月3日の地方紙:沖縄タイムス、琉球新報、東京新聞、河北新報、京都新聞 主要紙:朝日、毎日、読売、産経、日経の社説&コラムです。 | トップページ | 7月4日の地方紙:沖縄タイムス、琉球新報、東京新聞、河北新報、京都新聞 主要紙:朝日、毎日、読売、産経、日経の社説&コラムです。 »