« 小沢氏「検審起訴」公判での裁判長大善文男についての記事切り抜き、その他メモ。 | トップページ | 菅民主党惨敗の名古屋市長選・愛知県知事選の記事(写真つき)を徹底採録(イケメン度を見よ、ポピュリズムじゃない、笑) »

2011年2月 6日 (日)

愛知・名古屋、トリプル選挙前の記事、その他切り抜きメモ。

 最近の阿修羅の記事紹介投稿はデタラメが多く保存板じゃなくなりました。自分で保存した方がまし。(URL紹介を最初にしてなかったりその他色々

候補者にはヤジも「民主くん」は人気【日刊スポーツ】
http://www.nikkansports.com/general/news/p-gn-tp3-20110206-733716.html

 出直し名古屋市長選に立候補した河村たかし前市長(62)と、河村氏と連携して愛知県知事選(いずれも6日投開票)を戦う大村秀章氏(50)が選挙戦最終日の5日、ツーショットで街頭に立ち、与野党批判や漫才のような掛け合い演説で、最後のお願いをした。

 民主党はこれまで4回応援に入った岡田克也幹事長は姿を見せず、蓮舫行政刷新担当相や片山善博総務相ら現職閣僚や、長妻昭前厚労相ら前大臣を応援弁士として大量動員した。党のゆるキャラ「民主くん」も3体も投入され、繁華街で有権者に支持を訴えた。ほのぼの系の民主くんには写真撮影や握手を求める有権者も多く大活躍だったが、候補者の街頭演説では「うそつき」などのやじが飛ぶ場面も。09年衆院選の政権公約を修正する構えをみせる菅政権への不満もうかがえた。ラストのJR名古屋駅前での街頭にはタレント板東英二も応援に駆け付けた。

 [2011年2月6日8時41分 紙面から]

 

河村氏&大村氏“掛け合い”最後のお願い【日刊スポーツ】
http://www.nikkansports.com/general/news/p-gn-tp3-20110206-733715.html

 出直し名古屋市長選に立候補した河村たかし前市長(62)と、河村氏と連携して愛知県知事選(いずれも6日投開票)を戦う大村秀章氏(50)が選挙戦最終日の5日、ツーショットで街頭に立ち、与野党批判や漫才のような掛け合い演説で、最後のお願いをした。

 減税を掲げる河村氏は、市長選で自民党が民主党の候補を県連レベルで支援するねじれに触れ、「こういうのを八百長という。大相撲だけではない」と時事ネタで攻撃。絶縁宣言された古巣の民主党には「議員時代、400人の選挙を応援したのに。前回市長選で、鳩山(由紀夫前首相)さんは『みんなで減税しよう』と言ったが、今の民主党は減税に反対。変わったのはどっちだがや。ワシが本当の民主党じゃ」と、さらにかみついた。自民党の衆院議員を辞めて出馬した大村氏も「河村さんは信長、三河出身の私は家康、(連携する)橋下徹大阪府知事は秀吉。3人そろって天下統一できないわけがない」と訴えた。

 2人は徹底的に「連合」を組んで選挙を戦った。民主、自民両党はこの日、「前に進むか、混乱と停滞かの岐路だ」「減税は自分の私利私欲のためだ」と河村氏を総攻撃。みんなの党の渡辺喜美代表も名古屋市の演説で「河村さん、大村さんは覚悟がない。だまされてはいけない」と指摘した。今回は、名古屋市議会解散の賛否を問う住民投票も含めたトリプル選挙。議会と首長の関係に注目が集まる一方、菅直人首相の就任以降、地方選で負け続きの民主党にとって、王国・愛知での結果は、菅首相の政権運営も左右する可能性をはらんでいる。【中山知子】

 [2011年2月6日8時10分 紙面から]

 

伸子夫人「知らないと言えばよかった」【日刊スポーツ】
http://www.nikkansports.com/general/news/f-gn-tp3-20110205-733600.html

 菅直人首相の伸子夫人は5日夜、横浜市の公開討論会で、日本国債格下げをめぐる首相の「疎い」発言について「疎いを使ったのはまずい。『知らない』と言えばいいと(首相に)言った」と注意を促したことを明らかにした。首相の返答には言及しなかった。

 一方で、首相発言を取り上げた報道に対して「このマスメディアに付き合っている日本人は滅びる。何度首相の交代を繰り返すのか」と強調。内閣支持率が低迷する現状に関して「20年かかってこうなった日本が、1、2年で変わると思わないでほしい」とした。(共同)

 [2011年2月5日23時43分]

 

岡田幹事長「小沢氏問題に答え出す」【日刊スポーツ】
http://www.nikkansports.com/general/news/f-gn-tp3-20110205-733563.html

 民主党の岡田克也幹事長は5日、強制起訴された小沢一郎元代表の処分問題をめぐり「ここにふたをして、党として何も行わないままでは国民に理解されない。挙党態勢を成し遂げるために小沢氏の問題についてきちんとした答えを出さないといけない」と述べ、早期に結論を出す考えを強調した。長崎県佐世保市で記者団の質問に答えた。

 小沢氏の処分問題で民主党執行部は党倫理規則の中で最も軽い「党員資格の停止」を軸に検討している。3日の臨時役員会で処分問題を協議したが、賛否両論が出て結論を持ち越した。

 公明党が2011年度予算案と関連法案に反対する方向性を打ち出したことに関しては「民主党マニフェスト(政権公約)と方向性が違っても野党の考えを受け入れなければならない場面は現実に出てくる」と述べ、修正協議に柔軟な姿勢を重ねて示した。(共同)

 [2011年2月5日21時6分]

 

雑談日記は良質な情報への中継点
と、人気blogランキングバナー に参戦中。

(↓クリックすると拡大)
自民党は自Endバナー 自民党は自Endバナー の猫ちゃんつながりブログを倭国大乱を記録するブログの数々として見つける毎に適宜追加。但し結構忘れてます(汗)

 ココログ利用で、即行で以下のTBPライブリンクをサイドエリアへはりたければ⇒一輪のバラをクリック。

 以下、登録・スタートさせたトラックバック・ピープルです。
主権者は私たち国民自民党政治民主党政治社民党や共産党にトラックバックしてます。

 

|

« 小沢氏「検審起訴」公判での裁判長大善文男についての記事切り抜き、その他メモ。 | トップページ | 菅民主党惨敗の名古屋市長選・愛知県知事選の記事(写真つき)を徹底採録(イケメン度を見よ、ポピュリズムじゃない、笑) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 愛知・名古屋、トリプル選挙前の記事、その他切り抜きメモ。:

« 小沢氏「検審起訴」公判での裁判長大善文男についての記事切り抜き、その他メモ。 | トップページ | 菅民主党惨敗の名古屋市長選・愛知県知事選の記事(写真つき)を徹底採録(イケメン度を見よ、ポピュリズムじゃない、笑) »