« NHKは「東京電力 福島第一原発事故関連ニュース」をどう伝えたか。(3月分エントリーのまとめリンク) | トップページ | 「東電 福島第一原発事故関連ニュース」【NHK】3月31日分 »

2011年3月31日 (木)

3月の菅直人「首相動静」の記事を採録しておきます。

 政局が目を離せないので(※)、参考情報として毎日追加して記録していきます。日付は3月31日にしておきます。「首相動静」は朝日と時事がありますが、時事の方が見やすくてかつ詳しいので時事の「首相動静」を採録します。

※追記:のんびりした書き方になっているのは、最初にこのエントリーをアップしたのが月初めだからです。その後3・11東日本大震災と、それに続く福島第一原発事故がありました。菅直人が大震災と原発事故にどう対応したかを検証するためにもこの3月の首相動静は重要です。後で振り返り雰囲気を感じるためにも、この書き出しはそのままにしておきます。

 なお、各動静記事末尾でリンク紹介されていた記事中、目に付いたものを資料として採録しておきました

※参考:オープン・ソース・インテリジェンス(OSINT)について

関連:
元旦からの菅直人「首相動静」の記事を採録。

 

 一番下が1日、上が最新です。

首相動静(3月31日)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110401-00000001-jij-pol

時事通信 4月1日(金)0時4分配信
 午前8時現在、公邸。朝の来客なし。
 午前9時、公邸発。同1分、官邸着。同2分、執務室へ。
 午前9時57分、藤田幸久民主党参院議員が入った。
 午前10時40分、藤田氏が出た。
 午前11時、寺田学民主党衆院議員が入った。
 午前11時48分、寺田氏が出た。
 午前11時53分、執務室を出て、同54分、官邸発。同56分、国会着。同57分、衆院本会議場へ。午後0時2分、衆院本会議開会。
 午後1時11分、衆院本会議休憩。同12分、衆院本会議場を出て、同13分、国会発。同14分、官邸着。同15分、執務室へ。
 午後1時35分から同57分まで、共産党の志位和夫委員長、市田忠義書記局長、穀田恵二国対委員長。福山哲郎官房副長官同席。
 午後2時18分から同37分まで、岡村正日本商工会議所会頭。同38分、北沢俊美防衛相、防衛省の折木良一統合幕僚長、下平幸二情報本部長が入った。
 午後3時1分、全員出た。
 午後3時54分から同4時14分まで、全国知事会会長の麻生渡福岡県知事、松本龍防災担当相。
 午後4時15分から同52分まで、佐々江賢一郎外務事務次官。同58分、執務室を出て、同5時、大会議室へ。同1分、サルコジ仏大統領との首脳会談開始。松本剛明外相、海江田万里経済産業相ら同席。
 午後5時46分、同会談終了。同50分、同室を出て、同51分、大ホールへ。同52分、共同記者会見開始。
 午後6時19分、共同記者会見終了。同20分、同ホールを出て、同21分から同22分まで、官邸エントランスホールでサルコジ大統領を見送り。同23分、執務室へ。
 午後6時30分、執務室を出て、同31分、閣僚応接室へ。同32分、閣議室に移り、臨時閣議開始。
 午後6時44分、臨時閣議終了。同45分、同室を出て閣僚談話室へ。同46分、同室を出て大会議室へ。同47分、緊急災害対策本部および原子力災害対策本部開始。
 午後7時12分、同本部終了。同13分、同室を出て執務室へ。
 午後7時16分から同8時18分まで、笹森清内閣特別顧問。同24分、執務室を出て、同25分、官邸発。同26分、公邸着。
 午後9時41分、枝野幸男、仙谷由人正副官房長官、民主党の岡田克也幹事長、玄葉光一郎政調会長、安住淳国対委員長、輿石東参院議員会長が入った。
 午後10時44分、全員出た。
 1日午前0時現在、公邸。来客なし。(了)

【関連記事】
〔写真特集〕華麗なる仏大統領夫人 カーラ・ブルーニ
〔写真特集〕手に汗握る 世紀のオークション
震災対策で民主幹部と協議=菅首相
「大連立」へじわり=広がる容認論、消えぬ不信感
日仏首脳の記者会見要旨

最終更新:4月1日(金)0時22分

 

首相動静(3月30日)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110331-00000000-jij-pol

時事通信 3月31日(木)0時3分配信
 午前8時現在、公邸。朝の来客なし。
 午前8時7分、公邸発。同9分、国会着。同10分、院内大臣室へ。同16分、臨時閣議開始。
 午前8時45分、臨時閣議終了。同46分から同48分まで、枝野幸男、福山哲郎正副官房長官。同49分、院内大臣室を出て、同50分、国会発。同52分、官邸着。同54分、執務室へ。
 午前9時57分から同10時56分まで、細野豪志首相補佐官。
 午前11時15分から同40分まで、オバマ米大統領と電話会談。福山官房副長官、梅本和義外務省北米局長同席。
 正午から午後0時31分まで、寺田学民主党衆院議員。
 午後0時53分から同1時23分まで、社民党の福島瑞穂党首、阿部知子、服部良一両衆院議員。福山官房副長官同席。
 午後1時57分から、同2時35分まで、平野達男内閣府副大臣。
 午後2時36分から同3時12分まで、松下忠洋経済産業副大臣。
 午後3時43分から同4時6分まで、玄葉光一郎民主党政調会長。同7分、自民党の谷垣禎一総裁、石破茂政調会長らが入った。玄葉氏、福山官房副長官同席。
 午後4時44分、全員出た。
 午後4時47分から同5時5分まで、市村浩一郎国土交通政務官。
 午後5時6分から同30分まで、寺田民主党衆院議員、五十嵐敬喜内閣官房参与、河野栄次内閣府参与、小野善康内閣府経済社会総合研究所長。
 午後6時30分から同50分まで、ドイツのメルケル首相と電話会談。松本剛明外相ら同席。同54分から同59分まで、阿久津幸彦内閣府政務官。同7時、海江田万里経済産業相、枝野官房長官が入った。同10分、海江田氏が出た。同22分、枝野氏が出た。同23分から同25分まで、加藤公一民主党衆院議員。
 午後7時26分から同42分まで、江田五月法相、藤田一枝民主党衆院議員。
 午後7時43分から同8時47分まで、荒井聡前国家戦略担当相、民主党の首藤信彦、藤末健三衆参両院議員。
 午後9時16分、執務室を出て、同17分、官邸発。同18分、公邸着。
 31日午前0時現在、公邸。来客なし。(了)

【関連記事】
【特集】ウィキリークス〜流出した「都合の悪い」話〜
【特集】赤い星の戦闘機 ミグ&スホーイ〜北朝鮮で現役のMIG23も〜
【特集】懐かしの軍用機〜ファントム、セイバー、1点もの実験機も〜
【特集】世界の航空母艦〜米ニミッツ級から中国の空母建造計画まで〜
【特集】沖縄と米国海兵隊〜ペリーと黒船でやって来た海兵隊〜

最終更新:3月31日(木)0時22分

 

首相動静(3月29日)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110330-00000000-jij-pol

時事通信 3月30日(水)0時4分配信
 午前6時19分、福山哲郎官房副長官、寺田学民主党衆院議員が公邸に入った。同21分、細野豪志首相補佐官が加わった。
 午前7時38分、全員出た。
 午前8時16分、公邸発。同18分、国会着。同19分、院内大臣室へ。同34分、閣議開始。
 午前8時48分、閣議終了。同49分から同50分まで、海江田万里経済産業相。同51分から同52分まで、田坂広志多摩大大学院教授に内閣官房参与の辞令交付。枝野幸男官房長官、仙谷由人、福山、滝野欣弥各官房副長官同席。同55分、院内大臣室を出て、同57分、参院第1委員会室へ。同9時、参院予算委員会開会。
 午後0時37分、参院予算委散会。同38分、参院第1委員会室を出て、同41分、院内大臣室へ。
 午後0時56分、院内大臣室を出て、同57分、参院議長応接室へ。同58分、同室を出て参院本会議場へ。同1時1分、参院本会議開会。
 午後1時36分、参院本会議を途中退席し、同38分、院内大臣室へ。
 午後2時16分、院内大臣室を出て、同17分、衆院本会議場へ。同22分、衆院本会議開会。
 午後2時34分、衆院本会議休憩。衆院本会議場を出て、同35分、国会発。同37分、官邸着。同38分、執務室へ。
 午後4時28分、岡田克也民主党幹事長が入った。
 午後4時56分、岡田氏が出た。同5時、執務室を出て、同1分、官邸発。同3分、国会着。同4分、衆院議長応接室へ。同10分、同室を出て衆院本会議場へ。同12分、衆院本会議再開。
 午後5時46分、衆院本会議散会。同47分、衆院本会議場を出て、同48分、国会発。同49分、官邸着。同51分、執務室へ。
 午後5時53分から同6時3分まで、田中慶秋民主党衆院議員。
 午後6時26分から同56分まで、民主党の渡部恒三最高顧問、増子輝彦参院議員ら。同57分から同7時3分まで、与謝野馨経済財政担当相。
 午後8時34分、執務室を出て、同35分、官邸発。同36分、公邸着。
 30日午前0時現在、公邸。来客なし。(了)

【関連記事】
与野党連携、壁高く=「震災補正」対応で
原発被災者支援で新チーム=「組織より中身」の声も
首相の原発訪問追及へ=震災翌日「初動遅れた」
東電と経産「もたれ合い」が背景=与野党から声
東電、炉の気体放出渋る=原発事故当初

最終更新:3月30日(水)0時22分

 

首相動静(3月28日)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110329-00000000-jij-pol

時事通信 3月29日(火)0時2分配信
 午前8時現在、公邸。朝の来客なし。
 午前8時58分、公邸発。同59分、官邸着。同9時、執務室へ。
 午前10時57分から同11時15分まで、末松義規内閣府副大臣。
 午前11時16分から同24分まで、芝博一首相補佐官。
 午前11時51分から午後0時22分まで、松本健一内閣官房参与。
 午後0時23分から同38分まで、寺田学民主党衆院議員。
 午後4時15分、執務室を出て、同16分、官邸発。同28分、東京・市谷本村町の防衛省着。視察。職員を激励。同5時、防衛省発。同13分、官邸着。同14分、執務室へ。 午後5時24分、民主党の安住淳国対委員長、斎藤勁国対委員長代理が入った。
 午後5時42分、安住、斎藤両氏が出た。
 午後5時48分から同6時まで、野田佳彦財務相、財務省の勝栄二郎事務次官、真砂靖主計局長。
 午後8時から同9分まで、田坂広志多摩大大学院教授。
 午後8時23分、執務室を出て、同24分、官邸発。同25分、公邸着。
 29日午前0時現在、公邸。来客なし。
(了)

【関連記事】
予算組み替え、早く決断を=福島氏
金融安定化でG7電話協議=政府、投機筋を強くけん制
為替市場の動向を注視=為替介入「コメントしない」
復興対策の増税、検討していない=財務相
補正、年度内編成は困難=当面予備費で

最終更新:3月29日(火)0時22分

 

首相動静(3月27日)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110328-00000000-jij-pol

時事通信 3月28日(月)0時10分配信
 午前9時58分、公邸発。同59分、官邸着。同10時、執務室へ。
 午前10時33分、斎藤勁民主党国対委員長代理が入った。
 午前10時59分、斎藤氏が出た。
 午前11時から同41分まで、山口二郎、遠藤乾両北海道大教授。
 午後0時58分、玄葉光一郎国家戦略担当相が入った。
 午後1時36分、玄葉氏が出た。
 午後1時37分から同59分まで、北沢俊美防衛相。同2時、経営コンサルタントの大前研一氏が入った。
 午後2時52分、大前氏が出た。
 午後3時13分、東祥三内閣府副大臣、寺田学民主党衆院議員が入った。
 午後3時36分、東、寺田両氏が出た。同39分、細野豪志首相補佐官が入った。
 午後4時5分、細野氏が出た。
 午後4時29分から同42分まで、枝野幸男官房長官。
 午後5時13分、田坂広志多摩大大学院教授、長島昭久民主党衆院議員、細野首相補佐官が入った。
 午後5時52分、全員出た。
 午後6時15分、斎藤民主党国対委員長代理が入った。
 午後6時26分、斎藤氏が出た。同34分、枝野、福山哲郎正副官房長官が入った。
 午後6時58分、枝野、福山両氏が出た。同7時13分、海江田万里経済産業相、寺田氏が入った。
 午後7時20分、海江田、寺田両氏が出た。
 午後7時43分から同55分まで、細野首相補佐官。
 午後8時5分から同51分まで、田坂多摩大大学院教授。
 午後9時51分、田坂多摩大大学院教授、細野首相補佐官が入った。
 午後9時53分、福山官房副長官が加わった。同10時24分、全員出た。
 午後10時42分、執務室を出て、同43分、官邸発。同44分、公邸着。
 28日午前0時現在、公邸。来客なし。
(了)

【関連記事】
菅首相、民主幹部と会談
枝野官房長官の会見要旨
下地氏、電気代値上げ発言に抗議=枝野長官が与謝野経財相を注意
官房長官の会見要旨
指導力は目に見えない?=官房長官

最終更新:3月28日(月)0時22分

 

首相動静(3月26日) (時事通信)
http://news.www.infoseek.co.jp/jiji/politics/story/110327jijiHT71/

 午前8時現在、公邸。朝の来客なし。

 午前8時57分、公邸発。同58分、官邸着。同59分、執務室へ。

 午前11時10分、福山哲郎官房副長官、津川祥吾国土交通政務官、寺田学首相補佐官

が入った。

 午前11時34分、全員出た。

 午後0時56分、細野豪志、寺田両首相補佐官が入った。

 午後1時44分、細野、寺田両氏が出た。同3時15分から同30分まで、笹森清内閣

特別顧問。

 午後3時31分から同53分まで、馬淵澄夫民主党衆院議員に首相補佐官の辞令交付。

同54分から同4時7分まで、馬淵首相補佐官、寺田氏。同8分から同50分まで、仙谷

由人官房副長官。同51分から同5時6分まで、松本剛明外相、小寺次郎外務省欧州局長。

 午後5時7分から同55分まで、片山善博総務相、野田佳彦財務相、枝野幸男官房長官。

 午後7時22分、執務室を出て小ホールへ。同23分から同8時4分まで、記者団と懇

談。同5分、小ホールを出て執務室へ。同6分、石井一民主党選対委員長が入った。

 午後8時55分、石井氏が出た。同9時7分、執務室を出て、同9分、官邸発。同10

分、公邸着。

 27日午前0時現在、公邸。来客なし。(了)

[時事通信社]

[ 2011年3月27日0時4分 ]

 

首相動静(3月25日)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110326-00000001-jij-pol

時事通信 3月26日(土)0時10分配信
 午前7時57分、公邸発。同58分、官邸着。同59分、執務室へ。
 午前8時17分、執務室を出て、同18分、閣僚応接室へ。同19分、閣議室に移り、閣議開始。
 午前8時32分、閣議終了。同33分、閣議室を出て執務室へ。
 午前10時39分、枝野幸男、福山哲郎正副官房長官、細野豪志、寺田学両首相補佐官が入った。
 午前11時28分、全員が出た。
 午後0時54分、執務室を出て、同55分、官邸発。同57分、国会着。同58分、衆院本会議場へ。同1時1分、衆院本会議開会。
 午後1時14分、衆院本会議散会。衆院本会議場を出て、同15分、国会発。同17分、官邸着。同18分、執務室へ。同19分から同27分まで、外務省の西宮伸一外務審議官。
 午後1時56分、石原信雄元官房副長官が入った。
 午後2時30分、石原氏が出た。
 午後3時43分、福山官房副長官、寺田首相補佐官が入った。
 午後4時21分、福山、寺田両氏が出た。
 午後5時33分から同54分まで、加藤公一民主党衆院議員。同56分、福山官房副長官が入った。
 午後6時25分、福山氏が出た。
 午後7時32分、執務室を出て、同33分、記者会見室へ。同34分から同48分まで、記者会見。同49分、同室を出て、同50分、執務室へ。同54分、高木義明文部科学相が入った。
 午後8時13分、高木氏が出た。
 午後8時53分、岡田克也民主党幹事長が入った。同57分、安住淳民主党国対委員長が加わった。同9時1分、玄葉光一郎民主党政調会長が加わった。同8分、輿石東民主党参院議員会長、枝野、仙谷由人正副官房長官が加わった。
 午後10時20分、全員出た。同21分、細野首相補佐官が入った。同30分、枝野、仙谷正副官房長官が加わった。
 午後11時2分、細野氏が出た。同6分、仙谷氏が出た。同10分、枝野氏が出た。
 午後11時17分、執務室を出て、同18分、官邸発。同19分、公邸着。
 26日午前0時現在、公邸。来客なし。
(了)

【関連記事】
強気の菅首相を追い詰める自民の深謀遠慮
〔写真特集〕政治家・小沢一郎
菅首相、民主幹部と会談
民主、自民幹部が会談
がれき指針で自民反発

最終更新:3月26日(土)0時22分

 

首相動静(3月24日)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110325-00000001-jij-pol

時事通信 3月24日(木)8時7分配信
 午前7時58分、公邸発。同59分、官邸着。同8時、執務室へ。
 午前8時41分、班目春樹原子力安全委員会委員長が入った。同9時、海江田万里経済産業相、枝野幸男官房長官、福山哲郎官房副長官、寺田学、細野豪志両首相補佐官、武藤栄東京電力副社長が加わった。同39分、班目、武藤両氏が出た。同10時5分、全員出た。
 午前10時57分、斎藤勁民主党国対委員長代理が入った。
 午前11時24分、斎藤氏が出た。
 午後1時40分から同50分まで、尾本彰原子力委員会委員。
 午後4時2分から同18分まで、英国のキャメロン首相と電話会談。松本剛明外相、小寺次郎外務省欧州局長、経済産業省の岡田秀一経済産業審議官同席。
 午後5時33分、執務室を出て、同35分、官邸発。同36分、東京・永田町の内閣府本府着。被災者生活支援特別対策本部事務局で職員を激励。同40分、同所発。同41分、官邸着。同42分、執務室へ。
 午後8時26分、仙谷由人官房副長官が入った。
 午後8時47分、仙谷氏が出た。
 午後9時5分、執務室を出て、同6分、官邸発。同7分、公邸着。
 25日午前0時現在、公邸。来客なし。(了)

【関連記事】
強気の菅首相を追い詰める自民の深謀遠慮
〔写真特集〕政治家・小沢一郎
支援装う窃盗に対策を=自民副総裁
官房長官の会見要旨
指導力は目に見えない?=官房長官

最終更新:3月25日(金)0時22分

 

首相動静(3月23日)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110323-00000035-jij-pol

時事通信 3月23日(水)8時3分配信
 午前7時56分、公邸発。同57分、官邸着。同58分、執務室へ。
 午前10時33分、福山哲郎官房副長官、細野豪志首相補佐官が入った。
 午前11時5分、福山、細野両氏が出た。
 午前11時53分から午後0時38分まで、経営コンサルタントの大前研一氏。
 午後1時から同15分まで、インドのシン首相と電話会談。伴野豊外務副大臣同席。
 午後1時54分から同2時6分まで、枝野幸男官房長官。同7分、執務室を出て、同8分、小ホールへ。同9分、月例経済報告関係閣僚会議開始。同12分、同会議を途中退席し、同13分、執務室へ。
 午後2時35分から同3時30分まで、枝野、福山正副官房長官、寺田学首相補佐官、空本誠喜民主党衆院議員。
 午後5時から同58分まで、寺田首相補佐官、五十嵐敬喜内閣官房参与、河野栄次内閣府参与、小野善康内閣府経済社会総合研究所長。
 午後6時53分から同7時3分まで、細野首相補佐官。
 午後8時34分から同49分まで、加藤公一前首相補佐官。
 午後9時21分、執務室を出て、同22分、官邸発。同24分、公邸着。(了)

【関連記事】
原発対応なお乱れ=首相、専門集団に不信も
東日本大震災クロニクル
海外向け発信、ようやく本腰=原発事故への不安解消狙う
東日本大震災関連の主な政治の動き
菅首相発言要旨

最終更新:3月23日(水)21時32分

 

首相動静(3月22日)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110323-00000001-jij-pol

時事通信 3月23日(水)0時8分配信
 午前8時現在、公邸。朝の来客なし。
 午前8時1分、公邸発。同2分、官邸着。同3分、執務室へ。
 午前8時15分、執務室を出て、同16分、閣僚応接室へ。同17分、閣議室に移り、閣議開始。
 午前8時28分、閣議終了。同29分、同室を出て執務室へ。同30分、北沢俊美防衛相、福山哲郎官房副長官、防衛省の折木良一統合幕僚長が入った。
 午前8時49分、福山氏が出た。
 午前9時23分、北沢、折木両氏が出た。
 午前9時30分、民主党の安住淳国対委員長、斎藤勁国対委員長代理、中川正春衆院予算委員会筆頭理事、後藤斎国対副委員長が入った。
 午前10時1分、全員出た。
 午後0時54分、執務室を出て、同55分、官邸発。同56分、国会着。同57分、衆院本会議場へ。同58分から同1時1分まで、枝野幸男官房長官、井戸正枝、福田衣里子両民主党衆院議員。同2分から同10分まで、衆院本会議。同11分、衆院本会議場を出て、同12分、国会発。同13分、官邸着。同14 分、執務室へ。
 午後3時8分から同42分まで、細野豪志首相補佐官。同43分から同59分まで、東工大の有冨正憲、斉藤正樹両教授に内閣官房参与の辞令交付。
 午後4時から同17分まで、寺坂信昭原子力安全・保安院院長、近藤駿介原子力委員会委員長、班目春樹原子力安全委員会委員長。枝野官房長官、細野、寺田学両首相補佐官同席。
 午後4時25分から同40分まで、斎藤民主党国対委員長代理。
 午後6時から同15分まで、欧州連合(EU)のファンロンパイ大統領と電話会談。外務省の伴野豊副大臣、小寺次郎欧州局長、経済産業省の岡田秀一経済産業審議官同席。
 午後7時40分から同48分まで、芝博一首相補佐官。同8時57分、執務室を出て、同58分、官邸発。同9時、公邸着。
 23日午前0時現在、公邸。来客なし。(了)

【関連記事】
原発対応なお乱れ=首相、専門集団に不信も
東日本大震災クロニクル
海外向け発信、ようやく本腰=原発事故への不安解消狙う
日本に「最大限の支援」=菅首相と電話会談-EU大統領
燃料プール上は100度以下=1〜6号機、「水入っている状態」

最終更新:3月23日(水)0時22分

 

首相動静(3月21日)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110322-00000002-jij-pol

時事通信 3月22日(火)0時17分配信
 午前7時56分、公邸発。同58分、官邸着。同59分、執務室へ。
 午前8時15分から同30分まで、村井嘉浩宮城県知事らと電話。
 午前11時30分、五十嵐敬喜内閣官房参与、河野栄次、宮崎徹両内閣府参与、小野善康内閣府経済社会総合研究所長が入った。午後0時12分、辻元清美首相補佐官が加わった。同45分、全員出た。
 午後3時28分、仙谷由人官房副長官が入った。
 午後3時50分、仙谷氏が出た。同53分から同57分まで、石原慎太郎東京都知事。同4時2分、執務室を出て大会議室へ。同3分、緊急災害対策本部および原子力災害対策本部開始。
 午後4時42分、両本部終了。同43分、同室を出て執務室へ。
 午後4時44分から同54分まで、片山善博総務相。同5時28分から同55分まで、岡田克也民主党幹事長。
 午後7時51分、細野豪志首相補佐官が入った。
 午後8時15分、細野氏が出た。
 午後8時30分、執務室を出て、同31分、官邸発。同33分、公邸着。
 22日午前0時現在、公邸。来客なし。
(了)

【関連記事】
強気の菅首相を追い詰める自民の深謀遠慮
〔写真特集〕政治家・小沢一郎
「心からおわび」と謝罪=廃炉は明言避ける
水道水の放射性物質、基準の3倍超=福島・飯舘村で検出
燃料プール上は100度以下=1〜6号機、「水入っている状態」

最終更新:3月22日(火)0時21分

 

首相動静(3月20日)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110321-00000002-jij-pol

時事通信 3月21日(月)0時7分配信
 午前7時58分、公邸発。同59分、官邸着。同8時、執務室へ。
 午前8時9分から同9時まで、細野豪志首相補佐官。
 午前9時20分、執務室を出て、同26分、陸上自衛隊ヘリコプターで官邸屋上のヘリポート発。
 午前9時43分、神奈川県横須賀市の防衛大学校着。
 午前9時50分から同59分まで、防大の応接室で北沢俊美防衛相、中江公人防衛事務次官、五百旗頭真校長、森本敏拓殖大大学院教授ら。同10時5分、記念講堂へ。同10分、防大卒業式開始。
 午前11時57分、防大卒業式終了。
 午後0時10分、記念講堂を出て、同16分、陸自ヘリで防大発。同33分、官邸屋上ヘリポート着。同36分、執務室へ。
 午後0時54分から同1時6分まで、福山哲郎官房副長官。
 午後3時から同37分まで、細野首相補佐官。
 午後4時から同26分まで、北陸先端科学技術大学院大学の日比野靖副学長、防大の山口昇教授に内閣官房参与の辞令交付。同27分から同50分まで、斎藤勁民主党国対委員長代理。
 午後7時51分、細野首相補佐官が入った。
 午後8時17分、北沢防衛相、枝野幸男、福山正副官房長官、防衛省の折木良一統合幕僚長、下平幸二情報本部長が加わった。同41分、松本剛明外相、梅本和義外務省北米局長が加わった。同9時18分、松本、枝野、福山、梅本各氏が出た。同25分、細野氏が出た。同36分、北沢、折木、下平各氏が出た。
 午後9時37分、執務室を出て、同38分、官邸発。同39分、公邸着。
 21日午前0時現在、公邸。来客なし。(了)

【関連記事】
東日本大震災関連の主な政治の動き
菅首相発言要旨
菅首相「私も決死の覚悟」=原発事故、予断許さず
原発情報「包み隠さず開示」=IAEA事務局長と会談
原発推進見直しに言及=枝野官房長官

最終更新:3月21日(月)0時21分

 

首相動静(3月19日)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110320-00000000-jij-pol

時事通信 3月20日(日)0時4分配信
 午前7時57分、公邸発。同58分、官邸着。同59分、執務室へ。
 午前11時3分、民主党の鳩山由紀夫前首相、小沢一郎元代表、前原誠司前外相が入った。
 午前11時48分、全員が出た。
 午後0時58分、北沢俊美防衛相、自衛隊の折木良一統合幕僚長、下平幸二情報本部長、細野豪志首相補佐官が入った。
 午後1時53分、下平氏が出た。同2時6分、全員出た。
 午後3時59分から同4時9分まで、平野達男内閣府副大臣。
 午後4時34分から同5時7分まで、作家の石川好氏。
 午後6時1分から同55分まで、ルース駐日米大使。福山哲郎官房副長官、佐々江賢一郎外務事務次官同席。
 午後8時28分、執務室を出て、同29分、官邸発。同30分、公邸着。
 20日午前0時現在、公邸。来客なし。
(了)

【関連記事】
強気の菅首相を追い詰める自民の深謀遠慮
〔写真特集〕政治家・小沢一郎
事務所崩壊、親族被災も=東北選出議員、心痛の1週間
小沢元代表の公判前整理始まる=無罪主張の方針
北沢防衛相が現地入り=陸海空自衛隊の指揮一元化

最終更新:3月20日(日)0時22分

 

首相動静(3月18日)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110319-00000001-jij-pol

時事通信 3月19日(土)0時3分配信
 午前8時現在、官邸執務室。来客なし。
 午前9時21分から同29分まで、松永和夫経済産業事務次官。同30分、執務室を出て、同31分、閣僚応接室へ。同32分、閣議室に移り閣議開始。
 午前9時52分、閣議終了。同53分、同室を出て執務室へ。同54分、片山善博総務相、海江田万里経済産業相、北沢俊美防衛相、折木良一統合幕僚長が入った。同10時1分、中野寛成国家公安委員長が加わった。
 午前10時28分、片山、中野両氏が出た。
 午前10時56分、北沢、折木両氏が出た。同59分、海江田氏が出た。
 午前11時24分、岡田克也民主党幹事長が入った。
 午前11時39分、岡田氏が出た。
 午後1時26分から同39分まで、杉山晋輔外務省アジア大洋州局長。同40分から同43分まで、枝野幸男官房長官。同49分から同58分まで、松本剛明外相。
 午後2時14分、執務室を出て特別応接室へ。同15分から同30分まで、国際原子力機関(IAEA)の天野之弥事務局長が表敬。福山哲郎官房副長官ら同席。同31分、同室を出て執務室へ。
 午後3時46分から同58分まで、笹森清内閣特別顧問。
 午後7時から同15分まで、フランスのサルコジ大統領と電話会談。松本外相、福山官房副長官、外務省の西宮伸一外務審議官、小寺次郎欧州局長、岡田秀一経済産業審議官ら同席。
 午後8時11分、執務室を出て、同12分、記者会見室へ。同13分から同27分まで、記者会見。同28分、同室を出て、同29分、執務室へ。
 午後8時34分から同48分まで、小川勝也防衛副大臣、岩崎茂航空幕僚長。
 午後8時49分から同54分まで、斎藤勁民主党国対委員長代理。
 午後8時55分から同9時2分まで、松本龍防災担当相。同7分、執務室を出て内閣危機管理センターへ。
 午後9時20分、同センターを出て執務室へ。
 午後9時31分から同45分まで、細野豪志首相補佐官。同46分、執務室を出て、同47分、官邸発。同48分、公邸着。
 19日午前0時現在、公邸。来客なし。
(了)

【関連記事】
強気の菅首相を追い詰める自民の深謀遠慮
〔写真特集〕政治家・小沢一郎
〔写真特集〕華麗なる仏大統領夫人 カーラ・ブルーニ
IAEA、都内で計測開始
菅首相発言要旨

最終更新:3月19日(土)0時21分

 

首相動静(3月17日)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110317-00000017-jij-pol

時事通信 3月17日(木)8時58分配信
 午前7時47分、福山哲郎官房副長官が入った。同8時30分、枝野幸男官房長官、経済産業省の松永和夫事務次官、細野哲弘資源エネルギー庁長官が加わった。同44分、全員出た。
 午前10時22分から同52分まで、オバマ米大統領と電話会談。松本剛明外相、梅本和義外務省北米局長同席。
 午後0時33分から43分まで、斎藤勁民主党国対委員長代理。
 午後0時53分、執務室を出て、同54分、官邸発。同55分、国会着。同56分、衆院本会議場へ。同1時2分、衆院本会議開会。同4分から同5分まで、東日本大震災を受け黙とう。同6分、衆院本会議を途中退席し、国会発。同8分、官邸着。同9分、執務室へ。同10分、北沢俊美防衛相、防衛省の中江公人事務次官、折木良一統合幕僚長、下平幸二情報本部長が入った。
 午後1時43分、全員出た。同44分から同59分まで、細野豪志首相補佐官。
 午後2時20分、執務室を出て小ホールへ。同21分、地震対策に関する政府・民主党連絡会議開始。
 午後2時44分、同会議終了。同45分、小ホールを出て執務室へ。
 午後4時53分、松永経産事務次官が入った。
 午後5時30分、松永氏が出た。
 午後6時、執務室を出て大会議室へ。同1分から同13分まで、緊急災害対策本部。同14分、原子力災害対策本部開始。
 午後6時27分、同本部終了。同28分、大会議室を出て執務室へ。
 午後6時29分、海江田万里経済産業相、北沢防衛相、中野寛成国家公安委員長、細野首相補佐官が入った。同33分、細川律夫厚生労働相が加わった。同48分、全員出た。
同7時21分から同46分まで、枝野官房長官。
 午後7時47分、執務室を出て、同48分、官邸発。同55分、皇居着。内奏。仙谷由人民主党代表代行の官房副長官認証式。
 午後8時38分、皇居発。同48分、官邸着。同49分、執務室へ。
 午後8時50分から同57分まで、藤井裕久首相補佐官に辞令交付。同58分、仙谷官房副長官が入った。
 午後9時20分、仙谷氏が出た。
 午後11時3分、細野首相補佐官が入った。
 午後11時18分、細野氏が出た。
 18日午前1時45分現在、官邸執務室。来客なし。(了)

最終更新:3月17日(木)20時23分(SOBA:追加す)

 

首相動静(3月16日)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110316-00000038-jij-pol

時事通信 3月16日(水)8時16分配信
 午前8時現在、官邸執務室。来客なし。
 午前9時43分から同57分まで、枝野幸男、福山哲郎正副官房長官。同10時18分から同26分まで、加藤公一首相補佐官。
 午前11時48分から同58分まで、平野達男内閣府副大臣。午後0時46分、北沢俊美防衛相、防衛省の中江公人事務次官、下平幸二情報本部長が入った。
 午後1時8分、細野豪志首相補佐官が加わった。同15分、細野氏が出た。同23分、全員出た。
 午後3時59分、執務室を出て、同4時2分、大会議室へ。同3分から同45分まで、緊急災害対策本部。
 午後4時46分から同53分まで、原子力災害対策本部。同55分、大会議室を出て執務室へ。
 午後4時56分から同5時1分まで、小佐古敏荘東大大学院教授に内閣官房参与の辞令交付。同2分、北沢防衛相が入った。
 午後5時52分、北沢氏が出た。
 午後6時5分、笹森清内閣特別顧問が入った。同15分、辻元清美首相補佐官が加わった。同20分、笹森、辻元両氏が出た。同42分から同47分まで、仙谷由人民主党代表代行。同48分から同7時6分まで、松本剛明外相。
 午後7時7分から同54分まで、細野首相補佐官。
 午後8時8分から同27分まで、斎藤勁民主党国対委員長代理。
 午後10時16分から同23分まで、潘基文国連事務総長と電話会談。伴野豊外務副大臣、鶴岡公二外務省総合外交政策局長同席。
(了)

【関連記事】
強気の菅首相を追い詰める自民の深謀遠慮
〔写真特集〕政治家・小沢一郎
官房長官の会見要旨
「レベル7」到達の恐れ=福島原発事故
情報の迅速な伝達を=日本政府に不満-IAEA事務局長

最終更新:3月17日(木)0時1分

 

首相動静(3月15日)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110315-00000040-jij-pol

時事通信 3月15日(火)7時51分配信
 午前4時17分から同35分まで、清水正孝東京電力社長。同5時25分、執務室を出て、同26分から同28分まで、官邸エントランスで、東京電力福島第 1原発の事故に関する政府と東電の統合連絡本部設置を発表。同29分、官邸発。同35分、東京・内幸町の東京電力着。福島原発事故対策統合連絡本部。
 午前8時39分、同所発。同46分、官邸着。同47分、執務室へ。
 午前9時29分、執務室を出て、同30分、閣僚応接室へ。同31分、閣議室に移り、閣議開始。
 午前9時56分、閣議終了。同57分、同室を出て執務室へ。
 午前10時24分、海江田万里経済産業相が入った。
 午前10時41分、海江田氏が出た。
 午前10時59分、執務室を出て、同11時1分から同6分まで記者会見室で記者会見。同7分、執務室へ。
 午前11時31分、枝野幸男官房長官が入った。同34分、海江田経産相が加わった。同39分、北沢俊美防衛相が加わった。午後0時3分、全員出た。同31分、執務室を出て、同32分、大会議室へ。同33分、緊急災害対策本部開始。
 午後0時53分、同本部終了。同54分、原子力災害対策本部開始。
 午後1時14分、同本部終了。同16分、同室を出て、同17分、執務室へ。
 午後2時21分、執務室を出て、同22分から同57分まで、小ホールで地震対策に関する政府・民主党連絡会議。同58分、執務室へ。
 午後2時59分から同3時46分まで、斉藤正樹東工大教授。
 午後3時47分から同57分まで、田中真紀子、沓掛哲男両民主党衆院議員ら。同58分、北沢防衛相が入った。
 午後4時24分、北沢氏が出た。同25分から同51分まで、古賀伸明連合会長。
 午後4時52分から同5時26分まで、伊藤哲朗内閣危機管理監。同49分から同7時25分まで、東祥三内閣府副大臣。同26分から同47分まで、細野豪志首相補佐官。
 午後8時12分、斎藤勁民主党国対委員長代理が入った。
 午後8時32分、斎藤氏が出た。同33分、玄葉光一郎科学技術政策担当相が入った。
 午後8時51分、玄葉氏が出た。
 午後8時58分から同10時5分まで、海江田経産相。(了)

【関連記事】
強気の菅首相を追い詰める自民の深謀遠慮
【東日本大震災特集】トップページ
〔写真特集〕東北地方太平洋沖地震
〔用語解説〕「福島第1原発」
移動式仮設病院提供の用意=ロシア

最終更新:3月15日(火)22時21分

 

首相動静(3月14日)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110314-00000039-jij-pol

時事通信 3月14日(月)8時10分配信
 午前8時現在、官邸執務室。来客なし。
 午前8時46分、加藤公一、細野豪志、寺田学各首相補佐官が入った。
 午前8時55分、加藤氏が出た。
 午前9時31分、細野、寺田両氏が出た。同32分、執務室を出て大会議室へ。同33分、緊急災害対策本部および原子力災害対策本部開始。
 午前10時1分、両本部終了。同2分、同室を出て執務室へ。
 午前10時17分、海江田万里経済産業相が入った。
 午前10時55分、海江田氏が出た。同56分から同11時18分まで、公明党の山口那津男代表、斉藤鉄夫幹事長代行。同30分、海江田氏、枝野幸男、福山哲郎正副官房長官、伊藤哲郎内閣危機管理監が入った。同38分、枝野、福山両氏が出た。同45分、枝野、福山両氏が加わった。
 午後0時38分、全員出た。同54分、枝野官房長官が入った。
 午後2時、中山義活経済産業政務官が加わった。同12分、中山氏が出た。
 午後2時13分、片山善博総務相が加わった。同35分、片山氏が出た。
 午後3時46分、枝野氏が出た。
 午後4時24分から同54分まで、中西宏明日立製作所社長。
 午後5時30分から同49分まで、ロシアのメドベージェフ大統領と電話会談。伴野豊外務副大臣同席。同50分から同6時5分まで、ニュージーランドのキー首相と電話会談。伴野氏、外務省の杉山晋輔アジア大洋州局長同席。同8分から同21分まで、片山総務相、逢坂誠二総務政務官。
 午後8時45分、玄葉光一郎科学技術政策担当相が入った。
 午後9時6分、玄葉氏が出た。
 午後9時37分から同54分まで、枝野官房長官。同55分、執務室を出て内閣危機管理センターへ。同10時7分、同センターを出て執務室へ。(了)

【関連記事】
【特集】日本海海戦〜天気晴朗ナレドモ波高シ〜
【特集】赤い星の戦闘機 ミグ&スホーイ〜北朝鮮で現役のMIG23も〜
強気の菅首相を追い詰める自民の深謀遠慮
〔写真特集〕政治家・小沢一郎
野党、政府を批判=「危機管理不慣れ」

最終更新:3月14日(月)22時16分

 

首相動静(3月13日)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110313-00000025-jij-pol

時事通信 3月13日(日)4時41分配信
 午前1時48分、福山哲郎官房副長官が出た。
 午前5時50分、海江田万里経済産業相が出た。
 午前7時57分、海江田氏が入った。
 午前9時3分、海江田氏が出た。
 午前9時30分、執務室を出て、同31分、大会議室へ。同32分、緊急災害対策本部および原子力災害対策本部開始。
 午前10時18分、両本部終了。同19分、大会議室を出て、同20分、執務室へ。同21分、海江田氏が入った。
 午前11時8分、海江田氏が出た。同9分から午後1時23分まで、佐々木則夫東芝社長。
 午後1時46分から同2時44分まで、清水正孝東京電力社長。
 午後2時45分から同3時7分まで、谷垣禎一自民党総裁と党首会談。岡田克也民主党幹事長、石原伸晃自民党幹事長同席。
 午後3時30分から同45分まで、韓国の李明博大統領と電話会談。伴野豊外務副大臣同席。同55分から同4時10分まで、オーストラリアのギラード首相と電話会談。伴野氏同席。同30分から同54分まで、福島瑞穂社民党党首と会談。民主党の岡田、社民党の重野安正両幹事長ら同席。同5時から同21分まで、亀井静香国民新党代表と会談。
 午後7時47分、執務室を出て、同48分、記者会見室へ。同49分から同58分まで、記者会見。同59分、同室を出て執務室へ。
 午後8時55分、執務室を出て特別応接室へ。同56分から同58分まで、蓮舫行政刷新担当相に節電啓発担当相の補職辞令、辻元清美首相補佐官の辞令を交付。枝野幸男官房長官、藤井裕久、福山哲郎、滝野欣弥各官房副長官同席。同59分、特別応接室を出て大会議室へ。同9時、緊急災害対策本部および原子力災害対策本部開始。
 午後9時39分、両本部終了。同40分から同52分まで、電力需給緊急対策本部。同53分、大会議室を出て、同54分、小ホールへ。同58分、経済情勢に関する検討会合開始。
 午後10時18分、同会合終了。同19分、小ホールを出て、同21分、執務室へ。同22分、民主党の仙谷由人代表代行、岡田幹事長、安住淳国対委員長、輿石東参院議員会長が入った。
 午後10時45分、全員出た。(了)

【関連記事】
【特集】緊迫!朝鮮半島〜北朝鮮が韓国・延坪島を砲撃〜
強気の菅首相を追い詰める自民の深謀遠慮
〔写真特集〕政治家・小沢一郎
首相メッセージの要旨
原発爆発、対応が後手=危機管理で能力欠如

最終更新:3月13日(日)23時11分

 

首相動静(3月12日)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110312-00000044-jij-pol

時事通信 3月12日(土)5時57分配信
 午前5時31分、執務室を出て、内閣危機管理センターへ。
 午前6時8分、同センターを出て官邸エントランスで大地震を受けたコメント発表。同14分、陸上自衛隊ヘリコプターで官邸屋上へリポート発。班目春樹原子力安全委員会委員長、寺田学首相補佐官同行。
 午前7時11分、福島県大熊町の東京電力福島第1原子力発電所着。同19分、重要免震棟へ。同23分、東京電力副社長の武藤栄原子力・立地本部長による説明。池田元久経済産業副大臣同席。
 午前7時47分、武藤本部長による説明終了。同49分、重要免震棟を出て、同8時4分、陸自ヘリで福島第1原発発。
 午前8時29分、仙台市の陸上自衛隊霞目駐屯地着。同35分、陸自ヘリで同駐屯地発。宮城県沿岸部の被災地を上空から視察。同9時14分、同駐屯地着。同17分、陸自ヘリで同駐屯地発。
 午前10時47分、官邸屋上ヘリポート着。同50分、執務室へ。
 午前11時13分から同34分まで、海江田万里経済産業相。同35分、執務室を出て大会議室へ。同36分から午後0時18分まで、緊急災害対策本部および原子力災害対策本部。同20分、同室を出て執務室へ。
 午後0時42分から同55分まで、民主党の仙谷由人代表代行、岡田克也幹事長。
 午後2時59分、執務室を出て大会議室へ。同3時1分から同4時3分まで、与野党党首会談。同4分、大会議室を出て執務室へ。
 午後4時59分から同5時25分まで、玄葉光一郎国家戦略担当相。
 午後6時44分、海江田経産相、福山哲郎官房副長官、細野豪志、寺田、芝博一各首相補佐官が入った。同49分、松本龍防災担当相が加わった。同53分、松本氏が出た。同58分、寺田、芝両氏が出た。同8時10分、福山、細野両氏が出た。同29分、海江田氏が出た。同30分、執務室を出て、同31分、記者会見室へ。同32分から同41分まで、記者会見。同42分、記者会見室を出て執務室へ。
 午後9時33分、執務室を出て大会議室へ。同34分から同10時19分まで、緊急災害対策本部および原子力災害対策本部。同22分、同室を出て執務室へ。同29分、玄葉国家戦略担当相、細野首相補佐官が入った。
 午後10時45分、玄葉氏が出た。
 午後11時1分、細野氏が出た。(了)

【関連記事】
【特集】東日本大震災関連情報〜現地からリポート〜
強気の菅首相を追い詰める自民の深謀遠慮
〔写真特集〕政治家・小沢一郎
〔写真特集〕東北地方太平洋沖地震
〔用語解説〕「福島第1原発」

 

首相動静(3月11日)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110312-00000004-jij-pol

時事通信 3月12日(土)0時17分配信
 午前6時16分、福山哲郎官房副長官、細野豪志、寺田学両首相補佐官が公邸に入った。同7時24分、全員出た。同33分、公邸発。「自身の違法献金の問題が出ているが」に「…」。同35分、国会着。同36分、院内大臣室へ。
 午前7時40分から同47分まで、障がい者制度改革推進本部。
 午前7時51分から同56分まで、総合海洋政策本部会合。
 午前8時11分から同16分まで、寺田首相補佐官。同17分、閣議開始。
 午前8時37分、閣議終了。
 午前8時38分から同43分まで、枝野幸男、福山正副官房長官、寺田首相補佐官。
 午前8時50分、院内大臣室を出て、同52分、参院第1委員会室へ。同55分、参院決算委員会開会。
 午前11時54分、参院決算委休憩。同55分、参院第1委員会室を出て、同56分、国会発。同58分、官邸着。同59分。執務室へ。
 午後0時52分、執務室を出て、同54分、官邸発。同55分、国会着。同57分、参院第1委員会室へ。同1時、参院決算委再開。
 午後2時50分、参院決算委休憩。同51分、参院第1委員会室を出て、同55分、国会発。同56分、官邸着。同57分、執務室へ。
 午後3時7分、執務室を出て内閣危機管理センターへ。緊急災害対策本部に出席。
 午後4時5分、同センターを出て執務室へ。同10分、同室を出て、同11分、大会議室へ。同12分から同23分まで、全閣僚出席の緊急災害対策本部。同 24分、同室を出て、同25分、執務室へ。同26分、福山官房副長官、伊藤哲朗内閣危機管理監、千代幹也内閣広報官、寺田首相補佐官が入った。同30分、民主党の仙谷由人代表代行、岡田克也幹事長が加わった。同37分、伊藤氏が出た。同44分、岡田氏が出た。同47分、福山、千代両氏が出た。同52分、寺田、仙谷両氏が出た。同53分、執務室を出て記者会見室へ。同55分から同57分まで、記者会見。同58分、記者会見室を出て執務室へ。同59分、細野、寺田両首相補佐官が入った。
 午後5時42分、海江田万里経済産業相が加わった。同44分、福山官房副長官が加わった。
 午後6時3分、全員出た。同4分、執務室を出て、同11分、大会議室へ。同12分、与野党党首会談開始。同17分、同会談を途中退席し、同18分、執務室へ。
 午後6時34分から同7時6分まで、中野寛成国家公安委員長、伊藤内閣危機管理監。同7分、執務室を出て、同8分、大会議室へ。
 午後7時9分から同22分まで、原子力災害対策本部。同23分から同38分まで、緊急災害対策本部。同39分、大会議室を出て執務室へ。同41分、海江田経産相、藤井裕久、福山両官房副長官、細野、寺田両首相補佐官が入った。同8時17分、藤井氏が出た。同24分、海江田氏が出た。同26分、福山、細野、寺田各氏が出た。
 午後8時27分、執務室を出て内閣危機管理センターへ。
 午後11時55分、同センターを出て執務室へ。12日午前0時15分から同25分まで、オバマ米大統領と電話会談。松本剛明外相、高橋千秋外務副大臣、梅本和義外務省北米局長、福山官房副長官同席。
 午前0時40分から同52分まで、枝野、福山正副官房長官。同53分、執務室を出て内閣危機管理センターへ。
 午前1時36分、同センターを出て執務室へ。(了)

【関連記事】
【特集】ウィキリークス〜流出した「都合の悪い」話〜
【特集】赤い星の戦闘機 ミグ&スホーイ〜北朝鮮で現役のMIG23も〜
【特集】懐かしの軍用機〜ファントム、セイバー、1点もの実験機も〜
【特集】世界の航空母艦〜米ニミッツ級から中国の空母建造計画まで〜
【特集】沖縄と米国海兵隊〜ペリーと黒船でやって来た海兵隊〜

最終更新:3月12日(土)2時1分

 

首相動静(3月10日)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110311-00000000-jij-pol

時事通信 3月11日(金)0時4分配信
 午前7時42分、公邸発。同43分、官邸着。同44分、執務室へ。同45分、福山哲郎官房副長官、寺田学、細野豪志両首相補佐官が入った。
 午前8時56分、全員出た。
 午前9時32分から同40分まで、輿石東民主党参院議員会長。
 午前10時17分、執務室を出て、同18分、官邸発。同24分、皇居着。内奏。高橋千秋氏の外務副大臣認証式。
 午前10時52分、皇居発。同11時、官邸着。同1分、執務室へ。
 午前11時25分、執務室を出て特別応接室へ。同26分から同27分まで、高橋外務副大臣と記念撮影。同28分、同室を出て執務室へ。
 午後0時1分、執務室を出て、同2分、官邸発。同3分、国会着。同4分、衆院本会議場へ。同6分から同8分まで、渡辺浩一郎民主党衆院議員。同12分から同18分まで、衆院本会議。同19分、衆院本会議場を出て、同20分、国会発。同21分、官邸着。同22分、執務室へ。
 午後0時53分、執務室を出て、同54分、官邸発。同55分、国会着。同57分、参院第1委員会室へ。同1時、参院予算委員会再開。
 午後5時9分、参院予算委散会。同10分、参院第1委員会室を出て、同11分、国会発。同13分、官邸着。同14分、執務室へ。同21分、同室を出て、同22分、大会議室へ。同23分から同42分まで、経済情勢に関する検討会合。同43分、同室を出て執務室へ。同44分、野田佳彦財務相、財務省の勝栄二郎事務次官、真砂靖主計局長が入った。
 午後6時4分、全員出た。
 午後6時15分から同41分まで、植松信一内閣情報官。
 午後6時42分から同57分まで、外務省の伴野豊、経済産業省の松下忠洋、国土交通省の三井辨雄各副大臣、福山官房副長官、外務省の杉山晋輔アジア大洋州局長、長嶺安政国際法局長。同58分から同7時15分まで、内閣府の末松義規副大臣、村木厚子政策統括官。
 午後7時16分から同30分まで、福山官房副長官、加藤公一、寺田両首相補佐官。同34分、執務室を出て特別応接室へ。同35分から同38分まで、報道各社のインタビュー。「竹島の共同宣言に署名した問題で土肥議員が政倫審会長などを辞任する意向を固めたが」に「一つのけじめを付けたと思うが、大変遺憾な言動であり強く戒めとしてもらいたい」。同39分、同室を出て官邸発。同40分、公邸着。
 11日午前0時現在、公邸。来客なし。(了)

【関連記事】
〔特集〕厚労省元局長に無罪判決 障害者割引郵便悪用事件
【特集】取り調べ可視化の行方
強気の菅首相を追い詰める自民の深謀遠慮
〔写真特集〕政治家・小沢一郎
細川厚労相に集中砲火=長妻氏にも照準

最終更新:3月11日(金)0時20分

 

首相動静(3月9日)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110309-00000028-jij-pol

時事通信 3月9日(水)8時3分配信
 午前8時現在、公邸。朝の来客なし。
 午前9時57分、公邸発。同58分、官邸着。同59分、執務室へ。
 午前10時から同6分まで、細野豪志首相補佐官。
 午前11時24分、渡部恒三民主党最高顧問が入った。
 午前11時56分、渡部氏が出た。同57分から午後0時15分まで、福山哲郎官房副長官。
 午後2時14分、松本剛明外務副大臣が入った。
 午後2時20分、枝野幸男官房長官が加わった。
 午後2時48分、枝野氏が出た。同3時18分、松本氏が出た。
 午後4時30分から同41分まで、五十嵐敬喜法政大教授に内閣官房参与の辞令交付。藤井裕久、福山、滝野欣弥各官房副長官同席。同42分から同5時18分まで、五十嵐氏、河野栄次、宮崎徹両内閣府参与。
 午後5時45分、執務室を出て、同46分、官邸発。同54分、皇居着。内奏、松本氏の閣僚認証式。
 午後6時36分、皇居発。同42分、官邸着。同44分、執務室へ。
 午後6時57分、執務室を出て、同58分、特別応接室へ。同59分から同7時まで、松本氏に外相の補職辞令交付。記念撮影。枝野官房長官同席。同1分、同室を出て執務室へ。
 午後7時35分、執務室を出て、同36分、大ホールへ。同37分から同41分まで、報道各社のインタビュー。「外相に松本副大臣が昇格したが」に「副大臣と政調会長を務めた経験があり、政策的にしっかりしている。もっとも適任だと考えた」。同42分、大ホールを出て、同43分、官邸発。同44分、公邸着。同49分、石井一民主党選対委員長が入った。
 午後9時7分、石井氏が出た。(了)

【関連記事】
政務官給与、返納で調整=枝野官房長官
「米はしかるべき対応を」=沖縄侮辱発言
内閣参与に五十嵐法政大教授
首相問責提出なら同調=共産・志位氏
米の公式見解必要=枝野官房長官

最終更新:3月9日(水)21時45分

 

首相動静(3月8日)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110309-00000007-jij-pol

時事通信 3月9日(水)0時23分配信
 午前6時59分、福山哲郎官房副長官、細野豪志、寺田学両首相補佐官が公邸に入った。
 午前8時5分、全員出た。同6分、公邸発。同8分、国会着。同9分、院内大臣室へ。同17分、閣議開始。
 午前8時29分、閣議終了。同30分、細川律夫厚生労働相、北沢俊美防衛相が入った。同32分、細川氏が出た。同34分、北沢氏が出た。同35分、院内大臣室を出て、同36分、国会発。同37分、官邸着。同38分、執務室へ。
 午前8時41分から同9時11分まで、福山官房副長官、細野、寺田両首相補佐官。
 午前9時49分、執務室を出て、同50分、官邸発。同52分、国会着。同54分、参院第1委員会室へ。同10時3分、参院予算委員会開会。
 午後0時2分、参院予算委休憩。同3分、同室を出て、同4分、国会発。同6分、官邸着。同7分、執務室へ。
 午後0時12分から同24分まで、細野首相補佐官。
 午後0時51分、執務室を出て、同52分、官邸発。同53分、国会着。同55分、参院第1委員会室へ。同1時、参院予算委再開。
 午後4時51分、参院予算委散会。同52分、同室を出て、同53分、国会発。同56分、官邸着。同57分、執務室へ。
 午後5時11分から同21分まで、福山官房副長官、芝博一首相補佐官。
 午後5時48分から同51分まで、加藤公一、寺田両首相補佐官。同53分、執務室を出て、同54分から同57分まで、大ホールで報道各社のインタビュー。「細川厚労相は辞任する必要があるか」に「きちんとした方向性を出すという形で責任を全うしてもらいたい」。同58分、執務室へ。
 午後6時25分、執務室を出て、同26分、大会議室へ。同27分、タディッチ・セルビア大統領との首脳会談開始。江田五月法相、池田元久経済産業副大臣ら同席。
 午後6時54分、同会談終了。同56分、同室を出て、同57分、南会議室へ。同58分から同59分まで、共同声明署名式。同7時から同11分まで、共同記者発表。同12分、同室を出て小ホールへ。同13分、首相主催夕食会開始。
 午後8時30分、夕食会終了。同31分、小ホールを出て、同32分から同33分まで、官邸玄関でタディッチ大統領を見送り。同34分、執務室へ。
 午後9時、片山善博総務相、細川厚労相、枝野幸男官房長官、大塚耕平厚労副大臣、福山官房副長官、内山晃総務政務官、細野首相補佐官らが入った。
 午後9時8分、片山、内山両氏が出た。同13分、細川、大塚、細野各氏が出た。同19分、枝野、福山両氏が出た。同20分、執務室を出て、同21分、官邸発。同22分、公邸着。
 午後9時40分、安住淳民主党国対委員長が入った。同45分、岡田克也民主党幹事長が加わった。同47分、玄葉光一郎国家戦略担当相が加わった。
 午後10時20分、安住氏が出た。同26分、玄葉、岡田両氏が出た。
 9日午前0時現在、公邸。来客なし。(了)

【関連記事】
強気の菅首相を追い詰める自民の深謀遠慮
〔写真特集〕政治家・小沢一郎
「ポスト菅」本命不在=前原氏辞任響く
普天間移設、一層困難に=米高官発言に沖縄猛反発
海賊、日本移送で調整=官房長官

最終更新:3月9日(水)0時25分

 

首相動静(3月7日)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110308-00000003-jij-pol

時事通信 3月8日(火)0時8分配信
 午前7時37分、公邸発。同39分、官邸着。同40分、執務室へ。同44分、福山哲郎官房副長官、細野豪志、寺田学両首相補佐官が入った。
 午前8時20分、全員出た。
 午前8時48分、執務室を出て、同49分、官邸発。同51分、国会着。同52分、参院第1委員会室へ。同9時1分、参院予算委員会開会。
 午前11時54分、参院予算委休憩。同55分、参院第1委員会室を出て、同56分、国会発。同58分、官邸着。同59分、執務室へ。
 午後0時6分、輿石東民主党参院議員会長が入った。
 午後0時13分、輿石氏が出た。
 午後0時51分、執務室を出て、同52分、官邸発。同54分、国会着。同55分、参院第1委員会室へ。同56分から同59分まで、桜井充財務副大臣、植松恵美子民主党参院議員。同1時、参院予算委再開。
 午後5時55分、参院予算委散会。同56分、参院第1委員会室を出て、同57分、院内大臣室へ。
 午後6時2分から同13分まで、中東情勢に関する関係閣僚会議。同14分、院内大臣室を出て、同15分、国会発。同17分、官邸着。同18分、執務室へ。
 午後6時51分から同7時7分まで、加藤公一、寺田両首相補佐官。同8分、執務室を出て、同9分、特別応接室へ。同10分から同12分まで、報道各社のインタビュー。「外相後任人事はいつ決まるのか」に「今、適材適所の人を熟慮中だ」。同13分、同室を出て執務室へ。
 午後7時48分、執務室を出て、同49分、官邸発。同51分、公邸着。
 8日午前0時現在、公邸。来客なし。
(了)

【関連記事】
強気の菅首相を追い詰める自民の深謀遠慮
〔写真特集〕政治家・小沢一郎
厚労相の進退に及ばず=輿石氏
「早期のけじめ必要」と民主・輿石氏=自公、前原外相辞任を要求
参院議長見解に反論=予算案送付は1日、異例談話

最終更新:3月8日(火)0時20分

 

首相動静(3月6日)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110307-00000001-jij-pol

時事通信 3月7日(月)0時7分配信
 午前10時現在、公邸。朝の来客なし。
 午前10時36分、公邸発。
 午前10時51分、東京・西五反田のTOC(東京卸売りセンター)ビル着。同ビル内のイベントホールで行政刷新会議の規制仕分けを視察。
 午前11時33分から41分まで、同ビル内で寺田学首相補佐官、加藤秀樹行政刷新会議事務局長。同43分から49分まで、報道各社のインタビュー。「前原外相の進退問題が予算審議に与える影響は」に「まずはご本人が調べてちゃんと説明する。それによって納得いただけることを期待している」。同51分、同所発。午後0時6分、公邸着。
 午後0時52分、公邸発。同1時9分、東京・日本橋浜町の品川不動産浜町ビル着。同ビル内のスタジオで民主党のCM撮影。
 午後4時38分、同所発。同5時2分、公邸着。
 午後5時46分から同6時7分まで、城島光力民主党政調会長代理。
 午後6時31分、前原誠司外相が入った。
 午後7時40分、枝野幸男、福山哲郎正副官房長官が加わった。
 午後8時15分、前原氏が出た。
 午後8時24分、枝野、福山両氏が出た。同26分、公邸発。同27分、官邸着。同28分、執務室へ。同31分、枝野、福山両氏が入った。
 午後8時59分、枝野、福山両氏が出た。同9時1分、執務室を出て、同2分から同3分まで、官邸エントランスで、ニュージーランド地震で日本人の死亡確認を受けたコメント発表。同4分、執務室へ。
 午後9時5分から同43分まで、枝野官房長官。同10時17分、執務室を出て、同18分、官邸発。同20分、公邸着。
 午後10時40分、岡田克也民主党幹事長が入った。
 午後11時3分、岡田氏が出た。
 7日午前0時現在、公邸。来客なし。(了)

【関連記事】
菅政権に見切りをつけた理由=公明・高木陽介幹事長代理インタビュー
民主は公約違反、「国民の声」聞こう =大島理森自民副総裁インタビュー
強気の菅首相を追い詰める自民の深謀遠慮
菅首相を取り囲む「敵愾心」と「疑心暗鬼」
「財務省的思考」で国民の信頼を失う民主党〜増税路線まっしぐら〜

最終更新:3月7日(月)0時20分

 

首相動静(3月5日)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110305-00000031-jij-pol

時事通信 3月5日(土)8時8分配信
 午前8時現在、公邸。朝の来客なし。
 午前10時30分、枝野幸男、福山哲郎正副官房長官、外務省の徳永久志政務官、杉山晋輔アジア大洋州局長が入った。
 午前11時2分、徳永、杉山両氏が出た。同31分、枝野、福山両氏が出た。
 午後0時47分、公邸発。同50分、民主党本部着。同52分から同59分まで、岡田克也民主党幹事長。同1時から同7分まで、全国幹事長・選挙責任者会議に出席しあいさつ。同8分、同所発。同10分、官邸着。同11分、大会議室へ。同12分、社会保障改革に関する集中検討会議開始。
 午後3時41分、同会議終了。同42分、同室を出て執務室へ。
 午後3時43分から同54分まで、仙谷由人民主党代表代行。同4時7分から同57分まで、笹森清内閣特別顧問。同59分、執務室を出て、同5時、官邸発。同1分、公邸着。
 午後5時2分、寺田学首相補佐官が入った。同13分、細野豪志首相補佐官が加わった。同22分、福山官房副長官が加わった。
 午後6時48分、全員出た。同49分、阿久津幸彦内閣府政務官、加藤公一首相補佐官が入った。
 午後7時2分、寺田首相補佐官が加わった。
 午後8時50分、全員出た。
(了)

【関連記事】
菅政権に見切りをつけた理由=公明・高木陽介幹事長代理インタビュー
民主は公約違反、「国民の声」聞こう =大島理森自民副総裁インタビュー
強気の菅首相を追い詰める自民の深謀遠慮
菅首相を取り囲む「敵愾心」と「疑心暗鬼」
「財務省的思考」で国民の信頼を失う民主党〜増税路線まっしぐら〜

最終更新:3月5日(土)21時20分

 

首相動静(3月4日)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110305-00000000-jij-pol

時事通信 3月5日(土)0時3分配信
 午前5時59分、福山哲郎官房副長官、細野豪志、寺田学両首相補佐官が公邸に入った。
 午前8時3分、全員出た。同6分、公邸発。同8分、国会着。同9分、院内大臣室へ。同16分、閣議開始。
 午前8時27分、閣議終了。
 午前8時40分、院内大臣室を出て、同42分、参院第1委員会室へ。同53分、参院予算委員会開会。
 午前11時54分、参院予算委休憩。同55分、参院第1委員会室を出て、同56分、国会発。同58分、官邸着。同59分、執務室へ。
 午後0時48分、執務室を出て、同49分、官邸発。同51分、国会着。同53分、参院第1委員会室へ。同1時、参院予算委再開。
 午後4時58分、参院予算委散会。同59分、参院第1委員会室を出て、同5時1分、国会発。同3分、官邸着。同4分、執務室へ。同5分、前原誠司外相、枝野幸男官房長官が入った。
 午後5時30分、前原、枝野両氏が出た。同31分、執務室を出て、同32分、大会議室へ。同33分から同58分まで、政府・連合トップ会談。同59分、同室を出て、同6時、執務室へ。
 午後6時30分、執務室を出て特別応接室へ。同31分から同44分まで、全国知事会会長の麻生渡福岡県知事ら。片山善博総務相、逢坂誠二総務政務官同席。同45分、同室を出て執務室へ。
 午後7時22分から同26分まで、福山官房副長官、加藤公一、寺田両首相補佐官。同39分、執務室を出て大ホールへ。同40分から同45分まで、報道各社のインタビュー。「前原外相が在日外国人から政治献金を受け取っていたが」に「ご迷惑を掛けたと言葉があった。ちゃんと調べて自らはっきりさせることが必要だ」。同46分、同ホールを出て執務室へ。
 午後7時47分、加藤、寺田両首相補佐官が入った。同52分、加藤氏が出た。同8時8分、寺田氏が出た。同9分、執務室を出て、同10分、官邸発。同11分、公邸着。
 5日午前0時現在、公邸。来客なし。
(了)

【関連記事】
菅政権に見切りをつけた理由=公明・高木陽介幹事長代理インタビュー
民主は公約違反、「国民の声」聞こう =大島理森自民副総裁インタビュー
強気の菅首相を追い詰める自民の深謀遠慮
菅首相を取り囲む「敵愾心」と「疑心暗鬼」
「財務省的思考」で国民の信頼を失う民主党〜増税路線まっしぐら〜

最終更新:3月5日(土)0時20分

 

首相動静(3月3日)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110304-00000000-jij-pol

時事通信 3月4日(金)0時11分配信
 午前8時現在、公邸。朝の来客なし。
 午前10時2分、公邸発。同3分、官邸着。同4分、執務室へ。
 午前10時59分、玄葉光一郎国家戦略担当相が入った。
 午前11時50分、玄葉氏が出た。
 午前11時55分、執務室を出て、同56分、官邸発。同58分、東京・永田町の日本料理店「黒澤」着。仙谷由人民主党代表代行と食事。
 午後0時52分、同所発。同53分、官邸着。同54分、執務室へ。
 午後1時10分、前原誠司外相が入った。同13分、枝野幸男、福山哲郎正副官房長官が加わった。
 午後1時41分、枝野、福山両氏が出た。同52分、前原氏が出た。
 午後1時54分から同2時21分まで、植松信一内閣情報官。
 午後2時22分から同38分まで、中野寛成拉致問題担当相、東祥三内閣府副大臣、三谷秀史拉致問題対策本部事務局長代理。同39分から同3時4分まで、中野寛成公務員制度改革担当相、東内閣府副大臣。同5分、与謝野馨経済財政担当相が入った。
 午後3時23分、与謝野氏が出た。
 午後3時27分から同32分まで、芝博一首相補佐官。
 午後5時23分から同37分まで、片山善博総務相、逢坂誠二総務政務官。
 午後6時4分から同19分まで、福山官房副長官、加藤公一、寺田学両首相補佐官。同20分、執務室を出て、同21分、大ホールへ。同22分から同25分まで、報道各社のインタビュー。「民主党の佐藤夕子議員が離党届を提出したが」に「この件は幹事長で取り扱って、しっかり対応してくれていると思っている」。同26分、大ホールを出て執務室へ。同27分、民主党の馬淵澄夫広報委員長、藤本祐司広報委員長代理、寺田首相補佐官が入った。同7時14分、全員出た。同15分から同19分まで、芝首相補佐官。
 午後7時33分、執務室を出て、同34分、官邸発。同35分、公邸着。
 4日午前0時現在、公邸。来客なし。
(了)

【関連記事】
菅政権に見切りをつけた理由=公明・高木陽介幹事長代理インタビュー
民主は公約違反、「国民の声」聞こう =大島理森自民副総裁インタビュー
強気の菅首相を追い詰める自民の深謀遠慮
菅首相を取り囲む「敵愾心」と「疑心暗鬼」
「財務省的思考」で国民の信頼を失う民主党〜増税路線まっしぐら〜

最終更新:3月4日(金)0時20分

 

首相動静(3月2日)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110303-00000001-jij-pol

時事通信 3月3日(木)0時5分配信
 午前8時現在、公邸。朝の来客なし。
 午前10時3分、公邸発。同4分、官邸着。同5分、執務室へ。
 午前10時36分、宮崎徹内閣府参与、小野善康内閣府経済社会総合研究所長が入った。
 午前11時29分、河野栄次内閣府参与、五十嵐敬喜法政大教授が加わった。午後0時28分、全員出た。同31分、中井洽衆院予算委員長、民主党の中川正春衆院予算委筆頭理事が入った。
 午後1時16分、中井、中川両氏が出た。同25分から同54分まで、岡田克也民主党幹事長。同2時9分、執務室を出て首相会議室へ。同10分、阿久津幸彦内閣府政務官、五十嵐法政大教授らが入った。
 午後3時8分、全員出た。同9分、首相会議室を出て執務室へ。
 午後3時14分、斎藤勁民主党国対委員長代理が入った。
 午後3時49分、斎藤氏が出た。
 午後4時21分、芝博一首相補佐官が入った。同35分、福山哲郎官房副長官が加わった。同48分、芝、福山両氏が出た。
 午後5時12分から同26分まで、樋高剛環境政務官。同29分、執務室を出て、同30分、大会議室へ。同31分、行政刷新会議開始。
 午後6時14分、同会議終了。同15分、大会議室を出て、同16分、執務室へ。
 午後6時20分から同28分まで、福山官房副長官、加藤公一、寺田学両首相補佐官。同30分、執務室を出て、同31分、特別応接室へ。同32分から同 34分まで、報道各社のインタビュー。「予算関連法案の成立が難しく与党内につなぎ法案を出す案が出ているが」に「今の政府として出した案が最善であるということを前提に、丁寧に説明ししっかり訴えていきたい」。同35分、同室を出て小ホールへ。
 午後6時36分から同7時18分まで、丹羽宇一郎駐中国大使らアジア大洋州大使会議出席者。同19分、小ホールを出て、同20分、執務室へ。
 午後7時54分、執務室を出て、同55分、官邸発。同8時2分、東京・紀尾井町のホテルニューオータニ着。同ホテル内のすき焼き店「岡半」で民主党の安住淳国対委員長、斎藤国対委員長代理らと食事。
 午後8時52分、同ホテル発。同58分、公邸着。
 3日午前0時現在、公邸。来客なし。(了)

【関連記事】
菅政権に見切りをつけた理由=公明・高木陽介幹事長代理インタビュー
民主は公約違反、「国民の声」聞こう =大島理森自民副総裁インタビュー
強気の菅首相を追い詰める自民の深謀遠慮
菅首相を取り囲む「敵愾心」と「疑心暗鬼」
「財務省的思考」で国民の信頼を失う民主党〜増税路線まっしぐら〜

最終更新:3月3日(木)0時20分

 

首相動静(3月1日)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110302-00000001-jij-pol

時事通信 3月2日(水)0時5分配信
 午前8時現在、公邸。朝の来客なし。
 午前9時24分、公邸発。同26分、官邸着。同27分、執務室へ。
 午前9時36分、執務室を出て大会議室へ。同37分から同57分まで、自殺総合対策会議。同58分、同室を出て閣僚談話室へ。同10時1分、同室を出て閣僚応接室へ。同2分、閣議室に移り閣議開始。
 午前10時14分、閣議終了。同16分、同室を出て執務室へ。
 午前10時17分から同59分まで、中野寛成公務員制度改革担当相。
 午後2時から同40分まで、寺田学首相補佐官。
 午後4時42分から同5時6分まで、丹羽宇一郎駐中国大使。同7分から同18分まで、蓮舫行政刷新担当相。
 午後5時19分、佐々江賢一郎外務事務次官が入った。
 午後5時27分、梅本和義外務省北米局長が加わった。同56分、佐々江、梅本両氏が出た。
 午後6時35分から同47分まで、福山哲郎官房副長官、加藤、寺田両首相補佐官。同49分、執務室を出て、同50分、大ホールへ。同51分から同54分まで、報道各社のインタビュー。「予算案採決を欠席した民主党衆院議員16人に、党員資格停止などの処分が決まったが」に「皆さんもう、いろいろ自分たちの行動をどうされるのかね、考えるいい機会じゃないでしょうか」。同55分、大ホールを出て、同56分、官邸発。同7時1分、東京・赤坂の日本料理店「口悦」着。伸子夫人とともに馬淵澄夫民主党広報委員長と食事。
 午後9時50分、同所発。同56分、公邸着。
 2日午前0時現在、公邸。来客なし。(了)

【関連記事】
「中国で民主革命起きない」=自民部会で丹羽大使
都知事選、民主候補擁立を=蓮舫氏
電気自動車普及へ規制緩和=認定農業者制見直し
日本の政権安定化必要=丹羽駐中国大使インタビュー
解散、全く想定せず=蓮舫氏

最終更新:3月2日(水)0時20分

始めに戻る


 以下、資料として採録。【関連記事】の主だったものを採録しておきます。

 

菅直人首相主催の「桜を見る会」中止
http://www.sponichi.co.jp/society/news/2011/03/13/kiji/K20110313000419970.html

 政府は13日、東日本大震災を受け、東京・新宿御苑で4月16日に開催を予定していた菅直人首相主催の「桜を見る会」を中止すると発表した。桜を見る会は首相が芸能人やスポーツ選手、各国駐日大使らを招待し花見を楽しむ恒例行事。

Yahoo!ブックマークに登録 [ 2011年3月13日 18:58 ]

 

時事ドットコム:4月16日に「桜を見る会」
http://www.jiji.com/jc/c?g=pol_30&k=2011031100270

2011年3月11日 ... 枝野幸男官房長官は11日午前の記者会見で、菅直人首相が主催する「桜を見る会」を4 月16日、新宿御苑(東京都新宿区)で開くと発表した。皇族や各国駐日大使ら約1万人 を招待する。(2011/03/11-10:45)

 

事務所崩壊、親族被災も=東北選出議員、心痛の1週間−東日本大震災
http://www.jiji.com/jc/zc?k=201103/2011031701122&rel=y&g=pol

 東日本を大地震が襲ってから18日で1週間。東北選出の国会議員の中には、親族が被災したり、地元事務所が崩壊したりしたケースもある。物資不足の被災地の現状を政府に伝えているが、十分な支援が間に合わず、もどかしさを感じている。
 宮城県石巻市、東松島市は津波で多くの犠牲者を出した。民主党の安住淳国対委員長(衆院宮城5区)の選挙区だ。震災から5日たった16日、石巻市に住む両親の無事が確認できた。
 この間、安住氏は東京にとどまった。国会対策の責任者として、統一地方選の期日延長や被災者支援の特別措置法制定に向け、野党と協議する必要があったためだ。18日にようやく地元に戻るが、「われわれは国民の負託を受け、この国難に当たらなくてはならない」と強調、引き続き政府と連携しながら震災対応に全力を挙げる。
 同党の石原洋三郎氏(衆院福島1区)は12日から4日間、津波被害が甚大な福島県南相馬市などに入った。同市では福島第1原発の事故で屋内退避指示が出ていることもあり、物資が届かず住民が孤立感を強めていることを実感したという。17日の代議士会で「県民の疲労はピークに達している」と訴え、支援を求めた。
 同党の黄川田徹氏(衆院岩手3区)は壊滅的状況の岩手県陸前高田市出身。両親や夫人など親族の安否が依然確認できず、心痛の日々を送る。小沢一郎元代表(衆院岩手4区)の地元も被害を受けたが、関係者によると、小沢氏は都内の自宅にいるという。
 自民党の小野寺五典氏(衆院宮城6区)の場合、地元の宮城県気仙沼市の事務所が津波で崩壊した。壊滅した南三陸町を訪れた際は、遺体を見つけて消防団に伝えた。
 同氏は16日に首相官邸に福山哲郎官房副長官を訪ね、被災地で要望の強いガソリンや灯油など物資の支援を要請した。しかし、物資の品薄状態が続いている。「政府は原発で頭がいっぱいで、多くの被災者がいる認識を持っていないのが残念だ」。小野寺氏は17日、こう不満を漏らした。(2011/03 /17-20:37)

 

情報の迅速な伝達を=日本政府に不満−IAEA事務局長
http://www.jiji.com/jc/zc?k=201103/2011031600152&rel=y&g=pol

 【ベルリン時事】国際原子力機関(IAEA)の天野之弥事務局長は15日、ウィーンの本部で記者会見し、福島第1原発の事故に関連して、日本政府に対し、情報の迅速な伝達を要請した。
 同事務局長は「われわれは詳細な情報をできるだけ早く入手したいが、報道機関にも後れを取っている」と不満を表明。「情報が限られているため、状況の分析が大幅に遅れている」と述べ、日本政府に連絡態勢の強化を求めた。(2011/03/16-07:36)

 

「レベル7」到達の恐れ=福島原発事故−米シンクタンク
http://www.jiji.com/jc/zc?k=201103/2011031600432&rel=y&g=pol

 【ワシントン時事】米シンクタンク、科学国際安全保障研究所(ISIS)は15日、声明を出し、福島第1原発事故の状況が国際原子力事故評価尺度(INES)で2番目に深刻な「レベル6」に近く、最悪の「レベル7」に達する可能性もあるとの見方を示した。
 日本の経済産業省原子力安全・保安院は先に、今回の事故の暫定値を「レベル4」と発表していた。
 ISISは声明で、福島第1原発の1〜3号機で爆発があったことや、4号機の原子炉建屋で火災が起きたことを踏まえ、「この事故はもはや(局所的な影響を伴う)レベル4とはみなせない」と指摘。緊急措置と広範な放射能汚染対策で国際社会の支援が必要だと強調した。
 INESは、安全上の懸念がないレベル0から8段階で評価。1986年の旧ソ連のチェルノブイリの原発事故を「7」、1979年の米スリーマイル島原発事故を「5」としている。(2011/03/16-11:13)

 

官房長官の会見要旨
http://www.jiji.com/jc/zc?k=201103/2011031600558&rel=y&g=pol

 枝野幸男官房長官が16日午前に行った記者会見の要旨は次の通り。
 被災地の燃料供給が大変悪化している。全国的な燃料はしっかり確保している。被災地以外の皆さんには、買い占めに走らないように協力をお願い申し上げる。
 本日午前8時半前後から、福島第1原発3号機からの白煙が認識されている。原因を調査している。正門付近の放射線量が本日午前10時すぎぐらいから急激に上がったとの報告を受けている。作業員はいったん、できるだけ安全な地域に一時的に退避している。午前10時54分現在、この数値は下がり始めている。
 現在可能性として一番高いと思われるのは、(原子炉)格納容器の一部から水蒸気が放出されて煙が上がっていることだ。
 −3号機の白煙だが、爆発音はあったか。
 報告は受けていない。午前8時34分時点で白煙が吹き出していると直ちに報告があったが、それ以来、報告は受けていない。
 −格納容器などの損傷はないか。
 現時点で予断を持つことなく、あらゆる可能性を想定して分析している。
 −避難指示は現状のままでいいのか。
 現時点では変更する状況ではない。
 −4号機はどういう状況か。
 使用済み燃料のプールに水を入れて冷却するための準備を進めている。
 −5、6号機は、今後4号機のような事態が起こり得るか。
 4号機のような状況を生じさせないよう、冷却をしっかり進める努力は始めている。
 −4号機は、ヘリコプターで水やホウ酸水をまくことも検討するか。
 具体的な作業内容は、東京電力との統合本部から、実際に実施する段階で報告することを予定しているが、一気に水を入れるとかえってリスクが高い可能性もある。基本的には、徐々に水を入れていくやり方が相対的に安全性が高いという報告を受けている。
 −東電は4号機の再臨界の可能性についても触れている。
 現時点で、それ(再臨界)を想定した対応を必要とする状況にはなっていない。
 −放水や、ホウ酸をまくなどの作業に米軍が携わる可能性があるのか。
 まさに今調整している。何をどうやるかは調整の結果だ。
 −仮に最悪の事態、原子炉のメルトダウンなどが起きた場合、今の避難地域の設定で十分か。
 あらゆるケースを想定し、どういった安全対策が必要かのシミュレーションは専門チームでやっている。現時点で想定される範囲においては、現在の避難の状況で対応していけるのではないか。(2011/03/16-13:38)

 

【特集】取り調べ可視化の行方
http://www.jiji.com/jc/v?p=new-special-investigation0001&rel=y&g=phl

刑事司法に変革のうねり

「証拠あると迫られた」

 裁判員制度の発足から5月21日で1年。刑事司法の変革のうねりは捜査のあり方にも及んでいる。その一つが、取り調べ全過程の録音・録画(可視化)をめぐる論議だ。日弁連や民主党国会議員の推進派は実施を求めているが、警察、検察当局は慎重な姿勢を崩していない。賛否両面から取り調べの実態と論議の動きを取り上げる。

 窃盗・詐欺事件で逮捕後、公判中に真犯人が逮捕され、無罪判決を受けた男性。当時の新聞記事を読みながら、取り調べについて語った【時事通信社】

不本意「自白」、誤認逮捕の男性

 「謝りの手紙一つない。刑事を辞めたらどうかと言いたい」。窃盗容疑で誤認逮捕され、無罪判決が確定した愛媛県宇和島市の警備員の男性(61)は自分を調べた刑事への憤りを隠さない。

 1999年2月1日朝、男性は出勤途中に寄ったコンビニ店の駐車場で刑事に囲まれ、自宅の捜索を受けた後、県警宇和島署へ同行を求められた。「やってないのだから、すぐに帰してくれるだろう」。求めに応じ警察の車に乗った。 警察は男性が交際中の女性宅で預金通帳と印鑑、女性の口座から50万円を引き出した疑いを持っていた。

 「ビデオに写っとるのがおまえによく似とると女性が言っている」。取調室では刑事が、現金が引き出された金融機関の防犯ビデオに写った映像があると迫り、「何よりの証拠がこれよ」と男性の作業着をつまんだという。男性は「やってません」と訴えたが、刑事は「今から会社や実家を捜索したらすぐ分かる」と言った。(続)

 (肩書き・名称、年齢はいずれも2010年5月1日現在のものです)

流れに乗り、話作る
http://www.jiji.com/jc/v?p=new-special-investigation0002

 「密室」との批判も浴びる警察の取調室(イメージ写真・記事と写真は直接関係ありません)【時事通信社】

 兄の家に警察が来れば狭い集落でうわさになるし、会社で同僚が聴取を受ければ仕事の妨げになる─。「わたしがやりました」。取り調べ開始から約6時間後、男性は不本意な「自白」をした。すると刑事は「よっしゃ。間違いないな」と言ったという。男性はその日に逮捕された。

 男性は「自分は気が弱い性格。それにビデオを見れば自分でないことが分かるはずという気持ちと、認めなければ捜索が周囲に及び迷惑を掛けると思った」と話す。身柄拘束が長期になり、裁判で有罪になることなど頭になかったという。

 検察官調べ、裁判官の拘置尋問でも同じように認めた。刑事には印鑑を捨てた場所を聞かれ、勤務先の焼却炉に捨てたと答えた。盗んだのはトイレを借りに女性宅に寄った時と話した。普段の生活に合うよう問われるまま話を作った。男性は「流れに乗っかってしまった」と振り返る。
刑事は誘導否定

 男性は同月12日、窃盗罪で起訴された後、刑事に象牙の印鑑なら焼却炉に残っているはずだと聞かれ、「盗んでいないものは返せない」と答えた。自白もうそだったと申し出た。その後否認を続けたが、詐欺と窃盗の罪で追起訴された。

 「おまえ早くここから出んと」。2000年2月、弁護士が拘置所に息を切らせて面会に来た。男性は真犯人の逮捕を判決4日前に知らされた。すぐに釈放され、判決日は延期となったが、父親が亡くなったことを初めて知り号泣した。冤罪(えんざい)が明らかになるまで、386日もの間逮捕、拘置された。

 男性が県と国に損害賠償を求めた民事訴訟で、刑事はビデオ映像の存在を挙げ供述を誘導するような取り調べはしていないと証言。訴訟は二審で国と県が和解金を支払うことで決着した。男性は「刑事はごまかそうとして、自分のええように答えていた。可視化は全部やった方がいい」と訴えている。(了)

 (肩書き・名称、年齢はいずれも2010年5月1日現在のものです)

浴びせられた罵詈雑言
http://www.jiji.com/jc/v?p=new-special-investigation0003

 取り調べ時に書き留めたノートを手にインタビューに応える元枚方市副市長小堀隆恒さん【時事通信社】

 「わたしへの暴力はなかったが、精神的に追い詰められる状況をいかにつくるかという取り調べだった」。大阪府枚方市の清掃工場建設をめぐる談合事件で、大阪地検特捜部に逮捕され、無罪判決が確定した元副市長小堀隆恒さん(63)は、検察官の取り調べをこう振り返った。
起訴まで否認貫く

 小堀さんは2007年5月31日、副市長室から任意同行され、競売入札妨害容疑の共犯として逮捕された。特捜部は、小堀さんが市長(当時)の指示を受け、大阪府警捜査2課の警部補(同)を通じ、大手ゼネコン側に工事関連の情報を漏らしたとする構図を描いていた。

 「警部補は談合捜査のプロと紹介され、談合の防波堤になると思って信用した。話した内容も公になっている情報だけ。警察官が加担してるなんて夢にも思わなかった」と小堀さん。取り調べでは、起訴されるまで否認を続けた。(続)

 (肩書き・名称、年齢はいずれも2010年5月1日現在のものです)

「うそつきはおまえだけ」
http://www.jiji.com/jc/v?p=new-special-investigation0004

 元枚方市副市長小堀隆恒さんが検察官の取り調べを受けた内容を記録したノート。検察官が「激怒」と記した【時事通信社】

 大阪拘置所で小堀さんの取り調べに当たった検察官は3人。主に担当したのは40歳代の男性検事だった。「ばか野郎」「くず野郎」。検察官はある日、取調室のパイプいすをけり飛ばしてキャスターを壊し、「うそをついているのはおまえだけだ」と激しい口調で迫ったという。

 小堀さんは「あまりに大きな音がしたので、刑務官がノックして入ってきて、わたしの目前で検察官に『もう少し穏便にできませんか』と言って出ていった」と語る。

 接見した弁護士の薦めで、取り調べで印象に残ったやりとりを毎日記録した。「書き残さないと思い出せないと思って」と記したA4判ノートには、17ページ分の記載がびっしりと残る。「ほかはみんな認めている」「真実を思い出して答えろ」「家族も徹底的に調べる」「表を歩けないようにする」。罵詈(ばり)雑言は、いずれも検察官の言葉だという。
検察は控訴せず

 小堀さんは前立腺肥大症で薬を服用していたが、逮捕後は許可が出ず、尿が出なくなった。医務室で処置されたカテーテルでぼうこうに傷が付き、出血した。その後は介護用おむつ1枚とちり紙を当ててしのいだ。

 「精神的に大きなダメージを与えるため、いろんな手を使う。なぜこんなひどい取り調べを受けなければならないのか」。こうした状況は起訴まで続いたという。

 大阪地裁は09年4月、無罪を言い渡した。検察側は控訴せず確定した。小堀さんは枚方市の顧問として職場復帰した。

 取り調べの録音・録画(可視化)について、小堀さんは「部分的な録画だけでは、特に一般の裁判員には間違った判断材料に使われる恐れがある。全面実施でなければ意味はない」と訴える。「捜査する側が反対しているのは、白日にさらすことのできない調べをしているから。全面可視化は邪魔なのではないですか」と語気を強めた。(了)

 (肩書き・名称、年齢はいずれも2010年5月1日現在のものです)

「暴露」飛び交う取調室
http://www.jiji.com/jc/v?p=new-special-investigation0005

 「指示を受けて数十万円を運んだ」—。東日本のある警察が逮捕した男は雑談中に、ある国会議員の名を挙げ、容疑とは関係ない話を始めた。「最初に言われた場所に着いたら誰もいないので電話したら、数キロ離れた場所を指示された」と詳細に説明。「持っていって渡したら、『ご苦労さん』だけ。『ありがとう』さえ言われなかった」と不満も口にしたという。
真偽不明の醜聞

 「政治資金収支報告書に記載されない金を運んだ」という真偽不明の暴露も取調室で飛び出る(イメージ写真・記事と写真は直接関係ありません)【時事通信社】

 複数の捜査関係者によると、取調室で政治家の「醜聞」が暴露されることは少なくない。「あの国会議員は○○と不倫している」「支持者に金の無心ばかりしている」など多岐にわたる。

 話すのは秘書や後援会幹部といった近い人間とは限らず、大半は裏付け証拠がなく調書にも残されない。それが全面録画で表に出るとどうなるか。「政治利用されるし、マスコミも喜んで書くだろう」。

 真偽不明の悪口やプライバシー暴露の対象は政治家に限らない。会社の上司や社長から自治会長までさまざまだ。

 とりわけ、被害者への中傷は激しい。容疑者の大半は「相手が言いがかりをつけてきた」「貸した金を返さなかった」などと被害者の落ち度を誇張。自らの罪を少しでも軽くしようと熱弁を振るうという。(続)

 (肩書き・名称、年齢はいずれも2010年5月1日現在のものです)

性犯罪で暴言
http://www.jiji.com/jc/v?p=new-special-investigation0006

 家路に就く女性を尾行する手口の性犯罪が後を絶たない(イメージ写真・記事と写真は直接関係ありません)【時事通信社】

 より深刻なのは性犯罪だ。「声を掛けたら車に乗ってきた」「色目を使ってきた」「喜んでいた」といった言い訳から、取調官でも聞くに堪えない暴言まで並べるという。捜査幹部は「性犯罪の実態を知らない裁判員が見たら、一部でも信じてしまうのではないか」と強く懸念する。

 取り調べを経験した捜査員の多くは、容疑者に接する自分たちの姿を見られることにも強い抵抗がある。悪態をつく相手には、取調官も「いい加減にしろ」「冗談言ってんじゃないよ」「この野郎」などと大声を上げることもあるためだ。暴力団が相手なら、同じ乱暴な口調になる。

 だが、そうした場面だけが取り上げられ、「取り調べはいつもこんな荒い言葉遣いなのか」「容疑者が威圧されているのではないか」と誤解されることを心配している。
捜査員、公開に強く抵抗

 性犯罪事件での取り調べ可視化と二次被害の恐れについて話す小林美佳さん【時事通信社】

 「最初は相づちを打つだけで、話の腰を折らない」。容疑者に真相を語らせる手法の一つだ。自己弁護で被害者をののしっていると分かっても、あえてとがめない。「図に乗らせることで本音や矛盾する話が出やすくなる」からだ。「被害者も悪いよな」と同調することもあれば、不謹慎な発言を一緒に声を上げて笑うこともあるという。

 もちろん本心ではないが、そんな刑事の姿を被害者はどう思うか。ある警察幹部は「そんな姿は自分の子にも見せたくない」と首を振った。

 「性犯罪被害にあうということ」の著書で、被害者支援に取り組む小林美佳さん(34)は「被害者の多くは、中傷であれ反省であれ容疑者が語る内容に関心はない」と話す一方で、刑事がおもねているような姿を見れば「衝撃を受け、さらに傷つくはず」と指摘。二次被害を憂慮している。(了)

 (肩書き・名称、年齢はいずれも2010年5月1日現在のものです)

密室ゆえに明かす事実
http://www.jiji.com/jc/v?p=new-special-investigation0007

 「親を恨んでいたんです。でも、それを知ったら親は自殺してしまう。記録には残さないでください」—。女性暴行事件で逮捕された男は迷った末、取調官にそう約束させてから語り始めた。

 「取調室のドアを閉めてください」。肝心なことを話し始める時にそう要求する容疑者もいる(イメージ写真・記事と写真は直接関係ありません)【時事通信社】
「すべてを調書にはしない」

 男は容疑内容を当初から認め、動機も「性欲を満たすため襲った」と話した。だが、取調官が自分の恥もさらけ出すのを見て心が動き、本当の理由を明かす。幼少時に親の不注意で負ったやけどにコンプレックスを抱き続け、恋人はできないと思い込んでいたことを吐露したという。

 「容疑者の中には、特に近い人には知られたくない秘密を抱え、それが事件を起こした動機と密接に関係することが意外と多い」。この事件を担当した警察幹部はそう指摘し、「事件の立証に関係なければ調書にしないことはある」と明かす。

 別のベテラン刑事も「核心部分を話し始める前、『(取調室の)ドアを閉めてください』『二人だけにしてくれませんか』と申し出ることが少なくない」とし、「録画していたら真実をしゃべったとはとても思わない」と断言した。(続)

 (肩書き・名称、年齢はいずれも2010年5月1日現在のものです)

報復の恐れ
http://www.jiji.com/jc/v?p=new-special-investigation0008

 大阪教育大学付属池田小学校の児童殺傷事件の遺族。1周忌前の会見で「なぜわが子が…」という解消されない疑問を訴えた(2002年6月7日、大阪市北区)【時事通信社】

 「録画していたら真相どころか事件が解決しなかっただろう」(元警察幹部)ケースもある。被害者を恨んだ男から依頼された暴力団員2人が殺害と遺棄を実行した事件。裁判に出された証拠上は、3人が一緒に事情聴取を受けた後、暴力団員の1人が自供を始めたことになっている。

 実際は依頼した男が最初に犯行を認めていた。しかし、男は報復を受ける危険があり、恐れていた。警察は「守る」と説得し、最初の供述は調書に残さなかったという。

 一方、ある捜査幹部は「全面的な自白を得られなくても、有罪を立証するだけなら難しい事件は多くない」と認めつつ、事件の動機や背景の解明に果たす取り調べの重要性を強調する。

 最近増えている動機のはっきりしない事件として、児童8人が殺害された大阪府の池田小事件、茨城県土浦市の連続殺傷事件を挙げ、「『自分がやった。早く死刑にしてくれ』だけで、遺族や社会が果たして納得するだろうか」と話し、全面録画では真相解明がさらに困難になると懸念する。

 性犯罪で逮捕された男は取り調べ終盤、ドアの郵便受けからにおいをかいで女性の住む部屋を見分けていたと明かした(イメージ写真・記事と写真は直接関係ありません)【時事通信社】
再発防止にも活用

 詳しい供述が再発防止に役立ったこともある。連続女性暴行事件で逮捕された男は取り調べの終盤、どうやって女性が住む部屋を見分けたかを明かし、取調官を驚かせた。その一つが「玄関ドアの郵便受けからにおいをかぐ」。調書には残さなかった。

 「洗いざらいしゃべって更生が期待できる容疑者が変な目で見られ、裁判で不利な心証を与えてしまう」と考えたからだ。その代わり、警察は事件を不動産業者も参加する防犯協議会で紹介。この地域ではその後、新築アパートのドアから新聞受けが消えたという。(了)

 (肩書き・名称、年齢はいずれも2010年5月1日現在のものです)

政府「全過程」固執せず
http://www.jiji.com/jc/v?p=new-special-investigation0009

 取り調べ全過程の録音・録画(可視化)は、民主党が野党時代に参院で2回、実施法案を可決させたが廃案となった。政権交代ですぐに導入される見方もあったが、政府は時間をかけ課題を議論する考えを表明。早期導入を主張する同党推進派との間で温度差が開いている。
捜査の武器も必要

 可視化だけでなく、捜査のあり方まで含めた議論を始めた有識者研究会の初会議(2010年2月5日、東京・霞が関の警察庁)【時事通信社】

 警察を監督する中井洽国家公安委員長は昨年9月の就任会見で、可視化を実現したいと述べた上で、「(捜査当局が)犯罪摘発率を上げ、スピード化できる武器を持たせる必要がある」と強調。可視化を先行すると、検挙率が低下するといった悪影響が懸念されるため、おとり捜査や司法取引などの本格導入を検討する考えを示し、一方的に実施すべきではないと明言した。

 今年2月には可視化を強く求める弁護士のほか、警察や検察、裁判官のOBらを含めた有識者12人の研究会を設置。可視化、おとり捜査、司法取引に加え、通信傍受や容疑者DNA型データベースの対象拡大など捜査全体のあり方を議論し、2年後をめどに報告をまとめる。

 中井委員長は取材に対し、研究会の議論によっては、全過程の可視化にならない可能性も示唆している。

 千葉景子法相も昨年10月、政務三役と刑事局幹部らで勉強会を設置。今年3月に「中身の濃い議論をする」「全過程、全事件で実施するかはこれから検討する」と発言し、全過程に必ずしも固執しない考えを示した。

 一方、日弁連の取り調べの可視化実現本部で本部長代行を務める田中敏夫弁護士は、可視化に合わせ、新たな捜査手法を導入する考え方について「セットで考える必要はない。捜査手法は可視化と切り離して検討すればいい」と話す。(続)

 (肩書き・名称、年齢はいずれも2010年5月1日現在のものです)

勢い欠く議連
http://www.jiji.com/jc/v?p=new-special-investigation0010

 録音・録画の機材を導入した模擬取調室。右は被疑者役、中央は検察官役(2008年3月、東京都千代田区の検察合同庁舎)【時事通信社】

 民主党推進派の国会議員は1月に「取り調べの全面可視化を実現する議員連盟」を立ち上げた。事務局長の辻恵衆院議員は「冤罪(えんざい)を防ぐには供述中心の裁判を変えなければならず、全面可視化はその第一歩」と話す。

 議連は4月21日、党が過去に可決させた法案を、裁判員制度対象事件を先行させるとする内容に修正。今国会での成立を求めているが厳しい情勢で、活動は勢いも欠いている。

 民主党の「取り調べの全面可視化を実現する議員連盟」の会合。9回目で空席や代理出席も目立った(2010年4月21日、東京・永田町)【時事通信社】

 議連の登録者は100人を超すが、会合出席者は初回の約50人から徐々に減り、4月は十数人に。出席者からは「党として総論賛成でも、個人ではどうか確かめる必要がある」「国民もどのくらいの熱意で望んでいるか分からない」との慎重論も出た。

 議連は、同党の全国会議員を対象に全面可視化に賛同する署名を集め、政府に早期実現を迫るとしている。(了)

 (肩書き・名称、年齢はいずれも2010年5月1日現在のものです)

 

「ポスト菅」本命不在=前原氏辞任響く【時事】
http://www.jiji.com/jc/zc?k=201103/2011030800957&rel=y&g=pol

 菅直人首相の退陣論が広がる中、「ポスト菅」が本命不在の状態になっている。最有力とみられていた前原誠司氏が外国人献金問題で外相辞任に追い込まれて事実上脱落。名前が取り沙汰される他の閣僚や党幹部らも一長一短で決め手に欠ける。党内からは「仮に首相が代わっても、政権浮揚するのは難しい」(中堅)と悲鳴すら聞かれる。
 ポスト菅の一番手として名が挙がるのは、岡田克也幹事長。閣僚や党務の経験が豊富で、野党も「人気はそこそこある」(公明党幹部)と警戒する。しかし、4月の統一地方選での苦戦は必至で、首相との連帯責任は免れない。また、小沢一郎元代表を支持するグループは「小沢氏処分を主導した岡田氏は絶対に駄目だ」としている。
 野田佳彦財務相を推す声もある。2日夜には他のグループにも呼び掛けて会合を開くなど、支持拡大に意欲的だ。ただ、脱税事件で起訴された男性の会社がパーティー券を購入していたことが発覚。前原氏辞任とも重なり、タイミングは決して良くない。地味な印象をぬぐえないことも懸念材料だ。
 玄葉光一郎国家戦略担当相も候補の一人。同氏に近い山口壮政調筆頭副会長らによる勉強会が9日に発足。「事実上の玄葉グループ結成だ」(中堅)との見方が流れるが、「危ない橋は渡らない」(党関係者)性格で、出馬には慎重とされる。
 一方、菅政権を批判する小沢氏系議員の中も、有力候補は見当たらない。小沢氏自身、強制起訴を受けて党員資格が停止中で、代表選に出馬できない。
 こうした中、小沢氏に近い樽床伸二元国対委員長は昨年秋にグループ「青山会」を立ち上げ、3日に首相退陣後の代表選に出馬する意向を表明。原口一博前総務相も地域政党との連携を目指して奔走中だ。鳩山由紀夫前首相に近い海江田万里経済産業相も意欲を持つ。もっとも、小沢氏系議員の間では、3人に対する見方は一枚岩ではない。誰が出ても幅広い支持を得るのは難しそうだ。(2011/03/08-22:13)

 

普天間移設、一層困難に=米高官発言に沖縄猛反発【時事】
http://www.jiji.com/jc/zc?k=201103/2011030800880&rel=y&g=pol

 「沖縄はゆすりの名人」などとした米国務省高官発言に8日、沖縄県側が強く反発し、米軍普天間飛行場(同県宜野湾市)移設問題に影響するのは避けられない情勢となった。日本政府は、米側に事実上の抗議をすることで沈静化を図っているが、「ただでさえ困難な県内移設が一層難しくなった」との悲観的な見方が広がっている。
 沖縄県議会は8日、米国務省のメア日本部長発言に対し「県民を愚弄(ぐろう)し、侮辱した」として、撤回と謝罪を求める決議を全会一致で可決した。仲井真弘多知事も、メア氏が在沖縄総領事を務めていたことを踏まえ「沖縄にいた外交官がああいう認識とは情けない」と記者団に語り、不快感をあらわにした。 
 事態を重く見た枝野幸男官房長官は同日午後、ルース駐日米大使に電話で「事実なら容認し難い」と表明。枝野長官は直後の記者会見で、電話でのやりとりを自ら公表した。日本側は7日にも事務レベルで同様の立場を伝えていたが、こうした対応が弱腰と取られれば「沖縄の怒りが政府にも向きかねない」(与党幹部)と懸念したとみられる。
 日米両政府は、5月開催で調整している外務・防衛担当閣僚による安全保障協議委員会(2プラス2)で普天間問題をどう扱うかについて折衝中で、10日には防衛省で局長級協議を予定している。ただ、今回は米側が「失策」を犯した形だが、そもそもは民主党政権の迷走で移設問題がこじれた経緯があるだけに、外務省幹部は「米側に責任転嫁するようなことは口が裂けても言えない」と及び腰だ。
 日本政府としては、普天間問題で再び米側とぎくしゃくするのは何としても避けたいのが本音。一方で、米側に謝罪を求める沖縄にも配慮せざるを得ず、まさに板挟みだ。前原誠司前外相辞任後の新体制が発足せず、外交の「空白」状態に陥っている中での問題発言に、防衛省幹部は「外相不在のこの時期に困ったものだ」とこぼした。(2011/03/09-00:32)

 

「早期のけじめ必要」と民主・輿石氏=自公、前原外相辞任を要求【時事】
http://www.jiji.com/jc/zc?k=201103/2011030600055&rel=y&g=pol

 与野党の参院幹部は6日午前、NHKの討論番組に出演し、前原誠司外相が在日外国人からの献金を受けていた問題について議論した。民主党の輿石東参院議員会長は、事実関係の調査が優先としつつ、「一日も早くけじめを付ける必要がある」と述べ、早期の事態収拾が必要との考えを示した。これに対し、自民党の中曽根弘文参院議員会長ら野党側は「外相なので(問題解決が長引けば)国際的な影響力もある。責任を自ら取るべきだ」と外相辞任を要求した。
 輿石氏は「全体の事情が明確になっていない時点で、軽々にコメントするのは問題だ。引き続き外相には頑張っていただきたい」と述べるとともに、「故意であったのかなかったのかを精査し、きちんと結論を出していかないといけない」と強調した。また、国民新党の亀井亜紀子政調会長は、外相の進退に関し「本人が決めることだ」と述べた。
 輿石氏は番組終了後、自らの「けじめ」発言について、記者団に「国会はそれ(献金問題)どころじゃないのだから、早く終わらないといけない。そういう意味だ」と説明。民主党参院幹部は「菅直人首相がびしっと続投だと言えば済む話だ。(辞任)ドミノが起きるから、辛抱するしかない」と語った。 
 一方、公明党の白浜一良参院議員会長は番組で、「外相という立場を考えれば、どう仕事上の影響を受けるか考えるのが普通だ。自ら辞任されるべきだ」と強調。みんなの党の水野賢一幹事長代理は「職にしがみつけば、問責に値する」と述べ、前原氏が辞任しなければ外相問責決議案を提出する考えを示した。(2011/03/06-13:09)

 

参院議長見解に反論=予算案送付は1日、異例談話−衆院議長【時事】
http://www.jiji.com/jc/zc?k=201103/2011030300554&rel=y&g=pol

 横路孝弘衆院議長は3日、衆院を1日に通過した2011年度予算案に関し、憲法60条が規定する30日後の自然成立までの起算日を「2日」とした西岡武夫参院議長の見解に対し、「何らかの意思によって変動させることは法的安定性を害する」と反論する談話を発表した。
 西岡氏の見解をめぐっては、民主党内などに、恣意(しい)的な解釈によって憲法の衆院優越規定を骨抜きにしかねないとの批判が出ている。横路氏としては「黙っていたら、衆院として西岡氏の見解を容認したことになる」(横路氏周辺)と判断、異例の談話発表に踏み切った。
 談話は、衆参両院の間での議案送付などの手続きについて「機械的に行われるもので、何らかの意思によって左右されるものではない」と強調。起算日は参院側で判断できるとした西岡氏の主張を退けた。
 その上で、衆院の優越規定である予算および条約の自然成立・承認、法案の「みなし否決」について、慣例では参院への送付日を起算日として期間計算が行われていると指摘。11年度予算案は31日午前0時に自然成立するとした。 
 これに関し、民主党の岡田克也幹事長は3日の記者会見で「参院がどれだけでも(受け取りを)遅らせられるとなると、大変な問題だ」と西岡氏を批判。輿石東参院議員会長も会見で「憲法違反になる」と述べ、2日に西岡氏に「見解が違う」と伝えたことを明らかにした。(2011/03/03-17:16)

 

菅政権に見切りをつけた理由【時事】
 =公明・高木陽介幹事長代理インタビュー=
http://www.jiji.com/jc/v?p=politician-interview_takagi02-01&rel=y&g=phl

高木陽介公明党幹事長 インタビューに答える公明党の高木陽介幹事長=2011年2月18日、東京・永田町の衆議院議員会館【時事通信社】

 公明党の高木陽介幹事長代理は2011年2月18日、時事通信のインタビューに応じ、菅政権への対応や衆院解散の見通しなどについて見解を明らかにした。インタビューの要旨は次の通り。

 −公明党はもう菅政権に見切りをつけたのではないかと思えるが。

 菅政権は去年の参院選で有権者からレッドカードを突きつけられ、その後、何も総括しなかった。政権の体をなしていない。(菅直人首相ら)この人たちがこのまま政権を担っていいのかという思いが党内には強い。

 −民主党政権に対し、公明党は一時、穏健派と強硬派との間では温度差がみられたが。

 マスコミによると、山口那津男代表、井上義久幹事長が穏健派や話し合い派で、漆原良夫国対委員長が強硬派になっていたが、そうではない。党としては国民のために政策を実現した方がいいという認識で一緒。けれども、政府・与党はこれまで経済対策など何もできず、われわれの要求にもきちんと応えてこなかった。2011年度予算案に関しても、(野党側に対して)何の手も打たず、何とかなるだろうという路線できた。漆原さんとぼくは、もうこれは駄目だよなと(話していた)。
 社会保障と税の一体改革の与野党協議をしようというなら、公明党は協議していい。順番として、社会保障の全体像、セーフティーネットはどうするかを先に合意しようと言ってる。そうすれば、必然的に必要なお金も明確になり、そこから負担の話になる。保険料でいくのか、税でいくのか。無駄を削ってどこまで投入できるのか。所得税、法人税、消費税、資産課税はどうするか。こういう順番だと去年の夏から提案している。公明党は「新しい福祉社会ビジョン」を出し、きょうからでも協議できる。政府・民主党は案をつくると言ってるが、交渉窓口が誰で、どういう工程かも分からない。菅内閣をどう存続させるかという狙いだけが透けて見える。民主党はマニフェスト(政権公約)だけでなく、年金改革案も破たんしていることが通常国会で明らかになった。マニフェストに書いていることとやってることは全く違う。国民に対し謝罪すべきだ。言ってることはくるくる変わるし、鳩山由紀夫前首相だけでなく、民主党の言ってることは全部「方便」と思われ、信用されなくなっている。

 −現状で公明党の予算関連法案反対の姿勢が変わる可能性は。

ない。

 −マニフェスト見直しや謝罪などが予算関連法案賛成の条件か。

 マニフェストを見直すということは、この政権に存在意義がないということだ。見直せば、国民に信を問わないといけない。(続く)

【その2】 前ページから続く

 −公明党は4月の統一地方選と早期の衆院解散・総選挙の「ダブル」もやむを得ないか。

 マスコミには、公明党がダブルを嫌がっているとの先入観がある。統一地方選に集中したいのはどの政党も同じだと思う。解散権は首相が持っているわけで、首相がやるというなら、受けて立つしかない。常在戦場、いつでもいい。もし解散したら、エンジンが一番かかっているのは公明党だ。うちの国会議員は既に地方議員と一緒に地元で走っている。本当にダブルになればどっちも勝つ。

 −早く解散してもいいと。

 今、解散したら野党に有利。そういう解散はないだろう。行き詰まっての解散の可能性は低いが、いつでもいいというスタンスだ。もし、菅さんが解散すると言ったら、民主党の閣僚の中で署名する人は何人いるか。「殿、ご乱心」と言って引き留められ、海部政権の時のように、首相は引きずり降ろされるのではないか。話し合い解散もないだろう。今の状況を考えると、首相が「もっと国家国民のために、私が責任を取って辞めるので、予算案も関連法案もお願いします」というのが筋だと思う。首相が代わったら、国民に信を問わざるを得ない。統一地方選後の5月、6月の解散の可能性はあると思う。負ける選挙がやりたくなくて、首相としては一日も長く政権にいたいから、ずるずるといくこともあり得る。それは何の展望も開けないだろう。政界再編も含めていろんな動きが出てくると思う。
 自公の政権復帰はまだ(国民に)認知されていないだろう。ただ、解散すれば一つの民意は分かる。参院は民主も自公も過半数を取ってないので、国会はねじれることになる。もし選挙をやって、ある程度国民が方向性を示したなら、それを軸に政界再編なり、連立の組み替えなりあってもいいのではないか。

 −時事通信の世論調査で内閣支持率は17.8%と2割を切った。一方で、政党支持率は民主も自民も下がってしまった。

 民主党も駄目だが、自民党も「解散、解散」と言ってるけどいいのか、それも駄目だということ。社会保障や外交・安全保障の問題を含め、やっぱり政治を前に進めることが必要だ。国民から見れば、どの政党でもちゃんとやってくれればいいと思っているんだろう。もっと話し合いをちゃんとやれと。民主党が話し合うためのスタンスをきちんと取ればいいが、政権の延命だけをメーンに考えていては協議ができない。

 −首相は与野党協議に乗らなければ「歴史的な反逆行為」と言って野党を挑発したが。

 話し合いをしないと解決しないのに、お願いをする側がお願いする姿勢になっていない。政治家、政党という以前に社会常識からいって信じられない。相手を挑発して、自分の方が正しいと突っ張っていると、皆は「どうぞ、一人でおやりください」となってしまう。システムとして政権が成り立っていないのではないか。権力の行使、調整ができない。民主党政権はいろんなことは言うが、最後に決着がつけることができない政権だ。米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の移設問題だってそうだ。このままだと普天間は固定化されてしまう。前に進まないのではなく、決めないことにより、後退している。もっと悪くなっている。高速料金見直しもできないことは分かっている。料金を安くするといっても、財源は3年でなくなる。政権としては詰んでいる。(続く)

【その3】 前ページから続く

 −小沢一郎民主党元代表の「政治とカネ」の問題と菅政権の対応をどう見るか 。

 結局、けじめがない。国会議員は説明するしかない。司法の判断はこれからだが、4億円の大元は何か。献金か、融資か、たんす預金か。説明が変節してきたが、(小沢氏は)答えてない。政治とカネの問題は、起訴された件だけではなく、民主党の組織活動費の問題、新生党時代の立法事務費の問題、同党を解散したときの資金の流れ、いろんな疑問があり、説明責任がある。(小沢氏が)国民に説明できないなら、議員を辞めるしかない。菅首相も民主党執行部も問題の本質が分かってない。衆院政治倫理審査会に出ないというなら、証人喚問しかない。岡田幹事長も決断すればいい。民主党はけじめをつけられないと国民は見透かしている。菅さんは離党を勧めたが、小沢氏は応じなかった。それで処分になったのであれば、離党勧告か徐籍(除名)しかない。なぜそれより軽い党員資格停止になるのか(分からない)。

 −民主党16人の会派離脱の動きをどう見るか。

 菅政権の足元が揺らぎ、党分裂含みになっている。もう(菅政権は)持たないんじゃないか。菅首相はいつ辞めてもおかしくない。

 −小沢氏の影があるとみるか。

 そうだろう。考えられるのは新党(結成)だ。彼らはそこに生き残りを懸けているのだろう。

 

Foresightコンテンツ−新潮社ニュースマガジン
フォーサイト POLITICS

強気の菅首相を追い詰める自民の深謀遠慮
http://www.jiji.com/jc/v?p=foresight_6501&rel=y&g=phl

衆院予算委員会で答弁に臨む菅直人首相=2011年2月28日午前、国会内【時事通信社】

 民主党議員16人の会派離脱届に続いて、2月24日には松木謙公農林水産政務官の辞表提出など次から次へと政権崩壊の危機に見舞われ、菅直人首相は崖っぷちに立たされている。だが、今のところ退陣するつもりがまるでないようだ。

 16人の会派離脱届によって、政権がダメージを受けた翌18日、朝日新聞の報道で再び政権に激震が走った。

 同紙の同日付夕刊が報じたのは、「菅直人首相を支持してきた民主党の有力幹部が公明党幹部に対し、首相退陣と引き換えに(2011年度予算)関連法案成立に協力を得られないか打診していたことがわかった」という内容。菅首相側近が首相退陣を他党に持ちかけているのが事実ならば、政権はもう終わりである。リビアのカダフィ大佐の例をみても、政権幹部らが離反すれば、トップは失脚を免れない。

 朝日新聞は匿名扱いにしているが、この記事に登場する、「首相を支持してきた民主党の有力幹部」とは仙谷由人代表代行、打診を受けた「公明党幹部」というのは漆原良夫国対委員長のことである。2人は15日に会談した。菅首相退陣について、実は仙谷氏はひとつの可能性として指摘しただけのつもりだったようだ。しかし、漆原氏が公明党幹部や自民党の逢沢一郎国対委員長に会談内容を伝えたことから、あっという間に与野党幹部の間を「退陣打診」の情報が駆けめぐった。

 

フォーサイト POLITICS
菅首相を取り囲む「敵愾心」と「疑心暗鬼」
http://www.jiji.com/jc/v?p=foresight_6101&rel=y&g=phl

Foresightコンテンツ 世界経済フォーラム年次総会(ダボス会議)で講演する菅直人首相=2011年1月29日、スイス・ダボス【AFP=時事】

 社民党は昨年5月に連立政権を離脱したものの、12月に再び民主党との連携強化を模索し始めるなど、完全な野党ではなく重心を与党に置いた存在である。だが、その社民党の福島瑞穂党首は1月19日の記者会見で、自民党の肩を持たざるを得なかった。
「よくも裏切ったな、絶対に許さない——。自民党がそういう気持ちになるのは大変理解できる」

 福島氏が言っているのは、14日の内閣改造で、与謝野馨氏が経済財政担当相に起用されたことである。このとき、福島氏は尋常ではない怒りをみせ、菅政権に対して次々と非難の言葉を浴びせかけた。

 福島氏の怒りは、主に与謝野氏が消費税増税論者だという点に向けられている。自民党を引き合いに出したのは、増税論を牽制するためのだしに使ったのだろう。

 ただ、福島氏の発言には、自民党の比例代表で復活当選した与謝野氏が昨年4月に自民党を離党して「たちあがれ日本」を結成し、挙げ句の果てにそこも離党して民主党政権の閣僚になったということについて、自民党の悔しさと恨みの念を慮(おもんぱか)ったという意味も込められているのではないか。というのも、社民党も連立離脱のきっかけとなった米軍普天間飛行場移設問題や成立を目指してきた労働者派遣法改正などで、民主党に裏切られ続けてきたからである。

始めに戻る


※参考:オープン・ソース・インテリジェンス(Wikipediaより)

オープン・ソース・インテリジェンスまたはOSINTとは、公開情報(オープン・ソース:一般公開され利用可能な情報源)から収集された情報を元にする、(機密)情報収集の専門領域を指す。

概説

“合法的に入手出来る資料”を“合法的に調べ突き合わせる”手法で、情報源は政府の公式発表(プレスリリース)、マスメディアによる報道、インターネット、書籍、電話帳、科学誌その他を含む。具体的には、対象国の軍の編制を割り出すために、対象国の新聞社交欄、ニュースの断片、高級将校の異動発令などを丹念に集積し、分析するといった手法である。

細かいデータを少しずつ集めて分析するだけでも、相当な精度の情報が得られることがある。媒体入手・分析は駐在国公館で行なわれる事が多い。ラジオ放送は自国領内で受信する。

始めに戻る


 

雑談日記は良質な情報への中継点
と、人気blogランキングバナー に参戦中。

(↓クリックすると拡大)
自民党は自Endバナー 自民党は自Endバナー の猫ちゃんつながりブログを倭国大乱を記録するブログの数々として見つける毎に適宜追加。但し結構忘れてます(汗)

 ココログ利用で、即行で以下のTBPライブリンクをサイドエリアへはりたければ⇒一輪のバラをクリック。

 以下、登録・スタートさせたトラックバック・ピープルです。
主権者は私たち国民自民党政治民主党政治社民党や共産党にトラックバックしてます。

 

※原発関連で3冊:

知事抹殺 つくられた福島県汚職事件 佐藤 栄佐久 (著)

原子炉時限爆弾 広瀬 隆 (著)

隠される原子力・核の真実―原子力の専門家が原発に反対するわけ 小出 裕章 (著)

|

« NHKは「東京電力 福島第一原発事故関連ニュース」をどう伝えたか。(3月分エントリーのまとめリンク) | トップページ | 「東電 福島第一原発事故関連ニュース」【NHK】3月31日分 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 3月の菅直人「首相動静」の記事を採録しておきます。:

» 拡散希望:低レベル放射性汚染水を海洋に放出する意図的な犯罪行為を直ちに停止せよ [静かなる革命2009]
今日は不覚にも深寝してしまった.パソコンの前に座ったら,低レベル放射性汚染水の海洋への意図的放出が始まっていた.予定していたメガフロート(1万トン)の手配が遅れるためと説明しているが,真っ赤な嘘だ.海に捨てるくらいなら,なぜその水を注水用の原水として使わない?現在高レベル放射性汚染水の水量が増えているのは,原子炉圧力容器に水漏れがあるため外部から調達した用水をポンプで注水しているからだ.現在海洋投棄している低レベル汚染水をこの注水用の原水として用いれば,全体としての水量はまったく変化しないで現状を維... [続きを読む]

受信: 2011年4月 4日 (月) 23時19分

« NHKは「東京電力 福島第一原発事故関連ニュース」をどう伝えたか。(3月分エントリーのまとめリンク) | トップページ | 「東電 福島第一原発事故関連ニュース」【NHK】3月31日分 »