« 檄!!!要注目の東京選挙区。ここで負ければ政権交代も喜び半分だ!!! | トップページ | 明日は何が何でも池袋に行くぞ。⇒「最後の訴え」は東京10区=麻生、鳩山氏重なる【時事】 »

2009年8月28日 (金)

「日本が政権交代準備」NYタイムズが1面に掲載→を無視する朝日を始め大マスゴミ。共同配信つまり長崎新聞とか地方紙だけ。

 政権交代がなったら、マスゴミをまともにするための諸施策(たとえばクロスオーナーシップの規制)を必ずして欲しいと思います。また、マスゴミを 悪用してきた検察も許せない。政治を壟断・簒奪してきた検察法務官僚の粛正(罷免・左遷・降格)はぜひやって欲しい。いわゆる文字通りの革命と違い殺され ないだけましだと思え腐敗法務官僚。

 国民から選ばれた訳でもない検察があやしい「関係者によるとw」マスゴミリークで世論誘導して政治を簒奪するなどふざけるなと言いたい。ヒラメ検察官な どより、国民の負託を受けた(選挙で選ばれた)国会議員の方が上です。元検察官だった郷原さんも書いていたように、民主主義を守るための指揮権発動って言 うのはあると思ってます。断固発動するべきだ。(腹の虫がおさまらないので、一連の検察批判バナーは政権交代なった後も気が済むまで掲示し続けるつもりです。)

 以下、資料として採録。なお下記記事で1面となっているのは、WorldのAsia Pacific版の1面と言うことです。タブも先頭のタブなのでまさに1面トップと言ってもよいでしょう。

(クリックすると拡大)

20090825nytimes 「日本が政権交代準備」  NYタイムズが1面に掲載【共同】
http://www.47news.jp/CN/200908/CN2009082601000691.html

 【ニューヨーク共同】26日付の米紙ニューヨーク・タイムズは1面に「日本が政権交代準備」と題する記事を掲載。日本の有権者が自民党の支配体制に終止符を打つ見通しである一方、政権交代の真の意味は何かという問題に直面していると報じた。

 記事は、民主党の鳩山由紀夫代表と岡田克也幹事長の写真を掲載、同党が有権者に最もアピールする点は、政治をより透明で感性豊かなものに変えていくとの公約とみられると指摘した。

 一方で、民主党が政権に就いたとしても官僚機構をどう支配していくかの「骨の折れる戦い」に直面するとし、さらに「民主党に対する批判(の一つ)は、特に安全保障や外交面での経験が乏しいこと」と記した。

 記事は岡田幹事長がインタビューで、全般的な日米関係はほぼ不変で「日米関係について心配する必要はない」と語ったと伝えた。
2009/08/26 17:53   【共同通信】

 

 以下、原文。

After Decades, Japan Prepares for Likely New Ruling Party 【NYTimes】
http://www.nytimes.com/2009/08/26/world/asia/26japan.html?pagewanted=1&_r=1&sq=hatoyama%20okada&st=cse&scp=1

By MARTIN FACKLER
Published: August 25, 2009

TOKYO — Japanese voters finally seem willing to oust the long-governing Liberal Democratic Party. But after decades of a virtual one-party state, the Japanese now are confronting what a change of power would actually mean.
Skip to next paragraph
Enlarge This Image
Hiro Komae/Associated Press

Yukio Hatoyama is the leader of the opposition Democrats.
Enlarge This Image
Yuli Weeks for The New York Times

Katsuya Okada, the Democrat Party’s secretary general, has helped tap into voters’ discontent.

Opinion polls show the main opposition Democratic Party heading into national elections on Sunday with a widening lead over the Liberal Democrats, who have governed Japan almost continuously since 1955. Voters are turning to the opposition out of disgust with what they see as the unresponsive Liberal Democrats and their bungled handling of Japan’s economy — which has led to nearly 20 years of stagnation and the loss of Japan’s once proud status as an economic superpower.

The opposition is now scrambling to prove it deserves this long-awaited chance, and can take the country in a new direction — strengthening the social safety net to ease growing inequalities, and perhaps keeping slightly more distance from the United States.

But the Democratic Party’s biggest appeal may be its promise to transform Japanese politics by making them more transparent and responsive. It vows to do so by ending the Liberal Democrats’ backroom style of rule and their over-reliance on Tokyo’s powerful central bureaucracy, which sets policy on the governing party’s behalf.

“More than the policies, we want to change the very dynamism of Japanese politics,” Katsuya Okada, the Democratic Party’s secretary general, said in an interview. “Just having a transition of power will by itself make a huge difference.”

The possibility of such a transition, after more than a half-century of nearly unbroken rule by the Liberal Democrats, has gripped the nation’s attention. A poll released Monday by the national broadcaster NHK showed that 90 percent of voters intended to cast their ballot, far above the 68 percent turnout in the last lower house election four years ago.

Voters’ expectations seem limited about what the Democrats would achieve, given their inexperience and often lackluster leadership. After years of struggle to build a coherent party from a broad spectrum of conservative splinter groups and former leftists founded in 1998, the Democrats’ platform is not very different from the Liberal Democrats.

Neither the opposition nor the incumbents have fully addressed longstanding problems facing Japan, such as paying for a rapidly aging population despite soaring deficits.

Rather, the hope here is if voters do hand the Democrats a victory, that could infuse new blood into a political system that has grown increasingly sclerotic under Liberal Democratic rule. That brings a bigger question: Is Japan ready for a more contentious brand of politics, in which voters decide between political parties, and parties in turn wield real power?

Ever since Japan’s emergence as a modern state more than a century ago, political parties have tended to be a sideshow to the real business of running the country, which has been left to bureaucrats. It has not helped that Japan, despite being East Asia’s oldest representative political system, never seized democracy through a popular uprising, as in neighboring South Korea.

Instead, its modern constitutions and parliamentary systems were bestowed from above, first by samurai reformers in the name of the emperor in the late 19th century, and then by American occupiers after defeat in World War II.

The result has been a politically apathetic public. Now, political analysts say the biggest significance of a Democratic Party victory would be demonstrating to Japanese voters that they can actually shape the direction of their nation.

“Just having choice will bring a huge, huge change in the political culture of Japan,” said Gerald Curtis, a professor of Japanese politics at Columbia University. “This is a country that has great potential. What it has lacked is leadership, and politicians who can paint a picture of what a bright future looks like.”

The Democrats claim they can paint just such a picture. But they face an uphill battle.

Reining in the bureaucracy means taking on an elite group of top achievers in Japan that actually writes laws and has served as a permanent government — even though it has come under fire for failing to combat the long downturn. Politicians’ past efforts to wrest control from bureaucrats have usually failed, in part because they have traditionally been looked down upon as self-interested and corrupt.

A result is a shortage of strong, charismatic political leaders who could make a case for change, in either party.

Only about a half-dozen Democratic lawmakers have ever held top government posts, and most of those defected from the Liberal Democrats. That includes the party leader, Yukio Hatoyama, 62, a Stanford-trained engineer who served as deputy cabinet secretary in the only other non-Liberal Democratic government, which fell apart in 1994 after 11 months in office.

(Page 2 of 2)
http://www.nytimes.com/2009/08/26/world/asia/26japan.html?pagewanted=2&_r=1&sq=hatoyama%20okada&st=cse&scp=1

Mr. Hatoyama, who is likely to become prime minister if his party wins, is seen as a consensus builder who will work to maintain party unity and avoid a strong personal imprint on its policies. Mr. Okada, a popular 56-year-old former Trade Ministry bureaucrat known for his no-nonsense style, represents a younger generation of Democratic lawmakers less tainted by association with the governing party.

“They’re going to send hundreds of inexperienced lawmakers to try to lord it over these entrenched bureaucrats,” said Atsuo Ito, an independent political analyst who wrote a book on the Democratic Party. “The bureaucracy survived World War II, and it survived the postwar American occupation. It will survive Mr. Hatoyama.”

Still, the Democrats have been trying to seize the moment by tapping Japan’s simmering discontent. The party has tried to position itself as the choice for voters fed up with rising social inequalities, stagnating wages and other changes for which many blame economic globalization. It recently issued a manifesto pledging new spending of $177 billion a year. While economists have characterized the Democrats as slightly left of center, and the incumbents as slightly to the right, both parties are promising new social spending to win key blocs like farmers, who were alienated by the small-government reforms of former Prime Minister Junichiro Koizumi.

Another criticism leveled at the Democrats is their lack of experience, particularly in national security and diplomacy. That has drawn the attention of the United States — last month, an American assistant secretary of state met party officials to learn more about the Democrats’ foreign policy stance, which calls for a greater focus on Asia while building an “equal partnership” with Washington, Japan’s traditional protector.

Mr. Okada said in his interview that a Democratic government would consider ending the Japanese Navy’s refueling of American and allied warships in the Indian Ocean, which has been unpopular here. He said it would also seek to revise the agreement governing the legal status of the some 50,000 United States service members in Japan to reduce friction with Japanese communities near American bases.

He stressed that the American presence would remain largely unchanged, as would the overall relationship with Washington.

“There is no need to worry about Japan-American relations,” Mr. Okada said.

Indeed, the party seems to be going to great pains to stress that it would be realistic if given a chance to rule. But it has not helped its cause by seeming to flip-flop on central issues, such as a promise in the manifesto to sign a free-trade deal with the United States that the party later watered down after criticism by farmers.

The Democrats say that they have practiced for rule by setting up their own “shadow cabinets” and using their shared control of Parliament’s upper house with other opposition parties to write and submit their own legislation.

Some predict that the Democrats’ biggest challenge will be simply trying to hold together despite its deep ideological cleavages. This is what doomed the last non-Liberal Democratic government. At the time, too, Japan had suffered through only a few years of economic stagnation, not the decade of decline that is helping drive voters away from the governing party.

“The opposition wasn’t ready then, mentally or in organization,” said Masayoshi Takemura, chief cabinet secretary in that government. “They’ve had 15 years to get their act together.”

  

 2005・9・11郵政選挙からの臥薪嘗胆の日々、あの頃の気持ちを絶対に忘れるな! 

 偽装新党警戒し版と、元バナーです。

マスゴミの争点隠しに要注意!争点はマニフェストにあらず、最大の争点は自公政治への審判だ。今までの悪政への是非だ。 マスゴミの争点隠しに要注意!争点はマニフェストにあらず、最大の争点は自公政治への審判だ。今までの悪政への是非だ。
マスゴミの争点隠しに要注意!争点はマニフェストにあらず、最大の争点は自公政治への審判だ。今までの悪政への是非だ。 マスゴミの争点隠しに要注意!争点はマニフェストにあらず、最大の争点は自公政治への審判だ。今までの悪政への是非だ。

 争点は要するに総理に相応しいのはどちらかだ

心を一つにし断固闘う8・30勝利目ざして、最大の争点は自公政治への審判だ。今までの悪政への是非だ。 心を一つにし断固闘う8・30勝利目ざして、最大の争点は自公政治への審判だ。今までの悪政への是非だ。

 インフル騒ぎ低投票率策謀 粉砕するなら期日前投票版です。

心を一つにし断固闘う8・30勝利目ざして、最大の争点は自公政治への審判だ。今までの悪政への是非だ。 心を一つにし断固闘う8・30勝利目ざして、最大の争点は自公政治への審判だ。今までの悪政への是非だ。

 期日前投票促進版です。

マスゴミの争点隠しに要注意!争点はマニフェストにあらず、最大の争点は自公政治への審判だ。今までの悪政への是非だ。 マスゴミの争点隠しに要注意!争点はマニフェストにあらず、最大の争点は自公政治への審判だ。今までの悪政への是非だ。

 棄権で希望も捨てますか版

マスゴミの争点隠しに要注意!争点はマニフェストにあらず、最大の争点は自公政治への審判だ。今までの悪政への是非だ。 マスゴミの争点隠しに要注意!争点はマニフェストにあらず、最大の争点は自公政治への審判だ。今までの悪政への是非だ。

 傲慢自公お灸記念日版

マスゴミの争点隠しに要注意!争点はマニフェストにあらず、最大の争点は自公政治への審判だ。今までの悪政への是非だ。 マスゴミの争点隠しに要注意!争点はマニフェストにあらず、最大の争点は自公政治への審判だ。今までの悪政への是非だ。
 

 

 マスゴミ使った情報操作で5%から10%くらい投票率低下はありうるよ

クリックすると、左「それが大事」、右「愛は勝つ」
マスゴミの争点隠しに要注意!争点はマニフェストにあらず、最大の争点は自公政治への審判だ。今までの悪政への是非だ。 マスゴミの争点隠しに要注意!争点はマニフェストにあらず、最大の争点は自公政治への審判だ。今までの悪政への是非だ。

 

 マスゴミのマニフェスト馬鹿騒ぎ争点ぼかしに要注意最大の争点は、今までのデタラメ自公政治をこれからも続けるのか、それとも自公におさらばし違う政権を樹立するのかである。

クリックすると、左「それが大事」、右「愛は勝つ」
マスゴミの争点隠しに要注意!争点はマニフェストにあらず、最大の争点は自公政治への審判だ。今までの悪政への是非だ。 マスゴミの争点隠しに要注意!争点はマニフェストにあらず、最大の争点は自公政治への審判だ。今までの悪政への是非だ。
マスゴミの争点隠しに要注意!争点はマニフェストにあらず、最大の争点は自公政治への審判だ。今までの悪政への是非だ。 マスゴミの争点隠しに要注意!争点はマニフェストにあらず、最大の争点は自公政治への審判だ。今までの悪政への是非だ。
マスゴミの争点隠しに要注意!争点はマニフェストにあらず、最大の争点は自公政治への審判だ。今までの悪政への是非だ。 マスゴミの争点隠しに要注意!争点はマニフェストにあらず、最大の争点は自公政治への審判だ。今までの悪政への是非だ。
 このバナーが広まるかがカギ、マスゴミのマニフェスト馬鹿騒ぎに踊らされると意外と危ないかも 使うときは雑談日記作成を明示してください。

 

 油断大敵、最後の決戦に向け気持ちを引き締め、必ず自Endし勝利しよう!

↓Click!左「それが大事」、右「誰も寝てはならぬ」
命落とすな、自公を落とせ、選挙に行こう衆院選バナー 命落とすな、自公を落とせ、選挙に行こう衆院選バナー

 ゆっきーと一緒に政治の大掃除だ!

↓クリックすると、愛は勝つ、左はKAN右は亜弥。
命落とすな、自公を落とせ、選挙に行こう衆院選バナー 命落とすな、自公を落とせ、選挙に行こう衆院選バナー
※↑歌へのリンクと、特に右側のバナーは若者と最短距離でつながる事を意識しています。雑談日記は政権交代のためにあらゆる工夫をします

クリックで拡大、「攻撃されているのは~」コマの説明
攻撃されているのは小沢氏ではない権力による民衆の希望への攻撃なのです

守ってあげたい / 荒井由実

 ↓大林宏は、関係者によるとw(笑)、漆間と連携・共謀し民主党党首小沢氏を選挙直前を狙い国策捜査。また5月から導入の米国猿まね裁判員制度では盛んに広報していた。さらに郵政詐欺選挙直後のどさくさには共謀罪導入をしようとしていた。その人物像は治安維持法下の特高警察あるいは思想検事。(関連

↓クリックで和製ヒムラーの漆間巌
国策捜査、裁判員制度、共謀罪の推進者大林宏糾弾バナー

国策捜査で自公の犬、検事総長樋渡利秋糾弾バナー

 

 主権者国民の上に検察がいて政治を壟断するかの状況は許せない。徹底的に検察ファッショを糾弾する

↓クリックするとさらに大きくなります。

↓クリックするとさらに大きくなります。

 

 自Endポスターバナーの第52作目です。クリックすると日本社会を荒廃させた小泉・竹中路線のなれのはてと2005・9・11小泉のワンフレーズ郵政詐欺選挙糾弾バナーが出ます。
※追記:その後、特捜の佐久間達哉が在米日本大使館1等書記官で赴任していたと言う話がネットで出てます。米国と言えば連想するのはCIA。
国策捜査を白状した漆間巌官房副長官(事務)元警察庁長官(笑)

 

倭国大乱を記録するブログの数々♪ブログリストとイメージソングその1その2その3その4その5その6その7。人生の扉 昴 春よ、来い 宙船(そらふね) 地球兄弟 やさしさに包まれたなら 愛は勝つです。支持率急落、不支持率急増でビビリまくり、逃げまくり、アホー太郎は解散もしない。政治空白続ければ自民党がつぶれる前に国民生活がボロボロだ。ヘタレ自民は消えろ!自End!
自民党は自Endバナー 自民党は自Endバナー の猫ちゃんつながりと、友好TBPの郵政民営化凍結と、野党共闘にトラックバックしたブログをすべて「倭国大乱を記録するブログの数々」として見つける毎に適宜追加していきます。
(↑クリックするとさらに大きなバナーが出ます(汗))

 

内閣三代続けて衆院選なし自民党は退場しろ!

解散できないアッホー太郎は卑怯なヘタレのチキン野郎だ!キャンペーン中!自End!「自民党は退場しろ!」の組込型全ミニバナー一覧はこちら

自End!!TBP「自民党政治」のライブリンクをサイドエリアへはりたければ⇒いいニャ~自Endバナーをクリック。

特にココログの場合で、即行で自End!!TBP「自民党政治」のライブリンクをサイドエリアへはりたければ⇒いいニャ~自Endバナーをクリック。

 

良質なブログ・情報への入口、中継点を目指します。毎日ワンクリックで自公糾弾
人気blogランキングバナー ニュース・一般/政治」ブログランキング参加中。

陰謀リテラシーかく乱にトンデモを混ぜるのはあるかもネ(政治に陰謀・謀略はつきもの。最近の闇雲否定論者は工作員かな?)
雑談日記作。(^^;(笑)

 代表的な検索エンジン8個で「自民党政治」と検索すると、自End!TBP「自民党政治」はすべて1位か3位、つまりトップ頁です

以下のトラックバック・ピープルに参加してます。

主権者は私たち国民

いいニャ~自Endバナー 民主党にも「喝~~~ッ」と気合いだバナー
自民党政治と      民主党政治

いいニャ~、郵政民営化凍結 野党共闘はいいニャ~バナー
郵政民営化凍結と    野党共闘(各バナーとも、クリックでスタート記事に飛びます)、政治全般にもトラックバックす。

TBP「社民党や共産党」バナー TBP社民党や共産党にも時々TBす。

※爪ヤスリなら日本の職人さんのいいのをお勧めします。(関連投稿
↓下の広告は単にブランド好きの方向けです。

|

« 檄!!!要注目の東京選挙区。ここで負ければ政権交代も喜び半分だ!!! | トップページ | 明日は何が何でも池袋に行くぞ。⇒「最後の訴え」は東京10区=麻生、鳩山氏重なる【時事】 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「日本が政権交代準備」NYタイムズが1面に掲載→を無視する朝日を始め大マスゴミ。共同配信つまり長崎新聞とか地方紙だけ。:

» 終盤情勢も民主に勢い - 毎日新聞世論調査 政権交代はもう目の前! [日本国憲法擁護本当の自由主義と民主主義連合〜法大OBのブログ]
http://blog.goo.ne.jp/sithu... 衆院選:民主が勢い保つ終盤、本社世論調査(毎日新聞) 民主320超、自民100前後 朝日新聞中盤情勢調査(朝日新聞) 社民・国民新の幹部ら、必死の戦い 民主旋風で埋没懸念(朝日新聞) 305万人が期日前投票 前回衆院選より5割増(共同通信) 民主300議席うかがう勢い 朝日新聞、序盤情勢調査(朝日新聞) 「民主300議席」の衝... http://blog.goo.ne.jp/sithux7/e/73bdc... 衆院選:民主が勢... [続きを読む]

受信: 2009年8月28日 (金) 08時10分

» 透明で 感性豊かな 政治をし/ほぼ不変 日米関係 心配ない [アルデバランの 夢の星]
色々引用させていただきました。どうぞ、よろしくお願いします。 [続きを読む]

受信: 2009年8月29日 (土) 15時16分

« 檄!!!要注目の東京選挙区。ここで負ければ政権交代も喜び半分だ!!! | トップページ | 明日は何が何でも池袋に行くぞ。⇒「最後の訴え」は東京10区=麻生、鳩山氏重なる【時事】 »