« 森健辞めろ!「告発する会」発足⇒森田や自民の汚さ、対比で小沢氏への検察捜査が汚い国策だと国民に気付かせる事になり(笑) | トップページ | 裁判員制度はいらない大運動 4月21日(火)午後6時半、日比谷野音に集まろう! »

2009年4月13日 (月)

今日(14日)の植草さんのエントリーで迷いが消えました。正面からのガチンコ勝負で悪徳ペンタゴンに正攻法でぶちかまします。

追記:今日(14日)の、植草さんのエントリー――「献金・天下り・消費税」が次期総選挙三大争点だ――で迷いが消えました。

_72 正面からのガチンコ勝負で悪徳ペンタゴンにぶちかます正攻法が一番正しいやり方だと再確認しました。
※参考:書き直す前の表題とエントリー本文


 マスゴミの攻勢もあって、少し弱気になってました。

 いったん、コマ修正で「霞が関天下り官僚の天敵」の二コマを削りましたが、フレーズを少し変え再登場させます。また他のコマ部分もより具体的にイ メージできるように修正バージョンアップしました。植草さんがあげた三大争点の内2点、また特権官僚=官、大資本=業、米国=外、御用メディア=電、と癒 着する、政治屋=政、によって編成される「利権互助会」=「悪徳ペンタゴン」の例で言えば、4点を小さなバナーに盛れたと考えています。

 以下変更点です。

売国自公政治の天敵

企業献金だらけ自民の天敵

 

霞が関天下り官僚の天敵

霞が関特権官僚の天敵

 

無能記者クラブの天敵

なれあい記者クラブの天敵

 

以下がリニューアルしたバナーです。
「売国出鱈目自公政治の天敵、無能マスゴミの天敵、一郎~ッ、ガンバレ」バナー 「売国出鱈目自公政治の天敵、無能マスゴミの天敵、一郎~ッ、ガンバレ」バナーのワンちゃんバージョン

↓必見です

政界アパルトヘイトを見逃すな!
http://www.youtube.com/watch?v=Dbe2ASvK76Q

 

※これもお勧め、アクセス特集・田中康夫・3月30日(月)
産経新聞の小沢氏に関するねつ造記事について語っています。(アクセス特集・田中康夫・0330をダウンロード


 以下、アクセス特集・田中康夫・3月30日(月)で、田中康夫氏自身が語っている、産経のでたらめねつ造記事を資料として保存します。植草さんも2009年3月24日 (火)WBC侍ジャパン優勝と産経新聞捏造記事掲載疑惑で書いています。記事中の赤字部分が産経が田中氏自身に確認の裏取りもせずねつ造した部分です。こんな産経は報道機関の看板を外せ、恥知らず!(関連で、諸君 1993年1月号の江藤淳 それでも「小沢」に期待する(PDF)

 

【民主党解剖】第2部小沢ショック(1) 不満蓄積も不気味な静寂 動けぬ反小沢 (1/4ページ)
http://sankei.jp.msn.com/politics/policy/090322/plc0903222135007-n1.htm
2009.3.22 21:23
このニュースのトピックス:次期衆院選
 民主党本部で会見をひらく小沢一郎代表=17日午後5時8分、東京・永田町の党本部(中鉢久美子撮影)

 政権交代まで、あと一歩というところで起きた小沢一郎代表の第1公設秘書の逮捕。激震が走った民主党はどこへ向かうのか。第二部では、ポスト小沢も視野に水面下で駆け引きが始まった党の「今」を追う。

  ■弱気な“本音”

 公設第1秘書の逮捕から2週間がたった17日夜。民主党代表、小沢一郎は東京・赤坂のすし店で、民主党副代表の川端達夫、幹事長代理の平野博文らを相手にビールをあおりながら、こう息巻いた。

 「何でオレだけが刺されるんだ。オレをつぶそうとしているんじゃないか」

 言葉の端々からは、政権交代という平成5年の自民党離党以来の悲願実現を目の前に、「不公正な国家権力の行使」(小沢)で窮地に立たされたことへの怒りと悔しさがにじんでいた。

 小沢はその後も、東京地検特捜部の捜査に対し、全面対決の姿勢を崩していない。19日夜には、幹事長、鳩山由紀夫と東京・銀座の日本料理店で酒を酌み交わし、「戦うことはあきらめない」と検察に「宣戦布告」し、捜査への不信の根深さをうかがわせた。

 自身の進退について小沢は、あっせん利得罪などの「新たな事実」の発覚の有無と、次期衆院選への影響を見極めて最終判断する考えを表明している。

 だが、強気の姿勢とは裏腹に、やはり骨身に応えているようだ。自宅に報道陣が押し寄せるため、めったに帰宅せずにホテル暮らしを続けており、ストレスもたまっているという。

 最近では、周囲に「腰が痛い」と愚痴をこぼし、こんな弱気な“本音”も漏らしている。

 「(秘書を)東京地検が逮捕するんだから、起訴できる材料があるんだろうな…」

 13日には、新党日本代表の田中康夫が宿泊先のホテルに小沢を訪ね、かつて小沢の政治構想力を絶賛し、親身になって助言していた文芸評論家の江藤淳(故人)のコラムを手渡した。小沢はほおを緩めて紙をめくり、こう語った。

 「懐かしいなあ。江藤さんは本当にボクを支援してくれた。後で改めて読んでみるよ」

(2/4ページ)
http://sankei.jp.msn.com/politics/policy/090322/plc0903222135007-n2.htm

コラムは、江藤が産経新聞(平成9年3月3日付)に書いた「帰りなん、いざ 小沢一郎君に与う」。新進党の運営に苦慮する小沢に対し、いったん議員辞職して故郷の岩手県水沢市(現奥州市)に戻り、他日の再起を促した檄文(げきぶん)だ。田中の訪問はあくまで激励目的だったが、意図せぬ皮肉なプレゼントとなったようだ。

  ■党内融和を演出

 秘書逮捕から20日間、民主党は奇妙な静寂を保ちつつ、内部は揺れに揺れた。小沢に近い議員らは、続投を前提に党内融和を演出し、10日以降、所属議員による「小沢詣で」が活発化するよう仕向けてきた。「小沢でないと自民党につけ込まれる」との発言も相次いだ。

 「この問題は、何らかの政治的意図が働いているのは間違いない」

 鳩山は22日、鹿児島市での講演でこう強調し、検察の捜査手法を批判した。しかし前日、同市で行った講演会では質疑応答の際に会場から厳しい声も出た。

 「政治家には責任の取り方が3つある。1つは法律的に責任を取る。1つは法律には触れないが道義的に責任を取る。1つは、法律的、道義的に容疑がなくても政治的に責任を取る、身を退くということだ。小沢さんが並んでいるポスターだと私は張れない」

 それでも鳩山は、「(小沢の決断が)どのような決断でも、しっかりと支えて政権交代を果たしていかねばならない」と小沢をかばった。

 小沢のおひざ元の民主党岩手県連でも苦情が殺到し、「着信表示で相手が確認できるものにしか出ない」(党関係者)という。だが、そうしたマグマは今のところ地表に噴出する様子はない。

 苦境にあるとはいえ、小沢の頭の中で大きな部分を占めるのは、やはり次期衆院選の帰趨(きすう)だ。

 小沢は、訪ねてきた中堅・若手議員には、「あの地区を集中的に回れ」などと具体的な選挙対策を指示している。一方で、15日に横浜市で立候補予定
者の会合に出るにあたっては、小沢側から予定者に「小沢は『自分が行っていいのか』と気にしている」と、わざわざ確認の連絡を入れた。

(3/4ページ)
http://sankei.jp.msn.com/politics/policy/090322/plc0903222135007-n3.htm

 幹部の一人は「小沢は、『選挙の小沢』として求心力を高めてきた。こんなときでも選挙の陣頭指揮をとる姿勢をアピールしておくことは、代表続投への布石になる」と指摘する。

 次期衆院選に勝利し、政権交代を実現させ、自民党をたたきつぶす-。その一念できた小沢は、ここまできて、国民に背中を見せるわけにはいかない。幹事長や選挙対策本部長への横滑りも、周辺は「あり得ない」と断言する。

 小沢の自信の源は何か。事件が秘書の政治資金規正法違反(虚偽記載など)にとどまる公算が大きいことに加え、西松建設事件では、自民党議員の疑惑
も指摘されている。小沢に対する東京地検の参考人聴取も当面見送られる方向で、秘書についても「裁判で争って正義を主張」(側近議員)すれば潔白を証明で
きる、との読みがある。

  ■若手から批判

 ポスト小沢の待望論が根強い副代表、岡田克也は8~13日まで経済視察のため、インドネシアなど東南アジアを歴訪した。同行したのは反小沢の代表
格といわれる副代表、前原誠司と若手議員ら。理詰めで融通がきかないと評される岡田が、党内の混乱から逃げるように外遊したことに「自分の置かれた状況が
理解できていない」(若手)との批判が強かった。

 だが、岡田も当然のことながら「ポスト小沢」を視野に入れており、同行議員の一人は「岡田は自分に注目が集まることを意識している」と話す。

 実際、岡田は外遊中の記者懇談で話した言葉が、一部で「小沢続投支持」と受け止められ報じられたことに怒りを隠さず、記者に自ら電話をかけ訂正さ
せている。また、外遊先からひそかに広報委員長、野田佳彦を中心とする小沢と距離を置くグループの議員と連絡を取り、党内情勢の分析をしていた。

(4/4ページ)
http://sankei.jp.msn.com/politics/policy/090322/plc0903222135007-n4.htm

 代表代行、菅直人と幹事長、鳩山の動向も注目されている。2人は9日、人目につかない国会図書館で向き合い、今後の党内政局について意見交換をした。

 鳩山「私は今、菅さんと戦いたくない」

 菅「私もそう、同じだ」

 会談は前日に菅が持ちかけ、小沢体制で結束する方針を確認したという。

 仮に小沢が辞任すれば、幹事長として連帯責任を負うことになる鳩山。代表代行としては異例の衆院予算委員会筆頭理事を務め、国会運営の切り込み隊長役を果たした菅。2人はともに、岡田の一挙手一投足に神経をとがらせている。

 だが、岡田は黙りを決め込み、自身の発言が小沢の進退問題と絡めて扱われることを警戒している。18日夜には、地元・三重県選出議員との会食を予定していた東京・赤坂の中華料理店前に報道各社が待ちかまえていると知ると、急遽(きゆうきよ)、出席をキャンセルした。

 「小沢さんは辞めるのか」「岡田さんは代表選に出る気があるのか」…。主役不在の会合では、水掛け論が繰り返された。岡田の慎重姿勢に周辺もいらだち始めている。

 秘書の勾留(こうりゅう)期限が切れる24日までは、党内の反小沢の動きは完全に封印された形だ。元政調会長、仙谷由人は7日の徳島市での会合で小沢を批判、代表交代にも言及した。だが、党内に同調する動きは広がらず、逆に仙谷は若手議員に「今は『沈黙は金』ですよ」と耳打ちされたという。

 民主党内政局の引き金役を演じれば、せっかくの政権奪取目前にいらざる混乱を招いたとして、党内外からの批判を招きかねない。結果として、「誰も猫(小沢)の首に鈴をつける者はいない」(ベテラン秘書)状況が生じている。

 「『辞めぬなら、辞めるまで待とう小沢さん』だな。徳川家康みたいな心境だ。でないと、謀反を起こした明智光秀のように三日天下で終わってしまう」

 反小沢の中堅議員は自嘲(じちょう)気味にこう語る。(敬称略)


※追記(2009-04-14):以下、最初にアップした時の表題と本文部分です。一応残しておきます。

思うところあり一郎ガンバレバナーを若干コマ修正しました。二コマ削り、一コマ追加、天敵は売国自公と無能マスゴミに絞りました。

 

 自分自身、心の片隅にモヤモヤした感じがずーっとあったコマ部分です。

「霞が関 天下り官僚の」「天敵」の二コマを削り、最後に「自End」コマを追加しました。

 年金問題での社保庁たたきに見られたように、マスゴミがやたらに役人たたきするのには違和感を常に感じていました。末端の現場で働いている役人は圧倒的に良心的な人が多いだろうし、有能な役人、有能な官僚と言うのは政権交代した後にも必ず必要な訳です。

 とにかく最大の敵は、自公であり隷米の売国マスゴミです。売国マスゴミが煽る時には一歩引いて見てみる、考えてみる習慣をつけた方が良いと思います。現在一番ムカつく存在は僕にとっては売国マスゴミです。

ここに旧バナーありました。すでに最初でご紹介したようにコマをリニューアルしてます。

敵を売国出鱈目政治の自公と無能記者クラブに絞りました

参考:
民主党はへびと戦うときにマングースを敵に回すな
http://archive.mag2.com/0000154606/index.html
http://www.asyura2.com/09/senkyo61/msg/565.html
投稿者 国際評論家小野寺光一 日時 2009 年 4 月 13 日 03:18:45: 9HcMfx8mclwmk

(以上、最初にアップした時の本文部分です。)

 

 以下、いくつか曲をご紹介。平成海援隊掲示板のやりとりの中で教えられた曲です。サッコとバンゼッティは昔映画を見たことがあります。二番目のはスターリンやトロッキーやレーニンが順に出てきますね。(^^;(汗)

Ismael Serrano-Papa cuentame otra vez
jossabuz
http://www.youtube.com/watch?v=gpOkURgetCU&fmt=18

 

veaux prtisaans" (Communist song) ♫ ☭

http://www.youtube.com/watch?v=FxApm-p60Z4&fmt=18

 

Sacco e Vanzetti

http://www.youtube.com/watch?v=gcgYwTnBIIQ&fmt=18

 以上は、以下投稿者---小沢一郎・勝手連さんとのやりとりの中で教えられた曲でした。

(以下転載始め)

http://www2.realint.com/cgi-bin/tarticles.cgi?Hkaientai+12398

(略)

それから、ここに着て、議論の一休みとして、”ゲバラ”⇒”一郎”を開いたらJ・レノンの「イマージン」が流れる。。。
これはこれで良いのですが、もし何かの画像機会がありましたら、小生の好みですが、採り入れてみたらと思う音楽の、単なる参考です。

≪闘うシャンソンの例≫ 主に”1968年5月革命”時のヒット曲です。
※ドミニック・グランジュ・・『新しきパルチザン』
Dominique Grange・・・・Les nouveaux partisans

※ジョルジュ・ムスタキ・・『サッコとバンゼッティの行進曲』
 (ジョーン・バエズが映画『死刑台のメロディ』で唄ってます)
 Georges Moustaki・・・・Marche de Sacco et Vanzetti

※イスマエル・セラーノ・・『パパのもう1つの時代』
Ismael Serrano・・・・・Papa cuenta....

(略)

(以上転載終り) 

※SOBA:上記の後、投稿者---小沢一郎・勝手連さんが紹介してくれた、「キューバ友好円卓会議」と、メンバーの一人吉田太郎さんのHP「キューバの有機農業」をメモしておきます。訪問したのですけれど、アクセスが少ないのが気になりました。もっと多くてもいいような気が、。

※雑談日記の過去ログから関連のありそうな画像を2個ほど。

(クリックすると拡大します)
756pxeugne_delacroix__la_libert_guiウジェーヌ・ドラクロワ(Ferdinand Victor Euge`ne Delacroix)の「民衆を導く自由の女神


米国憲法修正第2条

(人民の武装権)

    規律ある民兵は、自由な国家の安全にとって必要であるから、市民が武器を保有し、また携帯する権利は、これを侵してはならない。

(クリックすると拡大します)

Kawawatarimid ←ロキさんの「全国の中高年よ、蜂起せよ!」から。秩父困民党、1884年(明治17年)の農民たちの武装蜂起「秩父事件」を描いた映画「草の乱」より、荒川渡渉の図。


Kusaoomiya 映画「草の乱」より、大宮郷(現秩父市)突入の図



 主権者国民の上に検察がいて政治を壟断するかの状況は許せない。徹底的に検察ファッショを糾弾する

クリックすると、大きく拡大します。(↓関連
攻撃されているのは小沢氏ではない権力による民衆の希望への攻撃なのです

守ってあげたい / 荒井由実

クリックするとジョン・レノンのイマジンに飛びます。
「勝利に向かって前進せよ!断固として、一郎~ッ、ガンバレ」バナー 「勝利に向かって前進せよ!断固として、一郎~ッ、ガンバレ」バナー

司法改革は取調べの可視化から、苦役を課し憲法違反の裁判員制度は断固反対 司法改革は取調べの可視化から、苦役を課し憲法違反の裁判員制度は断固反対ワンちゃんバージョン

↓勝手連連帯CMバナー
それでもボクはやってない それでもボクはやってない
長期拘束の脅しで後を絶たない痴漢冤罪、こんな警察なら税金泥棒だバナー 長期拘束の脅しで後を絶たない痴漢冤罪、こんな警察なら税金泥棒だバナーワンちゃんバージョン

↓クリックで国策捜査糾弾

国策捜査、裁判員制度、共謀罪の推進者大林宏糾弾バナー
国策捜査、検事総長樋渡利秋糾弾バナー


 

 ↓大林宏は、関係者によるとw、漆間と連携・共謀し民主党党首小沢氏を選挙直前を狙い国策捜査。また5月から導入の米国猿まね裁判員制度では盛んに広報していた。さらに郵政詐欺選挙直後のどさくさには共謀罪導入をしようとしていた。その人物像は治安維持法下の特高警察あるいは思想検事。(関連

↓クリックで和製ヒムラーの漆間巌
国策捜査、裁判員制度、共謀罪の推進者大林宏糾弾バナー

国策捜査で自公の犬、検事総長樋渡利秋糾弾バナー

 

 

 主権者国民の上に検察がいて政治を壟断するかの状況は許せない。徹底的に検察ファッショを糾弾する

 

↓クリックするとさらに大きくなります。

↓クリックするとさらに大きくなります。

↓クリックで、上の2種類、“検察や警察を使って政敵を追い落す”卑劣な麻生糾弾、国策捜査の検察糾弾の幅750pxの大きなバナーが出ます。

国策捜査を白状した漆間巌官房副長官(事務)元警察庁長官(笑) 国策捜査を白状した漆間巌官房副長官(事務)元警察庁長官(笑)

 

 

 自Endポスターバナーの第52作目です。クリックすると日本社会を荒廃させた小泉・竹中路線のなれのはてと2005・9・11小泉のワンフレーズ郵政詐欺選挙糾弾バナーが出ます。
※追記:その後、特捜の佐久間達哉が在米日本大使館1等書記官で赴任していたと言う話がネットで出てます。米国と言えば連想するのはCIA。
国策捜査を白状した漆間巌官房副長官(事務)元警察庁長官(笑)

 

↓クリックで特捜佐久間よ国策逮捕だけ?(笑)
   サンプロで亀井氏に「告発しますよ」で竹中動揺↓

竹中も=上祐も、このディベート屋の糞野郎! 竹中も=上祐も、このディベート屋の糞野郎!

ポスターバナー第50作目と第51作目。

 

倭国大乱を記録するブログの数々♪ブログリストとイメージソングその1その2その3その4その5その6。人生の扉 昴 春よ、来い 宙船(そらふね) 地球兄弟 やさしさに包まれたならです。支持率急落、不支持率急増でビビリまくり、逃げまくり、アホー太郎は解散もしない。政治空白続ければ自民党がつぶれる前に国民生活がボロボロだ。ヘタレ自民は消えろ!自End!

自民党は自Endバナー 自民党は自Endバナー
の猫ちゃんつながりと、友好TBPの郵政民営化凍結と、野党共闘にトラックバックしたブログをすべて「倭国大乱を記録するブログの数々」として見つける毎に適宜追加していきます。
(↑クリックするとさらに大きなバナーが出ます(汗))

 

内閣三代続けて衆院選なし自民党は退場しろ!

解散できないアッホー太郎は卑怯なヘタレのチキン野郎だ!キャンペーン中!自End!「自民党は退場しろ!」の組込型全ミニバナー一覧はこちら

自End!!TBP「自民党政治」のライブリンクをサイドエリアへはりたければ⇒いいニャ~自Endバナーをクリック。

特にココログの場合で、即行で自End!!TBP「自民党政治」のライブリンクをサイドエリアへはりたければ⇒いいニャ~自Endバナーをクリック。

 

 

良質なブログ・情報への入口、中継点を目指します。毎日ワンクリックで自公糾弾
人気blogランキングバナー ニュース・一般/政治」ブログランキング参加中。

陰謀リテラシーかく乱にトンデモを混ぜるのはあるかもネ(政治に陰謀・謀略はつきもの。最近の闇雲否定論者は工作員かな?)
雑談日記作。(^^;(笑)

 代表的な検索エンジン8個で「自民党政治」と検索すると、自End!TBP「自民党政治」はすべて1位か3位、つまりトップ頁です

以下のトラックバック・ピープルに参加してます。
いいニャ~自Endバナー 民主党にも「喝~~~ッ」と気合いだバナー

自民党政治と      民主党政治

いいニャ~、郵政民営化凍結 野党共闘はいいニャ~バナー

郵政民営化凍結と    野党共闘(各バナーとも、クリックでスタート記事に飛びます)、政治全般にもトラックバックす。

TBP「社民党や共産党」バナー TBP社民党や共産党にも時々TBす。

※爪ヤスリなら日本の職人さんのいいのをお勧めします。(関連投稿
↓下の広告は単にブランド好きの方向けです。

|

« 森健辞めろ!「告発する会」発足⇒森田や自民の汚さ、対比で小沢氏への検察捜査が汚い国策だと国民に気付かせる事になり(笑) | トップページ | 裁判員制度はいらない大運動 4月21日(火)午後6時半、日比谷野音に集まろう! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 今日(14日)の植草さんのエントリーで迷いが消えました。正面からのガチンコ勝負で悪徳ペンタゴンに正攻法でぶちかまします。:

» 【秋田知事選】シロアリ産経がバッシングしようと、政権交代実現の為、団結すべき【民主系惜敗】 [ステイメンの雑記帖 ]
 3期12年続いた 寺田県政の後継を争った秋田県知事選挙が12日投開票が実施され、ジミン 県連 や捨民が支持した佐竹前秋田市長が民主党県連などが支持した川口 前小坂町長などを破って初当選を果たした。  形の上では、先の千葉県知事選に引き続いて、 民主党系候補が連敗した格好 であり、これを受けて シロアリ産経は民主党小沢代表の追い落としを図るべく、当確発表直後からネガティブキャンペーンに精を出している。  iza!にアップされた主な所のタイトルだけでも以下のようなものである。   ・ 秋田県知事選も敗... [続きを読む]

受信: 2009年4月13日 (月) 22時23分

« 森健辞めろ!「告発する会」発足⇒森田や自民の汚さ、対比で小沢氏への検察捜査が汚い国策だと国民に気付かせる事になり(笑) | トップページ | 裁判員制度はいらない大運動 4月21日(火)午後6時半、日比谷野音に集まろう! »