« マスゴミよ、言葉でごまかすなよ「事実上の更迭」って、事実上も何も辞任は辞任、安倍は更迭する気なんてなかったじゃんか。(笑) | トップページ | 確かにきっこさんの言うとおりで、腹では「安倍このままやめないで衆院選に突入しろ(笑)」とこっそり思いつつ願いつつ、でも正攻法では、 »

2007年8月 2日 (木)

待望の著作、植草一秀氏著『知られざる真実 -勾留地にて-』がネットでも手に入るようになりました。

←楽天です。

 

←amazonです。

追記(2007-08-02 00:50):すでに神州の泉の「2007年7月 8日 (日)植草氏の著書情報 『知られざる真実-勾留地にて-』」で紹介されています。


 以下、AAA植草一秀氏を応援するブログAAAの7月31日付けエントリー。

『知られざる真実 -勾留地にて-』

楽天ブックス・アマゾンで取り扱いが始まったようです。
知られざる真実~勾留地にて~ ←クリックするとはっきりした画像を見ていただけます。


本日、人文・地歴・哲学・社会の
デイリーランキングで4位
に入っています。

植草一秀氏のHPでもお知らせが出ていました。
『知られざる真実 -勾留地にて-』が出版されました


植草 一秀:『知られざる真実 -勾留地にて-』が出版されました = スリーネーションズリサーチ株式会社
http://www.asyura2.com/07/hasan51/msg/435.html
投稿者 ダイナモ 日時 2007 年 7 月 31 日 21:20:16: mY9T/8MdR98ug

http://www.uekusa-tri.co.jp/column/index.html

『知られざる真実 -勾留地にて-』が出版されました
 平素は格別のご厚情を賜りまして心よりお礼申し上げます。

 2007年7月30日に下記著作が出版されました。ご高覧賜りますようお願い申し上げます。アマゾンでの取り扱いがまだ開始されておりませんが、楽天ブックスでの取り扱いが開始されております。楽天ブックスまたは全国有名書店にてお求め下さいますようご案内申し上げます。アマゾンでの取り扱いが開始されましたら改めてご案内させていただきます。

    『知られざる真実-勾留地にて-』
     植草一秀 著
     株式会社イプシロン出版企画
     単行本 269P
     本体価格1,800円(税込1,890円)

『勾留132日間 東京拘置所内 渾身の書き下ろし』
『満身創痍にひるまず巨大権力に立ち向かう著者が現代日本政治経済の闇を抉る戦慄の告発書』
「苦難を克服し、信念を守って生きてゆきたい。発言を続けることは危険を伴う。しかし、人はパンのみに生きる存在ではない。いかなる妨害があろうとも屈服せず、勇気をもって今後も発言を続ける覚悟だ。」(第三章「不撓不屈」より)

    内容
    プロローグ     想像力
    第1章       偽装(小泉政権の経済金融政策を抉る)
    第2章       炎(半生記)
    第3章       不撓不屈(望ましい社会のあり方と生きがい論)
    エピローグ
    巻末資料      真相(事件の概要)

2007年7月30日
スリーネーションズリサーチ株式会社
植草 一秀


長期拘束の日数更新は終了、ただし賛同バナー受付とバナー数更新は続行。目標100!!
緊急出版「植草事件の真実」バナー
植草氏をガードしよう
植草氏逮捕は国策逮捕だな、3+10+10=23日越えて勾留だって?法的根拠は?言えるものなら言ってみろ(笑)バナー
必読「国思う者を救うのは今(植草先生は無罪)」←この表題本来は無実とすべきと思う。
「長期拘束は冤罪の温床だ」糾弾バナー賛同エントリーの素敵な仲間達(把握順)

↓勝手連連帯CMバナー
それでもボクはやってない
長期拘束の脅しで後を絶たない痴漢冤罪、こんな警察なら税金泥棒だバナー
最強の冤罪自己防衛は1、権力への幻想を捨て、信用しないこと。2、黙秘権を行使すること。3、録取調書には絶対に署名をしないこと。詳しくは救援ノートを読もう
残業代不払い法の、あの柳沢厚労省が今度は「少子化は女性がわがままで産まないから」みたいな発言、その後あの占いの細木数子が、(笑)バナー

 今政治ランキングが熱い、リベラル系が大幅に進出。確認したければ、バナークリック。(ランキング参加の意義)
人気blogランキングバナー

|

« マスゴミよ、言葉でごまかすなよ「事実上の更迭」って、事実上も何も辞任は辞任、安倍は更迭する気なんてなかったじゃんか。(笑) | トップページ | 確かにきっこさんの言うとおりで、腹では「安倍このままやめないで衆院選に突入しろ(笑)」とこっそり思いつつ願いつつ、でも正攻法では、 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 待望の著作、植草一秀氏著『知られざる真実 -勾留地にて-』がネットでも手に入るようになりました。:

» 身辺雑記(7):盗まれた自転車,見つかった自転車,乗っていった自転車,まだその他に出てきた自転車 [エクソダス2005《脱米救国》国民運動]
だらだらと雑文を書き綴ってきたが,そろそろ本題に入ろう.私は現在2つ住まい(部屋)を持っている.都下三多摩地域の中核都市に一つ,もう一つは埼玉県北の小都市だ.前者はある企業の仮眠施設(現在仕事は切れた状態),後者は私の事務所兼住居で,言ってみれば「東京に出稼ぎに来ている」というのが現在の私のポジションだ.ほとんど田舎には帰っていないが,住民票は元の住まいに置いてあるので今回投票のために帰省した.2地点は直線距離にしておよそ60キロ.私は以前北関東から関西まで自転車旅行を試みたことがあるので,距離的に... [続きを読む]

受信: 2007年8月 2日 (木) 02時57分

» 弁護側目撃者の証言 [植草一秀氏を応援するブログ]
18日に行われた論告で、弁護側の目撃証人を否定するため検察が言ったことの中に、 ①証人は本件電車に乗車しておらず、仮に証言内容に近い状況があったとすればそれは本件とは全く別の機会であったと考えるのが自然である。 ②証人が被害者の声に気付かなかったことは不自然である という二つがある。 ①に関して、 この検察官の論理にはかなり無理があると思うのですが、 弁護側目撃者は起訴状に記されている犯行時間帯(10時8分から10時10分までの間)... [続きを読む]

受信: 2007年8月 2日 (木) 15時23分

« マスゴミよ、言葉でごまかすなよ「事実上の更迭」って、事実上も何も辞任は辞任、安倍は更迭する気なんてなかったじゃんか。(笑) | トップページ | 確かにきっこさんの言うとおりで、腹では「安倍このままやめないで衆院選に突入しろ(笑)」とこっそり思いつつ願いつつ、でも正攻法では、 »