« 「東電 福島第一原発事故関連ニュース」【NHK】4月1日分 | トップページ | 「東電 福島第一原発事故関連ニュース」【NHK】4月3日分 »

2011年4月 3日 (日)

「東電 福島第一原発事故関連ニュース」【NHK】4月2日分

※関連:NHKは「東京電力 福島第一原発事故関連ニュース」をどう伝えたか。(4月分エントリーのまとめリンク)

 以下、東日本大震災関連リンク福島第一原発関連ニュース の採録です。

※SOBA:「ニュース画像」と言うのは画像と動画がありました。*.jpgとその下のURLは採録した画像の僕自身のメモです。「ニュース画像」中、動画については(何分何秒)と時間を書いておきました。URLをクリックすると別窓が開いて動画を見ることができます。

 (リンク等は、後で作業

4月2日の情報
http://www3.nhk.or.jp/news/genpatsu-fukushima/index_0402.html



施設にひび割れ 汚染水が海に
http://www3.nhk.or.jp/news/genpatsu-fukushima/20110402/index.html

東京電力福島第一原子力発電所の2号機で、高濃度の放射性物質を含む水が、海沿いにある「ピット」と呼ばれる施設のひび割れた部分から海に流れ出ていることが分かりました。
汚染された水が海に流れ出ている場所が確認されたのは初めてで、東京電力は、原子炉からの水が漏れ出すルートの1つとみて調べています。
東京電力によりますと、2日午前9時半ごろ、2号機の海水を取り込む「取水口」の近くにある、電源ケーブルを納めるための「ピット」と呼ばれるコンクリート製の施設に、10センチから20センチほど水がたまっているのが見つかりました。
ピットの側面には長さ20センチほどのひび割れが見つかり、そこから水が海に流れ出ていたということです。
福島第一原発で、汚染された水が海に流れ出ている場所が確認されたのは初めてです。
ピットの水の表面では、1時間当たり1000ミリシーベルトを超える高い放射線量が測定され、東京電力は、見つかったひび割れをコンクリートで埋めて、水が流れ出るのを止める作業を進めています。
2号機では、タービン建屋にたまった水から、運転中の原子炉の水のおよそ10万倍という高い濃度の放射性物質が検出されているほか、タービン建屋の外にある、トレンチと呼ばれるトンネルにたまった水からも、高い濃度の放射性物質が検出されています。
東京電力によりますと、汚染された水が見つかったトレンチは、電源ケーブル用の別のトレンチを経由して、2号機のピットとつながっているということです。
ピットの中の水を調べたところ、運転中の原子炉の水のおよそ1万倍の濃度の放射性物質が検出され、東京電力は、原子炉からの水が海に漏れ出すルートの1つとみて調べています。
東京電力は、これまでの福島第一原発と福島第二原発の周辺に加えて、2日から新たに原発の沖合15キロ付近でも海水のサンプリング調査を行って、放射性物質による汚染状況を調べています。

4月2日 21:28更新
▲ページトップへ



放射性物質汚染の水 除去作業急ぐ
http://www3.nhk.or.jp/news/genpatsu-fukushima/20110402/01.html

東京電力の福島第一原子力発電所では、1号機から3号機までのタービンがある建物で、復旧作業の妨げとなっている放射性物質に汚染された水を取り除く作業を急いでいます。
このうち、2号機と3号機では、汚染された水を「復水器」と呼ばれる施設に移すために、復水器にもともと入っていた水を別のタンクに移し替える作業が2日から始まることになっています。
東京電力福島第一原発では、1号機から3号機までのタービンがある建物で、放射性物質に汚染された水が見つかり、復旧作業の妨げとなっています。
東京電力は汚染された水を取り除く作業を急いでいて、このうち、先月24日、復旧作業をしていた作業員3人が被ばくした3号機と2号機では、汚染された水を「復水器」と呼ばれる施設に移すために、復水器にもともと入っていた水を近くにある「復水貯蔵タンク」という別のタンクに移し替える作業が2日から始まることになっています。
また、原子炉を冷却する機能を回復するため、核燃料の熱で温まった水を海水で冷やす「残留熱除去系」と呼ばれる大量の水を循環させるシステムの復旧を目指して、作業を続けています。
このうち、海水を取り込む仮設ポンプの設置が1号機から4号機で1日までに終わり、今後、外部電源で動かす予定です。
一方、原発の敷地を取り囲むように設置され、放射線のデータを測る8つのモニタリングポストが、1日、震災で停止して以来、3週間ぶりに復旧しました。
このデータは自動的に送る機能が復旧していないことから、2日から作業員が一日1回、現地に出向き、データを回収するとともに、東京電力のホームページで計測された値を公開することにしています。
また、冷却用の真水およそ1300トンを積んだアメリカ軍の大型船が、2日午前10時20分から水の供給を再開したほか、同じ規模の別の船が、新たに午前9時すぎに原発専用の岸壁に接岸しました。
さらに、原発の敷地内には水素爆発などで放射性物質が放出されていて、それがちりと一緒に飛び散るのを防ぐため、1日から地面に合成樹脂を散布する試験が始まりました。
細かい土やほこりを固めて閉じ込めるとされるこの合成樹脂は、乾燥して効果が出始めるまで24時間程度かかるため、東京電力は、2日、現場で放射線量を測定しながら効果を確かめることにしています。

4月2日 14:15更新
▲ページトップへ



IAEA 飯舘村は基準下回る
http://www3.nhk.or.jp/news/genpatsu-fukushima/20110402/02.html

福島県飯舘村で、IAEA=国際原子力機関の避難勧告の基準を超える放射性物質が検出された問題で、IAEAは1日、その後の分析では、放射性物質の濃度が避難勧告の基準を下回ったと発表しました。
この問題は、福島第一原子力発電所から北西におよそ40キロ離れた飯舘村で、日本側が測定した土壌のデータをIAEAが独自に分析したところ、IAEAが避難を勧告する基準の2倍に当たる1平方メートル当たり、2000万ベクレルの放射性ヨウ素131の値が確認されたものです。
これについて、IAEAは1日、さらに分析を行った結果を公表しました。
それによりますと、飯舘村で日本側が先月19日から29日の間に15回にわたって測定した土壌データを詳しく分析したところ、ヨウ素131の平均値は、1平方メートル当たり700万ベクレルで、避難勧告の基準を下回っていたということです。
これについて、IAEAでは「放射性物質の濃度は、福島第一原発の今後の状況や、風向きや雨など気象条件によって、変化する可能性がある」として、土壌などのデータの推移を注視するよう、日本政府に対して求めています。

4月2日 6:45更新
▲ページトップへ



IAEA 原子炉専門家派遣へ
http://www3.nhk.or.jp/news/genpatsu-fukushima/20110402/03.html

福島第一原子力発電所の事故で、IAEA=国際原子力機関は日本政府の要請を受けて、新たに原子炉の専門家を日本に派遣することを決めました。
派遣されるのは、福島第一原子力発電所に設置されている「沸騰水型」と呼ばれる原子炉の専門家2人です。
2人は、4日から日本で、原子力安全・保安院や東京電力と協議して情報の収集に当たるほか、今後の対応について日本側に助言するということです。
IAEAは、これまでに16人の専門家を日本に派遣して、福島県や首都圏で大気中に含まれる放射線量の測定などに当たってきました。
このうち、海水分析の専門家1人は、2日から日本の専門家と一緒に調査船に乗って、福島第一原発周辺の海水に含まれる放射性物質の分析を行う予定です。

4月2日 9:00更新
▲ページトップへ



冷却系復旧 時間かかる見通し
http://www3.nhk.or.jp/news/genpatsu-fukushima/20110402/04.html

深刻な状況が続く福島第一原子力発電所で、東京電力は原子炉などを安定的に冷やす切り札として大量の水を循環させるシステムの復旧を目指していますが、これに使う仮設のポンプが1日までに1号機から4号機に設置されました。
しかし、原子炉が入っている建物の放射線量が高く、配管や設備の点検ができない状態が続いていて、復旧に時間がかかる見通しです。
福島第一原発の1号機から4号機では、現在、原子炉や使用済み燃料プールに直接、真水を送り込んで燃料から出る熱を応急的に冷やしています。
東京電力では、本来の冷却機能を回復するため、核燃料の熱で温まった水を海水で冷やす「残留熱除去系」という大量の水を循環させるシステムの復旧を目指して、作業を続けています。
このうち、海水を取り込む仮設ポンプの設置が、1号機から4号機までで1日までに終わり、今後、外部電源で稼働させる予定です。
しかし、システムの主要な部分に当たる、原子炉などを冷やす水を循環させる配管やポンプは震災で破損しているおそれがあるうえ、放射線量が高い原子炉建屋にあり、点検などができない状態です。
東京電力は、当面、応急的な冷却を続け、放射線量が低くなってから、配管やポンプの点検などに入る方針ですが、放射線量がなかなか下がらず、システムの復旧には時間がかかる見込みです。
このため、別の系統を使う冷却方法なども並行して検討することにしています。

4月2日 5:40更新
▲ページトップへ



“保安院から十分報告されず”
http://www3.nhk.or.jp/news/genpatsu-fukushima/20110402/05.html

東京電力福島第一原子力発電所の事故で、国の原子力安全委員会は、住民の避難や屋内退避の指示など政府の決定について技術的な助言を行っていますが、助言を行ううえで不可欠な原子炉などに関する情報を経済産業省の原子力安全・保安院から十分報告されていないことが分かりました。
これは1日に開かれた記者会見で原子力安全委員会の代谷誠治委員が明らかにしたものです。
国の原子力安全委員会は、福島第一原子力発電所の事故が起きて以来、委員らが官邸に詰めて避難や屋内退避の指示など政府が決定する防護対策について、専門家の立場から技術的な助言を行っています。
菅総理大臣も1日の記者会見で「避難や退避の判断をする場合には、原子力安全委員会の助言を求め、そういう助言を尊重しながら対応している」と述べています。
ところが、こうした重要な役割を担っているにも関わらず、原子力安全委員会には、十分な情報が届いていないことが分かりました。
記者会見の中で代谷委員は、原子力安全・保安院から、いまだに十分な報告がないとしたうえで、「データが届くのが遅く、報道で初めて知る情報が多いのも事実。保安院の考えについて筋道だった説明がないのは非常に困っている」と述べました。
また、「通常なら保安院に入った情報は、安全委員会に届くが、いろいろなところに対策本部ができている関係で、いつもならすぐに入ってくる情報が、クッションが入ってから伝わってくる」と述べ、情報伝達に問題があるという認識を示しました。
「こうした話が理解されると思うか」という質問に対し、代谷委員は「申し訳ないと思っている。今ある情報の中で最善の判断ができるようにしている」と述べました。
これについて経済産業省の原子力安全・保安院は「今後は事務レベルでの連携を強化して、原子力安全委員会が求める情報をスムーズに提供できるようにしたい」としています。

4月2日 5:40更新
▲ページトップへ

始めに戻る

 

関連ニュース
http://www3.nhk.or.jp/news/genpatsu-fukushima/kanren.html


4月2日の情報
http://www3.nhk.or.jp/news/genpatsu-fukushima/kanren_0402.html



↓NHKが記事削除、

福島第一原発周辺 やや強い北西の風に

気象庁によりますと、福島第一原子力発電所の周辺では、陸側の北西から海側の南東に向かって風が吹いているとみられます。
2日夜遅くには、風がやや強まる見込みですが、風向きはほとんど変わらず、3日は西から東に向かって風が吹くと予想されています。

4月2日 21:30更新
▲ページトップへ



東電 供給計画に“原発増設”
http://www3.nhk.or.jp/news/genpatsu-fukushima/20110402/2010_zosetsu.html

福島第一原子力発電所の事故による深刻な状況が続くなか、東京電力が、国に提出が義務づけられている電力の「供給計画」に原発の増設を例年どおり盛り込むと福島県に伝えていたことが分かりました。
県側は「県民感情を逆なでする」として強く反発していますが、東京電力は「震災前に取りまとめた計画で、影響を反映させることができなかった」と説明しています。
電力会社は、今後の電力需要の見通しや、新しい発電所の建設などを示した「供給計画」を毎年3月末までに国に提出するよう電気事業法で義務づけられていて、東京電力は平成7年度から福島第一原発の7号機と8号機の増設計画を盛り込んでいます。
福島県によりますと、第一原発で深刻な状況が続いていた先月26日に、新年度の供給計画にも例年どおり7号機と8号機の増設を盛り込むと東京電力側から伝えられていたことが分かりました。
これに対し、県側は「事故の影響が広がるなかで県民感情を逆なでする」として強く反発しています。
東京電力の供給計画は、法律に基づいて先月31日に7号機と8号機の増設計画を盛り込んだまま国に提出されましたが、資源エネルギー庁は「震災の影響が反映されていない」として公表を見送っています。
福島県の野崎洋一企画調整部長は、「最終的に供給計画に盛り込まれたかどうかは確認していないが、事実だとすれば憤りを感じる」と話しています。
NHKの取材に対し、東京電力では、「計画は震災の前に取りまとめたもので、影響を反映させることができなかった」と説明しています。

4月2日 20:10更新
▲ページトップへ



大気の放射線量 減少か横ばい
http://www3.nhk.or.jp/news/genpatsu-fukushima/20110402/2010_hoshasenryo.html

各地の自治体で、2日、これまでに観測された大気中の放射線量は、ほとんどの地点で減少か横ばいとなっています。
2日午前0時から午後3時までの各地の観測によりますと、福島県では、福島第一原子力発電所から北西に65キロほど離れた福島市で午前1時に1時間当たり2.84マイクロシーベルト、郡山市では午前6時などに1時間当たり2.38マイクロシーベルトと、震災の前に観測されていた通常の値よりも高い放射線量を計測しました。
また、南相馬市では午後2時などに1時間当たり0.91マイクロシーベルト、いわき市では午前6時などに1時間当たり0.62マイクロシーベルトと、通常の値よりもやや高い放射線量を計測しました。
茨城県では、北茨城市で午前9時20分などに1時間当たり0.56マイクロシーベルト、水戸市で午前4時などに1時間当たり0.18マイクロシーベルト、宮城県の仙台市で正午に1時間当たり0.08マイクロシーベルトと、いずれも通常よりやや高い数値を計測しました。また、栃木県の宇都宮市や群馬県の前橋市、神奈川県の川崎市と横須賀市、それに茅ヶ崎市、東京の新宿区、さいたま市、千葉県市原市のそれぞれの観測地点などでも、通常よりもやや高い数値を計測しました。
しかし、大気中の放射線量はほとんどの地点で減り続けていて、これらの数値の放射線を浴びたとしても、健康に影響が出るレベルではないということです。
一方、札幌市、青森市、秋田市、岩手県の盛岡市、山形市、静岡市、新潟県の柏崎市、甲府市、長野市などでは、引き続き通常より高い放射線量は計測されませんでした。

4月2日 20:10更新
▲ページトップへ



↓NHKが記事削除、

除染後も高い放射線量計測も

福島第一原子力発電所の上空で調査などに当たった陸上自衛隊のヘリコプターから、放射性物質を洗い流す「除染」を行ったあとも、通常より高い放射線量が計測されるケースが相次いでいます。
陸上自衛隊は、機体の整備に当たる隊員に防護マスクなどの着用を徹底するとともに、放射性物質を吸い取るための新たな装備の導入などを検討しています。
陸上自衛隊では、福島第一原子力発電所の上空で映像撮影や放射線量の調査などに当たったヘリコプターについて、任務のあと、放射性物質を洗い流す除染作業を行っています。
しかし、除染を行ったあとも、エンジンに空気を取り入れる「吸気口」などから通常より高い、1時間当たり、数百マイクロシーベルトの放射線量が計測されるケースが相次いでいることが、陸上自衛隊関係者への取材で分かりました。
また、陸上自衛隊がこれまでにアメリカ軍から得た情報では、放射性物質の中でもセシウムは、ヘリコプターや車両に一般的に使われている塗料にこびりつきやすい性質があるということです。
このため陸上自衛隊は、機体の整備に当たる隊員に防護マスクの着用を徹底するとともに、放射性物質を吸い取るための強力な吸入器など新たな装備の導入についても検討することにしています。

4月2日 5:55更新
▲ページトップへ



東電の賠償問題の対応検討へ
http://www3.nhk.or.jp/news/genpatsu-fukushima/20110402/0555_baisho.html

政府は、福島第一原子力発電所の事故で、東京電力が負担する巨額の賠償問題などへの対応を話し合うチームを近く設け、支援の必要性などついて、検討を進めることにしています。
福島第一原発の事故への対応で、東京電力は、先月末、大手銀行などから2兆円規模の緊急融資を受けました。
これによって、東京電力は、電力不足への対策や、ことし予定されている社債の償還に必要な資金などを確保し、当面の資金繰りにめどをつけたとしています。
しかし、周辺住民の避難や農産物の出荷制限などといった被害に対して、今後、東京電力が負担する賠償金は巨額に上る見通しです。
これについて菅総理大臣は1日、記者会見で「いろいろな補償の義務が生じることは当然予想される。同時に、東京電力の第一義的な義務や責任を超える場合、最終的には、政府としても責任を持って対応しないといけない」と述べました。
こうした状況を踏まえて政府は、近く、国の対応などを検討するチームを設けることにしています。
この中では、賠償についての東京電力と国との負担の考え方や、東京電力が巨額の賠償に耐えられるようにするために、国が支援する必要性があるのかなどを検討するものとみられます。
ただ、政府部内では福島第一原発の事故が収束しなければ、賠償の額が確定できず、検討が本格化するには、まだ時間がかかるという指摘も出ています。

4月2日 5:55更新

始めに戻る

 

雑談日記は良質な情報への中継点
と、人気blogランキングバナー に参戦中。

(↓クリックすると拡大)
自民党は自Endバナー 自民党は自Endバナー の猫ちゃんつながりブログを倭国大乱を記録するブログの数々として見つける毎に適宜追加。但し結構忘れてます(汗)

 ココログ利用で、即行で以下のTBPライブリンクをサイドエリアへはりたければ⇒一輪のバラをクリック。

 以下、登録・スタートさせたトラックバック・ピープルです。
主権者は私たち国民自民党政治民主党政治社民党や共産党にトラックバックしてます。

 

※原発関連で3冊:

知事抹殺 つくられた福島県汚職事件 佐藤 栄佐久 (著)

原子炉時限爆弾 広瀬 隆 (著)

隠される原子力・核の真実―原子力の専門家が原発に反対するわけ 小出 裕章 (著)

|

« 「東電 福島第一原発事故関連ニュース」【NHK】4月1日分 | トップページ | 「東電 福島第一原発事故関連ニュース」【NHK】4月3日分 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「東電 福島第一原発事故関連ニュース」【NHK】4月2日分:

« 「東電 福島第一原発事故関連ニュース」【NHK】4月1日分 | トップページ | 「東電 福島第一原発事故関連ニュース」【NHK】4月3日分 »