« な、な、なんと、あの山本一太が電子投票がらみの利権とそれにまつわる参院自民党の人物についての懸念を書いている。 | トップページ | 『米軍移転住宅「高すぎる」 防衛相、見直し示唆』って、従米ケツなめ野郎のパフォーマンス答弁なんて、。(笑) »

2007年12月10日 (月)

好対照写真、インド洋ケツなめ給油街宣反応悪しでドッチラケの自民の馬鹿と、バスラ基地予告なし訪問で権限委譲の英ブラウン。

 片やレームダックの藪猿(ブッシュ)にあくまでも追従コミットメントのケツなめ街宣、しかし反応悪しでどっちらけ憮然の馬鹿と、片や盟友でありながら引き気味の英首相基地急遽訪問の写真。同じ9日に好対照写真。

(クリックすると拡大します)

View5761476官房長官と防衛相が異例の街頭演説
東京・渋谷の街頭で、インド洋での自衛隊の給油活動再開へ支持を求める町村官房長官(中央)と石破防衛相(右端)。15日の会期末を控え、それぞれ熱弁を振るったが、市民の関心はいまひとつのよう(9日午後) 【時事通信社】


View5763108_2

バスラの治安権限、2週間以内に移譲
イラク南部のバスラ郊外にある英空軍基地で9日、自国軍兵士を前に演説するブラウン英首相。同基地を予告なしで訪問し、2週間以内にバスラ州の治安権限をイラク側に移譲すると発表した 【EPA=時事】


「自Endポスターバナー作戦」遂行中!

 代表的な検索エンジン8個で「自民党政治」と検索してみたら、TBP「自民党政治」がすべて1位か3位、つまりトップ頁で出てきました

 「自Endポスターバナー作戦」1作目、自End!:民主を励まし、クリンチ作戦・連立デマ謀略の自民を嗤うバナーです。
自End!:民主を励まし、クリンチ作戦・連立デマ謀略の自民を嗤うバナー

5作目、「2005・9・11小泉郵政詐術選挙の337議席、2代続けて負託(衆院選)なし、強行採決やりたい放題?公明党、池田大作の責任は大きい」バナーです。今、創価・公明党へのピンポイント攻撃が必要だと考えます。(笑)
2005・9・11小泉郵政詐術選挙の337議席、2代続けて負託(衆院選)なし強行採決やりたい放題?バナー

※雑談日記SOBA制作と明示して頂けるとうれしいです。

開票(電子投票システム)急ぐより、選挙(衆院選)を急げ!
らんきーブログさん。

命落とすな、自公を落とせ!
わんばらんすさん。

政権交代は、あらゆる改革につながる本丸
村野瀬玲奈の秘書課広報室さん。

「確かな野党」から「確かな連立」へ!
らんきーブログさん。

「新聞テレビは『95%の小さな真実』の報道で『5%の大嘘』を目くらましする」
喜八ログさんのオリジナル「新聞テレビは『95%の小さな真実』を報道し『5%の大嘘』を正当化する」の「正当化する」を「目くらましする」とリメークしました。漢語での簡潔な表現より、大和言葉の方がスッと腑に落ちる気がしたからです。

 このエントリーは、トラックバック・ピープル
いいニャ~自Endバナー 自民党政治

いいニャ~、郵政民営化凍結 郵政民営化凍結

野党共闘はいいニャ~バナー 野党共闘にトラックバックしています。(各バナーとも、クリックでスタート記事に飛びます)また政治全般自民党にもTBす。

自Endライブを表示する方法(詳細な説明)

↓政治部門でリベラル系大幅進出を確認したければクリック。

人気blogランキングバナー

|

« な、な、なんと、あの山本一太が電子投票がらみの利権とそれにまつわる参院自民党の人物についての懸念を書いている。 | トップページ | 『米軍移転住宅「高すぎる」 防衛相、見直し示唆』って、従米ケツなめ野郎のパフォーマンス答弁なんて、。(笑) »

コメント

■本日の日経で「金融教育にモノポリー」が紹介された。
はい、その「モノポリーマン」(邦訳:連邦準備銀行の手口)の動画です。これぞ、本物の金融教育です。
【『Monopoly Men』~Federal Reserve Fraud~日本語字幕版】
http://video.google.com/videoplay?docid=-845461387975920288&hl=en

投稿: n | 2007年12月11日 (火) 08時00分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 好対照写真、インド洋ケツなめ給油街宣反応悪しでドッチラケの自民の馬鹿と、バスラ基地予告なし訪問で権限委譲の英ブラウン。:

» 君死にたまふことなかれ [ミクロネシアの小さな島・ヤップより]
最近もまたヤップ島出身の青年が米軍兵士として亡くなり、星条旗に包まれた棺に入れられて帰還した。写真は遺体を乗せた飛行機より一足先にヤップに到着し、整列して棺を待つグアムから来た米軍兵士たち。 ミクロネシア出身者が米軍兵士として死ぬと、10人くらいの単位でこのような部隊が派遣されてきて米軍式の葬式を執り行い、家族のあらゆるニーズに応じてくれるという。誰それが死んだときは2階建ての家を建ててくれたとか、いや家どころか本道から家に至るまでの道も舗装してくれた、とか、そういう話が飛び交う。そしてもちろ... [続きを読む]

受信: 2007年12月12日 (水) 05時15分

« な、な、なんと、あの山本一太が電子投票がらみの利権とそれにまつわる参院自民党の人物についての懸念を書いている。 | トップページ | 『米軍移転住宅「高すぎる」 防衛相、見直し示唆』って、従米ケツなめ野郎のパフォーマンス答弁なんて、。(笑) »