« 「裁判員制度を問い直す議員連盟」に共産はなぜ参加しないんだろ?まるで現代版徴兵制みたいな義務強制問題山積の制度なのに。 | トップページ | 小沢さん、お誕生日おめでとうございます。ご健康に留意され最後の決戦・衆院選に向け奮闘されんことを願っております。 »

2009年5月22日 (金)

裁判員制、5年前に「衆院は全党派一致で賛成、参院では2名だけが反対」⇒なぜこんなことが起きたのか?

 以下は、平成海援隊BBSに投稿したものです。採録しておきます。

(No.20595)2009/05/22 20:04:11

 裁判員法(裁判員の参加する刑事裁判に関する法律)は平成16年・2004年5月21日に成立。衆院は全党派一致で賛成、参院では2名だけが反対(反対したのは社民党の山本正和参院議員と、既に故人の自民党の椎名素夫参院議員)

 ところが、現在では様々な問題点が理解されて昨日裁判員法施行日には「裁判員制度を問い直す議員連盟」総会が開催され、共産党以外の各党60名余の議員が参集しました。議員と言うのは我々素人とは違いそのために高い給与を支給され法律をあるいは制定し、あるいは変な法律は制定しないように国民から職務を付託されているはずです。

 「衆院は全党派一致で賛成、参院では2名だけが反対」

 ↑なぜこんな不思議なことが5年前に起きたのか?ハッキリ検証し、教訓としなければこれから何度でもトンデモなひどい法律が出現するのではないだろうか。亀井静香先生、「われわれもアホだった」では、我々有権者は全く理解できません。なぜですか?海援隊BBSに集う仲間たち、小生が理解できるように説明できる方はいますか?おぼろげな仮説でも結構です。(汗)

◎来る衆院選では裁判員制に賛成か反対か各候補者はハッキリ表明してほしい

※参考:↓裁判員制度記念切手です。

(クリックすると拡大。元の画面に戻るには写真右上の×。ココログの仕様変更(苦笑))

M8047515  特に右側の天秤に鳥が乗っている切手は象徴的なデザインです(右に4羽、左に5羽)。たとえば人の生き死ににかかわることも多数決で決めることは是と言いたいのだろうか?このデザインは、、、。それとも、元々の意味、「正義の女神」ギリシア神話女神、テミスがもつ天秤の公平を表現しているのだろうか。もし公平を表現したいなら錘のような物体を乗せるべきで、生き物の鳥が乗っているところにサブリミナルの刷り込み効果を狙っているかのような悪意を感じてしまうのです。

↓切手写真が載っていた説明記事。

裁判員制度の記念切手=日本郵便が発売 (時事通信)
http://news.www.infoseek.co.jp/society/story/20090521jiji8047515/

記事写真
写真1
[拡大写真へ]
 裁判員制度の記念切手=日本郵便が発売【時事通信社】

裁判員制度の開始に合わせて発行された記念切手。裁判員と裁判官を表す2つの円が交わった裁判員制度のシンボルマークが描かれたものと、公正や正義を示すてんびんに9羽の鳥が宿った図柄の2種類。1枚80円

[ 2009年5月21日10時2分 ]

 

関連:(無料放送中)プレスクラブ
これでいいのか裁判員制度(2009年05月21日)

 

※追記:大変参考になる記事です。
第十回 「裁判員制度を根源から問い直す──後世に禍根を残さないために(上)」
http://www.news-pj.net/npj/kimura/010.html
http://www.asyura2.com/09/senkyo63/msg/904.html

 

 以下、参考になったREをいくつか。

No.20706 地獄への道は善意によって敷き詰められている

投稿者---豊後魂(2009/05/23 14:53:09)

 はっきり言えばその理由の一つが、日弁連が賛成していたことです。人権問題にうるさい弁護士が賛成しているのだから、国民の司法参加という美名もあることだし、と言うことで圧倒的賛成になったはずです。
 そして、日弁連内部では、現在の刑事裁判が、官僚裁判官による絶望的状況にあるので、その状況に少しでも風穴を開けたいという意見も結構あったようです。
 しかし、一番しんどい刑事弁護を担当されている弁護士は、そんな立法論に関わっている暇がなかったのでしょう。知ったら、猛反発していたはずです。陪審 とは全く違い、裁判官が評議主体に入っているのですから。裁判員に負担がかけられないとして、強権的な訴訟指揮や公判前整理手続という秘密裁判が予定され ているのですから。 で、日弁執行部は依然刑事事件をあまり手がけない方が多いので、現在も方針転換できていません。あな恐ろしや。
 もっとも、おおくの弁護士は、こんな馬鹿な制度が実現するはずがないと、たかをくくっていたこともあり、今となっては国民に申し訳ない気持ちで一杯な弁護士も多いようですが。

 

No.20735 アリバイ作りの裁判員制度

投稿者---もと浮動票(2009/05/23 21:53:33)

裁判員制度は、「国民の意見を反映した正しい裁判」というアリバイ作りに、裁判員を利用する制度のように思う。

おかしな量刑であっても、冤罪であっても、裁判員との協議の結果と逃げることが出来るわけで、
責任の「割り勘」をさせられる裁判員はたまったものではない。

そもそも、専門家である裁判官の意見に対抗できる素人がいるのか?
どんな分野であっても、専門家には自負心があるのであって、多少の妥協はしても、
とんちんかんな(と彼らが思う)素人の意見で判断を変えることはまず無いだろう。
想定した判決に、素人を誘導していくのは簡単なことだ。

西松事件では、「検察は正しい」「小沢は悪党」という世論誘導リークを、検察自身が行った。
本来なら、マスコミは情報の真偽を検証をすべき立場にある。
にもかかわらず、ただ垂れ流すだけの権力に媚びるマスゴミに成り下がった。

私がそれに気づいたのは西松事件以降だが、本当は戦後ずっとそうだったのかもしれない。
だとすれば、根は深い。そう簡単に彼らは変わらない。

検察とマスコミの「説明責任」は一切問題視されない。
有罪扱いの大騒ぎをした事件で無罪判決が出ても、彼らは責任など取る気もないだろう。

そんな中で、裁判員制度が始まった。対象は「国民の関心の高い重大な犯罪」に限るという。
つまり、新聞TV週刊誌で大々的に報道された事件ということだ。
検察サイドにたった事件情報をたっぷり頭に入れて、コントロールされた裁判員に、公平な判断が出来るのだろうか。
量刑決定の際には、資料として量刑の前例を見せるという。前例に従うなら、裁判員など最初から必要なかったはずだ。

私には、裁判員制度の必要性が全く理解できない。
開かれた司法ではなく、裁判員を利用した都合のいい司法が始まっただけではないのか?

この制度で守られるのは司法の権威だけだと思う。

 

No.20801 Re:裁判員制度について、思うこと。

投稿者---「NHK」の「国会中継」を見たい人(2009/05/24 10:23:20)

   
>もと浮動票さんこんにちは。
>
>>そんな中で、裁判員制度が始まった。対象は「国民の関心の高い重大な犯罪」に限るという。
>>つまり、新聞TV週刊誌で大々的に報道された事件ということだ。
>>検察サイドにたった事件情報をたっぷり頭に入れて、コントロールされた裁判員に、公平な判断が出来るのだろうか。
>
>--------------------
>刑事裁判の充実及び迅速化を図る目的での改正であり、オウム事件や和歌山カレー事件といった国民の関心の高い重大事件の裁判が結論を得るまでに大変長い時間を要していることに疑問を抱く国民感情に配慮した、時宜にかなったものと思います。
>
>参議院 法務委員会 17号 平成16年05月18日
>--------------------
>
>という話しもあります。国民感情を扇情したのはマスコミです。


tomokoさん。それは違うと思います。               


『推理小説』ではないですが、                   

一体『誰』が『裁判員制度』を導入することによって、        

『得』をするのか?を考えましょう。               

『司法制度改革』が急に言われだしたのは、             

『自公鵺政権』のこの「10年間」のことです。           

『司法制度改革』の具体的な「目玉商品」は『二つ』あります。    


※  『司法試験制度改革』と『裁判員制度』です。         


(1)の『新司法試験制度』について。              


「私」が「大学生」だった頃、『司法試験』は『超難関試験』でした。

『合格率』は『1・9%』程度でした。                

つまり、「100人」の「受験者」がいれば、             

『僅か』に『2人』しか、『合格』しないのです。           

残りの『98人』は『不合格』なのです。              

「東大法学部の学生」も『国家公務員Ⅰ種試験』と『司法試験』を   

受験して、                           

『国家公務員Ⅰ種試験』は『合格』しても、            

『司法試験』は「バラバラ」と「落ちる」のが当たり前でした。   

『合格者数』の多い大学は『東京大学』と『中央大学』でした。   

『東京大学』を『赤門』と呼び、『中央大学』を『白門』と呼んで、  

常に『首位』を競っていました。                 

(「現役合格率」は圧倒的に『東大』でしたが・・・。)       


そういうわけで、                         


新たに開学した『新興宗教』じゃなくて、             


『新興大学』では中々合格者も出ず、                

1年に「1人〜2人」と「合格者」が出れば「御の字」でした。                    

 そういう大学でも                        

『合格者数』を増加させようとして作られたのが          

『法科大学院』です。                       

『新しい司法試験制度』では、                   

「2年間〜3年間」を『法科大学院』に学び、            

『法科大学院在籍』或いは『法科大学院修了』が          

『司法試験受験』の『資格』です。                 



(若干の「例外規定」があります。又、先の「司法試験」を『旧司法試験』と言います。実施はされていが、経過措置後には廃止されるでしょう。)           


『新司法試験制度』で『従来』の『高いハードル』を「クリアー」して、                       

『新司法試験』で『得』をしたのが、               

『新興大学』です。『合格者続出』です!              


そして、                            

『法曹』の中でも『検事』や『判事』に成るように指導する     

『新興大学』があります。                    

『某大学』です。                       


(2)『裁判員制度』について。                 


『裁判員制度』で扱うのが『殺人』『強盗』『放火』等の      

『極悪犯罪』です。                        

つまり、『刑事事件』の「範疇」です。              

『裁判員』には「選ばれたくない」というのが、          

『普通の国民』の『感覚』でしょう?                



そして、                            

『裁判員制度』を導入することは、ある面、            

『検察官』『裁判官』と同じように「一般国民」が『裁判』に    

『介入』できることになるわけです。               



『裁判員』に選ばれても『守秘義務』等々で            

『辞退者』が『続出』します。                   

その結果                     


『ある特定の思想・信条』を持った『人達』(「集団」)が     

『裁判員』の『多数』を『占めた』としたら、どう思いますか?   

『怖い』ですよね?                       



『新司法試験制度』と『裁判員制度』を推進してきたのは、     

『自公鵺政権』です。                      

『裁判員制度』とは途轍もなく『政治色濃厚な制度』です。      

そして、

『胡散臭い制度』です。                     


『総体革命』の『完成』を目指した・・・・・・。

 

 ゆっきーと共に政治の大掃除だ!

 断固として!

↓クリックすると、愛は勝つ、左はKAN右は亜弥。
命落とすな、自公を落とせ、選挙に行こう衆院選バナー 命落とすな、自公を落とせ、選挙に行こう衆院選バナー

クリックで拡大、「攻撃されているのは~」コマの説明
攻撃されているのは小沢氏ではない権力による民衆の希望への攻撃なのです

守ってあげたい / 荒井由実

 ↓大林宏は、関係者によるとw、漆間と連携・共謀し民主党党首小沢氏を選挙直前を狙い国策捜査。また5月から導入の米国猿まね裁判員制度では盛んに広報していた。さらに郵政詐欺選挙直後のどさくさには共謀罪導入をしようとしていた。その人物像は治安維持法下の特高警察あるいは思想検事。(関連

↓クリックで和製ヒムラーの漆間巌
国策捜査、裁判員制度、共謀罪の推進者大林宏糾弾バナー

国策捜査で自公の犬、検事総長樋渡利秋糾弾バナー

 

 主権者国民の上に検察がいて政治を壟断するかの状況は許せない。徹底的に検察ファッショを糾弾する

↓クリックするとさらに大きくなります。

↓クリックするとさらに大きくなります。

 

 自Endポスターバナーの第52作目です。クリックすると日本社会を荒廃させた小泉・竹中路線のなれのはてと2005・9・11小泉のワンフレーズ郵政詐欺選挙糾弾バナーが出ます。
※追記:その後、特捜の佐久間達哉が在米日本大使館1等書記官で赴任していたと言う話がネットで出てます。米国と言えば連想するのはCIA。
国策捜査を白状した漆間巌官房副長官(事務)元警察庁長官(笑)

 

倭国大乱を記録するブログの数々♪ブログリストとイメージソングその1その2その3その4その5その6その7。人生の扉 昴 春よ、来い 宙船(そらふね) 地球兄弟 やさしさに包まれたなら 愛は勝つです。支持率急落、不支持率急増でビビリまくり、逃げまくり、アホー太郎は解散もしない。政治空白続ければ自民党がつぶれる前に国民生活がボロボロだ。ヘタレ自民は消えろ!自End!
自民党は自Endバナー 自民党は自Endバナー の猫ちゃんつながりと、友好TBPの郵政民営化凍結と、野党共闘にトラックバックしたブログをすべて「倭国大乱を記録するブログの数々」として見つける毎に適宜追加していきます。
(↑クリックするとさらに大きなバナーが出ます(汗))

 

内閣三代続けて衆院選なし自民党は退場しろ!

解散できないアッホー太郎は卑怯なヘタレのチキン野郎だ!キャンペーン中!自End!「自民党は退場しろ!」の組込型全ミニバナー一覧はこちら

自End!!TBP「自民党政治」のライブリンクをサイドエリアへはりたければ⇒いいニャ~自Endバナーをクリック。

特にココログの場合で、即行で自End!!TBP「自民党政治」のライブリンクをサイドエリアへはりたければ⇒いいニャ~自Endバナーをクリック。

 

良質なブログ・情報への入口、中継点を目指します。毎日ワンクリックで自公糾弾
人気blogランキングバナー ニュース・一般/政治」ブログランキング参加中。

陰謀リテラシーかく乱にトンデモを混ぜるのはあるかもネ(政治に陰謀・謀略はつきもの。最近の闇雲否定論者は工作員かな?)
雑談日記作。(^^;(笑)

 代表的な検索エンジン8個で「自民党政治」と検索すると、自End!TBP「自民党政治」はすべて1位か3位、つまりトップ頁です

以下のトラックバック・ピープルに参加してます。
いいニャ~自Endバナー 民主党にも「喝~~~ッ」と気合いだバナー
自民党政治と      民主党政治

いいニャ~、郵政民営化凍結 野党共闘はいいニャ~バナー
郵政民営化凍結と    野党共闘(各バナーとも、クリックでスタート記事に飛びます)、政治全般にもトラックバックす。

TBP「社民党や共産党」バナー TBP社民党や共産党にも時々TBす。

※爪ヤスリなら日本の職人さんのいいのをお勧めします。(関連投稿
↓下の広告は単にブランド好きの方向けです。

|

« 「裁判員制度を問い直す議員連盟」に共産はなぜ参加しないんだろ?まるで現代版徴兵制みたいな義務強制問題山積の制度なのに。 | トップページ | 小沢さん、お誕生日おめでとうございます。ご健康に留意され最後の決戦・衆院選に向け奮闘されんことを願っております。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 裁判員制、5年前に「衆院は全党派一致で賛成、参院では2名だけが反対」⇒なぜこんなことが起きたのか?:

» 民主党びいきのメディアが世論操作?・・・ですか? [ちょっと一言]
 先週土曜に決まった民主党鳩山代表は思ったよりも好感が持てました。決定後の記者会見の様子を一通り見ての印象です。以前は何を言っているのか分か [続きを読む]

受信: 2009年5月23日 (土) 10時21分

« 「裁判員制度を問い直す議員連盟」に共産はなぜ参加しないんだろ?まるで現代版徴兵制みたいな義務強制問題山積の制度なのに。 | トップページ | 小沢さん、お誕生日おめでとうございます。ご健康に留意され最後の決戦・衆院選に向け奮闘されんことを願っております。 »