« 小沢氏叩いてりゃ人気回復と勘違いのスッカラカンのアホ菅、いい加減にしろよ、我慢にも限度があるぞ。 | トップページ | 昨日、12月5日市民連帯の会(裏金・冤罪検察糾弾)集会とデモに似顔絵と二人参加しました。とても良かった。 »

2010年12月 5日 (日)

菅直人の事を考えていると、悔しくて眠れない。政権交代功労者の小沢を蔑ろにする菅は俺にとって小泉、安倍、麻生以上の敵だ。

 昨日のポスターをバナーにまとめてみた。

 先ず、菅糾弾1号バナーでファイルNoが「jiminwotheend88-38.gif」。

↓クリックすると代表選党員・サポーター投票用紙の杜撰と廃棄疑惑 エントリー。

追記(2010/12/21):以下、「朝鮮半島自衛隊派遣の思いつき発言、腐った魚のような虚ろな目、菅はカルトに洗脳されたのかバナー」の、追加2号バナーと3号バナーで、ファイルNoが「jiminwotheend88-39.gif」と「jiminwotheend88-40.gif」。クリックすると不思議な菅の表情エントリーに飛びます。

2号バナーは12月15日制作。その時のTwitter、

28SOBA http://bit.ly/syukensya1 ←「主権者は私たち」BBSを先鋒とし、蕎麦ドメインは菅直人総攻撃モードに入る事にした。あらゆる手段を駆使する。⇒http://soba.txt-nifty.com/zatudan/
Wed Dec 15 11:34:01 2010 webから

 第3号バナーは17日制作で、その時のTwitter、

28SOBA 菅直人の狂った感じを画像表現してみました。左側のバナーと右側のバナーです。左側のはVerアップ、右側のは画像No、88-40で新作。http://bit.ly/syukensya1
about 17 hours ago webから


 以下、資料として採録。

中村哲治議員がアップした、小沢さんの「岡田幹事長の要請に対するご回答」(PDF:49KB)

小沢氏、政倫審拒否の回答書全文【産経】
http://sankei.jp.msn.com/politics/situation/101217/stt1012171443005-n1.htm
2010.12.17 14:43

 岡田幹事長の要請に対するご回答

 先般、岡田幹事長から以下の通りの要請を受けました。

 まず第一に、自らが判断して自主的に政治倫理審査会におけて説明していただきたい。第二に、もしそれが実現しない場合には党において政倫審出席を決めなければならなくなる、この二点について面談したいということでありましたので、お答えいたします。

 

 現在、私の問題は検察審査会の起訴議決により司法手続きの段階に入っており、近々東京地裁での公判が開始されます。そのような裁判を今後行うことが確定している私が、国会の政治倫理審査会に自ら出席しなければならない合理的な理由はありません。

 なぜなら政治倫理審査会の審査や調査は、立法府の自律的な機能であり、司法府への介入を避けるなど慎重なものでなければならないからです。しかも既に指定弁護士が起訴状の作成に入っており、間もなく始まる刑事裁判の中で、私は清々粛々と検察審査会の起訴議決の可否も含めて闘い、事実を明らかにし、潔白を証明して参ります。

 今は、民主党政権が初めて本格的に取り組む予算編成・税制改正の真最中であります。国民の付託にこたえるため「国民の生活が第一」の政策実現のための予算・税制づくりに全力を傾注すべき時であります。

 私は一貫して、挙党一致体制の重要性を誰よりも主張いたして参りました。今後の私は、「国民の生活が第一」の政策とそれを実行していく政治主導の確立、議会制民主主義の定着の大いなる目標に向かって、最大限の努力を傾ける所存でございます。

 最後に、私に対して面談をしたいというご要請でありましたが、私の思いを正確にお伝えするため、書面にてご回答いたしました。なにとぞご理解賜りますようお願い申し上げます。

平成22年12月17日

 衆院議員

  小沢一郎

 

孤立深める菅首相=支持グループに亀裂も【時事】
http://www.jiji.com/jc/c?g=pol_30&k=2010120400214

 菅政権発足から半年。尖閣諸島や北方領土の問題に端を発した中国、ロシアとの関係悪化で、菅直人首相は「統治能力」が疑われ、求心力が一気に低下した。自らに近い民主党議員の間でも冷めた空気が広がり、政権内で首相は孤立を深めている。
 「何で内閣改造の話が出ていたと伝えて来ないんだ」。首相は11月30日夜、電話口で秘書を怒鳴りつけた。首相を中心とする民主党グループ「国のかたち研究会」の会合で、複数の出席者が改造の必要性に言及したにもかかわらず、首相の耳に入るのが遅れたためだ。菅グループ内には、長く首相と行動を共にしてきた江田五月前参院議長や荒井聡前国家戦略担当相らベテランを中心に、6月の政権発足当初から首相への不満がくすぶっている。首相は、前原誠司外相や仙谷由人官房長官らのグループを政権中枢に迎え入れ、菅グループの人材を「冷遇」。内閣改造論は首相への不満の表れでもある。
 これに対し、グループ若手の寺田学、加藤公一両首相補佐官らは首相の意向を尊重すべきだとの立場。ベテラン組は党内融和を優先する観点から、首相の「脱小沢」路線にも否定的で、世代間の溝は埋まらないままだ。
 「イラ菅」と呼ばれる首相自身の気の短さも、人を遠ざける要因となっているようだ。「首相に都合の悪い情報を伝えると、『何の根拠があるんだ』などと問い詰められる。そのうち報告しようという気持ちがなくなる」。こう話す政府・民主党関係者は多い。
 求心力が著しく低下する中にあっても、首相は周囲に「あと2年は首相をやる」「歴史に名を残したい」と語り、落ち込んだ様子を見せない。内閣支持率の急落にも「何でこんなに支持率が下がっているのか分からない」と合点がいかない顔をしているという。
 政府関係者は、首相の気力の源について皮肉交じりにこう解説した。「KY(空気が読めない)だと思う」(2010/12/04-15:02)


 

雑談日記は良質な情報への中継点
と、人気blogランキングバナー に参戦中。

(↓クリックすると拡大)
自民党は自Endバナー 自民党は自Endバナー の猫ちゃんつながりブログを倭国大乱を記録するブログの数々として見つける毎に適宜追加。但し結構忘れてます(汗)

 ココログ利用で、即行で以下のTBPライブリンクをサイドエリアへはりたければ⇒一輪のバラをクリック。

 以下、登録・スタートさせたトラックバック・ピープルです。
主権者は私たち国民自民党政治民主党政治社民党や共産党にトラックバックしてます。

 

|

« 小沢氏叩いてりゃ人気回復と勘違いのスッカラカンのアホ菅、いい加減にしろよ、我慢にも限度があるぞ。 | トップページ | 昨日、12月5日市民連帯の会(裏金・冤罪検察糾弾)集会とデモに似顔絵と二人参加しました。とても良かった。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 菅直人の事を考えていると、悔しくて眠れない。政権交代功労者の小沢を蔑ろにする菅は俺にとって小泉、安倍、麻生以上の敵だ。:

» ①検察音頭 ・不起訴になっても、下請けの検察審査会任せたよ ②ウィキリークスと組織を持たない弱者たち [mubouのブログ]
最近twitterで人気の検察音頭 「検察最高音頭」  作詞 割屋検三郎 作曲 西野夢生 歌  割屋検三郎 検察よいとこ 一度はおいで優しい検事が お出迎え調書は全部 書きますよいいからとっとと 署名しろ! あ、それ!検察最高!(検察最高!)検察最高!(検察最高!)検察音頭で踊りましょ 検察庁は 日本の宝起訴すりゃ 有罪パーフェクトおかげで 司法の仕事は楽だ判決文を 読むだけだ あ、それ!検察最高!(検察最高!)検察最高!(検察最高!)検察日本の権力者 特捜割り屋は 憎めないたまにゃハメも はずさな... [続きを読む]

受信: 2010年12月 5日 (日) 21時48分

« 小沢氏叩いてりゃ人気回復と勘違いのスッカラカンのアホ菅、いい加減にしろよ、我慢にも限度があるぞ。 | トップページ | 昨日、12月5日市民連帯の会(裏金・冤罪検察糾弾)集会とデモに似顔絵と二人参加しました。とても良かった。 »