« 「菅直人先生も経験した」次世代リーダー3週間訪米プログラムとは。 | トップページ | これがIMF副専務理事として日本に消費税増税提言する篠原尚之←2009年G-7中川昭一氏酩酊会見責任者(当時財務官) »

2010年7月14日 (水)

憂国の大宰相・小沢一郎 一新会講演(2004年9月5日、箱根)阿修羅投稿者へ、日付と場所紹介はすべきだろう。

 8・30勝利 7・11隷米菅鉄槌記念日
↓植草さんココログへ、  モルダウ(我が祖国)↓

 阿修羅に以下投稿があったのだが、講演の日付も場所も書いていない。YouTubeに行ったのだが、アップの日付だけでやはり講演会の日付も場所も書いていない。日付と場所を調べましたので、明記して下の方でご紹介しておきます。

憂国の大宰相・小沢一郎 一新会講演 動画 講演「どうやって日本を立て直すか」
http://www.asyura2.com/10/senkyo90/msg/489.html
投稿者 gikou89 日時 2010 年 7 月 13 日 12:13:47: xbuVR8gI6Txyk

 時事系映像の場合、日付と場所は必須と思う。この映像の場合、5W1H(Who、When、Where、What、Why、How)の内、ほとんど分かるけれど何時と場所が分からなかった。なお簡単に分かると思ったけれど、些か手間取ったので下の方で「以下関連」としてご紹介しておきます。

 

第1回一新会全国研修会
2004年9月4日〜9月6日
場所:箱根
参加者:民主党及び無所属の衆議院議員1期目、2期目の53名で発会した政策研究集団「一新会」所属の各代議士並びに事務所スタッフ、若手支持者。
内容:政策講演受講、議員との座談会、スポーツ大会、懇親会などの内容

憂国の大宰相・小沢一郎 一新会講演(1/5)2004年9月5日
http://www.youtube.com/watch?v=Te6Iihzc-tg

憂国の大宰相・小沢一郎 一新会講演(2/5)
http://www.youtube.com/watch?v=ukWmM5hqnJ8

憂国の大宰相・小沢一郎 一新会講演(3/5)
http://www.youtube.com/watch?v=_MORrxyQ6Vc

憂国の大宰相・小沢一郎 一新会講演4
http://www.youtube.com/watch?v=AtS0HmFyusY

憂国の大宰相・小沢一郎 一新会講演(5/5)
http://www.youtube.com/watch?v=X29ztPu0VXk

 

※参考:ビデオライブラリ - 小沢一郎ウェブサイトにあった映像です。(日付など補足、下の方にあった「2004年9月5日 箱根にて」を上にまとめました。その次、二番目にある「どうやって日本を立て直すか」 42分04秒が↑今回ご紹介しているYouTube映像の元映像です。冒頭、「昨日から一新会の先生方の〜」と話しているので、講演は2004年9月5日です。

 以下、全てWMP(Windows Media Player)
参考:「.wvx 」や「.asx 」の見やすい、また確実に見るやり方。(特にMacの場合はWMP単独アプリがお勧め。インターネットラジオでも同じ。)

2004年9月5日 箱根にて
56kbps
280kbps 
2004年9月4日〜6日
一新会 第1回全国研修会
第一部 講演(9月5日)
「どうやって日本を立て直すか」 42分04秒
56kbps
280kbps
第一部 質疑応答 44分14秒
56kbps
280kbps
第二部 講演
「どうすれば自民党に勝てるか」 32分51秒
56kbps
280kbps
第二部 質疑応答 43分22秒
56kbps
q280kbps
   

以下関連:今回、日付を特定するの若干手間取りました。以下メモしておきます。

1、まずWikipediaで「一新会」で検索。一新会(小沢グループへ転送)で以下確認。

2004年9月と2006年9月に、箱根で、地方議員や各地の後援者を含めた全国研修会を開いた。

 

2、Googleで(以下同じ)、まず「第1回一新会全国研修会」で調べました。以下ヒット。

880.第1回一新会全国研修会(09/04 19:31)
http://www.yasko.net/mov/index.cgi?id=2&mode=individual&no=880&eid=349

 9月4日から6日までの3日間、箱根にて第1回一新会全国研修会が開催されました。民主党及び無所属の衆議院議員1期目、2期目の53名で発会した政策研究集団「一新会」所属の各代議士並びに事務所スタッフ、そして若手支持者の皆さんの参加による政策講演受講、議員との座談会、スポーツ大会、懇親会などの内容でした。
 この研修会内容は、昨年まで「自由党全国研修会」として開催されていたものを参考に企画・運営されました。研修会全体の中で最も中心的プログラムは、2日目に行われた小沢一郎代議士講演です。
 第1部「どうやって日本を立て直すか」、第2部「どうすれば自民党に勝てるか」の2部構成で、それぞれ講演40分、質疑40分、トータルで160分超に及ぶ講演でした。政権交代を実現してしがらみや利権構造の中にいない政党が本当の改革を実行することが重要。国と地方を合わせた借金は表に出ているもの、出ていないもの、莫大な額であり、このままでは破綻に向かうことが心配されるが、日本人が勇気を持って本気で取り組めば、そうした危機は回避可能だ。自民党に勝つということは選挙に勝つということで、そのための近道とか簡単な方法といったものは無い、とにかく日常的活動をこまめに地道にしっかりと行うというほかにはない。政治家は選挙が強くならなくては、自信を持って発言をすることが難しくなるなどする。信念に基づいてどんどん意見すればそれには批判や反発を受けることがあるだろうが、次の選挙もしっかり勝てるという強い基盤が出来ていればそれが出来る。ごく当たり前の主権国家としての日本を創りあげなければならない。その上での「理想」として、こんどは国家の主権を超越した地球全体規模での共存共栄の社会が目指せればという「夢」を抱いている。等々と講演と質疑の中で述べられました。

 

3、年月日なく1情報で2004年と思うも、念の為下の方にあった「次の記事へ >」をクリックで以下、

881.質問主意書提出(08/11 19:39)
http://www.yasko.net/mov/index.cgi?id=2&mode=individual&no=881&eid=348

 国民の6割から7割が反対しているなか、政府の年金改正案パンフレットは政府案の一方的な宣伝であり国民にかたよった予断をもたせるもので不適切ではないかと質問。
 政府答弁:客観的に説明するものであり、国民に偏った予断を持たせるものと考えていない。

 

4、念の為、年確認でGoogle検索し以下ブログ記事、

2004年08月11日
質問主意書提出
http://www.yasko.net/2004/08/post_190.html

 国民の6割から7割が反対しているなか、政府の年金改正案パンフレットは政府案の一方的な宣伝であり国民にかたよった予断をもたせるもので不適切ではないかと質問。
 政府答弁:客観的に説明するものであり、国民に偏った予断を持たせるものと考えていない。

 

5、「次の記事へ >」で9月の話題の後、8月の日付の話題。そう言う事もあるだろうと思うも、ここまでやったのだから徹底的にやろうと、「< 前の記事へ」で以下、

879.党員・サポーター集会inさいたま(09/19 19:29)
http://www.yasko.net/mov/index.cgi?id=2&mode=individual&no=879&eid=350

9月19日、「党員・サポーター集会inさいたま」が浦和ロイヤルパインズホテルにて開催されました。同集会は衆議院選の比例ブロックごとに開催され、その第1回目として北関東ブロックの集会が埼玉で行われたものです。
 岡田代表は挨拶の中で、国民の皆様から信頼される政党となるための全般的な党改革を進めていくこと、政策面でより訴えかけられるようなものを作り上げていくこと、そして実際の選挙において、特に次期衆院総選挙において300小選挙区のうち170選挙区以上での小選挙区当選を成し遂げ、民主党単独での政権奪取を目指すことを述べられました。

 

6、なお、上記記事中「岡田代表は挨拶の中で、」となっているので一応Wikipediaで以下確認。

岡田の代表は2004年5月18日〜2005年9月17日(9月13日で前後半分かれているのは、代表選?で再任されるも2005・9・11郵政選挙惨敗の責任を取り4日後の9月17日に辞任の意味か?)


 

雑談日記は良質な情報への中継点
と、人気blogランキングバナー に参戦中。

(↓クリックすると拡大)
自民党は自Endバナー 自民党は自Endバナー の猫ちゃんつながりブログを倭国大乱を記録するブログの数々として見つける毎に適宜追加。但し結構忘れてます(汗)

 ココログ利用で、即行で以下のTBPライブリンクをサイドエリアへはりたければ⇒一輪のバラをクリック。

 以下、登録・スタートさせたトラックバック・ピープルです。
主権者は私たち国民自民党政治民主党政治社民党や共産党にトラックバックしてます。

 

|

« 「菅直人先生も経験した」次世代リーダー3週間訪米プログラムとは。 | トップページ | これがIMF副専務理事として日本に消費税増税提言する篠原尚之←2009年G-7中川昭一氏酩酊会見責任者(当時財務官) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 憂国の大宰相・小沢一郎 一新会講演(2004年9月5日、箱根)阿修羅投稿者へ、日付と場所紹介はすべきだろう。:

» 【頑張れ】民主党代表選には是非とも小沢前幹事長自らが蹶起すべきだ!【変革者】 [ステイメンの雑記帖 ]
 今回の参院選において、民主党は得票数で他を圧倒しながら、改選第一党の座から滑り落ち、再び衆参で「ねじれ」現象が生じた。  だが前回と今回のねじれとは大きく異なる点がある!それは前回、売国ジミンとナンミョー煎餅は衆院で2/3以上の議席を確保していたため、例え参院で法案が否決されても再議決を濫用することで急場を凌いだが、今回は2/3の議席を確保出来ていない!  このまま事態が推移すれば、 郵政見直し法案はおろか、政治主導法案や来年度以降の子ども手当法案も成立は絶望的 である!  しかし、こうした事態に... [続きを読む]

受信: 2010年7月15日 (木) 01時05分

» 前原大臣は沖縄問題で推進賛成派住人と密会しているらしい [mubouのブログ]
主権者国民レジスタンス戦線 参加ブログです 主権者国 民レジスタンス戦線の勝利に向けて ↓植草さんのココログへ ↓主権者は私たちですBBSへ 前原大臣は沖縄問題で推進賛成派住人と密会しているらしい。昨日、twitterでは、岩上安身さんによる上杉隆さんのインタビューがあった。上杉隆さんについて、エピソードも紹介された。 その中の一部でこのような話がでた。前原国土交通大臣が自ら沖縄に乗り込み、辺野古推進派の前市長と極秘会談をして基地反対派の現市長を追い落としを図っているのだそうだ。 おぞましくすざまし... [続きを読む]

受信: 2010年7月15日 (木) 09時28分

« 「菅直人先生も経験した」次世代リーダー3週間訪米プログラムとは。 | トップページ | これがIMF副専務理事として日本に消費税増税提言する篠原尚之←2009年G-7中川昭一氏酩酊会見責任者(当時財務官) »