« きっこの日記「今日のソックリさん」今月の傑作ラインアップ。オイラの大好きな浅田真央ちゃんだけは気に入らないが、。(笑) | トップページ | 守屋関連YouTubeをいくつか収集。関西TV「ニュース20面相」も面白かったが、フジ産経グループを念頭にするべきかも、。 »

2007年12月 1日 (土)

KYな大島国対の説明パフォーマンスは選挙民の反感を買い、墓穴を掘ったと後世の歴史家は必ずや書くだろう。(笑)

370264image4  産経の記事に出てくる「ホテル西洋」の写真?


370264image4_8


370264image4_4 自民党は既に政党のていをなしておらず、大島国対委員長の説明パフォーマンスは選挙民の反感を買うことが分からないようだ。


370264image4_5 いかにもって感じでこの写真パフォーマンスは臭すぎるのだよ。(笑)


「自Endポスターバナー作戦」7作目「胡散臭いKY国対大島と国会喚問前タイミング守屋防衛省元事務次官を塀の中隔離、トカゲの尻尾切りいい子ちゃん自民イメージアップ 作戦進行中⇒粉砕」バナーです。
「国会喚問前タイミング守屋防衛省元事務次官を塀の中隔離、トカゲの尻尾切りいい子ちゃん自民イメージアップ作戦進行中⇒粉砕」バナー


 以下、自民党広報新聞・産経より資料として採録します。

額賀問題で自民反撃 会見詳報(1)「録音テープがある」 (1/3ページ)

2007.11.27 16:18
このニュースのトピックス:守屋前防衛次官問題
額賀財務相の問題について自民党の調査結果を発表する大島理森・国対委員長 =27日午後1時59分、国会(撮影:酒巻俊介)額賀財務相の問題について自民党の調査結果を発表する大島理森・国対委員長 =27日午後1時59分、国会(撮影:酒巻俊介)

 自民党の大島理森国対委員長は27日の記者会見で、額賀福志郎財務相が守屋武昌前防衛事務次官らの宴席に同席したとされる疑惑について「額賀氏が参加したことはありえない」とする党の調査結果を発表し、疑惑を否定した。会見の詳細は次の通り。



 財務相の昨年12月4日のことを中心に報告をさせてもらう。本年11月15日、参院外交防衛委員会で(民主党の)浅尾慶一郎委員に対する守屋氏の答弁があった。11月21日、衆院財務金融委員会で(民主党の)川内博史議員が「私たちの情報では」と発言され、特に11月22日、参院財政金融委員会で(民主党の)辻泰弘委員は次のように明確に質問した。

 「12月4日の人形町の料亭で開催された講演の慰労会にそれに出席されたメンバーから当日、国際研修交流協会の人とともにジェームス・アワー元米国防総省日本部長、守屋氏、宮崎元伸・防衛専門商社『山田洋行』元専務とともに当時、防衛庁長官であった額賀氏が参加されたという証言を得ているんですけども」とか、同じ質問の中で「私は当日、参加された方からそのようにお聞きしているわけなんです」「宴席の場所と見取り図というか、どこに座ったということも話を伺っているわけですけども」「私共はこの会に出席された1人から話を聞いてまして」という質問があった。その他、(民主党の)大塚耕平議員らの発言があった。

額賀問題で自民反撃 会見詳報(1)「録音テープがある」 (2/3ページ)
2007.11.27 16:18
このニュースのトピックス:守屋前防衛次官問題
額賀財務相の問題について自民党の調査結果を発表する大島理森・国対委員長 =27日午後1時59分、国会(撮影:酒巻俊介)額賀財務相の問題について自民党の調査結果を発表する大島理森・国対委員長 =27日午後1時59分、国会(撮影:酒巻俊介)

 自民党として所属の大臣である額賀氏の答弁に、もしも質問者が質問されたようなことがあったとするならば、大変なことではある。したがって党としてもしっかりと調査して、政治運営、国会運営に対応しないとならないというふうな大変重要な思いを持って、幹事長として党と調査をした次第だ。

 調査方法は、私自身が大臣に直接話をうかがう、関係者の方々にも話をうかがう、自民党の顧問弁護士にお願いして調べていただく、さらに関係者の意見を聞くとかの方法で調査をさせてもらった。

 その結果、以下のことが分かった。

 12月4日において濱田家の会合がどうであったか。額賀氏が最後に行かれたという勉強会の状態がどうであったかということがあるだろう。何よりも額賀氏そのものの4日の夜の日程を確かめることが最大のこの問題に対する答えであると思い、調べた。

 額賀氏の日程について、私共が調査しえたことを申しあげる。当日、17時30分に自宅に秘書が迎えに来たそうだ。18時に家族およびその友人と銀座のホテルで食事をされたということで、このホテルは「ホテル西洋」だ。これは日程表で確認されると同時に、後日請求書で精算しているということだ。その後、19時51分と書いてあるが、参加者全員でデジカメをとられた。したがって、デジカメの中に日時が書いてあるそうだ。その前後、真ん中に勉強会の主催者からどれくらい遅れるのかなどという電話があり、20時ちょっと前、このカメラをとった後ぐらいに出発し、20時13分ごろに勉強会に到着し、13分遅れで参加した。

額賀問題で自民反撃 会見詳報(1)「録音テープがある」 (3/3ページ)
2007.11.27 16:18
このニュースのトピックス:守屋前防衛次官問題
額賀財務相の問題について自民党の調査結果を発表する大島理森・国対委員長 =27日午後1時59分、国会(撮影:酒巻俊介)額賀財務相の問題について自民党の調査結果を発表する大島理森・国対委員長 =27日午後1時59分、国会(撮影:酒巻俊介)

 これは交流協会の事務所であり、録音テープからそれが確証できる。その後、21時42分ごろ、額賀氏が録音テープの録音開始から1時間42分ごろに最後の発言があった。2006年12月4日、額賀先生を囲んでの勉強会とある。

 一方、濱田家の会合で私共が知りうる限りのことを調査したことを言うが、18時30分、人形町・濱田家の「雪の間」で国際研修交流協会の主催、出席者はアワー氏、守屋氏、幕田圭一理事長、宮崎氏の4人だったそうだ。その後、20時ごろハイヤーの出迎えがあり、これは出迎えに頼まれたハイヤー会社の売り掛け票を拝見して確認したところだ。21時10分、アワー氏がハイヤーに乗車。これも売り掛け票を確認させてもらった。投宿先の赤坂のホテルへ行った。21時30分ごろ、宮崎氏がハイヤーに乗車、これも売り掛け票を顧問弁護士が確認し、コピーを私もみさせてもらった。自宅がある横浜・青葉町にいった。

(続く)

【額賀問題・自民調査結果(2)】「アワー氏も『ない』と回答」 (1/2ページ)
2007.11.27 16:39
このニュースのトピックス:不祥事
stt0711271645008-n1.jpg
額賀財務相問題について出席したとされる勉強会の録音CDを手に自民党の調査結果を発表する大島理森・国対委員長 =27日午後2時8分、国会(撮影:酒巻俊介)額賀財務相問題について出席したとされる勉強会の録音CDを手に自民党の調査結果を発表する大島理森・国対委員長 =27日午後2時8分、国会(撮影:酒巻俊介)

 (続き)

 「アワー氏は昨日、日本にいた。私共の顧問弁護士がアワー氏と会い、再度次のようなことを公表しても結構だといったので公表したい。平成19年11月26日、通訳者を通じてアワー氏に以下の事実確認を要請したところ、26日午前10時~11時5分、都内のホテルにおいてアワー氏から次の用紙を頂き、発表してもいいということで今日発表させてもらう」

 「一般的な記憶として額賀氏と公式、非公式を通じて一緒に食事をしたことは朝、夜、昼もない。スケジュールをチェックしたところ、平成18年4月20日の会食は出ていない。平成18年12月4日に人形町で会合があった。この会合の趣旨は12月1日に国際研修交流協会が主催したイベントで、私がスピーチをしたことに対する感謝のためのディナーであった。12月4日の会合に額賀氏は出席していない」

 「なお翌日の7時19分に通訳の方から回答が顧問弁護士にあった。聞き取りメモポイントの4月20日の会食には出席していないということだけではなく、そもそも物理的にテネシーにいたので出られるわけがないという返事をもらった。また私自身、一昨日、昨日とこの協会の会長に12月4日の件について、額賀氏が出席したのでしょうかという問いかけに対し、明確に額賀氏は出席していないとの返事があり、そのことを公表してもよろしいですかということに対して、公表してもいいという返事をもらった。したがって、12月4日のさまざまな角度からの調査、聞き取りをし、銀座の「ホテル西洋」で家族および友人と食事をした後、よしんば濱田家にいってから、そして勉強会にいくという時間的ゆとりはない。ましてや参加の主催者、アワー氏からもそれを否定されていることをもってしても、12月4日に濱田家に額賀氏が参加し、列席したことはありえない判断をした」

【額賀問題・自民調査結果(2)】「アワー氏も『ない』と回答」 (2/2ページ)
2007.11.27 16:39
このニュースのトピックス:不祥事
額賀財務相問題について出席したとされる勉強会の録音CDを手に自民党の調査結果を発表する大島理森・国対委員長 =27日午後2時8分、国会(撮影:酒巻俊介)額賀財務相問題について出席したとされる勉強会の録音CDを手に自民党の調査結果を発表する大島理森・国対委員長 =27日午後2時8分、国会(撮影:酒巻俊介)

 「私はかつて予算委員長をやっていた。その時に永田寿康元民主党衆院議員のメール問題があり、予算委員会の運営上のみならず、国会の運営上さまざまなことを与党であれ、野党であれ考えないといけない問題を惹起(じゃっき)せしめ、このように申しあげたことを思いだしている。国会法119条は、各議院において無礼の言を用い、また他人の私生活にわたる言論をしてはならないと規定している。衆院規則211条あるいは同様のことが参院規則207条に以下のように掲げられている。議院は品位を重んじなければと書いてある。お互いに信義を守り、権威を失墜させることが二度とないよう強くお願いすると申しあげたことをいま思いだしているとともに、その時のさまざまな問題について、こういう案件については慎重を期さないとならないのは当然だ」

 「民主党は当時、大変な努力をされ、2006年3月31日、民主党メール問題検証チームによる立派な報告書をつくられた。その中で「第5 私たちの反省と教訓」の中に、たとえばさまざまな情報があるけども、信頼が確かなものであるか反芻(はんすう)せよ、情報の合理性について周辺事情も含め調査せよ、伝聞については自らの目と耳と体で確認せよとか、また政党としてのチェックポイントとして、慎重性の原則、配慮の原則、客観化の原則、責任や追及に誤りが判明したときにはできうる限り速やかに誤りを認め、しかるべき責任を明らかにする責任の原則と、私共自民党も拳々服膺しないとならない立派な調査書をつくられた」

「ぜひいま参院でさまざまな議論をされているようだが、もし民主党の調査報告、それをどのように民主党がこれから踏まえられて対応するか、できれば辻議員はどなたから参加されたメンバーから聞いたのか、あるいは見取り図があるとするならば、どういう見取り図であるのか、それも確かなのを明らかにしていただき、もし私共の今日までの調査でまだしなければならないものがあるとすれば、汗をかくに私は労をいとわない。あの2006年3月31日のメール問題の総括は、民主党だけじゃなく、すべての政党がしっかりと踏まえないとならない立派な報告書だ」

(続く)


【額賀問題・自民調査結果(3)】「弁護士が確認した」 (1/3ページ)
2007.11.27 16:43
このニュースのトピックス:不祥事
stt0711271643007-p1.jpg
額賀財務相問題について出席したとされる勉強会の録音CDを手に自民党の調査結果を発表する大島理森・国対委員長 =27日午後2時8分、国会額賀財務相問題について出席したとされる勉強会の録音CDを手に自民党の調査結果を発表する大島理森・国対委員長 =27日午後2時8分、国会

 (続き)

--なぜ額賀氏自身がこのような説明をしなかったのか

「大臣は、委員会等で真摯(しんし)にお答えしている。従って、そのお答えになっていることを、私どもが違った側面から確認をしたり、再度聞いたり、あるいはそのお答えの事実を確かめる資料が何かないかといわれたり、申し上げたりして、こういうことになったわけで、大臣はもうさまざまな委員会でお答えになってる。だから、私が今申し上げたこともかなり、ほとんどと言っていいぐらいお答えになっているが、このように全体を整理してお話しする機会はなかったかもしれない。いずれ、するかしないか、これは大臣の報告、判断を待ちたいと思うが。一方において同じ党として、党員として、非常に辛い調査。しかし、その辛い調査でも、する義務があると思ったから、幹事長の命を受け、本日まで調査した。そして、今日報告した。このようにお考え頂きたいと思う」

「額賀氏は、国会という場で、説明責任を私は一生懸命果たしてきていると思うが、確かに、全体像をこのように整理したのはこれまでなかったかもしれない。しかし端々をあれしていくと、こういうことだったなと思うので、そのようにご理解頂けるのではと思う」

--写真とCDは公開しないのか

「やっぱり、ある意味ではうちうちの勉強会であり、公開は勘弁していただきたい。それからホテルの写真は、先ほど申し上げたように、家族と友人含めたデジカメ。これも私人がそこにいるので、勘弁していただきたい。しかし、私どもの顧問弁護士が、明確にそれを確認している。お許しいただきたいと思う」

【額賀問題・自民調査結果(3)】「弁護士が確認した」 (2/3ページ)
2007.11.27 16:43
このニュースのトピックス:不祥事
額賀財務相問題について出席したとされる勉強会の録音CDを手に自民党の調査結果を発表する大島理森・国対委員長 =27日午後2時8分、国会額賀財務相問題について出席したとされる勉強会の録音CDを手に自民党の調査結果を発表する大島理森・国対委員長 =27日午後2時8分、国会

--写真の撮影者は誰か

「さあ、そこまでは私は分からない。出席者でしょう」

--友人の?

「友人か、ご家族か」

--録音テープは、最初からずっと勉強会のためにまわしていたのか

「だと思う。そういうように聞いている」

--ハイヤーの売り掛け表のコピーは見せて頂けないか

「私は見せていただいたが、お客さんの問題もあるので。まあ、大臣自体の動きではないので。また、民間企業の秘密性の問題もあるだろうから。私も同じようなことをうかがったら、それは勘弁してください、ということだった。よろしいですか」

--公開されなければ、民主党からも同じことをいわれるのではないか

「それは分からないが…だって、ハハハ…。それともう一つ、それ以外も調査してるが、これは具体的な名前を言うわけにはいかないが、そのときになんか民主党のあれで、大学の総長、とかいう話が出た。多分この方がそうではないかと思われる方がいるが、確認したが、そのときは孫と遊んでおったと、そういうスケジュール表をよこされた」

「それから4月の件、これはこの会長の就任祝いで、理事の皆様方が中心だった。もちろん、額賀氏もそこに顔を出したが、翌日外交日程があるので遅く来て、そして早く帰った。これはお答えしてるとおり。そこには、守屋氏が、いた、といったかな?あのー、そう言っていた。宮崎氏はいなかったと。大臣からはそのように聞いた。大臣は、その財団、社団?から確認した」

--民主党が今まで主張した事実関係はガセネタだと感じているか

「ガセネタかどうかということは私は申しあげない。私どもは、ここまで調べて、そしてご報告させていただいた。ここに出席した方から聞いたと言ってるでしょ? 何回もそれを言っている。だとしたら、その方のお名前をお話いただき、座席表がうんぬんとも言っているわけだから、もしその方が明確であれば、私どももその方からお話を聞かなきゃならんかもしれない」

「すぐれて、民主党の対応を、あのメール問題のときに、こういう立派な報告書を作られてるわけだから、それに基づいて民主党がどう判断されるのか。それは、民主党がお考えになることだろう。私どもも、またこういう点が出てこういうこと調べろというなら、私どもも調べるし、大臣も調べるだろう。そういうことを申し上げてる」

【額賀問題・自民調査結果(3)】「弁護士が確認した」 (3/3ページ)
2007.11.27 16:43
このニュースのトピックス:不祥事
額賀財務相問題について出席したとされる勉強会の録音CDを手に自民党の調査結果を発表する大島理森・国対委員長 =27日午後2時8分、国会額賀財務相問題について出席したとされる勉強会の録音CDを手に自民党の調査結果を発表する大島理森・国対委員長 =27日午後2時8分、国会

--写真やテープについて、民主党がみせてほしいと言ったら…

「それはー、あのー、だから、その前に、民主党がやるべきことがたくさんあると。ございませんか、みなさん? 私どもも、本当にぎりぎりのプライバシーにもかかわるようなことを含めて、私は発表しているわけで。先ほども、国会法と衆議院規則というのがある(と言った)。確かにわれわれは不逮捕特権というものをもってる。だからこそ、節度ある確かな情報に基づいて特に、こういう問題を議論しないと。本人のみならず、周囲の方もたくさんおられる。それが、私は品位というものを、われわれが考えなければならないというのがあのときだったと思う。それは、なにも民主党のことだけを言うわけではない。われわれもそうだ。それが、国民に信頼される国会を作ることだ、私はそのように思う。以上です」

(続く)

【額賀問題・自民調査結果(4)完】「民主の証人に会いたい」」 (1/2ページ)
2007.11.27 16:48
このニュースのトピックス:不祥事
額賀財務相の問題について自民党の調査結果を発表する大島理森・国対委員長 =27日午後1時59分、国会(撮影:酒巻俊介)額賀財務相の問題について自民党の調査結果を発表する大島理森・国対委員長 =27日午後1時59分、国会(撮影:酒巻俊介)

(続き)

--家族友人が特定できないような形で写真を…

「そりゃー、ちょっと。そこをー、あのー、やっぱり非常にプライバシーと関係あることだから。まああの、以上です」

--もし、民主党が座席表なりを出してきた場合は

「だからそれは、真実であればね。真実であれば調べる、それは。言ってる人が誰か。そんなに多くいないわけだから。私も聞きにいきたい、その方に。何も国会に出てきていきなりしゃべろうとか、そこまでいかない。どなたが、そのことをお話になったのか。できれば、私どもも会ってどうだったのかとお聞きしたい。以上です」

--実際に写真などを見せてもらわないとわれわれも信用できない。顧問弁護士が書面にサインしたり、証拠を出すとかいう考えはあるのか

「今日は、そこまでは私は出しますとはいえない。そういう皆さんの問題点があるということは受け止めておくが、もう一度考えを説明すると、今のスケジュール、よく見てほしい。そしてそういうなかで、濱田家でやった人の主催者も、『出ていません』と言う。アワーさんも、『出ていません』と言う。それを、私は申し上げたくて、した次第だ。終わります」

【額賀問題・自民調査結果(4)完】「民主の証人に会いたい」」 (2/2ページ)
2007.11.27 16:48
このニュースのトピックス:不祥事
額賀財務相の問題について自民党の調査結果を発表する大島理森・国対委員長 =27日午後1時59分、国会(撮影:酒巻俊介)額賀財務相の問題について自民党の調査結果を発表する大島理森・国対委員長 =27日午後1時59分、国会(撮影:酒巻俊介)

--福田首相には報告したのか。

「報告はした。(福田首相は」『きちっと発表してください』と」

--額賀氏の証人喚問は必要ない?

「私はそれを決めるのでなく、参議院で。参院での今の議論は、守屋発言と、額賀氏の発言が食い違うから、どこが食い違うとかというと、ひとつは守屋氏が発言したこともあるが、第三者、そこにいた人が『出ている』という発言をしてるから、食い違っていると言ってるんでしょ?だったら、どなたがそう言ったのか。私も確認したい。本当に。何も、どうだこうだじゃない。以上」

--心証として、守屋氏が偽証したという可能性が高いということか

「守屋氏の発言は不確かだし、断定してない、あれは。そこはよく読んでほしい。議事録を持ってきてないが」

--濱田家にいたのはほか4人となっているが、これが誰なのかは確認しているのか

「主催者から、もちろん額賀さんは入ってないし、民間人もいるので勘弁して下さいと。私は把握している。よろしいですか?」

--勉強会での額賀氏の最後の発言はどういう趣旨の発言だったのか

「私は全体をしっかり聞いていない。最初のほうぐらいで。顧問弁護士がしっかり聞いて、私にそういう報告をしている」

--最初と最後に声が入っているということか

「いや、最後のあいさつ」

--テープは時間は書いているのか?20時から回り始めているということだが

「そういう風に聞いている。私どもも確認する必要があればするが、顧問弁護士がちゃんとこれを聞いて、話を聞いて、そういう時間帯であったということだ。よろしいですか。以上です」

(終わり)

額賀財務相 「事実に基づいて説明している」 町村官房長官記者会見(27日午前) (1/2ページ)
2007.11.27 11:51
このニュースのトピックス:官房長官会見

 町村信孝官房長官は27日午前の記者会見で、道路特定財源を全額使い切る内容となっている国土交通省の道路整備中期計画素案について「そういうことにはならないと思う。財源、道路利用者の立場などさまざまな角度から検討して、(来年度)予算編成前には答えを出さなければいけない」と述べた。会見の詳細は以下の通り。

【閣議】

「閣議の概要をまず申し上げます。一般案件としては社会保障に関する日本国とカナダとの間の協定の効力発生のための外交上の公文の交換について。ほか27件および政令人事案件が決定されました。次に大臣発言として私から税制調査会答申、抜本的な税制改正に向けた基本的考え方について申し上げました。次に環境大臣から環境基本計画の進捗(しんちょく)状況の点検結果に関する中央環境審議会の報告について。環境大臣、外務大臣、農水大臣、国土交通大臣、および文部科学大臣から、第3次生物多様性国家戦略の決定について。文部科学大臣から国立大学法人人事。法務大臣から海外出張報告。福田総理からは海外出張不在中の臨時代理。渡海大臣の出張の代理であります。それについて発言がございました」

【道路特定財源】

 --きのうの経済財政諮問会議で国土交通省がまとめた道路中期整備計画の最終案とりまとめに向け、総理から効率重点化について長官中心にまとめるようにという指示がありました。今後の最終案取りまとめに向けてどのような姿勢で取り組むか

「官房長官、財務大臣、国土交通大臣等々、よく相談してまとめるようにという総理のご指示がございました。その際の視点としては当然のことでありますけれども、財源が非常に厳しいという中で、いわゆる一般財源ということも考えなければいけませんし、道路利用者の立場も考えなければなりませんし、さまざまな角度から検討して予算編成前には答えをださなければいけないだろうと思って、すでに党内関係者などとも私は話し合いをしておりますけれども、全力を挙げてこの難しい問題に答えを出していきたいと思っております」

 --国土交通省の素案を計画通りに全部やると一般財源がまったくなくなってしまうと・・・

「そういうことにはならないと思います。よく国土交通大臣と話し合っていこうと思います」

額賀財務相 「事実に基づいて説明している」 町村官房長官記者会見(27日午前) (2/2ページ)
2007.11.27 11:51
このニュースのトピックス:官房長官会見

【額賀財務相】

 --国会情勢だが、額賀さんの問題をめぐって与野党の対立が深まっているが、改めて額賀さんの問題の審議への影響をどのようにごらんになっているか

「あしたから参院の本会議、その後、委員会ということで審議が粛々と行われると思っておりますので、額賀大臣の問題は、委員会は違うんでしょうか。財政金融委員会で議論されるのかどうか、よく、詳しくは承知しておりませんけれども、外交防衛委員会のほうはしっかりと法案審議に全力を挙げていただけるものと考えております。額賀大臣の件についてはきのうも申し上げましたけれども、しっかりとした事実に基づいてお話をしておられると、こう私は理解しておりますし、きのうの政府与党の会議の場でも自民党、公明党の国対関係者などからもですね、しっかりとした事実を把握しておるので、事実に基づいていないのではないかと思われる民主党の証人喚問要求はいかがなものかというような発言も出ておりますので、そのへんを国対などを中心に、国会対応はお考えいただけるものと考えております」

町村信孝官房長官の記者会見詳報(27日午後) (1/3ページ)
2007.11.27 18:09
このニュースのトピックス:官房長官会見

 町村信孝官房長官は27日午後の記者会見で、自民党の大島理森国対委員長が額賀福志郎財務相の接待疑惑を否定する記者会見を開いたことを受け、「多少性格は違うが、やや永田議員の偽メール事件で国会の品位を汚したということもある。確かにあるかどうか分からないことを根拠にして、額賀大臣のことについて相当いろいろなことを言われたのは、本当にいいんだろうか」と、額賀財務相の接待疑惑を追及している民主党を批判した。会見の詳細は以下の通り。

【額賀財務相】

 「ご承知だろうと思いますが、先ほど大島国対委員長が会見をしたというふうに聞いております。詳しくご本人から聞いたわけではございませんけれども、大臣本人や関係者、あるいは弁護士を通じて、ジム・アワー氏にも確認した結果、12月4日、額賀大臣は別の勉強会で発言をしているということなどから、ジム・アワー氏と会う時間の余裕はないと。この日、濱田家に行くことはあり得ないと。こういう、自民党としての調査結果というものをですね、国対委員長から報告をされたと聞いております。

 逆に、大島さんからのお考えですが、辻議員は一体誰がそのような証言をしたのかということを明らかにしないといけないのではないだろうかというふうに思いますし、大島さんはもし必要ならば、自分が直接その証言をしたという人にあっても構わないと、確認をしてもいいと言っているわけであります。

 多少性格は違うわけでありますけれども、永田議員の偽メール事件で国会の品位を汚したということもあるわけですが、これは守屋さんの証言ということでもあるわけですから、性格は違うとはいうもののですね、やはり確かにあるかどうか分からないことを根拠にして、額賀大臣のことについて相当いろいろなことを言われたのは本当にいいんだろうかどうかということを先日、昨日か、一昨日、私は申し上げたが、改めて大島国対委員長の会見が終わったあと、そのような私なりの感想を持ったところであります」

町村信孝官房長官の記者会見詳報(27日午後) (2/3ページ)
2007.11.27 18:09
このニュースのトピックス:官房長官会見

 --関連して、民主党の平田参院幹事長は、民主党は12月4日という日付にこだわっているわけではない。守屋氏と額賀氏の証言が食い違っているので、お互いに証人喚問をし、発言の食い違いを説明してもらうことが必要だというふうに述べているが、これについてはどのように考えるか

 「しかし、その日にこだわらないというのは、じゃあ、いつかということを言わずしてですね、とにかく2人並べてね、その食い違いを聞くというのはまことに僕は、やり方としてね、さらし者にあたかもするがごとき印象を与えるじゃないですか。そういうやり方というのは私はいかがかと思いますよ。きちんと、もし12月4日ではないというならば、いついつということを言った上でですね、その上で額賀大臣どうですかということを委員会でもすでに質問しているわけですから、委員会などで質問した上で、なおかつおかしいと言うのであれば、また別の方法を考えるというのならいざ知らず、とにかく2人並べて証人喚問。証人喚問ありきじゃないですか。私はそういうやり方はいかがなものかと思います」

 --会ったとか、出たとかいう問題をやっているが、法案そのものの審議というよりは、ちょっと脇道にそれた議論で、自民党の反論も分かるが、若干議論の中心が政策論から離れている気がするが

 「まったく。だから、もとより次元が違う話だと私どもは言い続けてきたわけです。それを疑惑解明が先だと言って、審議をどんどん、どんどん引き延ばしてきたのが民主党さんでしょ?もとより私は何度も申し上げております。次元が違う話なんだと。それはそれとして、どのような解明をなさってもいいけれども、法案審議は粛々とやるべきだということを言い続けてきたわけですから。おっしゃるとおりなんです。次元が違うんです」

 --自民党が反論会見をしたということについては、政府から見てちょっと脇道の議論に乗っかっちゃっているという気もするが

 「それは額賀さんがいくら言っても、みなさん方がそれこそ疑惑の目で見るから、自民党としては一応第三者の目といいましょうかね。で、証明をする必要があるだろうというふうに国対は考えたわけでしょう」

町村信孝官房長官の記者会見詳報(27日午後) (3/3ページ)
2007.11.27 18:09
このニュースのトピックス:官房長官会見

【教育再生会議】

 --教育再生会議について、きょうで第3次報告に向けた議論が一巡したが、これまでのところの議論の推移を長官としてどう評価しているか

 「一巡なのかどうか、私もちょっと全部出ているわけではなくて、時間の可能な範囲で、できるだけ議論をうかがい、時に発言をして参加をしているつもりであります。相当幅広い各委員のご関心があるものですから、なかなかこれを1つの報告書にまとめるのは、なかなか大変だったという気もいたします。しかし、いずれも重要な論点ばかりでございますから、多少時間がね。かかっても議論を尽くしていい報告をまとめていただきたいなと期待をしているところであります」

 --安倍内閣から福田内閣に変わって、教育バウチャーの全国一律導入を見送ったり、現実路線になっている印象を受けるが、提言が政策に反映させる実現性はどれぐらいあるか

 「それはどういうご提言をね、これからおまとめになるのかということにもかかっていると思いますが、きょう、たまたま、私1時間半ぐらい出席していてですね、いま教育再生会議で議論されているのは、たとえば今、文部科学省がまとめつつある教育基本法に基づく教育振興計画、これは政府が策定することになっているのでありますが、そのあたりにどう反映されているか。ほとんど反映されていないのではないかという、大変鋭い指摘をされる委員もおられました。やっぱり、そのへんはですね、私は文部科学省もきちんと、再生会議の議論を踏まえた政策展開をやっていく必要があると。それは全部タッチできるという意味ではございません。けれどもですね、やはり重要な会議でありますし、総理大臣直属の会議でもあるわけですから、そうしたものをしっかりと文部科学省も踏まえてやるように、私も後ほど文部科学省の次官かな、お見えになるということになっていますから、そういうことは強く申し上げようと思っております。私どもは、それは安倍内閣のときに始めた再生会議かもしれませんが、政府の行政というものは継続性があるわけですから、しっかりとこの再生会議の提言がいいものになるように、またそれが実現できるように努力をしていこうと思っております。福田総理もそれを期待をしております」

【独立行政法人】

 --先ほど独立行政法人の整理合理化計画について渡辺大臣と座長が福田総理に報告されました。いくつかの法人の廃止を提言されているようだが、政府としては今後これをどのように進めていかれるか

 「貴重なご提言を茂木さんから、おまとめをいただいたと受け止めております。それを受けて、これから政府部内の調整に入りますので、まず渡辺大臣が各省大臣、あるいは大臣同士か、局長同士か分かりませんが、そういうレベルで、まず調整をしていただく。その上で、なお調整が難しい点があれば、私なり、あるいは福田総理なりが調整をしていかなければいけない。こう思っておりますが、全体としてはですね、民営化するもの、廃止するもの、統合するもの等々の例示もありますし、それらの1つ1つが全部いいかどうかは私も判断つきかねるところがありますが、方向としてはいいだろうし、随契が多すぎるとかですね、あるいは独法の人事、あるいはその評価、行政評価ですか。というものが少しくちょっと、各省の傘下にありすぎるのではないか。もう少し、たとえば行政評価をやるのは総務省というのがそういう機能を持っているわけでありますから、そういうところで評価をやったらいいのではないかとかですね、あるいは人事等についても内閣の関与を強めたらいいのではないかといったようなことは、方向として私も理解するところでありますので、渡辺大臣のタフ・ネゴシエーターぶりに期待をしているところでございます。まず一当たり、二当たり、渡辺さんに頑張ってもらう。こう思っております。私どもはそれをサポートするということです」

【イラク】

 --午後の参院の外交防衛委員会で、イラク撤収法案が可決されたが、片方の院で可決されたことは相当の重みがあると思うが、政府の受け止めは

 「イラクの安定とか復興、まだ道半ばであります。先般、福田総理とブッシュ大統領の話し合いの中で、だいぶん治安状況も改善されてきているという認識を共有しているようであります。事実、それは完全に自爆テロ等がなくなったわけではありませんけれども、だいぶん、死傷者の数も減っている。地域により差はありますけれどもね。そんな状況も見受けられる。いずれにしても道半ばであるということから、日本として引き続き輸送支援を続けていくというニーズは変わりがないということであろうと思っております。さる6月にこの特措法の期限を延長したばかりでありますから、今ただちに同法を改正するという考えは政府にはございません。今後衆議院に移って、どういう審議になるかでありますが、当然衆議院ではこの法案を否決されるものと思っております。いま、C130で物資・人員の輸送をやっておりますけれども、運航頻度というものは、大体週4、5回程度、基本的にはバグダッドへの運航でございますけれども、これは大体、おおむね週1回程度、バグダッドを経由して、アル・エルビルという、北の方へ飛ぶのが大体週1回程度、そのほかはアリ飛行場、これは南のほうですけれども、そこに運航するというようなことで、着々と活動が、実績が上がっているという報告を受けております」

「自Endポスターバナー作戦」遂行中!

5作目、「2005・9・11小泉郵政詐術選挙の337議席、2代続けて負託(衆院選)なし、強行採決やりたい放題?公明党、池田大作の責任は大きい」バナーです。今、創価・公明党へのピンポイント攻撃が必要だと考えます。(笑)

2005・9・11小泉郵政詐術選挙の337議席、2代続けて負託(衆院選)なし強行採決やりたい放題?バナー

※雑談日記SOBA制作と明示して頂けるとうれしいです。

命落とすな、自公を落とせ!
わんばらんすさん。

政権交代は、あらゆる改革につながる本丸
村野瀬玲奈の秘書課広報室さん。

「確かな野党」から「確かな連立」へ!
らんきーブログさん。

「新聞テレビは『95%の小さな真実』の報道で『5%の大嘘』を目くらましする」
喜八ログさんのオリジナル「新聞テレビは『95%の小さな真実』を報道し『5%の大嘘』を正当化する」の「正当化する」を「目くらましする」とし、リメークしました。この場合は、漢語での簡潔な表現より、大和言葉の方がスッと腑に落ちる気がしました。

 このエントリーは、トラックバック・ピープル
いいニャ~自Endバナー 自民党政治

いいニャ~、郵政民営化凍結 郵政民営化凍結

野党共闘はいいニャ~バナー 野党共闘にトラックバックしています。(各バナーとも、クリックでスタート記事に飛びます)また政治全般自民党にもTBす。

自Endライブを表示する方法(詳細な説明)

↓政治部門でリベラル系大幅進出を確認したければクリック。

人気blogランキングバナー

|

« きっこの日記「今日のソックリさん」今月の傑作ラインアップ。オイラの大好きな浅田真央ちゃんだけは気に入らないが、。(笑) | トップページ | 守屋関連YouTubeをいくつか収集。関西TV「ニュース20面相」も面白かったが、フジ産経グループを念頭にするべきかも、。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: KYな大島国対の説明パフォーマンスは選挙民の反感を買い、墓穴を掘ったと後世の歴史家は必ずや書くだろう。(笑):

» 習志野基地にPAC3配備 [人類猫化計画]
  写真左:騒々しい雰囲気の中で習志野分屯基地に搬入されたパトリオットの発射機=船橋市で(東京新聞) 写真右:パトリオット(PAC3)の発射機を積んで千葉県の習志野基地に入るトレーラー=29日午前3時33分(共同通信) ... [続きを読む]

受信: 2007年12月 1日 (土) 16時00分

« きっこの日記「今日のソックリさん」今月の傑作ラインアップ。オイラの大好きな浅田真央ちゃんだけは気に入らないが、。(笑) | トップページ | 守屋関連YouTubeをいくつか収集。関西TV「ニュース20面相」も面白かったが、フジ産経グループを念頭にするべきかも、。 »