« 常時トップ表示頁で、9・14代表選決戦までの部分を別立てで保存しておきます。 | トップページ | 民主党代表選サポーター投票用紙疑惑の放置は許されない。天網恢々疎にして漏らさずです。 »

2010年9月14日 (火)

少なくとも日本のマスゴミの様な煽りをしてない⇒【民主党代表選】小沢氏が「有望な戦い」 米紙WSJが分析

 3日前の11日に既にウォール・ストリート・ジャーナル(WSJ)は以下のような分析記事を出してます。日本のマスゴミより余程冷静です。先ずそれを報じている産経の記事、次にその元記事と採録しておきます。

 

【民主党代表選】小沢氏が「有望な戦い」 米紙WSJが分析【産経】
2010.9.12 00:52
http://sankei.jp.msn.com/politics/policy/100912/plc1009120054002-n1.htm

 11日付の米紙ウォールストリート・ジャーナルは、民主党代表選を菅直人首相と争う小沢一郎前幹事長に関する長文の記事を1面などに掲載。「首相の座に向けて有望な戦いを続けている」と分析した。

 記事は前幹事長が1996年から2009年にかけメージャー元英首相、胡錦濤中国国家主席、メルケル・ドイツ首相、クリントン米国務長官と会談する写真4枚を掲載。「80年代末期から日本の権力構造の中で常に存在感を発揮した」と指摘した。

 前幹事長の政治的経歴を詳しく伝え、代表選で敗れたとしても小差であれば、新たな影響力を伴う地位を獲得する可能性があるとした。(共同)

 

 ↓その元記事です。末尾にはクリックでコマ送りする16枚の画像が紹介されています。日本のマスゴミにかかると、しょっちゅう総理が変わっている事を呆れられていて恥ずかしいから菅直人を変えるべきでないと言う論調になります。悪徳ペンタゴンの中心メンバー、マスゴミの希望を言っているに過ぎません。確かに呆れられてはいるのでしょうが、日本のマスゴミのように報道というのも恥ずかしい煽り報道だけはしていないと言えると思います。

Japan's Kingmaker Bids to Seize the Crown
http://online.wsj.com/article/SB10001424052748703960004575481383480741218.html?mod=WSJ_hp_us_mostpop_read

By YUKA HAYASHI And DAISUKE WAKABAYASHI

TOKYO—Ichiro Ozawa is Japan's longtime leading political power broker, who last year engineered an upset of the party that ruled nearly uninterrupted for half a century. His peers call him the "god of elections." But he's a god more feared than loved.

Gruff and blunt, wielding influence largely out of sight and portrayed in the media as a dark kingmaker, he is to many Japanese a despised figure. It hardly helps Mr. Ozawa's image that he is enmeshed in a campaign-finance investigation.

And yet, in a showdown election on Tuesday, Mr. Ozawa is making a credible run to overthrow a Japanese leader from his own party and seize the prize that has always eluded him, prime minister.

20100910p1ax169_ozawa__g_2010091017 Bloomberg News

Power broker Ichiro Ozawa has emerged from the shadows to battle for his nation's premiership.

The Go-To Man

1969: Ichiro Ozawa takes seat in Japan's House of Representatives; re-elected ever since.

1989-1991: Secretary-general of entrenched Liberal Democratic Party.

1993: Forms new party that is part of coalition government that briefly ousts LDP.

1998: Becomes president of the Liberal Party, a forerunner of Democratic Party of Japan.

2006: Becomes DPJ president.

May 2009: Steps down amid accusations of fund-raising improprieties.

August 2009: The DPJ takes power in a landslide election observers credit in part to Ozawa's organizing.

February 2010: Prosecutors handling fund-raising probe decide not to indict Ozawa.

April 27: Citizens' panel reinstates probe of him.

June 4: Ozawa quits party post at behest of resigning Prime Minister Hatoyama , who is succeeded by Naoto Kan.

July 11: DPJ loses control of upper house of parliament.

Aug. 26: Ozawa challenges Kan for party president and thus premiership; vote is 14 Sept. 14.

 

At the age of 68, Mr. Ozawa has emerged from the shadows and launched a charm offensive, flashing smiles at town-hall meetings and making jokes on television talk shows he once shunned.

Mr. Ozawa jolted Japan 2 1/2 weeks ago by announcing he would try to unseat Prime Minister Naoto Kan as president of the governing Democratic Party of Japan, or DPJ, a role that would make him prime minister because of the DPJ's clout in parliament. The audacious move injected new volatility into a political system still adapting to the DPJ's landslide defeat a year ago of the long-ruling conservative party, the Liberal Democrats.

Mr. Ozawa's economic prescriptions—intervention in currency markets to halt the yen's rise, bigger spending and possible new borrowing by an already debt-laden government—have roiled Tokyo's financial markets. He has touched nerves in Washington with a vow to shake up Japanese diplomacy, promising a more "equal" relationship with the U.S. and possible renegotiation of a controversial pact that permits a big Marine base in Okinawa.

Even a defeat could be consequential. A strong second-place showing could bring a newly influential role to Mr. Ozawa—or, if he didn't gain one, lead to a defection from the party by supporters, changing the political dynamic.

A member of parliament for 41 years, Mr. Ozawa is Japan's leading political strategist, a master at working a system he helped build over two decades of upheaval. A lot of his power derives from his prodigious fund-raising abilities. His biggest detractors concede he would offer strong leadership, a contrast to a string of recent premiers widely regarded as weak or indecisive.

Mr. Ozawa is also known for attention-getting remarks. He has been widely quoted in the Japanese press for saying, in November 2009, that "civilizations with an exclusive Christian background are now stuck at an impasse"; and last month that Americans "tend to be simple-minded."

Surveys of eligible voters show the race close, with Prime Minister Kan in a slight lead but with many still undecided and Mr. Ozawa appearing to gain momentum. The brusque, somewhat menacing-looking Mr. Ozawa has gained traction with efforts to soften his image and paint himself as a man of the people.

In a surprise appearance on a live talk show on an Internet site, Mr. Ozawa, sitting straight in a dark suit, chatted with casually clad young scholars and journalists. Topics jumped from labor policy to what book he is reading (a history of the Meiji Restoration period, when Western influences supplanted shogun-led feudalism).

20100910p1ax177_ozawa2_g_2010091019 Associated Press
1996: Mr. Ozawa with Britain's John Major.

"The Internet is great because I can talk to the people directly," Mr. Ozawa said on the site, whose name translates as Smile Live. "Newspapers and TV shows...take just a few words out of the 10 lines I give them and slap together their own stories."

Mr. Ozawa was jovial, his eyes widening. Speaking nearly nonstop, he elicited a message from one online viewer suggesting he take a sip of water.

The eligible voters in Tuesday's party election are about 340,000 registered DPJ members, including ordinary citizens and local officeholders. But a complex formula gives two-thirds of the voting power to just 1%, the 412 DPJ members who have seats in parliament.

They are Mr. Ozawa's base. Many owe their success to him.

His coaching of aspiring members of parliament is intense and relentless. Hisatsugu Ishimori, a brain surgeon turned politician whom Mr. Ozawa guided to a seat in parliament, says Mr. Ozawa demanded a handwritten report every month listing how many hands he had shaken, posters he had put up and fliers he had distributed.


※関連リンク
Japan Real Time

    * The End of Muneo Suzuki?
    * Suicide: The $32 Billion Bill Japan Can't Afford
    * Fake Ozawa Twitter Reels in Thousands

 

For Eiko Okamoto, a former city council member and mother of two who sought a seat last year, Mr. Ozawa stationed an aide at her office who supplied advice in minute detail. The aide told her to deliver a one-minute stump speech at every central garbage pickup point in her district. Reason: People are used to seeing politicians at train stations, and often ignore them, but if one shows up on their own block, they will be surprised and pay attention.

Ms. Okamoto won a seat and now is campaigning hard for Mr. Ozawa in the leadership race, visiting other MPs and calling and writing to other party members. "I wouldn't be here today but for Mr. Ozawa," she says.

Mr. Ozawa continued the political education of young legislators last year after the election of nearly 150 freshman DPJ lawmakers, with daily 8 a.m. seminars featuring visiting lecturers. In December he took 600 MPs and supporters on a pilgrimage to Beijing, where, in a sign of his clout, they were welcomed by Chinese President Hu Jintao.

Mr. Ozawa grew up in the long-ruling Liberal Democratic Party, or LDP, the son of a lawmaker and a protege of elder statesmen. In the the late 1980s and early 1990s, he gained a reputation as a power broker himself, soon seen as more influential than many of the prime ministers he helped to install and oust. It seemed only a matter of time before he took the top job himself.

But in 1993, Mr. Ozawa embraced a new cause, political reform, which he defined as giving Japan a more competitive democracy. He and a group of supporters bolted the LDP to create their own party, and soon, in coalition with others, succeeded in forming a new, non-LDP government. He steered through parliament a sweeping change of election laws to add competitiveness.

20100910p1ax179_ozawa4_g_2010091019 Reuters

2006: Mr. Ozawa with China's Hu Jintao.

 

The coalition fell apart in less than a year; the LDP regained control. Mr. Ozawa then spent 15 years in the wilderness of opposition, plotting his comeback.

He finally succeeded at the end of August last year, as voters handed the important lower house of parliament to the DPJ by a wide margin—the first time in 55 years a non-LDP party won an outright majority. The year of political change since then has been shaped by all the complex themes of Mr. Ozawa's career.

Though he masterminded the 2009 victory, Mr. Ozawa was unable to become prime minister himself. The arrest of three aides a few months earlier in a political-funds scandal made him too tainted to be the party's public face. In the first months of DPJ rule, he appeared to play the same role he once did for the Liberal Democratic Party, as the fixer behind a prime minister, in this case Yukio Hatoyama.

Mr. Ozawa became very unpopular with much of the public, with a reputation for heavy-handed attempts to assert authority, and for an LDP style of money politics in which politicians wield public-works projects to lure campaign cash from corporate donors.

After prosecutors dropped an investigation of his fund-raising, a citizens' panel rebuked the prosecutors and launched its own probe, which continues.

Mr. Ozawa has denied any wrongdoing. But his unpopularity played a role in undermining Prime Minister Hatoyama's own standing. When Mr. Hatoyama resigned in June, amid a backlash over his agreeing to let the U.S. keep its Okinawa base, he insisted Mr. Ozawa leave as an officer of the party. He did.

The new prime minister then named from their party, Mr. Kan, filled his cabinet with party members who weren't close to Mr. Ozawa. Mr. Kan said Mr. Ozawa should "stay quiet for a while." Pundits saw all this as the end of Mr. Ozawa's career.

Instead, he stunned Japan late last month by announcing he would challenge Mr. Kan in the party's biennial mid-September election for party president, and thus prime minister. People close to Mr. Ozawa say he made the decision after Mr. Kan refused to promise that Ozawa supporters could hold key positions after the voting.

Mr. Ozawa's attempt to unseat a prime minister from his own party has drawn waves of negative coverage. Newspaper polls show 70% to 80% of ordinary citizens favoring Mr. Kan.

One MP, Katsuhito Yokokume, estimates that four of five constituents in his suburban Tokyo district prefer Mr. Kan over Mr. Ozawa. Every day, he says, people stop him on the street and tell him he will lose their support if he backs Mr. Ozawa.

Yet he's considering doing just that, says Mr. Yokokume, a 28-year-old first-term MP who respects Mr. Ozawa's decisiveness. "I very much admire Mr. Kan's clean and open style, but I can't ignore Mr. Ozawa's political clout and his ability to get things done," he says.


20100910p1ax178_ozawa3_g_2010091019 Associated Press

2007: Mr. Ozawa with Germany's Angela Merkel.

 

Mr. Kan, for his part, is emphasizing his "clean" style in an effort to draw a contrast with his opponent. Out-organized by Mr. Ozawa, Mr. Kan is evidently pursuing a "Rose Garden strategy" of being seen tending to affairs of state.

Experts say a win by Mr. Ozawa would be less likely to lead to a split of the party than would a victory by Mr. Kan. Because Mr. Ozawa's supporters in parliament are mostly younger, the thinking goes, he would have to pick some older lawmakers sympathetic to Mr. Kan as he filled cabinet seats.

But an Ozawa win might set off attacks by opposition lawmakers, some of whom are already calling on him to defend himself in parliament from the allegations of campaign-finance irregularities. If that deepened and led to a censure motion, the DPJ, which lacks a majority in the upper house, might be unable to overturn the motion. Such a scenario could lead to the dissolving of parliament and a new election.

This week saw Mr. Ozawa campaigning in Utsunomiya, a city 60 miles north of Tokyo. On a sweltering afternoon, a crowd of about 1,000, mostly elderly couples and middle-aged men, gathered inside a gaudy banquet hall usually used for weddings, furiously fanning themselves with posters of Mr. Ozawa.

They came to life when he was lauded by speaker Makiko Tanaka, a fiery DPJ parliament member. Calling Japan's recent string of short-lived prime ministers as "chatty" but weak, she said: "We will have a real [prime minister] soon." Ms. Tanaka is the daughter of an Ozawa mentor, the late ex-Prime Minister Kakuei Tanaka, who remained influential despite a bribery conviction in the 1970s.

 

20100910p1ax176_ozawa1_g_2010091019 Associated Press

2009: Mr. Ozawa with U.S. Secretary of State Hillary Clinton.

When his turn came, Mr. Ozawa used a populist message he has trumpeted throughout the campaign. He said he was saddened by the gaps between rich and poor and between urban and rural areas, and hoped to bridge those divides. "I'm staking my political life, and my own life at times, to realize this goal," he said, swinging a fist for emphasis.

In the crowd was 72-year-old Aiko Yamanashi, who had arrived extra early to secure a place by the podium.

She brought with her a handmade fan adorned with Mr. Ozawa's likeness. As he got ready to leave the hall, Ms. Yamanashi rushed to him and showed him her ballot as well as her son's—on which Mr. Ozawa's name was written—and managed to shake hands with him.

"There is nobody else than Mr. Ozawa" to lead Japan, she said excitedly after the event. "He never wavers about what he says."
—Miho Inada contributed to this article.

Write to  Yuka Hayashi at yuka.hayashi@wsj.com and Daisuke Wakabayashi at Daisuke.Wakabayashi@wsj.com

※SOBA:この記事の末尾にはクリックするとコマ送りする以下の画像があります。記録の意味もあり、一コマずつバラして保存しておきます。元を見て頂くと分かりますが、テキスト部分は画像なのでコピペ出来ません。直接画像から読んで下さい。

(クリックすると拡大)

2010091001 1、竹下登(1987年11月6日 - 1989年6月3日)


2010091002 2、宇野宗佑(1989年6月3日 - 1989年8月10日)


2010091003 3、海部俊樹(1989年8月10日 - 1991年11月5日)


2010091004 4、宮澤喜一(1991年11月5日 - 1993年8月9日)


2010091005 5、細川護煕(1993年8月9日 - 1994年4月28日)


2010091006 6、羽田孜(1994年4月28日 - 1994年6月30日)


2010091007 7、村山富市(1994年6月30日 - 1996年1月11日)


2010091008 8、橋本龍太郎(1996年1月11日 - 1998年7月30日)


2010091009 9、小渕恵三(1998年7月30日 - 2000年4月5日)


2010091010 10、森喜朗(2000年4月5日 - 2001年4月26日)


2010091011 11、小泉純一郎(2001年4月26日 - 2006年9月26日)


2010091012 12、安倍晋三(2006年9月26日 - 2007年9月26日)


2010091013 13、福田康夫(2007年9月26日 - 2008年9月24日)


2010091014 14、麻生太郎(2008年9月24日 - 2009年9月16日)


2010091015 15、鳩山由紀夫(2009年9月16日 - 2010年6月8日)


2010091016 16、菅直人(2010年6月8日 - 現在)


 

日本のキングメーカー、ついに首相の座に動く
http://jp.wsj.com/Japan/Politics/node_102145

    * 2010年 9月 11日  22:54 JST

 小沢一郎氏は、長期にわたる政界の権力者であり、昨年、半世紀近く続いた自民党政権を退陣に追い込んだ。周囲は彼を「選挙の神様」と呼ぶ。しかし、彼は、愛されるというよりは恐れられる神様だ。無愛想で単刀直入、裏舞台で権力をふるうことが多く、メディアからは「陰の実力者」と呼ばれ、多くの日本人からは嫌われる存在だ。政治とカネの問題で困難な状況にあることで、彼のイメージアップはとても望めない。

20100910p1ax169_ozawa__g_2010091017 Bloomberg News

小沢一郎氏(左)

 

 そして、小沢氏は、同じ党出身の日本のリーダーを退陣させるため、対決の場である14日の代表選に向かって走り出した。勝者が手にする賞品は、彼が常に逃がしてきたもの、「首相の座」だ。

 小沢氏は、68歳にしてついに政治の表舞台に登場し、従来の強面イメージの払しょくに躍起だ。市民との対話集会では終始笑顔で、敬遠していたテレビのトーク番組では冗談もはさむ。

 小沢氏は約2週間前、代表選出馬を表明し、菅直人首相と対決する考えを示して日本中を驚かせた。民主党の議会勢力に基づくと、代表に選ばれれば、小沢氏は首相になる。この大胆な行動は、1年前、自民党を圧勝で下した民主党政権にまだ順応できていない政治システムに新たな動揺をもたらした。

 小沢氏の経済政策――円高阻止に向けた為替市場介入、より大規模な財政出動、すでに高水準の負債を抱える政府による借り入れの可能性――は、東京の金融市場を混乱させている。

20100910p1ax176_ozawa1_g_2010091019 Associated Press

クリントン米国務長官(左)と小沢氏(09年)

 また小沢氏は、日本の外交を刷新するとして、より「対等な」日米関係と、沖縄の米海兵隊基地協定を見直す可能性を約束、米政府の神経を逆なでしている。

 小沢氏が代表選で敗北する可能性もある。しかし、彼が強力な党内2位の座にあることを示すことは、小沢氏に新たな影響力のある役割をもたらすかもしれない。そうならなければ、支持者と共に離党して、政治状勢を変えることにつながる可能性もある。

 議員生活41年の小沢氏は、日本の政界にあって第一級の戦略家だ。この20年の混迷の中で、政治システム構築に貢献してきた主役だ。彼の力の源泉は、その並外れた資金集め能力だ。小沢氏のことを良く言わない人でさえ、弱腰で優柔不断な最近の首相とは対照的な資質であるリーダーシップを彼が発揮するだろう、と言う。

 また、小沢氏は「注目発言」でも知られる。2009年11月に「排他的なキリスト教を背景とした欧米社会は行き詰っている」との発言を大々的に報じられた。つい先月は、「米国人は好きだが単細胞なところがある」と発言した。

接戦の代表選

 代表選の投票に関する調査は、接戦を示している。菅首相が若干リードしているものの、態度未定者が多く、小沢氏が勢いを盛り返している模様だ。仏頂面で強面の小沢氏は、そのイメージを和らげ、「国民の味方」であるとの演出が功を奏している。

 小沢氏は、インターネットの動画サイト「ニコニコ生放送」のトーク番組に緊急出演した。小沢氏は、黒っぽいスーツ姿で背筋を伸ばして座り、若手の学者やジャーナリストと談笑した。話題は、雇用政策から彼が今読んでいる本など、多岐にわたった。

 人々と直接話すことができて、インターネットは素晴らしい、と小沢氏は同サイトでインターネットを称賛。新聞やテレビは、10行話したうちの幾つかの単語を拾い、都合の良いストーリーを作り上げる、と批判した。

 代表選の有権者は、党員・サポーター、地方議員を含む約34万人。しかし、全体の1%にすぎない民主党国会議員412人に、多くの議決権を与える複雑なしくみだ。

 民主党の国会議員、彼らこそが小沢氏の基盤だ。多くの議員の当選は小沢氏の支援によるところが大きい。

小沢流新人教育

 小沢氏の新人議員に対する教育は、ハードで厳しい。脳外科医から国会議員に転じた石森久嗣(いしもりひさつぐ)氏は、握手した人の数、張り出したポスター、配ったチラシの枚数について毎月、手書きの報告書を作成するよう小沢氏に指導された、と語る。

 元市議会議員で2児の母である岡本英子(おかもとえいこ)氏は、昨年の衆議院選に立候補した。その際、小沢氏は、彼女の事務所に側近を常駐させ、詳細なアドバイスを与えた。この側近は彼女に、地域のすべてのゴミ収集所で、1分間の演説を行うよう言った。通常、政治家は駅の街頭演説で見かけるが、素通りする人は多い。しかし、政治家が近所に現れたら、びっくりして注意を払う。

 岡本氏は無事に議席を獲得し、今は小沢氏の代表選の応援に力を入れている。他の国会議員の訪問や電話、手紙で攻勢をかけている。小沢先生がいなければ、今の自分はいない、と岡本氏は言う。

20100910p1ax179_ozawa4_g_2010091019 Reuters

中国の胡錦濤主席(右)と小沢氏(06年)


 150名近くの民主党新人議員の誕生を受け、小沢氏は昨年、毎朝セミナーを開き、講師を招くなどして政治教育を行った。昨年12月には、国会議員と党支持者、総勢600名を率いて北京を訪れ、中国の胡錦濤国家主席の歓待を受けた。

自民党の権力者、離党、長い野党時代

 小沢氏は、長期政権が続いた自民党で育ち、年配の政治家の中で秘蔵っ子として扱われた。1980年代終わりから90年代初め、彼は「権力者」の地位を確立、まもなく多くの首相よりも強い影響力を持つとみられるようになった。彼自身が首相になるのも時間の問題とされていた。

 しかし、1993年、小沢氏は、新たな日本の政策目標として、競争的な民主主義、すなわち民意により政権交代がなされる「政治改革」を掲げた。彼と支持者グループは自民党を離党して新党を作ったが、すぐに他の勢力と連携し、非自民党政権を成立させることに成功した。彼は、競争的な民主主義を実現するため、抜本的な選挙改革法案の成立にこぎつけた。

 しかしながら、連立政権は1年足らずで崩壊、再び自民党が政権を握った。それ以降、小沢氏は、政権奪取を胸に秘め15年間を野党で過ごした。

 そして昨年8月末の衆議院選挙で、民主党は圧勝した。非自民党政権が衆議院の過半数を占めるのは55年ぶりのことだった。

 2009年の勝利は小沢氏のお膳立てによるものだったが、彼は首相になることはできなかった。政治資金問題絡みで3人の秘書が逮捕されたため、党の代表に就くには彼はクリーンさに欠けていた。民主政権が発足して数カ月、彼は自民党時代と同じ役割を演じるようにみえた。首相――当時は鳩山首相――を操るフィクサーとして。

 鳩山首相の辞任後、菅直人氏が首相に就任したものの、反小沢グループ中心の組閣となった。小沢氏の政治生命はこれで終わりかと思われたが、彼は先月末、2年に一度9月半ばに行われる代表選への出馬を表明、菅首相と対決する姿勢を示した。

 同じ党出身の首相を退陣に追い込む小沢氏の試みは、批判的に報じられている。新聞の世論調査では、一般市民の70~80%が菅氏の方が望ましいとの見方を示している。

 横粂勝仁(よこくめかつひと)衆議院議員によると、彼の選挙区では、有権者の5人中4人が小沢氏よりも菅氏が望ましいと考えている。横粂氏は毎日、路上で市民に呼び止められ、小沢氏を支持した場合、横粂氏支持を取り消すと言われるという。

 しかし、横粂氏は、小沢氏の決断力を尊敬している。菅首相のクリーンでオープンなスタイルは素晴らしいが、小沢氏の政治力と実行力も捨て難い、と話し、小沢氏を支持するかもしれないという。

 専門家によると、小沢氏が勝つ方が、菅氏が勝つよりも、党分裂の可能性は低い。小沢氏を支持する国会議員は若い世代が多く、組閣のためには菅氏に近い先輩格の議員を選ぶ必要があるからだ。

 一方、小沢氏の勝利は野党の攻撃を引き起こすかもしれない。野党の批判が強まり、問責決議という事態になれば、参議院で過半数に満たない民主党は問責決議案を否決できない。もしそうなれば、衆議院解散と新たな選挙の可能性もある。

宇都宮で演説会

 9月7日、小沢氏は宇都宮市内で演説会を行った。うだる暑さの中、約千人もの党員やサポーターなど――大半が高齢夫婦、中年男性――が、普段は結婚式場として使われている宴会用ホールに集まった。

 田中真紀子・衆院議員が応援演説を行った時、会場は沸いた。田中氏は、短命に終わった最近の首相らを「よくしゃべる」が弱い、と批判。もうすぐ真の首相に会える、と小沢氏を持ち上げた。

 小沢氏は、この日の演説で、代表選で繰り返して使っているポピュリスト的なメッセージを送った。貧富、都市と地方、といった格差が問題であり、この格差是正を目指すとし、(目標を達成するために)「政治生命のすべて、命をかけて戦う」とこぶしを握りながら訴えた。

 支持者のひとり、山梨アイ子さん(72歳)は、演壇のそばに場所を確保するため、早い時間に到着した。彼女は、小沢氏の似顔絵で飾られたお手製のうちわを持参。小沢氏が会場を去ろうとした時、山梨さんは彼に駆け寄り、彼女と息子の投票用紙――小沢氏の名前が記入されていた――を見せ、握手を交わすことができた。

 演説会の後、山梨さんは興奮しながら、「小沢さんしかいない。言うことが決してぶれない」と言った。

記者: Yuka Hayashi and Daisuke Wakabayashi

 

〔緊急アンケート〕民主代表選、小沢氏なら株価上昇・菅首相なら長期金利低下[ロイター]
2010年 09月 10日 13:01 JST
http://jp.reuters.com/article/jpmarket/idJPnTK043465920100910

 [東京 10日 ロイター] 菅直人首相と小沢一郎前幹事長の一騎打ちとなった民主党代表選が終盤を迎えている。ロイターはエコノミストやディーラーなど市場関係者を対象に緊急アンケート調査を実施し、新代表選出後の市場の動きを探った。

 菅首相が代表に選ばれれば、日経平均株価はニュートラルから下落、長期金利は低下、為替はニュートラルから円高に振れる──とみる市場関係者が多いことがわかった。一方、小沢前幹事長が選ばれた場合、日経平均株価は上昇、長期金利は上昇、為替円安──とみる関係者が多く、両者正反対の結果になった。調査期間は9月7日から10日まで。

全回答数は54人。

  <長期金利は低下の予想>

 菅首相が代表に選出された場合の各マーケットの見通しは、以下のとおり。

 日経平均株価が「ニュートラル」とした回答は54人中26人でもっとも多く、次いで「下落」が24人だった。「ニュートラル」の中では「一に雇用、二に雇用、三に雇用などといわれても株式市場としては反応しようがない」(バークレイズ・キャピタル証券の森田京平チーフエコノミスト)、「混沌とした状況が続くことから、海外要因に振らされる」(大和住銀投信投資顧問の奥原健夫ファンドマネジャー)といった声があった。「下落」では「財政再建路線が残ること、そして何も変わらないというあきらめ感」(みずほインベスターズ証券の落合昂二チーフマーケットエコノミスト)との見方が出ていた。

 長期金利は54人中30人が「低下」、23人が「ニュートラル」。「低下」では「債券市場はリスクシナリオとしての小沢首相誕生を織り込み、金利が幾分上昇している。そのため、菅首相誕生となれば金利は低下するだろう」(伊藤忠商事の丸山義正・主任研究員)、「消費税増税を含めた財政健全化路線や、消極的な円高対策などが、債券相場にとっては好材料と受け止められやすいだろう」(農林中金総合研究所の南武志・主任研究員)などの見方が目立った。一方、「ニュートラル」では「財政再建などに関して、言っていることに矛盾がある」(富国生命投資顧問の櫻井祐記・代表取締役社長)と厳しい指摘もあった。

 為替レートは54人中27人が「ニュートラル」、次いで「円高」が23人だった。

「ニュートラル」の中でも、「現状維持のイメージで、円高に傾きやすい状況は変わらず」(日興コーディアル証券の岩下真理チーフマーケットエコノミスト)など、実際は円高圧力かかりやすい状況が続くとの見方も出ていた。「円高」では「ごり押ししてでも介入という力が弱い」(メリルリンチ日本証券の藤井知子FXストラテジスト)と、介入に対する後ろ向きのイメージを指摘する声が多かった。

  <日経平均、長期金利は上昇の予想>

 小沢前幹事長が代表に選出された場合の各マーケットの見通しは、以下のとおり。

 日経平均株価が「上昇する」とした回答は54人中36人にのぼった。その多くは、積極財政による景気対策期待を理由として挙げており、「円高に対応した経済対策や大型減税、子ども手当の満額実施などの景気浮揚策を、強いリーダーシップのもとで推し進めていくとの期待が高まる」(信金中央金庫の角田匠・上席主任研究員)、「消費税引き上げ論議が後退。その点から景気に対してポジティブな印象があり、株価にプラス」(大和証券キャピタル・マーケッツの木野内栄治チーフテクニカルアナリスト)といった声があった。

 一方で「下落」と回答した中には、「経済対策規模が大きいことはプラスだが、効果が小さいため、むしろ金利上昇の悪影響の方が大きい」(第一生命経済研究所の嶌峰義清・主席エコノミスト)との見方があった。

 長期金利は54人中48人が「上昇」と回答。そのほとんどが財政悪化懸念を挙げており、「債券市場では財政規律弛緩の連想が優勢」(みずほ証券の上野泰也チーフマーケットエコノミスト)との声があった。ただ、中には「財政政策積極化で景気好転」(UBS証券の平川昇二チーフ・ストラテジスト)と、「良い金利上昇」を指摘する声も出ていた。一方、すにで織り込まれているなどとして「ニュートラル」と回答した市場関係者も5人いた。

 為替レートは54人中32人が「円安」と予想。「より強く、ストレートに円高阻止の発言を含めて日銀に圧力をかけ、かつ為替市場への円売り介入を発動する思惑を呼び起こす」(クレディ・アグリコル証券会社の加藤進マネージング・ディレクター/チーフエコノミスト)、「財政規律への懸念などから円安方向へ」(ITCインベストメント・パートナーズの山田拓也シニアポートフォリオマネージャー)などの見方があった。一方で「方向性としては、円安方向の材料ではあるが、グローバル経済など他の材料のほうが大きい」(住友信託銀行の瀬良礼子マーケットストラテジスト)などとして「ニュートラル」とした回答も17人にのぼった。

  <小沢氏、中長期的には日本経済にネガティブの声>

 アンケート調査では、小沢前幹事長が選出された場合の中長期的な日本経済見通しについても質問した。

 結果は「ネガティブ」がもっとも多く22人、「ポジティブ」と「ニュートラル」が15人で並んだ。「ネガティブ」では「市場メカニズムを抑制し、弱者救済型の資源配分を推進するため、経済の効率性は低下する」(東海東京証券の斎藤満チーフエコノミスト)「国債発行を増やせば増やすほど、将来的に消費税引き上げ、所得税引き上げを含めた増税不安が増える」(新生銀行の勝智彦キャピタルマーケッツ部次長)などの声があった。一方の「ポジティブ」では、その豪腕ぶりに期待する回答が目立ち、「強い指導力を発揮してくれるのを期待。内需を活発化する政策を打ち出してくると思われるため、企業には悪い話ではない」(十字屋証券の岡本征良・資金運用グループチームリーダー)との

※1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 とあり、ここまでは1〜10まで。11以下ををクリックすると、下記表示で見られず。

Page Not Found
Our apologies, the requested page was not found. Please double-check the URL for proper spelling and capitalization.
If you're having trouble finding a page in Reuters, please choose from the options below:

Go to the Reuters home page
Browse the Reuters site map
Or, you could try searching our site:

 

雑談日記は良質な情報への中継点
と、人気blogランキングバナー に参戦中。

(↓クリックすると拡大)
自民党は自Endバナー 自民党は自Endバナー の猫ちゃんつながりブログを倭国大乱を記録するブログの数々として見つける毎に適宜追加。但し結構忘れてます(汗)

 ココログ利用で、即行で以下のTBPライブリンクをサイドエリアへはりたければ⇒一輪のバラをクリック。

 以下、登録・スタートさせたトラックバック・ピープルです。
主権者は私たち国民自民党政治民主党政治社民党や共産党にトラックバックしてます。

 

|

« 常時トップ表示頁で、9・14代表選決戦までの部分を別立てで保存しておきます。 | トップページ | 民主党代表選サポーター投票用紙疑惑の放置は許されない。天網恢々疎にして漏らさずです。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 少なくとも日本のマスゴミの様な煽りをしてない⇒【民主党代表選】小沢氏が「有望な戦い」 米紙WSJが分析:

« 常時トップ表示頁で、9・14代表選決戦までの部分を別立てで保存しておきます。 | トップページ | 民主党代表選サポーター投票用紙疑惑の放置は許されない。天網恢々疎にして漏らさずです。 »