« 海外メディアがswine(豚)fluと言っているのに、新型インフルエンザと呼び名変更し不安を煽り政局に悪用する自公政権。 | トップページ | 検察が敗北宣言なんてする訳ないが、国策捜査の後始末どうするんだろ(笑)。雑談日記バナーがあちこち広まってまずくない(笑) »

2009年5月 5日 (火)

平成海援隊投稿メモ。「小沢民主党に託す人それぞれの思いは多様ではあっても、」

 平成海援隊 Discussion BBSへの投稿メモ。

関連
平成海援隊BBSアクセスの爆発的急増に、生活者・国民のまるで海鳴りのような怒りの声と大きなうねりの一端が見える。


No.16246 小沢民主党に託す人それぞれの思いは多様ではあっても、
投稿者---SOBA(2009/05/03 14:17:14)

↓クリックすると大きなバナー。わんちゃん版もあります。
小沢一郎ガンバレバナー

今まで革命とか、維新とか、歴史の転換点とか色々ありますが、必ずシンボルになるような人物が登場します。

それぞれそれなりの能力のある人が歴史上で記録されるのでしょうが、時代がその人物を求めると言うのもあるのではないかと思います。

経済的な土台からの、社会的な土台からの、大きくは文明的な土台からの、またそれまでの歴史の流れの中からの、その人物が出てくるだけの必然性です。

現在、小沢民主党に託す人それぞれの思いは多様ではあっても、お御輿としてかついでまつりごとに参加したい、己の周りの愛する者たちのためにもまつりごと に参加しなければならないと言うやむにやまれず突き動かされる熱い思いがこの平成海援隊BBSに結集しているのだと思います。

そうとでも考えなければ、この爆発的なアクセス急増を説明できないと思うのですよ。

小生、大学は働きながらの夜学でした。学生運動なんて経験したこともなく、いやどちらかと言うとアジ演説の難解さに「日本語もろくにしゃべれないようなお 前らアホか」とつぶやきながら通り過ぎていました。そんな自分がまさかブログを運営し、政治的な意思表明を発信するなどとは、現在の雑談日記の変貌ぶりを 見ながら自分でも驚きでもあるのです。

そのきっかけは、2005・9・11小泉の郵政詐欺選挙での自民大勝への驚き、怒り、危機感であった訳ですが、逆に言うとそれがなければ現在の雑談日記は なかったのかな、などとも考え、今雑談日記があるのは小泉のお陰かなと言うことで「糞自民、何が何でも自民粉砕」と自分自身で反芻しながら笑っちゃうので あります。

以下、3年前に雑談日記に書いたエントリーです。(バナーのURLと二つ以上になるとエラーになるのでhttpのさいしょのhをわざと取っています)

2006/04/07
歓迎小沢民主。「世に倦む日日」テサロニケの馬鹿がほえていたにもかかわらず。(笑)
http://soba.txt-nifty.com/zatudan/2006/04/post_6fe8.html

 ネオコン前原の馬鹿のように少なくとも小泉にエールを送るような間抜けなことはしないだろう。前原の時には、小泉批判しつつ、ネオコン前原にも目配せしなければならなかったが、これからは小泉に集中できる。(笑、バナーコレクション参照こう)

 日共とか、よく教条左翼にありがちなのだが、右か左かレッテルをはってから判断したりとかする。いわば思考停止状態。(笑)

 政治はタイミングとか、勢いとかも大事。教条左翼的思考状態では生きた政治は分からないだろう。

 元自民党、元田中派、「朝日TVが応援している」(テサロニケの馬鹿の言)、それがどうした。(笑)

※ 選挙区で言うと、小泉:神奈川、管:東京、小沢:岩手である。少なくとも東京偏重、地方切捨ての眼差しだけは小沢にはないはずである。僕自身は東京生まれ で、仕事もIT関連で、ある意味恵まれてもいる。しかし、竹中・小泉の東京偏重ネオコン路線ではこの国は破壊されてしまうと言う予感はある。

 また、小泉がワンフレーズ政治家であるのに対して、小沢は理でことを進めるタイプの政治家である。この点も評価している。内容に問題があれば、その時は強烈にカウンターパンチを浴びせればよいだけの話しだ。あの顔ならパンチの浴びせがいもあるではないか。(笑)

 

No.16612 あくまでも一つの仮説ですが、小泉のあのライオンヘアーはゲバラをヒントに
投稿者---SOBA(2009/05/05 02:06:39)

あくまでも一つの仮説ですが、小泉のあのライオンヘアーはゲバラをヒントにしているとみています。そして2005・9・11郵政選挙時の「自民党をぶっ壊す」のキャッチフレーズです。

2005・9・11郵政選挙での大勝は都市部のB層の若者無党派層の票をかっさらったと言われています。多くのマスコミの解説もそのようです。

しかし、マスコミで今まであまり書かれることはないですが、小生は2005・9・11郵政選挙でのあの小泉の「自民党をぶっ壊す」のキャッチフレーズ、そ して小泉のライオンヘアーは明らかに団塊世代の無党派層を意識したものだったとにらんでいます。イメージ発信のためのシンボルです。

今や世代的に言えば最大の票田である団塊の世代層です。言いかえれば全共闘の世代、70年安保世代、反体制の息吹きを時代の風として生きてきた世代です。

マーケティングの世界でも金のある世代としていかにして商品を買わせるか日々研究されている世代です。

マーケティングの世界と言えば心理学の応用です。コマーシャルの世界などでは当然のように色々なテクニックが使われています。(参考:ロバート・B・チャルディーニ著「影響力の武器」)今や、気の利いた政党ならマーケティング的手法を取り入れるのは普通のことでしょう。

世間一般で言われているのとは違って、かなりの団塊世代の保守層が(生活の中で保守層になってしまったが、その気分の核には70年安保世代の空気を大脳皮 質の奥の方に潜めている世代が)小泉のワンフレーズ「自民党をぶっ壊す」に騙されたと小生はにらんでいます。小泉は空気を読む天才のようにマスコミでは言 われていますが実際にシナリオを考えたものは別にいると思います。2005・9・11郵政選挙はかなり長い時間をかけて周到に準備され仕掛けられたシナリ オのはずです。

そして一度成功の甘い汁を知った連中は同じやり方はなかなか難しいでしょうが何とかして更なる変化球でやることを狙っていると小生は見ています。植草さんがよく言われる「偽装チェンジ」勢力の試みもその一つでしょう。

麻生の個人事務所の壁にゲバラの写真が飾ってあるが「ハッケン」と言う番組の中で出てきます。以前雑談日記では一番の閉塞感は、小泉が盗んだ票に乗っかってるだけなのに、麻生が「選挙負けるから、解散はできない」と逃げ回っていることだ。でYou Tubeのキャプチャ画像入りで紹介しました。

自民党は2005・9・11郵政選挙での大勝の甘い味を忘れることができないのと同時にその反動が次の衆院選で雪崩を打つのを恐れています。

自民党も必死でしょうが、来る衆院選は我々団塊の世代にとってもいわばリベンジ・復讐戦、絶対に負けられない戦いでもあるのです。

>「SOBA」さん
>小生の、一つのバナー画像の”案”、、、
>①例えば、パリの3月19日、或いは1月29日の街頭を埋め尽くすフランス・デモの「静止画」像
>あるいは、日本の「68年5月頃の街頭デモや60年6月安保デモ」等でも同じですが、最近のこの国では大きな大衆デモはないから・・>
>②それに、”起ち上がれ、団塊世代よ!!”の文字をかぶせる
>   ↓
>③上記静止画像をクリックする
>④イスマエル・セラーノの youtube画像 にリンクする。

の件、なかなか一つのバナーにまとめることは至難の技ですが、課題として頭に入れておきます。自分の中でバナーのアイデアとして制作に至るまで熟成できるかどうか分かりませんが、挑戦してみるに足る貴重なアイデアと思っております。ありがとうございました。

 

No.16666 ジジよババよ、おじさんおばさん、すべての先を歩いてきた者たちよ今こそ決起だ!(今風な激しさと、したたかさとは)
投稿者---SOBA(2009/05/05 12:53:29)

 なんとかならんかさんの要望にお応えして。No.16647を別スレッドとして立て直します。

No.16647 小沢一郎・勝手連さんの一連の書き込み、またそれ以外の方の熱い思いがほとばしる書き込みを見て、
投稿者---SOBA(2009/05/05 10:37:57)

小沢一郎・勝手連さんの一連の書き込み、またそれ以外の方の熱い思いがほとばしる書き込みを見て、民主党はこのような確固とした支持者の思いを裏切ることは出来ないだろうと思います。

こういうコアな支持者を裏切るならその時点で民主党はおしまいです。

油断は出来ませんが、マスコミがどんなに煽ろうと民主党が小沢氏の下で一丸となって政治決戦(まさに文字通り決戦です)にのぞむことはほぼ間違いないだろうと確信しております。

※なお、小生は単純に民主党ファンという訳ではなくて現在の政治情況の中では小沢さんを御輿としてかついで断固戦い抜く以外にないだろうという判断です。もし政権交代後に民主党が国民を裏切るようなことがあればためらいなくバナーだろうが、podcastのインターネット放送だろうが今以上にあらゆる手段を武器にして政権党・民主党に闘いを挑むつもりです。

※また、たびたび小沢一郎・勝手連さんが紹介してくれているフランスの例などと比べると日本の場合は過去の運動からの継承という点が弱いのが残念です。ただ、そう言う弱点を克服しようとする思いもマグマのようにたまり動き出そうとしていると感じています。

 以下、雑談日記のエントリーでご紹介した、「2008/06/14 9条改憲を許さない6.14フェスタ」実行委員の下山保さんが作ったユーモラスな詩をご紹介しておきます。

2008/06/16 おおッ、いいぞーッ「ジジパパ賛歌、闘い賛歌、連帯賛歌、行動賛歌、遊び心と9条賛歌」&問責決議への対応ネット世論調査のお願い。
http://soba.txt-nifty.com/zatudan/2008/06/9_d6a6.html

6・14フェスタの詩
                    下山保

1、ジジパパ賛歌
 ハゲに白髪のジジ達よ、しわ染みだらけのババ達よ
 杖を突いたよぼよぼの、腰の曲がったよたよたの
 寝たきり、よいよい、垂れ流し、街角徘徊の仲間たち
 60年安保の同志たち、全共闘の後輩たち
 いよいよ俺らの時が来た
 スカスカになった脳みそと、衰え隠せぬこのからだ
 死んで残った遺骨をも、全てを使って闘おう
 後期高齢者の新階層、フリーター、ワーキングプアの新階層
 格差・格付けの新自由主義、こういう社会はぷっ壊せ

2、闘い賛歌
 仲間たちよ、畑いじりはあんまりやるな、孫との遊びもいいかげんにしろ
 夫は妻の面倒みるな、妻は夫の世話するな
 時間を余らせ政治運動をやれ
 体力に自信あるやつは全国を歩け、自信がなければ国会で座り込め
 旧左翼は風前の灯、新左翼は自滅寸前
 労働運動が消えかかり、学生運動など無いに等しく、政治運動もスッカラカン
 そんな時だから政治運動をやれ
 昔取った杵柄をとれ、最後っ屁をぷっ放せ

3、連帯賛歌
 昨年の6・15集会、みんなでうなずいて決めたもの
 「9条改憲阻止一点で連帯」「小異を残し大同につく」
 振り返って見れば我々は、権力の敵に党派の敵、味方の中も敵だらけ
 分派闘争で明け暮れて、気づいてみたらジジイ、ババア
 馬鹿げたことはもうやめよう
 敵と見えたのは皆味方、違いがあっても気にするな、違いがあるから意味がある
 全学連と全自連、時が過ぎれば仲間内

 今年の5月3日には、フリーターメーデーデモ行進
 「俺たちを生きさせろ」の大合唱、ジジババみんな大感涙
 やっと若者が見えてきた
 格差社会の若者と、姥捨て時代の老人が
 「生きさせろ」で連帯だ、ジジババ孫が手をつなごう

4、行動賛歌
 我々は何をなすべきか
 まず「9条パンク全国無期限キャラバン」運動
 個人の意思を明確に、9条バンクに委託する
 この運動を全国に、3500万人に広げていく
 全国キャラバンは年内に、石橋上人と正情が
 沖縄辺野古をスタートに、9条改憲阻止の日まで
 歩き続ける決意をした、この運動を拡げよう
 次に何をなすべきか
 黒羽純久に見習おう
 「命尽きるまで」の遺言を、活かす運動がふさわしい
 「国会姥捨て山」運動を、ジジババたちに提案する
 姥捨て時代の我々の、強烈なお返し運動を
 一片のユーモアのかけらも無い、老人切捨て政策に
 ブラックユーモアで対決を
 寝たきり垂れ流しで困っても、家の人に迷惑掛けるな
 病院に行くな施設に入るな、その身を国会に捨てさせろ
 姥捨て政策の行く末を、国会に始末をつけさせろ
 俺はすでに決意した、後に続くのを待っている
 「命尽きても」の運動もある
 まさか遺体は捨てられない、遺骨少々なら良いだろう
 国会議事堂の正門に、爪の先ほど散布して
 石橋上人が経をあげる、ブラックユーモアの第二弾

5、遊び心と9条賛歌
 平均寿命はあと10年、100まで生きても30年
 どう生きるかの問いかけは、どう死ぬるかと同じこと
 残った人生を楽しもう、無駄・むら・遊びに徹しよう
 9条運動も楽しみたい、飲んで遊んで勝ちに行く
 9条残して世の中変えて、自己満足に浸ろうや

↓秩父困民党、1884年(明治17年)の農民たちの武装蜂起「秩父事件」を描いた映画「草の乱」より、荒川渡渉の図

 

No.16699 みなさんは、憲法の何条が好きですか?
投稿者---SOBA(2009/05/05 16:35:55)

 まず最初に、永田町徒然草の白川さんの記事からです。確かに今まで9条に目が行くことが多いですが、白川さんが 言うように97条はすべての基本だと思います。最近の格差問題から25条【生存権、国の社会的使命】が注目されていますが、国にその社会的使命を守らせる のも97条の精神が基本にあると思います。

 遵守義務から国家権力にタガをはめる99条も大事ですが、この97条は何度でも折にふれて反芻する必要があると思います。

 それにしてもなんと文章としても格調があることか。軽いノリで言うとまさに「カッコイイ」と思います。なお、97条の有斐閣六法全書の見出しは【基本的人権の本質】となっています。

(複数のURLがエラーになるのでhttpのhをわざと省いています)

南無日本国憲法!?
http://www.liberal-shirakawa.net/tsurezuregusa/index.php?itemid=998#more

(略)

私たちは憲法を燦然と輝かせる努力をしなければならない。多くの人々がたゆみない努力をしなければ燦然と輝くことはない。

この憲法が日本国民に保障する基本的人権は、人類の多年にわたる自由獲得の努力の成果であつて、これらの権利は、過去幾多の試錬に堪へ、現在及び将来の国民に対し、侵すことのできない永久の権利として信託されたものである。(日本国憲法第97条)


 憲法というと“第9条”という人が圧倒的に多い。なにがなんでも第9条という人もけっこう多い。しかし、私にとっての日本国憲法は、なんといっても“基 本的人権の尊重”である。日本国憲法の三大原則( 基本的人権の尊重・国民主権・平和主義 )に上下の区別はないと考えるが、国民主権も平和主義も基本的人権を護るために絶対に必要なのである。戦争こそ、多くの人々の基本的人権が蹂躙されるので ある。

(略)

※SOBA:関連で日本国憲法

【憲法前文】
 日本国民は、正当に選挙された国会における代表者を通じて行動し、われらとわれらの子孫のために、諸国民との協和による成果と、わが国全土にわたって自 由のもたらす恵沢を確保し、政府の行為によって再び戦争の惨禍が起ることのないやうにすることを決意し、ここに主権が国民に存することを宣言し、この憲法 を確定する。そもそも国政は、国民の厳粛な信託によるものであって、その権威は国民に由来し、その権力は国民の代表者がこれを行使し、その福利は国民がこ れを享受する。これは人類普遍の原理であり、この憲法は、かかる原理に基くものである。われらは、これに反する一切の憲法、法令及び詔勅を排除する。

 日本国民は、恒久の平和を念願し、人間相互の関係を支配する崇高な理想を深く自覚するのであって、平和を愛する諸国民の公正と信義に信頼して、われらの 安全と生存を保持しようと決意した。われらは、平和を維持し、専制と隷従、圧迫と偏狭を地上から永遠に除去しようと努めてゐる国際社会において、名誉ある 地位を占めたいと思ふ。われらは、全世界の国民が、ひとしく恐怖と欠乏から免れ、平和のうちに生存する権利を有することを確認する。

 われらは、いづれの国家も、自国のことのみに専念して他国を無視してはならないのであって、政治道徳の法則は、普遍的なものであり、この法則に従ふことは、自国の主権を維持し、他国と対等関係に立たうとする各国の責務であると信ずる。

 日本国民は、国家の名誉にかけ、全力をあげてこの崇高な理想と目的を達成することを誓ふ。

第9条【戦争の放棄、戦力及び交戦権の否認】
   1. 日本国民は、正義と秩序を基調とする国際平和を誠実に希求し、国権の発動たる戦争と、武力による威嚇又は武力の行使は、国際紛争を解決する手段としては、永久にこれを放棄する。

   2. 前項の目的を達するため、陸海空軍その他の戦力は、これを保持しない。国の交戦権は、これを認めない。

第11条【基本的人権の享有】
 国民は、すべての基本的人権の享有を妨げられない。この憲法が国民に保障する基本的人権は、侵すことのできない永久の権利として、現在及び将来の国民に与へられる。

第25条【生存権、国の社会的使命】
1. すべて国民は、健康で文化的な最低限度の生活を営む権利を有する。

2. 国は、すべての生活部面について、社会福祉、社会保障及び公衆衛生の向上及び増進に努めなければならない。

第97条【基本的人権の本質】
 この憲法が日本国民に保障する基本的人権は、人類の多年にわたる自由獲得の努力の成果であつて、これらの権利は、過去幾多の試錬に堪へ、現在及び将来の国民に対し、侵すことのできない永久の権利として信託されたものである。

第99条【憲法尊重擁護の義務】
 天皇又は摂政及び国務大臣、国会議員、裁判官その他の公務員は、この憲法を尊重し擁護する義務を負ふ。

参考:
九条は日本人にはもったいない 伊勢崎賢治
http://www.magazine9.jp/other/isezaki/

ついに! 国益のために海外派兵をする国になった日本

もはや護憲派は「敗北宣言」をするべきでは?

若者はデートに行くがごとくデモを!年寄りはお散歩に行くがごとくデモを!

↓ウジェーヌ・ドラクロワ(Ferdinand Victor Euge`ne Delacroix)の「民衆を導く自由の女神」

 

No.16773
1日アクセス約2万5千前後で安定状態だが、まだ伸びる余地はある。
SOBA(2009-05-06 01:46:08)

↓2009-05-06午前0時40分キャプチャ。
2009-05-06午前0時40分キャプチャ
2005年衆院選時の全国の有権者は1億327万4195人。
その約6割がインターネットを利用するとすれば約6200万人の有権者がインターネット利用している計算になります。

1日アクセス約2万5千前後で安心していては駄目だ。
檄!来る衆院選政治決戦はネットを制したものが勝者になる!


参考:
日本のネット人口は8000万人超、全人口の6割が利用--インターネット白書2007
ttp://japan.cnet.com/marketing/story/0,3800080523,20350858,00.htm
栗川敦子(編集部)

2007/06/14 18:02

 日本のインターネット人口は8226万6000人、全人口の6割超が利用――。ネットの利用動向などをまとめた「インターネット白書2007」(インプレスR&D)がこのほど発表された。

 今年で12年目を迎えた同白書では今回から、調査対象都市を町村部にまで拡大し、ネットの利用内容に着目するなど“質”にこだわった調査手法に変更している。変更理由についてインプレスR&Dは「インターネットが成熟期に入り、普及状況や利用人口の拡大のみを把握する段階ではく、今後は接続の質やインターネットの利用内容、インターネットの技術を使用したアクティビティ、どこにいてもつながるといったコネクティビティに着目する必要がある」と説明している。

 調査は無作為に抽出した全国201都市の一般世帯、3歳以上の個人を対象に、地域別、性別、年代別の割付回収を行った。有効回答数は6000人、5874世帯。

 今回の調査で、日本のネット人口は8226万6000人であることが分かり、全人口の6割超が利用していることになる。世帯普及率とブロードバンド世帯普及率の上昇傾向は続いており、ブロードバンド世帯普及率は50.9%と初めて全世帯の半数を超えたとしている。

 調査手法変更のため単純な比較はできないが、ネット人口は2006年調査時の7361万9000人より約10%伸びており、<font size="3" color="#ff0000"><b>年代別で見ると、50代以上のネット利用者が増加している。今後、団塊世代が60代にさしかかることを考慮すると、高齢者の比率は高まっていくと想定される</b></font>。

 個人のネット利用動向調査結果では、1日あたりのメディア接触時間をメディア別に見ると「ラジオ」「新聞」「雑誌」は30分未満が 60%前後であるのに対し、「インターネット」と「テレビ」では1時間以上5時間未満が合わせて60%超となっている。<font size="3" color="#ff0000"><b>特にネットでは10時間以上利用する割合が4.4%と他のメディアよりも比率が高い< /b></font>。

 さらに、商品やサービスの購入のための情報収集はネットが主流という結果が出ており、同社では「テレビやインターネットの情報源としての位置付けが変化する可能性が考えられる」としている。

 また、2007年の注目キーワードとしても挙げられている「YouTube」の利用者数の爆発的な増加などの要因もあり、動画投稿サイトの認知度は、7 割を超えている。そのうち実際に利用しているのは18.7%にとどまり、大多数が閲覧のみの利用となっているが、ネット利用者のうち 93.3%がYouTubeを利用していると答えている。

 同社が“新たなネット経済圏”と説明するSecond Lifeの認知度は29.1%。まだ日本語版が始まっていないため「利用している」が0.8%、「アカウントは持っているが、ほとんど利用していない」が 1.3%と低いが、認知率が高いことから日本版開始以降の動きが注目される。

 ネット利用者の全体の7割が利用するコミュニティーサービスについては、参加形態別で、発言や書き込みをしている割合が最も多いのは「ブログ」で 24.4%、次いで「SNS」が17.3%となっている。一方、フリーの百科事典「Wikipedia」では書き込みは2.4%と低く、 34.9%が閲覧のみの利用となっている。

 企業のネット利用動向においては、大企業を中心に社内向けQ&Aコミュニティーやブログの導入が進んでいる。しかし、重要性を認識しながらも半分以上が具体的な利用計画にいたっていない。その理由としては、「経営者の理解」や「ITスタッフの技術や能力」の不足が挙げられている。

 また、企業のウェブ担当者に「マッシュアップ」のための重要キーワードであるWebAPIについて聞いたところ、認知度は67.2%に上っている。自社サイトでWebAPIを「公開している」のは5.8%、公開されているWebAPIを自社サイトに「利用している」のは6.8%となっている。

 メールやスケジュール管理、ワープロ、表計算などのアプリケーションをウェブで提供するGoogleの企業向けソリューション「Google Apps」は認知度が37.2%、「導入済み」が0.9%、「導入を検討中」が3.3%となった。「わからない」「どんなサービスが知らない」と回答している非認知率も6割を超えているが、インプレスR&D傘下のインターネットメディア総合研究所の中島由弘氏は「今後の企業導入に着目したい」と述べている。

 同氏は国際的な比較に関して、「人口や普及に関しての基準が各国バラバラであるため、世界で何位という明確な説明は難しいとしたうえで、今後の課題として扱っていきたい」としている。

 

No.18848
   
    血が飛び散る白兵戦の時に大将として戦える器量ではないと思っています。
投稿者---SOBA(2009/05/15 14:31:53)
http://soba.txt-nifty.com/zatudan/

   
>個人的には、鳩山氏を応援します。

>岡田氏は、次の平時でいいのではないでしょうか?

まったく同感です。彼は政権交代後安定期に能力を発揮する能吏タイプだと思います。

岡田氏は、血が飛び散るような白兵戦の時に大将として戦える器量ではないと思っています。

その点小沢氏は最後の決戦には最適な大将だったのですが、次善の策で党首鳩山氏、選対責任者小沢氏、幹事長菅直人(?)、代表代行岡田(挙党一致のためです)くらいがよいのかも知れません。

鳩山氏は一皮むけたように感じます。見かけとは違いなかなか芯の強い方とお見受けしました。少なくとも岡田氏よりは、白兵戦の血が飛び散るなかでも指揮官たりうるような気がしています。もちろん前に立ちはだかるのは小沢武蔵坊弁慶です。

※参考:お勧め記事。ブログ仲間反戦な家づくりさんの「正体見たり岡田克也 」です。

◎当初下記のように書きましたが、下の方が良いかも知れませんね。バランス的には。岡田氏が代行だと、もし鳩山氏になにかあった場合には岡田氏が党首と言うことになりますし、。(笑)
党首鳩山氏、選対責任者小沢氏、幹事長菅直人(?)、代表代行岡田
  ↓
党首鳩山氏、選対責任者小沢氏、幹事長岡田、代表代行菅直人(?)

|

« 海外メディアがswine(豚)fluと言っているのに、新型インフルエンザと呼び名変更し不安を煽り政局に悪用する自公政権。 | トップページ | 検察が敗北宣言なんてする訳ないが、国策捜査の後始末どうするんだろ(笑)。雑談日記バナーがあちこち広まってまずくない(笑) »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 平成海援隊投稿メモ。「小沢民主党に託す人それぞれの思いは多様ではあっても、」:

» 4割以上 [雑感]
各マスコミの「小沢辞任論」やネットでの「小沢擁護論」の話は、ひとまず横においておくとして一番重要なことがあるように思う。 雑誌『選択』の連載コラム「政界スキャン」でコラムの筆者氏が高野論説の反論記事が載せられ それに対して高野孟氏が答える形で、The Journalで書いていた。 http://www.the-journal.jp/contents/newsspiral/2009/05/post_262.html 産経さんが名前を挙げている蓮舫氏もThe Journalで週に一度くらいのペースで書い... [続きを読む]

受信: 2009年5月 6日 (水) 13時06分

» 【補正予算案】徹底した国会審議を通じて国民各層の力を結集すべきだ!【焦土戦略】 [ステイメンの雑記帖 ]
長いようで短かった今年のGWももうすぐ終わり、明日からまた日本各地で仕事の日々がスタートする。 [続きを読む]

受信: 2009年5月 6日 (水) 20時14分

« 海外メディアがswine(豚)fluと言っているのに、新型インフルエンザと呼び名変更し不安を煽り政局に悪用する自公政権。 | トップページ | 検察が敗北宣言なんてする訳ないが、国策捜査の後始末どうするんだろ(笑)。雑談日記バナーがあちこち広まってまずくない(笑) »