« 自End!:「テロ特措法・海自インド洋GS、油の仕入先はバーレーンだった」関連、10月6日の愛川欽也パックインをMP3で放送。(追加有) | トップページ | 内藤大助、WBCフライ級初防衛おめでとう。糞ッたれ亀田大毅、もうボクシングやめろ。お前のはレスリングか、アホ。(笑) »

2007年10月11日 (木)

「世に倦む日日」のこの部分は大いに共感できる。かつて色々あったがいいものはいい。(笑)

 一時は、STKの書記長なるものをなんだか知らないうちにご指名されたり、はたまたいろいろあって(笑)もし目の前にいたらぶん殴りたくなるような気持ちになったこともある「世に倦む日日」のテサロニケ氏だが、一昨日のエントリーの下記部分は大いに共感できる。ただ、その後に続く結論が「無料アフィリエイト」運動になってしまうのがよく分からんのだが、、。(笑)

※今でも時々見に行くのは熱烈なファンのとくらさんのおかげかもしれない。彼女とは一時やはり色々合って反戦な家づくりさんなどにたしなめられたりしたこともあるのだが、あのおおらかさは確かにオイラにはちょっと真似ができないところがあるなぁ、。(^^;


無料広告運動のアイディア - ブログの情報価値と価値形態

(略)

 リビングのテレビと部屋のPCの間は物理的に距離があるが、それはどうやら自分自身にとって煩わしさの範疇に入らないようで、平気で何度も往復を繰り返している。ニュースポータルを眺めたり、ブログの過去記事を校正したりしている。校正が推敲に及ぶ場合が少なくなく、そうなるとCMの時間を過ぎて番組が始まるが、それでもお構いなしにネットに張り付いている。どうせ古館伊知郎のニュース番組など見ても、ストレスが溜まるだけで、寛ぎとか癒しの効用には全くならず、経済学が言うところの「労働力の再生産」を実現する消費過程、すなわち精神と身体の再生過程にはならないのだ。

 ネットの中に特に面白い情報要素があるわけではないけれど、テレビ番組のフラストレーションに較べれば、まだ「時間を潰す」滞在価値があり、結果的に二者択一の生活行動においてネットの前に座っている時間比重が多くなっている。消費者としての私の行動はそうなっている。だから、生活者のニーズとしてYAHOOよりも速くて充実したニュースポータルを求め、知識と教養を提供してくれるブログジャーナリズムを求め、芸術的センスや文学的才能やテクノロジの要素のある魅力的なブログの出現を求めているのである。こうした生活態様は、一昔前の言葉で言えば「ネット中毒」に近いのかも知れないが、恐らく、現在は私のような習性を日常としている情報生活者が確実に増えていることだろう。ネットの情報価値が増え高まっているわけではないが、テレビの情報価値が激しく暴落しているのである。NHKの一部の優良番組を除いて。

 テレビ報道(古館伊知郎のような)と付き合うことは真に苦痛の受容である。昔、バブルの頃に「カウチポテト」というライフルタイルの議論が流行したことがある。今の民放テレビの番組では「カウチ」にならず、むしろ全体主義国家の強制収容所で精神的拷問を受けているに等しい。そういう意味では、ネットの方が生活者にカウチ的空間を提供してくれる癒し装置と言える。テレビのニュースはストリーミングだから苦痛でも我慢して聞かなくてはならないが、ネットのページはマウスのクリックですぐに消すことができる。ネットは生活者にとってわがままがきく媒体であり、わがままがきくということはルーズが許されるということである。好きなだけ選択の自由がある。

(略)


 このエントリーは、トラックバック・ピープルの(バナークリックでスタート記事)
いいニャ~自Endバナー 自民党政治(http://tbp.jp/tbp_9149.html)と

いいニャ~、郵政民営化凍結 郵政民営化凍結(http://tbp.jp/tbp_9088.html)と

野党共闘はいいニャ~バナー 野党共闘(http://tbp.jp/tbp_9134.html)にトラックバックしています。

自Endライブを表示する方法(詳細な説明)

↓政治部門でリベラル系大幅進出を確認したければクリック。

人気blogランキングバナー

 

|

« 自End!:「テロ特措法・海自インド洋GS、油の仕入先はバーレーンだった」関連、10月6日の愛川欽也パックインをMP3で放送。(追加有) | トップページ | 内藤大助、WBCフライ級初防衛おめでとう。糞ッたれ亀田大毅、もうボクシングやめろ。お前のはレスリングか、アホ。(笑) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「世に倦む日日」のこの部分は大いに共感できる。かつて色々あったがいいものはいい。(笑):

« 自End!:「テロ特措法・海自インド洋GS、油の仕入先はバーレーンだった」関連、10月6日の愛川欽也パックインをMP3で放送。(追加有) | トップページ | 内藤大助、WBCフライ級初防衛おめでとう。糞ッたれ亀田大毅、もうボクシングやめろ。お前のはレスリングか、アホ。(笑) »