« 2010年12月23日小沢一郎衆議院議員インタビュー by岩上安身(リンク・エンベッド変更の為再アップ) | トップページ | 小沢派排除で民主党内の挙党態勢もとらず、たちあがれ日本に連立を打診だって?なんじゃそれ。 »

2010年12月24日 (金)

「検察審査会問題研究する会」講演森ゆうこ議員、落合洋司弁護士、平野貞夫元参議員。

 豊後の小兵衛こと、大島楯臣の画像をキャプチャしておきました

日時:12月24日(金)1PM~4PM
場所:憲政記念館

司会:平野貞夫元参議員
1:00PM~1:45PM森ゆうこ議員
1:48PM~2:20PM落合洋司弁護士

(10分間の休憩)

2:30PMから再開、再開後は質疑応答

 

20101224検察審査会(法)問題研究会(約1時間13分12秒)
http://www.ustream.tv/recorded/11609642

始めから38分まで:森ゆうこ議員。32分からの例え話で説明した部分は分かりやすく必見。(森ゆう子議員の講演要旨について更に詳しくは…)

40分から1時間12分まで:落合洋司弁護士。47分から検察審査会は権力犯罪告発の為の付審判請求を真似したようだが、似て非なるものと、。54分から適正手続き(デュープロセス)について。検察審査会は、それに違反しているのではないか。

 

iwakamiyasumi 12/23/10 11:01PM(1時間28分25秒)
http://www.ustream.tv/recorded/11610661

始めから:質疑応答。

平野:検察審査会に申し立てたのは誰ですか。

森ゆう子:私は知っていますが、立場上申し上げられません(検察官適格審査会)。

小沢議員を支援する会山崎氏:在特会の桜井と言われていたが、「真実を求める会」の元産経記者山際澄夫氏ではないか。

4分2秒から:森ゆう子議員。審査事件票について。

6分15秒から:質疑応答再開。

20分から:落合洋司弁護士。行政処分が終わってしまった後の、行政訴訟手続きに関して。指定弁護士が持っている権限について。刑事訴訟法と検察審査会法の関係について。一般法と特別法の関係か。

29分40秒から:森ゆう子議員。自民党の議員も「何であんな(怪物のような)法律になっちゃったの」と言われたが、怪物の法律を作った場にその自民党の先生もいた。既に検察審査会狙いの動き(悪用)も始まっている。

35分25秒から:落合洋司弁護士。検察審査会法の41条の9の第3項で、指定弁護士の「検察官の職務を行うですが、恐るべき事には、(実際出来るか、やるかどうかは別にして)逮捕状の請求、勾留状の請求、捜索・差し押さえなど全ての権限を持っている。

※検察審査会法の第41条の9、第3項:指定弁護士(第1項の指定を受けた弁護士及び第41条の11第2項の指定を受けた弁護士をいう。以下同じ。)は、起訴議決に係る事件について、次条の規定により公訴を提起し、及びその公訴の維持をするため、検察官の職務を行う。ただし、検察事務官及び司法警察職員に対する捜査の指揮は、検察官に嘱託してこれをしなければならない。

42分33秒から:小沢遼子氏。

45分7秒から:森ゆう子議員。10月15日の予算委員会で検察審査会について質問した時に、その時点で分かっている決算書を求めました。しかし、全体の額しか報告がなかった。その時点では細かい所については黒塗りだった。必要以上に情報を開示しないと言う態度で、最高裁の(事務)担当者の「答えられない」の一点張り。審査事件票は黒塗りだらけだったが、その後個人情報意外については黒塗りのマスキングは外れた。

20101224_2←検察審査会の黒塗りだらけの審査事件票。


49分10秒から:宮崎学氏。検察審査会法には「強制起訴」と言う言葉はない。マスコミの業界用語である「強制起訴」を安易に使わない方が良いのではないか。マスメディアの事を第4権力と言うよりは階級としてあるのではないか。

※SOBA:宮崎学のこの部分の「強制起訴」については何だか言葉狩りみたいで頓珍漢だな。検察の無茶苦茶ぶりを伝えるのにこの言葉は必要だろう。

※追記:Uストリームを見て頂くと分かりますが、この時点で宮崎は安易に使わない方が良いと言っただけで別表現を提起していない、その後雑談日記では「検審起訴」を提起し、バナー中でも表現し(1コマ目2コマ目2コマで動く完成版)ネットに急速に拡散した。

1時間6分3秒から:平野貞夫氏。マスメディアは第1権力と言うより、スーパー権力になっている。マスメディアは社会心理的暴力装置、これによって行政がやられ検察がやられ司法がやられそして国会がやられそうになっているんですね今。

1時間23分から:大島楯臣。「声明文」の読み上げ。

(↓クリックで拡大)

112 1、←『日本一新の会 事務局 大島楯臣』、コイツが豊後の小兵衛こと大島楯臣、TOKYO CALLING(BBSです。運営会社撤退により閉鎖)に来て「本差し上げます」で大量に個人情報を収集し、その後自分の投稿を削除しまくってBBSに野糞を撒き散らかすようにしていなくなった男です。(詳しくはこちら


113 2、——平野氏が「大分の親分」と呼んでた——なんてのを読んでいたのでどんな奴かと思いましたが、(笑)


115 3、


116 4、


117 5、



参考:
森ゆう子 資料サイト
http://my-dream.air-nifty.com/siryou/

森ゆう子議員のTwitter
http://twitter.com/moriyukogiin/status/18104786964455424
Ust中継by岩上さんあります。RT “@qsatoh: ぜひともUst中継希望。RT @moriyukogiin 「検察審査会問題研究する会」で講演する。本日12/24 13:00から16:00 憲政記念館 落合洋司弁護士、森ゆうこ、平野貞夫元参議員の順番らしい。”
約4時間前 Twitter for iPadから

 

 以下、森ゆう子議員講演要旨。(森ゆう子議員のココログから転載

講演要旨
           平成22年12月24日 憲政記念館
                          参議院議員森ゆうこ

1.幽霊審査会に予算を計上することはできない。
2.「くじ引きソフト」で恣意的に審査員を選べることが実験で立証された。
3.検察審査会は憲法違反である。誤った法改正をした立法府の責任。
    一刻も早い法改正が必要である。

1.幽霊審査会に予算を計上することはできない。
  最高裁の通達により、審査会の開催状況を毎月15日までに報告する審査事件票について、多くの市民やジャーナリストが情報公開を請求した。
  しかし、提出されたものは、公表された議決期日さえも黒塗りにされたものであった。悪戦苦闘の末ようやくその黒塗りの部分を開示させた。
  もはや、検察審査会の情報は秘密にできない!
  何故ならば、審査事件票のように議論の中身そのものに関係のない部分が一度開示された以上、まだ開示されていない同様の部分について、これ以上秘匿する根拠は失われたからである。検察審査会は速やかに国民の情報開示請求に答えなければならない。
  12月22日の民主党法務部会において、検察審査会の適正な予算執行状況が確認できない場合は、来年度予算を認めることはできないので、12月27日までに検察審査会が私たちに検察審査会の開催状況を具体的に確認できる資料を提出することが確認された。
  検察審査会の具体的開催状況とは、すなわち、個々の会議について、開催日時、時間、出席者への旅費等の支給、審査補助員及び担当検察官の出頭の有無、議事録作成の有無等々である。
  幽霊審査会などと国民に疑念を持たれ、全く別の審査員11人の平均年齢が、確率上ありえない34.55歳と2回とも同じ結果となった、小沢一郎元代表の起訴議決を行った東京第五検察審査会は、特に一刻も早く具体的な会議の情報を開示すべきである。幽霊審査会に予算は計上できない。

2.「くじ引きソフト」で恣意的に審査員を選べることが実験で立証された。
  10月15日に参議院予算委員会で質問した後、IT公共調達の専門家を交えた「検察  査くじ引きソフト調査チーム」を立ち上げ資料を入手し検証を行い、実験をした結果、
  恣意的な審査員の選定が可能であることが立証された。小沢一郎元代表の議決を行った審査員が公正に選ばれたのか、疑問は大きくなるばかりである。
   
【森ゆうこ資料サイト参照:http://my-dream.air-nifty.com/siryou/

3.審査会は憲法違反である

●検察審査会は行政権を行使するのか?
  検察審査会は起訴議決2回で強制起訴という行政権を行使する。
  しかし、国家行政組織法、裁判所法、検察審査会法、検察庁設置法のどこにも検察審査会の行政機関としての法律上の位置づけはない。

●つまりどこが所轄なのか?
  独立した権限を持つ公正取引委員会と比べてみると、独禁法28条で「公取委員長及び委員は独立してその職務を行う」と規定されており、同じようにその独立性が担保されている。しかし、第27条の2項にあるとおり「内閣総理大臣の所轄に属する」
  独立性は担保されているが、その責任は最終的には内閣総理大臣にある。
  このことによって憲法上の要請を満たしている。

  私的独占の禁止及び公正取引の確保に関する法律(独禁法)
  第二十八条 公正取引委員会の委員長及び委員は、独立してその職権を行う。
  第二十七条 1.閣府設置法(平成十一年法律第八十九号)第四十九条第三項の規定に基づいて、第一条の目的を達成することを任務とする公正取引委員会を置く。
                  2.公正取引委員会は、内閣総理大臣の所轄に属する。

●翻って、検察審査会の所轄大臣は誰か?あるいはどこの機関か?
(どこにも属していない。)
  検察審査会法1条では、検察審査会は、裁判所の所在地に審査会を置くという規定のみで、裁判所の中とは規定されていない。
  裁判所に属しているのならば、例えば、裁判所法14条では司法研修所は最高裁判所に置くと書いてある。
    【裁判所法 第十四条 (司法研修所)裁判官の研究及び修養並びに司法修習生修習に関する事務を取り扱わせるため、最高裁判所に司法研修所を置く。】

●検察審査会は3権分立の中のどれに属するのか?
  憲法65条では行政権は内閣に属すると書かれている。
  憲法66条第3項内閣は行政権の行使について、国会に対し連帯して責任を負うとある。

日本国憲法
  第65条 行政権は、内閣に属する。
  第66条  1 内閣は、法律の定めるところにより、その首長たる内閣総理大臣及その他の国務大臣でこれを組織する。
               2 内閣総理大臣その他の国務大臣は、文民でなければならない。
                3 内閣は、行政権の行使について、国会に対し連帯して責任を負ふ。

●検察審査会はどの法律を見てもどこにも責任を負う上部機関がない。所管の大臣もいない。行政責任はだれが負うのか?

●立法・行政・司法のどれに入るのか?

●三権分立の目的はなにか?
  三権分立の目的は権力の抑制と均衡によって国民の基本的人権を守ることである。
  我が国における国家機関というものは三権のいずれかに属している。
  行政組織は内閣の所轄におかれていて、最終的に内閣総理大臣が責任を負う。
  (例外)会計検査院 (森ゆうこ資料サイト:会計検査院とは「国会図書館資料」参照)

●第4権力ではないのか?

●憲法違反ではないのか?

●いったいだれがその責任を負うのか?
  もし無罪になっても結果的に社会的制裁が大きい。一般国民であれば、会社を辞めざるを得なくなったり、裁判費用で経済的な打撃を受ける。また、政治家であれば政治生命を失う。

  検察審査会は立法府、司法、行政のどれにも属さない。つまり、三権分立の三権のいずれにも属さない完全に独立した機関ではないのか?
  そして、会議がいつ開催され、どのような審議が行われ、どのような審査補助が行われたのか、誰が議決したのか、本当に11人の審査員が参加したのか。何もわからない。しかも、その審査員を選ぶ過程が不透明である。
  (くじ引きソフト調査チーム中間報告書)

  仮にAがBに対して社会的な制裁を加えたいと考える。
  Aは事件をねつ造し、Bを検察に告発する。
  さらにマスコミに様々な虚偽の情報を提供し、世論を喚起する。
  検察が捜査に着手するが、そもそもねつ造された事件のため、不起訴となる。
  その不起訴についてAが検察審査会に不服申し立てをする。(申し立て出来るのは事件の被害者、利害関係者、そして告発人)
  マスコミによって先入観をもった審査員により2回起訴相当の議決。
  Bは刑事被告人となる。

  このような誤った法改正をしてしまった立法府の責任は重い。
  速やかに再改正をすべきである。12月22日の民主党法務部会において検討のためのワーキングチーム設置が了承された。

 

 以下、検察審査会(法)問題研究会のこの集会で採択された「声明文」

20101224hpseimeis←「声明文」(スクロールして見るなら


 ↑森ゆう子議員がアップした元資料は段落がくっついていて読み辛いので、以下テキスト起こしでは、段落間にスペースを空けました。なお、この「声明文」テキストは日本一新の会事務局大島楯臣の所と、阿修羅でアップされていますが、何カ所か元のと違っています。OCR処理して、その後OCR読み誤りの校正チェックをしていない。阿修羅のは大島楯臣のを投稿者が訂正しているようですが2箇所訂正漏れ、大島楯臣のは3箇所訂正漏れがあります。

 以下、僕が正誤をチェックした「声明文」のテキスト起こしです。

     「声 明 文」
                 平成22年12月24日

 菅内閣は、度重なる失政の結果、怪しげな世論調査によってすら支持率を低下させ、先の参議院議員選挙、北海道5区衆議院議員補欠選挙、松戸市議会選挙、茨城県議会議員選挙などの主要選挙で連戦連敗を喫しています。

 菅内閣、民主党が浮揚していくためには、先ずは党が一丸となって先の総選挙で国民に約束した「国民の生活が第一」のマニフェストを実現するために全力を投入し、再度国民の支持をとりつけること以外にはありません。

  しかるに、菅総理と内閣は、自分達の失政の責任を一切反省することもなく、棚上げし、あろうことか、民主党政権樹立の立て役者であり、民主党の支柱とも言 える小沢一郎議員に攻撃の矛先を向け、小沢一郎議員をマスメディア、野党と協力して袋叩きにすることによって政権の浮揚を図ろうと企んでいます。

  即ち菅内閣は、衆参ねじれ国会対策と称して、自民党など野党の要求を易々として受け容れ、小沢一郎議員を政倫審の場に引きずり出そうとし、これが困難と見 るや次には小沢氏を国会に証人喚問してでも、野党自民党等の歓心を買おうとしているのです。司法で係属中の事件関係者を国会に証人喚問することは、憲法の 運用で許されていません。

 小沢一郎議員に対する、いわゆる「政治とカネ」の問題というものは、自民党を中心とする野党とマスメディアが、民主党政権更には小沢一郎議員を中心とする民主党を実現させまいとして作り上げた虚構であり、その実体は全くなにも無い唇気楼のようなものです。

 その証拠に「政治とカネ」のことで小沢一郎議員を叩いているマスメディアも野党も、その具体的内容を何一つ明らかにすることすらできません。

 それにも拘らず、党の最大の功労者である小沢一郎議員に対して「政治とカネ」の問題で詰め腹を切らせようとしている菅内閣の連日の所業は狂気の沙汰と言うべきです。

 小沢一郎議員は、このように有りもしない「政治とカネ」疑惑を理由にして、更には、有るか無いかも判らない検察審査会という亡霊のような組織の議決によって、年明け早々には起訴されることが確実な情勢です。

 このような情勢の下では、民主党が一丸となって小沢一郎議員の冤罪を国民に訴え、一刻も早く小沢一郎議員が政治の中枢に復帰するための努力をすることが民主党議員全員に課せられた責務であり、又、それが民主党としての国民に対する責務でもあります。

 私達は、菅内閣の暴挙を断じて許さないとともに、民主党員がこの危急存亡の時に
おいて、あの政権奪取時の初心に立ち返り、菅一派の党分裂策謀を粉砕することを強く要求します。

                                検察審査会(法)問題研究会一同

 

始めに戻る


 以下、資料として採録。OCR読み誤りの箇所がそのままになっている部分です。

Wwwasyura2com_screen_capture_201231 ←最初に阿修羅投稿のです。「小沢議員対して」は「小沢議員に対して」、「民主党議員全員課せられた責務」は「民主党議員全員に課せられた責務」。

 次のは、大島楯臣の所のです。随分杜撰な仕事ぶりで、「何だろなこれ」です。大島自身「声明文」を読み上げているのに気がつかなかったのか。アホか。以下、

Minshushuginet_screen_capture_20123 ←この部分、1箇所違っています。「国民に約した」は「国民に約束した」


Minshushuginet_screen_capture_201_2 ←この部分、2箇所違っています。「小沢一郎議則こ対し
て」は「小沢一郎議員に対して」、「民主党議員全則こ課せられた責務」は「民主党議員全員に課せられた責務」。


          「 声 明 文 」
                     平成22年12月24日

 菅内閣は、度重なる失政の結果、怪しげな世論調査によってす
ら支持率を低下させ、先の参議院議員選挙、北海道5区衆議院議
員補欠選挙、松戸市議会選挙、茨城県議会議員選挙などの主要選
挙で連戦連敗を喫しています。
 菅内閣、民主党が浮揚していくためには、先ずは党が一丸とな
って先の総選挙で国民に約東した「国民の生活が第一。」のマニ
フェストを実現するために全力を投入し、再度国民の支持をとり
つけること以外にはありません。
 しかるに、菅総理と内閣は、自分達の失政の責任を一切反省す
ることもなく、棚上げし、あろうことか、民主党政権樹立の立て
役者であり、民主党の支柱とも言える小沢一郎議員に攻撃の矛先
を向け、小沢一郎議員をマスメディア、野党と協力して袋叩きに
することによって政権の浮揚を図ろうと企んでいます。
 即ち菅内閣は、衆参ねじれ国会対策と称して、自民党など野党
の要求を易々として受け容れ、小沢一郎議員を政倫審の場に引き
ずり出そうとし、これが困難と見るや次には小沢氏を国会に証人
喚問してでも、野党自民党等の歓心を買おうとしているのです。
司法で係属中の事件関係者を国会に証人喚問することは、憲法の
運用で許されていません。
 小沢一郎議員に対する、いわゆる「政治とカネ」の問題という
ものは、自民党を中心とする野党とマスメディアが、民主党政権
更には小沢一郎議員を中心とする民主党を実現させまいとして作
り上げた虚構であり、その実体は全くなにも無い唇気楼のような
ものです。
 その証拠に「政治とカネ」のことで小沢一郎議員を叩いている
マスメディアも野党も、その具体的内容を何一つ明らかにするこ
とすらできません。
 それにも拘らず、党の最大の功労者である小沢一郎議則こ対し
て「政治とカネ」の問題で詰め腹を切らせようとしている菅内閣
の連日の所業は狂気の沙汰と言うべきです。
 小沢一郎議員は、このように有りもしない「政治とカネ」疑惑
を理由にして、更には、有るか無いかも判らない検察審査会とい
う亡霊のような組織の議決によって、年明け早々には起訴される
ことが確実な情勢です。
 このような情勢の下では、民主党が一丸となって小沢一郎議員
の冤罪を国民に訴え、一刻も早く小沢一郎議員が政治の中枢に復
帰するための努力をすることが民主党議員全則こ課せられた責務
であり、又、それが民主党としての国民に対する責務でもありま
す。
 私達は、菅内閣の暴挙を断じて許さないとともに、民主党員が
この危急存亡の時において、あの政権奪取時の初心に立ち返り、
菅一派の党分裂策謀を粉砕することを強く要求します。

              検察審査会(法)問題研究会一同


 

雑談日記は良質な情報への中継点
と、人気blogランキングバナー に参戦中。

(↓クリックすると拡大)
自民党は自Endバナー 自民党は自Endバナー の猫ちゃんつながりブログを倭国大乱を記録するブログの数々として見つける毎に適宜追加。但し結構忘れてます(汗)

 ココログ利用で、即行で以下のTBPライブリンクをサイドエリアへはりたければ⇒一輪のバラをクリック。

 以下、登録・スタートさせたトラックバック・ピープルです。
主権者は私たち国民自民党政治民主党政治社民党や共産党にトラックバックしてます。

 

|

« 2010年12月23日小沢一郎衆議院議員インタビュー by岩上安身(リンク・エンベッド変更の為再アップ) | トップページ | 小沢派排除で民主党内の挙党態勢もとらず、たちあがれ日本に連立を打診だって?なんじゃそれ。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「検察審査会問題研究する会」講演森ゆうこ議員、落合洋司弁護士、平野貞夫元参議員。:

« 2010年12月23日小沢一郎衆議院議員インタビュー by岩上安身(リンク・エンベッド変更の為再アップ) | トップページ | 小沢派排除で民主党内の挙党態勢もとらず、たちあがれ日本に連立を打診だって?なんじゃそれ。 »