« イラクでまるでゲーム感覚で人殺しする恥知らずな米軍映像、自民党の糞は思いやり予算で我々を共犯者にしていた。 | トップページ | 小説書いてる佐藤貝さんとのTwitterを採録しておこう。「頑張れ」の言い換えについてなど。 »

2010年4月11日 (日)

BBS投稿メモ。興味津々(略)>家具職人さん 「グアム移転を含めてその日本側負担は政府が保有している米国債を充当」

8・30の勝利⇒7・11天王山決戦勝利!
↓植草さんのココログへ、、右バナーは モルダウ(我が祖国)スメタナ。
8・30勝利記念バナー

 

No.1352 Re:興味津々頭に入れておきます。>家具職人さん 「グアム移転を含めてその日本側負担は政府が保有している米国債を充当」
投稿者---SOBA(2010/04/11 08:15:07)

>グアム移転を含めてその日本側負担は政府が保有している米国債を充当するというものです。

米国がどんな反応をするか興味津々です。日本と比べ、対米債権国、中国は米国に対してしたたかにそして堂々とやっている印象を持っています。
SOBA:面白いから皆さんに試して欲しいのですが「対米債権国」でググってみて下さい。日本の大手マスコミの記事はトップ頁に出てきません。我々が情報コントロールの真っ只中にいる事をお分かり頂けるでしょう


↓2月に日本、中国と順位が逆転しましたが、3月には再度中国が世界最大の対米債権国になっています。
(httpを3個以上使うとエラーになるので最初のhを削除してます。2個のhttpを文字に使うと効率的)

中国は引き続き世界最大の対米債権国【人民網日本語版】
ttp://j.peopledaily.com.cn/94476/6921132.html

 米国財務省が15日発表したデータによると、今年1月、中国が保有する米国債は8890億ドルで前月比58億ドル減少したが、中国は引き続き世界最大の 対米債権国となった。日本の保有額は3億ドル減少して7654億ドルとなったが、日本も引き続き世界2位の対米債権国となった。その他の主要対米債権国・ 地域をみると、ブラジルが2億ドル、香港が21億ドル、ロシアが176億ドル、それぞれ保有額を減少させ、英国の保有額は279億ドル増加した。

 国務院の温家宝総理は14日に北京で、「米国債は米国国家への信頼を担保とするもので、米国が実際の行動で投資家を安心させてくれることを願う。これは投資家にとってプラスになるだけでなく、米国にとってもプラスになることだ」と強調した。(編集KS)

 「人民網日本語版」2010年3月16日


日本が最大の「対米債権国」に…12月、中国は米国債を放出【Searchina】
【経済ニュース】 2010/02/17(水) 09:29
ttp://news.searchina.ne.jp/disp.cgi?y=2010&d=0217&f=business_0217_027.shtml

  米財務省は16日、2009年12月末の国際資本統計を発表した。日本が保有する米国債残高は前月比で115億ドル(17日為替レートで約1兆370億円)増え、7668億ドル(約69兆1434億円)になった。チャイナネットなどが報じた。

  中国は342億ドル(3兆839億円)減らし、7554億ドル(68兆1134億円)になった。国別の保有残高は日本、中国の順になり、1位と2位が逆転した。

  中国では09年以来、政府関係者からも「通貨問題で、米ドルへの過度の依存から脱却すべき」との声が聞こえてくるようになった。(編集担当:如月隼人)

【関連記事・情報】
“日本が中国抜き、最大の対米債権国に 中国は放出”中国現地の反応は?(2010/02/17)
「中国は米国の人質」−巨大赤字“とばっちり”に懸念と怒り(2009/08/27)
中国の米国債保有高、11月には93億ドル減らし7896億ドルに(2010/01/20)
・米国債の保有残高、中国首位64.4兆円…伸びは鈍化(2009/02/18)
中国が米国に警告「経済改革せねば国債買わない」(2008/12/19)


参考:去年の3月17日の記事。
中国は最大の対米債権国、7千億ドルの米国債【人民網日本語版】
ttp://j.people.com.cn/94476/6615852.html

 米国の工業生産は4カ月連続で低下し、失業率も高いままだ。しかし海外投資家は米国債にいまだ強い興味を示している。米財務省が月曜日に発表した国際資 本流動報告(TIC)によると、今年1月に海外投資家が購入した米国債額は107億ドルに上った。米国債の人気が衰えることを憂慮していた人々は、これで 胸をなでおろした。

 中国はいまだ世界一の対米債権国だ。米財務省の報告によると、中国は現在、米国債全体の6%に上る約7400億元の米国債を保有している。

 今年1月、中国の保有する米国債は122億ドル増加した。日本もこれに続き、1月に88億ドルの米国債を購入した。

 これまでに、米国財務省は経済救援計画の資金として最高記録となる10兆9千億ドルの国債を発行している。政府の莫大な支出が、米国のインフレ率を高め、米国国債の価値を下落させるのではないかと心配する投資家もいる。

 先週、国務院の温家宝総理は第11期全国人民代表大会第2回会議で国内外の記者からの質問に答え、「中国は米国の最大の債権国だ。中国は資産の安全に注 目しており、米国に対しては信用を保持し、約束を守り、中国資産の安全を保証するよう要求する」と述べた。米国ホワイトハウスの報道官は同日、「米国への 投資は世界で最も安全」と述べ、中国の米国国債への投資は安全だと強調した。(編集SN)

 「人民網日本語版」 2009年3月17日

>普天間基地撤去に間して はたともこさんが「連立方程式の解」として
>沖縄等米軍基地問題議員懇談会、川内博史会長の案を紹介されてます。
>ミソは第三遠征海兵師団のローテーション基地を国内で引き受け
>訓練基地はテニアンに移設するということと、グアム移転を含めてその
>日本側負担は政府が保有している米国債を充当するというものです。
>後者は米国のこれまでの対応をみると相当面倒だと思うのですが、国民の
>総意であれば切り開くことは可能ではないでしょうか。
>
>普天間基地移設問題:連立方程式の解 - COMEDICAL「はたともこ」ブログ
>


アメリカ国債(米国債)の引き受け先をグラフ化してみる(2010年2月掲載・2009年12月分データ反映版)
http://news.livedoor.com/article/detail/4610164/

先日【時事通信】な どで、アメリカ合衆国発行の国債(アメリカ国債、以後米国債)の2009年12月末時点における各国別保有高が発表され、日本の保有額が7688億ドルと なり、中国の7554億ドルを抜いて1年4か月ぶりにトップについたことが報じられた。これに伴い当サイトにも「例の米国債グラフを更新してくれ」とのリ クエストが何件か寄せられている。前回の掲載【アメリカ国債の引き受け先をグラフ化してみる(2009年6月掲載・4月分データ反映版)】から半年強経過したこともあり、良い機会なのでデータを更新することにした。

念 のために確認しておくと、「国債」とは(はじめから利率分を割り引いている場合もあるが)「この証書の期限に、書いてある利息分を追加して返すので、お金 を貸してください」という国の借金証明書のことを指す。英語ではTreasury securities(国庫証券)と表現する。

アメリカ政府財務省発行の国債こと「米国債」の引き受け先データはどこで手に入るのか。これは【アメリカ合衆国の国庫部門専用ページ】から入手可能。具体的には【過去のデータはこちら】【直近データはこちら】となる。直近のデータは後ほど細部が修正される場合もあるので、注意を要する。今回もいくつかの国で細かい修正が確認されたので、その再入力には随分と手間がかかった。

該当ページには各国の保有額(新規発行額では無い)が米ドル単位で算出され、海外政府引受分について(以下同)主要国分のデータが掲載されている。そのうち日本をはじめ、主要国上位6か国(エリア)を抽出してグラフ化したのがこちら。2000年3月から最新データの2009年12月分までが対象。毎年期間切り替えの時期があるので、その部分は差が生じないように調整をしてある(要は概要が分かればよい)。

金 融(工学)危機が「現状では」ピークを迎えたとされる2008年10月以降(つまりリーマンショックが底だとする考え方)のデータを見ると、表立った危機 度は後退しているものの、「延焼防止」「隠れた火種の鎮火」のため、全体額がさらにずいぶんと増加しているのが確認できる。逆に言えば発行された米国債 が、危機を押さえつける財源に回されているともいえる。

200912gn2010021713 グラフ

米国債の引き受け先(全体額含む)

前回同様に米国債の増加が著しい状況にあるのが分かる。実質値にして、この半年で2300億ドル(約21兆円)ほど総額が増えており、半年前のグラフ形成 時からややピッチは衰えたものの、上昇カーブを描いていることに違いは無い。また、ドルを基準にした絶対額で見ると、後述するように日本と中国の逆転現象 が(わずかではあるが)起きていることや、イギリスの保有量が増加していること以外は、大まかな各国間の相対関係・状況に変化は無い。

なお※1の石油産出国は中東諸国以外ベネズエラ、インドネシアなども含む。また※2のカリブ諸国の銀行とは俗に言う「タックス・ヘイブン」なところ。実際の金主は不明、というわけだ。

この傾向は、全体額を除いたグラフで見るとさらに明らかになる。

200912gn2010021714 グラフ

米国債の引き受け先(主要国のみ)

いずれもドルベースであることを前提として、ではあるが、柔軟な運用をしていたイギリスが、この半年の間に買い向かいを見せていることが確認できる。またブラジルは地道に、そして2006年中盤以降猛烈な勢いで買い集め、去年前半でやや保有量を減らしたがまた元に戻し、絶頂期に近い量までに戻していることも把握できる。そしてそれ以上に中国が2002年中盤以降大規模な購入をしていることや、日本の保有額が少しずつだが減少していたことが確認できる。

さらに1年ほど前に中国の買い増しスピードが加速をつけ、保有額が日本を超え一時期大きな話題になったあたりで、日本も保有額を減少から増加へと転じているのが分かる。ただこの時期はブラジルを除けば主要各国が保有額を増やしており、何も日本と中国だけの問題では無いのも確かではある。

これらの動向をもう少し詳しく見るために、期間を2006年1月以降に限定したグラフが次の図。

20091220061gn2010021715 グラフ

米国債の引き受け先(主要国のみ、2006年1月〜)

主要国の動向を額面上からまとめると次の通り。

    ・日本……漸減から漸増へ。
    ・イギリス……起伏が激しいが、全体的には横ばい。毎年夏に大きく保有額を増やした後、一気に減らすパターンを繰り返していたが今年はそれが無く、漸増を続けている。
    ・中国……増加。2008年後半から急増、ただし2009年以降は上昇率がゆるやかに。2009年後期は漸減状態に。
    ・カリブ諸国の銀行……2008年9月以降急増。ここ数か月は漸減から漸増へ。
    ・ブラジル……2008年半ばを境に漸減へ。しかしこの半年の間に漸増パターンへ移行。


日本は運用資産のポートフォリオの組み換えをしている最中ということもあり、米国債の保有「額」が漸減していたが、この1年の間に再び増加傾向を見せている。引受依頼があったからか、中国との立ち位置が逆転され外交上の問題が発生したからか、他国債とのリスクを勘案した結果なのか、はたまた他の理由によるものか(後述するように円高要素も無視できない)、このグラフからだけでは判断できない。ただ、前回の記事でも指摘したように、日本は「発行総額に対する比率」で購入額を決めているフシが見られ、この観点で見ればほぼ一定割合を維持している。

一方、中国は2009年5月の8015億ドルをピークに、その後横ばい、さらには漸減傾向を見せている。これが一過性のものなのか、それともポートフォリオの方針変更やその他の理由によるものなのかは不明だが、中国「本土」の保有総額が減少しているのは事実である。「発行総額に対する比率」を見ても法則の継続性を見出すことは難しい。

2009122007110gn2010021716 グラフ

米国債の引受総額(2007年1月〜、前月比、単位:10億ドル)(日本・中国・総額のみ)

ただし直近3年の範囲でも、上記の図のように前月比で保有総額がマイナスとなった月は数多く見受けられ、為替の変動によるお得感や利回り、その他の事情も考えれば特段騒ぎ立てることも無いものと思われる。もっとも2009年12月の中国の減少額は(絶対額で見れば)やや大きいような感もあるが……。

それでは各国の引き受け額が発行額全体に占める割合はどのくらいで、どのような変化を示しているのか。それぞれの比率の比較と、全体軸に配したグラフの双方で表してみる。

200912gn2010021717 グラフ

米国債の引き受け先(全体軸に配したグラフ)


200912gn2010021718 グラフ

米国債の引き受け先(折れ線グラフ)

「米国債の引き受け先(全体軸に配したグラフ)」は6国区分以外のもの(「その他」)を黄色で着色し掲載している。

オイルマネーと呼ばれる石油産出国は「額面上は」買い増しを続けているものの、全体的な比率としては一定枠を維持しているのが分かる。あるいは意図的に、比率を維持しつつ額を上下しているのかもしれない。また先に記したように日本は20%を意識するような動きを見せている。保有総額が増加しているのは発行総額が増加したからであって、2008年後半以降はポートフォリオ的に「発行総額の20%強」というスタイルを維持しているように見える。

日本と似たような現象はイギリスにも見られる。保有額的には直近の最大値を超えているものの、発行総額に対する比率は10%に満たず、過去の定期ルーチン的動きの最大値と比べれば、まだ低水準(≒さらに買い増しが行われる可能性)なのが確認できる。


少なくともこのグラフを見る限り、「国債を持っている(借金証書が手持ちにある)」という意味では、アメリカに対する中国の意見力は増加中である、と考えて間違いない。ただし去年の夏から保有総額は増加傾向を止め、12月に至っては減少を見せている。繰り返しになるが、これがいかなる理由によるものかは今データからだけでは分からない。中国政府当局も特段ステートメントを出していないので、推測も難しい。

また、日本の保有総額の上昇だが、一つに本文中で触れているように「発行総額に対する比率でポートフォリオを組んでいるがための増加」である可能性は否定できない。恐らくはこちらが正解だろう(2000年初頭から2003年あたりまで同様の傾向が見られる)。それと共に円高の進行も要因の一つとして考えられる。この1年に対米ドル相場は 95円台から90円台へ5円も円高が進んでおり、「日本円で」米国債購入の予算を組んだ場合、その分多くの(ドルベースでの)額の米国債が買えることになるからだ。もっともこの場合、満期に達した米国債の償還分をそのまま再購入に充てていたとしたら、「円高云々」は説明にならないことになる。

さらに、今回データを抽出している上で気が付いたことを一つ、最後に挙げておく。これまで保有額では10位台あたりにいた香港が、急激に保有額を増加している。直近一年で約2倍。順位はブラジルに続いて第七位にまで上昇している。

20091220081210gn2010021719 グラフ

米国債引受総額推移(2008年12月〜)(日本・中国本土・香港)(10億ドル)

先に本文中で中国「本土」という表記をしたのも、実はこれが原因。香港は一国二制度(香港行政区基本法)下においての民主化および政党政治が行われ、現時点では 2047年まで資本主義のシステムをとり続けることになっている。とはいえ(表現は悪いが植民地的・従属領域な)中国の領域に違いはなく、独立性・完全な自治権もない。

あるいは中国は香港の持ち分も合わせて、米国債の保有総額を調整しようと考えているのではないだろうか。またはさらに香港の持ち分を増加させるような、何か別の理由があるのかもしれない。今後は日本、中国はもちろん、香港の米国債保有額にも注目していかねばならないだろう。


みんなの人民裁判の党、浅尾慶一郎の「真実は語っても減らないから、いいと言うまで証人国会喚問応じろだと」バナーです。(関連

↓クリックすると拡大します。
みんなの人民裁判の党、浅尾慶一郎の「真実は語っても減らないから、いいと言うまで証人国会喚問応じろだと」

俺たちが君達 を応援している。断固ファイトだ、世直しをやろう!

知裕ファイト、千代 美ファイト断固闘うぞ! 

↓クリックすると拡大します。(歌なら、ゆず 栄光の架橋
ネチネチネチネチ、検察はネオネチか、裏金天下りの糞検察は消えろバナー

石川知裕ファイト、北海道11区総支部ファイト!!!知裕ファイト、断固闘うぞ!

ネチネチネチネチ、検察はネオネチか、糞検察は消えろバナー

小林千代美ファイト、北海道5区総支部ファイト!!!千代美ファイト、断固闘うぞ!バナー

ネチネチネチネチ、検察はネオネチか、糞検察は消えろバナー

 ココログのようなタイプのブログならコピーアンドペーストで表示させる事が出来ます。

バナーを使う場合はファイル名を変えないで下さい。(バ ナー管理の都合です)

 

 植草さんの主権者国民レジスタン ス戦線結成の呼びかけ に賛同します。

 幅300px。二コマのコマ送りタイプです。

主権者は私たち国民レジスタンスバナー

 ↓以下のバナーは↑上記バナーの二コマをバラしたもの。

主権者は私たち国民レジスタンスバナー

主権者は私たち国民レジスタンスバナー

 

 幅370px。二コマのコマ送りタイプです。

主権者は私たち国民レジスタンスバナー

 ↓以下のバナーは↑上記バナーの二コマをバラしたもの。

主権者は私たち国民レジスタンスバナー

主権者は私たち国民レジスタンスバナー

 

自End!(自エンド)8・30「祝!政権交代」勝利記念バナー、心を一つにし断固闘う

 

 

 政権交代確定後、31日午後に制作したバナーです。植草バナー「心を一つにし断固闘う」シリーズ最後のバナーです。

 「政権交代後、一歩前進慢心せず断固実現主権者は私たち」版。

政権交代後、一歩前進慢心せず断固実現主権者は私たち 政権交代後、一歩前進慢心せず断固実現主権者は私たち

 

クリックで拡大、「攻撃されているのは~」コマの説明
攻撃されているのは小沢氏ではない権力による民衆の希望への攻撃なのです

守ってあげたい / 荒井由実

 ↓大林宏は、関係者によるとw(笑)、 漆間と連携・共謀し民主党党首小沢氏を選挙直前を狙い国策捜査。また5月から導入の米国猿まね裁判員制度では盛んに広報してい た。さらに郵政詐欺選挙直後のどさくさには共謀罪導入をしようとしていた。その人物像は治安維持法下の特高警察あるいは思想検事。(関連

↓クリックで和製ヒムラーの漆間巌
国策捜査、裁判員制度、共謀罪の推進者大林宏糾弾バナー

国策捜査で自公の犬、検事総長樋渡利秋糾弾バナー

 

 主権者国 民の上に検察がいて政治を壟断するかの状況は許せない。腐敗法務官僚法匪を粛正せよ!

↓クリックするとさらに大きくなります。

↓クリックするとさらに大きくなります。

 

 自Endポスターバナーの第52作目です。クリックすると日本社会を荒廃させた小泉・竹中路線のなれのはてと2005・9・11小泉のワンフレー ズ郵政詐欺選挙糾弾バナーが出ます。
※追記:その後、特捜の佐久間達哉が在米日本大使館1等書記官で赴任していたと言う話がネットで出てます。米 国と言えば連想するのはCIA。
国策捜査を白状した漆間巌官房副長官(事務)元警察庁長官(笑)

 

良質なブログ・情報への入口、中継点を目指しま す。毎日ワンクリックで自公糾弾
人気blogランキングバナー ニュー ス・一般/政治」ブログランキング参加中。

 

 TBPのライブリンクをサイドエリアへはりたければ⇒一輪のバラをクリック。

 特にココログの場合で、即行でライブリンクをサイドエリアへはりたければ⇒一輪のバラをクリック。(なお、作業する時にはTBP自民党政治の所を適宜読み替えてください)

倭国大乱を記録するブログの数々♪ブログリストとイメージソングその1その2その3そ の4その5その6その7。人生の 扉 昴 春よ、来い 宙船(そらふね) 地球兄弟 やさしさに包まれたなら 愛は勝つです。

自民党は自Endバナー 自民党は自Endバナー の猫ちゃんつながりにトラックバックしたブログをすべて「倭国大乱を記録するブログの数々」として見つける毎に適宜追加していきます。
(↑クリッ クするとさらに大きなバナーが出ます(汗))

以下のトラックバック・ピープルに 参加してます。
民主党に愛のムチを! いいニャ~自Endバナー
民主党政治と      自民党政治

TBP「社民党や共産党」バナー
主権者は私たち国民と 社民党や共産党
トラックバックしてます。(各バナーとも、 クリックでスタート記事に飛びます)

郵政民営化凍結野党共闘政治全般にもす。

※爪ヤスリなら日本の職人さんのいいのをお勧めします。(関連投稿
↓下の広告は単にブランド好きの方向けです

|

« イラクでまるでゲーム感覚で人殺しする恥知らずな米軍映像、自民党の糞は思いやり予算で我々を共犯者にしていた。 | トップページ | 小説書いてる佐藤貝さんとのTwitterを採録しておこう。「頑張れ」の言い換えについてなど。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: BBS投稿メモ。興味津々(略)>家具職人さん 「グアム移転を含めてその日本側負担は政府が保有している米国債を充当」:

« イラクでまるでゲーム感覚で人殺しする恥知らずな米軍映像、自民党の糞は思いやり予算で我々を共犯者にしていた。 | トップページ | 小説書いてる佐藤貝さんとのTwitterを採録しておこう。「頑張れ」の言い換えについてなど。 »