« 「東電 福島第一原発事故関連ニュース」【NHK】4月7日分 | トップページ | 津波の恐さ。ビデオニュース・ドットコムのインタビュー4月2日と、スペシャルリポート4月6日、3月18日と13日。 »

2011年4月 8日 (金)

アデランスかぶった、原子力保安院のおじさん西山英彦はこんな人。

原子力安全・保安院の西山審議官は大震災の直前までtppの対外交渉担当だった
http://www.dailymotion.com/video/xhu7s4_yyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyytppyyyyyyyyyy_news

原子力安全・保安院の西山審議官は大震災の直前ま... 投稿者 HEAT2009


Nishizura3 ←西山英彦


Main200 ←同じく西山英彦さん。

◆西山英彦(経歴)1956年 生まれ1980年 東大法学部卒業 通産省入省1984年 ハーバードロースクール修了2001年 通商政策局課長2006年 大臣官房総務課長2009年 通商産業政策審議官2011年4月 1日 (金)



 以下、資料として採録。

↓以下は、独立行政法人 経済産業研究所のHPより。

2010年4月1日
2010年APEC Japanの展望
http://www.rieti.go.jp/jp/events/bbl/10040101.html

スピーカー     西山 英彦 (経済産業省通商政策局審議官)
モデレータ     森川 正之 (RIETI副所長)
コメンテータ     浦田 秀次郎 (RIETIファカルティフェロー/早稲田大学大学院アジア太平洋研究科教授)
ダウンロード/
関連リンク     プレゼンテーション資料 [PDF:514KB]

2010年日本APECの概要

10040101_nishiyama 今年2月末の高級実務者会合(広島)をもって「APEC日本年」が正式にスタートしました。これから11月の首脳会合(横浜)に向けてさまざまな検討がされます。2010年日本APECのスローガンは「Change and Action」。APECを取り巻く世界情勢はずいぶんと変わりましたが、APECのこれまでの活動と成果を振り返りながら、今後の方向性を示す新たなビジョンとパラダイムを見定め、実施につなげる年にしていきたいと考えています。

ボゴール目標の評価

2010年はAPECの活動を支える大きな柱となってきた、「ボゴール目標」(Free and Open Trade and Investment)の達成に関する評価が実施される年でもあります。

APECに参加する21エコノミーのうち、先進エコノミーの他、自主的に評価に参加することを表明した途上エコノミーを加えた計12エコノミーが評価対象となっています。多くのエコノミーが評価対象として参加していることは、貿易・投資の自由化・円滑化を掲げてきたAPECの発展の証明であるといえます。日本が議長国として評価書を起草するに当たって、APECのシンクタンクであるPolicy Support Unit(PSU)のほか、国際機関等外部の評価も活用しながら、より客観的で信頼性の高い評価を行います。

ボゴール目標の達成評価に当たっては、当時の経済情勢や現在に至るAPECの活動、経済情勢の変化をよく考慮する必要があります。たとえば、貿易については、水際の関税のみならず、貿易円滑化の取組みや、国内の規制改革が新たに焦点となっています。自由化の推進においては、途上国に対するキャパシティ・ビルディングも重視されています。このように考えれば、ボゴール目標の達成に関しては、Free and Open Trade and Investmentというボゴール宣言の文言を硬直的に捉えるのではなく、むしろグローバルな課題にAPECとして十分に対応してきたかという視点が重要と考えています。

APECの新たなビジョンとパラダイム

そういう意味で2010年はAPECにとって設立以来の大きな節目の年となります。また、過去を振り返るだけでなく、未来を見据える年にしていきたいと考えています。今日の世界は、ボゴール目標が設定された1994年よりもさらに複雑な問題に直面しています。APECがこれまで取り組んできた貿易・投資の自由化・円滑化とキャパビルに加えて、マクロインバランス、構造改革、中小企業支援、気候変動、環境・エネルギー問題、食糧問題、災害への対応など、より幅広い取り組みを通じて持続的な成長と発展を確保していく必要があります。日本政府としては、ボゴール評価とともに、こうした新たな課題にAPECとしてどのように対応すべきかを検討し、「地域経済統合」、「成長戦略」、「人間の安全保障」の3つを軸に、10〜20年先を見据えた新しいビジョン・パラダイムを設定する考えです。

1.地域経済統合
昨年、シンガポールのAPEC首脳会議において、アジア太平洋地域自由貿易圏(FTAAP)の設立に向けた道筋(possible pathways)を探求することが各国首脳により支持されました。日本としても、昨年に発表された「新経済成長戦略の基本方針」において、2020年までのFTAAP実現に向けて本年中に国内施策のロードマップを策定する方針です。

たとえば、既存の環太平洋戦略的経済連携協定(TPP)やASEAN+3、ASEAN+6をビルディング・ブロックとして、FTAAPにつなげていくことも一案ですが、どのような方策があるか、よく議論していきたいと思います。また、主要セクターに関して、地域統合に向けた方策を加速していく方法もあります。後者については、日本の提案をベースに投資や知的財産権、貿易円滑化の分野を推進していく方向で一応の共通認識を得ています。特に貿易円滑化の関連で焦点となる国際物流の連結(supply chain connectivity)については、本年行動計画を策定することが予定されています。また、各国の原産地規則や関税率等の情報をAPECのホームページ上で一覧できるよう整備する予定です。さらには、税関や検疫のシステムを一元化するシングルウィンドウ方式や、信頼できる事業者(AEO:Authorized Economic Operator)に対する簡易な税関手続きも、日本の主導のもと検討しているところです。

2.成長戦略
グローバルな経済統合が進む中で、多くの可能性が生まれると同時に、多くの課題も生じています。APECとしては、不均衡、格差、環境問題といった課題に対処しながら、成長の「質」を高めていく必要があります。こうした観点から、経済危機後の新たな局面において地域全体が持続的に成長するための「包括的かつ中長期的な成長戦略」を2010年に策定することが昨年のシンガポール会合で支持されました。日本としては、「均衡ある成長」(Balanced Growth)、「あまねく広がる成長」(Inclusive Growth)、「持続可能な成長」(Sustainable GrowthまたはGreen Growth)、「革新的成長」(Knowledge-based Growth)の4つの柱を考えていて、8月の成長戦略ハイレベル・ラウンドテーブル(別府)での協議を経て、年末のAPEC首脳会合における最終的な採択を目指しています。

4つの柱のうち、「均衡ある成長」と「あまねく広がる成長」はG20で議論が進んでいますが、「持続的な成長」と「革新的な成長」については、むしろAPECがG20や他の国際会議と比べて貢献できる余地が大きいと考えています。

「均衡ある成長」については、構造改革を通じてG20の取り組みを支援するとともに、各エコノミーにおいて経常収支と財政運営の管理を通じて均衡ある成長を目指していく必要があります。

「あまねく広がる成長」については、経済成長が社会全体の利益となるよう構造改革を進めていくと同時に、中小企業、一般労働者、女性といった特定のターゲットに向けた政策を通じて、すべての人がポテンシャルに応じて挑戦できる制度を構築する必要があります。

「持続可能な成長」については、将来の環境への影響を考慮し、環境保護と両立する経済成長をめざすものです。APECでは、2030年にエネルギー効率を2005年比で25%改善することが既に合意されています。また、この分野で重要となる環境物品サービス(EGS)の貿易促進に向けた作業計画も策定されており、APECとしては省エネ基準やラベリング(表示制度)の導入促進等の取組みを実行に移していく考えです。

「革新的成長」については、情報技術や技術革新を通じた生産性向上と新たな付加価値の創造を目指す考えです。各国の特許庁間における特許審査結果の利用促進や公共政策分野におけるITの利活用の促進がそうした取り組みに相当します。

3.人間の安全保障
「人間の安全保障」に関しては、自然災害、疾病、テロへの対応と食料安全保障がアジェンダに含まれていて、APECとして包括的に対応していくことが求められています。各地で相次ぐ地震のほか、新型インフルエンザや鳥インフルエンザについても、引き続き警戒が必要な中で各国の情報共有を進めることが非常に重要です。

以上が2010年APECに対する日本としての考え方です。

コメント

コメンテータ:
ボゴール評価の基準を、どのような指標を使うのかを含めて、もう少し明確にする必要があると考えています。国内農業の自由化が進んでいないことから、あまりにも厳格な基準を設けることは躊躇されるかもしれませんが、100点満点で卒業する必要はないにしろ、未達成部分についても時間を区切ってコミットする必要があると考えています。

そもそも、農業を自由化しないのは決して日本のためにならないと考えています。APECでの主導権もそのうち発揮できなくなります。とりわけ首脳会合において、少なくとも農業自由化の姿勢を示す必要があると考えています。その観点からも、ボゴール評価を曖昧にせず、明確で客観的な評価をする必要があると思います。

新しいビジョンにおいては、「地域経済統合」、「成長戦略」、「人間の安全保障」の3つが並列となっていますが、まずは成長戦略ありきであって、それに付随するのが手段としての経済統合なり人間の安全保障であると考えています。また、ボゴール宣言のように、1つの言葉に4つ(または5つ)の成長を集約できれば一番好ましいと考えています。いずれにしても、2010年という節目の年なので、そうした「横浜宣言」を打ち出すことを非常に重要視しています。

とりわけ原産地規則については、日本が率先して一元化の姿勢を見せる必要があると思います。

成長戦略に関しても、たとえばBalanced Growthをどのように指標化し、評価していくのかを検証する必要があります。APECの対世界のかかわりについて、APECで実現してきた質の良い成長を全世界レベルで実現することが最終目標であると考えていますが、その観点から対世界との付き合い、とりわけ新規加盟国の取り扱いやEUとの対話について、議論があれば話を伺いたいと思います。

FTAAPやTPPは拘束力のある協定ですが、APECのそもそもの原則は自発性にあります。非拘束性はあまり重要視されなくなってきているのでしょうか。仮にそうなら、日本はその流れに遅れないよう、自由化へのコミットメントを強化する必要があるのではないでしょうか。

スピーカー:
ボゴール目標の評価は、目標発表の翌年に策定された「大阪アクション・アジェンダ」の15項目に関して集めたデータを基にしています。ベンチマークを決めているわけではありません。

新ビジョンとして何を掲げるかは、これからの検討となります。

原産地規則については、それ自体が交渉によって決まるので、一律的な一元化は難しいかもしれませんが、収斂に向けて各国の地道な努力が必要と思われます。

世界とのつながりについては、特に今年は韓国が議長国となるG20がAPEC首脳会合の直前に開かれることもあって、G20との連携が重要になると見ています。

拘束性に対してさまざまな意見がある中、またCOP15やドーハラウンドが難航する状況の中、APECの非拘束性が一種のアドバンテージになっている面があると思います。その中でパスファインダー・アプローチも活用せざるを得なくなると思います。

質疑応答

Q:

    開かれた地域主義(Open Regionalism)に対して、FTAAPは域外を差別する枠組みです。それを取り込むのは、APECにとって歴史的な大変換となります。決定に至った経緯について、また対米国や農業自由化も絡めて今後の動きについて話を聞けたらと思います。
A:

    もともと東アジア地域の統合の動きがあったところ、米国も含めた形での自由貿易圏を検討する要請を受けて提案されたものがFTAAPであると覚えています。これがOpen Regionalismの放棄を意味するのかは、明確にされないまま今日に至っています。
Q:

    APECの融通無碍なカルチャーは非常に面白いと思います。また、地球温暖化の観点でいうと、この地域の重要性はGDPで見るよりはるかに大きな比率を占めていると思います。その中でAPECを活用していく方策はないでしょうか。

    地球温暖化の問題は本質的にエネルギーの問題ですが、UNFCCCのプロセスにおいてエネルギー政策担当者の意見が反映されにくい状況となっています。それに対し、APECはエネルギー大臣会合などを通じてエネルギー政策の視点で議論ができる点が非常に強いと見ています。また、コペンハーゲン合意を受けてより野心的な省エネ目標を掲げるのも可能と思われますが、他方でUNFCCCプロセスと連動しすぎるといたずらに政治化してかえって動かなくなる懸念があります。UNFCCCとは柔軟な連携姿勢をとりつつ、APECとしてピア・レビューを実施しながら協力を通じた排出量制御の方針を明らかにしていけば、現実的なアプローチとしてUNFCCCに代わる有効な枠組みに発展していくと思われます。
A:

    COPにとって役立つようなベストプラクティスとしてAPECを使ってもらえるとよいと考えています。エネルギー大臣会合で多くの成果を出せるようにしたいと思います。
Q:

    来年のAPECホノルル会合の主要議題について、議論ないし意見交換はあるのでしょうか。仮に米国がTPPに非常に前向きなら、 FTAAPに関する「ホノルル宣言」のようなものが出る可能性もあると見ています。仮にTPPがそのように前進しだすと、日本が排除されてしまう懸念があります。
A:

    今年のAPECのアジェンダに関しては、昨年のシンガポールの場合と同様、米国と緊密に連携しています。来年のアジェンダについては分からないものの、今年の延長線上にあると思われます。TPPについては、今月メルボルンで8カ国による会合があったと聞いています。

この議事録はRIETI編集部の責任でまとめたものです。

 

日本APECについて
2010年日本APECの取組(高級実務者会合(SOM)議長インタビュー)
http://www.mofa.go.jp/mofaj/gaiko/apec/2010/about_j_apec/som_interview.html

Interview_img_001 高級実務者会合(SOM)議長:西山英彦経済産業省大臣官房審議官(通商政策局担当)(最前列,左から2番目),
中村滋外務省国際貿易・経済担当大使(最前列,左から3番目)(2010年2月22日 広島)

1. 2010年日本APECにおいて,日本が達成しようとしていることは何でしょうか?

2010年APECのテーマとして掲げているのは「チェンジ・アンド・アクション」。すなわち,世界の政治・経済の構造が大きく変化している時代の中で,APECがこれまでの実績を土台としつつ,21世紀にふさわしい形で今後も重要な役割を果たし続けることができるよう,必要な「チェンジ」を構想し,それを具体的な「アクション」に移したいという発想です。具体的には,ボゴール目標に照らして貿易投資の自由化・円滑化の進捗を適切に評価し,アジア太平洋地域の発展を更なる高みに導く活動方針を「地域経済統合」,「新たな成長戦略」,「人間の安全保障」の3本柱及びそれを支える経済・技術協力活動で描いていきます。

2. 上記の目標の達成に向け,2010年日本APECの主な議題は何でしょうか?

(1)先進エコノミーによるボゴール目標の達成状況の評価や,アジア太平洋自由貿易圏(FTAAP)構想の実現に向けたあり得べき道筋の検討を始めとした地域経済統合の推進,(2)イノベーション及び知識集約型経済に支えられた,バランスのとれた成長,あまねく広がる成長,持続可能な成長,といった要素を含めた,アジア太平洋地域の新たな成長戦略の策定,(3)テロ対策,食料安全保障,感染症対策を始めとした人間の安全保障の強化,(4)これらを推進するために必要な経済・技術協力等のAPECの機能強化が2010年の主要な議論の柱になると考えています。これらが,APECが今後目指すべき新しい姿を構想する際の重要な要素となると考えます。

3. なぜこれらの議題が重要なのでしょうか?

経済危機からの回復と地域の長期的な成長の確保を図るためには,これまでのAPECの中核的アジェンダである貿易・投資の自由化を更に進展させ,地域経済統合を推進していくことに加え,経済・金融危機の教訓を踏まえ,バランスのとれた成長を支え,これまで以上に一人一人が参加する機会を得て,成長の成果を享受する社会を実現し,環境を持続可能なものとするような長期的かつ包括的な成長戦略を描いていくことが重要です。これは技術革新と知識集約型経済を通じて,我々の成長潜在力の向上に資するものです。また,地域において安心してビジネスに取り組める環境を作るためには,人間の安全保障が大切です。更に,これらの施策を推進するためには,それを実施するための具体的な能力構築事業を行う必要があります。このように,2010 年の主要な議論の柱は互いに密接に連関しています。

4. なぜ,とりわけ2010年にこれらの議題を議論することが重要なのでしょうか?

2010年は,先進エコノミーによるボゴール目標の達成年であるとともに,ボゴール目標達成後のAPEC地域経済統合の進むべき道を考える大きな節目の年です。また,世界経済・金融危機を含め大きな構造転換が進んでいる中,アジア太平洋地域の更なる一体化と経済危機後の安定した成長に向けたビジョンを示すことが求められており,2010年はまさにこれらの課題に取り組む上で時宜を得ています。

5. APECの活動プロセスに対して,日本はどのような独自の貢献ができるのでしょうか?日本が議長を務めることにより,APECにはどのようなメリットがもたらされるのでしょうか?

日本は,豪州とともにAPECの創設に深く関わった経緯を有するほか,1995年には議長としてボゴール目標達成の道筋を示した大阪行動指針の策定に主導的役割を果たしてきました。95年以降も,毎年TILF(貿易・投資自由化・円滑化基金)に対する資金の拠出を通じて APECの経済・技術協力活動に大きくするなど,一貫してAPECの活動に力を注いできており,議長として,こうしたAPECにおける我が国独自の知見を提供し得ます。

また,アジアの中でいち早く経済発展を遂げ,アジア太平洋における地域協力の中心的な役割を果たしてきた日本は,これまでの経済発展の過程で学んだ多くの知見や経験を有します。また,G8,G20の主要メンバーとして世界経済の運営の重要な役割を果たしてきた我が国として,こうしたグローバルな場において積み上げてきた知見や経験をAPECの発展につなげることも可能です。アジア太平洋地域と共に生きる「課題解決型国家」のモデルとして地域の活力ある発展を促すことを目指すことで,APECのプロセスに貢献していきます。

6. 日本にとっては,APECを主催することによりどのようなメリットがあるのでしょうか?

前回,1995年の開催時に「大阪アクション・アジェンダ」としてボゴール目標の達成に向けた道筋を示しましたが,このように本年にまでつながるアジア太平洋地域の中長期的な活動方針を描いたことが,同地域における貿易の自由化・円滑化の更なる推進につながり,貿易の自由化・円滑化の推進者である日本にも恩恵をもたらしました。このように,APECを開催することで,日本自身も裨益することが可能であると考えています。

同様に,日本が本年,議長として,アジア太平洋地域の更なる発展に向けた道筋及びその活動方針を描くことに再び貢献し,その中長期的な繁栄を着実なものとしていくことは,アジア太平洋に位置し,域内諸国との緊密な経済関係を有する日本自身が地域全体の活力を得つつ,ともに成長していく上で望ましいものです。

7. FTAAP創設へ向けてあり得べき道筋を幅広く探求する,という点について説明して下さい。

FTAAPについては,APECビジネス諮問委員会(ABAC)から「2010年首脳会議での提示,決議を目指し,2010年半ばの会合にてFTAAPを創設するに当たっての実行可能なスケジュールとモダリティの策定を終えるよう,APEC首脳が各国・地域の大臣に指示することを要請する」との提言があり,ビジネス界からも大きな期待を寄せられており,APECでは,2007年の地域経済統合強化レポートに基づき,FTAAPに関する課題一覧表の策定・改訂,域内の自由貿易協定(FTA)/地域貿易協定(RTA)の類似点・相違点調査,FTAAPの経済的影響調査,FTA/RTAの結合・統合・拡大研究等を行ってきました。

また,昨年11月のシンガポールにおける首脳宣言「成長の持続,地域の連携強化」では,サービス,デジタルエコノミー,投資,貿易円滑化,原産地規則,基準/貿易の技術的障害といった分野について検討を進めるべきことが唱われたことも踏まえ,今後は,FTAAPに向けたあり得べき道筋を見極めるため,これまでの研究や作業を基礎に検討を深化させたいと考えています。こうした検討の結果,議長として,2010年11月の横浜での首脳会議に良い報告が出来ることを期待しています。

8. APECとビジネス界との関係強化に関してご意見をお聞かせ下さい。

APECには,APECビジネス諮問委員会(ABAC)という21ヵ国・地域のビジネス界の代表からなるAPEC首脳に対する民間諮問機関があり,アジア太平洋地域における貿易・投資に関する課題等をビジネスの立場から議論し,首脳に直接政策提言を行う機会がプロセスに組み込まれています。これまでにビジネス界からの意見を踏まえて,APECビジネス・トラベル・カードのような成果を生み出して来ています。

今後とも,ビジネス界のAPECプロセスへの参加を歓迎します。

9. 他にご意見やコメントがあればお聞かせ下さい。

2010年は,横浜での首脳・閣僚会議を始め,北は北海道から南は沖縄まで,日本各地で各種の大臣会合・関連会合が開かれます。日本は,アジアとの交流で培ってきた伝統文化や素晴らしい料理に加え,最先端の技術や,世界に広がるクールな現代文化を有する国です。2010年中はこうした日本の技術や文化をアジア太平洋地域の皆さまに御紹介する場をぜひ積極的に設けていきたいと考えます。各エコノミーの代表団には,各種会合での真剣な議論を期待するのは勿論ですが,日本を訪れた際に,こうした日本各地の料理や文化に触れ,また,最先端の技術を実際に目にすることで,日本での滞在を楽しみつつ,実りのあるものにして頂きたいと考えています。

始めに戻る


 

雑談日記は良質な情報への中継点
と、人気blogランキングバナー に参戦中。

(↓クリックすると拡大)
自民党は自Endバナー 自民党は自Endバナー の猫ちゃんつながりブログを倭国大乱を記録するブログの数々として見つける毎に適宜追加。但し結構忘れてます(汗)

 ココログ利用で、即行で以下のTBPライブリンクをサイドエリアへはりたければ⇒一輪のバラをクリック。

 以下、登録・スタートさせたトラックバック・ピープルです。
主権者は私たち国民自民党政治民主党政治社民党や共産党にトラックバックしてます。

 

※原発関連で3冊:

知事抹殺 つくられた福島県汚職事件 佐藤 栄佐久 (著)

原子炉時限爆弾 広瀬 隆 (著)

隠される原子力・核の真実―原子力の専門家が原発に反対するわけ 小出 裕章 (著)

|

« 「東電 福島第一原発事故関連ニュース」【NHK】4月7日分 | トップページ | 津波の恐さ。ビデオニュース・ドットコムのインタビュー4月2日と、スペシャルリポート4月6日、3月18日と13日。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: アデランスかぶった、原子力保安院のおじさん西山英彦はこんな人。:

» 原発・貧困・戦争vs.生存権!! [雪裏の梅花]
『雑談日記』のSOBAさんが、原子力安全保安院の西山英彦氏が大震災直前まで経済産業省でTPP担当の審議官をしていたことを暴露されています。 ↓↓↓ アデランスかぶった、原子力保安院のおじさん西山英彦はこ...... [続きを読む]

受信: 2011年4月 8日 (金) 22時15分

» 権力は、要求されない限り、何一つ譲歩しない [マスコミに載らない海外記事]
Chris Hedges' Columns 2011年3月14日 当時未決だった多数の州政府労働者から団体交渉権を剥奪する法案に反対する一連の抗議に際し、ウィスコンシン州マディソン州議会議事堂での抗議デモ参加者に演説するデイモン・テレル。先週金曜、スコット・ウォーカー知事が法案に署名し、法は発効した。 AP / And... [続きを読む]

受信: 2011年4月10日 (日) 00時12分

« 「東電 福島第一原発事故関連ニュース」【NHK】4月7日分 | トップページ | 津波の恐さ。ビデオニュース・ドットコムのインタビュー4月2日と、スペシャルリポート4月6日、3月18日と13日。 »