« 麻生が解散しないのは、最短記録更新、つまり「女性問題・リクルート事件・消費税導入」の宇野内閣より短くなりたくないからじゃ、。 | トップページ | 民主・石井一さん、なかなかいいなぁ、。まさに国民の代表として聞いてた。はぐらかす麻生はまさに国民を愚弄するの図だったよ。 »

2008年10月15日 (水)

「麻生は最短記録宇野内閣より短くなりたくないからじゃ」の雑談日記予想が当たりそうな気配で余りにも情けなくなり脱力。(笑)

 昨日のエントリーで、

麻生が解散しないのは、最短記録更新、つまり「女性問題・リクルート事件・消費税導入」の宇野内閣より短くなりたくないからじゃ、。

要するにそう言うことなんじゃないだろうか。中身なし、格好だけのカッコマン麻生を見ていてそう思いました。

 宇野宗佑内閣の在任69日間より短い記録を歴史に刻みたくない、ただひたすら刻みたくない、それだけではないかと、。要するにもっともらしい理由は実はつけたしで、本当の理由はそんなところかな、と。

と書いたのがどうもその通りになりそうです。現在有力にあがってきている投票日の日にちが11月の30日。麻生が組閣したのが9月24日なので、11月30日で68日目。もしその投票日の結果、自民党が政権から転落しても野党の連立政権が発足するには数日かかるだろうから、宇野の最短短命記録69日よりは形式的にしろ数日でも長くなる。

 しかも、下記バナーによる、解散できないアッホー太郎は卑怯なヘタレのチキン野郎だ!キャンペーン開始がまだ三日前の12日で、すでにこの動き。偶然かも知んないけど、あまりにも雑談日記が書いているのに沿った政局の動きで、しかもそれがレベルが低すぎるので、さすがのオイラも脱力するしかない。(笑)

小さなバナーとクリックするとバッと出てくる大きなコマの組合せでミスマッチ過ぎるかなぁ。(笑)
「衆院選を逃げまくる、選挙の審判なし首相が三連続、世襲だらけ自民党は退場しろ!」キャンペーンバナー 「衆院選を逃げまくる、選挙の審判なし首相が三連続、世襲だらけ自民党は退場しろ!」キャンペーンバナー

※バナー 賛同ブログリスト

(クリックすると自Endバナーキャンペーン賛同ブログリストに飛びます)漫画、東京新聞、佐藤正明「秋まつり」
自民のアホな秋まつりを、「解散しなさい」とおまわりが注意する漫画と「衆院選を逃げまくる、選挙の審判なし首相が三連続、世襲だらけ自民党は退場しろ!」キャンペーンバナー

20081015 ※以下余談:今日のオルタナティブ@政治経済ポータル。ご覧になってお分かりのように、当初「詐欺まがい郵政選挙に乗っかって90代91代と選挙(衆院選)の洗礼なし内閣はもはや許されない。解散せよ!!!」を雑談日記トップ掲示スタートが問責可決の6月11日19:25 。トップ表示と言うことでエントリーの公開日時を先の日時、11月1日に設定しました。「もうちょっと後になるかな」と言うことと、しかし、「いくらなんでも年を越さずにやるだろう」と言うことで、大晦日の12月31日に再設定しました。
 今回、もし11月30日投票と言うことになれば、11月1日と12月31日のちょうど真ん中で11月30日と言うことになります。


 今日のお勧めエントリーは日本がアブナイ!さんの、
株安の不安も払拭?麻生首相が公明党を重視すれば、11月30日に総選挙の可能性大

 上記エントリー中で紹介されている。「憲法20条を考える会」について以下メモ。細川連立内閣と創価学会の関係を政教一致であると批判するために結成された勉強会で、なかなか興味深い顔ぶれです。

憲法20条を考える会
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%86%B2%E6%B3%9520%E6%9D%A1%E3%82%92%E8%80%83%E3%81%88%E3%82%8B%E4%BC%9A

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: ナビゲーション, 検索

憲法20条を考える会(けんぽう20じょうをかんがえるかい)は、1994年2月に結成された自由民主党内の勉強会。細川連立内閣と創価学会の関係を政教一致であると批判するために結成された。これを母体に四月会が結成された。自自公連立政権の発足とともに自然に解消。政教分離を貫く会に受け継がれた。

[編集] 組織

* 顧問   原田憲、塩川正十郎、綿貫民輔、中尾栄一、石原慎太郎、水野清、中山正暉、中山太郎、塚原俊平、大河原太一郎、井上裕、佐々木満、村上正邦
* 会長   亀井静香 亀井が自社さ連立政権の運輸大臣となったのち白川勝彦
* 会長代行 田沢智治
* 副代表  村岡兼造、佐藤信二、玉沢徳一郎、与謝野馨、麻生太郎、桜井新、高村正彦、平沼赳夫、中馬弘毅、白川勝彦、宮崎秀樹、下稲葉耕吉
* 幹事長  島村宜伸
* 事務局長 額賀福志郎
* 事務局  自見庄三郎、尾身幸次、村上誠一郎、衛藤晟一、石原伸晃、安倍晋三、成瀬守重、尾辻秀久、西田吉宏
* 幹事   亀井善之、野中広務、大島理森、町村信孝、木村義雄、武部勤、谷津義男、長勢甚遠、松岡利勝、森英介、野田実、藤井孝男、松浦功

 

 以下、資料として採録。

民主・鳩山幹事長「解散色が強まってきた」
http://sankei.jp.msn.com/politics/situation/081015/stt0810150047002-n1.htm

2008.10.15 00:46

 民主党の鳩山由紀夫幹事長は14日夜、都内で講演し、「昨日までは、麻生太郎首相は『解散より景気対策だ』ということで逃げていた節があった。だが、きょうあたりから解散色が強まってきた。当たり前の話だ。(首相は月刊誌の)論文で『絶対に逃げない』といっている。首相が紙に書いた公約は守られなければならない」と述べた。

 

解散いつ? じれる公明 すでに選挙モード 『止まらぬ』
http://www.tokyo-np.co.jp/article/politics/news/CK2008101502000128.html

2008年10月15日 朝刊

 衆院解散・総選挙の時期が定まらないことに、公明党が気をもんでいる。すでに選挙態勢に突入しているにもかかわらず、党幹部も解散権を握る麻生首相の胸中がつかみきれないためだ。

 北側一雄幹事長が十四日夜、地元・大阪府堺市内で開いた国政報告会。七百人の支持者を前に、北側氏は「いずれにしても近いうちに解散・総選挙があると思っている」と、組織固めを呼び掛けた。

 公明党はすでに、太田昭宏代表が週末ごとに九州、大阪、埼玉など同党議員の支援に回って「いよいよ衆院選が間近になった」と訴えるなど、選挙態勢に突入している。

 しかし、米国の金融危機のあおりで日本でも景気悪化が懸念される中、自民党内からは解散を先送りすべきだという声も出る。

 太田氏は解散先送り論をはね返すのに懸命で、九日の記者会見では「景気対策は必要だが、解散と直接リンクするものではない」とけん制した。

 公明党が解散先送りをけん制する背景には、同党の支持団体である創価学会が十一月上旬投開票を想定し、組織全体が動き始めているため、「そう簡単には止まれない。止まったら、また動かすのも難しい」(党幹部)という事情がある。

 解散が先送りされれば、創価学会幹部から評論活動をやめるよう強要されたとして損害賠償請求を起こしている矢野絢也公明党元委員長の参考人招致に向け、野党側が動きだす可能性があることも背景にあるとみられる。

 ただ、同党幹部の間でも投開票は十一月上旬からずれ込むとの見方が大勢となっており、すでに十一月中・下旬投開票のシナリオを描き始めている。

 しかし、これも確証があるわけではない。解散は首相の専権事項であり、同党幹部の一人からは「もう首相に任せるしかない」とのぼやきも漏れる。 (大杉はるか)

 

首相、月末解散を視野…投開票は11月30日有力
http://www.yomiuri.co.jp/politics/news/20081014-OYT1T00666.htm

 麻生首相が今月末の衆院解散を視野に準備に入ったことが14日、わかった。
Click here to find out more!

 首相は解散に踏み切る環境整備として、新テロ対策特別措置法改正案の成立や追加景気対策の策定、小沢民主党代表との党首討論の実施を重視しており、いずれも今月末に一定のめどがつくため、解散準備に入ったものだ。衆院選の日程は「11月18日公示―30日投開票」を念頭に置いている。米国発の金融危機の景気への影響など今月下旬の経済情勢を踏まえて最終決断する意向だ。

 自民党の細田幹事長は14日、東京・有楽町の日本外国特派員協会で記者会見し、「難局を打開するためにはできるだけ早く解散して、(与党で)過半数を取れればそれが最もいい」と指摘した。記者団の「衆院選は11月の最終週になるか」との質問には、「みなさんの推測と私の推測は非常に共通点が多いような気がする」と語った。

 公明党の北側幹事長は14日、大阪府堺市での会合で「選挙で勝って初めて政治的なリーダーシップが生まれる。遠からず、国民の審判を仰ぐ時期はやってくる」と述べた。

 首相周辺や複数の自民党幹部によると、首相は今月末の衆院解散を念頭に、26日に東京・秋葉原で街頭演説を行うことを検討している。首相に就任してから初めての街頭遊説で、「解散・総選挙に向けた遊説スタートという位置づけ」(首相周辺)と言えるものだ。13日には、首相は党本部で広報用ポスターの写真撮影を行った。

 また、首相は自民党の大島理森国会対策委員長に対し、今月末までに小沢氏との党首討論を実現するよう民主党との調整を指示。大島氏は14日、民主党の山岡賢次国対委員長に22日の党首討論開催を提案した。同党が断った場合は29日の開催を求める方針だ。

 インド洋での海上自衛隊の給油活動を継続するための新テロ法改正案は、民主党も早期採決に協力する姿勢で、早ければ27日、遅くとも29日に参院で否決、衆院で再可決の手順を経て成立する見通しだ。米国の金融危機に端を発した国内の株価下落に対応する追加景気対策は24日にも発表される。これにより、首相は国際貢献や景気を重視する姿勢を前面に掲げる環境が整うと判断している。追加景気対策の各項目は政権公約(マニフェスト)に盛り込む考えだ。

 その上で、首相は次の衆院選を小沢氏との間で「次の首相にふさわしいのは誰か」を競う「党首力」対決と位置づけたい考えだ。仮に小沢氏が党首討論の開催に応じない場合は、その対応を批判して選挙戦に臨むことも想定している。

 ただ、米国発の金融危機に伴う経済の混乱が長引いた場合は、党内外から「解散・総選挙による政治空白は避けるべきだ」との声が強まることも予想される。その場合は衆院選を年明けに先送りすることも念頭に置いている。
(2008年10月15日03時10分  読売新聞)


内閣三代続けて衆院選なし自民党は退場しろ!

解散できないアッホー太郎は卑怯なヘタレのチキン野郎だ!キャンペーン中!自End!「自民党は退場しろ!」の組込型全ミニバナー一覧はこちら

クリックすると、下記漫画バナーがさらに大きく表示されます。(笑)※バナー 賛同ブログリスト
「衆院選を逃げまくる、選挙の審判なし首相が三連続、世襲だらけ自民党は退場しろ!」キャンペーンバナー 「衆院選を逃げまくる、選挙の審判なし首相が三連続、世襲だらけ自民党は退場しろ!」キャンペーンバナー

(クリックすると自Endバナーキャンペーン賛同ブログリストに飛びます)漫画、東京新聞、佐藤正明「秋まつり」
自民のアホな秋まつりを、「解散しなさい」とおまわりが注意する漫画と「衆院選を逃げまくる、選挙の審判なし首相が三連続、世襲だらけ自民党は退場しろ!」キャンペーンバナー


 以下は兄弟キャンペーンの「原子力空母の横須賀母港化断固反対!世襲売国奴の自民は滅びよ! 」バナー。

クリックすると、仮に事故が起きた時の被害エリア表示地図が出るタイプ。(参考:George Washington=CVN 73、5月22日火災時の写真。)
原子力空母は横須賀港駐艦禁止&売国奴自民党は自Endだバナー 原子力空母は横須賀港駐艦禁止&売国奴自民党は自Endだバナー

良質なブログ・情報への入口、中継点を目指します。毎日ワンクリックで自公糾弾
人気blogランキングバナー ニュース・一般/政治」ブログランキング参加中。

陰謀リテラシーかく乱にトンデモを混ぜるのはあるかもネ(政治に陰謀・謀略はつきもの。最近の闇雲否定論者は工作員かな?)
雑談日記作。(^^;(笑)

 代表的な検索エンジン8個で「自民党政治」と検索すると、自End!TBP「自民党政治」はすべて1位か3位、つまりトップ頁です

以下のトラックバック・ピープルに参加してます。
いいニャ~自Endバナー 民主党にも「喝~~~ッ」と気合いだバナー
自民党政治と      民主党政治
いいニャ~、郵政民営化凍結 野党共闘はいいニャ~バナー
郵政民営化凍結と    野党共闘(各バナーとも、クリックでスタート記事に飛びます)、政治全般にもトラックバックす。

TBP「社民党や共産党」バナー TBP社民党や共産党にも時々TBす。

自Endライブを表示する方法(詳細な説明)

※爪ヤスリなら日本の職人さんのいいのをお勧めします。(関連投稿
↓下の広告は単にブランド好きの方向けです。

|

« 麻生が解散しないのは、最短記録更新、つまり「女性問題・リクルート事件・消費税導入」の宇野内閣より短くなりたくないからじゃ、。 | トップページ | 民主・石井一さん、なかなかいいなぁ、。まさに国民の代表として聞いてた。はぐらかす麻生はまさに国民を愚弄するの図だったよ。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「麻生は最短記録宇野内閣より短くなりたくないからじゃ」の雑談日記予想が当たりそうな気配で余りにも情けなくなり脱力。(笑):

« 麻生が解散しないのは、最短記録更新、つまり「女性問題・リクルート事件・消費税導入」の宇野内閣より短くなりたくないからじゃ、。 | トップページ | 民主・石井一さん、なかなかいいなぁ、。まさに国民の代表として聞いてた。はぐらかす麻生はまさに国民を愚弄するの図だったよ。 »