« 12月20日小沢・菅会談決裂記事と翌日21日の各紙社説徹底採録。 | トップページ | 「検察審査会問題研究する会」講演森ゆうこ議員、落合洋司弁護士、平野貞夫元参議員。 »

2010年12月23日 (木)

2010年12月23日小沢一郎衆議院議員インタビュー by岩上安身(リンク・エンベッド変更の為再アップ)

※「2010年12月23日、小沢一郎議員インタビュー by岩上安身(マスゴミは死んだ。もうマスゴミはいらないな)」から改題。

追記(2010/12/25 10:16):
岩上安身さんのTwitter
iwakamiyasumi 12月23日の小沢一郎議員のインタビュー、3台のカメラで撮影・配信しました。2人で映っているショットのビデオをアップしましたが、それに加え、小沢さんだけのショットのビデオも追加してアップしました。 http://bit.ly/e5mcTH
約6時間前 TwitBirdから
あなたと23人がリツイート

追記:↓どちらかお好きな方でご覧になって下さい。

 今から約一時間半前、5PMにUストリーム(ユー・ストリーム)とニコ動でネット配信された動画です。

 

20101223小沢一郎衆議院議員
http://vimeo.com/18123772

101223小沢一郎衆議院議員 from iwakamiyasumi on Vimeo.

 

20101223小沢一郎衆議院議員(camera2)
http://vimeo.com/18147631

101223小沢一郎衆議院議員(camera2) from iwakamiyasumi on Vimeo.

 

追記(2010/12/25 10:16):
関連(参考):
以下投稿中のはリンク切れ、エンベッド削除になってます(岩上安身さんの方での対処。)
現在アクセスが8375で、コメントが69です。
2010年12月23日、小沢一郎議員インタビュー by岩上安身
http://www.asyura2.com/10/senkyo102/msg/756.html
投稿者 SOBA 日時 2010 年 12 月 23 日 18:42:25: LVbi13XrOLj/s

 

※関連:
弘中弁護士記者会見 2010年12月17日 (←重要)

↓テキスト起こし関連。(2010/12/24朝追加)
小沢一郎Ust岩上安身インタビューまとめ~本のセンセのつだりです
http://honnosense.cocolog-nifty.com/blog/2010/12/ust-56a9.html


追記(2010/12/25 10:16):以下、岩上さんの紹介を採録。

(以下転載始め)
小沢一郎衆議院議員 2010年12月23日
http://iwakamiyasumi.com/archives/5300
2010年12月24日(金) | カテゴリ Web Journal, インタビュー動画, マスメディア, 安全保障, 情報公開, 政局, 政治 | コメント

2010年12月23日、岩上安身の小沢一郎衆議院議員への単独インタビュー。当日は3つのカメラを使い、3チャンネルでUstream中継を行いました。

岩上安身は小沢氏に対し、まず、インターネットメディアに出演する真意、民主党幹事長時代、オープン会見を開いてきた小沢氏の会見を取材した経験から感じたマスコミ報道との落差、そしてクロスオーナーシップ規制について等質問しました。

他には、小沢氏が政治倫理審査会に出席しない理由。三権分立の原則と決してマスコミでは報じられることのなかった政治家としての本音。岡田幹事長、菅総理との会見で何が語られたのか。小沢氏の師・田中角栄元総理が失脚したロッキード事件、等。

外交・安全保障問題では、湾岸戦争(1991年)当時の、日本の国際貢献に対する小沢氏の思い。そして、米国大使から言われた屈辱的な言葉とは。代表選のさなか、「尖閣も奄美も日本の領土」と繰り返し言った真意。尖閣漁船衝突事件の一連の処理で、何が問題であったのか。

当初予定は60分のところ、話が白熱し10分延長になりました。
70分ノーカットでご覧ください。
(以上転載終り)

 

※追記(2010/12/24朝):以下、まずネットでの紹介を1本採録した後、マスゴミがどう伝えているか、記事を資料として採録。

12/22 17:30
またネットに登場! 小沢一郎民主党元代表インタビューをUstなどで生中継
http://woman.infoseek.co.jp/news/entertainment/story.html?q=rbbtoday_73085

 衆院政治倫理審査会への出席を巡って動向が注目される小沢一郎民主党元代表が、ジャーナリスト岩上安身氏による単独インタビューに応じるが、その模様がUstreamとニコニコ動画で23日17時より生中継される。

 今回のインタビューは、岩上氏が運営する「Web Iwakami」の独自企画で行うもの。岩上氏が聞き手となって、1時間にわたり小沢氏に政策や政治理念などを聞く。

 今回のインタビューはUstreamとニコニコ動画で同時に中継。先日はたちあがれ日本の与謝野馨共同代表との囲碁対局が中継されたりと、ネットには積極的に登場する小沢一郎民主党元代表だが、今度はどんな話が飛び出るのか注目される。

【関連ニュース】

 

朝日の政治(http://www.asahi.com/politics/ )、12/24の見出し。完全に黙殺。朝日の面目躍如(笑)

(クリックで拡大)
20101224 会見の後、民主党の牧義夫・愛知県連代表(左から2人目)、諸隈修身・名古屋市議団長(右から2人目)らと握手する石田芳弘氏(中央)=21日午後5時、名古屋市役所、川津陽一撮影

移設反対理由に名護への交付金停止へ 米軍再編17億円

     防衛省は沖縄県の米軍普天間飛行場(宜野湾市)の移設先として日米合意した同県名護市への米軍再編交付金……… (03:03)[記事全文]

首相動静—12月23日

     【午前】10時48分、民主党の藤田憲彦、竹田光明両衆院議員。 【午後】0時32分、皇居。伸子夫人……… (23:14)[記事全文]

カジノ誘致、利益か弊害か 熱上げる橋下知事に慎重論も

     【マカオ=宮崎勇作】大阪府の橋下徹知事は22日夜から23日未明にかけ、訪問先のマカオでカジノを核と……… (22:11)[記事全文]

 

【激突ふたたび】小沢氏、ネットで上機嫌な政権批判 「原理主義者・岡田氏は変わらず」 (1/3ページ)【産経】
2010.12.24 01:06
http://sankei.jp.msn.com/politics/situation/101224/stt1012240107001-n1.htm

 民主党の小沢一郎元代表は23日夕、インターネット番組に出演し、20日の菅直人首相との会談後、初めて自らの思いを披露した。首相から衆院政治倫理審査会への出席を求められていることには「現段階で私が出ても、国会審議がスムーズにいく状況ではない」と改めて拒否する考えを表明。菅政権の対応も批判し、首相との対決姿勢をあらわにさせた。(坂井広志)

 インタビューでの小沢氏は終始、上機嫌だった。

 「すでに司法の場で論議されようとしている問題を立法府でやるのでは、三権分立の大精神からもとる」

 自らの国会招致について、まずは拒否する理由を強調した。しかし、こうも付け加えた。

 「僕が政倫審に出ることで国会の論議がスムーズにいくとか、国民が選挙で支持してくれるなら喜んで出ますよ。現実には私自身の問題よりもっと違う大きな問題で、国会運営で野党は言っているのではないか」

 「もっと違う大きな問題」が、首相の政権運営や仙谷由人官房長官らの問責決議を念頭に置いているのは明らかだ。

(2/3ページ)
 中国漁船衝突事件の船長釈放については「事実上、菅内閣が命じた。官僚に責任を押しつけるのはよくない」と批判。平成23年度予算案で昨年の衆院選マニフェスト(政権公約)を変えたことにも「現実の壁があったから理想の旗を捨てるんじゃ、何のための政権交代だか分からない。このままだったら早晩、国民から見放される。今でもだんだん支持率が…」と語った。

 インタビューでは余裕の表情をみせた小沢氏だが、首相や岡田克也幹事長ら執行部がどこまで攻めてくるのかを読み切れていない。

 岡田氏は、今年最後となる27日の党役員会で小沢氏の問題で一定の結論を出す考えだ。小沢氏支持の議員らの抵抗を受け、迷走気味だが、小沢氏への厳しい姿勢を変える気配はない。

 その岡田氏は23日夜、BS朝日の番組収録で、小沢氏が国会招致に応じる条件に国会運営や選挙対策の「担保」を挙げていることに、淡々とした表情ながらも「国会に出ないことの理屈として言っている」と反論した。

 そして「小沢氏が国会に出てこない選択肢はない」と言い切った上で、「選択肢は狭くなっている。前回の党役員会でも、証人喚問はどうなのかという声が出ている」と、小沢氏の対応次第で、証人喚問の可能性が出てくると迫った。

 攻め込んでくる岡田氏を小沢氏はこう評する。

(3/3ページ)
 「(岡田氏は)野党がどう出てくるかという問題ではなく、お前さん自身の問題だ、という考え方だ」

 22日夜に小沢氏と会食したコラムニストの勝谷誠彦氏が、その際の小沢氏の言葉を有料配信メールに記していた。

 「(岡田氏は)柔軟性がない『原理主義者』だったが、政治家になれば、寝業ができるように変わっていくだろうと思っていた。それが『そのままなの』だそうだ」。小沢氏は勝谷氏の前で苦笑したという。

 

小沢氏、中国主席から「会いたいと」11月会談【読売】
http://www.yomiuri.co.jp/politics/news/20101223-OYT1T00564.htm?from=main2

 民主党の小沢一郎元代表は23日、インターネットの番組で、11月に横浜市で開かれたアジア太平洋経済協力会議(APEC)の際、中国の胡錦濤国家主席と会談していたことを明らかにした。

 小沢氏は「(胡主席が)『会いたい』というから(会った)。僕は、儀礼的な社交辞令で会うのは嫌いだから『結構だ』と言ったのだが」と経緯を説明したうえで、胡氏には「(中国は)変わらないとだめになる」と、中国政府の統治手法に限界があるとの考えを伝えたという。

 また、小沢氏は番組で、衆院政治倫理審査会(政倫審)への対応について、「(自らの資金管理団体の政治資金規正法違反事件は)司法手続きに入っているから、立法府が同時並行で同じようなことをやるのは三権分立の精神から言うと筋違いだ」と述べ、出席しない考えを改めて強調した。
(2010年12月24日07時42分  読売新聞)

 

小沢氏ニコ動生出演、中国人船長釈放は「事実上、内閣が命じた」【スポーツ報知】
http://hochi.yomiuri.co.jp/topics/news/20101223-OHT1T00305.htm

 民主党の小沢一郎元代表(68)は23日、都内でインターネット放送の「ニコニコ動画」に生出演。政治とカネの問題で、菅直人首相(64)が求める衆院政治倫理審査会への出席について「既に司法の場に移っており、現段階ではボクが出ても国会審議がスムーズにいく状況ではない」と、改めて拒否の姿勢を示した。

 20日の首相との会談後、政倫審について公の場で発言するのは初。首相の政権運営を「このままでは早晩、国民から見放される」と批判し、党を二分する内紛の早期決着は一層、難しくなった。

 さらに、既存の大手メディアについて「最近は記者が裏を取らない」などとして八つ当たり気味に反発。外交問題を語るうちにヒートアップし、中国漁船衝突問題には「船長保釈の記者会見を那覇地検の一官吏に押しつけたのは非常に良くない」。釈放は「事実上、内閣が命じたもので、禍根を残した」とも語った。1時間13分の放送終了時点で、視聴者は7万4000人以上にのぼった。

【関連ニュース】

        * 岡田幹事長、小沢氏招致で協力要請

    powered by Fresheye

(2010年12月24日06時02分  スポーツ報知)

 

小沢氏、中国船長釈放「事実上、菅内閣が命じた」 ネット番組に出演【日経】
http://www.nikkei.com/news/headline/article/g=96958A9C93819481E0E1E2E3878DE0E1E3E0E0E2E3E28297EAE2E2E2
    2010/12/23 20:34

 民主党の小沢一郎元代表は23日のインターネット動画サイト「ユーストリーム」の番組で、尖閣諸島沖での中国漁船衝突事件を巡る政府の対応について「(中国人船長の釈放を)那覇地検が決めたことだと言っている。一官吏に責任を押しつけることは非常によろしくない。禍根を残すことになる」と批判した。そのうえで「事実上、菅内閣が命じたのだろう」との見方を示した。

 11月に横浜市で開いたアジア太平洋経済協力会議(APEC)に出席するため来日した中国の胡錦濤国家主席と会談していたことも明かした。

 「胡氏がこの間、日本に来たとき『会いたい』と言うから『儀礼的な社交辞令で会うのは嫌いだ』と言ったのだが(会った)」と経緯を説明。約 15~20分間の会談の中で、小沢氏は好んで引用する映画「山猫」の一節を胡主席に紹介しつつ「変わらずに残るためには変わらなければならない。これが私の人生と政治の哲学だ」と中国共産党による一党独裁からの転換を促したという。

 米政権の外交政策に関しては「イラクのフセイン(元大統領)は『大量破壊兵器はない』と言っていた。北朝鮮は『核兵器を持っている』と言っている。持ってないやつを攻撃して、持っていると言うやつをそのままにして話し合いだと。論理矛盾だ」と指摘。「理屈が通らない。だからアメリカ人は尊敬されないと僕は言うんですよ」と持論を展開した。

 

小沢氏、国会招致重ねて拒否=岡田氏、証人喚問に言及【時事】
http://www.jiji.com/jc/c?g=pol_30&k=2010122300342

 民主党の小沢一郎元代表は23日夕、インターネットの番組に出演し、自らの国会招致問題について「出たから国会審議がスムーズにいくという状況にない」と述べ、菅直人首相らが求める衆院政治倫理審査会への出席に応じる考えがないことを重ねて強調した。一方、岡田克也幹事長は同日、BS朝日の番組収録で、小沢氏の対応次第では野党側が求める証人喚問も受け入れざるを得ないとの認識を示唆した。
 小沢氏は資金管理団体の政治資金規正法違反事件で、自らが強制起訴されることから、「司法の場でけりをつければいい。立法府で同じようなことをやるのは、三権分立から言うと筋違いだ」とも述べた。
 招致問題が国会運営の障害になっているとの首相や岡田幹事長の主張に対しては、仙谷由人官房長官らの問責決議可決を念頭に「私自身の問題より、違う大きな問題で、野党はいろいろ言っているのではないか」と反論した。
 衆院選マニフェスト(政権公約)の主要政策が財源難で実現していないことについては「現実の壁があったから理想の旗を捨てるのでは、何のための政権交代だったか分からない。このままでは早晩、国民から見放される」と菅政権を批判した。
 これに対し、岡田氏は「(小沢氏が)国会に出てこないという選択はない」と招致実現を目指す意向を示し、政倫審への出席を改めて促した。民主党は27日の役員会で小沢氏招致への対応を決める方針で、岡田氏は「選択肢が狭くなっている。前回の役員会でも『証人喚問はどうなのか』という声が出ている」と言及し、証人喚問も選択肢とする考えをにじませた。 (2010/12/23-22:43)

 

小沢・民主元代表:ネット番組に出演 「政倫審拒否」再び【毎日】
http://mainichi.jp/select/seiji/news/20101224ddm005010042000c.html

 民主党の小沢一郎元代表は23日、インターネットの動画番組で、衆院政治倫理審査会への出席について「野党は私の問題よりもっと違う問題を言っている。私が出ても国会審議がスムーズにいく状況でない」と拒否する考えを改めて示した。

 小沢氏は菅政権について「このままでは早晩、国民から見放される」と批判。岡田克也幹事長についても「彼は国会運営であらかじめ野党と話し合うべきではないと言っている」と国会運営の手法に疑問を呈した。

 一方、岡田氏は23日夜、BS朝日の番組収録で「国会に出てこない選択肢はない」と政倫審出席に応じない小沢氏を非難し、「通常国会が始まるまでにこの問題は結論を出す」と強調した。【葛西大博、影山哲也】
【関連記事】

    * 小沢氏招致:岡田氏「議決が基本」…政倫審、自公は応じず
    * 菅首相:政倫審開催「通常国会前に」
    * 仙谷官房長官:小沢氏に自発的な出席求める 政倫審拒否
    * 社説:政倫審出席拒否 小沢氏招致の議決急げ
    * 経団連会長:「小沢氏は政倫審出席も必要」

毎日新聞 2010年12月24日 東京朝刊

 

小沢氏、政倫審出席を重ねて拒否 ネット番組で表明【共同】
http://www.47news.jp/CN/201012/CN2010122301000520.html

 民主党の小沢一郎元代表は23日午後のインターネット動画番組で、菅直人首相が求める衆院政治倫理審査会への出席について「現段階では私が出ても、国会審議がスムーズに行く状況ではない」と述べ、拒否する考えをあらためて表明した。

 また首相の政権運営について「このままでは、早晩国民から見放される」と批判した。

 小沢氏が20日の首相との会談後、公の場で政倫審問題について発言するのは初めて。

 小沢氏は中国漁船衝突事件について「中国人船長釈放の記者会見を那覇地検の一官吏に押し付けるのは非常に良くない。事実上、菅内閣が命じたもので、禍根を残した」と指摘した。
2010/12/23 19:23   【共同通信】

 

小沢氏、胡主席と11月に会談 APEC来日時【共同】
http://www.47news.jp/CN/201012/CN2010122301000650.html

 民主党の小沢一郎元代表は23日のインターネット動画番組で、中国の胡錦濤国家主席が11月に横浜市で開かれたアジア太平洋経済協力会議(APEC)出席のため来日した際に、会談していたことを明らかにした。

 小沢氏は「胡氏がこの間、日本に来たとき『会いたい』と言うから、『儀礼的な社交辞令で会うのは嫌いだ』と言ったのだが」と説明。会談は15~20分間だったといい、小沢氏は映画「山猫」の一節を引きながら「変わらずに残るためには、変わらなければならない。これが私の人生の政治哲学だ」と伝え、中国共産党独裁体制の転換を暗に求めたという。
2010/12/24 00:35   【共同通信】

 

小沢氏、菅政権は「早晩、国民から見放される」【スポニチ】
http://www.sponichi.co.jp/society/news/2010/12/24/03.html

 民主党の小沢一郎元代表は23日、都内でインターネット動画番組に出演し、政治資金問題をめぐり菅直人首相が求める衆院政治倫理審査会への出席を拒否する考えを重ねて表明した。

 20日の首相との会談後、政倫審問題について公の場で発言するのは初めて。来年に強制起訴が見込まれることを踏まえ「既に司法の場で論議されている問題を立法府でやるのは、三権分立の原則にもとる。(政治資金問題は)司法の場でけりをつければいい」との従来の主張を繰り広げた。また首相の政権運営を「このままでは早晩、国民から見放される」と批判。中国漁船衝突事件をめぐり「船長釈放の記者会見を那覇地検の一官吏に押しつけたのは非常に良くない。(釈放は)事実上、菅内閣が命じたもので、禍根を残した」とも。

 これに対し岡田克也幹事長はテレビ番組収録で来年の通常国会前に結論を出すと強調。双方が譲歩の姿勢を見せなかったことで、党を二分する内紛の早期決着は一層難しくなった。

Yahoo!ブックマークに登録 [ 2010年12月24日 ]

 

「菅政権は早晩、国民から見放される」小沢氏ネットで攻撃【産経】
http://sankei.jp.msn.com/politics/situation/101223/stt1012232028003-n1.htm
2010.12.23 20:25

インターネット番組に出演する小沢一郎氏=都内(岩上安身事務所提供)インターネット番組に出演する小沢一郎氏=都内(岩上安身事務所提供)

 民主党の小沢一郎元代表は23日夕、インターネット動画番組に生出演。菅直人首相の政権運営について「このままでは、早晩国民から見放される」と批判した。

 また、中国漁船衝突事件での船長釈放については「事実上、菅内閣が命じたもの」と断じたうえで、「釈放の記者会見を那覇地検の一官吏に押し付けたのは非常に良くない」と非難した。

 


 

雑談日記は良質な情報への中継点
と、人気blogランキングバナー に参戦中。

(↓クリックすると拡大)
自民党は自Endバナー 自民党は自Endバナー の猫ちゃんつながりブログを倭国大乱を記録するブログの数々として見つける毎に適宜追加。但し結構忘れてます(汗)

 ココログ利用で、即行で以下のTBPライブリンクをサイドエリアへはりたければ⇒一輪のバラをクリック。

 以下、登録・スタートさせたトラックバック・ピープルです。
主権者は私たち国民自民党政治民主党政治社民党や共産党にトラックバックしてます。

 

 

|

« 12月20日小沢・菅会談決裂記事と翌日21日の各紙社説徹底採録。 | トップページ | 「検察審査会問題研究する会」講演森ゆうこ議員、落合洋司弁護士、平野貞夫元参議員。 »

コメント

私が小沢氏を支持するのは自己の為!日本が破綻する! 半信半疑でしょう!
日本を最大危機から救うのは彼しかいない、と確信する!何故? 小沢がこんなにもバッシングされるのか?不思議でいろいろ調べた!

「ネバダ・レポート」に日本の破綻が…「鈴木宗男氏と佐藤優氏」「ルーブル委員会」「竹中平蔵」「経団連」
ネットで調べると日本の未来が破滅に…

祖国を守りたい!平凡でもささやかな人生を送りたい!自分の願いだ!このコメント見た人、どうか上記を調べて欲しい!

このままでは、2年後には日本は破綻する!
小沢氏しかこの最大危機を救うのはいない、これが自分の動機だ!

投稿: ユキヤン | 2010年12月26日 (日) 06時26分

もしかしたら敵は霞ヶ関 かも?私阿呆だった… 自民党、民主党、果たし合いなんて阿保なコメントしたばかりで、最後の政治家小沢を失う私はどう償いをしたら。日本の危機にメディアに操作されてる馬鹿な私…本当に浅はかだ。ごめんなさい

投稿: ユキヤン | 2010年12月31日 (金) 20時46分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 2010年12月23日小沢一郎衆議院議員インタビュー by岩上安身(リンク・エンベッド変更の為再アップ):

» ①小沢一郎議員インタビュー・2010/12/23  ②缶直人、朝日新聞の星浩編集委員、毎日新聞の岩見隆夫客員編集委員と東京・赤坂の日本料理店「球磨川」で会食2010/12/23 [mubouのブログ]
2010年12月23日17時より、岩上安身WEB SITE http://iwakamiyasumi.com/ と ニコニコ動画  http://live.nicovideo.jp/watch/lv35413807より小沢一郎議員インタビューが放送された。 岩上安身オフシャルサイトではもうまもなく録画放送も予定されている。 アバウトだがニコニコ動画を視聴した人は76130人、岩上安身・WEBSITTEの3つのUSTで放送されたが、私の見た・UST1は2302人であった。一時間あまり、ネット市民は酔い... [続きを読む]

受信: 2010年12月24日 (金) 12時23分

« 12月20日小沢・菅会談決裂記事と翌日21日の各紙社説徹底採録。 | トップページ | 「検察審査会問題研究する会」講演森ゆうこ議員、落合洋司弁護士、平野貞夫元参議員。 »