« アデランスかぶった、原子力保安院のおじさん西山英彦はこんな人。 | トップページ | 「東電 福島第一原発事故関連ニュース」【NHK】4月8日分 »

2011年4月 9日 (土)

津波の恐さ。ビデオニュース・ドットコムのインタビュー4月2日と、スペシャルリポート4月6日、3月18日と13日。

参考:「.wvx 」や「.asx 」はWMP単独アプリで視聴する方が確実で便利。(特にMacの場合はWMP単独アプリがお勧め。インターネットラジオでも同じ。)

関連:国会内ファッション雑誌撮影の馬鹿女、蓮舫関連
「200年に一度の大災害に備えたスーパー堤防は不要」蓮舫のこれは聞き捨てならない。過去消防団員経験の俺とすれば、。

 

東日本大震災。
http://www.videonews.com/special/0001_1/001756.php

 

インタビューズ (2011年04月02日)
http://www.videonews.com/interviews/001999/001805.php

3月18日収録(30分)   無料放送中>>>  300k

護岸壁だけに頼るのは危険
三村信男茨城大学教授に聞く

 東日本大震災による津波で壊滅的な被害を受けた岩手県陸前高田市では、当初、防災無線が、予想される津波の規模を3メートルと伝えたと多くの住民が証言している。しかし実際には15メートルを超える津波が押し寄せ、結果的に多くの人が逃げ遅れた。
 海岸工学に詳しい三村信男茨城大学教授は、「3メートルはあり得ない。本当だとすれば重要な問題だ」と言う。また、津波の流れの性質などについて詳しい知見を披露し、被害を防ぐには護岸壁だけに頼るといった単発の対策は危険で、日ごろから避難訓練をし、防災無線が正確な情報を的確に発信し、素早く高台へ逃げることが大切だなどと語った。
 ジャーナリストの神保哲生のインタビューに答えた。

プロフィール
三村 信男みむら のぶお
(茨城大学広域水圏環境科学教育研究センター教授)
1949年広島県生まれ。74年東京大学工学部都市工学科卒業。79年東京大学工学系研究科都市工学博士課程修了。東京大学工学部土木工学科助教授、カリフォルニア工科大学研究員などを経て、97年より現職。工学博士。共著に『サステイナビリティ学をつくる』、『地球環境ハンドブック』など。

 

スペシャルリポート (2011年04月06日)
http://www.videonews.com/special-report/031040/001810.php

無料放送中>>>  (12分) 300k

原発避難区域は犬や牛の群れが闊歩する無法地帯に

 福島第一原発の放射能漏れ事故を受けて政府は、地震発生の翌日(12日)、原発から20キロ圏内の住民に避難を指示、15日には20〜30キロ圏内の住民に屋内退避を指示している。
 住民が避難した後、警察、消防などの行政機関も退避してゴーストタウンと化した避難対象区域は、今、どのような状態にあるのか。
 地震で損壊した道路は危険な状態のまま放置され、置き去りにされたペットの犬や牛が、路上を我が物顔で闊歩する避難区域内部の最新の様子を、神保哲生が報告する。

 以下、YouTubeで、

原発避難区域は犬や牛の群れが闊歩する無法地帯に(
http://www.youtube.com/watch?v=mHWvbisFg0I

 

 以下、神保氏の3月15日、17日の突撃レポートです。

スペシャルリポート (2011年03月18日)約7分
http://www.videonews.com/special-report/031040/001762.php

(7分)   無料放送中>>>  300k

津波が奪った我が町
なぜ被害はここまで拡大したのか

 市街地の大半を津波によって破壊された岩手県陸前高田市。捜索作業が今も続くが、犠牲者の数は増え続けている。
 津波警報がありながらなぜこれだけ多くの犠牲者を防ぐことができなかったのか神保哲生が現地から報告する。

5分39秒から
SOBA:3月17日、神保氏が重要証言を取材しています。津波に壊滅的にやられた陸前高田だが、津波は10mの高さで8km入ったやぎ地区まで及んだが、「防災無線が3mと繰り返し流していた」と。

津波が奪った我が町-なぜ被害はここまで拡大したのか-
http://www.youtube.com/watch?v=LX74MjVuag8

(↓クリックで拡大)
167_2 1、被災した矢作栄一さん。


168_2 2、防災無線では津波は3mと警告。


169_2 3、以前にも3mの津波はあった。


170_2 4、3mならここまでは来ないと思った住民が大勢いた。


 
 

 ビデオの始めに、神保氏が話しているように地震翌日12日の録画。

ニュース・コメンタリー (2011年03月13日)
http://www.videonews.com/news-commentary/0001_3/001747.php

無料放送中>>>(38分)  300k

被災地現地速報
未曾有の津波が残した傷跡

 観測史上最大となるマグニチュード8.8の大地震に見舞われた被災地では、地震発生から一夜明けた12日、被害の状況が次第に明らかになってきた。地震発生から間もない被災地に入ったビデオニュース・ドットコム代表でビデオジャーナリストの神保哲生がそこで見たものは。
 今週のニュース・コメンタリーは、複数の集落が壊滅した福島県相馬市を取材した神保哲生の報告を青木理が聞いた。

被災地現地速報-未曾有の津波が残した傷跡-
http://www.youtube.com/watch?v=jb99R_8-C4M

始めに戻る

 

雑談日記は良質な情報への中継点
と、人気blogランキングバナー に参戦中。

(↓クリックすると拡大)
自民党は自Endバナー 自民党は自Endバナー の猫ちゃんつながりブログを倭国大乱を記録するブログの数々として見つける毎に適宜追加。但し結構忘れてます(汗)

 ココログ利用で、即行で以下のTBPライブリンクをサイドエリアへはりたければ⇒一輪のバラをクリック。

 以下、登録・スタートさせたトラックバック・ピープルです。
主権者は私たち国民自民党政治民主党政治社民党や共産党にトラックバックしてます。

 

※原発関連で3冊:

知事抹殺 つくられた福島県汚職事件 佐藤 栄佐久 (著)

原子炉時限爆弾 広瀬 隆 (著)

隠される原子力・核の真実―原子力の専門家が原発に反対するわけ 小出 裕章 (著)

|

« アデランスかぶった、原子力保安院のおじさん西山英彦はこんな人。 | トップページ | 「東電 福島第一原発事故関連ニュース」【NHK】4月8日分 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 津波の恐さ。ビデオニュース・ドットコムのインタビュー4月2日と、スペシャルリポート4月6日、3月18日と13日。:

« アデランスかぶった、原子力保安院のおじさん西山英彦はこんな人。 | トップページ | 「東電 福島第一原発事故関連ニュース」【NHK】4月8日分 »