« おっ、麻生が写真を出してきたね。こりゃ絶対に雑談日記意識してるなぁ、、、(笑)でもフラッシュの影に違和感がある。(笑) | トップページ | 配り方地方に丸投げで2兆円バラまき。IMFには米国にゴマすりで10兆円バラまき。アホー太郎よ税金はお前のものじゃないぞ。 »

2008年11月13日 (木)

給付金で迷走、漢字の読みは間違いだらけのアホー太郎を「麻生太郎の今後の運命予想アンケート」で追込もう⇒ご協力のお願い。

「麻生太郎の今後の運命予想アンケート」です(関連)。
 http://lislog.livedoor.com/r/16602

・追い込まれ解散
・麻生下ろしで選手交代(小池百合子か?)
・任期一杯の政権居座り
・新型インフルエンザで死亡

Middle 横420×縦360、棒グラフ表示

 予想と言うのは、予想した人の切なる願いも入っていると思っています。

 「追い込まれ解散」が今のところ1位なのは、回答した人の「そうなって欲しい」の思いが感じられます。

 「任期一杯の政権居座り」が猛烈に追い上げていますが、選択肢文中「居座り」の言葉への反応と言うことでは、民主党をはじめとする野党の麻生追い込みの不徹底・不甲斐なさへのいら立ちの表れとも考えられます。

 また、「新型インフルエンザで死亡」の回答者が少なからずあるのも注目です。もう麻生にはこの世から消えて欲しいとさえ言う強烈な異議申し立てだと思います。

 現在、livedoorアンケートの注目アンケート1位が6500くらいです。このアンケートをそれ以上の回答数にすれば、いくらかでもネットからの話題と圧力になると考えます。ぜひご協力をお願いします。

 エントリー中だけでなく、以下横170×縦360のサイドバーにはるタイプもあります。グラフの下にある円グラフと棒グラフを表すアイコンをクリックすることで簡単に表示を切り替えることができます。

クリックすると拡大します)
Photo 元の自民党ポスターです。「ポスターは9月29日(月)から1枚100円(税込・送料別)で党本部1階のサービスセンターで販売されます。」って買う人いるのかなぁ、。


↓クリックすると拡大し、渋谷弾圧事件糾弾バナー
麻生自民党始動、麻生がバラまくバナー 麻生自民党始動、「まずは漫画だ」漢字も読めないこんなアホーで日本は大丈夫?バナー


 下記YouTube、福島みずほたんのキョトンとした顔が可愛くて笑えます。

麻生総理「河野談話をふしゅう」
(変換すると⇒腐臭、俘囚(笑))
http://www.youtube.com/watch?v=r6DrKUiGKuw

麻生総理 再び村山談話をふしゅう
http://jp.youtube.com/watch?v=0AuehQwKKf4

麻生総理「ようさいは今後詰めていく」
「変換すると⇒要塞、洋裁、洋才(笑))
http://jp.youtube.com/watch?v=WDpwjCUDtKI

麻生首相 怪我を「かいが」(SOBA:怪人二十面相の時は「かい」と読むが、厚生事務次官殺傷事件を聞かれて怪我の事を「けが」でなく「かいが」と読むとは、それにしても麻生(脱力しながらの笑))14秒のところから。
http://jp.youtube.com/watch?v=LuhFrhPv6lg

 

 以下、資料として採録。

「頻繁」を「はんざつ」=麻生首相、読み間違い連発
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20081112-00000191-jij-pol

11月12日21時6分配信 時事通信

 麻生太郎首相が12日、母校の学習院大学で開かれた日中両国の交流事業「日中青少年歌合戦」でのあいさつで、「頻繁」を「はんざつ」と言い間違える場面があった。
 首相は、用意した文書に目を落としながら、12月に日本で開かれる日中韓首脳会談に触れ「1年のうちにこれだけ『はんざつ』に両首脳が往来したのは過去に例がない」と語った。さらに、今年5月の四川大地震に関するくだりでは「未曽有の自然災害」を「みぞゆう」と読み誤った。
 首相は7日の参院本会議でも、自らの歴史認識を問われ、アジア諸国への侵略を認めた1995年の村山富市首相談話を「踏襲する」と言うべきところを「ふしゅうする」と答弁している。 

【関連ニュース】
・ 〔写真特集〕岩手・宮城内陸地震
・ 〔写真特集〕岩手沿岸北部地震
・ 〔写真特集〕中国・四川省大地震
・ 「迅速・利便性が大事」=定額給付金で麻生首相
・ アフガン大統領が麻生首相に親書

最終更新:11月12日21時8分
時事通信

 

第158回
庶民の実感を想像できない麻生総理
http://www.nikkeibp.co.jp/sj/2/column/o/158/index.html

経済アナリスト 森永 卓郎氏
2008年10月31日

 10月26日、麻生太郎総理が秋葉原で街頭演説会を行った。「秋葉原に来ると元気がでる」と言い、総理大臣になってからは街を歩きにくくなったと発言したと報道では伝えられている。

 世の中では、「麻生総理はアキバ系」という伝説がつくられ、それを信じている人が多いようだが、はたして本当なのだろうか。

 わたしは「日本メイド協会」という団体の理事を務めているのだが、周囲の誰に聞いても、麻生総理がメイド喫茶に立ち寄ったという情報はない。ちなみに、この団体はメイドの普及と情操教育を目的に設立された国内唯一のメイド関連事業者の団体であり、検定試験まで設けられている極めてまじめな団体である。

 メイド喫茶だけではない。コスプレショップやフィギュアのショップに来た形跡もない。そもそも本当に秋葉原に来ていたのだろうか。いくら総理大臣になる前であっても、あそこまで有名な人なのだから、普段秋葉原に来ていれば、顔を見たという話を聞いてもおかしくないのだが、それもない。

 結局、麻生総理が秋葉原に来たのは遊説のときだけのようなのだ。オタクの味方というのも怪しい。すべては選挙のためのイメージ戦略としか思えないのである。

 わたしは政治家を出自で云々するのは好きではないが、結局のところ、麻生総理は都心の一等地の豪邸に住み、優雅な暮らしを続けてきたというのが真の姿ではないのか。もちろん、豪邸に住もうが、高級レストランで食事をしようが、ホテルのバーで高い酒を飲もうが、庶民の気持ちを理解できるだけの想像力があればいい。だが、数々の言動を見ていると、どうもそうした想像力に欠けているような気がしてならないのだ。

 ところで、この原稿をまとめている間に、追加の経済対策が発表になった。せっぱつまった金融危機や公明党のプレッシャーもあったのだろう。最低限のレベルはクリアした内容となったようだ。だが、これで景気対策が終わりというわけではない。今後も難しい景気の舵取りが必要とされるなかで、庶民の生活実態を理解しているとは思えない麻生総理が、的確な対策を打っていけるのか、わたしは心配でならないのである。

地方と農村に冷たい、都会人の麻生総理

 麻生総理の選挙区は福岡8区である。直方市、飯塚市など、かつての筑豊炭田の中心に位置し、現在は不況の影響をまともに受けている地域である。だから、麻生総理は地方や農村の疲弊を身に染みて感じているかといえば、どうもそうとは思えない。

 そうした麻生総理の立場をよく表していたのが、9月29日に行われた所信表明演説であった。あの演説では、「民主党」という言葉を12回も使って、民主党の政策や国会運営の姿勢を問いただす異例のものとなり、メディアでもそればかりが注目された。しかし、それ以外の内容--こと地域経済振興の観点からみると、何とも地方に冷たい発言のオンパレードなのである。

 「目指すべきは、地域の活力を呼び覚ますことだ。それぞれの地域が誇りと活力を持つことが必要」というのはいい。だが、こう続けたのだ。「その処方せんは、地域によって一つずつ違うのが当たり前。中央で考えた一律の策は、むしろ有害ですらある」というのである。つまり、地方に自己責任を求めたのである。

 農林水産業については、「50%の自給率を目指す」としたが、ここでも「農業を直ちに保護の対象ととらえる発想は、この過程で捨てていかねばならない」として、農業の自立を訴えた。

 民主党の個別所得補償との違いを浮き立たせようとしたのかもしれないが、いきなりそんなことを言われても農家は困ってしまうだろう。まじめに農業をやっている人の中には、実質年収100万円台というケースも珍しくない。そのなかで、いきなり「がんばって立ち上がれ!」と言われても無理な相談である。「競争力をつけたいから金をくれ」といっても、「中央で決めた策はかえって有害だ」と拒絶するのだろうか。

 もちろん、政治家が貧乏であるべきだとか、地方に住んでいなければいけないというわけではない。ただ、一国のリーダーなら、あらゆる分野に知見を持ち、幅広い階層に目配りをする必要があるのではないか。

 福岡の選挙区から出ているのだから、福岡県の農家にしばらく居候をして、どれだけ苦しいのかを肌で感じてみてはいかがだろうか。あるいは、ネットカフェに出向いて、リクライニングシートに座って夜を明かすことがどれだけ大変か、実際に体験してみるのはどうか。麻生総理はある意味で素直な人だろうから、そうした体験をすることで考えが変わるかもしれない。

日本は恐慌の罠にかかろうとしている

 かねてから麻生総理は「景気の麻生」と言われてきて、わたしも多少の期待をしたのだが、先日の自民党の総裁選でその正体が明らかになった。誰のための景気対策かといえば、彼の目には基本的に金持ちと大企業しか映っていないように見える。

 自民党総裁選のなかで、麻生総理が主張してきた景気対策は、設備投資減税や株式投資減税など、富裕層や大企業に有利な政策ばかりだった。「麻生総理は、これまでの小泉構造改革とは異なる景気優先姿勢を示している」としばしば評されているが、わたしには、根本的には小泉元総理と大差がないように見える。この期に及んで、金持ちと大企業を優遇するという考えも同じあり、防衛に関してタカ派であることも同じだ。定額減税にしても、公明党が主張しているから盛り込んだというのが当初のスタンスだったようだ。

 小泉元総理は横須賀という都会育ちだから地方や農業に冷たかったが、麻生総理は地方出身だからそれを何とかしてくれると考えたのが間違いだった。よく考えてみると、彼は東京都心の住民であり、しかも勝ち組だったのだ。

 財政政策について、米国のオバマ大統領候補は対照的である。彼は、はっきりと金持ち増税、庶民減税を打ち出している。

 わたしは、なにも正義の味方ぶって庶民減税を言っているわけではない。このまま金持ち優遇、庶民無視を続けていけば、経済がとんでもない状況になり、金持ちも庶民も一人残らず不幸になるからだ。

 いま、わたしが不安に感じているのは恐慌の再来である。「この現代に恐慌など起こるわけがない」と思っている人も多いだろうが、そんなことはない。規模の大小はともかく、いつでも起こる可能性はあるのだ。

 歴史を見ると、あらゆる恐慌は同じシナリオで進行していることがわかる。まず、資本家がどんどんと強欲になって所得を独占していく。すると、庶民にカネが回らない。一方で、資本家は増えた所得で設備投資をして供給力を上げる。しかし、庶民に金がないから消費が低迷する。

 するとどうなるか。供給過剰でドーンと値崩れを起こし、デフレに陥ってやがて恐慌となるのである。これがいままで何度も繰り返されてきた恐慌の基本パターンだ。まさに今、日本がその罠にかかろうとしている。

 恐慌を防ぐには、金持ちに増税して、庶民に減税するというオバマ候補の政策が正しいのだ。

追加経済対策はもっと思い切ってやってほしかった

 さて、10月30日に発表になった追加経済対策である。事業規模は約27兆円で、「真水」といわれる実質的な財政支出を伴う部分は約5兆円となった。

 この規模と内容を第一次の緊急総合対策と比べると(3年後の消費税増税という話は別として)、少なくとも国民生活の視点が入ってきたという点で、ずいぶんよくなったと思う。

 定額減税でなく、定額給付としたことで、納税額の小さい低所得層にも恩恵が出たことは歓迎したい。また、雇用保険料の引き下げ、高速道路料金の大幅な引き下げなど、生活にも配慮したものとなっている点は評価できる。

 前日の29日に時価会計の見直しを検討するよう麻生総理が指示を出したことについても、米国から押し付けられた制度を見直すという点で、新自由主義からの脱却の弟一歩として評価したい。

 ただ、住宅ローン減税を過去最大にするというのは、大きな借金ができる状況にない一般庶民には縁遠いものであり、また省エネ投資減税という投資側の減税にも賛成できない。いま困っているのは金持ちではなく庶民であり、不足しているのは供給ではなく需要なのだということを認識してほしいのだ。

 その点でいえば、定額給付の規模はまだ不十分であり、高速道路の料金割引を複雑なものにしたことは評価できない。どうせやるなら、もっと思い切った対策が必要だったのではないか。赤字国債発行に踏み切る勇気がなかったことは、せっかく実施する景気対策の効果を小さくしてしまうことだろう。

 懸命にがんばったが、まだまだ麻生総理は本当に苦しんでいる庶民のことを、実感として理解できていないのだろう。人間というのは、自分の周囲の環境からしかものごとを判断できないものである。渋谷区の何百坪という超豪邸に住み、おじいちゃんの真似をして葉巻をくゆらせている超セレブに、庶民の苦しみを実感してもらうのは難しいのかもしれない。

 さて、最後に1つの事件に触れておきたい。10月26日、市民団体の企画によって「リアリティツアー 62億ってどんなだよ。麻生首相のお宅拝見!」という行進が実施されたのだが、そこで3名の参加者が逮捕されるという事件が起きた。

 報道では、無届けでデモをしたために逮捕されたということになっているが、支援者が撮影したビデオを見る限りでは、彼らは警察の指導に従って歩道を歩き、横断歩道を渡っているだけである。もちろん、暴力行為もしていなければ、シュプレヒコールをあげているわけでもない。ただ、麻生総理の家に向かって行進していただけなのである。

 

もちろん、わたしはこの逮捕を麻生総理が指揮したと思っているわけではない。しかし、総理がこの逮捕を非難することもなければ、逮捕された市民を救い出そうとしていないのも確かだ。

 いやしくも日本は民主主義国家である。権力が言論の自由を抑圧しようとすることは絶対に許されるものではない。もし、こんなことがまかり通るようであれば、日本は中国のことを批判できないではないか。また、この問題をまったく追及しようとしないメディアにも大きな問題があるとわたしは考えている


内閣三代続けて衆院選なし自民党は退場しろ!

解散できないアッホー太郎は卑怯なヘタレのチキン野郎だ!キャンペーン中!自End!「自民党は退場しろ!」の組込型全ミニバナー一覧はこちら

自End!!TBP「自民党政治」のライブリンクをサイドエリアへはりたければ⇒いいニャ~自Endバナーをクリック。

特にココログの場合で、即行で自End!!TBP「自民党政治」のライブリンクをサイドエリアへはりたければ⇒いいニャ~自Endバナーをクリック。

良質なブログ・情報への入口、中継点を目指します。毎日ワンクリックで自公糾弾
人気blogランキングバナー ニュース・一般/政治」ブログランキング参加中。

陰謀リテラシーかく乱にトンデモを混ぜるのはあるかもネ(政治に陰謀・謀略はつきもの。最近の闇雲否定論者は工作員かな?)
雑談日記作。(^^;(笑)

 代表的な検索エンジン8個で「自民党政治」と検索すると、自End!TBP「自民党政治」はすべて1位か3位、つまりトップ頁です

以下のトラックバック・ピープルに参加してます。
いいニャ~自Endバナー 民主党にも「喝~~~ッ」と気合いだバナー
自民党政治と      民主党政治
いいニャ~、郵政民営化凍結 野党共闘はいいニャ~バナー
郵政民営化凍結と    野党共闘(各バナーとも、クリックでスタート記事に飛びます)、政治全般にもトラックバックす。

TBP「社民党や共産党」バナー TBP社民党や共産党にも時々TBす。

※爪ヤスリなら日本の職人さんのいいのをお勧めします。(関連投稿
↓下の広告は単にブランド好きの方向けです。

|

« おっ、麻生が写真を出してきたね。こりゃ絶対に雑談日記意識してるなぁ、、、(笑)でもフラッシュの影に違和感がある。(笑) | トップページ | 配り方地方に丸投げで2兆円バラまき。IMFには米国にゴマすりで10兆円バラまき。アホー太郎よ税金はお前のものじゃないぞ。 »

コメント

SOBAさんへ

本日の外交防衛委員会の質疑のNHK中継をご覧になりましたか?

午前11時30分前後に共産党の井上哲士議員が質問。
その後11時43分頃から社民党護憲連合の山内徳信議員が麻生首相に質問しました。

山内議員「田母神氏の幕僚長としての発言は憲法や国家公務員法、自衛隊法、服務規定にも違反しています。11日の外交委員会(参考人招致)で『集団的自衛権を行使し武力も武器も正々堂々使用したいというのがあなたの本音ですか?』という私の質問に田母神氏は『本音です』と答えております。
この発言は日本政府への挑戦であり、許しがたい発言であると私は感じております。
かって旧日本軍が暴走した歴史がありますが、今回のものは現代版航空自衛隊トップの暴走であります。総理大臣は自衛隊の最高責任者であり文民統制の責任者であります。この田母神発言に対してあらためて政府の御見解を伺いたいと思います。」

麻生のバカ「11日と日にちを指定されましたのでお答えさせていただきますが、既に、この時は退職して民間人となっておるということになっていると思いますので、民間人のコメントに対して、私どもとしてコメントするということに関しては、私どもとしてはコメントをすることは差し控えるべきと思っております・・・」

民間人?? この麻生のバカ発言の全容を、皆にTBで広めてください。

それと井上哲士議員の素晴らしい質問も広めてください。よろしくお願いします。

投稿: デカルト | 2008年11月13日 (木) 16時26分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/91038/43099657

この記事へのトラックバック一覧です: 給付金で迷走、漢字の読みは間違いだらけのアホー太郎を「麻生太郎の今後の運命予想アンケート」で追込もう⇒ご協力のお願い。:

« おっ、麻生が写真を出してきたね。こりゃ絶対に雑談日記意識してるなぁ、、、(笑)でもフラッシュの影に違和感がある。(笑) | トップページ | 配り方地方に丸投げで2兆円バラまき。IMFには米国にゴマすりで10兆円バラまき。アホー太郎よ税金はお前のものじゃないぞ。 »