« 今日のお勧め⇒山崎行太郎の政治ブログ『毒蛇山荘日記』、かなり面白かった。 | トップページ | 7日のコラムの花道、勝谷誠彦の「小沢騒動」!は面白かった。解散総選挙早まりそう、色つきなしは弱小時事通信だけは俺も前から、 »

2007年11月 8日 (木)

小沢氏会見、「読売」大新聞様は事実をねつ造するだけではなくて、記事自体もカメレオンのように変造していくんですね。(笑)

 Rolling Beanさんが『「誹謗中傷批判」を撤回したという読売新聞~』で紹介してくれたのを読まなければ気がつかない所でした。

 読売新聞と言うのは事実をねつ造するだけではなくて、記事自体もカメレオンのように変造していくんですね。(笑)まずは(下記記事参照)でキャプチャもした22時6分配信23時52分配信の同じ記事を比べて見てください。

◎小沢氏会見「マスコミの誹謗中傷」に関してのポイント。

1、当事者の一方の小沢氏、及び秘書などにも一切マスコミからの取材の申し込みすらなかった。

2、小沢氏から積極的、主体的に(党首会談を)持ちかけた事実はない。小沢氏主導で連立の話をしたかのような報道は、その意味においては事実と反するので、それについては撤回するつもりはない。

3、それ以外の(政治的抹殺等)言い回しが過ぎていたのなら撤回する。

◎悪辣な読売記事(下記記事参照)。

 読売の第一段落部分で言及しているのは、小沢氏が言った内、上記「3」の部分にしか過ぎない。しかし、表題とあいまって「小沢氏から積極的、主体的に(党首会談を)持ちかけ、連立話をした」かのように印象付け、ミスリードしている。表題では『「誹謗・中傷報道」批判を撤回』と断言しており非常に悪質。

 しかも第一段落部分のところ、22時6分の配信では「事実上撤回する考えを示した。」となっていたものが、23時52分の配信では「事実上」が抜けおち「撤回する考えを示した。」と断言していて極めて悪質だ。これではマスコミと言うよりも便所紙イエロー新聞だろう。


(クリックすると拡大します)

1226 Rolling Beanさんがキャプチャしてくれた22時6分配信の記事。


小沢代表、会見で「誹謗・中傷報道」批判を撤回
特集小沢ショック

 民主党の小沢代表は7日の記者会見で、「大連立」をめぐる報道に関し、「私を政治的に抹殺し、明白な誹謗(ひぼう)中傷報道だ」などの表現を4日の記者会見で使ったことについて、「私の言葉や、言い回しが過ぎていたとするなら、そこは撤回する」と述べ、事実上撤回する考えを示した。

 小沢氏は、自民、民主両党による連立政権構想の経緯について説明し、「2か月前だったか、さる人から呼び出され、食事をともにしながら、話をした。その内容は、お国のため、『大連立』をというたぐいの話だった」と述べ、今年9月の福田政権の発足前から、党首会談を仲介した人物と「大連立」構想について話し合っていたことを認めた。小沢氏は仲介した人物との会談の中で、「そういう(大連立の)たぐいの話は現実に政権を担っている人が判断する話で、私どもがとやかくいう話ではない」と述べたという。

 また、小沢氏は、10月30日の最初の党首会談の直前にも、首相の代理人と接触し、大連立をめぐって協議していたことを認めた。

 具体的には、小沢氏は、首相の代理人から「首相も是非連立をしたい」と言っていると言われ、「首相から直接、話を聞くのが筋だ」と答えたことを説明した。ただ、小沢氏は「私から(党首会談を)持ちかけ、積極的、主体的に党首会談をしたかのような報道は、全く事実に反する」と主張した。
(2007年11月7日22時6分  読売新聞)

22352 23時52分配信の記事、雑談日記でキャプチャしました。


小沢代表、会見で「誹謗・中傷報道」批判を撤回
特集小沢ショック

 民主党の小沢代表は7日の記者会見で、「大連立」をめぐる報道に関し、「私を政治的に抹殺し、明白な誹謗(ひぼう)中傷報道だ」などの表現を4日の記者会見で使ったことについて、「私の言葉や、言い回しが過ぎていたとするなら、そこは撤回する」と述べ、撤回する考えを示した。

 小沢氏は、自民、民主両党による連立政権構想の経緯について説明し、「2か月前だったか、さる人から呼び出され、食事をともにしながら、話をした。その内容は、お国のため、『大連立』をというたぐいの話だった」と述べ、今年9月の福田政権の発足前から、党首会談を仲介した人物と「大連立」構想について話し合っていたことを認めた。小沢氏は仲介した人物との会談の中で、「そういう(大連立の)たぐいの話は現実に政権を担っている人が判断する話で、私どもがとやかくいう話ではない」と述べたという。

 また、小沢氏は、10月30日の最初の党首会談の直前にも、首相の代理人と接触し、大連立をめぐって協議していたことを認めた。

 具体的には、小沢氏は、首相の代理人から「首相も是非連立をしたい」と言っていると言われ、「首相から直接、話を聞くのが筋だ」と答えたことを説明した。ただ、小沢氏は「私から(党首会談を)持ちかけ、積極的、主体的に党首会談をしたかのような報道は、全く事実に反する」と主張した。
(2007年11月7日23時52分  読売新聞)


 買弁・売国新聞、便所紙イエロー新聞読売円入哲也の質問部分。その部分だけ別途録音のmp3(1 分53秒)。

 読売の円入、「(連立について)事実無根の中傷報道がなされているとの発言をされたが、根拠のある取材に基づいて報道していると認識して いるので発言の撤回をしていただきたいと思っています。」と言う。どれほどの根拠かと聞いていると、「複数の取材源から取材したものであり」だと。(笑) 下記でご紹介する京都新聞の記事、『「連立打診は自民から」 自民・伊吹幹事長が明言』の、取材人物を明示しているまっとうな記事と比べると読売のトンデモぶりが際立っている。匿名の「複数の取材源から取材したもの」でなんでも書けるならどんな与太記事でも書けるよな。(笑)

「連立打診は自民から」 自民・伊吹幹事長が明言【京都新聞】

 民主党の小沢一郎代表の辞任表明を受け、自民党の伊吹文明幹事長は4日、京都市内で記者団に「政策が少しでも前に進む可能性が摘まれたのは残念だ」と述べた。また大連立を拒否した民主党幹部の対応を問題視した。

 伊吹幹事長は「自民党では不協和音が生じないよう念には念を入れて役員会などで話していた。民主党でそれを行っていたのか分からないが、党首をバックアップするのが党役員として当たり前だ」と語った。

 大連立の打診の経過について「公党として自民党から申し入れたのは事実だ」とあらためて自民党から打診したことを明らかにした。
 今後、民主党との政策協議については「単一政策協議か閣外の政策協議機関をつくるなど、さまざまなパターンがある」と述べ、話し合いを求めていく姿勢に変わりがないことを強調した。


 なお、下記『「誹謗中傷批判」を撤回したという読売新聞~』で紹介しているエントリー中のリンクはリンクが変です。www.asahi.comとなるべきところがblog.ameba.jpになってます。amebaがやっちゃってるのでしょうか。

なお、全文は以下のasahi.comのサイトから読むことができます。

asahi.com 07/11/7

    「むげにお断りできず」 小沢代表一問一答全文(上)

    「気力がぷっつんした」 小沢代表一問一答全文(中)

    仲介役「名前言えぬ」 小沢代表一問一答全文(下)

 記事は何ヶ月かすると消える場合があります。元記事を丸ごと保存することが大事です。以下、雑談日記で元記事をそのまんま保存しておきます。


 以下、11月7日小沢氏記者会見。資料として再録。

「むげにお断りできず」 小沢代表一問一答全文(上)

2007年11月07日17時54分

 民主党の小沢一郎代表は7日午後、両院議員懇談会で辞意を撤回し、代表を続ける意思を正式に表明した後、引き続き党本部で記者会見した。

 会見では冒頭、小沢代表が「先ほどの両院議員懇談会でのごあいさつで、私の思いは申し上げたつもりです。みなさまから質問を受けたいと思います」と話し、質疑応答が行なわれた。

 ――今後、次の衆議院選挙までの間に自民党との連立を進める考えはないのか。

 私の辞意表明に対し、代表代行、幹事長を中心に党内のいろんなご意見を集約して頂いて、翻意を促された。そのみなさまのご厚意に感銘を抱き、あの日から、私の会館、事務所にも連日、数百人の国民の皆さんからおしかり、激励のお話があり、今日にいたった。

 (大連立を進めないといった)条件は私の方からも党の方からも話はしておりません。ただ、連立問題について言えば、役員会でもそのことは考えに入れずに総選挙でがんばる、というのが今日の結論であり、みんなの総意でありますので、ただひたすら総選挙に向けて全力でがんばっていこうということであります。

 ――連立構想を小沢代表がもちかけた、という報道が「事実無根の中傷」であるとの発言を撤回していただきたい。報道が間違っていると言うのであれば、その経緯を小沢代表から明らかにしてほしい。

 私は当事者の一方のはずであるが、私には取材の申し込みすらありませんでした。複数の関係者からの情報に基づいて、と書いているが私や民主党のことを含んでいない。それは公平ではないのではないか、という意味で申し上げました。

 私は政治家同士で内々で話したことについてこれまで一切外部にもらしたことはないが、2カ月前だったか、さる人からお呼び出しをいただき、食事を共にしながらお話をした。

 「お国のために大連立を」というたぐいの話だったが、私はまず、「われわれ民主党は、参議院選挙で国民のみなさんから大きな議席を与えて頂いた。全党、衆議院も力をあわせてがんばろう、勝てる、という雰囲気の中であります」と申し上げた。それから「そういうたぐいの話は現実に政権を担っている人が判断する話であって、私どもからとやかく言う話ではありません」と申し上げた。

 先月半ば以降、また連絡があり、「福田総理もぜひそうしたいとの考えだ。ついては、総理の代理の人と会ってくれ」という話があった。私も、むげにお断りできる相手の方ではないので、じゃあ参りますと言って指定の場所に行き、「本当に総理はそんなことを考えているのか」と質問すると、「総理もぜひ連立をしたい、ということだ」。「では、あなたも本気か」とその総理の代理という方に質問したら、「おれも本気だ」という話でした。

 総理がその気であれば、総理から直接お話をうかがうのがスジではないでしょうか、と話を返しました。そしてあの党首会談の申し入れとなった、というのが事実であり、それが誰であり、どこであったかいうのは調べれば分かりますが、私の口からは申しません。それが事実であり、経過であります。

「気力がぷっつんした」 小沢代表一問一答全文(中)

2007年11月07日19時42分

 民主党の小沢一郎代表が7日午後、党本部で行った記者会見での質疑応答の中盤部分は、以下の通り。

 ――4日の会見でけじめをつけると言った。続投するにあたり、役員からの不信任は解消されたのか。辞意表明は軽率だったのではないか。

 私は昨年、代表に就任して以来、心身共にただひたすら、7月29日の参議院選挙に向けて、限界まで頑張ってきた。その意味では体も精神面も、かなりくたびれていた。最後の衆議院選挙で勝たなければ、離党して以来14、5年、私の政治家としての議会制民主主義を定着させたいという思いで、もう一踏ん張り頑張らないといけないし、体などにむちを打ってきた。

 先のようなことになり、不徳のいたすことから党に迷惑をかけた。そういう思いが強くて、気力を張りつめていたものが途切れたというか、ぷっつんした。そのため、これ以上、表に立っていれば党に迷惑をかけ、国民に迷惑をかける。けじめをつけなきゃと心がいっぱいになった。

 その後、3人の皆さん、同僚の皆さん、何よりも毎日、個人事務所に、数百人からおしかりや励ましをいただいた。それがあいまって、おまえは仕事を捨てて、やめちゃうのかという話がありまして、その点については忸怩(じくじ)たる思いがあって、党内の皆さんが総選挙まで頑張れ、ということだったので、戦いのペースに気持ちが戻ったわけではないが、頑張ろうと、今日に臨んだ。

 ――党の力量不足に関して、メディア批判と党内分析を混同している。今後取材に積極的に応じて、民主党のこれからについて透明性を確保すべきではないか。

 私の無精や口べたで誤解があるなら反省し、わかりやすく丁寧にいろんな場面に応じていきたい。

 力量不足という意味は、政権を担当するうんぬんという話ではなく、選挙で自民党に勝てるほどではないということ。政権担当能力がないと言ったわけではなく、実際に、年金、農業、子育ての問題について、われわれの主張を現実の行政に実現していければ、誰も政権担当能力がないとは言う人はいなくなるのでは。言葉足らずで、誤解が生じたのなら、反省しなければならない。

 ――自民党は特措法新法での修正を打診しているが、修正協議に応じないのか。国会では対決路線を保つのか。今後、党首会談にどう対応するのか。

 特措法に対しては、金めの問題は足して2で割るのができるが、基本的な考え方の違いですので、そういう手法は通じないと思っている。

 私は、一国の総理から話をしたいと言われて、話さないというのは筋道が違うと思っていた。それで会談に応じた。誤解のもとになってはいけないので、明確に中身を役員会で検討してもらってから応じるか、応じないかを決めなくてはならない。基本的には今後、党首会談をやるようにはならないと思っている。

仲介役「名前言えぬ」 小沢代表一問一答全文(下)

2007年11月07日19時43分

 民主党の小沢一郎代表が7日午後、党本部で行った記者会見での質疑応答の後半部分は、以下の通り。

 ――仲介役は読売新聞の渡辺恒雄氏か。報道に対する抗議の中での「誹謗中傷」発言は撤回するか。

 具体的な名前は私の口からは言えない。私から主体的に党首会談で連立の話をしたかのような報道は、その意味においては事実と反するので、それについては撤回するつもりはない。その他について、私の言い回しが過ぎていたのなら撤回します。

 ――党首会談、大連立について2カ月前から話があったと説明したが、1日の宇都宮市の会見では「そういうことは考えていない」と言っていたが、整合性はどうなるか。

 水面下で話がなされていたと表現されていると、私が主体的にかかわっているように聞こえる。言葉遣いは気をつけて頂きたい。

 私は、あなたとは会えない、というたぐいの人ではないので、会った。その人は「お国のためだ」と熱っぽく話したと思います。(これに対して私は、民主党は)参議院も勝って元気づいて、衆議院選挙に勝つという雰囲気だと言った。私どもは連立のうんぬんを言う立場ではないと言った。

 ――小沢代表は二大政党制は政党ではなく国民が決める、と主張していたはず。選挙を経ていない、党首会談で大連立を否定しなかったのは、なぜか。

 (党首会談では)特措法の話から入った。安保政策、平和に貢献するということについて総理大臣が、今までの政府の考えを、憲法を180度転換する確約をしました。総理にとって連立が前提でしょう。

 政治は国民のためにいいことをやるというのが、最終目標。年金でも農業でも、基本的な考えは全く違うが、我々の主張が一つでも実行できるなら、それもひとつの方法ではないか。政策協議をするというのはいいんじゃないか、ということを役員会に諮ったら反対だったので、やめた。もし、政策が実行できれば、政権担当能力が証明される。そうすれば、選挙に勝って、政権をとって、それによって二大政党制になると思ってやった。

「私にとって最後の一戦」小沢代表の辞意撤回理由全文

2007年11月07日18時37分

 民主党の小沢一郎代表が、同党両院議員懇談会で辞意撤回を正式に表明した。鳩山由紀夫幹事長の説明と小沢代表の発言は以下の通り。

 【鳩山由紀夫幹事長】 小沢代表が新たな気持ちで続投して頂く決意を固めて頂きました。(よっしゃー、拍手)。ご意見一つ一つをすべて小沢代表にご覧頂いた。菅、輿石代行と共に、我々の思いはこうだと皆様方の思いを説明した。両院議員の皆様の、日本を、国の未来を大変心配する中、恥を忍んでと。参院選挙は勝利したが、いつ解散総選挙があるかもしれない。国民が期待する政治をつくりだすために、小沢代表に新たな決意で臨んでもらいたい。私どもが日本のおやじと敬愛する小沢代表にリーダーシップを果たして頂くようお願いし、私の報告とする。

 【小沢一郎代表】 このたび党首会談をめぐり、国民、民主党の支持者、党員、同僚議員に多大のご迷惑をおかけしたことを心よりおわびする。皆様のご叱正(しっせい)を頂き、二日間沈思黙考し、私の政治生命を来たるべき総選挙にかけると決意した。

 ご承知の通り、いまだなお、不器用で口べたな東北気質だ。振り返るとそれが今回の混乱の一因では。当初から党員、国民に私の思いを打ち明け、丁寧に説明すべきでなかったかと思う。国民、党員、同僚の皆様に私の思いを率直に語る。

 私は14年前、自民党を離党し、日本に議会制民主主義を定着させ、国民のための政策を実現する仕組み作りを目指した。これが14年間の私の唯一の行動原理で将来も変わることはない。次の総選挙で民主党政権を実現しなければ死んでも死にきれないと必死だった。幸い先の参院選で参院の第一党という極めて重い地位をいただいたが、その大勝利の瞬間から二つの思いが深くなった。

 一つ目は次の衆院総選挙では何としても必ず勝利し、絶対に民主党政権を樹立しないといけないが、参院選勝利後の楽観的考え方では勝利がおぼつかない。前回の3倍の議席で勝つことが絶対条件だ。この厳しい現実を直視しないで総選挙勝利はあり得ない。参院選勝利の余勢で勝てるほど甘くはない。正直参院選の全国遊説では、日常活動をもっとやれと厳しく言われた。自民党に負けない活動で国民の理解、支持を得てもっともっと強くなるのが総選挙勝利の最低条件だ。

 次の総選挙は敗北は許されない。その責任の重さと党の現状への危機感を私は毎日かみしめてきた。次の総選挙が私にとって最後の一戦であることは間違いない。

 衆院では自民党が圧倒的多数を占める衆参ねじれ国会で、マニフェストで約束した国民生活第一の政策をどうやって実現するかだ。参院の同僚が一生懸命努力して法案を作り、いくつかの法案が可決し衆院に送付されるが、ねじれ国会では年金、子育てといった民主党の主要政策は実現困難だ。これで国民に許されるか、次の総選挙に勝ち、ねじれを解消するまでお待ち頂きたいと言い続けられるだろうか。国会の半分を担う民主党の責任への思いが深くなった。

 この二つを同時に解決する方法はないか。場合によっては、政権の一翼を担えば、私たちの主要政策がいま実現し、政権担当能力を目に見える形で国民に示し、総選挙で勝つ可能性が高まるのではと考えた。最難関の安全保障で最大限の譲歩を示し、連立を打診されたとき、二つの課題を解消する一つの方法と考え、政策協議について役員会に話した。しかし政策協議に応じず、政権交代を目指すとの声が多く、私は直ちに福田首相に伝えた。

 今思えば、それで総選挙に向けて頑張ろう、私が先頭に立つと、まとめればよかったと考え、反省している。しかし、その後いろんな憶測や誤解で混乱が生じたのでけじめをつけないといけないと思い、代表辞職願を提出した。いかにも不器用なやり方だった。しかしそれにもかかわらず三役、衆参両院議員が混乱を治めてくれた。心から感謝する。みなさまのご厚意に私も新たな覚悟を持って答えないといけない。もう一度代表を務め、最後の決戦にあたりたい。どうぞ皆さんご協力お願い申し上げます。

 そして、本日を再スタートの第一歩とし、菅さん、鳩山さん、輿石さんとともに衆院選挙対策本部を立ち上げ、衆参一体の選挙協力態勢を確立したい。

 一年半前、私は自分が変わらないといけないと約束した。死にものぐるいで頑張る。みんなで政権交代に向けて頑張ろうではありませんか。

 最後に国民におかれても、政権交代を実現し、国民生活第一の政策を実行するためのご支持をお願いします。


関連投稿
マル激トーク・オン・ディマンド 第326回「右翼も左翼も束になってかかってこい」、ネオリベ対コーポラティズムは知らなかった。
7日のコラムの花道、勝谷誠彦の「小沢騒動」!は面白かった。解散総選挙早まりそう、色つきなしは弱小時事通信だけは俺も前から、

「自Endポスターバナー作戦」遂行中!

自End!:民主を励まし、クリンチ作戦・連立デマ謀略の自民を嗤うバナー

 「自End」の「自」が倒れるタイプ。ファイルサイズが少し大きくなります。

自End!:民主を励まし、クリンチ作戦・連立デマ謀略の自民を嗤うバナー

※雑談日記SOBA制作と明示して頂けるとうれしいです。

 このエントリーは、トラックバック・ピープル
いいニャ~自Endバナー 自民党政治

いいニャ~、郵政民営化凍結 郵政民営化凍結

野党共闘はいいニャ~バナー 野党共闘にトラックバックしています。(各バナーとも、クリックでスタート記事に飛びます)また政治全般自民党にもTBす。

自Endライブを表示する方法(詳細な説明)

↓政治部門でリベラル系大幅進出を確認したければクリック。

人気blogランキングバナー

|

« 今日のお勧め⇒山崎行太郎の政治ブログ『毒蛇山荘日記』、かなり面白かった。 | トップページ | 7日のコラムの花道、勝谷誠彦の「小沢騒動」!は面白かった。解散総選挙早まりそう、色つきなしは弱小時事通信だけは俺も前から、 »

コメント

SOBAさん、紹介と展開をありがとうございます。
さらに「事実上」が消えていたのですか…。
ひどすぎますね。

また、「www.asahi.com」はたしかに「blog.ameba.jp」となっていました(修正しました)。これまでは、HTMLをそのままコピー&ペーストするとエントリーにも反映されたのですが、11/5のメンテナンス以来、明示的にソースに書かないとダメになったようです。。

投稿: Rolling Bean | 2007年11月 8日 (木) 08時00分

Rolling Beanさんお早うございます。

Rolling Beanさんのエントリーがなければ気がつかないところでした。

それにしてもナベツネのフィクサー気取りと一連の読売の記事はひどすぎますね。
 このエントリーでご紹介したことなどは、表題と第一段落くらいしか読まない人もいることを考えれば非常に悪質です。

読売はジャーナリズムの看板を下ろすべきだと思います。

投稿: SOBA | 2007年11月 8日 (木) 08時33分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 小沢氏会見、「読売」大新聞様は事実をねつ造するだけではなくて、記事自体もカメレオンのように変造していくんですね。(笑):

» 「誹謗中傷批判」を撤回したという読売新聞・【付記:監視社会】やはり交番警官にGPS携帯 [Like a rolling bean (new) 出来事録]
政変(?)のことにはあまり触れたくないのですが、おかしな記事を書く新聞社です、やっぱり。 読売 小沢代表、会見で「誹謗・中傷報道」批判を撤回 特集 小沢ショック  民主党の小沢代表は7日の記者会見で、「大連立」をめぐる報道に関し、「私を政治的に抹殺し、明... [続きを読む]

受信: 2007年11月 8日 (木) 07時56分

» 現場もおかしいらしい(笑) [黒猫亭日乗]
ここ数日適当にヲチしている小沢騒動だが、昨日の謝罪会見は野次馬的に面白く見せても [続きを読む]

受信: 2007年11月 8日 (木) 12時00分

» 敵は「自公合体政権」にアリ! [らんきーブログ]
人気ブログランキング ← に参加中です! いつも応援ポチっ有難うございます♪  ↑上記リベラルブロガーへのポチっと応援をそろそろお願いしま〜す^^【選挙は近い?】 小沢... [続きを読む]

受信: 2007年11月 8日 (木) 15時55分

» 何考えてんだか、あれこれ。国民のためって何よw [憧れの風]
さて、一日あいたw <小泉元首相>「大連立できなかったのは残念」 (毎日新聞) 自民党の小泉純一郎元首相は8日夜、 都内料理店で中川秀直、 武部勤両元幹事長、 二階俊博総務会長と会食した。 小泉氏は「大連立ができなかったのは残念だ。民主党は『もうやらない』 と言っ..... [続きを読む]

受信: 2007年11月 9日 (金) 00時39分

» 小沢代表の会見を見て+舛添ヒンシュク+元防衛課長の秘密会質疑など [日本がアブナイ!]
【昨日も多数のクリック&TB、有難うございます。m(__)m  真の民主主義&政権交代を目指す当ブログ&りべラル系ブログ のアピールのために、どうかご支援ください。m(__)m>  7日、民主党の小沢代表が、両院総議会で挨拶をして、国民、党員、 議員たちなどに謝罪と説明を行なった上で、代表続投の意思を示した。  その後の記者会見では、改めて会談&連立構想を自分が主導したと いう報道を否定。約2ヶ月前にある有力者から呼び出されて、連立の 話を勧められたこと、その後、福田氏の代... [続きを読む]

受信: 2007年11月 9日 (金) 17時05分

» きゃっはっは、老害ダンゴ3兄弟 [ミクロネシアの小さな島・ヤップより]
わたしがこんな感じで鬱々としていたこの1週間のあいだにニホンで起きた騒ぎの元凶を、「kojitakenの日記」にインスパイアーなごなぐさんがこんな感じの串ダンゴにしてくださった。ちなみに串の一番下のダンゴ、シンキロー氏には、ミクロネシア関連利権という甘~いタレもたっぷりかかっているようだ。この老害ダンゴ3兄弟、ただいま替え歌の歌詞、募集中です(笑)。 また、この件に関する老害ダンゴ3兄弟の行状を、きっこちゃんがわかりやすく時系列にマトメてくれた。強欲ジジイの茶番劇 http://kikko.... [続きを読む]

受信: 2007年11月10日 (土) 06時03分

« 今日のお勧め⇒山崎行太郎の政治ブログ『毒蛇山荘日記』、かなり面白かった。 | トップページ | 7日のコラムの花道、勝谷誠彦の「小沢騒動」!は面白かった。解散総選挙早まりそう、色つきなしは弱小時事通信だけは俺も前から、 »