« 「派遣や格差問題、元凶は小泉、早く選挙やれ~」バナーの小泉のツラが醜悪なんでサイドにチェ・ゲバラのバナーをはりました(汗) | トップページ | 加藤智大がいた例の派遣会社「日研総業」が、2005年2月5日の「NHKスペシャル・フリーター漂流」に出てた。←大幅に要約テキストを追加す »

2008年6月14日 (土)

赤旗以外、マスゴミが未だに無視してる「派遣も正規と同待遇 EU閣僚理事会が合意」、EU Newsが2008/06/10発なのでなんともはや。

 低気温のエクスタシーbyはなゆーさんの――2008年06月14日 〔詳報〕EU理事会の合意「派遣労働者も正社員と同じ待遇にする」 ――の記事で知ったのですが、外信もEU News も2008/06/10発なので秋葉事件との関連・タイミングから言っても注目記事です。ところが日本のマスゴミはいまだに配信していない。これじゃあまさにマスゴミだ。

※「マスコミはなぜ『マスゴミ』と呼ばれるのか」ー権力に縛られたメディアのシステムを俯瞰する (単行本)日隅 一雄 (著) 」
『若者を見殺しにする国』赤木智弘
『蟹工船・党生活者』(新潮文庫) (文庫)


 以下、はなゆーさんのところではガーディアンの記事などが全文出ていなかったのであらためて資料として採録しておきます。

 まず2008年6月13日(金)「しんぶん赤旗」の記事。

派遣も正規と同待遇 EU閣僚理事会が合意
http://www.jcp.or.jp/akahata/aik07/2008-06-13/2008061301_03_0.html

 【パリ=山田芳進】ルクセンブルクで行われていた欧州連合(EU)雇用社会問題相理事会は十日、派遣労働者に正規労働者と同等の権利を認めることを盛り込んだ派遣労働者指令案に合意しました。

 合意された指令案は、派遣労働者が原則として契約開始の一日目から、賃金、休暇、出産休暇について、正規労働者と同一の待遇を受け、食堂、託児所、輸送サービスでも同一の利用権を持つことを規定しています。

 ただ例外として、各国の労使間の合意があれば、これらの権利の取得に必要な派遣労働者の雇用期間を個別に設定することができます。

 欧州で六千万人の労働者を結集する欧州労連(ETUC)モンクス書記長は同日、「合意は積極的なものであり、EUが労働条件の改善を法制化できるのだということを示している」と歓迎の談話を発表しました。

 EUにおける派遣労働者は約八百万人で、年々増加の傾向にあります。欧州労連などは派遣労働者の均等待遇を指令に盛り込むことを主張し、交渉が続けられてきましたが、英国などの反対で実現していませんでした。その英国で五月、政労使が派遣労働者の均等待遇を定める法案について合意し、欧州レベルでの法制化に道が開かれました。

 

 次に英高級紙ガーディアン記事。

EU unions hail temps deal, demand work time limits
http://www.guardian.co.uk/business/feedarticle/7575376

    * Reuters
    * , Tuesday June 10 2008

(Adds union, UK small business, European Commission reactions)
By Jan Strupczewski

LUXEMBOURG, June 10 (Reuters) - Trade unions hailed a European Union agreement on Tuesday to give temporary workers the same rights as permanent employees from day one but urged EU lawmakers to better protect the maximum 48-hour work week.
Employment ministers from the 27-nation bloc agreed after a marathon negotiating session that citizens should work no more than 48 hours a week, unless they want to, but cemented Britain's right to opt out of those working time rules.
The deal will help end a four-year dispute between British- and French-led camps on EU labour market rules which pitched London's liberal economic views against calls for minimum social standards from Paris.

"This is a major step forward for European workers and it strengthens social dialogue," EU Employment Commissioner Vladimir Spidla said.

"We have created more security and better conditions for workers and temporary agency workers while maintaining the flexibility that industry needs and workers want when reconciling family life and working life," he said.

Catelene Passchier, a senior official at the European Trade Union Confederation, described as a positive development the agreement to give temporary workers equal treatment in terms of pay, holiday and maternity leave from day one.

But she criticised the compromise on working time rules, saying: "Concerning working time, we are much less positive ... We hope that the European Parliament will correct that."

The EU legislature has co-decision powers with member states on the legislation. Spain, Belgium, Cyprus, Greece and Hungary said they would seek changes there as they did not fully support the compromise.

LONG HOURS CULTURE

The deal allows Britain to keep its long hours culture, secured thanks to an opt-out from the 1993 EU law, which sets the maximum length of the working week at 48 hours.

"This agreement means that people remain free to earn overtime and business can cope during busy times," Britain's Business Secretary John Hutton said after the meeting.

But Tina Sommer of Britain's Federation of Small Businesses accused him of paying too high a price in terms of new rights for Europe's 8 million agency workers to keep the opt-out on working time.

"While British ministers pop champagne corks and hail this deal as a triumph, Britain's entrepreneurs will be drowning their sorrows," Sommer said in a statement.

"In these difficult economic times, small businesses need to be flexible in order to grow, and this directive will be like a steel rod for their backs," she said.

A group of countries initially led by France wanted to scrap the British opt-out, arguing the 48-hour week protects employees from exploitation and accidents.

The 1993 law had to be revised because of rulings from the EU's top court that when a person is on call at the workplace, even if asleep, it counts as work.

This put many health and emergency services workers over the 48-hour limit. Doctors in several EU states have filed lawsuits against hospitals for not complying with the rulings, which would entail large costs for hiring and training more staff.

Ministers overcame the problem by agreeing that while inactive on-call time cannot be called rest, it can be called work only if national laws or social partners agree.

The British opt-out was somewhat curbed since ministers limited the maximum number of hours worked in a week, even with an opt-out, to between 60 and 65 from the previous 78 hours.

They also agreed that seven years after the new law comes into force, the European Commission would report on the use of the opt-out. After ministers evaluate the report, the Commission may propose scrapping the opt-out altogether.

Britain made room for a compromise by agreeing in May to give temporary agency workers the same rights as permanent ones from day one -- a deadline moved with the consent of British trade unions and businesses to after 12 weeks on the job. (Additional reporting by Yves Clarisse; Writing by Jan Strupczewski and Paul Taylor; Editing by Dale Hudson)

 

 関連記事。

(Page last updated at 04:08 GMT, Tuesday, 10 June 2008 05:08 UK)
New rights for temporary workers
http://news.bbc.co.uk/1/hi/uk/7445380.stm

_44672259_work226pa Office worker
The are 1.3million agency workers in Britain


New measures giving Britain's temporary workers equal rights to permanent members of staff have been agreed by European Union employment ministers.

The move aims to give temporary workers the same rights in areas like holiday and sick pay as permanent colleagues.

The Luxembourg talks also confirmed the UK's opt-out from the working time directive and a maximum 48-hour week.

Business Secretary John Hutton described the 12-hour meeting's outcome as "a very good deal for Britain".

Under the deal, Britain's 1.3 million agency workers will get the same pay and conditions as permanent staff after being employed for 12 weeks.

Firm opt-out

The government had rejected original EU proposals to grant equal rights from the first day of an agency contract, suggesting temps should have at least one year's service to qualify.

Last month Mr Hutton accepted a national agreement between the CBI and TUC for parity after 12 weeks which unblocked the stalled EU negotiations.   

It provides a fair deal for workers without damaging Britain's economic competitiveness or putting jobs at risk.
John Hutton

In return for dropping their long-standing opposition, British ministers secured a firmer opt-out from the working time directive, which limits workers to 48 hours each week.

Mr Hutton said the deal retained crucial job market flexibility.

He said: "It provides a fair deal for workers without damaging Britain's economic competitiveness or putting jobs at risk.

"Flexibility has been critical to our ability to create an extra three million jobs over the past decade. That flexibility has been preserved by ensuring workers can continue to have choice over their working hours in future years."

Critics of the deal include small and medium-sized employers who say they will be hit hard by the measures.

A number of EU countries have criticised the British opt-out on working hours.

The measures now go to the European Parliament, where there will be attempts to strengthen protection for workers further.

 

EU News 116/2008 - 2008/06/10

欧州委員会、派遣労働者の就労時間と条件に関する政治合意を高く評価
http://www.deljpn.ec.europa.eu/home/news_jp_newsobj2898.php

IP/08/912
ブリュッセル

<日本語仮訳>

欧州委員会は、本日(6月10日)早朝に、長く懸案となっていた労働時間指令および有期派遣労働者指令に関して、ルクセンブルグで開催されていた雇用・労働問題担当相理事会において、欧州連合(EU)加盟国が合意に達したことを、大いに歓迎する。

欧州委員会のシュピドラ委員(雇用・社会問題・機会均等担当)は、「この合意は、欧州の労働者にとって大きな前進を意味するとともに、労使間対話の強化につながる。またもや、フレキシキュリティ―― 柔軟性(flexibility)と安全性(security)を結び付けた造語――が実現可能であることが証明された。 労働者や派遣労働者にとっての安心感とと就労条件の改善を図りながら、産業界が必要とし、かつ家庭と仕事の両立を願う労働者の希望する柔軟性の維持が可能となる。この成功をもたらしたEU議長国スロヴェニアを称えるとともに、その多大なる尽力に感謝する。次は欧州議会の番だが、この確固たる合意が本会議において大多数の賛成を集めることを祈念している。」と述べた。

労働時間指令に関する主要合意点

    * 待機時間を活性待機時間と不活性待機時間に区分し、前者を労働時間として算入する。
    * 不活性待機時間を休憩時間に算入することはできないものとし、国内法の規定あるいは労使間の合意があれば、労働時間に算入することができる。
    * 労働者個人が適用除外を選択しない限り、標準労働時間の上限を週48時間に据え置く。
    * 適用除外を選択した労働者の新たな保護的上限(cap)を、労使間でそれ以外の取り決めがない場合は、週60時間とする。
    * 不活性待機時間を労働時間に算入する場合においては、当該上限を週65時間とする。
    * 同一雇用者により10週間以上雇用される労働者全員に上記の労働時間上限による保護が適用される。
    * 適用除外については、就労した最初の月には署名を行わない、署名をしないことあるいは適用除外の撤回を理由に処罰を科さない、適用除外を選択した労働者の労働時間を雇用者が記録するなど、一定条件下でのみ実施する。

有期派遣労働者指令に関する主要合意点

    * 就労初日より、賃金・産休・休暇に関して、有期派遣労働者に正規労働者と同等の待遇を適用する。
    * 集団的合意および国全体での労使間協定に基づき、上記要件の適用を免除することを可能とする。
    * 雇用企業における無期雇用機会の情報が有期派遣労働者に伝えられなけらばならない。
    * 共用施設(社員食堂、保育施設、通勤交通サービスなど)の利用において同等の権利を与える。
    * 加盟国政府は、派遣労働者が自らのエンプロイアビリティ(雇用されるにふさわしい能力)を高めることができる、次の派遣先が決まるまでの間、保育および訓練施設をより容易に利用できるようにしなければならない。
    * 加盟国政府は、派遣代理店および企業の違反に対する罰則を確立しなければならない。

背景
既存の労働時間指令(2003/88/EC)を改正する当該指令案は、2005年より審議の俎上にあった。欧州司法裁判所の解釈によると、多くの加盟国が同指令に違反している(Simap/Jaeger判決)。同判決によると、活性待機時間と不活性待機時間は労働時間として算入しなければならない。また、改正法案では適用除外を選択した労働者の保護が大幅に改善されている。

EUには800万人の有期派遣労働者がおり、その数は増えている。2002年3月に、欧州委員会が、EU全域に同水準の有期派遣労働環境を整備する提案を採択した後、いくつかの議長国が解決策を見出そうと調整を試みた。最近の英国における労使間の合意を受けて、議長国スロヴェニアが新たな妥協案を提示し、このたびの政治合意に至った。

共同決定手続きに従い、EU理事会の共通見解は、第二意見を得るために欧州議会に送られることになる。

 

(以下、原文)

EU News 116/2008 - 2008/06/10
Commission strongly welcomes today's political agreement on Working Time and Working conditions for Temporary Agency Workers
http://www.deljpn.ec.europa.eu/home/news_en_newsobj2897.php
Internet Archive 

IP/08/912
Brussels, 10 June 2008

The Commission strongly welcomes the agreement that Member States reached in the early hours of this morning (10 June) on the longstanding issues of the Working Time Directive and the Temporary Agency Work Directive at the Employment and Social Affairs Council in Luxembourg.

Vladimir SPIDLA, EU Commissioner for Employment, Social Affairs and Equal Opportunities said: "This is a major step forward for European workers and it strengthens social dialogue. It shows once again that flexicurity can be put into practice: We have created more security and better conditions for workers and temporary agency workers while maintaining the flexibility that industry needs and workers want when reconciling family life and working life. I congratulate the Slovenian Presidency on its success and thank them for all the hard work that led to it. The ball is now in the court of the European Parliament and I sincerely hope that this solid agreement will find a majority in the plenary."

The main points of agreement in the Working Time Directive are:

    * on-call time to be split into active and inactive on-call time. Active on-call time to be counted as working time
    * inactive on-call time may not be counted as rest time and can be counted as working time if national laws or social partners agree
    * standard maximum limit remains at 48 working hours per week unless an individual worker chooses otherwise (opt-out)
    * new protective limit (cap) for workers who opt out:  maximum working week of 60 hours unless social partners agree otherwise
    * new cap for workers who opt-out if inactive on-call time is counted as working time: maximum working week of 65 hours
    * the cap protects all workers employed for longer than 10 weeks with one employer
    * opt-out only under certain conditions, such as: no signature during first month of employment, no victimisation for not signing or withdrawing opt-out, employers must keep records on working hours of opted-out workers.

The main points of agreement in the Temporary Agency Workers Directive:

    * equal treatment as of day one for temporary agency workers as well as regular workers in terms of pay, maternity leave and leave
    * possibility to derogate from this through collective agreements and through agreements between social partners at national level
    * temporary agency workers to be informed about permanent employment opportunities in the user enterprise
    * equal access to collective facilities (canteen, child care facilities, transport service)
    * Member States have to improve temporary agency workers access to training and child care facilities in periods BETWEEN their assignments so to increase their employability
    * Member States have to ensure penalties for non-compliance by temporary agencies and enterprises.

Background:
The Directive amending the existing directive on Working Time (2003/88/EC) has been on the table since 2005. Many Member States are in breach of the legislation as interpreted by the European Court of Justice (Simap/Jager ruling). According to these rulings, active and in-active on-call time must be counted as working time. Also, the new text significantly improves the protection for workers who sign an opt-out. Finally, it reintroduces a reference to conciliation between working life and family life.

8 million workers in the EU are temporary agency workers and numbers are increasing. In March 2002 the European Commission adopted a proposal to create a level playing field for temporary agency workers across the EU. Several presidencies have sought to find a solution. Following a recent agreement between social partners in the UK, the Slovenian Presidency decided to put forward a new compromise text which has achieved political agreement.

The Council Common Positions now have to be sent to the European Parliament for a second opinion, as foreseen by the co-decision procedure.

関連投稿
加藤智大がいた例の派遣会社「日研総業」、2005年2月5日の「NHKスペシャル・フリーター漂流」で取り上げていた。
秋葉原事件のこのTBSニュース、自民党の圧力で多分、。又幾つかのキーワードも間もなくマスコミから徐々に消されていくだろう。
「秋葉原通り魔:携帯掲示板に予告 警視庁に情報、警戒中」って、知ってたのか?手回しのいい映像もさもありなん、ひどい話だ。
通り魔:秋葉原「生活に疲れてやった」はこれからニュースの表面からは消される可能性あり。徹底的に初出のニュースと写真を収集。(1)

始めに戻る


良質なブログ・情報への入口、中継点を目指します。毎日ワンクリックで自公糾弾
人気blogランキングバナー

電子投票法は危険だバナー 電子投票法は危険だバナー
自分たちの努力を信じて、いろいろ各自工夫して、廃案にするまでガンバだ!12月21日参院自・民国対今国会見送りするも4月9日自民・民主修正協議同意ニュース

「自Endポスターバナー作戦」遂行中! 

 代表的な検索エンジン8個で「自民党政治」と検索すると、自End!TBP「自民党政治」はすべて1位か3位、つまりトップ頁です

 自Endポスターバナー作戦、第10作目と第1作目
↓click⇒enlarge&move
自End!荒川区予算802億円、イージス艦あたご建造費1400億円、軍事オタクの防衛利権と従米売国で総額1兆円つきあうのですか?バナー 自End!:民主を励まし、クリンチ作戦・連立デマ謀略の自民を嗤うバナー


イージスと防衛利権

※雑談日記SOBA制作と明示して頂けるとうれしいです。

陰謀リテラシーかく乱にトンデモを混ぜるのはあるかもネ(政治に陰謀・謀略はつきもの。最近の闇雲否定論者は工作員かな?)
雑談日記作。(^^;(笑)

開票(電子投票システム)急ぐより、選挙(衆院選)を急げ!
らんきーブログさん。

以下のトラックバック・ピープルに参加してます。
いいニャ~自Endバナー 民主党にも「喝~~~ッ」と気合いだバナー
自民党政治と      民主党政治
いいニャ~、郵政民営化凍結 郵政民営化凍結
野党共闘はいいニャ~バナー 野党共闘(各バナーとも、クリックでスタート記事に飛びます)、政治全般にもトラックバックす。

自Endライブを表示する方法(詳細な説明)

※爪ヤスリなら日本の職人さんのいいのをお勧めします。(関連投稿
↓下の広告は単にブランド好きの方向けです。

|

« 「派遣や格差問題、元凶は小泉、早く選挙やれ~」バナーの小泉のツラが醜悪なんでサイドにチェ・ゲバラのバナーをはりました(汗) | トップページ | 加藤智大がいた例の派遣会社「日研総業」が、2005年2月5日の「NHKスペシャル・フリーター漂流」に出てた。←大幅に要約テキストを追加す »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 赤旗以外、マスゴミが未だに無視してる「派遣も正規と同待遇 EU閣僚理事会が合意」、EU Newsが2008/06/10発なのでなんともはや。:

» 奥谷禮子さん「過労死は自己管理の問題です」 [喜八ログ]
雑誌「週刊東洋経済」2007年01月13日号に掲載された、奥谷禮子さん(「ザ・アール」代表取締役社長)のインタビュー記事を転載させていただきます。 [続きを読む]

受信: 2008年6月14日 (土) 10時23分

» 自民はウラで総裁争い&民主は前原に退場勧告+秋葉原ホコテン休止+伊達、Boxing [日本がアブナイ!]
最新の記事一覧・・・5月分はコチラ、6月分はコチラ  クルム伊達公子選手は、有明オープン3日め、シングルス2回戦に 出場し、高山千尋選手に6-3、6-0でストレート勝ち。ベスト8 入りをした。(~~)  でも、今大会、毎日応援に来てくれていたMichaelが、明日から レースのためにマレーシアに行ってしまうらしい。チョット寂しい けどp(*^-^*)q がんばっ。 <ちなみに、この大会を前にエステティックTBCと契約。今後は、 所属がTBCになったですぅ。>  また、昨夜は... [続きを読む]

受信: 2008年6月14日 (土) 21時45分

» “死に神大臣”騒動を言葉狩りで終わらすな [資本主義から民主主義へ!小さな行動]
死神大臣(死に神大臣)   “死神”がつくキャラクターというと真っ先に思い出すのが天本英世演じる“死神博士”である。  今回、それに匹敵するほどのキャラクターが誕生した。 “ [続きを読む]

受信: 2008年6月21日 (土) 22時45分

« 「派遣や格差問題、元凶は小泉、早く選挙やれ~」バナーの小泉のツラが醜悪なんでサイドにチェ・ゲバラのバナーをはりました(汗) | トップページ | 加藤智大がいた例の派遣会社「日研総業」が、2005年2月5日の「NHKスペシャル・フリーター漂流」に出てた。←大幅に要約テキストを追加す »