« ニュース・コメンタリー (2011年04月23日) 今週の福島原発 基本情報の公開なき楽観論には注意が必要 | トップページ | 【必見マル激】523回「原発は安い」は本当か、ゲスト:大島堅一氏(立命館大学国際関係学部教授)(2011年04月23日) »

2011年4月24日 (日)

「東電 福島第一原発事故関連ニュース」【NHK】4月23日分

※関連:NHKは「東京電力 福島第一原発事故関連ニュース」をどう伝えたか。(4月分エントリーのまとめリンク)

 以下、東日本大震災関連リンク福島第一原発関連ニュース の採録です。

※SOBA:「ニュース画像」と言うのは画像と動画がありました。*.jpgとその下のURLは採録した画像の僕自身のメモです。「ニュース画像」中、動画については(何分何秒)と時間を書いておきました。URLをクリックすると別窓が開いて動画を見ることができます。

 (リンク等は、後で作業

4月23日のニュース

3号機周辺 高放射線量がれき(4月23日 23:25更新)
http://www3.nhk.or.jp/news/genpatsu-fukushima/20110423/index.html

東京電力福島第一原子力発電所の事故で、3号機の原子炉建屋周辺で、1時間当たり900ミリシーベルトという高い放射線量を出すコンクリートのがれきが見つかり、東京電力は、がれきを撤去して安全な場所で保管するとともに、3号機で起きた水素爆発で飛び散った可能性があるとみて、詳しく調べることにしています。
東京電力によりますと、今月20日、福島第一原発3号機付近の放射線量を調べていた放射線管理員が、縦横30センチ、厚さ5センチほどのコンクリート片から、1時間当たり900ミリシーベルトという高い放射線量が出ているのを確認しました。
見つかった場所は、3号機と4号機の開閉所と呼ばれる電気関係の施設がある付近で、近くに重要な配管が通っているため、作業員が重機に乗って撤去作業を行ったということです。
東京電力によりますと、この作業による作業員の被ばく量は3.17ミリシーベルトで、撤去したがれきは、ほかのがれきと一緒にコンテナに入れて安全な場所で保管しているということです。
福島第一原発では、放射性物質で汚染されたがれきが構内の至る所に散乱し、復旧作業の妨げとなっていて、東京電力は、3号機の水素爆発で飛び散ったがれきの可能性があるとみて、詳しく調べることにしています。

4月23日のニュース一覧
    3号機周辺 高放射線量がれき(4月23日 23:25更新)
    取水口付近 濃度1200倍に(4月23日 23:25更新)
    汚染水 周辺地下水に異常なし(4月23日 20:35更新)
    各地の放射線量 ほぼ横ばい(4月23日 20:35更新)
    “経済的被害でも仮払いを検討”(4月23日 15:40更新)
    4号機のプール 慎重に注水へ(4月23日 12:30更新)
    仮設住宅建設に国有地提供へ(4月23日 12:30更新)
    2号機取水口 濃度僅かに低下(4月23日 7:55更新)
    屋外の活動制限 4校で解除も(4月23日 7:55更新)
    1号機 水たまる状態に懸念も(4月23日 5:10更新)
    “事実踏まえ冷静に対応を”(4月23日 5:10更新)





取水口付近 濃度1200倍に(4月23日 23:25更新)
http://www3.nhk.or.jp/news/genpatsu-fukushima/20110423/2325_1200bai.html

東京電力福島第一原子力発電所周辺の環境調査で、22日に2号機の取水口付近で採取した海水から検出された放射性ヨウ素の濃度は、国の基準の1200倍と、前の日の3分の1以下になりました。
経済産業省の原子力安全・保安院は、引き続き濃度の推移を注視していくことにしています。
東京電力によりますと、福島第一原発の2号機の取水口付近で22日朝に採取した海水を分析した結果、放射性のヨウ素131が1cc当たり48ベクレルの濃度で検出されました。
これは国の基準の1200倍で、前の日の3分の1以下に下がりました。
2号機の取水口付近は、「ピット」と呼ばれる施設から高濃度の汚染水が流れ込んだ場所で、今月2日には、基準の750万倍の濃度のヨウ素131が検出されています。
同じ場所で採取した海水では、放射性セシウムの濃度も前の日を大幅に下回り、▽セシウム134は基準の680倍、▽セシウム137は基準の470倍でした。このほか、周辺の海水から検出される放射性物質の濃度は一部を除いて下がる傾向にあり、ヨウ素131の濃度が基準をもっとも上回ったのは、1号機から4号機の放水口の南、330メートル付近で2.2倍でした。
原子力安全・保安院は「拡散や沈殿などいろいろな可能性が考えられるが、汚染水の流出を抑えるシルトフェンスの内側でも、放射性物質の濃度はある程度低くなってきている」として、引き続き濃度の推移を注視していくことにしています。



汚染水 周辺地下水に異常なし(4月23日 20:35更新)
http://www3.nhk.or.jp/news/genpatsu-fukushima/20110423/2035_osensui.html

東京電力福島第一原子力発電所の事故で、復旧作業の妨げとなっている2号機の「トレンチ」と呼ばれるトンネルにたまった高濃度の汚染水を「集中廃棄物処理施設」に移送する作業が、23日も続けられました。
東京電力によりますと、午後5時現在、移送は順調に行われているということで、これまでの施設周辺の地下水の調査でも移送の前後で放射性物質の濃度に大きな変化はないということです。
福島第一原発では、2号機のタービン建屋の地下や、トレンチにたまっている2万5000トンの汚染水を、4号機の近くにある「集中廃棄物処理施設」まで移送する作業が今月19日から行われています。
東京電力によりますと、23日午前7時までに移送された汚染水はおよそ930トンで、午後5時現在、移送は順調に行われているということです。
今回の移送にあたって東京電力では、高濃度の汚染水が施設の周辺に漏れていないか、監視を続けていて、23日、周辺の地下水を調べた結果を公表しました。
それによりますと、放射性のヨウ素131やセシウム134、セシウム137の濃度は、いずれも移送の前後で大きな変化がなかったということで、東京電力は、これまでのところ、施設からの汚染水の漏えいはないとしています。
一方、核燃料の数が多く、冷却機能の維持に課題がある4号機の燃料プールでは、水温が91度と、依然として高く、熱で水が蒸発し燃料が露出するおそれもあるとして、22日は200トン、23日も140トンの水の注入を特殊な車両を使って行いました。
しかし、4号機はプールを支える建屋の壁が損傷していることが分かっていて、水を入れすぎると重さで建屋そのものの健全性が失われるおそれがあります。
このため、東京電力は、水を入れすぎずに冷却を維持できるよう水位と温度を測りながら慎重に水の注入を行い、適正な注入量を見極めたいとしています。



各地の放射線量 ほぼ横ばい(4月23日 20:35更新)
http://www3.nhk.or.jp/news/genpatsu-fukushima/20110423/2035_houshasen.html

23日午後3時までに各都道府県が観測した屋外の放射線量は、ほとんどの地点で、ほぼ横ばいの状態が続いています。
23日午前0時から午後3時までの観測によりますと、福島県内では、東京電力福島第一原子力発電所から北西に65キロほど離れた福島市で午前1時などに1時間当たり1.74マイクロシーベルト、郡山市では午前3時などに1時間当たり1.76マイクロシーベルトでした。
また、南相馬市では正午などに1時間当たり0.54マイクロシーベルト、白河市では午後3時に1時間当たり0.68マイクロシーベルト、いわき市では午前0時などに1時間当たり0.3マイクロシーベルトと、いずれも通常よりやや高い放射線量を観測しました。
茨城県内では、北茨城市で午前2時などに1時間当たり0.24マイクロシーベルト、水戸市で午前1時前などに1時間当たり0.12マイクロシーベルトと、いずれも通常よりやや高い放射線量を観測しました。
宮城県内では、仙台市で午後3時に1時間当たり0.07マイクロシーベルトと、県内の別の地点で、通常観測している値よりやや高い数値を観測しました。
このほか、東京・新宿区、神奈川県の川崎市、横須賀市、茅ヶ崎市、千葉県市原市でも通常よりやや高い数値を観測しました。
しかし、ほとんどの地点で放射線量はほぼ横ばいの状態が続いていて、各都道府県は、これらの数値の放射線を浴びたとしても健康に影響が出るレベルではないとしています。
このほか、札幌市、青森市、秋田市、盛岡市、山形市、宇都宮市、さいたま市、前橋市、新潟県の柏崎市、甲府市、長野市、静岡市では引き続き、通常より高い放射線量は観測されていません。



“経済的被害でも仮払いを検討”(4月23日 15:40更新)
http://www3.nhk.or.jp/news/genpatsu-fukushima/20110423/1540_keizaihigai.html

海江田経済産業大臣は、23日、都内で記者団に対して、東京電力福島第一原子力発電所の事故による農業や漁業、工業などの経済的な被害についても最終的な賠償額が確定する前に一部を仮払いできないか検討する考えを明らかにしました。
福島第一原発の事故を巡って、東京電力は原子力災害対策特別措置法の規定に基づく指示に従って、避難などを余儀なくされている人に対して「仮払補償金」を支払うことを決めていますが、農業や漁業、工業などの経済被害についても仮払いを求める声が出ています。
これについて、海江田経済産業大臣は、都内で記者団に対し「仮払い金、一時金といろいろな言い方はあるが、損害賠償全体が決まらなくても、そうした支払いを求める声が多いことは認識している」と述べて最終的な賠償額が確定する前に一部を仮払いできないか検討する考えを明らかにしました。
そのうえで、海江田大臣は、東京電力の巨額の賠償金の支払いを支援するための枠組み作りについて、賠償の判定の指針を策定する国の審査会の議論を見ながら検討を進めていく考えを示しました。



4号機のプール 慎重に注水へ(4月23日 12:30更新)
http://www3.nhk.or.jp/news/genpatsu-fukushima/20110423/1230_chusui.html

東京電力福島第一原子力発電所の事故で、90度以上という高い温度が続いているとみられる4号機の使用済み燃料プールについて、東京電力はプールを支える建屋の壁が損傷しており、水を入れすぎずに冷却を維持できるよう、23日、水を入れる際には水位と温度を測りながら慎重に行うことにしています。
福島第一原発の4号機の使用済み燃料プールには、核燃料を束ねた燃料集合体が第一原発の中では最も多い1535体あり、発熱量が多いため、プールの水が蒸発しやすく、冷却機能の維持が課題となっています。
22日に行った水温の調査では、91度と依然として通常の40度以下よりも高く、東京電力は熱で水が蒸発し、燃料が露出しないようこの日に200トンの水を入れました。
しかし、4号機はプールを支える建屋の壁が損傷していることが分かっていて、水を入れすぎると重さで建屋そのものの健全性が失われるおそれがあるとしています。
このため、東京電力は、水を入れすぎずに冷却を維持できるよう、23日、水を入れる際には特殊な車両のアームの先端に取り付けた計測器で、水位と温度を測りながら慎重に行うことになりました。
東京電力によりますと、23日は午後から140トンの注水を予定しているということです。



仮設住宅建設に国有地提供へ(4月23日 12:30更新)
http://www3.nhk.or.jp/news/genpatsu-fukushima/20110423/1230_kokuyuchi.html

野田財務大臣は、23日、福島県を訪れて佐藤知事と会談し、仮設住宅の建設用地に国有地を提供するなどして積極的に支援する考えを伝えました。
野田財務大臣は、23日午前、福島県庁を訪れ、政府の現地連絡対策室で住民の避難状況などについて説明を受けたあと、佐藤知事と会談しました。
この中で、佐藤知事が仮設住宅の整備を急ぐよう要望したのに対し、野田大臣は22日に閣議決定した今年度の第1次補正予算案が成立すれば、被災地全体で10万戸余りの仮設住宅の整備が可能になることを説明しました。
そのうえで、野田大臣は、東北地方6県にある合わせて69万平方メートル余りの国有地を建設用地などとして提供し、仮設住宅の整備を後押しする考えを示しました。
会談のあと、野田大臣は「仮設住宅の用地を確保するため、民有地を借りたいといった要望も出ている。自治体と緊密に連携して仮設住宅の建設を実現していきたい」と述べました。



2号機取水口 濃度僅かに低下(4月23日 7:55更新)
http://www3.nhk.or.jp/news/genpatsu-fukushima/20110423/0750_2gouki.html

東京電力福島第一原子力発電所周辺の環境調査で、21日、2号機の取水口付近で採取した海水から検出された放射性ヨウ素は、国の基準の3800倍で、前の日を僅かに低下しました。
経済産業省の原子力安全・保安院は、汚染水が流れ込んでいる様子はないが、引き続き監視を続けるとしています。
東京電力によりますと、福島第一原発の2号機の取水口付近で21日朝、採取した海水を分析した結果、放射性のヨウ素131が1cc当たり150ベクレルと国の基準の3800倍の濃度で検出されました。
ここは「ピット」と呼ばれる施設から高濃度の汚染水が流れ込み、今月2日に基準の750万倍のヨウ素131を検出した場所です。
今月19日に1200倍まで下がったあと、再び濃度が上昇し、20日は4000倍になっていました。
同じ場所で採取した海水では、放射性セシウムの濃度も20日を下回り、セシウム134は基準の1200倍、セシウム137は基準の900倍でした。このほか周辺の海水から検出される放射性物質の濃度は一部を除いて下がる傾向にあり、ヨウ素131の濃度が基準を最も上回ったのは5号機と6号機の放水口の北、30メートル付近で3.5倍でした。
一方、福島第一原発の沖合30キロで文部科学省が行っている海水の調査では21日は放射性物質は検出されませんでした。
原子力安全・保安院は、福島第一原発の2号機の取水口付近の濃度について「数字は落ち着いていて汚染水が新たに流れ込んでいる様子はないが、引き続き監視を続ける」としています。



屋外の活動制限 4校で解除も(4月23日 7:55更新)
http://www3.nhk.or.jp/news/genpatsu-fukushima/20110423/0750_yagaikatsudou.html

東京電力福島第一原子力発電所の事故で、放射線量が高いとして屋外での活動が制限されている福島県内の合わせて13の学校などについて、国が再調査した結果、このうちの4つの学校や幼稚園などで目安の放射線量を下回り、文部科学省は、これらの学校などでは活動の制限を解除しても差し支えないとしています。
福島市と郡山市、それに伊達市にある保育所や幼稚園、小中学校の合わせて13の学校などでは、国が定めた学校の安全利用の考え方で、目安の放射線量である1時間当たり、3.8マイクロシーベルトを上回り、校庭や屋外での活動が制限されています。
これらの13の学校などについて文部科学省が放射線量を改めて調べた結果、このうちの4つの学校などで21日と22日の2日続けて目安の値を下回ったということです。
国が定めた考え方では毎週1回、行われる国の放射線量の調査と、その翌日の調査で2日続けて目安を下回ると、活動の制限を解除しても差し支えないとなっていて、最終的には、福島県教育委員会とそれぞれの学校長などの判断で制限が解除されることになります。



1号機 水たまる状態に懸念も(4月23日 5:10更新)
http://www3.nhk.or.jp/news/genpatsu-fukushima/20110423/0510_1gouki.html

東京電力福島第一原子力発電所の事故で、最も燃料の損傷が激しいとされる1号機では、原子炉への注水を続けた結果、格納容器の下側の球形部分に半分ほど水がたまっているとみられることが分かりました。
東京電力は、格納容器の一部を水で満たして原子炉を冷やす計画ですが、国は大量の水がたまると、耐震性に影響するおそれもあるとして、強度面での確認が必要だとしています。
福島第一原発の事故の収束に向けて東京電力が示した工程表では、1号機と3号機について、ことし7月中旬をめどに原子炉の燃料の高さまで格納容器を水で満たすことで、原子炉の安定的な冷却を実現したいとしています。
このうち燃料の損傷が最も激しいとされる1号機では、原子炉を冷やすために1時間に6トンの水が注入されていますが、東京電力はこの水が蒸気となって格納容器の中に流入しその後冷えて再び水になり、格納容器内にたまり始めているとみています。
その量は、水素爆発を防ぐために今月7日から行っている格納容器への窒素の注入による圧力の上昇から、フラスコ状の形をした格納容器下側の球形部分の半分ほどとみられるということです。
格納容器に水を満たす方法を巡って、東京電力は「構造の健全性に問題はない」という判断を示していますが、経済産業省の原子力安全・保安院は、大量に水がたまると、耐震性に影響するおそれもあるとして、圧力抑制室=サプレッションプールの配管が水圧で破断しないかなど、「強度面での確認が必要だ」という認識を示しています。



“事実踏まえ冷静に対応を”(4月23日 5:10更新)
http://www3.nhk.or.jp/news/genpatsu-fukushima/20110423/0510_reisei.html

世界の放射線医学などの研究者でつくるICRP=国際放射線防護委員会の議長が22日、NHKのインタビューに応じ、東京電力福島第一原子力発電所の周辺住民の避難について「実際の放射線量がどの程度なのか、きちんと調べて判断する必要がある」と述べ、科学的事実を踏まえ、冷静に対応することが重要だという認識を示しました。
22日に来日したICRPのクレア・カズンズ議長は、NHKの単独インタビューに応じました。
この中でカズンズ議長は、今回の事故に対する日本政府の対応について、「緊急事態なので、年間の被ばく量を平常時の限度としている1ミリシーベルトではなく、20ミリシーベルトを超えないよう対策を取るのは、世界の研究成果を集めて作成したICRPの勧告に沿うものだ」と述べ、理解を示しました。
そのうえで、原発周辺に住む人たちが避難生活を強いられていることについて「自宅に戻って住めるようになるまでしばらくかかると考えられる」とする一方で、「実際の放射線量がどの程度なのか、きちんと調べて判断する必要がある」と述べ、科学的事実を踏まえ、冷静に対応することが重要だという認識を示しました。
また、今回の事故は放射性物質の放出量などチェルノブイリ原発事故とは状況が大きく異なるとし、「周辺では避難が進んでいることから、住民の健康に影響が出るおそれは極めて少ないだろう」と述べました。

始めに戻る

 

雑談日記は良質な情報への中継点
と、人気blogランキングバナー に参戦中。

(↓クリックすると拡大)
自民党は自Endバナー 自民党は自Endバナー の猫ちゃんつながりブログを倭国大乱を記録するブログの数々として見つける毎に適宜追加。但し結構忘れてます(汗)

 ココログ利用で、即行で以下のTBPライブリンクをサイドエリアへはりたければ⇒一輪のバラをクリック。

 以下、登録・スタートさせたトラックバック・ピープルです。
主権者は私たち国民自民党政治民主党政治社民党や共産党にトラックバックしてます。

 

※原発関連で3冊:

知事抹殺 つくられた福島県汚職事件 佐藤 栄佐久 (著)

原子炉時限爆弾 広瀬 隆 (著)

隠される原子力・核の真実―原子力の専門家が原発に反対するわけ 小出 裕章 (著)

|

« ニュース・コメンタリー (2011年04月23日) 今週の福島原発 基本情報の公開なき楽観論には注意が必要 | トップページ | 【必見マル激】523回「原発は安い」は本当か、ゲスト:大島堅一氏(立命館大学国際関係学部教授)(2011年04月23日) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「東電 福島第一原発事故関連ニュース」【NHK】4月23日分:

« ニュース・コメンタリー (2011年04月23日) 今週の福島原発 基本情報の公開なき楽観論には注意が必要 | トップページ | 【必見マル激】523回「原発は安い」は本当か、ゲスト:大島堅一氏(立命館大学国際関係学部教授)(2011年04月23日) »