« 1994年から始まっている規制改革要望書、見つからなかった1994年分をやっと見つけた。外務省もHPで置け。 | トップページ | 「ネット情報叩きで共闘する警察と大新聞」の朝日なんだと思う。朝日への宣戦布告がわりで、社説、記事を採録しとこ。(笑) »

2009年2月 9日 (月)

なにやら政府紙幣やらの話題がにわかに、。植草さんに早く解説してほしい。何だか難しくて正直よく分からない。

 以下、最近ブログ界での話題の流れです。途中もう少し長いスパンで見るのにいい路上で世直し なんで屋【関西】のエントリーもご紹介しています。

2009-01-12 13:31
「無形金融資産」ってなんだろう?の疑問から3年(とくらBlog)
http://ttokura.exblog.jp/9396560/

2009年01月25日
白川氏(現日銀総裁)は、「政府紙幣も紙幣である」と批判しているが、造幣益の意味を理解していない(株式日記と経済展望)
http://blog.goo.ne.jp/2005tora/e/15bc8c441c5f6b48b3e56d77cde57854

2009/01/26 11:36
これが、やっと探せた、戸倉さんの『「無形金融資産」ってなんだろう?の疑問から3年』記事中で引用されている、引用元の全文 (雑談日記)
http://soba.txt-nifty.com/zatudan/2009/01/post.html

2009/01/26
経済ニュースゼミ(第538号)政府紙幣の発行
http://archive.mag2.com/0000143981/20090126164213000.html

※↓追加(SOBA:もう少し長いスパンでこの話しの流れを見るのに便利。)
2009年02月04日03:25
なぜ今「政府紙幣」なのか?(路上で世直し なんで屋【関西】)
http://blog.livedoor.jp/nandeya_umeda/archives/50895123.html

2009-02-05 Thu
政府紙幣(とむ丸の夢)
http://pokoapokotom.blog79.fc2.com/blog-entry-1021.html

2009-02-08 07:36
政府紙幣の話題をキワモノ扱いすべきではない。まじめに議論を。(とくらBlog)
http://ttokura.exblog.jp/9562648/

2009-02-08(Sun)
日本経済にトドメを刺す「無税国債」と「政府紙幣」(反戦な家づくり)
http://sensouhantai.blog25.fc2.com/blog-entry-668.html

 

 以下、資料として採録。最初は2月2日麻生のぶら下がりインタビュー。

首相VS記者団:「『欠陥商品買って下さい』みたいな話には考えられません」 2月2日午後7時28分~
http://mainichi.jp/select/seiji/primeminister/archive/news/2009/02/20090202mog00m010048000c.html

 ◇公務員制度改革

Q:よろしくお願いします。テレビ東京です。まずですね、人事院から内閣人事行政管理局への機能移管問題についてなんですが、双方の折り合いがいまだついておりません。そんな中、人事院の了解がなくても、以前おっしゃったような総理のご判断で、工程表を決定すると、政府として決定すると、そういうお考えはありますでしょうか。

A:あしたー、えーっと、本部会議があした開きますんで、そこで決定します。

 ◇政府紙幣

Q:えーっとですね、次にですね。与党内でですね、定額給付金等々について意見が出ている政府紙幣についてなんですが。

A:太政官札の話?

Q:あのー、だじょうかん、あのー、だいぶ昔の名前が、あれなんですが。いわゆる中央銀行に代わって政府が。

A:あの、知ってるだろうけど、コインは政府発行だからね。

Q:大量にコインを発行…

A:あれは日本銀行じゃないんだから。詳しく聞いてないからそれは分かんない。答えら、答えられないね。

Q:これは総理として検討に値するとは今のところは。

A:今のところとても。そんな段階じゃありません。そういう話はもうむかーしからありますから、はい


 ◇国会議員の定数・歳費削減

Q 分かりました。次の質問です。総理がきょうの代表質問に対する答弁でもですね、前向きにおっしゃっていた国会議員の定数、それに歳費の削減についてのお話なんですが、これ出口の問題なんですが、次の総選挙の政権公約などには、これは反映されるものとお考えですか。

A:そうですね。武部委員長には、きょう呼んで、党大会でも話をしたから。少なくともこの対策をやっておられますんで、あそこで。そこでよく検討をしてくださいと。いろいろな問題は多くあると思いますんでって言うんで。あの、日にちまで言った訳じゃありませんけど。早急にやってという話はしました。あの日にちはいつまでかと言われると、ちょっとなんとも言え…、ま、今からスタートするばっかりですから。いつまでって決められるって、なかなかこれは議員の話ですから、そんな簡単な話じゃありませんよ、この話は。

 ◇09年度補正予算

Q:総理、時事通信社ですが、山口補佐官が、総理が09年度補正に前向きな発言をなさってたよとおっしゃっていたんですけれども、実際の総理のお考えはいかがでしょうか。

A:まだ予算も入ってないんだよ。最初から補正予算をっていうってことは、「今のものは欠陥商品でございますけど、買って下さい」みたいな話には常識的には考えられませんね。

 ◇渡り問題

Q:総理、TBSですが、「渡り」のあっせんについてなんですが、今日、代表質問の答弁の中で「仮に申請があった場合にも認めないという考え方を、今後も政府の考え、方針として受け継がれるべきだ」というお考えを述べられましたけれども、それを実行するために例えば閣議決定のような措置を講ずるお考えはおありでしょうか。

A:まあ、あのー、私がいる間、少なくともありませんから、その後の方も、それを引き継がれることになります。改めて閣議決定する必要はないと思っています。

Q:引き継がれるというのは…。

(秘書官:はい、終わります。)

 

☆高橋洋一は竹中平蔵大臣の補佐官だった? (毒蛇山荘日記)2009-02-08
http://d.hatena.ne.jp/dokuhebiniki/20090208

今日、たまたま昼ごろのテレビを見ていると、政府紙幣の話が出きて、その方面の論客として高橋洋一氏が録画ビデオで登場していたが、その画面の解説に、高橋氏は「小泉・竹中改革」とも言われる構造改革をその知恵袋として強力に推進した竹中平蔵大臣の「補佐官」だったと書かれていたが、僕はまったく知らないことだったので、今、あらためて知って、なるほどそうだったのかと納得したところだ。

つまり最近の政府紙幣論議の出所と裏の仕掛けにである。ということは、つまり最近の「政府紙幣」論議の背後には、参議院廃止論と同様に、間違いなく小泉・竹中がいるということである。

これはおそらく、小泉郵政改革の見直しや「かんぽの宿疑惑」の追求を公言し始めた麻生政権へ揺さぶりという意味が隠されているだけでなく、新聞やテレビなどのマスコミを含めて、「小泉・竹中構造改革」を仲間や応援団として推し進めた一派が、ここへきて、かなり追い詰められてきていることを示している。

政府紙幣論議も、「郵政民営化利権」に群がった学者、官僚、ジャーナリスト、マスコミ等による総反撃の一種と見ていい。今後の行く末が楽しみである。

 

2009年1月19日 15:25
経済アナリスト森永卓郎の日本経済探索 
もはや政府紙幣の発行しかない
http://www.nsjournal.jp/column/detail.php?id=135367&ct=1

 自民党を離党した渡辺喜美代議士が麻生総理に突きつけた「7項目の提言」には重要な提案が含まれている。景気対策の財源としての政府紙幣を発行するということだ。政府紙幣というのは、中央銀行ではなく、政府が発行する紙幣で現行法上も発行は可能だ。

 政府紙幣の発行自体は、目新しい提言ではない。ノーベル経済学賞を受賞したスティグリッツは昔から提言していたし、日本でも10年以上前から経済学者の丹羽春喜氏が提言し続けている。また、実際、アメリカではニューディール政策の中で政府紙幣が発行されたし、日本でも明治維新の直後に太政官札の発行で膨大な財政需要が賄われた。

 本来、通貨供給増による景気対策は、中央銀行の仕事だ。しかし、今の白川日銀総裁は金融緩和に極めて後ろ向きだ。これだけの経済危機に直面しても、量的金融緩和どころか、ゼロ金利にもしていないのだ。日銀の金融緩和の遅れが急激な円高をもたらし、景気失速の原因をつくったことに対して何の反省もしていない。日銀が金融緩和をしなければ、政府がするしかないのだ。政府紙幣の発行には日銀の量的金融緩和よりメリットがある。日銀の通貨供給では、例えば、国債を購入する代金として日銀券を発行する。購入した国債の金利は、日銀の経費を差し引いた後、最終的に政府に納付金として納められる。通貨発行益だ。しかし、政府紙幣の場合は、発行額を政府の負債とする必要がないから、発行コストを差し引いた全額が政府の造幣益となる。それを景気対策に活用できるのだ。

 もちろん、政府紙幣をあまりに膨大に発行すれば、通貨への信任が低下して、ハイパーインフレを起こしてしまう。しかし、デフレスパイラルに直面している日本経済にインフレの心配はない。発行限度は明確でないが、GDP(国内総生産)の10%程度であれば、何の問題もないだろう。

 丹羽春喜氏は、政府がわざわざ政府紙幣を発行しなくても、日銀に発行権を売れば、印刷の必要がないと主張している。理論的には正しいが、いまの日銀は受諾しないだろう。白川総裁が理事時代にスティグリッツの政府紙幣発行論を批判しているからだ。

 だから、政府が日銀券と同じデザインの紙幣を国立印刷局に発注すればよい。もちろん非常手段だから、政府紙幣はいずれ回収・償還した方がよい。だからGDPの10%、50兆円のうち、半分を景気対策に使い、残りの半分で市場を通じて国内株を買えばよいのだ。昨年末の東証のPBR(株価純資産倍率)は 0・7倍だ。投資家心理が正常化すれば、すぐに2倍にはなる。つまり、莫大(ばくだい)な景気対策がコストゼロで実現できるのだ。

 

【主張】政府紙幣 悪循環からの脱出に期待【産経 社説】
http://sankei.jp.msn.com/economy/finance/090208/fnc0902080337002-n1.htm
2009.2.8 03:36
このニュースのトピックス:金融危機

 自民党が「政府紙幣・無利子国債(相続税減免措置付き)発行を検討する議員連盟」を立ち上げた。「100年に1度の危機に100年に1度の対応」をめざす。

 これまでの小出しで、後手に回る対策の寄せ集めでは、デフレがデフレを呼ぶ景気の負の循環「デフレ・スパイラル」に陥る恐れが強い。悪循環の海から脱出し、正の循環に向けた政策へ大きく舵(かじ)を切ることが消費者、企業、投資家に先行きへの確信をもたらす鍵になる。

 ここで、議論の方向に注文したい。要は、デフレ・スパイラルにはまらないために、どのような財政・金融政策が求められるかであり、政府紙幣と相続税減免付き無利子国債の発行をその文脈のもとで位置付けることだ。

 政府紙幣の場合、「打ち出の小づち」や「円天まがい」との見方が経済専門紙に出ている。だが、揶揄(やゆ)して済ませる話ではない。同種の学説を含めスティグリッツ・コロンビア大学教授ら米国のノーベル賞受賞学者数人が以前から学者生命を懸けて提唱してきた、極めてまじめな論議である。

 効果は財政、金融両面にわたる。財政面では一挙に数十兆円規模の財源を捻出(ねんしゅつ)でき、環境など今後の日本の産業の柱になる産業創出に大規模な資金を投入できるようになる。金融面では、日銀券と同じ貨幣であるため、政府紙幣の大量発行はいわゆる金融の量的緩和とも言い換えられる。

 日銀首脳は「通貨価値の信認が損なわれる」と言う。この懸念もあってか、日銀は量的緩和政策への回帰(2001年からほぼ5年間実施)をためらう。

 だが、米国は量的緩和に踏み切った。ドルを無制限に発行し、金融危機の沈静化に努めている。対照的に日銀は円資金供給を制限、ドルとのバランスが崩れ円高デフレが激しい。製造業で高い国際競争力を誇ってきた日本は“赤字決算列島”になった。日銀が量的緩和に踏み切らない場合、政府がお札を発行する事態になろう。

 相続税減免付き無利子国債についての「金持ち優遇」批判は本筋とはいえない。超低金利のもと、いわゆるタンス預金などのかたちで眠ったままの百数十兆円もの現預金を動員し、経済再生のために活用していく方策として検討に値する。反対論は尊重すべきだが、そのときは対案を出すことだ。建設的な議論を期待したい。

 

 民主党は、「食の安全」と「命の問題」に真剣に取り組み、「小池百合子首相と野田聖子官房長官のコンビで選挙」女性票取り込み作戦を打ち砕け。(マンガチックで杞憂かも知しれんけれど、。)
※参考:
小池百合子首相と野田聖子官房長官のコンビで選挙

土壌汚染の豊洲への築地市場の移転反対バナー 土壌汚染の豊洲への築地市場の移転反対バナー
↓石原糾弾の大きなバナー組込型
幅370px      幅550px
築地市場の豊洲移転断固反対バナー 築地市場の豊洲移転断固反対バナー

原子力空母は横須賀港駐艦禁止&売国奴自民党は自Endだバナー 原子力空母は横須賀港駐艦禁止&売国奴自民党は自Endだバナー
※クリックすると、米空母が火災などで原子炉暴走した時の被害地図が出ます。

↑この上下二種類のバナーが表現している問題を民主党は真剣に取り組め

 

倭国大乱を記録するブログの数々♪ブログリストとイメージソングその1その2その3その4。人生の扉 昴 春よ、来い 宙船(そらふね)です。支持率急落、不支持率急増でビビリまくり、逃げまくり、アホー太郎は解散もしない。政治空白続ければ自民党がつぶれる前に国民生活がボロボロだ。ヘタレ自民は消えろ!自End!
自民党は自Endバナー 自民党は自Endバナー の猫ちゃんつながりです。
(↑クリックするとさらに大きなバナーが出ます(汗))

 

内閣三代続けて衆院選なし自民党は退場しろ!

解散できないアッホー太郎は卑怯なヘタレのチキン野郎だ!キャンペーン中!自End!「自民党は退場しろ!」の組込型全ミニバナー一覧はこちら

自End!!TBP「自民党政治」のライブリンクをサイドエリアへはりたければ⇒いいニャ~自Endバナーをクリック。

特にココログの場合で、即行で自End!!TBP「自民党政治」のライブリンクをサイドエリアへはりたければ⇒いいニャ~自Endバナーをクリック。

 

良質なブログ・情報への入口、中継点を目指します。毎日ワンクリックで自公糾弾
人気blogランキングバナー ニュース・一般/政治」ブログランキング参加中。

陰謀リテラシーかく乱にトンデモを混ぜるのはあるかもネ(政治に陰謀・謀略はつきもの。最近の闇雲否定論者は工作員かな?)
雑談日記作。(^^;(笑)

 代表的な検索エンジン8個で「自民党政治」と検索すると、自End!TBP「自民党政治」はすべて1位か3位、つまりトップ頁です

以下のトラックバック・ピープルに参加してます。
いいニャ~自Endバナー 民主党にも「喝~~~ッ」と気合いだバナー
自民党政治と      民主党政治

いいニャ~、郵政民営化凍結 野党共闘はいいニャ~バナー
郵政民営化凍結と    野党共闘(各バナーとも、クリックでスタート記事に飛びます)、政治全般にもトラックバックす。

TBP「社民党や共産党」バナー TBP社民党や共産党にも時々TBす。

※爪ヤスリなら日本の職人さんのいいのをお勧めします。(関連投稿
↓下の広告は単にブランド好きの方向けです。

|

« 1994年から始まっている規制改革要望書、見つからなかった1994年分をやっと見つけた。外務省もHPで置け。 | トップページ | 「ネット情報叩きで共闘する警察と大新聞」の朝日なんだと思う。朝日への宣戦布告がわりで、社説、記事を採録しとこ。(笑) »

コメント

聞きかじりですが、劇薬ですから一気に景気が好転します。但し、経済制裁に繋がる可能性が高いです。そうなれば一気に餓死者続出です。ただアメリカも軍隊を出せる余裕はなくなってきているとは思います。
日銀のコントロールをしている者は意図を持ってやっているでしょう。逆らえば……これが金融資本家の困ったところです。
搾取は続くよ何処までも…ではなくなる日が来ると信じます。

投稿: まる出し馬鹿 | 2009年2月 9日 (月) 23時14分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: なにやら政府紙幣やらの話題がにわかに、。植草さんに早く解説してほしい。何だか難しくて正直よく分からない。:

« 1994年から始まっている規制改革要望書、見つからなかった1994年分をやっと見つけた。外務省もHPで置け。 | トップページ | 「ネット情報叩きで共闘する警察と大新聞」の朝日なんだと思う。朝日への宣戦布告がわりで、社説、記事を採録しとこ。(笑) »