« 立花隆はもう終わりだ(笑)削除関連を徹底採録⇒立花隆が緊急寄稿(1)異例の再聴取の裏を読む「小沢はもう終わりだ」 | トップページ | 立花隆はもう終わりだ(笑)削除遁走を徹底採録⇒立花隆が緊急寄稿(3)小沢と検察、両者の会見から読み取れるもの »

2010年3月 4日 (木)

立花隆はもう終わりだ(笑)削除遁走を徹底採録⇒立花隆が緊急寄稿(2)「小沢不起訴」の先を読む

8・30の勝利⇒7・11天王山決戦勝利!
↓植草さんのココログへ、、右バナーは モルダウ(我が祖国)スメタナ。
8・30勝利記念バナー

 

 以下、立花隆も焼きが回ってただの耄碌ジジイになったのかとネットで評判になった一文です。既にリンクはページが見つかりませんになっておりキャッシュでしか読むことが出来ません。そのキャッシュも間もなく消されるでしょう。資料として採録しておきます。立花隆の講演会にも行き、雑談日記 でもご紹介していましたが、化けの皮がはがれたという所でしょうか。言論人としての立花にはジエンド、引導を渡す時だと思います。

関連:立花隆はもう終わりだな(笑)。(文藝評論家・山崎行太郎の政治ブログ『毒蛇山荘日記』)

※SOBA:立花隆が下記寄稿を削除し遁走したのは下記Twitterから推測して2月6日夕方頃か?
fujifuji_filter これは、ひどい。RT @pachira97: 立花隆は取材もせず憶測だけを連ねた文章を載せた。ジャーナリストとしての生命はこれで終わったと言える。これは今後小沢氏がどうなろうと関係がない。それほどひどい文章だ。 http://g2.kodansha.co.jp/?p=3545

 

立花隆が緊急寄稿(2)
「小沢不起訴」の先を読む 立花隆
2月 4日(木) 19時 1分配信 / 国内 - 政治
http://g2.kodansha.co.jp/?p=3545
キャッシュ←まだ見られます)

 小沢不起訴で小沢は助かるのか? とんでもない。不起訴があまりにも不当であるがゆえに、小沢はむしろ大転落への道を大きく踏み出してしまったのだ。
  問題点ははっきりしている。小沢の三人の秘書は虚偽記載を認めている。彼らの有罪は確定しているといっていい(池田秘書のみ未確定らしいが)。ポイントは その虚偽記載は秘書が勝手にやったことで、小沢の指示・命令・相談・報告・了承などの関与があったのか、なかったのかである。
 あれば小沢は共犯、なければ秘書の単独犯である。

  常識的に考えれば、小沢の事務所は、いかなるワンマン企業よりも激しいトップダウンの組織で、秘書らは日常奴隷のごとくとまではいわないが、召使いのごと く仕えている組織なのだから、小沢が何も知らない間に秘書が勝手に何億円もの資金を動かすなどということがあるはずはない。

 今回起きたことは、そのあるはずがないことが起きたと、小沢も秘書も口裏を合わせ、その口裏合わせを検察は突き破れなかったということなのだろう。

■検察は思いこみを捨てろ

 だが、それは「これこれのことを小沢先生から命令されてやりました」というような秘書の百%の自白調書でガチガチに固めないと、立件できない(そこまでやらないと裁判で負ける)という従来の検察の固定観念がそう思わせているのである。

  その思いこみを捨てて、このようなケースでは、まず事務所の日常の金の動きと日常の小沢と秘書の関係を一般的に立証した上で、あとは間接証拠の積み重ね で、他の可能性(秘書の横領、泥棒など)をひとつひとつつぶしていけば小沢の関与は自然に浮かびあがってくるはずだから、それで充分と発想を転換していけ ばいいのである。

 あとは裁判官の常識的な当り前の判断力にことをゆだねてしまえばよいのである。本来裁判とはそういうものだと考えればよいのである。

  ガチガチの自白証拠で二百%固めなければこういうケースは立件できないなどと思うからつい自白を求めて無理な取り調べをすることになる。そして、検察憎し の立場に立つ一部マスコミにバカバカしい批判――たとえば、つい最近起きたと伝えられる(検察は事実無根と抗議)、子供を持つ石川の女性秘書を一〇時間も 無理な取り調べをして保育園に通う子供を迎えにいけなくしたなど――を許してしまうことになる。

■筋の通らない小沢の弁明

 私にいわせれば、もう小沢関与の立証に充分すぎるほど充分な間接証拠の山を検察はすでに持っているはずである。
  あとはガチガチの自白証拠がないと立証に充分でないという固定観念を捨てて、早く法廷での立証合戦に持ち込むことだ。法廷での勝負に持ち込み、腕ききの立 ち会い検事にすでに集めた証拠の数々を存分に使った立証をやらせれば、小沢有罪に持ち込むことは苦もないことだと私は思う。

 だいたい誰 がどう考えたって、小沢の弁明は筋が通っていない。小沢の関与・了解なしに、四億円もの虚偽記載が小沢事務所で秘書の独断で行われるわけがない。法廷での 立証は、通常の判断力を持った通常人(裁判官)を充分納得させられればいいのであって、そうむずかしいことではない。

 すでに、各種の世 論調査で、小沢の弁明をそのまま信じている人などほとんどいないという事実の中に、裁判になったらどっちが勝つかがすでにあらわれているといってよいので ある。こういう状況の中で、伝えられているように、検察はすでに小沢不起訴の腹を決めたというのがホントなら、それは検察が石橋を金づちやハンマーで叩き に叩き、ついにはショベルカーまでもってきてガンガン叩いた上で、結局渡るのをやめてしまったというくらいの度胸なしの決断をしたことになる。

■腕力ではなく頭の勝負

  思い出すのは、ロッキード裁判の立ち会い検事だった堀田力検事である。あの人は、法廷ドラマの検事役のような芝居がかったところは全くない人で、それこそ 淡々というほかないような、静かに立証を詰めていくだけの人だった。しかし、しばらく時間が経過して振り返ってみると、実に見事に弁護側の逃げ道をふさい でおり、いつのまにか詰め将棋と同じように弁護側は雪隠詰めになっているのだった。ときどきチラリチラリとはさんでいく「あなた、その段ボールをどこかで ちがう段ボールとすりかえてしまったとか、そういうことはなかったですか」などといった、一見バカげた質問が、あとからみんなきいてくるのだった。それを 見ながらいつも「ああ、法廷立証というのは、数学みたいだ」と思った。いかなる推理小説よりも面白いと思った。

 いまの検察首脳にそうい う頭の勝負ができる検事がいれば、「ガチガチの自白調書をちゃんと集めて来い」というような腕力勝負を挑まず、とっくに立件に踏み切って法廷勝負にもちこ んでいたはずである。そして、すでに法廷で何度も尋問で小沢をキリキリ舞いさせ、誰の目にも小沢の敗北が明きらかになるという名場面を演出できていたはず である。

 ロッキード裁判は、そういう名場面が幾つも幾つも連続して出てきたからこそ、文句なしの検察側勝利に終ったのである。

■出発点となった「週刊現代」の記事

 小沢裁判だってそういうことは充分可能なはずだ。たとえば、一部の人にはよく知られている「確認書」の一件である。

  二〇〇七年二月二〇日、小沢は自ら記者を呼び集めて、不思議な「確認書」なるものを公開した。これは、「政治家小沢一郎」と「陸山会の代表者としての小沢 一郎」の間にとりかわされたというおかしな「確認書」で、政治家小沢一郎は、陸山会所有の一連の不動産に対して、いかなる権利も保有していないことを、陸 山会代表小沢一郎との間で確認するという内容になっていた。どういうことかというと、政治家小沢一郎は一連の不動産(いま問題の世田谷の土地から、都心部 のマンションなど一時は合計一一件、一〇億円超の物件。現在は六件)の名義人になっているが、これは政治資金団体陸山会は法律的に「権利能力無き社団」で あるため不動産の登記ができないので、その代表者の小沢一郎個人が個人名で登記しているというだけのことであって、政治家小沢一郎が登記したからといっ て、「政治家小沢一郎はこの物件に対して何の権利ももっていないことを確認する」とした「確認書」なのだった。

 なぜこのような奇怪な 「確認書」が出されたのかというと、二〇〇六年五月に、「週刊現代」(六月三日号)にジャーナリストの長谷川学氏が、「民主党代表小沢一郎の“隠し資産” を暴く」という記事を書き、小沢がとてつもない一群の不動産物件をあちこちに隠し持っているという事実を詳細にあげたことに怒り狂い、長谷川氏と発行元の 講談社を名誉毀損で訴えるという事件が起きたからだ――考えてみると、今回の事件は結局、この暴露記事から出発しているのだ。

■偽造された「確認書」
Kakuninsho_l 小沢の署名が二つ並ぶ「確認書」

  この記事は、これら不動産は陸山会のものということになっているが、真実は小沢個人の隠し資産ではないのかと追及していた。それに対して、小沢が、いやそ れら不動産はあくまで政治団体陸山会のもので、小沢個人とは関係ないのだということを示そうとして、この「確認書」を得意気に記者たちに示したのだった。

 そして、名誉毀損の訴訟では、この「確認書」を問題不動産が政治家小沢とは無関係であることを示す証拠物件として、東京地裁に提出したのだった。

 ここでいっておけば、このような証拠にはしかるべき証拠力がないとして裁判所の取るところとはならず、この名誉毀損裁判では、講談社側が勝訴、小沢側が敗訴している。
 さて、ここで私がいいたいのは、今回の事件の捜査過程でこの「確認書」が、小沢側が偽造したものであることが明らかとなってしまったということである。

  最近発行された「文藝春秋」二月号に載った小沢の石川秘書の地元秘書をしていた金沢敬氏の告発(「消えた五箱の段ボール」田村建雄著)によれば、昨年三月 三日の小沢の秘書大久保隆規が逮捕されたときに、北海道から急ぎ上京して、大久保逮捕後の一連の証拠隠滅工作にまきこまれた経緯を次のように語っている。

「(石川は)『パソコンをどうするかも地検が来る前にみんなで話し合ったけど、さすがに今時パソコンがない事務所はおかしいので、残しておいた』などとも言っていました」

 このとき彼らが事務所に残してしまったコンピュータが検察に押収され、そのハードディスクの中身を解析していったところ、このコンピュータで例の「確認書」が作られたということがバレてしまったのである。

 そして驚くことには、その「確認書」の製作年月日が、実は問題の記者会見の直前であることがわかってしまったのである。

 さてここで注目していただきたいのは、上の「確認書」の小沢の署名部分である。ごらんの通り、もっともらしいものに見せるために、小沢は政治家個人の小沢一郎と陸山会代表小沢一郎を区別するために、印鑑を押している。
 これは裁判所に提出した証拠物件の偽造であるから、法治国家の根幹をなす重大問題である。

■予算があがった当日に逮捕された金丸

  昨日の小沢不起訴のニュースで、街の声を拾うと、釈然としない人々の顔が目立った。小沢にかけられた疑惑は何も解明されていないのに、小沢が早々と不起訴 になってしまうのか、という感じの不満顔でいっぱいだった。それを見て、これは金丸信の佐川急便事件のときの黄色ペンキ事件寸前だなと思った。

 それはそうだろう。誰が見たって、小沢不起訴はおかしいのである。もし、本当に、これが「これで小沢は真っ白です」の不起訴なら、私だって、黄色いペンキを投げに行きたい。

  だけど皆さん早まってはいけない。これは「小沢真っ白」の不起訴ではない。検察はやろうと思えばあとを法廷勝負に賭けて、すぐにでも小沢を逮捕できるよう な材料をいろいろ手持ちしていながら、それをいま行使しないだけなのだ。法廷勝負に賭けたりせず百%の勝利を確信できるところまで一件を仕上げるための時 間稼ぎ戦略に転じたというにすぎない。

 なぜか。
 消息通が解説してくれた。
「検察が政治家を捕まえる場合、検察は政治を混乱させることをきらいますから、時機を充分に見はからいます。
 基本的に国会の開会中は逮捕許諾請求が必要になることもあるし、政治的混乱が避けられないからなるべく避ける。
 検察が特にきらうのは、予算審議を混乱させることです。だから、これまでもいくつも例がありますが、予算がかかっている場合は、予算があがるのを待ってからやるのが普通です」
 そうなのである。
 金丸逮捕にしてもそうで、予算があがったら、その日にやられた。

■幹事長辞任か議員辞職か

 いまから予言してもよいが、小沢はもう終りなのである。小沢が不起訴で枕を高くして寝られるようになったと思ったら大間違いである。
 逆にこれから一歩一歩逮捕の日に向けて詰めの動きが着実にはじまったのである。
  それが水谷建設の一件でくるか、税金の問題でくるか、あるいは政党交付金の問題でくるか入り口はまだ定かでないし、多分幾つかの「合わせ技」でくるのだろ うがどれとどれを合わせてくるかなど、まだまだ定かでない点が多い。逮捕の日も予算があがる日か、別の重要法案があがるのを待つのか、あるいは別の重要政 治スケジュールがあがるのを待つのか、その辺もまだわからない。しかし、事件は、金丸事件になぞらえていえば、「黄色いペンキ事件の日」から「突然の金丸 逮捕の日」の間の「いつ何が起こるかわからない危険地帯」に入ったのである。

 そして、小沢にもそれがわかっているのだろうから、そして 小沢もバカではないから、おそらく予算があがる直前など、いよいよヤバイことがわかった時点で、あるいは自分のマイナスイメージが民主党支持率をどんどん 下げだすのが明きらかになるなどの時点で、小沢は幹事長を辞任するだろう。

 あるいはさらに議員まで辞職して、それを代償に逮捕だけはまぬがれさせてくださいというような、検察の慈悲を乞うための検察との駆け引きに出るだろう。
 民主党の政治家の方々はそのときをにらんで、いまから身の処し方を考えておくことだ。
 これからすべての政治家が一瞬たりとも気が抜けない、そしてすべての政治家がその政治家としての器の大きさを問われる日が間もなく連続してやってくる。

(文中一部敬称略)

 

関連
立花隆はもう終わりだ(笑)削除関連を徹底採録⇒立花隆が緊急寄稿(1)異例の再聴取の裏を読む「小沢はもう終わりだ」

立花隆はもう終わりだ(笑)削除遁走を徹底採録⇒立花隆が緊急寄稿(3)小沢と検察、両者の会見から読み取れるもの

※SOBA:下記投稿からキャッシュを拾いました。
「知の巨人」立花隆先生が「G2(講談社)」の緊急寄稿を削除されてしまいました
http://www.asyura2.com/10/senkyo81/msg/482.html
投稿者 CancerAngle 日時 2010 年 3 月 01 日 16:30:51: FgCmtVyUzCmks


立花隆が緊急寄稿(2)
「小沢不起訴」の先を読む←についた以下コメント。(コピペしたら通し番号が出てきました)

コメント / トラックバック68件

   1.   恥の巨人 より:
      2010.02.04 at 13:08

      立花さん、あなた逮捕で終わりだと散々言っておきながらこの開き直りはなんですか?あなたこそジャーナリストとして終わりですよ。

   2. 東京T.S より:
      2010.02.04 at 14:20

      推定有罪の観点から文章を進めていらっしゃる。司法も民主主義も否定されている感じを持ちます。

      小沢氏も権力なら検察も権力です。しかも司法と検察は癒着しているので強大な権力。

      ジャーナリストは国家権力と闘うものと勝手に思っていましたが、どうもそうではなさそうです。

   3. 川崎 より:
      2010.02.04 at 16:44

       立花氏の思い込みと決めつけがあまりに激し過ぎて、冷静さを失った激情にかられてしたためた記事にしか思えない。
   一つ伺いたいのだがもし小沢氏が逮捕ないし幹事長もしくは議員辞職しなかった場合は立花氏はどのように責任を取られるのだろうか?いつも上記の類いの 記事を読むたびに思うのだが、評論家やジャーナリスト(立花氏の場合は既に空想作家になられているようだが)の結果責任とはどうなっているのかと不思議で しようがない。
       是非、ご自身の予言が外れた際は潔く筆をおいて頂きたいが、どうでしょうか。

   4. 年金生活者 より:
      2010.02.04 at 16:47

      読んで深く感銘しました。
      私は今まで小沢氏のことをいわゆる政治資金問題で限りなく黒に近い灰色の人
      として理解してました。
      小沢氏は政権与党実力NO1として驕りの言動が目立ち、民主党の中では
      誰も意見できる人無く非常に独裁色が強くなってます。
      民主主義を危うくする独裁者の存在は国のために決して良くありません。

      このたびの検察の捜査にはその点で拍手を送ったのですが、
      残念ながら不起訴処分が下りがっかりしてます。

      又民意が高じて小沢氏降ろしの声広まれば5月頃辞任して参院選に備える、
      そしてここで勝利し再登場すると昨年と同じ2匹目の泥鰌を狙った動きもある
      ということも誠しやかに民主党応援者から聞こえてきます。
      これでは本当の独裁政治に至ることとなります。
      私は今の自民党はもはや再度与党になる力は無いと見てます。
      本当に日本の将来を憂いこれを良い方向に導く指導者群(民主党でもかまわない)
      が出てくれれば大変良いと思ってます。
      この中にあって筆者の力強い文には賛同致します。
      これからも国民を勇気つけて下さい。

   5. 横地 雄二郎 より:
      2010.02.04 at 17:57

    立花様、私は、大した知識も政治学的な素養も無い一市民ですが一言だけ言わせて下さい。昨年、日々、生きるか死ぬかぎりぎりの生活の中から藁をもすがる 思いで政権交代に掛けた一人です。その時の思いは今も変わりません。とにかく、少々、金銭的にまずい面が在ろうとも新しい人たちに、根本的この国の舵を切 り直して貰いたいと言う思いです。その思いで、実際、民主党政権がどのような政策を実行して行くのか息を呑みながら見ていた所です。そこにこの騒ぎです。 事件の内容が、上記の多くの国民の最後の一縷の望みを根本的に裏切るものであるなら許せませんが、報道されている内容程度のものであるなら、甘受します。 それよりも、一刻でも早く現状を変える具体的な政策を実行して貰いたい。今の検察の動きは、この多くの国民の思いに反するものです。横槍を入れないで下さ い。小沢幹事長を始めとした、民主党政権の今後は、実際に実行された政策を見た有権者が決める事です。

   6. 鵜飼保雄 より:
      2010.02.04 at 17:58

    「小沢、不起訴、不当」で、ネット検索していたら、偶然みつけました。とても素晴らしいご意見を有難うございました。まったくその通りと存じます。鳩山 といい小沢といい、一般人なら当然有罪になるものが不起訴で終わるなら、彼らがとくいう「国民のみなさん」が納税をきちんとする気持ちを完全になくすこと でしょう。現に、国会での鳩山の答弁が「ばからしくて」聞いていられなくなっています。(某上野高校出身)

   7. sky より:
      2010.02.04 at 19:29

    推定無罪の原則が尊重されておらず、小沢氏即ち巨悪であることを前提とした論理の展開で、識者の文章としてとても賛意を表する事が出来ません。政治と金 の問題への本質的大局的視点、及び人間としての、一政治家としての小沢氏を深く掘り下げた上で再度ご寄稿願いたい。

   8. 佐竹 より:
      2010.02.04 at 22:10

    立花氏は「一部マスコミにバカバカしい批判――たとえば、つい最近起きたと伝えられる(検察は事実無根と抗議)、子供を持つ石川の女性秘書を一〇時間も 無理な取り調べをして保育園に通う子供を迎えにいけなくしたなど」の検察の違法すれすれの捜査を糾弾した上杉氏の批判をバカバカしいと、おっしゃるので しょうか?

      小沢憎しで検察の敗北が確定した今、普段は冷静な立花氏が感情的になるのも分からないでもないですが、権力者である検察が弱者であり一般女性をこのような形で(違法すれすれ)で取り調べたことに対し、それを非難する上杉隆氏は決して間違っていないと思います。

      それとも巨悪、小沢一郎を逮捕する名目なら、違法だろうが、弱者をおとしめるだろうが、どんな手段を使っても逮捕すべきだとお考えなのでしょうか?

      膀胱癌を煩い、この先が長くない立花氏は何をそんなに焦っているのでしょうか?

      氏の文章からは単なる小沢憎しの安っぽいアジテーション的なものしか感じられません。
      氏の著作を沢山読んできた一ファンにとっては至極残念であります。

      何故、小沢一郎問題になると、理性を失い、自分を見失ってしまうのでしょうか?

   9. Q より:
      2010.02.04 at 22:15

    私は小沢の敗北とは思いません。参院選前に日本の法を無茶苦茶にしておいて、三権分立を破壊し、外国人参政権や人権擁護法で中韓、利権ヤクザを抱え込ん でしまえば、例え不利な状態に一時沈んだとしても復帰可能でしょう。12月からの小沢の挙動を見ればわかるように、自我をたいして主張しない真面目な日本 国民の意見など奴にとってはゴミのようなものです。今回は不起訴でしたがまだチャンスはわずかに残っています。今回の件を見てもわかるように小沢は民主党 の心臓です。致命的な打撃を与えなければあと1,2ヶ月の内に日本にとって本当の手遅れな状態がやってくるでしょう。楽観している場合ではないのでしょう か?

  10. 大畠佐代美 より:
      2010.02.04 at 22:32

      すっきりします。逮捕を待ちます。

  11. 瀬下満義 より:
      2010.02.04 at 23:30

     立花隆さんは純なお方で、検察の正義を信じておられるようです。しかし私は、検察はチンピラ公務員に成り下がってしまっていると見ています。今度の小 沢事件もチンピラ検察の暴走に過ぎないでしょう。検察の能力、力量も著しく低下しています。人間らしい理性さえも失っているように見えます。
   官僚が立派だった時代は終わり、彼らはいつの間にか時代遅れの集団となり、腐敗堕落してしまいました。方向感覚を失った検察は、社会や国民の利益より も自分達の利益に固執するようになったのでしょう。そして、権力を振り回す、たちの悪いチンピラ公務員に成り下がったのです。立花隆さんも官僚とともに時 代遅れになってしまったのでしょうか。何かを勘違いしているように思われてしかたがありません。

  12. 東風平尚 より:
      2010.02.05 at 09:29

    長年の立花ファンですが、この記事には幾つか疑問あり。①陸山会の隠し資産なるものの実態について(利殖目的なのか秘書用住居なのか?この間5件が処分 されているからその売却益に関する究明は?)②平成6年の確認書なるものが偽造文書とする断定根拠について(週刊現代記事に対する単なるプロテクト・釈明 文書に過ぎないというだけで法的証拠文書としての有効性に疑問あり。)いつもの立花氏にしては緩い緊急寄稿なのでいささか物足りない。以上

  13. 宮元真砂子 より:
      2010.02.05 at 10:13

      こころ強いお話、嬉しくなりました。私も一人でも多くの人に話、民主党に投票しないよ

      う呼びかけていきます。

  14. 水野久志 より:
      2010.02.05 at 11:09

      小沢氏は検察と裏取引をして逮捕されないような予想をしていましたが、立花さんの論説を読むとそうあってほしいと思いました。
      ただ国民としては小沢幹事長温存では民主党には断固反対したいと思います。

  15. 岡田真希 より:
      2010.02.05 at 14:45

      初めてこのサイトを拝見させていただきましたが、あなたもマスコミ同様、官僚の側の人間なんですね。
      残念です。
      もはや検察が官僚(検察も官僚です)とグルになって、小沢さんを潰そうとしているのは明白。起訴出来なくても国民に小沢さんの悪いイメージをすり込む事が目的な事ぐらい国民は薄々気がつき始めています。
      今必要なのは、官僚や自民党の圧力に立ち向かい、国民の側に立って真実を報道してくれるジャーナリストです。
      日本にそんな勇気のあるジャーナリストはいないんですかね。

  16. 一国民 より:
      2010.02.05 at 15:34

      立花氏こそ思い込みを捨てろと言いたい。
      事実に基づかない、自分の解釈だけで事を論じているのがあまりりも見苦しい。
      これが知の巨匠とも言われた立花氏の論述なのかと非常に残念に思う。

  17. 名も無き庶民の一人 より:
      2010.02.05 at 17:20

       立花さん、どうしちゃったんですか?今回の小沢氏の件で不起訴は当然じゃないですか。と言うより、検察特捜部の政治目的捜査、違法捜査に心の底から怒りを感じていた庶民の一人です。
   だいたい、小沢氏は秘書を20人以上抱えていると言われていますよね。秘書一人の人件費プラス活動費で年間1000万円は必要でしょうから、20人も いれば、年間2億は固定経費として出て行くでしょう。さらに選挙の年ともなるとその倍の4億くらいの出費はあるんじゃないでしょうか。小沢氏は労働者でも なければ、サラリーマンでもない、従業員20人の中小企業の経営者と考えれば、金の流れはおかしくもなんともない。しかも、虚偽記載というが、預金を担保 に金を借りることは中小企業ではごく普通の話と聞いていますし、帳簿と実際の金の出入りのズレはよくある話でしょうに。また、衆議院はいつ解散するかも知 れないわけですから、手元に一定の軍資金を温存しつつ、政治資金を不動産の形でプールしておく、このどこがおかしいですか?
     こういう小沢氏の政治スタイルを嫌う人はいるでしょう、ですが、それは個人の好悪の問題であって、違法でもなければ、倫理的に政治家として逸脱してい るわけでもない。私自身は、たいした年収もないサラリーマンの一人ですから、確かに別世界の話としか感じられない。しかし、こういう小沢氏がいたからこ そ、自民党から政権をもぎ取れたし、政治改革も進めることができることもこれまた現実なわけです。
       小沢氏を個人的に嫌うのは立花さん、あなたの自由ですが、嫌いだからと言って、違法でもないことを無理やり立件して政治的に追い込むことは、絶対に許されるべきではありません。それは、我々、国民に対する挑戦であると言ってもいいでしょう。

  18. tonton より:
      2010.02.05 at 18:59

    「ロッキード裁判の立ち会い検事だった堀田力検事」の件ですが、(あえて、みなさんがご覧になれるwikiから引用しますが、「受け渡し場所はもともと 不自然で子供っぽいというか、素人っぽいというか。おそらく大金の授受などしたことがない人が考えたとしか思えない」と語り、その不自然さを認めていま す。

      田中角栄はずしのロッキード裁判工作も、田中角栄元首相の石油政策にあったという「事実」があります。

      まさか、検察が「独立」した機関なんておもっていらっしゃるわけではないでしょうね。どういう力が働き、どのような構造が背後にあるかという本質に迫らず、茶番ばかりにのっている日本の「ジャーナリズム」にうんざりです。

  19. 日本人 より:
      2010.02.05 at 19:25

      立花氏の論説に対して、小沢一郎シンパらしき馬鹿な輩が盛んに見苦しく噛み付いているようだが、如何にも冷静を装ってはいるものの、その脳内バイアスの掛かった焦りが見え見えで何とも笑止に堪えない。

      今回の民主党と小沢一郎の出来事に関する文脈を混乱させ、正しく読み取れないよう、見え透いた姑息な仕掛けを多方面に講じているようだが無駄なことだ。

  20. rocket より:
      2010.02.05 at 19:44

    立花氏に申し上げる。まずは潔く自らの不明を恥じるべきである。そうすることなしにいたずらに多弁を弄されようとも、見苦しい限りである。今のあなたの 姿は、田中金脈の告発という成功体験に縛られ、過去の栄光を守らんがために小沢憎しで行動をしているようにしか見えない。ロッキード事件も田中の問題はほ んの一部で、あらかたは謎のままというではないか。なぜそんなことになったのか、木を見て森を見ずのような一面からの追求は検察の思う壺ではなかったのか と反省すべきである。結論ありきではなく、いろいろな角度から光をあて、本当に大事なことを見つけるのがジャーナリストの仕事であろう。結局は踊らされて いるだけの人かと、思わずにはいられない。

  21. R.T. より:
      2010.02.05 at 22:46

      選挙で連続当選する人物が、得がたい人材であるというのは世界の常識。
      明確な収賄の証拠でもない限り捜査などしない。
      公務員試験だけの人間を評価する日本が異常なのです。
      立花氏のような方がこういうテーマで研究されれば大変興味深いと思います。

  22. norizumi より:
      2010.02.05 at 22:54

    立花さん、あなたは田中角栄を踏み台にしてのしあがった人ですね。田中角栄を金権政治家と呼ぶなら、あなたはゴシップを餌にして生きているハイエナ評論 家です。あなたは政治家を汚い!と叫びそして大げさに吠え立てることで金を稼いでいます。(あなたが汚いと決めつける)政治家がいなければあなたの今日の 地位はなかったでしょう。あなたは政治家に感謝をすべきですよ。自分がハイエナ評論家であることを自覚しなさい。

  23. 竹中紀子 より:
      2010.02.05 at 23:06

    小沢氏の独裁者的資質は「そんなことは政権とればどうとでもできる」という言葉に顕れています。ヒトラーとなりうる危険性を感じます。また小沢朝貢外交 は、おぞましいかぎりで早い内に何とかしないと、日本国民の自由が奪われて、チベット、ウィグルと同じく日本自治区になる可能性すらあると思います。単な る資金報告書虚偽記載の問題ではなく、小沢氏のお金の流れはもっと深く、どれだけ知らぬ存ぜぬを決め込んでも白に演出できないものだと思います。小沢氏は 説明責任を果たす義務があります。どうか真のジャーナリストとして、真実を手放さずに頑張ってください。

  24. 渡邊宣明 より:
      2010.02.06 at 01:10

      あなたは検察は頭が良いとお考えでしょうか。今回の件に関しては、地検特捜部はおバカの集団だと思います。
      たとえばマスコミのリーク情報は常識では考えられないものばかりでした。今回は検察の中でもIQ70クラスばかりが集まったような気がします。

      たとえば検察のリーク情報で驚いたのは

      *水谷建設が石川代議士(当時は秘書)に賄賂を渡した時に立会人がいた。
      *水谷建設本社に5000万円の出金伝票が残っていた。

      等々です。記事にする記者も相当頭が悪いと思いますが、賄賂の出金伝票が残っていたなんて噴飯ものです。

      立花隆さんには失望しました。もう2度とあなたの著作を手にすることはないでしょう。

  25. 筑摩哲夫 より:
      2010.02.06 at 04:11

      立花隆氏の衰退を憂う!
  腐敗しない権力は無い!・・・この視座なり、テーゼから戦後65年を迎えた現在を見ると、日本の危うく未熟なままの民主主義のさらにその危機性は、何よ りも権力の実体たる四権(行政・立法・司法・マスコミ)の腐敗や癒着や退廃に集中していると言える。マスコミと権力の癒着腐敗は、記者クラブ制度によって 行き着くところまできている。その原因は、歴史的にも「官僚」と「常備軍」(戦後的には警察・検察・自衛隊など)を国家権力の二大実体としてきた政権勢力 が、戦後50年以上も一党で日本を支配してきたからだ。その点、立花氏のかつての田中金脈批判にはジャーナリストととしての戦闘性も民主性も科学性も感じ られた。しかし、今回はまったくそれが感じられない。あるのは、”田中ー金丸ー小沢は巨悪である”というドグマなりイデオロギーにすぎない。
   今回の一連の対小沢事件は、自民党の政権崩壊直前に対抗政党たる民主党代表の小沢氏への狙い打ちであり、権力サイドによる政敵抹殺の強権発動以外の何 ものでもない。その継続たる今回の一連の事態は、まさに選挙で登場した新政権に対する、旧政権側からの必死の巻き返しであることは幾多の証拠がそれを示し ている。例えば、「水谷建設元会長による5千万円闇献金」などという偽証や虚言の前歴のある、しかも刑務所という法務・検察の管理監督下にある人物の「証 言」を、検察やマスコミが、極めて重大な拠り所にしていること自体が不思議=荒唐無稽以外の何物でもない。この「証言」は、検察による誘導なり、取り引き なり、水谷建設側の保身のための「虚言」ではないか、と指摘されて、これを否定できる検事や検事経験者は、私の前には1人もいなかった。
   「検察ファッショ」「国策捜査」などの批判が多くの著書や実体験などから澎湃と巻き起こるには、特にこの十年余りの検察腐敗があるからだ。「検察=正 義」などという図式は民主主義を葬り去る、権力崇拝神話にすぎない。それに気付かないとすれば、残念ながら、まさにジャーナリストが一番陥ってはならない 最も深刻な退廃にすでに蝕まれているとしかいえない。

  26. Kazu Thoreau より:
      2010.02.06 at 05:43

      田中裁判と今回の小沢騒動を比較されたい気持ちはわかります。
      しかし根本的に違うのは現在の巨悪は与党政治家でも旧経世会でもなく検察官僚です。錦の御旗は常に市民にあります。
      それを擁護しうるのは自民でも既得権益に安寧する記者クラブ内マスコミでもなく唯一の選択肢が「民主」だけであること。
  その民主を政治集団化した巨悪の検察官僚がつぶしにかかっていることは国民は気づいているのです。国民もバカではありません。つまらぬ政治資金の追求を 口実に権力を恣意的に使い民主主義の芽を摘まれてしまってはこれからの日本は本当に真っ暗な闇の中に戻ってしまう。時代は変わりましたね!立花さん。。

  27. 佐藤祐子 より:
      2010.02.06 at 05:49

      立花隆という知識の塊までもが結局最後には、
      己の権威をこのような形で誤爆させてしまうとは。。

      まず、自らの足で取材をしていない、現場に訪れも
      していない貴方が語る言葉は、伝聞&憶測でしかない。
      (=現場に立てなくなった時点で、ジャーナリズムの土俵からは
      去るべきだろう。貴方には知識の風呂敷を広げられる別な舞台が
      いくらでもあるはず。)

      公権力を監視するため日夜、勇敢なジャーナリスト達が
      その耳で、足で稼いだ情報と、互角の価値があるはずもない!

      立花隆のこんな姿、見たくなかった。ただ、哀しい。。

  28. s.k. より:
      2010.02.06 at 06:21

      昔、ライターとして立花隆という人を尊敬してました。

      20代の頃です。

      その後、田中角栄という人の人となりを調べました。
      学べば学ぶほどに、田中角栄はすばらしかった。
      あの角栄さんを殺した立花隆は、最低の非国民だと実感しました。

      そしていま、そういう反省もなく小沢批判。
      ひたすら、あのとんでもない検察の味方をしている。

      もう、時代は変わったのです。
      東京地検なんて、アメリカの出先機関です。
      日本がアメリカに占領された時に作られた、アメリカが日本の軍需物資をかすめ取るために作られた部署にしか過ぎません。

      出自が出自です。
      正体の悪い政府機関です。部長クラスもアメリカで仕事をしていた期間が長く、ほとんど日本人のことなど考えていません。親分はアメリカと思ってる。

      で、立花さんがつるんでる文春だって、ようはCIAの日本の出先機関じゃないですか。

      もう、いいかげんに、くだらぬお先棒担ぎはやめてください。
      あなただって日本人なんでしょ?
      自分の国を正しく愛しましょう。

      しかも。

      真のジャーナリストなら、推定無罪の原則という民主主義の根幹に関わる部分をこそ大切にするべきなのに、「推定有罪」で論を進めて、しかも、ムリクリに有罪にするための「屁理屈」をチンタラと書き連ねる。

      はっきりと老害です。

      もう、さっさと引退してください。

      これからの日本に、あなたは必要とされていないと思います。

  29. 澤田 より:
      2010.02.06 at 07:44

      ま、まさか!?
      金沢敬を信用に足ると判断してるのではないでしょうね?
      ま、まさか!?
      パソコンに残された制作年月日が正しいと思ってるのではないでしょうね?
      >>>>
      検察憎しの立場に立つ一部マスコミにバカバカしい批判――たとえば、つい最近起きたと伝えられる(検察は事実無根と抗議)、子供を持つ石川の女性秘書を一〇時間も無理な取り調べをして保育園に通う子供を迎えにいけなくしたなど――を許してしまうことになる。
      >>>>>
      をばかばかしいと判断するに至っては人間の心まで失ったように思われます。
      脳をテーマにした著作がある方ですから、老化によって脳力が低下していくことはご存知のことと思います。どなたかにチェックしてもらいながら発表するようにしたほうがよろしいかと忠告申し上げます。

  30. kaname より:
      2010.02.06 at 07:52

      立花さんを批判する小沢擁護の方々は、
      4億円原資の説明が二転三転するどころか、
      20億もの不正記載、
      22億8千万もの政党交付金を個人の団体に還流させ独占する
      「税金泥棒」小沢幹事長の脱法行為を無視・矮小化しすぎです。

      私は政権交代で政治がクリーンになることを期待していましたが、
      鳩山の巨額脱税と小沢の超独裁・金権腐敗を支持した覚えはありません。

      事務所費問題・年金未納問題で大臣が自殺・辞任した
      自民党よりも低モラルな民主党に心の底から幻滅しています。

      自民党の政治と金を叩いていたモラルがあるなら、
      小沢の疑惑の数々をスルーできるはずがない。
      検察が政治家の疑惑を追及するのは当然のことです。

  31. ももんが より:
      2010.02.06 at 08:56

      じゃあ立花さん。証明してよ。

  32. kumagayapiano より:
      2010.02.06 at 09:48

      初めてこのサイトを拝見しました。
  評論家の小澤遼子さんが昨日(2月5日)ラジオで、「検察に追及されてきたのは代々経世会出身者である、なぜ清和会には疑惑が生まれず追及されることは ないのか?」ということをおっしゃっていました。確かに、と思います。同じ政治家という魑魅魍魎のなかで生きていて、経世会が特に悪い人間が集まってい る、のではなく、清和会が何かに守られている、ということを暗に仰っているのだと私は考えています。なにが語られるのかではなく「何が語られないのか」と いうことがマスコミを注視するには大切なのだと、44歳にしてわかりました。
    70年代後半の日本国民の知性と情報なら、立花さんの仰ることがなるほど、と思えるのでしょう。しかし、時代が変わってしまいました。日本国民は、田中 角栄とは本当は立派な政治家だったのではないか、そこまで歴史をたぐりよせて、考え直す時が来ています。その政治家のスキャンダルを追求して一躍名を馳せ た、立花隆、あなた自身も再検証されるべき存在です。

  33. 1庶民 より:
      2010.02.06 at 09:54

    メディアからの情報のみで、小沢が独裁だの 真実を話せだのと批判する輩が多いが、この政権交代は国民の投票によって行われ、小沢氏の選挙政策の勝利と もいえる。 今回の秘書の逮捕劇の内容を見ても、悪質さを感じない反対勢力の何らかの意図を感じる。立花氏の投稿も それこそ立花氏のほうが独裁者的思考 に傾倒しそうな人種に感じる。
      選挙により選択された政権を 数年間見守りその上での査定はできないものであろうか? 数年先にこのコメントと同じことを言えるのか ジャーナリストとしての立花氏は存在してないのでは・・・

  34. 1庶民 より:
      2010.02.06 at 10:31

    コメントの中に自民党だの民主党、どちらが汚い的なコメントが有りますが、そのイメージに至っていることこそが、この事件に対する危ない結果だと思いま す。検察 メディアはそのイメージをコントロールできる立場に居ます。さて、立証できなかった場合は、小沢氏に与えた損害を賠償又は謝罪ができるのでしょ うか?しませんよね。 立花氏のコメントなど小沢さんにつけた悪のイメージに乗っかったご自身の売名行為以外に、ジャーナリズムなど感じえません。
      残念です。こういう方がジャーナリストとは・・

  35. ニューロドクター乱夢 より:
      2010.02.06 at 10:43

      立花隆様:
   「臨死体験」、「私の東大論」「脳死」などの著作を通じて、先生はすごい方だと尊敬し、ブログにもそのことを書いてきました。しかし、今回の小沢氏の 件に関しての先生の論評には落胆させられました。検察側の証明されていないリーク情報をうのみにされていることなどです。
       私は以前は大学で研究をやっていました。発表される論文やデータを批判的に理解するという習慣を養ってきました。下記に私のコメントを述べます。

      1月19日
      悪しき世論形成を促す検察側の情報リーク者を逮捕せよ!

  昨今もマスコミの論調は、アンチ小沢であり、国民世論もマスコミの一方的な報道に左右されている。検察が公表していない情報がマスコミに流される。検察 が職務上知りえた情報をマスコミにリークしているのは間違いない。明らかに公務員の守秘義務違反である。リークした検察関係者を見つけだし、逮捕、起訴せ よ!あまりにもひどい情報操作である 。まだ、容疑が固まっていないのであり、起訴されても、有罪になったわけではない。
      小沢幹事長はやめるべきではない。自民党などの野党は国会で疑惑を追及するというが、そんなことをやっても、新しい事実はわかるはずはない。検察が必死に調査しているのだ 。それより、国民にとって大切な法案、予算の早期の成立を願っている。

      1月25日
      検察・マスコミの偽リーク情報にだまされるな!

  小沢氏が土地購入資金の出所について明快に説明したにもかかわらず、相変わらず、大新聞などのマスコミは小沢氏の説明内容について不信感をあおった記事 を掲載している。水谷建設の受刑者が検察に小沢氏側に5000万円の裏金を渡したと話しているという情報が垂れ流されている。しかも、小沢氏の元秘書が小 沢氏からの指示で関係資料を隠すように命じられたと、話している。両者の話には信憑性があるとは思えない。犯罪者が刑期の短縮を願って、検察に言われるま まに、嘘八百を言った可能性が高い。水谷建設は、佐藤 知事事件で偽の証言をしたことを認めている。
    また、去年3月に大久保秘書が逮捕されたのち、マスコミには彼が全面自供したとの報道がなされた。その結果、小沢氏は党首を辞任する結果になった。しか し、大久保秘書は全面否認していることが判明した。しかも、当時にダミー会社であると報じられていた団体が実体がある団体であることが、最近の裁判で明ら かになった。おそらく、大久保被告は 無罪が言い渡されるであろう。
    偽情報をリークする検察もマスコミも大きな責任がある。偽情報操作により、国民の世論が形成されていく姿を見ると、恐ろしい。一部の良心的で独自の考え を持っている人たちがいることが救いである。戦前の大政翼賛会のようになってはいけない。検察ファッショであり、特捜部は解散されるべきである。現職の国 会議員が逮捕されるというのは、おか しい。
      マスコミのアンチ小沢キャンペーンは成功し、民主党の支持率は減少し、小沢氏を政界から抹消すべきだとの世論が増加している。おかしい!マスコミは検察批判をできないので あろう。リーク情報をもらえなくなるからであろう。おかしい!
      日本のマスコミは怖い。戦前の大本営発表(検察のリーク情報はすべて正しいとの前提)のようにまったく同じ内容で国民を扇動、洗脳している。

  36. Y.I より:
      2010.02.06 at 11:16

      無知な庶民を導かねばと思ってらっしゃるのでしょうね。
      今はインターネットメディアによって、立花氏の知る程度のことは、庶民の私でさえ、同時進行形で知ることができます。
      国会議員に辞めろというのは、それに投票した国民の判断を過ちだと言うことです。そうであるならば、国民の知っていること以上の真実の情報を提示しながら、議論を展開していただきたい。それがジャーナリストではないでしょうか。

  37. Y.I. より:
      2010.02.06 at 11:18

      今回のこの事件で、政権交代しなければわからなかったこと、つまり意図して隠されてきたことがたくさんあった、ということがよくわかりました。
      どれだけ国民は騙されてきたことでしょう。
      そのためにも必要なのは、取調べの可視化、検察の在り方等、どれも今までの自民党ではできなかった、もしくはやらなかったことです。
      小沢さんがシロだとは、多分誰も思っていないでしょう。でも、これからやらなければいけない事を進めていくには、彼の力が必要です。
      それにしても、新聞、テレビ等のメディアのバカさ加減には、本当にあきれてしまいました。マスコミを名乗るのに価しません。恥ずかしくないのでしょうか?
      これからは報道を信用せず、それが本当に事実なのかどうか自分で確かめようと改めて感じました。

  38. 星に願いを より:
      2010.02.06 at 11:43

      有罪判決を得る確率が120%ないと起訴しないというこれまでの検察の方針は,間違いです。
  私は,弁護士ですが,7,80%の確率があれば,起訴すべきだと思います。そして,公開の法廷で,検察側と弁護側がやり合い,判決を得ればよいと思いま す。多分,無罪率が,10%とか20%になると思いますが,それが,一般人の常識になれば,起訴されただけで,有罪確定というような現在の風潮がなくな り,無罪の推定という原則が生きてくると思いますし,立花さんが仰るとおり,無理な自白強制という前近代的な捜査もなくなるでしょう。
      また,裁判所も,自白がなくても,間接証拠だけで,有罪判決を言渡すべきでしょう。自白偏重の捜査は,裁判所にも責任があると思います。
  マスコミも,逮捕されただけで,有罪確定というような報道をやめるべきです。私は,何件も経験していますが,一面を飾る大事件でも,処分保留で釈放にな ることは,多々あります。マスコミは,それを報道しないか,あるいは,報道しても,3行程度です。世間的には,有罪のイメージだけ残ります。
      多分,記者クラブ制度の恩恵を受けているマスコミは,検察の嫌がる報道を控えているのでしょう。

  39. ponkichimaru より:
      2010.02.06 at 11:46

      立花隆さんは今までの色んな論評からしても、双方の立場に立ったある種公平な批評をされていたイメージがありました。
      この寄稿は何かスッキリとしません・・・というか、検察側のリーク情報をそのまま垂れ流しているお粗末な大マスコミ・メディアとなんら変わりない内容に落胆してます。
      検察側の政権転覆を意図したとしか言いようのない、横暴な権力の行使。
      我らのみが正義だと言わんばかりの行動には開いた口が塞がりません。民主党にも自民党にま他の党内にも、肩を叩けばホコリの出る人物もいるでしょう。
      要は、今後いかにして戦後アメリカに隷属し独立できなかった日本を、新政権がりっぱな独立国として舵取りしてくれるかが問われています。
      政治資金の問題は企業献金全面廃止で担保し、いち早く景気問題等の討論に国会を通じて議論して欲しいものです。

  40. y.ishihara より:
      2010.02.06 at 12:47

      罪刑法定主義はどこに行った、予断排除の原則はどうした、と法律かぶれのサヨクが煩いですが、売国奴と売国政党を追い詰めるのに手段など選んでいられません。
      証拠能力のない情報は新聞にどんどん書いてもらったりネットで晒したりして国民に知らせ、世論をバックに逮捕して政治生命を絶つしか手段はないでしょう。
      これからは立花さんのような言論人の活躍が一層重要になると思います。

  41. bcc より:
      2010.02.06 at 13:39

      >■検察は思いこみを捨てろ
      >・・・・
      > あとは裁判官の常識的な『当り前の判断力にことをゆだねてしまえば』よいのである。
      >本来裁判とはそういうものだと考えればよいのである。
      > ガチガチの自白証拠で二百%固めなければこういうケースは立件できないなどと
      >思うからつい自白を求めて無理な取り調べをすることになる。・・・

      要するに、立花氏が言いたいのは、明治以来、天皇の錦の御旗を掲げてきて権力を行使してきた官僚機構に逆らう平民出身の権力志向者(反乱族)は有罪無罪にかかわらず裁判所の権力を行使してつぶしてしまえということですね。よくわかりました。

  42. bigeye より:
      2010.02.06 at 15:40

    小沢擁護のみなさん、検察が検察がと、それしかいいませんね。何故目の前に厳然と有る小沢の不正な金の動かし方について何もいわないのですか。土地を手 に入れているのは誰ですか?隠して得をしているのは誰ですか?この汚らしい事象のなかで小沢が日本のため国民のために何をしているのか、よく見つめたらい いでしょう。民主党の為になると思っているのなら、おおまちがいです。むしろ鳩山と小沢の取り巻きがいなくなる事が民主党のためなのではないですか。無用 な擁護が民主党のデタラメさをどんどん強調しているのになぜ気付かないのですか。わたしは、民主党も自民党も嫌いです。
      もっと嫌いなのは悪を擁護しても自分をまもろうとする人間です。

  43. someda.y より:
      2010.02.06 at 15:50

      地方に住む一主婦です。
      彼方の御本も、論文も読んだこともない私ですが、お名前だけは存じておりました。
      寄稿タイトル「「小沢不起訴」の先を読む」に期待して読みはじめましたが新しい事は何も書かれておらず、がっかりしました。
      この程度のことは、あちこちのブログでも読めます。
      清和会と経世会の比較とか、大勲位の存在とかもっとコアなことが書かれていると思いました。
      彼方なら、それくらいのことは当然調べているものだと思っていましたから。

  44. 瀕死体験 より:
      2010.02.06 at 16:51

      あらら・・・「法治国家の根幹をなす重大犯罪」消されましたか?
      あまりにもイタイ指摘があったようですね。(asyuraにはまだ残っていますが)
      それにしても、「売国」、「サヨク」とか何とかの一つ覚えのような妙な人々がたくさんおられますよね。
      ひと昔前にも「反動」、「米帝の手先」などとしか言わない馬鹿な人たちが居ましたけれど、思考停止という点ではソックリです。
  45. よたろう より:
      2010.02.06 at 16:55

  立花さんの昔の評論とはずいぶん趣が違います。検察官は日本の正義を代表しているのですね。都合の悪い裏金問題、自白強要のえん罪事件など、調査評論す る種はいくらであるでしょうに。何かやましいことでもあって、検察にしっぽでも握られているのでしょうか?残念です。

  46. 斜視 より:
      2010.02.06 at 17:57

      立花さん、少しはましなジャーナリストと思っていたが、がっかりです。ジャーナリストとして失格と言うより貴方は”悪”以外の何物でもない。
      今の日本の問題は、三権分立が、絵に描いたモチ、司法も民主主義も否定されていることです。 その辺の事情は貴方が良く解っているはず。
      貴方は、ナゼ、官僚(検察)に手を貸す、悪徳ジャーナリストになり下がったのかと問いたい。

  47. h.kawamura より:
      2010.02.06 at 19:34

    小沢氏が120%白とは誰も思ってはいないと思われます。ここ一~二年の流れから何故に検察及びマスメディアは民主党勢力の低下を意図とするような世論 喚起の行動を取るのか?過去50年来日本を制御して来た( 政治家・官僚及びマスメディア )結果の現在の日本の姿を「是」と考えているのでしょうか。何等意見が述べられない無責任さは何故なのでしょうか?戦後生まれで検証出来ないのが残念です が、日中戦争・太平洋戦争あの当時の流れ、一部の政治家・官僚(軍部)・マスメディアがお祭り騒ぎ的に世論をリードし、気が付いたら、辿り着いたのは8月 15日?このような流れは絶対回避すべきです。
      政治家一個人による独裁化の問題は有権者が制御出来る余地が有りますが、有権者が制御出来ない実質支配者は何かを良く認識し未来に新たな8月15日が来ぬよう算段する必要が有ります。
      (追)
      「検察に追及されてきたのは代々経世会出身者である、なぜ清和会には疑惑が生まれず追及されることはな いのか?」

  48. maru より:
      2010.02.06 at 20:05

      ま、八つ当たりとしか思えない内容ですね。
      「安倍首相は失禁で紙オムツを常用」うんぬんのコラム以来、立花隆のジャーナリズムとしての資質を疑っています。

      小沢を養護するつもりは全くありませんが、証拠がないから起訴しないのは法治国家としては当然の事。
      個人的には起訴はないと思っていました。
      確たる証拠が有ればさっさと起訴していましたよ。
      それがマスコミにリークという形で延々情報を流し、情報操作とも思える事をやってる状況から、肝心な証拠など得ていないと思っていました。

      私が危惧するのはマスコミの態度です。
      検察の流す情報を自ら実証もしないで垂れ流しするのみか、証拠もなくただの推測に過ぎない情報をあたかも事実と言わんばかりの報道も有りました。
      マスコミは検察の広報担当なのかと疑いたくなるほどでした。

      報道されていた裏献金などが実際に有ったかどうかは、私にはまかりません。
      ただ今回の件で、以前大問題になった、被害者の家族を容疑者扱いした”オウム真理教松本サリン事件”以降もマスコミの体質が全然変わっていないのがよくわかりました。

  49. 3人子持ち 30代男 より:
      2010.02.06 at 20:22

      わたしは立花先生のファンでしたが、記事の内容にはとても落胆しました。
      いくらなんでも、石川議員の子持ち女性秘書をだまして、連絡を一切取らせず、非常識な取り調べであったと言わざるを得ません。

      幼稚園に預けてある子供と連絡も取れずに、さぞや淋しかったことでしょう。母親に捨てられたかもしれないと、、悲しんだとしたら、とても許せるものではありません。まだ幼稚園児ですよ。
      いくら証拠集めに必死になっているとしても、卑劣と、世間では言うでしょう。それを怒るならともかく、そんなやり方では駄目だなんでもいいから逮捕しろだなんて・・・。

      病気されてからだいぶ、記事の内容がヒステリックになっているのではないでしょうか?

      みっともなくて残念です。もう引退されたほうがいいでしょう。

  50. ろっど・まっつ より:
      2010.02.06 at 21:05

    仰る通り、小沢は大方黒なんでしょうけれども、証拠がないから不起訴になったんじゃないですか。「間接証拠を積み重ねれば有罪を立証できる」みたいなこ とを仰っていますが、裁判で勝てるなら、検察が起訴しているでしょう。彼らはプロで、立花さんの裁判に関する分析は、完全に素人だな、と思います。でも有 識者なんだから、「素人」ですまないでしょ。ちゃんとしてください。

      そもそも、道義的責任と法的責任を混在してるんじゃないですか?
      歴とした証拠がなければ、法的責任は問えません。

      わたしは、小沢は黒だろうと思うけれども、検察が正義だとも思っていません。
      検察の石川逮捕は不当と思っています。
      証拠があっての逮捕ならまだしも、いつからは日本は、自白・家宅捜索が
      目的で逮捕できるようになったのでしょうか?

      あなたも有識者ならば、逮捕権という暴力装置を持っている検察の暴走をこそ、きちんと監視してください。フェアに、ニュートラルに物事を見られてこそ、真の知性ではないでしょうか。

      ウルトラマンや戦隊モノじゃないんですから、政治家=悪、検察=正義、といった安易な善悪二元論で物事を語るのはやめてもらいたいです。

  51. harry より:
      2010.02.06 at 23:25

      立花 隆も終わったね。
      佐久間特捜部長と麻生・森が昨年1月に仕組んだ国策調査でしょう。
      長銀、福島知事事件で、連敗続きの佐久間が、検察の取調べ可視化が怖くて、起死回生で、鳩山と小沢を調べたんでしょう。
      水谷建設の元会長は、脱税する為に、政治献金したと、偽証する大嘘つきですよ。一審で、すでに認定されています。
      ご病気で、刀も錆びましたね。小渕と八ッ場ダム、森と日本海側の原子力発電所の方が、職務権限もあり、贈収賄まで発展する可能性があったのに、スルーしたんですか?
      応援していましたが、もう引退してください。

  52. 黒雄 より:
      2010.02.07 at 00:42

      不特定多数に「告発」を焚き付けた以上、法律に対する無知に気づいたのかどうだか知らないが、なんの断りもナシにの「ほおかむり」はジャーナリストとして「道義的責任」違反。
      以下記録として残しておきます。

      【隠蔽前】
       そして驚くことには、その「確認書」の製作年月日が、実は問題の記者会見の直前であることがわかってしまったのである。

      ■法治国家の根幹をなす重大犯罪

       さてここで注目していただきたいのは、上の「確認書」の小沢の署名部分である。ごらんの通り、もっともらしいものに見せるために、小沢は政治家個人の小沢一郎と陸山会代表小沢一郎を区別するために、印鑑を押している。
   これは明々白々な有印の私文書偽造なのである。しかもただの私文書偽造ではない。裁判所に提出した証拠物件の偽造であるから、偽造私文書の行使に当た るだろうし、法廷侮辱罪も成立しうるのである。これはどちらも法治国家の根幹をなす重大犯罪で、犯罪事実は明々白々であるから、この一件だけでも、小沢は 逮捕されるべきなのだ。検察が逮捕しないなら、講談社ないし、どこかの市民団体がこの一件で小沢を告発すべきである。

      【隠蔽後】
       そして驚くことには、その「確認書」の製作年月日が、実は問題の記者会見の直前であることがわかってしまったのである。

       さてここで注目していただきたいのは、上の「確認書」の小沢の署名部分である。ごらんの通り、もっともらしいものに見せるために、小沢は政治家個人の小沢一郎と陸山会代表小沢一郎を区別するために、印鑑を押している。
       これは裁判所に提出した証拠物件の偽造であるから、法治国家の根幹をなす重大問題である。

  53. osomatu より:
      2010.02.07 at 01:02

      あまりに軽薄なペンに、いち立花ファンであっても、はずかしくなる思いです。

  54. 一都民 より:
      2010.02.07 at 02:09

      あまりに乱暴な論旨の組み立てにびっくりしました。
      少なくともジャーナリストを名乗る方が明白な事実と憶測記事を混同して
      ストーリーを作り上げている様は今回の検察以下の知性としか思えません。
      今回は報道も異常で明らかに誤報あるいは虚報と言えるものがいくつかありました。
      それらを冷静に分析、吟味されたのでしょうか。
      文章を見る限り感情的に決めつけている印象を受けます。
      証拠も不十分なまま起訴して裁判で争えなどということがまかり通れば、検察に
      都合の悪い人間は誰でも簡単に社会的に抹殺できる世の中になってしまいます。
      検察は間違えても証拠不十分だからグレーだと言ったり、白でも誤りも認めず謝罪もしない
      のは周知の事実です。
      小沢さえ葬れればどんな捜査をやってもいいとでも言いたいのでしょうか。
      現論人としての自覚があるのなら恥を知りなさい。

  55. y.takeuchi より:
      2010.02.07 at 08:20

      官僚(検察)に手を貸す、悪徳ジャーナリストになり下がったのかと問いたい。
      東京地検なんて、アメリカの出先機関です部長クラスもアメリカで仕事をしていた期間が長く、ほとんど日本人のことなど考えていません。親分はアメリカと思ってる。

      今の日本の問題は、三権分立が、絵に描いたモチ、司法も民主主義も否定されていることです。 その辺の事情は貴方が良く解っているはず。
      貴方は、ナゼ、官僚(検察)に手を貸す、悪徳ジャーナリストになり下がったのかと問いたい。

  56. maeda より:
      2010.02.07 at 09:26

       日本での政権交代は、革命革命に匹敵する。中国、北朝鮮と並ぶ政権交代のない国だった。組織や体制には、制度疲労や寿命があることも歴史が示している。「長期政権や権力は腐敗する」ということも経験上知っている。

       そういう中、自民党も賞味期限がとっくに過ぎていたことは大方の読者も思っていただろう。しかし、変える勢力が出てこなかったことに閉塞を感じ、衰退停滞を産んでいたのではないか。

       政策の誤りを認めず、糊塗し、先送りし、対処療法を繰り返し隘路にはまった日本をどうかしてほしい、という願いが政権交代が実現した。

       また、歴史をみれば、体制が変わるときは、体制内の反乱者の協力がなければ実現しないことも事実である。

   小沢一郎は薩長以来続いてきた体制を、東北出身として変えようとしてきたことはこれまでの彼の行動と言動を冷静に見れは、冷徹に一貫してぶれずにきて いる。エスタブリッシュに対して、貧しさから出発した政治家が、体制転覆を考えれば、資金が要ることは当然である。エスタブリッシュはきれいな集金システ ムは既に完成しているので何の苦労もなく集まっている。この意味で、二世、三世政治家が有利であり、このところの総理も金に困ったことのない家系出身であ る。これもまた、閉塞を生んでいる。

      国家を変えるために権力を奪取するためには、資金が要るのは当然である。
       小沢一郎の集金システムを非難するが、特捜が一年間あれだけ強権をふるって追求しても起訴できないのであるから法は犯していないのである。
       

       日本は、法治国家であり、好悪でリンチにかけて溜飲を下げる下賎な、品位のない国だと、中国、北朝鮮に冷笑されないように望む。

  57. kiijima より:
      2010.02.07 at 20:59

      小沢陣営の書き込みが多いようですな。
      不起訴になったからといって、明らかに一般市民に対する説明責任は果たしていないですよ。
      資金の入出力について、マスコミの報道と小沢報道が全然ちがうじゃん。
      小沢が逆に名誉棄損で裁判起こしてください。

  58. 五右衛門 より:
      2010.02.07 at 21:37

    今のマスコミは、意図的に小沢悪しを印象操作して世論を誘導している。もちろん小沢氏にも問題もあろうが、それよりも大きな問題はマスメデイアの世論誘 導。マスコミ報道に対してもっともっと自己検証するようなことが今のメディアには求められていると思う。立花さんともあろうものが、金権追求を錦の御旗に して大衆迎合のお先棒を担ぐようでは日本の物書きはもう終だと感じます。

  59. 杞憂夫 より:
      2010.02.08 at 06:14

      kaname(様) より:2010.02.06 at 07:52 に同感です。
      民主党には期待しましたが、
      一連の言動からして如何わしい小沢幹事長は支持できません。
      臣の不始末は君の責任です。真実は自分で承知している筈なので、
      潔く自分で決着をつけるべきです。

      立花さんの論評への批判の賢愚は後の日の現実で証明されるので、
      支持者として見守りたいと思います。

  60. yosuke より:
      2010.02.08 at 14:59

    現在の立花氏の検察、官僚とのスタンスを見ていると。田中角栄氏の金権政治家のイメージ作りに成功された過去の業績が本当だったかとの疑問を生じます。 偉大な政治家を抹殺した殺人犯ではないかとの疑問です。過去の立花氏の業績を精査してみたくなりました。地元で評価の高い元福島県知事の佐藤氏の裁判も検 察のでっち上げだと思っています。誠実な厚生官僚の村木氏も不当逮捕されています。気に入らない人物をすべて消し去る力を検察は持っています。それに加担 するのは立花氏の昔からの政治的な立ち位置なのでしょう。過去の彼の悪行を再精査しましょう。

  61. ハル より:
      2010.02.08 at 22:25

    今回の小沢氏の一件は凄い成果を残したと思う!過去にこういう事件がマスコミで流れれば、それしか判断材料のない庶民はそれしかない物差しで、悪と判断 するしかない。小沢氏はそういうことを過去に十分経験したうえでこの顛末は想定内の範囲だろう。ある意味 その組織の長に立つのには当然すべてを受ける覚 悟が有ったのは、この国の今までの政治手法を変える本気の表れでしょう。 戦後の日本をここまでにしたのは自民党、特に 田中角栄氏が、敗戦国から新しく 自立した日本国へと、そのリーダーシップによって、世界に堂々たる日本を誇らしめた。
      しかし、それも悪のレッテルを張られ、葬られてしまう。
      検察 メディアが通用しないとなると、日本を代表する企業 トヨタ に矛先は向けられ、今 日本政府に圧力をかけている。

      ここが大切なところ 究極の属国ではない、本当の日米関係(対等でありながら、それぞれの個性は認めあう)時に来ている。

      角栄氏が出来なかったことが、その子弟である小沢氏がやろうとしている気がする。

      日本国に生活圏 、国籍を持つ者にとって、自分の誇りとして自立の道を、アメリカと共に歩もう!アメリカは 多国籍の人たちが尊重し合える国であることは間違いない。星条旗と同じように、日の丸も大事 

      アメリカは日本を取り込みたいだろうが、そうしないほうがいいね!お互いに、二大政党制ならぬ 二国世界性に持っていこう!
      庶民の為、生きている人間の為に。

  62. 柏井松南 より:
      2010.02.09 at 19:54

      川崎さんのコメントにお答えします。
      >逮捕ないし幹事長もしくは議員辞職しなかった場合は立花氏はどのように責任を取られるのだろうか?
      立花氏は何もしません。
   立花氏は「脳を鍛える」などでライフサイエンスや宇宙のことを書いていて、8年ほど前、京大の佐藤教授が「立花隆の無知蒙昧を衝く」という本で、また 谷田さんという方が「立花先生かなりヘンですよ」という本で、立花氏がエントロピー増大の法則や相対論について初歩的誤解をしていること、量子論に言及せ ず CP対称性の破れなどという現代物理を解説(解説というより知ったかぶりのでたらめ)するためサーカスのような奇術的文章を弄していることを糾弾していま すが、立花氏は私の知る限り無視を決め込んだままです。痴の巨人を批判した本ですから当時は話題になり、神戸大学で佐藤教授と立花氏ならべてシンポジウム をやろうとしたのに立花氏はFAXで欠席回答との事でした。
     しかし立花氏は時々よい文章を書く事もあるようです。私は立花氏のファンではありませんのであまり氏の著作をよんでいるわけではありませんが、たとえ ば1年前に廃刊になった月刊現代に連載した「私の護憲論」、廃刊とともに中断したままですが、日本国憲法の成立過程をよく分析、論証していてよい作品だと 思います。それにくらべると、この小沢問題の緊急寄稿は単に偏頗な見方の羅列のみで、石川が虚偽記載を認めたとの報道を鵜呑みにし、仮にそうだとしてもそ の中身に関する言及すらなくあまりにレベルが低くとても同一人物の書いた文章とは思えません。本日の石川会見で、本人は虚偽記載を否定しています。虚報が 多いのです。全日空ホテルで現金授受というのも虚報でした。昨年の西松事件がどうなっているか報道されませんが、都合の悪い事を報道しないのも一種の虚報 と言えます。他の論者が殆ど虚偽記載の成立条件、犯罪の構成要件について論証しているのに立花氏はそう言う議論が存在しないかのように振る舞っています。 このことから立花氏は意図的に小沢排除の煽動をしようとしているのだと思います。
    先日犬の散歩中に、明智探偵のように考え事をしているとふと、立花氏の今までの活動と米国機関の利害が一致しているのではないかということに気がつきま した。田中金脈から始まって、そのバランスをとるように同じ文藝春秋というプラットフォームを使って日本共産党の研究、遺伝子組替え食品への賛美などな ど。上記「私の護憲論」もそう考えると米国の利益に反してはいません。もっと氏の著作を沢山読まれている方が検証されるとどうなるのでしょう。

      上記のように考えるとストンと胸に落ちるのではないでしょうか。何の証拠があってそういうのだと言われれば明確な証拠を持っている訳ではないのですが、しかしそれなら立花氏だって何の証拠もなく小沢が悪い、石川は有罪だといっているではありませんか。

  63. anw より:
      2010.02.10 at 01:44

      小沢擁護側が事実関係に一切触れていないのが失笑モノですな。
      文中で取り上げられている確認書偽造など、まるで無かったかのようなコメントばかり。
      メディアで執拗な小沢擁護を展開する勝谷誠彦が、小沢ラインから様々な仕事を請け負っていたのはつい先日暴露されましたが、
      この擁護コメント群もネットの中で現実世論に影響力の強い所から火消しに掛かる仕事を請け負っているのでしょう。
      (いわゆる2ch系コピペブログは無視される。彼らに現実的な影響力は無いため)
      これだけ反論にもなっていないおかしな擁護がされていると言う事が、図らずも立花氏の影響力の大きさを物語っているだろう。

  64. ニューロドクター乱夢 より:
      2010.02.10 at 22:05

      本当はこんなことを書きたくはないのですけど、書きます。

      新聞広告に、文藝春秋3月号に「政治家」小沢一郎は死んだ 立花隆
      と書いてありました。

      もし、「評論家」立花隆は死んだ と同じ雑誌に書かれたら、立花先生はどう思われますか?なんとも思われないでしょうか?

      そんなことを言われる者の立場に立って考えたことがあるのでしょうか?

      「臨死体験」や「脳死論」などの優れた著書を書かれた先生がこんなに断定的で、非情なことを言われるとは心外で残念でたまりません。

  65. 佐竹 より:
      2010.02.11 at 06:22

      anwさんへ

      ======================
      小沢擁護側が事実関係に一切触れていないのが失笑モノですな。
      ======================

      そのままあなたに返します。

      事実関係は小沢氏が不起訴になったということです。
      これ以外、どんな事実があるというのでしょうか?

      同じ隆でも、もう一方のジャーナリスト、上杉隆氏と比べて、あまりにも恣意的、ヒステリックになってしまった評論家、立花隆の晩節がこのようになってしまい残念です。

      時代は変わってしまったのです。立花さん。

  66. Dr-K より:
      2010.02.11 at 23:47

      他の方と同様、立花氏は尊敬するジャーナリストの1人でしたが、一連のレポートを見てがっかりしたのが正直な感想です。

  私は小沢氏の有罪無罪より、この事件に注目しているのは、まやかしの虚偽報道に満ちあふれている点です。西松建設献金事件で逮捕された、大久保被告につ いて「起訴内容を、大筋で認めていることが関係者の話で分かった。逮捕当初は否認していた」と去年3月の時点で報道されていました。しかし、大久保被告は 一貫して起訴内容を否認し無罪を主張しています。去年3月から虚偽報道が始まっています。

      ちなみに、報告書の虚偽記載か記載ミスか分からないのに「虚偽記載」と断定する報道に習って事実と相違する報道を「虚偽報道」と断定しています。

  その後、石川議員についても同様、「虚偽記載を供述した」という虚偽報道が弁護人から否定されています。いずれも「関係者の話」による虚偽報道なので す。大久保被告も石川議員もこれから事実を巡って検察と対決する訳です。さも、犯罪の事実があったかのような書き方はジャーナリストの姿勢としていかがな ものか、という気がします。

    さらに言うと、自民党本部で証言したり、TVでに登場して「小沢氏が証拠を隠せと指示をした」とセンセーショナルな証言をした金沢某という人物はどう なったのでしょう。ご自分で金沢某の証言が焦点になると断言しておられたように、金沢証言が真実であれば小沢氏を起訴に持っていけるはずですが、なぜか消 え去りました。ジャーナリストとして、この人物が突如登場した背景を疑問に思わないでしょうか?

    もう一つ、偽造された「確認書」は本当に偽造なのでしょうか?確認書は、MS-Wordなどのワープロで作成されていると思います。そのワープロファイ ルの作成日が発表直前であったから怪しいと、大本営発表を鵜呑みにされていました。ところが、最近の過剰に便利なワープロでは、「自動保存」が設定されて いるとファイルを開いている時に勝手に保存されることがあります。したがって、発表前に文章を確認しているときに保存され、作成日付が更新される可能性が あります。

      ワープロソフトの設定によっては、確認書の作成日付が物証だと断定できない訳ですが、この件の報道がピッタリ止んでいますが、どうなっているのでしょうか?

  Twitterなどのネット情報の発達で情報の解釈が多角化したことで、今回の事件での情報ソースと報道を「いかがわしく」感じる人々が増えています (情報リークを露骨にやりすぎたことも一因ですが)。以前のように、記者クラブメディアを盲信しなくなったのはよいことです。

    このコラムに反応された方の多くが失望を表しているのは、過去の「政権与党=悪」ではなく、今の政権に様々な期待を寄せている人が多いからだと思いま す。もちろん、期待感と事実は一致するとは限りませんが、少なくとも小沢氏が不起訴になった時点で、期待感と事実が一致しているはずです。最終的に事実が どうかが問題なのですが、逆の期待感だけで報道されているから失望されるのだと思います。

      今回の一連の事件は、過去の田中角栄や金丸信の事件と時代も背景も全く異なるのです。偉そうな事を書きましたが、今後の捜査状況を追って尊敬するジャーナリストらしいリポートを期待しております。

  67. カーズ より:
      2010.02.13 at 18:21

      なんだろう?
      この小沢一郎擁護一色は。
      なんだろう?
      立花さんのファンだったとか言って持ち上げておいて、引退しろだの、頭が錆びたとか梯子外しは。
      なんかやり方としては陳腐だなあ。
      田中角栄研究で有名になった人、まだご存命で活躍されていたのか、立花さんについてはその程度しか知らないけど、書かれていることは妥当だと思うけど。
      道義的責任と法的責任の区別もしらないとか、罪刑法定主義をしらないとか、批判を超えて非難じゃないか?
      むしろ、そういう形式的な考えでなく、原理原則から、小沢問題を説明しようとしたように思われるし、それはかなり成功しているような気がするんだけど。
      まあ、何にしても「小沢一郎は終わり」に賛成。

  68. まるま より:
      2010.02.15 at 17:10

      “小沢一郎は終りかもしれない”という点では、賛成します。
      ただ、>カーズさん、単に、小沢一郎擁護一色というわけではなくて、半分は検察の行き過ぎを指摘しているだけではないでしょうか。
      書かれていることのソースが検察の言うことを丸呑みにしているので、検察の行き過ぎがここまできているか、そして立花さんもその毒に犯されてしまわれたか、ということでみなさん書き込んでいるのではないですか。
      仮に貴殿のおっしゃるとおり原理原則から小沢問題を説明できていたとしても、ソースがまずい、不確定、というところの問題でしょう、ご指摘の現象については。


 

俺たちが君達を応援している。断固ファイトだ、世直しをやろう!

知裕ファイト、千代美ファイト断固闘うぞ! 

↓クリックすると拡大します。(歌なら、ゆず 栄光の架橋
ネチネチネチネチ、検察はネオネチか、裏金天下りの糞検察は消えろバナー

石川知裕ファイト、北海道11区総支部ファイト!!!知裕ファイト、断固闘うぞ!

ネチネチネチネチ、検察はネオネチか、糞検察は消えろバナー

小林千代美ファイト、北海道5区総支部ファイト!!!千代美ファイト、断固闘うぞ!バナー

ネチネチネチネチ、検察はネオネチか、糞検察は消えろバナー

 ココログのようなタイプのブログならコピーアンドペーストで表示させる事が出来ます。

バナーを使う場合はファイル名を変えないで下さい。(バナー管理の都合です)

 

 植草さんの主権者国民レジスタンス戦線結成の呼びかけ に賛同します。

 幅300px。二コマのコマ送りタイプです。

主権者は私たち国民レジスタンスバナー

 ↓以下のバナーは↑上記バナーの二コマをバラしたもの。

主権者は私たち国民レジスタンスバナー

主権者は私たち国民レジスタンスバナー

 

 幅370px。二コマのコマ送りタイプです。

主権者は私たち国民レジスタンスバナー

 ↓以下のバナーは↑上記バナーの二コマをバラしたもの。

主権者は私たち国民レジスタンスバナー

主権者は私たち国民レジスタンスバナー

 

自End!(自エンド)8・30「祝!政権交代」勝利記念バナー、国民が主人公の政治を

 

 

 政権交代確定後、31日午後に制作したバナーです。植草バナー「心を一つにし断固闘う」シリーズ最後のバナーです。

 「政権交代後、一歩前進慢心せず断固実現主権者は私たち」版。

政権交代後、一歩前進慢心せず断固実現主権者は私たち 政権交代後、一歩前進慢心せず断固実現主権者は私たち

 

クリックで拡大、「攻撃されているのは~」コマの説明
攻撃されているのは小沢氏ではない権力による民衆の希望への攻撃なのです

守ってあげたい / 荒井由実

 ↓大林宏は、関係者によるとw(笑)、漆間と連携・共謀し民主党党首小沢氏を選挙直前を狙い国策捜査。また5月から導入の米国猿まね裁判員制度では盛んに広報していた。さらに郵政詐欺選挙直後のどさくさには共謀罪導入をしようとしていた。その人物像は治安維持法下の特高警察あるいは思想検事。(関連

↓クリックで和製ヒムラーの漆間巌
国策捜査、裁判員制度、共謀罪の推進者大林宏糾弾バナー

国策捜査で自公の犬、検事総長樋渡利秋糾弾バナー

 

 主権者国民の上に検察がいて政治を壟断するかの状況は許せない。腐敗法務官僚法匪を粛正せよ!

↓クリックするとさらに大きくなります。

↓クリックするとさらに大きくなります。

 

 自Endポスターバナーの第52作目です。クリックすると日本社会を荒廃させた小泉・竹中路線のなれのはてと2005・9・11小泉のワンフレーズ郵政詐欺選挙糾弾バナーが出ます。
※追記:その後、特捜の佐久間達哉が在米日本大使館1等書記官で赴任していたと言う話がネットで出てます。米国と言えば連想するのはCIA。
国策捜査を白状した漆間巌官房副長官(事務)元警察庁長官(笑)

 

良質なブログ・情報への入口、中継点を目指します。毎日ワンクリックで自公糾弾
人気blogランキングバナー ニュース・一般/政治」ブログランキング参加中。

 

 TBPのライブリンクをサイドエリアへはりたければ⇒一輪のバラをクリック。

 特にココログの場合で、即行でライブリンクをサイドエリアへはりたければ⇒一輪のバラをクリック。(なお、作業する時にはTBP自民党政治の所を適宜読み替えてください)

倭国大乱を記録するブログの数々♪ブログリストとイメージソングその1その2その3その4その5その6その7。人生の扉 昴 春よ、来い 宙船(そらふね) 地球兄弟 やさしさに包まれたなら 愛は勝つです。

自民党は自Endバナー 自民党は自Endバナー の猫ちゃんつながりにトラックバックしたブログをすべて「倭国大乱を記録するブログの数々」として見つける毎に適宜追加していきます。
(↑クリックするとさらに大きなバナーが出ます(汗))

以下のトラックバック・ピープルに参加してます。
民主党に愛のムチを! いいニャ~自Endバナー
民主党政治と      自民党政治

TBP「社民党や共産党」バナー
主権者は私たち国民と 社民党や共産党
トラックバックしてます。(各バナーとも、クリックでスタート記事に飛びます)

郵政民営化凍結野党共闘政治全般にもす。

※爪ヤスリなら日本の職人さんのいいのをお勧めします。(関連投稿
↓下の広告は単にブランド好きの方向けです。

|

« 立花隆はもう終わりだ(笑)削除関連を徹底採録⇒立花隆が緊急寄稿(1)異例の再聴取の裏を読む「小沢はもう終わりだ」 | トップページ | 立花隆はもう終わりだ(笑)削除遁走を徹底採録⇒立花隆が緊急寄稿(3)小沢と検察、両者の会見から読み取れるもの »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 立花隆はもう終わりだ(笑)削除遁走を徹底採録⇒立花隆が緊急寄稿(2)「小沢不起訴」の先を読む:

« 立花隆はもう終わりだ(笑)削除関連を徹底採録⇒立花隆が緊急寄稿(1)異例の再聴取の裏を読む「小沢はもう終わりだ」 | トップページ | 立花隆はもう終わりだ(笑)削除遁走を徹底採録⇒立花隆が緊急寄稿(3)小沢と検察、両者の会見から読み取れるもの »