« インフルエンザ関連で、ウイルスと細菌の違いとか知ってます?政局利用ありありの対策本部長のアホウ漫画太郎はどうだろか(笑) | トップページ | 海外メディアがswine(豚)fluと言っているのに、新型インフルエンザと呼び名変更し不安を煽り政局に悪用する自公政権。 »

2009年4月30日 (木)

阿修羅でSOBAのPN登録。&空気乾燥の来る冬への豚インフル対策が心配、アホウ太郎が本部長じゃあ心配ですキャンペーン始めます。

 阿修羅でSOBAのペンネームでの初投稿です。むかしほど多くはできませんが主に阿修羅に役立つようなアイデア提案とか、なにか区切りになるような投稿をするつもりです。


豚インフル不安を政局に利用するかのような舛添・麻生、ハシャイでるよな。ん、デジャヴ、ああ、あれだ。嗚呼カルト国家日本。
http://www.asyura2.com/09/senkyo62/msg/397.html
投稿者 SOBA 日時 2009 年 4 月 29 日 22:04:24: LVbi13XrOLj/s

 同じような違和感を感じていた人がもう一人います。以下、白川勝彦先生の昨日のエントリー。

(転載開始)

危機にハシャぐ政治家
http://www.liberal-shirakawa.net/tsurezuregusa/index.php?itemid=996#more
09年04月28日

No.1154

  豚インフルエンザでアソウとマスゾエがやけにハシャいでいる。先のテポドン発射の時も、多くの政治家が元気づいていた。私はこういう政治家があまり好きで ない。信用しない。私は危機管理とか治安維持に無関心だからではない。いや普通の政治家以上の経験と関心をもっているつもりである。だから何か起こるとそ れに便乗して“安心安全”などと殊更(ことさら)には元気づく(ハシャぐ)政治家を信用しないのだ。政治の要諦は、“治にいて乱を忘れず”だ。彼らはその 逆なのである。

 私は若い時、国土政務次官を拝命した。国土庁でいちばん勉強したのは大規模地震に対する対策だった。関東に大地震が起きた 場合、当時の国土庁があったビルに中央防災会議の事務局が置かれる仕組みであった。その事務局長を務めるのが国土政務次官なのである。“盲腸”などと揶揄 されていた他の省庁の政務次官とはかなり違うのだ。このとき私は災害対策と防災について徹底的に勉強した。

 平成8年に国家公安委員長を拝 命した。日本の治安を守る警察を監理する責任者である。私は警察の問題点とあり方を徹底的に考えた。警察関係者は治安を守るのは自分たちしかいないと考え ている。しかし、私の考えは少し違っていた。国民の理解と協力なくして治安を守ったり、犯罪捜査などできないと私は考えた。多くの国民は“治安の良い社会 ”を望んでいるのだ。だから良き治安をつくるために国民の理解と協力は得られると私は考えた。日本の治安関係者の多くは、ここが理解できないのだ。治安関 係者は、国民をまったく信頼していない。治安を守るのは、自分たちしかいないと思っている。ここに勘違いと思い上がりがある。

 治安が大き く乱れたり重大な危機が発生した場合、その責任者は不安に慄く国民を安心させることがまず大切なのである。どっしりと構えていることが重要なのだ。先のテ ポドン発射の際、己の生命の危機を感じた国民など果たして本当にいたのだろうか。それなのにアソウをはじめ多くの人々が度派手に騒いだ。あんなことで大騒 ぎしなければならないとするならば、わが国はいつも大騒ぎしていなければならない。なぜならわが国に核爆弾を積んで飛んでくるミサイルそのものは、現に存 在しているからである。

 そのようなミサイルが物理的に存在しているとしても、現実に飛んでこないように努力するのが国の役割であり、外交 と防衛の仕事である。テポドンなど問題にならないミサイルは現に存在しているのだが、私たちは大騒ぎをしなくとも生活できるのである。そのためにあらゆる 努力をするのが、政治家の仕事である。私たちの先輩の努力で、日本国民は少なくとも恐ろしいミサイルが飛んでくるなどと慄くことなく日々暮らしているので ある。しかし、“治にいて乱を忘れず”だ。それば本当の政治家である。

 それでは、また。

    * 09年04月28日 08時59分AM 掲載

(転載終わり)

 
 不安を利用したと言えば、思い出すのはオウムの「毒ガス攻撃されている」。リーダーに帰依させ(依存させ)支持するようにするには安直で効果的なやり方である。

 しかし、政治家がそれをやっちゃあお終いよ。政治家がやるべきことは、正確な情報を国民に与え不安を取り除くこと。決してその逆、情報を隠し、あるいは国民を操作・誘導できる情報だけを流すのではないはず。

↓こう言う情報をアホウ太郎やNHKはじめ大手マスコミは隠すな。
※昨日28日のTBSラジオ荒川強啓のデイキャッチ。北海道大学大学院獣医学研究科教授喜田 宏先生の話し。
http://podcast.tbsradio.jp/dc/files/scope20090428.mp3(←mp3のpodcast)

  喜田先生いわく、厚労相の舛添が「通常のワクチンの製造を中止しても豚ワクチンの製造をする」としゃべっていたのはナンセンスとのこと。大事なのは通常の 季節インフルエンザ(先生の話では日本でも毎年数千人が死亡。なお、厚労省の数字では確か1万5千くらいではなかったか。)に対する備えであってそれを中 止するのはおかしいとのこと。季節インフルエンザ対策が基本で、新型云々はあくまでもその延長。要は、もし豚インフルエンザで違う変異したウイルスが確認 されたのなら、通常のワクチンに、その変異したウイルスの株を追加・合わせたワクチンを作ればいいだけと話されていました。今回のは普通のインフルエンザ と考えればよく、現在メキシコでの死亡者は、ウイルスと言うよりも衛生状態が悪いことによる他の細菌による二次感染によるものだろうとも。

※放送中、喜田教授が「あがた」と言っているのは「A型」。我々英語頭と違って、お医者さんの世界ではドイツ語が普通だから。⇒ABCはドイツ語の発音では「アー、ベー、ツェー」。

喜田 宏(きだ ひろし)教授←北大の紹介ページ


 (SOBA:以下、テキストに起こしました)

荒川強啓:政府がこの豚インフルエンザを新型インフルエンザと宣言した訳ですが、従来のインフルエンザとどこが違いがあるのでしょうか。

喜 田宏教授:新型というのはいつも新たなA型のウイルスが出た時、そしてそれが大流行を起こした時に新型インフルエンザウイルスの出現と言ってきた訳です が、諸外国やWHOのフェーズの分け方は新型とか何とかではなくて流行の規模が人→人の段階になったか、人から沢山の人に流行するようになったかと言うこ とで分けています。ですから、このH1N1と言うのは実は新型ではないのです、ソ連風邪がそうですから。だから病気に対して新型のインフルエンザという と、病気はいつでもインフルエンザですから新型ではない訳です。新型と言うのをつけたことによってものすごい誤解が生まれていて、恐らく多くの人は感染力 も病原性もものすごく強くてバタバタ人が死ぬと言う錯覚を起こしています。

鳥から直接人間にきたというのは今までないし、スペイン風邪ウ イルスはそうだろうと(鳥からきただろうと)思われていたが違うみたいで、豚から来たと考えられています。ですから過去の新型ウイルスはみんな豚経由でき たのでこのたびも豚のウイルスが人に入って人で流行したと言うことだと思います。

 

荒川強啓:症状としては相当危険性を伴っていると受け止め方でよろしいでしょうか。

喜田宏教授:それも全然分か らないです。病原性というのは感染する相手の、たとえば人なら人に対してか、鶏に対してか、豚に対してか、で全部違う訳です。ですから人に感染して初めて のものは人に対して病原性は低いと見る方が科学的だと思います。で、人から人に受け継がれていくと人にたいする病原性を獲得することがあると理解する方が 正しいと思います。

鶏でも豚でも症状が重くなるやつは細菌の二次感染を受けています。ですから衛生状態が悪いと他の微生物にも感染して病態が悪くなったりあるいは二次的に感染した微生物の病原性によって亡くなると言うことは十分に考えられます。

スペイン風邪は5000万人の人の命を奪ったと言われていますが、その死んだ人達の病理標本を丹念に見るとみんな細菌の二次感染で死んでると言うことが分かったのです。要するにウイルスそのものの病原性ではなかったのです。

新 型インフルエンザウイルスが出現してスペイン風邪の時には沢山亡くなったけれど、次はアジア風邪(SOBA:1957年でH2N2亜型ウイルス)で、その 時にはもう抗生物質がありましたから亡くなった人は200万人ですみました。それより68年(SOBA:香港風邪、1968年でH3N2亜型ウイルス)は さらに医学が進歩して100万人しか死ななかったのです。現在新型ウイルスが出た時にどういう風に考えるかというと、普通は香港風邪よりも被害は少なくて すむのじゃないかと期待するのが普通じゃないですか。

それで皮肉っぽい言い方で申し訳ないのですが、毎年流行する冬のインフルエンザがあ りますね、これで毎年何千人も日本だけで亡くなっているのですよ。ですから、普段のインフルエンザ対策がなってないのです。それをほっといて出るか出ない か分からない新型ウイルス対策に走り回って何が良いのですか。

ですから普段のインフルエンザをもっと人が死なないですむようにするとか使われているワクチンの改良をどんどんして、シーズナル(季節)インフルエンザによる被害をもっと下げることが出来る訳ですからその努力をしていった延長線上に新型ウイルス対策がある訳です。

だ けれど、季節インフルエンザをほったらかしにして、出るかどうか分からないものをああでもないこうでもないとやって、先週は鳥のインフルエンザばっかり で、今週は豚のインフルエンザばっかりでしょ。いつも季節インフルエンザが捨て置かれています。季節インフルエンザへの対策がすべての基本です。

ですから「季節インフルエンザのワクチンの製造を止めてでも豚インフルエンザワクチンを作る」と舛添さんが言われたそうですけれども、これは実はナンセンスなんです。

豚インフルエンザウイルスのH1N1でいま人に流行し出しているかもしれないウイルス株を季節インフルエンザウイルスのワクチンの中に入れれば良いのです。そう言う提案ならOKです。

(以上、テキスト起こし終わり)


我々の命と安全のためにも必ず実現しよう政権交代!
(こんな馬鹿ではインフル対策心配ですキャンペーン)

↓クリックすると拡大します。(関連: )ポスターバナーの第58作目「アホウ太郎、こんな馬鹿が豚インフル対策本部長では心配です」バナーです。
アホウ太郎、こんな馬鹿が豚インフル対策本部長では心配ですバナー

※第46作目と同じくOBAMA、OZAWA、OBAKAのコピーは国会傍聴記by下町の太陽・宮崎信行さんのエントリーからお借りしました。

M7961102_2 ←支持率上昇、「上から目線」=麻生首相 (時事通信)
http://news.www.infoseek.co.jp/politics/story/20090426jiji7961102/

内閣支持率の持ち直しに合わせ、麻生太郎首相に強気が戻りつつある。写真は衆院本会議場で、自民党の古賀誠選対委員長(右)と笑顔で言葉を交わす麻生首相(23日)。「上から目線」の復活に周辺からは危ぐする声も

[ 2009年4月26日16時2分 ]

 

↓以前に制作したポスターバナー第46作目のOBAMA、OZAWA、OBAKA、アホウ太郎のバカぶりはリフォーム詐欺の前座かもねバナー。

アホウ太郎、こんな馬鹿で大丈夫バナー

↑これから雑談日記では以上のバナーを使って、こんな馬鹿ではインフル対策心配ですキャンペーンを徹底してやります


 主権者国民の上に検察がいて政治を壟断するかの状況は許せない。徹底的に検察ファッショを糾弾する

クリックすると、大きく拡大します。(↓関連
攻撃されているのは小沢氏ではない権力による民衆の希望への攻撃なのです

守ってあげたい / 荒井由実

 

↓クリックで特捜佐久間よ国策逮捕だけ?(笑)
   サンプロで亀井氏に「告発しますよ」で竹中動揺↓
竹中も=上祐も、このディベート屋の糞野郎! 竹中も=上祐も、このディベート屋の糞野郎!
ポスターバナー第50作目と第51作目。(サンプロで動揺する竹中のYou Tube紹介

 

クリックするとジョン・レノンのイマジンに飛びます。
「勝利に向かって前進せよ!断固として、一郎~ッ、ガンバレ」バナー 「勝利に向かって前進せよ!断固として、一郎~ッ、ガンバレ」バナー

司法改革は取調べの可視化から、苦役を課し憲法違反の裁判員制度は断固反対 司法改革は取調べの可視化から、苦役を課し憲法違反の裁判員制度は断固反対ワンちゃんバージョン

↓勝手連連帯CMバナー
それでもボクはやってない それでもボクはやってない
長期拘束の脅しで後を絶たない痴漢冤罪、こんな警察なら税金泥棒だバナー 長期拘束の脅しで後を絶たない痴漢冤罪、こんな警察なら税金泥棒だバナーワンちゃんバージョン

↓クリックで国策捜査糾弾
国策捜査、裁判員制度、共謀罪の推進者大林宏糾弾バナー 国策捜査、検事総長樋渡利秋糾弾バナー

 

 ↓大林宏は、関係者によるとw、漆間と連携・共謀し民主党党首小沢氏を選挙直前を狙い国策捜査。また5月から導入の米国猿まね裁判員制度では盛んに広報していた。さらに郵政詐欺選挙直後のどさくさには共謀罪導入をしようとしていた。その人物像は治安維持法下の特高警察あるいは思想検事。(関連

↓クリックで和製ヒムラーの漆間巌
国策捜査、裁判員制度、共謀罪の推進者大林宏糾弾バナー

国策捜査で自公の犬、検事総長樋渡利秋糾弾バナー

 

 主権者国民の上に検察がいて政治を壟断するかの状況は許せない。徹底的に検察ファッショを糾弾する

↓クリックするとさらに大きくなります。

↓クリックするとさらに大きくなります。

↓クリックで、上の2種類、“検察や警察を使って政敵を追い落す”卑劣な麻生糾弾、国策捜査の検察糾弾の幅750pxの大きなバナーが出ます。
国策捜査を白状した漆間巌官房副長官(事務)元警察庁長官(笑) 国策捜査を白状した漆間巌官房副長官(事務)元警察庁長官(笑)

 

 自Endポスターバナーの第52作目です。クリックすると日本社会を荒廃させた小泉・竹中路線のなれのはてと2005・9・11小泉のワンフレーズ郵政詐欺選挙糾弾バナーが出ます。
※追記:その後、特捜の佐久間達哉が在米日本大使館1等書記官で赴任していたと言う話がネットで出てます。米国と言えば連想するのはCIA。
国策捜査を白状した漆間巌官房副長官(事務)元警察庁長官(笑) 

 

倭国大乱を記録するブログの数々♪ブログリストとイメージソングその1その2その3その4その5その6。人生の扉 昴 春よ、来い 宙船(そらふね) 地球兄弟 やさしさに包まれたならです。支持率急落、不支持率急増でビビリまくり、逃げまくり、アホー太郎は解散もしない。政治空白続ければ自民党がつぶれる前に国民生活がボロボロだ。ヘタレ自民は消えろ!自End!
自民党は自Endバナー 自民党は自Endバナー の猫ちゃんつながりと、友好TBPの郵政民営化凍結と、野党共闘にトラックバックしたブログをすべて「倭国大乱を記録するブログの数々」として見つける毎に適宜追加していきます。
(↑クリックするとさらに大きなバナーが出ます(汗))

 

内閣三代続けて衆院選なし自民党は退場しろ!

解散できないアッホー太郎は卑怯なヘタレのチキン野郎だ!キャンペーン中!自End!「自民党は退場しろ!」の組込型全ミニバナー一覧はこちら

自End!!TBP「自民党政治」のライブリンクをサイドエリアへはりたければ⇒いいニャ~自Endバナーをクリック。

特にココログの場合で、即行で自End!!TBP「自民党政治」のライブリンクをサイドエリアへはりたければ⇒いいニャ~自Endバナーをクリック。

 

良質なブログ・情報への入口、中継点を目指します。毎日ワンクリックで自公糾弾
人気blogランキングバナー ニュース・一般/政治」ブログランキング参加中。

陰謀リテラシーかく乱にトンデモを混ぜるのはあるかもネ(政治に陰謀・謀略はつきもの。最近の闇雲否定論者は工作員かな?)
雑談日記作。(^^;(笑)

 代表的な検索エンジン8個で「自民党政治」と検索すると、自End!TBP「自民党政治」はすべて1位か3位、つまりトップ頁です

以下のトラックバック・ピープルに参加してます。
いいニャ~自Endバナー 民主党にも「喝~~~ッ」と気合いだバナー
自民党政治と      民主党政治

いいニャ~、郵政民営化凍結 野党共闘はいいニャ~バナー
郵政民営化凍結と    野党共闘(各バナーとも、クリックでスタート記事に飛びます)、政治全般にもトラックバックす。

TBP「社民党や共産党」バナー TBP社民党や共産党にも時々TBす。

※爪ヤスリなら日本の職人さんのいいのをお勧めします。(関連投稿
↓下の広告は単にブランド好きの方向けです。

|

« インフルエンザ関連で、ウイルスと細菌の違いとか知ってます?政局利用ありありの対策本部長のアホウ漫画太郎はどうだろか(笑) | トップページ | 海外メディアがswine(豚)fluと言っているのに、新型インフルエンザと呼び名変更し不安を煽り政局に悪用する自公政権。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 阿修羅でSOBAのPN登録。&空気乾燥の来る冬への豚インフル対策が心配、アホウ太郎が本部長じゃあ心配ですキャンペーン始めます。:

» 「危機」は、忘れた頃にやってくる [ラ・ターシュに魅せられて]
この前のエントリーで、「危機」と「パニック」についてコメントしました。 「情報不足」や、多少「情報はあっても判断を誤る」ことで、「パ... [続きを読む]

受信: 2009年5月 1日 (金) 12時16分

« インフルエンザ関連で、ウイルスと細菌の違いとか知ってます?政局利用ありありの対策本部長のアホウ漫画太郎はどうだろか(笑) | トップページ | 海外メディアがswine(豚)fluと言っているのに、新型インフルエンザと呼び名変更し不安を煽り政局に悪用する自公政権。 »