« 「従米ポチ・インド洋米艦船給油法」(テロ特措法)延長に反対する。民主・小沢代表ガンバレ。 | トップページ | 日共反主流派のサイトさざ波の「党員用討論欄」と「一般投稿欄」、参院選後1週間近くになるも、選挙結果について言及するものが一切ない。(笑) »

2007年8月 4日 (土)

格差社会負け組み「貧困の再生産など起きない。彼らは子供さえ持てないからいずれいなくなるだろう」発言は世耕だったようだ。

(クリックすると拡大します)

Image1


 喜八ログ(「右」も「左」もない、オレは「下」や)の「世耕弘成議員に関する素朴な疑問」関連で気になったのでWikipediaで世耕について調べたら出てました。

2006年9月12日(火)発売の週刊SPA!2006年9月19日号(49ページ)のインタビューで格差社会の負け組みについての発言「貧困の再生産など起きない。彼らは子供さえ持てないからいずれいなくなるだろう」と発言。

 喜八さんのエントリーで紹介されていた、

はてなダイアリー > キーワード > 世耕弘成」に以下のような驚くべき記述があります!(一部太字化は喜八による)

世耕弘成 せこうひろしげ

参議院議員。当選3回。自由民主党所属。

早稲田大学原理研究会*1 OB

*1:統一教会の学生下部組織

も気になります。

 下記バナー、世耕発言部分を停止コマでまずご紹介。
370264image4

格差社会負け組み「貧困の再生産など起きない。彼らは子供さえ持てないからいずれいなくなるだろう」発言は世耕バナー

 

※雑談日記SOBA制作と明示して頂けるとうれしいです。

 応援お願いします。今政治ランキングが熱い、リベラル系が大幅に進出。確認したければ、バナークリック。(ランキング参加の意義)
人気blogランキングバナー


 以下、Wikipediaの「世耕弘成」より。資料として採取。

世耕弘成

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: ナビゲーション, 検索
参議院議員 世耕弘成 生年月日     1962年11月9日
出身地     大阪府大阪市天王寺区
出身校     早稲田大学政経学部政治学科
ボストン大学コミュニケーション学部大学院
学位     政治学士
企業広報論修士
前職     会社員(NTT)
役職     内閣総理大臣補佐官(広報担当)
近畿大学副理事長
当選回数     3回
世襲の有無     3世
伯父、世耕政隆
祖父、世耕弘一
選挙区     参議院和歌山選挙区
所属党派     自由民主党(町村派)
党の役職     電気通信調査会インターネット小委員会委員長
近畿ブロック両院議員会幹事(和歌山県)
和歌山県支部連合会々長 他
会館号室     参・議員会館409号室
ウェブサイト     参議院議員・世耕弘成

世耕 弘成(せこう ひろしげ、1962年11月9日 - )は、日本の政治家。参議院議員。

大阪府大阪市天王寺区生まれ、和歌山県新宮市在住。父は近畿大学理事長の世耕弘昭。祖父は世耕弘一元経済企画庁長官、伯父は世耕政隆元自治大臣兼国家公安委員長。日韓議員連盟所属。
目次
[非表示]

    * 1 人物
    * 2 目的外使用問題
    * 3 談合業者ゴルフ接待問題
    * 4 著作
    * 5 脚注
    * 6 外部リンク

[編集] 人物

大阪教育大学附属高等学校天王寺校舎を経て、早稲田大学政治経済学部政治学科を卒業。

1986年、日本電信電話(NTT)に入社。1990年よりNTTからの派遣でボストン大学コミュニケーション学部大学院へ留学し、1992年修了、企業広報論修士号を取得。帰国後、関西支社経理部経営管理担当課長、本社広報部報道部門報道担当課長を務める。

1998年11月、伯父の世耕政隆の死去に伴う参議院和歌山地方区補欠選挙に自由民主党公認で立候補し、当選。2001年の参議院選挙で2期目の当選。初当選直後から自民党森派に所属。

参議院自民党副幹事長、同国会対策副委員長、自民党マルチメディア局長、同遊説局長等を歴任。2003年)9月から2004年9月まで総務大臣政務官を務め、国会では主に総務委員会に所属。以降、参議院総務委員会理事、参議院自民党政策審議会副会長、自民党党改革実行本部事務局次長、同行政改革本部事務局次長、新憲法起草委員等を務める。近畿大学の副理事長にも就任。

2005年9月11日の第44回衆議院議員総選挙で、自民党のメディア戦略を担当したということで注目される。総選挙後の雑誌のインタビュー(「すべてセオリー通り、です。」『論座』2005年11月号)では、民間の広告会社と協力しながらマスメディア対策を事細かに指揮していたことを明らかにした。これらの活躍から、「自民党のゲッベルス」との異名で呼ばれていたという[1]。2006年9月12日(火)発売の週刊SPA!2006年9月19日号(49ページ)のインタビューで格差社会の負け組みについての発言「貧困の再生産など起きない。彼らは子供さえ持てないからいずれいなくなるだろう」と発言。

また、党の「コミュニケーション戦略チーム」で広報戦略・IT戦略を担当し、ホームページ上で募集している後援会員組織チーム世耕を擁する。

2006年9月26日、安倍内閣の内閣総理大臣補佐官として政権入り。しかし、首席内閣総理大臣秘書官・井上義行が、世耕ら首相補佐官の発言力拡大を警戒して安倍晋三首相との面会をさせず、また安倍自身も世耕の進言を取り入れないなどの状況にあり、広報担当としての職務を満足に果たせない状況にあるという[2]。

[編集] 目的外使用問題

    * 編集長を務める『安倍内閣メールマガジン』配信にあたり、個人情報保護法違反が指摘されている。
    * 詳細は別項を参照されたい。

[編集] 談合業者ゴルフ接待問題
現在進行この節には、現在進行中のことを扱っている文章が含まれています。

2006年7月ごろ、大阪府内のゴルフ場で自由民主党政調会長(当時)中川秀直、和歌山県知事(当時)木村良樹、和歌山県発注の公共工事を巡る談合事件で、競売入札妨害(談合)容疑で逮捕された井山義一とともにゴルフをし、その際のプレー代を支払っていなかった事実が報道された。この報道に対し、「中川政調会長(当時)と懇談するのが目的だった」と説明。業者に関しては「当時は逮捕されるようなことをやっている人という認識はなかった」と釈明した。また、料金については、プレーが大雨で中断したため、ゴルフ場側が受け取らなかったと説明。「できる限り支払いたいと思っているので、ゴルフ場と折り合いをつけたい」と述べた。

[編集] 著作

(単行本)

    * 『自民党改造プロジェクト650日』新潮社、2006年。
    * 『プロフェッショナル広報戦略』ゴマブックス、2005年。

雑誌掲載記事

    * 「「安倍圧勝」をデザインする(福田康夫は絶対に出馬する-安倍VS福田参謀インタビュー-)」『文芸春秋』84(11)、2006年。
    * 「すべてセオリー通り、です。(特集 総選挙PART2 徹底検証 メディアの敗北、その時、世論が動いた)『論座』(通号126)、2005年。
    * 「政務官日誌(25)総務省 行政相談を広く国民の身近な存在に」『時評』46(4)(通号493)2004年。
    * 「慣習に流されないために(全公開 国会議員の24時間)『論座』(通号89)、2002年。

[編集] 脚注

   1. ^ 日本版「386世代」で固められる安倍政権 | Chosun Online | 朝鮮日報
   2. ^ 週刊文春2007年2月1日号

[編集] 外部リンク

    * 公式ウェブサイト
    * 世耕日記

|

« 「従米ポチ・インド洋米艦船給油法」(テロ特措法)延長に反対する。民主・小沢代表ガンバレ。 | トップページ | 日共反主流派のサイトさざ波の「党員用討論欄」と「一般投稿欄」、参院選後1週間近くになるも、選挙結果について言及するものが一切ない。(笑) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 格差社会負け組み「貧困の再生産など起きない。彼らは子供さえ持てないからいずれいなくなるだろう」発言は世耕だったようだ。:

» 引き続きランキング参加を続けます。正直、なかなかしんどいけど [嗚呼、負け犬の遠吠え日記(新館)]
 先月7日より、FC2のランキングに参加しております。  当初は参議院選挙の期間だけというつもりでしたが、今後もしばらくはランキング参加を続けることにしました。  正直、なかなかしんどいものはありますが。... [続きを読む]

受信: 2007年8月 4日 (土) 18時41分

« 「従米ポチ・インド洋米艦船給油法」(テロ特措法)延長に反対する。民主・小沢代表ガンバレ。 | トップページ | 日共反主流派のサイトさざ波の「党員用討論欄」と「一般投稿欄」、参院選後1週間近くになるも、選挙結果について言及するものが一切ない。(笑) »