« 「東電 福島第一原発事故関連ニュース」【NHK】3月29日分 | トップページ | 「東電 福島第一原発事故関連ニュース」【NHK】3月30日分 »

2011年3月30日 (水)

3月20日24日に、新潟県妙高市「エア・フォート・サービス」の無人飛行機が撮影した福島原発。

 米軍がドサクサに紛れて、恩着せがましく無人偵察機グローバルホークを使って撮影するなんて記事がマスゴミに出た事がありましたが、遠隔操作の無線飛行機で撮影すれば済む話しで、頭ノータリンのマスゴミ記事が赤っ恥をかいた訳です。

(すべてクリックすると拡大します)

Photos of the Day - Fukushima Dai-ichi Aerials
By Mike Zacchino, The Oregonian | March 30, 2011 12:25 PM
http://photos.oregonlive.com/photo-essay/2011/03/fukushima_dai-ichi_aerials.html

On March 24, 2011, a small unmanned drone flew over and photographed the crippled Fukushima Dai-ichi nuclear plant, giving a bird's eye view of the damage.   (12 total photos)

1、SOBA:「エア・フォート・サービス」(新潟県妙高市)の無人飛行機
9434893essay 9434893-essay.jpg
Link to this photo | Comments about this photo essay (0)

1 of 12
In this March 24, 2011 photo released by AIR PHOTO SERVICE, a small unmanned drone is pictured before flying over the crippled Fukushima Dai-ichi nuclear plant to take aerial photos, at Fukushima Sky Park in Fukushima, northern Japan. (AP Photo/AIR PHOTO SERVICE) MANDATORY CREDIT

 

2、SOBA:福島第一原発、右から1号機、2号機、3号機。
9434904essay 9434904-essay.jpg
Link to this photo | Comments about this photo essay (0)

2 of 12
In this March 20, 2011 aerial photo taken by a small unmanned drone and released by AIR PHOTO SERVICE, the crippled Fukushima Dai-ichi nuclear power plant is seen in Okumamachi, Fukushima prefecture, northern Japan. From right to left: Unit 1, Unit 2 and Unit 3. (AP Photo/AIR PHOTO SERVICE) MANDATORY CREDIT

 

3、左4号機、右3号機。
9434903essay 9434903-essay.jpg
Link to this photo | Comments about this photo essay (0)

3 of 12
In this March 24, 2011 aerial photo taken by a small unmanned drone and released by AIR PHOTO SERVICE, Unit 4, left, and Unit 3 of the crippled Fukushima Dai-ichi nuclear power plant are seen in Okumamachi, Fukushima prefecture, northern Japan. (AP Photo/AIR PHOTO SERVICE) MANDATORY CREDIT

 

4、左3号機、右4号機
9434902essay 9434902-essay.jpg
Link to this photo | Comments about this photo essay (0)

4 of 12
In this March 24, 2011 aerial photo taken by a small unmanned drone and released by AIR PHOTO SERVICE, damaged Unit 3, left, and Unit 4 of the crippled Fukushima Dai-ichi nuclear power plant are seen in Okumamachi, Fukushima prefecture, northern Japan. (AP Photo/AIR PHOTO SERVICE) MANDATORY CREDIT

↓Photo Essays continue below

5、奥から手前へ、1号機から4号機。
9434901essay 9434901-essay.jpg
Link to this photo | Comments about this photo essay (0)

5 of 12
In this March 24, 2011 aerial photo taken by small unmanned drone and released by AIR PHOTO SERVICE, the crippled Fukushima Dai-ichi nuclear power plant is seen in Okumamachi, Fukushima prefecture, northern Japan. From top to bottom, Unit 1 through Unit 4. (AP Photo/AIR PHOTO SERVICE) MANDATORY CREDIT

 

6、奥から手前へ、1号機、2号機、3号機、4号機。(スクロールして見るなら
352eed96d4694c3c -352eed96d4694c3c.jpg
Link to this photo | Comments about this photo essay (0)

6 of 12
In this March 20, 2011 aerial photo taken by a small unmanned drone and released by AIR PHOTO SERVICE, the crippled Fukushima Dai-ichi nuclear power plant is seen in Okumamachi, Fukushima prefecture, northern Japan. From top to bottom: Unit 1, Unit 2, Unit 3 and Unit 4. (AP Photo/AIR PHOTO SERVICE) MANDATORY CREDIT

 

7、左から、4号機、3号機、2号機、1号機。
9434898essay 9434898-essay.jpg
Link to this photo | Comments about this photo essay (0)

7 of 12
In this March 20, 2011 aerial photo taken by a small unmanned drone and released by AIR PHOTO SERVICE, the crippled Fukushima Dai-ichi nuclear power plant is seen in Okumamachi, Fukushima prefecture, northern Japan. From right to left: Unit 1, Unit2, Unit 3 and Unit 4. (AP Photo/AIR PHOTO SERVICE) MANDATORY CREDIT

 

8、左4号機、右3号機。
9434897essay 9434897-essay.jpg
Link to this photo | Comments about this photo essay (0)

8 of 12
In this March 20, 2011 aerial photo taken by a small unmanned drone and released by AIR PHOTO SERVICE, damaged Unit 4, left, and Unit 3 of the crippled Fukushima Dai-ichi nuclear power plant are seen in Okumamachi, Fukushima prefecture, northern Japan. (AP Photo/AIR PHOTO SERVICE) MANDATORY CREDIT

 

9、3号機。(スクロールして見るなら
23d570f1af767772 -23d570f1af767772.jpg
Link to this photo | Comments about this photo essay (0)

9 of 12
ALTERNATE CROP OF TOK103 - This March 24, 2011 aerial photo taken by a small unmanned drone and released by AIR PHOTO SERVICE shows damaged Unit 3 of the crippled Fukushima Dai-ichi nuclear power plant in Okumamachi, Fukushima Prefecture, northeastern Japan. (AP Photo/AIR PHOTO SERVICE) MANDATORY CREDIT

 

10、4号機。(スクロールして見るなら
05bcf00ccea5d89b -05bcf00ccea5d89b.jpg
Link to this photo | Comments about this photo essay (0)

10 of 12
ALTERNATE CROP OF TOK103 - This March 24, 2011 aerial photo taken by a small unmanned drone and released by AIR PHOTO SERVICE shows damaged Unit 4 of the crippled Fukushima Dai-ichi nuclear power plant in Okumamachi, Fukushima prefecture, northern Japan. (AP Photo/AIR PHOTO SERVICE) MANDATORY CREDIT

 

11、左から部分的に見える1号機と、2号機、3号機、4号機。
9434894essay 9434894-essay.jpg
Link to this photo | Comments about this photo essay (0)

11 of 12
In this March 20, 2011 aerial photo taken by a small unmanned drone and released by AIR PHOTO SERVICE, the crippled Fukushima Dai-ichi nuclear power plant are seen in Okumamachi, Fukushima prefecture, northern Japan. From left: Unit 1, partially seen; Unit 2, Unit 3 and Unit 4. (AP Photo/AIR PHOTO SERVICE) MANDATORY CREDIT

 

12、3号機。(スクロールして見るなら
Ef5808cf5bf0af58 -ef5808cf5bf0af58.jpg
Link to this photo | Comments about this photo essay (0)

12 of 12
In this March 24, 2011 aerial photo taken by a small unmanned drone and released by AIR PHOTO SERVICE, damaged Unit 3 of the crippled Fukushima Dai-ichi nuclear power plant is seen in Okumamachi, Fukushima prefecture, northern Japan. (AP Photo/AIR PHOTO SERVICE) MANDATORY CREDIT

 

無人機、原発復旧作業に一役【新潟日報】
妙高の会社、現状把握へ画像提供
http://www.niigata-nippo.co.jp/news/pref/21407.html

21408  東京電力福島第1原発を撮影した「エア・フォート・サービス」(妙高市)の無人飛行機=写真、同社提供=は通常、土木工事の事前調査や災害現場を撮影している。

 同社と災害応援業務協定を結んでいる同市が国に紹介し、東電への協力が実現。20日と24日の2回にわたって原発の撮影を行った。

 エア社が開発した無人飛行機は、全長約2・7メートル、翼長約3メートル。衛星利用測位システム(GPS)で自動的に目的地へ向かい、機首に付いたカメラで地上を撮影する。

 今回は福島市郊外の民間飛行場を離陸し、約35分かけて原発の上空に到着。水素爆発した原子炉建屋や、使用済み核燃料プールと思われる箇所を含む約350枚を撮った。機体に被ばく被害はなかったという。

 エア社の山崎健吾社長(58)は「東電からは解像度の高い画像で現状把握に役立ったと感謝された。国民が心配する事故の対応に少しでも役割を果たせたと思う」と話している。

新潟日報2011年3月30日

 

無人飛行機で福島原発撮影 150枚、事故状況鮮明に【産経】
2011.3.30 12:50
http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/110330/dst11033012510025-n1.htm

Dst11033012510025p1 小型の無人飛行機が撮影した福島第1原発。右から建屋が残る2号機、3号機、4号機=11年3月24日(エア・フォート・サービス提供)


Dst11033012510025p2 24日、小型の無人飛行機が撮影した福島第1原発。左から3号機、4号機(エア・フォート・サービス提供)


Dst11033012510025p3 24日、小型の無人飛行機が撮影した福島第1原発。左から4号機、3号機、建屋が残る2号機(エア・フォート・サービス提供)


Dst11033012510025p4 24日、小型の無人飛行機が撮影した福島第1原発。中央左手前から4号機、3号機、建屋が残る2号機、1号機(エア・フォート・サービス提供)


 新潟県妙高市の航空写真撮影会社「エア・フォート・サービス」(山崎健吾社長)が所有する小型の無人飛行機が20日と24日に、福島第1原発の事故状況や放水の様子を撮影した。約150枚の写真には、水素爆発で大破した原子炉建屋などが鮮明に写っている。

 同社によると、18日に松下忠洋経済産業副大臣から電話で要請があり、東京電力から依頼を受けた。

 無人飛行機は全長2.7メートル、全幅3メートル。機体の先端部と中央部にデジタルカメラ2台を設置し、20日と24日の午前10時半から約1時間半それぞれ撮影した。

 福島市内の飛行場を離陸後は衛星利用測位システム(GPS)を使って飛行。機体の放射線量を測定したが、除染の必要はなかったという。写真や動画の撮影のほか、大気中のサンプルも採取できる。山崎社長は「機体が浴びる放射線は気になるが、人体への影響を避けられる無人機が役に立てば」と話している。

 

原発損壊、鮮明に 民間無人機が撮影 福島第一
http://www.asahi.com/national/update/0330/TKY201103290527.html
2011年3月30日7時45分

Tky201103290529 民間会社が無人機を使って撮影した福島第一原発=24日午前11時24分、福島県大熊町、新潟県妙高市のエア・フォート・サービス提供

 東日本大震災で被災し、危機的な状況が続く福島第一原発(東京電力)の様子を、航空写真撮影会社「エア・フォート・サービス」(新潟県妙高市)が、無人飛行機で撮影している。

 原子炉建屋が爆発で壊れているのが左から4、3号機で、右端の2号機は屋根が残っている。その下の横長の建物がタービン建屋で、発電機などがある。3号機のタービン建屋の屋根には爆発の影響とみられる穴が開いている。東京電力は、タービン建屋の地下にたまっている水を、右下に見える白い「復水貯蔵タンク」に移す計画。しかし、2、3号機の復水貯蔵タンクは満水のため、一足先にタンク内の水を、左の排気筒の左に二つ並んで見える「圧力抑制室用貯水タンク」に移す作業が始まっている。

 

参考:NHKも仰々しく紹介しましたが、
tsunami Japan 2011 米軍:無人偵察機グローバルホークで情報提供

158 ←NHK、武田真一アナ。


159


160


161


162


米無人機で内部撮影へ きょうにも福島原発で
http://www.47news.jp/CN/201103/CN2011031601001241.html

Pn2011031601001245ci0003  米軍の無人偵察機グローバルホーク(AP=共同)

 東日本大震災で、高い放射線が検出されている東京電力福島第1原発の原子炉建屋内部を撮影するため、米軍が17日にも無人偵察機グローバルホークを飛行させることが分かった。日本政府関係者が16日明らかにした。

 無人機であるため乗員が被ばくする危険性がない。同機は高性能カメラと赤外線センサーを備えており、破損箇所など建屋内の状況が把握できれば対策づくりに役立つ。

 日本政府が対応に手間取り有効な対策を打ち出せずにいるため、米軍は自衛隊が保有していない無人機の投入が必要と判断したとみられる。原発トラブルでの日米協力の本格化ともいえそうだ。

 東日本大震災を受けオバマ米大統領は「いかなる必要な支援も提供する」と表明。米軍は航空機での物資輸送や、空母などによる被災者の捜索に当たってきた。原発トラブルでも米軍の放水車を提供している。

 グローバルホークは約1万8千メートルの高高度を飛行し、約560キロ先まで見通す偵察能力を持つ。夜間や悪天候下でも目標の捕捉が可能。撮影画像は、ほぼ同時に地上の司令部で見ることができ、地上からの操作のほか事前のプログラム飛行もできる。今回は米領グアムのアンダーセン基地に配備している機体を使用する。
2011/03/17 00:06   【共同通信】

 

東日本大震災:福島第1原発事故 米軍無人機の映像、日本政府が公開に慎重
http://mainichi.jp/select/jiken/news/20110319ddm012040016000c.html
Internet Archive

 日本政府が、米空軍無人偵察機「グローバルホーク」が撮影した福島第1原発上空の映像の提供を受けながら、公開に慎重姿勢を見せていることが関係者の証言で分かった。米軍側は「あくまで日本側の判断」とし、提供した映像の公開を承認している。

 無人機が搭載する高性能のカメラは「車のナンバーが読み取れるほど鮮明」(米空軍)で、映像は原発施設の内部状況をほぼリアルタイムでとらえており、専門家の分析にも役立つ可能性が高いという。

 米空軍は日本政府からの要請を受け、グアムのアンダーセン空軍基地に配備されている最新鋭のグローバルホーク(翼幅約40メートル、全長15メートル)を震災の翌12日から、被災地周辺に飛行させている。多量の放射性物質が検知されている福島第1原発上空では自衛隊機の飛行が困難なため、グローバルホークが24時間態勢で撮影。衛星通信を介して映像を米カリフォルニア州の米空軍基地に送信し、日本政府側にも提供している。

 だが日本側は、映像を保有したまま公開していない。同米空軍基地では、米国の原発専門家らが映像を詳細に分析しているという。【大治朋子】

英訳

    福島第1原発:町民2千人と役場が埼玉へ避難…福島・双葉
    東日本大震災:生徒会が募金活動…NZ地震遭遇の女子高生
    東日本大震災:原子力施設集中の東海村 風評被害を警戒
    東日本大震災:沿岸部の傷深く…37市町村・本紙調査
    福島第1原発:東京消防庁も3号機に放水

毎日新聞 2011年3月19日 東京朝刊

 ↑の英文↓

Japan reluctant to disclose footage of power plant taken by U.S. drone
http://mdn.mainichi.jp/mdnnews/national/news/20110319p2a00m0na005000c.html
Internet Archive

The Japanese government has in its possession video footage of the Fukushima No. 1 Nuclear Power Plant taken by a U.S. military reconnaissance drone, but has yet to release the footage to the public, sources have revealed.

The footage taken from an RQ-4 Global Hawk drone was passed on to the Japanese government with permission for public release from the U.S. Air Force. U.S. military sources said that the decision to release the footage -- or not -- was up to the Japanese government.

The unmanned aerial vehicle (UAV) is equipped with a high-performance camera that, according to the U.S. Air Force, takes "footage so clear that even automobile license plates are visible." Nearly real-time footage of the internal state of the power station is said to be captured, which is likely to assist experts in analyzing the situation.

The U.S. Air Force has been flying the state-of-the-art UAV based in Andersen Air Force Base, Guam, over quake- and tsunami-ravaged areas since March 12 -- a day after a massive quake and tsunami struck eastern Japan -- in response to a request from the Japanese government.

Because Japanese Self-Defense Force aircraft have trouble flying over the stricken Fukushima power plant due to large amounts of radioactive materials detected in the air, the Global Hawk has been filming the area around the clock. Footage is transmitted via satellite to a U.S. Air Force base in California, and is also supplied to the Japanese government. The Japanese government, however, has yet to disclose the footage, which is being analyzed by nuclear power experts and others at the California base.

Click here for the original Japanese story

(Mainichi Japan) March 19, 2011

始めに戻る

 

雑談日記は良質な情報への中継点
と、人気blogランキングバナー に参戦中。

(↓クリックすると拡大)
自民党は自Endバナー 自民党は自Endバナー の猫ちゃんつながりブログを倭国大乱を記録するブログの数々として見つける毎に適宜追加。但し結構忘れてます(汗)

 ココログ利用で、即行で以下のTBPライブリンクをサイドエリアへはりたければ⇒一輪のバラをクリック。

 以下、登録・スタートさせたトラックバック・ピープルです。
主権者は私たち国民自民党政治民主党政治社民党や共産党にトラックバックしてます。

 

※原発関連で3冊:

知事抹殺 つくられた福島県汚職事件 佐藤 栄佐久 (著)

原子炉時限爆弾 広瀬 隆 (著)

隠される原子力・核の真実―原子力の専門家が原発に反対するわけ 小出 裕章 (著)

|

« 「東電 福島第一原発事故関連ニュース」【NHK】3月29日分 | トップページ | 「東電 福島第一原発事故関連ニュース」【NHK】3月30日分 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 3月20日24日に、新潟県妙高市「エア・フォート・サービス」の無人飛行機が撮影した福島原発。:

« 「東電 福島第一原発事故関連ニュース」【NHK】3月29日分 | トップページ | 「東電 福島第一原発事故関連ニュース」【NHK】3月30日分 »