« 真相は藪の中だが、テロ特措法の期限切れ11月1日の翌日と考えると、米国向け「努力はしてますよ、」演技もあったが正解かもな(笑) | トップページ | 「大連立(大政翼賛会)」を福田がもちかけ、小沢氏が持ち帰って役員会にはかり蹴飛ばしなら小沢はやめる必要なんてないぞ。 »

2007年11月 4日 (日)

ネタ元がCIAつながりと言われる正力の読売でにわかに信じられんのだが、「大連立(大政翼賛会)は小沢氏が持ちかけ」って本当なの?

  もし、本当なら辞任も已むを得んだろう。

 ともかく、4時からの会見でどんなことを話すのか分からないが、とにかく会見を待ちたい。

 それにしても早くも「代表鳩山、幹事長菅直」なんて新聞人事予想が出ているが、「代表菅直人、幹事長鳩山、政策委員長長妻」とかじゃ駄目なのかね。でないと来る衆院選には勝てないかもよ。

 ↓この写真を見たときには、福田もちかけ、小沢が一応福田の顔を立てて会って、持ち帰り蹴飛ばしたと見たのだが、、。それなら全然民主党のマイナスにはならんよ。米国の意を挺していくらマスゴミがメディアスクラムで騒ごうとも、。

Photo_2



小沢氏の連立構想、狙いは政策実現と衆院選戦略

 民主党の小沢代表は自民党との連立政権構想をなぜ進めようとしたのか――。福田首相との党首会談から一夜明けた3日も、様々な見方が飛び交った。
Click here to find out more!

 3日明らかになった2日夜の民主党役員会の激論の模様からは、小沢氏が政策実現にこだわったこと、次期衆院選への思惑があったことなどが浮き彫りになった。

 役員会の内容については、外部に漏らさないよう、かん口令が敷かれた。出席者によると、小沢氏は冒頭、「大連立という流れの中に、政策協議がある」と述べたうえで、自民党と連立政権を組む「利点」と「不利益」の双方を伝えた。

 利点について、小沢氏は「参院選で訴えた政策が実現できる」と説明。

 そのうえで、「政権を取りに行くのが我々の最大の目標だ。民主党は7月の参院選で勝利したが、このままでは、参院選で国民に約束した政策が実現できない。次期衆院選は厳しい」と語った。

 一方、不利益については「自分たちだけの力で政権を取るという、本当の意味での政権交代にならない」と説明した。

 一方、小沢氏はこれまでも、自民党と公明党の選挙協力を切り崩すことが重要だと強調していたことから、自民・公明両党の結束にくさびを打ち込むため、連立構想の検討に動いたとの見方もある。

 2日の役員会では、小沢氏の説明の後、5、6人が発言を求めた。全員が反対意見を唱えた。小沢氏は「民主党として、最終的にどう決断していくのか、週明けに両院議員総会を開き、皆で決めたい」と述べた。幹部だけでなく、党に所属する国会議員全員による議論で決着をつけようと、連立にこだわったわけだが、賛同は得られなかった。
(2007年11月4日9時13分  読売新聞)

「民主党内、絶対まとめる」大連立は小沢氏が持ちかけ

 2日の福田首相と小沢民主党代表の会談で、議題になった自民、民主両党による連立政権構想は、実は小沢氏の方が先に持ちかけていたことが3日、複数の関係者の話で明らかになった。
Click here to find out more!

 「大連立」構築に向け、小沢氏がカギと位置づけたのは、自衛隊の海外派遣をめぐる「原理原則」だった。

 関係者によると、小沢氏は当初から、首相側に連立政権の考えを持っていることを内々伝えていたという。

 2日午後3時から行われた会談で、首相は新テロ対策特別措置法案への協力を要請。これに対し、小沢氏は「自衛隊派遣には原理原則が必要だ」と主張した。

 さらに、自衛隊の海外派遣のあり方を定める一般法(恒久法)について、「『派遣は国連決議に基づくものだけに限る』と決めて欲しい」と求めた。内容の検討は、「内閣法制局に頼らない方がいい」などとも注文した。

 首相は「与党が納得するかどうか確認したい」と答え、休憩を取ることにした。

 直前に、小沢氏は「それさえ決めてくれれば、連立したい」と述べ、連立政権への参加を持ち出したという。

 連立参加は、首相の方から要請した形とすることも小沢氏は求めた。民主党内の説得に有利と判断したと見られる。

 会談が6時半から再開したところで、首相は小沢氏の主張に沿った文書を手渡した。

 小沢氏は「これで決める。(連立参加で)私が党内をまとめます」と明言。首相が「大丈夫ですか」と問いかけると、小沢氏は「絶対にまとめます」と重ねて強調した。

 そもそも、10月30日の最初の党首会談を持ちかけたのも小沢氏の側だった。

 打診は10月半ば。30日の会談では、2日の再会談を確認するにあたり、31日の国会の党首討論をどうするかが話題になり、首相は予定通り行うことを主張したが、小沢氏は難色を示し、延期が決まった。
(2007年11月4日3時0分  読売新聞)


民主・小沢氏、早い段階から連立に前向き…自民関係者

 民主党の小沢代表が、首相から連立の打診を受ければ、民主党内を説得する考えを首相に伝えていたことが2日、明らかになった。
Click here to find out more!

 自民党関係者によると、小沢氏は早い段階から自民党との連立に前向きで、民主党内を説得する考えだったという。

 今回は説得に失敗した形だが、小沢氏はなおも連立参加を模索する意向だ。小沢氏は、最終的に連立を断念した場合は、代表を辞任する考えも周辺に漏らしており、成否によっては小沢氏の進退問題が浮上する可能性もある。
(2007年11月3日3時2分  読売新聞)


 このエントリーは、トラックバック・ピープル
いいニャ~自Endバナー 自民党政治

いいニャ~、郵政民営化凍結 郵政民営化凍結

野党共闘はいいニャ~バナー 野党共闘にトラックバックしています。(各バナーとも、クリックでスタート記事に飛びます)また政治全般自民党にもTBす。

自Endライブを表示する方法(詳細な説明)

↓政治部門でリベラル系大幅進出を確認したければクリック。

人気blogランキングバナー

|

« 真相は藪の中だが、テロ特措法の期限切れ11月1日の翌日と考えると、米国向け「努力はしてますよ、」演技もあったが正解かもな(笑) | トップページ | 「大連立(大政翼賛会)」を福田がもちかけ、小沢氏が持ち帰って役員会にはかり蹴飛ばしなら小沢はやめる必要なんてないぞ。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ネタ元がCIAつながりと言われる正力の読売でにわかに信じられんのだが、「大連立(大政翼賛会)は小沢氏が持ちかけ」って本当なの?:

« 真相は藪の中だが、テロ特措法の期限切れ11月1日の翌日と考えると、米国向け「努力はしてますよ、」演技もあったが正解かもな(笑) | トップページ | 「大連立(大政翼賛会)」を福田がもちかけ、小沢氏が持ち帰って役員会にはかり蹴飛ばしなら小沢はやめる必要なんてないぞ。 »