« 官僚主導放送法改悪を衆院強行採決した民主党の迷走。革命政権の無知混乱に乗じて色々やるのは世の常だがそれにしてもで絶句。 | トップページ | 鳩山対小沢。佐藤優 官僚のクーデター、小沢一郎よ平成の悪党になれ。@ラジオ文化放送の『くにまるワイド ごぜんさま』 »

2010年6月 2日 (水)

【ビデオ配信】緊急両院議員総会(鳩山総理辞任表明)

 8・30の勝利⇒7・11天王山決戦勝利!
↓植草さんのココログへ、、右バナーはモルダウ(我が祖国)スメタナ。
8・30勝利記念バナー

 

2010/06/02
【ビデオ配信】緊急両院議員総会

<ビデオ>
 300k
 http://asx.pod.tv/dpj/free/2010/20100602soukai_v300.asx
 56k
 http://asx.pod.tv/dpj/free/2010/20100602soukai_v56.asx

参考:「.wvx 」や「.asx 」の見やすい、また確実に見るやり方。(特にMacの場合はWMP単独アプリがお勧め。インターネットラジオでも同じ。)

 

NHKニュース 鳩山首相 辞意を表明 【高画質版】
http://www.youtube.com/watch?v=_XwsoEc-xHE


 以下、資料として採録。

鳩山首相の退陣発言全文【西日本新聞】(SOBA:抜け部分も多いようです)
http://www.nishinippon.co.jp/nnp/item/175752
2010年6月2日 12:58

 鳩山由紀夫首相の2日の民主党両院議員総会での発言全文は次の通り。

  お集まりのみなさんありがとうございます。そして国民の皆さんありがとうございました。昨年の暑い夏の戦いの結果、日本の政治の歴史は大きく変わった。国民の判断は決して間違っていなかった。若く素晴らしい国会議員がすくすくと育ち、国会の中で活動を続けています。国民の判断のおかげであります。

  政権交代によって国民の皆さんの暮らしが必ず良くなるとの確信の下で、皆さんにお選びいただき、首相として今日までまいりました。皆さん方と協力して「日本の歴史を変えよう。官僚任せの政治ではなく、政治主導、国民が主役になる政治をつくろう」と思いながら今日まで頑張ってきたつもりであります。
今日お集まりの国会議員と一緒に、国民のために予算をつくれたことを誇りに思っています。子ども手当、高校無償化も始まっています。子どもにやさしい、未来に魅力ある日本に変えていこう。決して間違っていないと確信をしています。産業を活性化しなくてはいけない。特に1次産業が厳しい。農業の戸別所得補償制度がスタートしています。1次産業が2次産業、3次産業とあわせて再生する日も近いと確信しています。

 さまざまな変化が国民の暮らしに起きています。水俣病もそうです。医療崩壊が始まっている地域をなんとかしないといけない。医療費をわずかですが増やすことができたのも国民の意思だと思っています。

 残念なことに、私たち政権与党の姿が国民の心に映っていません。徐々に聞く耳を持たなくなってしまった。そのことは残念でならないし、不徳の致すところと思っています。その原因を二つだけ申し上げます。

  一つは普天間(飛行場移設)の問題でしょう。徳之島の皆さんにもご迷惑をお掛けしております。ただ、本当に沖縄の外に米軍基地をできる限り移すため努力しないといけない。沖縄の中に基地を求めることがあたりまえではないだろうと、半年間努力してまいりましたが、結果として、できませんでした。これからも県外に移すよう努力することは言うまでもありませんが、一方で北朝鮮が韓国の哨戒艦を沈没させる事案が起きています。日米の信頼関係を保つことが東アジアの平和のために不可欠との思いで、残念ながら沖縄に負担をお願いせざるを得なくなりました。沖縄の皆さんにもご迷惑をお掛けしています。

 社民党さんに政権離脱という厳しい思いをさせたことが残念でなりません。国民新党とともに一緒に今まで仕事をさせていただいた。これからもできる限りの協力をと、申し上げたい。さらに沖縄の皆さんにも、できる限り県外に米軍基地を少しずつでも移すことができるよう、新しい政権として努力していくことが大切だと思います。「社民党より日米を重視した。けしからん」との思いも分からないではありません。日米の信頼を何としても維持していかなければいけないという悲痛な思いを、ぜひご理解願いたいと思います。

 いつかは日本の平和を日本人自身でつくりあげていくときを、求めないといけない。米国に依存を続けて良いとは思いません。ここをぜひご理解いただき、鳩山の「少しでも県外に」との思いをご理解願えればと思います。その中に私は普天間問題の本質があると思っています。あなた方の時代に、日本の平和を日本人自身で見詰めることができる環境をつくることを、日米同盟の重要性は言うまでもありませんが、一方でも模索していきたい。社民党を政権離脱という厳しい道に追い込んでしまった厳しい責任は負わないといけない。

 いまひとつは「政治とカネ」の問題でした。自民党を飛び出し、さきがけ、さらには民主党をつくってきたのも「自民党政治ではダメだ。もっとお金にクリーンな政治をつくらねば」との思いでした。結果として自分自身の政治資金規正法違反の問題で大変なご迷惑をおかけしたことは申し訳ない。なぜクリーンであるはずの民主党の代表がこんな事件に巻き込まれるのかと、お怒りになったことと思います。そのような「政治とカネ」の問題に決別する民主党を取り戻したいと思っております。皆さんいかがでしょうか。

 私自身も、この職を引かせていただくことになりますが、小沢(一郎)幹事長にも政治資金規正法の議論があるのは周知のことと思います。先般、2度ほど幹事長ともご相談しながら「私も引きます。幹事長も恐縮ですが、幹事長の職を引いていただきたい。そのことによって新しい民主党、よりクリーンな民主党をつくりあげることができる」と申し上げました。幹事長も「分かった」と申されたのでございます。

 小林千代美議員にも責めを負っていただきたい。高い壇上から申し上げるのも恐縮ですが、クリーンな民主党に戻そうではありませんか。そのための努力を皆さんにお願いします。そうなれば必ず、国民の皆さんがまた民主党に対して聞く耳を持ってくれる。国民の皆さんの声が通る新しい政権に生まれ変わると。

  しばしば宇宙人だと言われております。勝手に解釈すれば、今から5年、10年、20年先の姿を国民に申し上げている姿が、そう映っているのではないかと思います。例えば地域主権。原口(一博総務)大臣が先頭を切って「国が上というのはおかしい。地方が主役になる日本にならなきゃならない」と。国会議員や官僚が威張っていた中央集権の世の中に風穴があいた。一括交付金など大きな変化ができつつある。5年、10年たてば「こういうことだったのか」と分かってくれると。

 「新しい公共」もそうです。今までの仕事を「公」に開くことをやろうじゃありませんか。国民の皆さんが主役になる、そういう政治をつくりあげることができる。まだ「新しい公共」自体がなじみが薄くてよく分からないと思われているかもしれません。官僚独占ではなく、できるだけ民ができるように変えていく、そういう力を貸していただきたいと思います。

 東アジア共同体もそうです。必ずその時代がくるんです。国境を感じなくなる時代をつくっていく。新しい民主党の、新しい政権を皆さんでおつくりいただきたい。

  韓国の済州島に行って、ホテルの部屋の先にテラスがありました。テラスに1羽のヒヨドリが飛んでまいりました。わが家のヒヨドリが飛んできたと勝手に解釈して、この鳥も「早く自宅に戻ってこいよ」と招いているように感じたところであります。雨の日には雨の中を、風の日には風の中を自然に歩けるように、国民の未来を見詰めながら、対話の中で新しい時代をつかみ取っていこうではありませんか。そのことを申し上げながら、ふつつかな私ではありますが、8カ月余り先頭を立って歩ませてもらったことに感謝を申し上げ、国民の皆さんへのメッセージとさせていただきます。ご清聴ありがとうございました。

 

【首相辞任】退陣表明後、小沢幹事長とがっちり握手【産経】
2010.6.2 10:52
http://sankei.jp.msn.com/politics/situation/100602/stt1006021053000-n1.htm

20100602stt1006021056002p4 民主党の両院議員総会で退陣を表明し、涙ぐむ鳩山首相=2日午前、国会


20100602stt1006021056002p5 民主党の緊急臨時両院議員総会で辞意表明をした鳩山首相(左)。会のはじめには小沢幹事長と握手を交わした=2日午前、国会(大西正純撮影)


20100602stt1006021053000p2 民主党の緊急臨時両院議員総会で唇をかみしめながら辞意を表明する鳩山由紀夫首相=2日午前、国会内(酒巻俊介撮影)


 鳩山由紀夫首相は2日午前、民主党の緊急両院議員総会で退陣を表明した後、幹事長辞職を応じることになった小沢一郎幹事長とがっちり握手をした。

 同党の国会議員の間からは、退陣表明を終えた首相に対して、拍手が起こった。

 

小沢氏が引導電話「政権もたぬ」…検証1【読売】
http://www.yomiuri.co.jp/feature/20100602-570753/news/20100602-OYT1T01213.htm

記者団の質問を左手でさえぎりながら退席しようとする鳩山首相(2日、首相官邸で)=鷹見安浩撮影

 1日午後10時ごろ。民主党の小沢一郎幹事長は首相公邸にいた鳩山由紀夫首相に電話した。

 鳩山、小沢、そして輿石東参院議員会長との2度目の3者会談から3時間余りが過ぎていた。

 「参院が止まれば、法案が1本も通らなくなる。政権運営なんて、できないんだよ」

 小沢は、社民党の連立政権離脱の影響を、丁寧に説明した。小沢からの事実上の最後通牒(つうちょう)だった。

 鳩山の記者団への説明では、5月31日の最初の3者会談で既に、小沢に辞意を伝えたという。だが、鳩山は2度の3者会談とも、辞任の時期や方法などは具体的に語らず、条件さえつけた。

 このため、「本音は続投だ」と受け止められた。小沢との1日夜の電話が、鳩山の辞任を決定づけた可能性が高い。

 この電話会談の約1時間後、鳩山に近い中山義活首相補佐官がひそかに公邸を訪れた。激励するつもりだった。その中山に、鳩山は言った。

 「今まで、ありがとう。『雨天の友』をこれからも大切にしたい」

 中山は鳩山の辞意を悟った。鳩山と中山の会話の横で、鳩山の妻、幸が静かに、クッションに綿詰めをしていた。(敬称略、肩書は当時)

 検証2はこちら

(2010年6月3日03時10分  読売新聞)
 

社民切りが「小沢氏の許容範囲超えた」…検証2【読売】
http://www.yomiuri.co.jp/politics/news/20100602-OYT1T01221.htm

 鳩山が福島罷免に踏み切る前日の5月27日夜。民主党の小沢一郎幹事長はひそかに首相公邸に入り、鳩山と向き合った。

 小沢は大詰めを迎えていた沖縄県の米軍普天間飛行場移設問題で「沖縄県内移設」に反対する福島に配慮するよう、「円満解決」を求めた。「福島は続投。社民党も連立政権に残る」という小沢の主張に、鳩山は反論しなかった。

 ところが鳩山は翌28日朝にオバマ米大統領と電話で会談したことを境に、豹変(ひょうへん)する。移設先を「同県名護市辺野古」と明記した対処方針に踏み切り、福島を閣議での署名拒否に追い込み、罷免した。鳩山から小沢への事前の連絡はなかった。

 「どうして鳩山が変わったのか。分からない」

 小沢は衝撃を受けた。

 小沢が「政府の仕事」として介入を避けてきた普天間問題に口を出したのは、社民党との連立瓦解は、小沢の参院選戦略や国会運営を根幹から揺るがすと分かっていたからだ。小沢周辺は「鳩山は自覚もないままに、小沢の許容範囲を超えてしまった」と振り返る。

 「鳩山降ろし」のシナリオが一気に描かれた。「6月2日か3日に鳩山が退陣を表明。その週末には代表選挙で後継を選出」というものだった。一気呵成(かせい)に事を運べば、「新首相」への“ご祝儀”もあって、参院選に多少でもプラスになるとの読みもあった。小沢の信頼が厚い中堅議員は「鳩山で選挙に臨めば民主党は30議席を割る。鳩山以外なら、誰が首相でも30議席は確保できる」と解説する。

 小沢と民主党の輿石東参院議員会長は5月31日、鳩山と国会内で会談した。わずか5分。小沢が切り上げた。直後の鳩山と中国の温家宝首相との夕食 会に小沢が配慮したと言われる。鳩山はこの短時間に「辞意を伝えた」と主張する。小沢周辺は「鳩山は続投に意欲を示した」と反論する。参院幹部は「鳩山は 『辞める』とは言ったが、いつ、どういう形で辞めるかはっきり言わず、条件さえつけた」と、鳩山の言い方を巡る双方の受け止め方が違ったことを示唆する。

 翌1日の2度目の鳩山、小沢、輿石の3者会談で、鳩山は「幹事長にも身をひいていただきたい」と「道連れ」を迫ったとしているが、小沢は「互いに期することで一致したということだ」と言うばかりだ。

 「小沢は自身の資金管理団体『陸山会』の事件で、検察審査会の2度目の議決をにらみ、ここで身をひいた方が得策と考えた」との見方もある。「道連れ」ではなく、小沢が自発的に辞任を決意したというのだ。

 小沢側近は「首相がああいう説明をしている以上、そうだというしかない。小沢さんは鳩山さんのメンツをたてた」と語る。一方、鳩山側近は「首相が 辞めた最大の理由は自身と小沢の『政治とカネ』の問題だ。2人がひくことで少しでも参院選でいい結果が出るようにと、ずっと思っていた」と、鳩山が早くか ら辞意を胸に秘めていたと証言する。(敬称略、肩書は当時)

 検証3はこちら

(2010年6月3日03時10分  読売新聞)
 

「逆風」の強さ肌で感じ「参院の乱」…検証3【読売】
http://www.yomiuri.co.jp/politics/news/20100603-OYT1T00001.htm

 「ビラも受け取ってもらえない」

 「目の前で名刺を破られた」

 5月30日夜、民主党の高嶋良充参院幹事長の携帯電話に、地元での活動に奔走する参院選候補たちの悲鳴が続々と寄せられた。

 「これじゃあ、みんな討ち死にですよ」

 高嶋が輿石に伝えた。それが、「鳩山降ろし」へと輿石が突き動かされていく原動力となった。輿石自身も改選を迎える。「逆風」の強さは肌で感じていた。

 31日の3者会談で輿石は鳩山に「社民党抜きでは選挙だって、国会運営だって厳しい。郵政改革法案だって、廃案になりかねない」と訴えた。翌1日の2度目の会談では、語気鋭く「参院ではあなたの問責決議案だって可決しかねない情勢だ」と伝えた。

 2度目の3者会談は約30分。そのほとんどの時間を輿石が一方的にまくし立てる展開となった。

 輿石らによる「参院の乱」によって、鳩山が辞任を表明した2日夜。輿石、高嶋ら参院幹部は東京都内にある、輿石のなじみの居酒屋で酒を酌み交わし た。出席者の一人は「まだおめでとうじゃない」と、鳩山の辞任の影響がどの程度のものになるか、測りかねる様子で不安を口にした。(敬称略、肩書は当時)

 検証4はこちら

(2010年6月3日03時10分  読売新聞)
 

「あの親指は何だ」思いも寄らぬ波紋…検証4【読売】
http://www.yomiuri.co.jp/politics/news/20100603-OYT1T00006.htm

 鳩山の進退を巡る攻防が一気に鳩山不利に傾いたのは6月1日夕、小沢らとの2度目の会談を終えた後。

 「続投か」と質問する記者団に、左手の親指を立ててみせたことが、思いも寄らぬ波紋を広げたのだ。

 「サムアップ」と呼ばれる「承認」「同意」など前向きな姿勢を示すしぐさに多くの人が「続投で乗り切った」と受け止めた。鳩山は「自分の心を外に は一切出さないように努めた」と説明、辞意を隠し、あえて元気を見せるための動作だったことを示唆している。だが、党内では「あの親指は何だ」「参院の危 機的な状況が分かっていない」と反発も呼んだ。所属国会議員の間では「サムアップ」への批判がメールや電話で飛び交った。

 「『鳩山降ろし』は改選を迎える参院議員の一部に過ぎない」と強気だった鳩山周辺も、「あれで衆院側にも火がつき、包囲網から逃げられなくなった」と頭を抱えた。

 2日午後。鳩山はわずか8か月半の滞在となった首相官邸の執務室の片づけに着手した。簡易投稿サイト「ツイッター」には「これからは総理の立場を離れ、人間としてつぶやきたい」と、早くも心は辞任後に飛んでいる様子をつづった。

 そんな吹っ切れた様子の鳩山も、幸夫人の“説得”には苦労したようだ。この日、慰労に訪れた中井国家公安委員長が「奥さんもほっとされているだろう」と声をかけると、鳩山は「理解してもらうのが大変だった」と答えた。(敬称略)

(2010年6月3日03時10分  読売新聞)
 
 
岡田外相、菅氏支持を表明【読売】
http://www.yomiuri.co.jp/feature/20100602-570753/news/20100603-OYT1T00443.htm

 岡田外相は3日午前、民主党代表選で菅副総理を支持する意向を明らかにした。

(2010年6月3日11時55分  読売新聞)
 
 
前原国交相も菅氏支持の意向表明【読売】
http://www.yomiuri.co.jp/feature/20100602-570753/news/20100603-OYT1T00460.htm

 前原国土交通相は3日、民主党代表選で菅副総理を支持する意向を明らかにした。

 記者団の質問に答えた。

(2010年6月3日12時08分  読売新聞)

 

『同時辞任』小沢氏が前日提案 拒んだ首相と距離感【東京新聞】
http://www.tokyo-np.co.jp/article/politics/news/CK2010060202000078.html
2010年6月2日 朝刊

 鳩山由紀夫首相の進退問題は、民主党の小沢一郎幹事長、輿石東参院議員会長との再会談でも結論を持ち越した。参院民主党側は小沢氏に「鈴付け役」を期待する一方、首相も小沢氏の存在を頼みにする。小沢氏を挟んで首相と参院側が綱引きする構図の中、小沢氏がここにきて首相との距離を置き始めたのではないかとの見方も広がっている。

 首相は、党から対応を一任された小沢氏が支持してくれれば、続投で押し切れると期待し、会談に臨んだ。首相は、政治資金をめぐる事件で追い込まれた小沢氏を一貫して支持してきた。今度は「貸し」を返してもらう番というわけだ。

 だが首相の思惑に反し、結論は出なかった。小沢氏には続投で強引にまとめる気がなかったということだ。もともと小沢氏は、首相を続投させる意向だとみられていたが、一歩引いた姿勢を取ったのは、参院民主党を牛耳る輿石氏が首相退陣論に傾いているからだ。

 輿石氏は「鳩山首相の下では参院選は戦えない」との参院改選組の悲鳴を背負い、自身も地元・山梨選挙区の情勢が厳しいと伝えられる。小沢氏にとっては、参院の仕切り役として信頼してきた輿石氏を失えば、参院運営はままならない。小沢氏は参院側の動向を見極めているというのが、側近の見方だ。

 小沢氏は三十一日午後に首相と会談した際には、一度は同時に辞めるよう持ちかけたが、首相は首を縦には振らなかったとされる。首相が拒否する以上、小沢氏といえども「上司をクビにはできない」(党幹部)のが実情で、これが進退問題の決着が遅れている原因だ。

 首相が参院側の圧力を振り切り、あくまでも居座るのか。それとも小沢氏が引導を渡すのか。 (政治部・竹内洋一)

 

岩手県の達増知事「福島氏罷免はまずい。約束守るべきだった」 (1/2ページ)【産経】
http://sankei.jp.msn.com/politics/local/100531/lcl1005311433004-n1.htm
2010.5.31 14:31
記者会見で鳩山内閣の政権運営を批判する岩手県の達増拓也知事記者会見で鳩山内閣の政権運営を批判する岩手県の達増拓也知事

 岩手県の達増拓也知事は31日の記者会見で、米軍普天間飛行場移設問題で社民党の福島瑞穂党首が閣僚を罷免され、同党が連立政権から離脱したことについて、「罷免はまずかったと思う。3党合意は最後まで守るべきだった」などと述べ、鳩山由紀夫首相の政権運営を批判した。社民党に対しては「今回の決定が3党合意にある『(在日米軍基地の在り方の)見直しになっていない』というのは、なるほどと思う」と理解を示した。

 達増知事は民主党籍を持ち、同県選出の小沢一郎幹事長とも極めて近い関係にあり、この時期の官邸批判や社民党への好意的発言は注目に値する。

 達増知事は鳩山内閣の支持率低下について、「今のままだと、連立政権発足時の約束が破られたままで、鳩山内閣の存立基盤自体が崩壊したことになる。高支持率は期待できない」と指摘。「いい約束を守れる志の人たちで、改めて約束をし直すことが必要だ。社民の人たちはそういう志を持っており、排除すべきでない」と述べ、3党連立の再構築を求めた。ただ、鳩山首相の進退については「党の中で決めるべきだ」と明言を避けた。

(2/2ページ)
 その上で、達増知事は「昨年9月の3党合意の作り方に齟(そ)齬(ご)があったのではないか。実際にどういう約束をしたのか。当事者間で今すぐに総括を行い、国民の前でけりをつけてほしい」と強調。当時の民主党幹事長だった岡田克也外相の責任に言及した。さらに、「当時、新しい幹事長に決まっていた小沢一郎さんが仕切っていたら、こんなことにならなかった」と述べた。

 また、今回の政府決定について「冷戦時代の思考にとらわれ、脱皮できていない」と批判した。

 

首相退陣論強まる 小沢・輿石両氏に対応一任 民主(1/2ページ)【朝日】
http://www.asahi.com/politics/update/0531/TKY201005310459.html
2010年5月31日23時30分

民主党の小沢一郎幹事長らとの会談を終え、大臣室から退出する鳩山由紀夫首相=31日午後5時52分、国会内、飯塚悟撮影

幹事長室を出る民主党の小沢一郎幹事長=31日午後7時18分、国会内、高橋雄大撮影

 鳩山由紀夫首相は31日、国会内で民主党の小沢一郎幹事長、輿石東参院議員会長と会談し、一両日中に参院選に向けた対応を協議することを決めた。参院側 に首相退陣論が強まっていることを踏まえたもので、党役員会では小沢、輿石両氏に対応を一任することを確認した。首相に対する党内の見方は厳しく、今後、 首相の進退に発展する可能性が出てきた。

 首相と小沢、輿石両氏の会談は国会内で約5分間行われた。会談は首相が両氏に呼びかけたという。その後の役員会で小沢氏は「きょう呼び出されて鳩 山首相に会ったが、5分、10分しかなかった。一両日中にもう一度、3人で会い、参院選について話し合うので一任してほしい」と提案。最終的に小沢、輿石 両氏に対応を一任することを確認した。

 続いて開かれた正副幹事長・党務委員長代理会議で、小沢氏は「社民党が政権を離脱し、終盤国会の運営は非常に厳しくなった。それ以上に、参院選の 情勢は非常に厳しい」と強調。生方幸夫副幹事長が「大変厳しいという状況認識は我々も一緒だ。ぜひ両院議員総会を開いて党内の意見を聞いてほしい」と求め ると、小沢氏は「分かった」と答えたという。

 党役員会後、参院幹部は記者団に「一任とは首相の進退を含めて一任なのか」と問われ、「そうだ」と答えた。首相は6月1日、口蹄疫(こうていえき)問題で揺れる宮崎を訪問し、同日夕に帰京。3者会談は1日夕以降に開かれる見通しだ。

 首相退陣論は31日、参院民主党を中心に表面化。輿石氏と高嶋良充参院幹事長、平田健二参院国会対策委員長は役員会に先立って国会内で会談し、「このままでは終盤国会の運営や参院選が厳しい」との認識で一致した。

 高嶋氏は記者団に「非常に深刻な事態に陥っている」と指摘。記者団から「首相退陣以外に局面打開の道はないということか」と問われ、「選挙を戦っている議員からはそういう声が圧倒的に寄せられているのは事実」と語った。

(2/2ページ)

 これに対して、小沢氏に批判的な渡部恒三元衆院副議長は「鳩山君だけに責任をかぶせて、もっと悪いやつが生き残るなんてなったらもっと悪くなっちゃう」 と指摘。別のベテラン議員も「首相を降ろせば、小沢氏も連帯責任だ」と語り、首相が辞任すれば小沢氏の幹事長辞任にもつながるとの見方を示した。

 鳩山首相は31日夜、記者団から3者会談の内容を問われて「厳しい局面だけれども、国家国民のために3人で力を合わせてがんばろうとの打ち合わせだ」と説明。「首相の続投について確認したのか」と問われ、「それは当然だ」と語った。

 一方、野党側は攻勢を強めている。自民、公明など野党各党は衆院側で内閣不信任決議案を提出する方向で調整。参院自民党も首相の問責決議案を参院に提出することも協議している。

     ◇

 31日夕の民主党役員会の主なやりとりは出席者によると次の通り。

 小沢幹事長 きょう呼び出されて鳩山首相と会った。ただ、5分、10分しかなかった。一両日中にもう一度(首相、輿石東参院議員会長の)3人で会う。参院選について話し合うので一任してほしい。お任せいただけるか。

 山岡賢次国会対策委員長 一任、一任。

 小川敏夫広報委員長 今の体制では参院選は戦いにくい。情勢は極めて厳しい。

 参院幹部 改選の候補者の気持ちは、輿石会長がよくわかっているので、それを首相に代弁して伝える。

 石井一選挙対策委員長 二つある。一つは(社民党の)渕上貞雄・選挙対策委員長が「党と政府は違うので、今後とも選挙協力したい」と言ってきた が、こういう事態になったので1人で決められる話ではない。もう一つは、内閣支持率が10%台に入って厳しいが、ここで首相を代えても、支持率が上がり、 状況が好転するとは思えない。

 小沢氏 石井委員長の発言があったので、そういうことも念頭に話し合いたい。状況が混沌(こんとん)としているので、今後緊急の役員会を開くかもしれないからよろしく。

(最初に戻る)


 

 みんなの人民裁判の党、浅尾慶一郎の「真実は語っても減らないから、いいと言うまで証人国会喚問応じろだと」バナーです。(関連

↓クリックすると拡大します。
みんなの人民裁判の党、浅尾慶一郎の「真実は語っても減らないから、いいと言うまで証人国会喚問応じろだと」

俺たちが君達 を応援している。断固ファイトだ、世直しをやろう!

知裕ファイト、千代 美ファイト断固闘うぞ! 

↓クリックすると拡大します。(歌なら、ゆず 栄光の架橋
ネチネチネチネチ、検察はネオネチか、裏金天下りの糞検察は消えろバナー

石川知裕ファイト、北海道11区総支部ファイト!!!知裕ファイト、断固闘うぞ!

ネチネチネチネチ、検察はネオネチか、糞検察は消えろバナー

小林千代美ファイト、北海道5区総支部ファイト!!!千代美ファイト、断固闘うぞ!バナー

ネチネチネチネチ、検察はネオネチか、糞検察は消えろバナー

 ココログのようなタイプのブログならコピーアンドペーストで表示させる事が出来ます。

バナーを使う場合はファイル名を変えないで下さい。(バ ナー管理の都合です)

 

 植草さんの主権者国民レジスタン ス戦線結成の呼びかけ に賛同します。

 幅300px。二コマのコマ送りタイプです。

主権者は私たち国民レジスタンスバナー

 ↓以下のバナーは↑上記バナーの二コマをバラしたもの。

主権者は私たち国民レジスタンスバナー

主権者は私たち国民レジスタンスバナー

 

 幅370px。二コマのコマ送りタイプです。

主権者は私たち国民レジスタンスバナー

 ↓以下のバナーは↑上記バナーの二コマをバラしたもの。

主権者は私たち国民レジスタンスバナー

主権者は私たち国民レジスタンスバナー

 

自End!(自エンド)8・30「祝!政権交代」勝利記念バナー、心を一つにし断固闘う

 

 

 政権交代確定後、31日午後に制作したバナーです。植草バナー「心を一つにし断固闘う」シリーズ最後のバナーです。

 「政権交代後、一歩前進慢心せず断固実現主権者は私たち」版。

政権交代後、一歩前進慢心せず断固実現主権者は私たち 政権交代後、一歩前進慢心せず断固実現主権者は私たち

 

クリックで拡大、「攻撃されているのは~」コマの説明
攻撃されているのは小沢氏ではない権力による民衆の希望への攻撃なのです

守ってあげたい / 荒 井由実

 ↓大林宏は、関係者によるとw(笑)、 漆間と連携・共謀し民主党党首小沢氏を選挙直前を狙い国策捜査。また5月から導入の米国猿まね裁判員制度では盛んに広報してい た。さらに郵政詐欺選挙直後のどさくさには共謀罪導入をしようとしていた。その人物像は治安維持法下の特高警察あるいは思想検事。(関連

↓クリックで和製ヒムラーの漆間巌
国策捜査、裁判員制度、共謀罪の推進者大林宏糾弾バナー

国策捜査で自公の犬、検事総長樋渡利秋糾弾バナー

 

 主権者国 民の上に検察がいて政治を壟断するかの状況は許せない。腐敗法務官僚法匪を粛正せよ!

↓クリックするとさらに大きくなります。

↓クリックするとさらに大きくなります。

 

 自Endポスターバナーの第52作目です。クリックすると日本社会を荒廃させた小泉・竹中路線のなれのはてと2005・9・11小泉のワンフレー ズ郵政詐欺選挙糾弾バナーが出ます。
※追記:その後、特捜の佐久間達哉が在米日本大使館1等書記官で赴任していたと言う話がネットで出てます。米 国と言えば連想するのはCIA。
国策捜査を白状した漆間巌官房副長官(事務)元警察庁長官(笑)

 

良質なブログ・情報への入口、中継点を目指しま す。毎日ワンクリックで自公糾弾
人気blogランキングバナー ニュー ス・一般/政治」ブログランキング参加中。

 

 TBPのライブリンクをサイドエリアへはりたければ⇒一輪のバラをクリッ ク。

 特にココログの場合で、即行でライブリンクをサイドエリアへはりたければ⇒一輪のバラを クリック。(なお、作業する時にはTBP自民党政治の所を適宜読み替えてください)

倭国大乱を記録する ブログの数々♪ブログリストとイメージソングその1その2その3そ の4その5その6その7。人生の 扉 昴 春よ、来い 宙船(そらふね) 地球兄弟 やさしさに包まれたなら 愛は勝つです。

自民党は自Endバナー 自民党は自Endバナー の猫ちゃんつながりにトラックバックしたブログをすべて「倭国大乱を記録するブログの数々」として見つける毎に適宜追加していきます。
(↑クリッ クするとさらに大きなバナーが出ます(汗))

以下のトラックバック・ピープルに 参加してます。
民主党に愛のムチを! いいニャ~自Endバナー
民主党政治と      自民党政治

TBP「社民党や共産党」バナー
主権者は私たち国民と  社民党や共産党
ト ラックバックしてます。(各バナーとも、 クリックでスタート記事に飛びます)

郵政民営化凍結野党共闘政治全般にもす。

※爪ヤスリなら日本の職人さんのいいのをお勧めします。(関連投稿
↓ 下の広告は単にブランド好きの方向けです

|

« 官僚主導放送法改悪を衆院強行採決した民主党の迷走。革命政権の無知混乱に乗じて色々やるのは世の常だがそれにしてもで絶句。 | トップページ | 鳩山対小沢。佐藤優 官僚のクーデター、小沢一郎よ平成の悪党になれ。@ラジオ文化放送の『くにまるワイド ごぜんさま』 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 【ビデオ配信】緊急両院議員総会(鳩山総理辞任表明):

» 「鳩山内閣を追い込んだのは、米国(米軍)、官僚、検察、メディアの連合軍」 岩上安身 氏のツイートから。 [日本国憲法擁護本当の自由主義と民主主義連合〜法大OBのブログ]
★ポチっとblogランキング(^^ゞにご協力ください [にほんブログ村 政治ブログへ]にほんブログ村 http://sun.ap.teacup.com/souun/2822.html 2010/6/2 19:26 「鳩山内閣を追い込んだのは、米国(米軍)、官僚、検察、メディアの連合軍」岩上安身 氏のツイートから。 > 最近のTVや新聞は、毎週の様に怪しい支持率とネガティブキャンペーンばかり。肝心な機密費や、検察・警察問題、テニアンへ基地移設の可能性等は一切なし。仕分け... [続きを読む]

受信: 2010年6月 3日 (木) 14時58分

« 官僚主導放送法改悪を衆院強行採決した民主党の迷走。革命政権の無知混乱に乗じて色々やるのは世の常だがそれにしてもで絶句。 | トップページ | 鳩山対小沢。佐藤優 官僚のクーデター、小沢一郎よ平成の悪党になれ。@ラジオ文化放送の『くにまるワイド ごぜんさま』 »