« ネチネチネチ、ネオネチの検察は消えろバナー作りました。知裕ファイト、断固闘うぞ!バナーの関連バナーです。 | トップページ | リークで駄目なら”世論調査”があるさ!がスピンドクター次の一手と直観した。 »

2010年2月12日 (金)

自民が国民生活そっちのけネチネチネチの時、素晴らしいな小泉・竹中路線糾弾質問。小泉俊明氏、同じ小泉でも偉い違いだ。

8・30の勝利⇒7・11天王山決戦勝利!
↓植草さんのココログへ、、右バナーは モルダウ(我が祖国)スメタナ。
8・30勝利記念バナー

 

※追記(4月19日):YouTubeにアップされたようです。ご紹介します。

1/2 「小泉・竹中政策で死屍累々」- 小泉俊明議員、国会で弾劾!
http://www.youtube.com/watch?v=ugmZ83eJjBk

 

2/2 「小泉・竹中政策で死屍累々」- 小泉俊明議員、国会で弾劾!
http://www.youtube.com/watch?v=F7ch9Gb1W7g

 

 衆議院 Internet TVです。自民党席からの激しい野次。質疑が素晴らしい事の証明です。16分とそれほど長くないですが中身は濃いです。画像紹介と、後でのテキストの採録が必要と思います。200・9・16鳩山政権発足後、小沢氏の意向で与党側の質疑はやらないなんて情報も聞きましたが、当時「そんなのはナンセンス、掛け合い質疑をやって政策を説明したり、主張を国民にアピールする事も出来る。衆議院インターネットで中継もされるし、TVで中継される事もあるのだから与党側からの質疑も勿論やるべきだ」と思いました。Twitterでもその旨書いたのを覚えています。

 連日の自民党の、国民生活にはなんの関心もないような、ワンパターンネチネチネチネチ質疑を見るに付け小泉俊明氏のような質疑もありだと思いました。

開会日      :     2010年2月9日 (火)
    会議名     :     予算委員会
    収録時間     :     8時間 21分

あ小泉俊明(民主党・無所属クラブ)  9時 03分(16分)

Windows Media Playerで、
ブロードバンド(500k)

ナローバンド(28.8k~)

(↑アイコンクリックで該当質疑部分に飛びます)
参考:「.wvx 」や「.asx 」の見やすい、また確実に見るやり方。(特にMacの場合はWMP単独アプリがお勧め。インターネットラジオでも同じ。)

参考:小泉純一郎マンセーの売国奴、買弁新聞、今や3K新聞=「危険(きけん)」「汚い(きたない)」「(記事が)子供っぽい」とまで言われる産経の面目躍如の記事です。

(クリックで拡大します)

20100209写真の使い方も悪意が感じられるなら、記事の書き方もまるでイエローペーパーです。以下記事の表題とリンクだけご紹介しておきます。

民主・小泉議員が12分間も「小泉改革」批判 持ち時間なくなる
2010.2.9 16:29
http://sankei.jp.msn.com/politics/policy/100209/plc1002091630007-n1.htm

 

 政権交代がハッキリした時に、
20090830twitter ←こんなTwitterして顰蹙をかった3K新聞ですからさも有りなんて感じもします。産経新聞社会部のTwitterです。

でも、民主党さんの思うとおりにはさせないぜ。これからが、産経新聞の真価を発揮するところ。
10:36 AM Aug 30th, 2009   from web

 このTwitterを含んだその時のTLも面白いので参考資料としてアップしておきます。(同じものを阿修羅にもアップしました。)

 

 以下、今日フォローした方のTwitterです。小学校5年の時終戦との事なので現在75か76歳の女性です。自民党など悪徳ペンタゴンの連中は国民をあまり舐めない方がいいです。国民は馬鹿じゃありません、現在ネットの情報に接する事でどんどん政治的な判断力が成熟する人が増えています。

kikutomatu 私がtwitter始めたのは先月の28日。大学時代の友人が、原子力発電の現状について、みなに知ってほしいのだが、簡単な方法があるかと言われたのでtwitterはどうかと答えたからで、その時 までtwitterやっていなかったから、自分でもやらなくてはと思ったからです。

kikutomatu 趣味だけでは足りません。もっと現実的な、金銭にまつわるものも必要です。そのほうがボケ防止にもなりそうな気がしています。

kikutomatu 敗戦直後の小学校では、今までの教科書 のあちらこちらを墨で塗り消しました。又多くのページをのりではりつけたりしました。6年生になると新しい教科書ができましたが、まるで新聞紙みたいな紙 で作られていて、、自分で折りたたんで切り分けた、パンフレットのような教科書でした。

kikutomatu 私が小学生のころは、小学校のことを国民学校と言っていました。敗戦後は小学校というようになりました。敗戦は小学校〈国民学校〉5年のときで、6年生の時には学生が変わり、新制中学ができましたので、私の世代が新制中学の最初の1年生になりました。

kikutomatu そんなことに時間をいつまでも使っていて、税金の無駄遣いにならないよう、しっかり政治をやってほしい。自民党も民主党攻撃ばかりでなくしっかりせよ、といいたい。

kikutomatu 小沢さんに関する報道は信用できませ ん。長い間に蓄財したものを今さらになって調べてみても判らないのではないでしょうか。国会でもはっきり説明せよという議論はありますが、そんなの期待で きません。いつまでも政治と金、政治と金ということばかり言っているだけでは国民の生活は良くならない。

kikutomatu 株価画面とテレビの国会中継を見ながらtwitter している。

kikutomatu 何でもよいが、常に刺激を味わわないと生活に張りがなくなる。 趣味もいろいろあるが、やはりお金にまつわるものも必要である。茶道、盆栽・山野草等の園芸、太極拳、三味線、料理等などいろいろやってきたし、今もやっているが、これだけでは刺激にはならない。


国会会議録検索システム」からの国会会議録です。(公開は1週間~10日後

174-衆-予算委員会-8号 平成22年02月09日

平成二十二年二月九日(火曜日)
    午前九時二分開議

○鹿野委員長 質疑の申し出がありますので、順次これを許します。小泉俊明君。

○小泉(俊)委員 民主党の小泉俊明でございます。
 さて、今、日本じゅうの国民の最大の関心は景気、経済にあります。この国民の期待にこたえ、効果的な対策を打つためには、経済の現状を正しく認識するとともに、原因を正しく分析することが不可欠であります。
 私は、この観点から、一貫して、この予算委員会そして財務金融委員会におきまして、小泉元総理そして竹中大臣に徹底的に闘いを挑んでまいりました。過去に盲目な者は未来にも盲目である、こう言ったのは西ドイツのワイツゼッカー大統領でありますが、私は、この言葉は真理であると思います。政権交代を果たした今こそ、あの小泉構造改革とは一体何だったのかということを検証していかなければならないと思います。
 そこで、まず、平成十三年、小泉総理登場以来のここ十年間の経済の現状を簡単に振り返ってみます
 すると、まさに死屍累々であります。
 データを簡単に読み上げますが、マクロ経済で見ても、GDPが、先進諸国で一カ国だけ伸びないどころか減少を続けています。一人当たりのGDPは三位から十八位に後退をいたしました。税収は減少をし、国債の発行額だけが増大をしております。
 ミクロでは、自殺者はここ九年間で二十九万人、十年間で七万人死亡しましたベトナム戦争の四倍にも上っています。倒産数は九年間で十四万件破産はここ八年で百五十五万人犯罪数も、平成十四年に二百八十五万件という史上最高を記録し、平成十三年からの八年間で一千九百万件にも達したわけであります。生活保護世帯も、平成十二年の七十五万件から、九年で一・五倍の百十五万世帯働く国民の三分の一、一千七百万人もの、特に若い人たちが、あすをも知らぬ契約社員となったわけであります。実収入、可処分所得、消費支出も減少を続けています。
 結果から見まして、この小泉改革は、日本経済、特に地方経済の衰退と中小企業の疲弊と犯罪の増加と国民生活の破壊を招いたとしか言いようがないわけであります。
 それでは、日本がここまでがたがたになった原因は一体どこにあるのか。小泉さんと竹中さんがやったことを振り返ってみたいと思います。
 資料の一をごらんいただきたいと思います。日経平均株価の推移でありますが、二〇〇一年四月二十六日、小泉総理が就任したときに約一万四千円ありました平均株価が、二年後の四月二十八日、約半分の七千六百七円に下がりました。
 皆さん、偶然これが暴落したと思いますでしょうか。あの小泉総理、竹中さんがやったことを思い出していただきたいと思います。不良債権の強制的処理という名のもとに貸し渋り、貸しはがしを行いました。その結果、実体経済の血液であります金融がとまり、株と土地が暴落を始めました。そして、この株と土地が暴落したときにやったことが、時価会計と減損会計の強制的な導入であります。これはもともと、本来、株と土地が上がったときに入れる制度でありますから、この制度の導入によりまして、ますます株価が暴落をいたしました。
 そして、決め打ちが、銀行と企業の株式保有の禁止であります。もともと銀行と上場企業は四分の一ずつ株を持ち合いしておりましたので、この禁止によりまして、大量の株式が市場に放出をされ、株が大暴落をしたわけであります。
 この結果から見ますと、小泉さん、竹中さんがわざと強制的に株と地価を引き下げたとしか私には思えないのであります。
 それでは、一方で株価を下げながら、もう一方で何をやったかということを見てみたいと思います。
 三ページをおあけください。三ページは、小泉総理がやりました為替介入の記録であります。平成十五年一月から平成十六年三月までの十五カ月間で、小泉総理、何と三十五兆二千五百六十五億円という史上最高のドル買い介入をしたわけであります。これは、原資は、政府短期証券そして十兆円の米国債を日銀に引き受けさせ、捻出をしたわけであります。
 それでは、なぜこれほどの為替介入をしたのでしょうか。次のページをおあけください。その答えが載っております。これは、米国債を一体どこの国が幾ら持っているかという記録であります。二〇〇二年末で三千七百八十一億ドルだった日本の米国債保有が、二〇〇四年十一月末で七千百四十九億ドル。この二年間で三千三百六十八億ドル、ちょうど為替介入をしました三十五兆円、米国債を買ったわけであります。これは、言葉をかえますと、三十五兆円の仕送りをアメリカにしたわけであります
 その結果、アメリカ大統領選挙間近になっておりましたアメリカは、低金利、好景気になりました。そして、この米国債は、外国市場で、国債市場で買ったために、売った方に現金ができる、その結果、空前の株高になったわけであります。
 ところが、これは、三十五兆円という余りにも膨大な仕送りをしたために余剰資金ができました。この余剰資金がどこに行ったかというのが次のページ、五ページをおあけいただきたいと思います。五ページは、日本の株式を一体だれが幾ら買ったかという、平成元年から平成二十二年までの記録であります。
 これを見ていただくと、黒三角というのはすべて売りであります。個人も法人も金融機関も黒だらけで売り越しでありますけれども、ただ一人だけ買い越しをしている人がいます。真ん中の外国人であります。特に、平成十五年八兆二千百三十四億円、平成十六年七兆六千五百二十二億円、そして平成十七年、何と十兆三千二百十八億円。平成十五年から十七年までの三年間で総額十六兆九千億円近く外国人が買い越しをしたわけであります。
 これは、結論を申し上げますと、米国に仕送りをした三十五兆円という巨額資金のうち、その半額の余剰資金が日本に還流をしまして、株が大暴落している最中の日本の株式をばか安値で外国人が買ったわけであります
 その結果が次の六ページであります。この六ページは、一部上場企業のうち、外国人が何%株式を保有しているかという資料であります。
 ちょっとごらんいただきたいんですが、この右側の「持株比率順位」、第一位は東京スター銀行八三%、十位のオリックスが六六%、あのソニーは二十六位で五二%、そして六十位がアステラス製薬で四三%であります。実は、百位でも外国人に三五%保有をされるようになりました
 御案内のように、株主は企業の実質的所有者であります。この結果、日本企業の所有権、支配権が外資に移ったわけであります。そして、これで何が起こったかといいますと、巨額な利益配当が無税で外国に流れることになりました。一例を挙げますと、七位の日産でありますけれども、ルノーの全世界の利益の約五〇%が、たった一社、日産の利益配当で賄われています。これはほかの企業も大体似たようなものであります。
 そしてもう一つ、外国人が日本の企業の所有者となった結果何が起こったかということでありますが、当然、利益配当を極大化するために固定経費、経常経費を削りたい。それにこたえて小泉、竹中さんがやったことが、終身雇用制の破壊と人材派遣の規制緩和であります
 そしてまたもう一つ、後期高齢者医療制度もこの脈絡の中から読むことができます。製薬会社の実質的所有者であります外国人の利益を守るために、製薬、薬価を維持して、そのしわ寄せをまさに高齢者に持っていったというのがこの後期高齢者医療制度の本質であると私は思っているわけであります。
 今述べましたように、この小泉構造改革の真実は何であったか。まず一つに、金の卵を産む鶏であります民間企業の所有権をばか安値で外国人に売り渡した、それも、もとは日本のお金で売り渡したということであります。そしてもう一つ、亀井大臣が一番関係ありますけれども、あの郵政民営化、これも、三百五十兆円もの郵貯、簡保資金をアメリカの財布にするということがその本質だったと思います
 さて、このような点を踏まえて、総理、菅大臣、そして亀井大臣に質問させていただきますが、この小泉構造改革というものをどのように総括されるか、お答えをいただきたいと思います。

○菅国務大臣 実は、昨年の十二月十六日の成長戦略策定検討チームの最初のヒアリングで、竹中、今教授ですが、おいでをいただきまして、議論をさせていただきました。
 今、小泉議員からいろいろ指摘がありましたが、私も、基本的な認識は一致をしております。
 その場でも竹中さんに申し上げたといいましょうか話を聞きましたが、竹中さんの基本的考え方は、まさに企業の効率を高めるために、リストラなど、日産のカルロス・ゴーンさんなんかが一番典型的ですが、それをあらゆる企業が頑張ってやれば日本の経済がよくなると言ったわけですけれども、結果としては、完全雇用状態でない中でそのことをやると、一つの企業一つの企業は業績が上がるかもしれませんが、リストラされた人がたくさん出ますから、トータルしてみると、結局、景気、日本経済をプラスにすることにはつながらなかった。しかも、その結果生まれたのが大きな格差であります。
 そういった点では、その時代にこうした政策をとったことが、今、小泉議員から言われたいろいろな問題を生じた大きな間違いだったと、そのときの議論でも私はあえて御本人にも申し上げたところです。

○亀井国務大臣 小泉議員から、今の惨たんたる状況になったその原因、やはり、過去をきっちりと総括しないで前に進んでいくということは、我々政治家は厳に戒めなければならないと私は思う。夢物語では我々の未来は切り開けないわけであります。そういう意味で、私は、小泉議員の指摘はまさにそのとおりである。だからこそ、民主党が、そうしたしっかりとした、過去を総括した姿勢で選挙をおやりになったからこの間大勝されたのかな、このように私は思っておるわけです。
 簡単に言いますと、小泉さん、竹中さんの政治の間違いは、縮小均衡の路線に入られたということだが、そうした中で、しかも富の配分構造を変えられた、産業構造を変えていかれた、そのために、安定的に国民の可処分所得がふえていかなかったという大きな問題が起きる中でこういう状況が起きた。
 簡単に言いますと、自民党席からはまたやじが飛ぶかもしれませんが、小泉・竹中改革と称する路線の逆をやれば日本の未来が開かれる、このように私は思います。

○鳩山内閣総理大臣 もう時間も過ぎているようでありますから簡単にいたします。
 小泉委員が御指摘をいただいた、やはり過去をしっかり総括して未来に向けて体制を整える、非常に重要な御指摘をいただいた。今、それぞれの大臣からお答えをいたしましたが、私も、小泉委員の御指摘は基本的にそのとおりだ、そのように思っています。
 結果として株価が下がる、あるいは土地、地価も下がるという状況の中で、小泉委員がかねてから主張しておられる、こういった株価を、あるいは地価というものを、日本のある意味での経済発展の原動力にしていくための政策を一緒に構築してまいりたいと思いますので、御協力を願いたいと存じます。

○小泉(俊)委員 政権交代によって、先ほどお話ししたような政治が終わりを告げたわけであります。
 ぜひとも、亀井大臣が言うように、その逆をやるような対策につきましては、次回以降また質問させていただきます。
 ありがとうございます。

○鹿野委員長 これにて小泉君の質疑は終了いたしました。
 次に、平岡秀夫君。


俺たちが君達を応援している。断固ファイトだ、世直しをやろう!

知裕ファイト、千代美ファイト断固闘うぞ! 

↓クリックすると拡大します。(歌なら、ゆず 栄光の架橋
ネチネチネチネチ、検察はネオネチか、裏金天下りの糞検察は消えろバナー

石川知裕ファイト、北海道11区総支部ファイト!!!知裕ファイト、断固闘うぞ!

ネチネチネチネチ、検察はネオネチか、糞検察は消えろバナー

小林千代美ファイト、北海道5区総支部ファイト!!!千代美ファイト、断固闘うぞ!バナー

 ココログのようなタイプのブログならコピーアンドペーストで表示させる事が出来ます。

バナーを使う場合はファイル名を変えないで下さい。(バナー管理の都合です)

 

 植草さんの主権者国民レジスタンス戦線結成の呼びかけ に賛同します。

 幅300px。二コマのコマ送りタイプです。

主権者は私たち国民レジスタンスバナー

 ↓以下のバナーは↑上記バナーの二コマをバラしたもの。

主権者は私たち国民レジスタンスバナー

主権者は私たち国民レジスタンスバナー

 

 幅370px。二コマのコマ送りタイプです。

主権者は私たち国民レジスタンスバナー

 ↓以下のバナーは↑上記バナーの二コマをバラしたもの。

主権者は私たち国民レジスタンスバナー

主権者は私たち国民レジスタンスバナー

 

自End!(自エンド)8・30「祝!政権交代」勝利記念バナー、心を一つにし断固闘う

 

 

 

 政権交代確定後、31日午後に制作したバナーです。植草バナー「心を一つにし断固闘う」シリーズ最後のバナーです。

 「政権交代後、一歩前進慢心せず断固実現主権者は私たち」版。

政権交代後、一歩前進慢心せず断固実現主権者は私たち 政権交代後、一歩前進慢心せず断固実現主権者は私たち

 

クリックで拡大、「攻撃されているのは~」コマの説明
攻撃されているのは小沢氏ではない権力による民衆の希望への攻撃なのです

守ってあげたい / 荒井由実

 ↓大林宏は、関係者によるとw(笑)、漆間と連携・共謀し民主党党首小沢氏を選挙直前を狙い国策捜査。また5月から導入の米国猿まね裁判員制度では盛んに広報していた。さらに郵政詐欺選挙直後のどさくさには共謀罪導入をしようとしていた。その人物像は治安維持法下の特高警察あるいは思想検事。(関連

↓クリックで和製ヒムラーの漆間巌
国策捜査、裁判員制度、共謀罪の推進者大林宏糾弾バナー

国策捜査で自公の犬、検事総長樋渡利秋糾弾バナー

 

 主権者国民の上に検察がいて政治を壟断するかの状況は許せない。腐敗法務官僚法匪を粛正せよ!

↓クリックするとさらに大きくなります。

↓クリックするとさらに大きくなります。

 

 自Endポスターバナーの第52作目です。クリックすると日本社会を荒廃させた小泉・竹中路線のなれのはてと2005・9・11小泉のワンフレーズ郵政詐欺選挙糾弾バナーが出ます。
※追記:その後、特捜の佐久間達哉が在米日本大使館1等書記官で赴任していたと言う話がネットで出てます。米国と言えば連想するのはCIA。
国策捜査を白状した漆間巌官房副長官(事務)元警察庁長官(笑)

 

良質なブログ・情報への入口、中継点を目指します。毎日ワンクリックで自公糾弾
人気blogランキングバナー ニュース・一般/政治」ブログランキング参加中。

 

 TBPのライブリンクをサイドエリアへはりたければ⇒一輪のバラをクリック。

 特にココログの場合で、即行でライブリンクをサイドエリアへはりたければ⇒一輪のバラをクリック。(なお、作業する時にはTBP自民党政治の所を適宜読み替えてください)

倭国大乱を記録するブログの数々♪ブログリストとイメージソングその1その2その3その4その5その6その7。人生の扉 昴 春よ、来い 宙船(そらふね) 地球兄弟 やさしさに包まれたなら 愛は勝つです。

自民党は自Endバナー 自民党は自Endバナー の猫ちゃんつながりにトラックバックしたブログをすべて「倭国大乱を記録するブログの数々」として見つける毎に適宜追加していきます。
(↑クリックするとさらに大きなバナーが出ます(汗))

以下のトラックバック・ピープルに参加してます。
民主党に愛のムチを! いいニャ~自Endバナー
民主党政治と      自民党政治

TBP「社民党や共産党」バナー
主権者は私たち国民と 社民党や共産党
トラックバックしてます。(各バナーとも、クリックでスタート記事に飛びます)

郵政民営化凍結野党共闘政治全般にもす。

※爪ヤスリなら日本の職人さんのいいのをお勧めします。(関連投稿
↓下の広告は単にブランド好きの方向けです。

|

« ネチネチネチ、ネオネチの検察は消えろバナー作りました。知裕ファイト、断固闘うぞ!バナーの関連バナーです。 | トップページ | リークで駄目なら”世論調査”があるさ!がスピンドクター次の一手と直観した。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 自民が国民生活そっちのけネチネチネチの時、素晴らしいな小泉・竹中路線糾弾質問。小泉俊明氏、同じ小泉でも偉い違いだ。:

» 【自エンド】「国民無視」「利権が全て」の本質が不変である以上、復権を許してはならない!【参院選】 [ステイメンの雑記帖 ]
 歴代宦官ジミン政権による経済失政と後先考えないバラマキ政策によって、国庫が猛火の車にある中、現在10年度当初予算案の審議が衆院予算委で継続中である。  そして休日明けの12日は、「鳩山政権の政治姿勢」という何ら具体性の無いテーマで集中審議が行われた訳だが、宦官ジミン随一の自称政策通である与謝野元財務相が鳩山首相に対し、言うに事欠いて 「平成にこんなに多額の税金を脱税した人はない。『平成の脱税王』だ」と中傷 したようだ。  やれやれ、とても職務権限が発生する旧通産大臣在任中の98年~99年にかけ 旧... [続きを読む]

受信: 2010年2月13日 (土) 00時21分

» 小沢一郎先生と植草一秀先生と吉田松陰 [mubouのブログ]
2010年2月13日(土曜日)小沢一郎先生と植草一秀先生と吉田松陰と若者たち 小沢一郎先生が立て替え払されて購入された土地には秘書の寮が立っているそうである。若い人たちの住まいについてはこの国の先輩たちは一顧でもしたことがあるだろうか?永田町の代議士の先生の秘書たちが日夜を分かたず24時間体制で仕事をするためには秘書たちの衣食住についても考慮しなくてはいけない。とくに都心の一等地で自前でアパートを借りるとなると、金持ちしか秘書になれないだろう。今回、不当に起訴されたe:石川知裕衆議院議員は早稲田大学... [続きを読む]

受信: 2010年2月13日 (土) 08時26分

» (1)(前半)爆発する民主的エネルギー(twitter) (2)(後半)拝啓、植草一秀先生 [mubouのブログ]
2010年2月14日(日曜日)2010年2月19日発売週刊朝日(定価350円、ネットで2冊注文着払いで約1200円)の目次1.小沢不起訴の全内幕(検察のシナリオはなぜ崩れたか)見込み捜査が残した(醜い汚点)ここまでやっても、やはり(小沢不起訴)2.東京地検の(抗議)に抗議するもう【末世】と言う感じの毎日です。大衆ではなく、日本の心臓部が腐臭漂い、この世とも思えない毎日です。狂える犬東京地検は(がめりか、怨念、意地。悪徳ペンタゴンがめりか代理人)こんなキーキーワードで国民の血税を使い一年近くも、見込み... [続きを読む]

受信: 2010年2月14日 (日) 10時55分

« ネチネチネチ、ネオネチの検察は消えろバナー作りました。知裕ファイト、断固闘うぞ!バナーの関連バナーです。 | トップページ | リークで駄目なら”世論調査”があるさ!がスピンドクター次の一手と直観した。 »