« NHKは「東京電力 福島第一原発事故関連ニュース」をどう伝えたか。(5月分エントリーのまとめリンク) | トップページ | 無能で傲慢、被災県知事への無礼、独裁肯定、ポピュリズムで嘘つき、ペテン師の菅、こんな馬鹿を民主党は何時迄放置するのか。 »

2011年5月31日 (火)

5月の菅直人の「首相動静」記事を採録しておきます。もうウンザリ早くやめて欲しい。

 菅直人は、地震被災をも己の政権延命に使おうとする政治センスゼロ、ただの馬鹿と再確認しました。依然として政局から目を離せません。参考情報として毎日追加して記 録していきます。日付は5月31日にしておきます。「首相動静」は朝日と時事がありますが、時事の方が見やすくてかつ詳しいので時事の「首相動静」を採録 します。

 なお、各動静記事末尾でリンク紹介されていた記事中や、その他Webで目に付いたものを資料として採録しておきます

※参考:オープン・ソース・インテリジェンス(OSINT)について

関連:
4月の菅直人の「首相動静」記事を採録しておきます。

 

 一番下が1日、上が最新です。

首相動静(5月31日)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110531-00000020-jij-pol

時事通信 5月31日(火)7時41分配信
 午前6時2分、福山哲郎官房副長官が公邸に入った。
 午前8時8分、福山氏が出た。同9分、公邸発。同11分、国会着。同12分、院内大臣室へ。同16分、閣議開始。
 午前8時35分、閣議終了。同36分から同51分まで、枝野幸男官房長官。同52分、院内大臣室を出て、同55分、衆院第1委員室へ。同9時、衆院東日本大震災復興特別委員会開会。
 午後0時5分、衆院東日本大震災復興特別委休憩。同6分、衆院第1委員室を出て、同7分、国会発。同9分、官邸着。同10分、執務室へ。
 午後1時38分から同50分まで、福山官房副長官。同51分、執務室を出て、同52分、官邸発。同53分、国会着。同55分、衆院第1委員室へ。同2時、衆院東日本大震災復興特別委再開。
 午後4時1分、衆院東日本大震災復興特別委散会。同3分、衆院第1委員室を出て、同4分、国会発。同6分、官邸着。同7分、執務室へ。
 午後4時50分、執務室を出て、同52分、官邸発。同57分、東京・平河町の都道府県会館着。同59分、全国知事会議に出席し、あいさつ。同5時25分、同所発。同29分、官邸着。同31分、執務室へ。
 午後6時11分から同7時3分まで、福山官房副長官。
 午後7時19分、執務室を出て、同20分、官邸発。「党内分裂を避ける自信はありますか」に「…」。同26分、東京・虎ノ門のホテルオークラ着。同ホテル内の中国料理店「桃花林」でルース駐日米大使と食事。福山官房副長官同席。
 午後8時56分、同所発。同9時、公邸着。同1分、民主党の鳩山由紀夫前首相が入った。(了)

【関連記事】
【動画】福島第1原発、建屋への薬剤散布映像公開
【特集】原発事故は人災~佐藤・前福島県知事インタビュー
首相はマネジメント能力がない=民主・川内博史衆院科技委員長インタビュー
【東日本大震災特集】トップページ
〔写真特集〕東北地方太平洋沖地震

最終更新:5月31日(火)21時22分

 

首相動静(5月30日)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110531-00000000-jij-pol

時事通信 5月31日(火)0時6分配信
 午前8時現在、公邸。朝の来客なし。
 午前9時31分、公邸発。同38分、皇居着。帰国の記帳。
 午前9時48分、皇居発。同54分、官邸着。同55分、執務室へ。
 午前10時15分、執務室を出て、同16分、官邸発。同34分、東京・代々木神園町の明治神宮会館着。
 午前11時5分から同44分まで、恩賜財団済生会創立100周年記念式典に出席し、あいさつ。
 午後0時1分、同所発。同22分、東京・三番町の千鳥ヶ淵戦没者墓苑着。拝礼式に参列、献花。同43分、同所発。同51分、官邸着。同52分、執務室へ。
 午後1時43分、岡田克也民主党幹事長が入った。
 午後2時、岡田氏が出た。
 午後2時12分、玄葉光一郎国家戦略担当相が入った。
 午後2時27分、玄葉氏が出た。
 午後2時48分、執務室を出て、同49分、官邸発。同59分、東京・神田司町の小谷歯科医院着。治療。
 午後3時11分、同所発。同25分、官邸着。同27分、執務室へ。
 午後4時14分、与謝野馨経済財政担当相、藤井裕久首相補佐官、大串博志民主党衆院議員が入った。同20分、仙谷由人官房副長官が加わった。
 午後4時50分、与謝野、仙谷両氏が出た。同59分、藤井、大串両氏が出た。
 午後5時28分、松本剛明外相、北沢俊美防衛相、梅本和義外務省北米局長、高見沢将林防衛省防衛政策局長が入った。
 午後6時12分、全員出た。同13分、鹿野道彦農林水産相、大塚耕平厚生労働副大臣、筒井信隆農水副大臣が入った。
 午後6時34分、大塚氏が出た。同40分、鹿野、筒井両氏が出た。
 午後6時41分から同7時41分まで、海江田万里経済産業相、枝野幸男、福山哲郎正副官房長官、細野豪志首相補佐官。同42分、執務室を出て大会議室へ。同43分から同8時4分まで、社会保障改革に関する集中検討会議。同室を出て、同5分、執務室へ。
 午後8時6分から同19分まで、植松信一内閣情報官。
 午後9時28分、執務室を出て、同29分、官邸発。同30分、公邸着。
 31日午前0時現在、公邸。来客なし。(了)

【関連記事】
菅首相は危機管理を間違えた=みんなの党・渡辺喜美代表インタビュー
首相はマネジメント能力がない=民主・川内博史衆院科技委員長インタビュー
「浜岡」後も加速する「菅降ろし」と「政界再編」
執行部「除籍辞さぬ」=小沢氏「決断の時」
年金支給開始年齢上げも=社会保障改革案に

最終更新:5月31日(火)0時27分

 

首相動静(5月29日)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110530-00000000-jij-pol

時事通信 5月30日(月)0時3分配信
 午前10時45分、フランス、ベルギー訪問を終え、政府専用機で羽田空港着。同55分、同空港発。
 午前11時15分、公邸着。
 午前11時54分、枝野幸男官房長官が入った。午後0時1分、福山哲郎官房副長官が加わった。
 午後0時39分、枝野、福山両氏が出た。
 午後0時56分、公邸発。同58分、官邸着。同59分、大会議室へ。同1時、東日本大震災復興構想会議開始。
 午後1時37分、同会議を途中退席し、同39分、官邸発。同41分、公邸着。
 30日午前0時現在、公邸。来客なし。(了)

【関連記事】
【動画】津波と引き波の中、懸命の操舵で湾口を抜ける巡視船「きたかみ」
【特集】原発事故は人災~佐藤・前福島県知事インタビュー
首相はマネジメント能力がない=民主・川内博史衆院科技委員長インタビュー
【東日本大震災特集】トップページ
〔写真特集〕東北地方太平洋沖地震

最終更新:5月30日(月)0時27分

 

首相動静―5月28日
http://www.asahi.com/politics/update/0528/TKY201105280336.html
2011年5月29日0時19分

 (現地時間27日)午後、パリのシャルル・ドゴール空港着。政府専用機で同空港発。ベルギー・メルスブルク軍用空港着。コンラッド・ブリュッセルホテル泊。

 (現地時間28日)午前、同ホテルで同行記者団と懇談。バル・デュシェス城で日・EU定期首脳協議。午後、ワーキングランチ。EU理事会庁舎で共同記者会見。政府専用機で同空港発。

 

首相動静(5月27日)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110527-00000014-jij-pol

時事通信 5月27日(金)5時28分配信
 主要国首脳会議(サミット)出席などのため、フランス滞在中。(了)

【関連記事】
「主役」の首相、信頼回復誓う=大震災、原発乗り越え
首相発言の要旨=サミット
菅首相がドービル入り
31日のサミット報告提案=民主
仏大統領のリーダーシップ期待=菅首相

最終更新:5月27日(金)5時32分

 

首相動静―5月26日
http://www.asahi.com/politics/update/0527/TKY201105260765.html
2011年5月27日2時56分

 (現地時間25日)午後、パリ市内のホテル・ムーリスでハンガリーのオルバン首相と首脳会談。同ホテル泊。

 (現地時間26日)午前、フランス・ドービル着。ホテル・ノルマンディーでカナダのハーパー首相と首脳会談。午後、主要国首脳会議(G8サミット)会場のビラ・ルセルクルでサルコジ仏大統領による出迎え。G8首脳とワーキングランチ。ドービル国際会議場でG8首脳会議。

 

首相動静(5月25日)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110525-00000035-jij-pol

時事通信 5月25日(水)7時59分配信
 主要国首脳会議(サミット)出席などのため、フランス滞在中。(了)

【関連記事】
「e-G8」が開幕=世界のネット業界代表が参加-仏
太陽光コスト6分の1に=仏サミットで表明へ
日米首脳会談は27日
不信任案でけん制=「いつ提出しても不思議でない」
サミット前に菅首相退陣を=西岡参院議長

最終更新:5月25日(水)8時2分

 

首相動静―5月24日
http://www.asahi.com/politics/update/0524/TKY201105240586.html
2011年5月24日20時20分

 【午前】8時8分、国会。17分、閣議。40分、枝野官房長官。55分、官邸。57分、民主党の加藤公一衆院議員。9時10分、細野首相補佐官。36分、福山官房副長官、田坂広志内閣官房参与、別所、西宮両外務審議官、外務省の八木経済局長、山田農水審議官、岡田経産審議官、総務省の利根川情報通信国際戦略局長、財務省の中尾国際局長。11時14分、全員出る。31分、英紙フィナンシャル・タイムズのインタビュー。

 【午後】0時11分、民主党の岡田幹事長。45分、社民党の福島党首、服部良一衆院議員。福山副長官同席。1時22分、福山副長官、田坂参与、篠原農水副大臣、伴野外務副大臣、別所、西宮両外務審議官、外務省の梅本北米局長、小寺欧州局長、八木局長、財務省の中尾局長、山田農水審議官、岡田経産審議官、環境省の寺田地球環境審議官。36分、伴野、篠原両氏出る。2時2分、月例経済報告関係閣僚会議。9分、田坂、別所、西宮、梅本、小寺、八木、中尾、山田、岡田、寺田各氏。26分、福山、西宮両氏。54分、両氏出る。4時28分、報道各社のインタビュー。55分、羽田空港。5時22分、主要国首脳会議(G8サミット)など出席のため、政府専用機で仏へ出発。

 

首相動静(5月23日)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110524-00000000-jij-pol

時事通信 5月24日(火)0時4分配信
 午前7時40分、公邸発。同41分、官邸着。同42分、執務室へ。
 午前7時49分から同8時48分まで、福山哲郎官房副長官。同49分、執務室を出て、同50分、官邸発。同51分、国会着。同53分、衆院第1委員室へ。同54分から57分まで、桜井充財務副大臣。同9時、衆院東日本大震災復興特別委員会開会。
 午後0時1分、衆院東日本大震災復興特別委休憩。同2分、衆院第1委員室を出て、同3分、国会発。同5分、官邸着。同6分、執務室へ。
 午後0時50分、執務室を出て、同51分、官邸発。同52分、国会着。同54分、衆院第1委員室へ。同56分から同57分まで、小里泰弘自民党衆院議員。同58分から同59分まで、大畠章宏国土交通相。同1時、東日本大震災復興特別委再開。
 午後5時3分、衆院東日本大震災復興特別委散会。衆院第1委員室を出て、同5分、国会発。同7分、官邸着。同8分、執務室へ。
 午後5時19分、執務室を出て特別応接室へ。同20分から同27分まで、ブラッター国際サッカー連盟(FIFA)会長、小倉純二日本サッカー協会会長。鈴木寛文部科学副大臣同席。同28分、特別応接室を出て執務室へ。
 午後5時42分から同52分まで、与謝野馨経済財政担当相。
 午後5時56分から同6時57分まで、鹿野道彦農林水産相、筒井信隆農林水産副大臣。
 午後7時4分、執務室を出て大会議室へ。同5分から同8時4分まで、社会保障改革に関する集中検討会議。同室を出て、同5分、執務室へ。
 午後8時34分、松本剛明外相、福山官房副長官、外務省の別所浩郎外務審議官、梅本和義北米局長、小寺次郎欧州局長が入った。同55分、梅本氏が出た。同9時22分、福山、別所、小寺各氏が出た。同28分、松本氏が出た。同39分、執務室を出て、同40分、官邸発。同41分、公邸着。
 24日午前0時現在、公邸。来客なし。(了)

【関連記事】
【動画】転覆する船舶、流されるコンテナ=福島県小名浜港を襲う津波
【特集】原発事故は人災~佐藤・前福島県知事インタビュー
菅首相は危機管理を間違えた=みんなの党・渡辺喜美代表インタビュー
首相はマネジメント能力がない=民主・川内博史衆院科技委員長インタビュー
疑心暗鬼で迷走する「菅降ろし」

最終更新:5月24日(火)0時26分

 

首相動静(5月22日)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110523-00000001-jij-pol

時事通信 5月23日(月)0時3分配信
 午前7時17分、公邸発。同25分、東京・元赤坂の迎賓館着。
 午前8時15分、「朝日の間」で中国の温家宝首相との首脳会談開始。松本剛明外相、海江田万里経済産業相ら同席。
 午前9時30分、同会談終了。
 午前9時35分から同57分まで、「彩鸞の間」で日中韓の伝統工芸品鑑賞。同58分、「羽衣の間」で温首相、李明博韓国大統領との日中韓首脳会談開始。
 午前11時35分、同会談終了。
 午前11時46分、「花鳥の間」で共同記者会見開始。
 午後0時20分、共同記者会見終了。
 午後0時28分、迎賓館発。同36分、東京・大手町の経団連会館着。日中韓ビジネス・サミット出席者と昼食会。
 午後1時58分、同所発。同2時9分、迎賓館着。
 午後3時55分、「朝日の間」で李大統領との首脳会談開始。松本外相、海江田経産相ら同席。
 午後4時17分、同会談終了。同19分、迎賓館発。
 午後4時52分、羽田空港着、貴賓室へ。同53分から同5時26分まで、池田克彦警視総監、風岡典之宮内庁次長。同30分から同34分まで、全国植樹祭出席などのため和歌山県を訪問された天皇、皇后両陛下を出迎え。同35分、同所発。同58分、公邸着。
 午後7時36分、細野豪志首相補佐官が入った。
 午後9時21分、細野氏が出た。
 23日午前0時現在、公邸。来客なし。(了)

最終更新:5月23日(月)0時3分

 

首相動静(5月21日)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110522-00000000-jij-pol

時事通信 5月22日(日)0時4分配信
 午前8時現在、公邸。朝の来客なし。
 午前11時43分、公邸発。福山哲郎官房副長官同行。同56分、JR東京駅着。午後0時8分、やまびこ261号で同駅発。
 午後1時57分、JR福島駅着。同2時1分、同駅発。
 午後2時18分、福島市のあづま総合体育館着。同19分、同所内の控室に佐藤雄平福島県知事、瀬戸孝則福島市長が入った。松本剛明外相同席。
 午後2時58分、全員出た。同3時1分から同3分まで、あづま総合体育館前で韓国の李明博大統領を出迎え。同4分から同13分まで、同所内の控室で李大統領。佐藤知事、瀬戸市長同席。同18分から同19分まで、同所前で中国の温家宝首相を出迎え。同20分から同41分まで、温首相、李大統領と同所内の避難所を慰問。同42分、同所発。同58分、JR福島駅着。同4時5分、やまびこ260号で同駅発。
 午後5時55分、JR東京駅着。同6時、同駅発。同12分、公邸着。
 午後7時5分、公邸発。「福島訪問の感想を」に「2人(中韓)の首脳が被災の現場や避難所に来てくれて本当に温かい気持ちが伝わった」。同19分、東京・元赤坂の迎賓館着。
 午後8時17分から同18分まで、「朝日の間」で温首相、李大統領と記念撮影。同20分、「花鳥の間」で菅首相主催の夕食会開始。
 午後9時34分、夕食会終了。同35分、日中韓3カ国演奏者による合同演奏会開始。
 午後9時59分、演奏会終了。
 午後10時7分、同所発。同15分、公邸着。
 22日午前0時現在、公邸。来客なし。(了)

【関連記事】
【動画】復旧作業が進む福島第1原発=路上にタンク、爆風でガラス散乱
【特集】原発事故は人災~佐藤・前福島県知事インタビュー
【特集】緊迫!朝鮮半島~北朝鮮が韓国・延坪島を砲撃~
【特集】「内燃化」する?中国の民主化運動
菅首相は危機管理を間違えた=みんなの党・渡辺喜美代表インタビュー

最終更新:5月22日(日)0時26分

 

首相動静(5月20日)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110521-00000001-jij-pol

時事通信 5月21日(土)0時5分配信
 午前7時21分、公邸発。同23分、国会着。同24分、院内大臣室へ。同31分、アジア太平洋自由貿易圏(FTAAP)・経済連携協定(EPA)閣僚会合開始。
 午前7時53分、同会合終了。同8時から同14分まで、緊急災害対策本部。同20分、閣議開始。
 午前8時32分、閣議終了。同33分、院内大臣室を出て、同34分、国会発。同35分、官邸着。同36分、執務室へ。
 午前8時46分から同9時9分まで、福山哲郎官房副長官。同10分、執務室を出て南会議室へ。同11分から同21分まで、村井嘉浩宮城県知事。枝野幸男、福山正副官房長官同席。同22分、同室を出て執務室へ。
 午後0時49分、執務室を出て、同51分、官邸発。同53分、国会着。同55分、参院第1委員会室へ。同1時、参院予算委員会開会。
 午後5時9分、参院予算委散会。同10分、参院第1委員会室を出て、同11分、国会発。同13分、官邸着。同14分、執務室へ。
 午後5時19分から同40分まで、金沢一郎日本学術会議会長。浜野潤内閣府事務次官同席。
 午後5時41分から同6時1分まで、植松信一内閣情報官。同2分、外務省の伴野豊副大臣、菊田真紀子政務官、別所浩郎外務審議官、杉山晋輔アジア大洋州局長、丹羽宇一郎駐中国大使が入った。同10分、福山官房副長官が加わった。同14分、福山氏が出た。同15分、菊田氏が出た。同21分、松本剛明外相が加わった。同41分、伴野氏が出た。同7時2分、松本氏が出た。
 午後7時14分、全員出た。
 午後7時15分、執務室を出て首相会議室へ。同16分、細野豪志首相補佐官、別所外務審議官、杉山アジア大洋州局長、丹羽駐中国大使が入った。森口泰孝文部科学審議官、山田修路農林水産審議官、佐々木伸彦経済産業省通商政策局長、前田隆平国土交通省政策統括官、鈴木正規環境省地球環境局長同席。同48分、細野氏が出た。同8時11分、全員出た。同12分、同室を出て執務室へ。
 午後8時53分、執務室を出て、同55分、官邸発。「明日からの日中韓首脳会談への意気込みを」に「福島に両首脳が来てもらえるので、良かったと思います」。同56分、公邸着。
 21日午前0時現在、公邸。来客なし。(了)

【関連記事】
【Off Time】外国人看護師 漢字に挑む
枝野氏2位に急浮上=トップ石破氏
復興法案、23日実質審議入り=特別委員長に黄川田氏選出
参院議長発言に批判相次ぐ=「正常でない」「首相と対話を」
ハーグ条約加盟を閣議了解=国際結婚破綻で親権ルール

最終更新:5月21日(土)0時26分

 

首相動静(5月19日)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110520-00000000-jij-pol

時事通信 5月20日(金)0時6分配信
 午前8時現在、公邸。朝の来客なし。
 午前8時25分、公邸発。同26分、官邸着。同27分、執務室へ。
 午前8時46分から同10時34分まで、福山哲郎官房副長官。
 午前11時45分から同57分まで、全国知事会会長の山田啓二京都府知事。福山官房副長官同席。
 午後0時10分から同35分まで、寺田学民主党衆院議員。
 午後0時52分、執務室を出て、同53分、官邸発。同55分、国会着。同57分、衆院本会議場へ。同1時2分、衆院本会議開会。
 午後4時13分、衆院本会議散会。同14分、衆院本会議場を出て、同15分、国会発。同17分、官邸着。同18分、執務室へ。
 午後4時51分、執務室を出て、同52分、小ホールへ。同53分から同5時56分まで、新成長戦略実現会議。同57分、同ホールを出て、同58分、執務室へ。
 午後6時53分、執務室を出て大会議室へ。同54分から同7時45分まで、社会保障改革に関する集中検討会議。同47分、同室を出て執務室へ。
 午後7時56分から同8時14分まで、平野達男内閣府副大臣。
 午後8時48分、執務室を出て、同49分、官邸発。同50分、公邸着。
 20日午前0時現在、公邸。来客なし。
(了)

【関連記事】
首相、知事会議に出席へ=山田会長が要請
「地域主権」3法の成立評価=地方6団体
地方公務員は慎重に=「協約締結権」で知事会
京都・山田氏が初当選=埼玉・上田氏破る
震災対応、地方が早い=退任控え会見

最終更新:5月20日(金)0時26分

 

首相動静(5月18日)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110519-00000002-jij-pol

時事通信 5月19日(木)0時5分配信
 午前8時現在、公邸。朝の来客なし。
 午前9時55分、公邸発。同56分、官邸着。同57分、執務室へ。
 午前10時27分、福山哲郎官房副長官、黒岩宇洋法務政務官、山花郁夫外務政務官が入った。同31分、福山氏が出た。同39分、黒岩、山花両氏が出た。
 午前10時57分、鹿野道彦農林水産相、筒井信隆農水副大臣が入った。
 午前11時31分、鹿野、筒井両氏が出た。同32分、執務室を出て、同33分、特別応接室へ。同34分から同47分まで、福島県浪江町の吉田数博町議会議長ら。福山官房副長官、増子輝彦民主党参院議員ら同席。同48分、同室を出て南会議室へ。同49分から午後0時7分まで、福島県飯舘村の佐藤長平村議会議長ら。福山、増子両氏ら同席。同8分、同室を出て執務室へ。同26分から同46分まで、加藤公一民主党衆院議員。同1時6分から同27分まで、細野豪志首相補佐官。
 午後1時28分から同38分まで、内山晃総務政務官。
 午後2時28分から同35分まで、歌手の石川さゆりさん。福山官房副長官、辻元清美首相補佐官同席。
 午後3時16分から同26分まで、樋高剛環境政務官。
 午後3時30分から同43分まで、杉山晋輔外務省アジア大洋州局長。
 午後5時58分、執務室を出て、同59分、記者会見室へ。同6時から同33分まで、記者会見。同34分、同室を出て執務室へ。同42分、平野達男内閣府副大臣が入った。
 午後6時56分、平野氏が出た。
 午後6時57分から同7時47分まで、丹羽宇一郎駐中国大使、笹森清内閣特別顧問、杉山外務省アジア大洋州局長。同48分から同55分まで、笹森氏。同56分、執務室を出て、同57分、官邸発。同58分、公邸着。
 午後8時49分、枝野幸男、仙谷由人正副官房長官、民主党の岡田克也幹事長、安住淳国対委員長、玄葉光一郎政調会長、輿石東参院議員会長が入った。
 午後9時46分、全員出た。
 19日午前0時現在、公邸。来客なし。(了)

【関連記事】
【動画】津波に襲われる仙台空港=海保、仙台航空基地のヘリが撮影
【特集】原発事故は人災~佐藤・前福島県知事インタビュー
政府批判「みっともない」=民主・前原誠司前外相インタビュー
疑心暗鬼で迷走する「菅降ろし」
震災対応で菅政権は機能しているのか?

最終更新:5月19日(木)0時26分

 

首相動静(5月17日)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110518-00000000-jij-pol

時事通信 5月18日(水)0時7分配信
 午前8時現在、公邸。朝の来客なし。
 午前8時5分、公邸発。同7分、国会着。同9分、院内大臣室へ。同17分、閣議開始。
 午前8時46分、閣議終了。同47分から同50分まで、枝野幸男官房長官。同52分、院内大臣室を出て、同53分、国会発。同55分、官邸着。同56分、執務室へ。
 午前8時57分から同9時16分まで、植松信一内閣情報官。
 午前10時19分、環境省の南川秀樹事務次官、寺田達志地球環境審議官、鈴木正規地球環境局長が入った。
 午前11時18分、全員出た。
 午前11時26分から同43分まで、民主党の安住淳国対委員長、斎藤勁国対委員長代理。同45分、執務室を出て、同46分、南会議室へ。シュワブ世界経済フォーラム会長と昼食。福山哲郎官房副長官、田坂広志内閣官房参与同席。
 午後0時33分、同室を出て、同34分、執務室へ。
 午後0時54分、執務室を出て、同55分、官邸発。同56分、国会着。同57分、衆院本会議場へ。同1時2分、衆院本会議開会。同16分、衆院本会議散会。衆院本会議場を出て、同17分、国会発。同19分、官邸着。同20分、執務室へ。
 午後1時27分から同2時5分まで、共産党の志位和夫委員長、市田忠義書記局長、穀田恵二国対委員長。福山官房副長官同席。
 午後2時6分から同19分まで、北沢俊美防衛相。
 午後3時10分から同19分まで、福山官房副長官。
 午後4時7分、執務室を出て、同8分、首相会議室へ。福山官房副長官、外務省の西宮伸一外務審議官、松富重夫中東アフリカ局長、八木毅経済局長、中尾武彦財務省国際局長、岡田秀一経済産業審議官が入った。
 午後5時6分、全員出た。首相会議室を出て、同7分、大会議室へ。原子力災害対策本部開始。
 午後5時30分、同本部終了。同室を出て、同31分、執務室へ。
 午後5時32分から同6時7分まで、中野寛成国家公安委員長、安藤隆春警察庁長官。同8分から同14分まで、中野寛成公務員制度改革担当相、藤巻正志国家公務員制度改革推進本部事務局長。同15分、中野寛成拉致問題担当相、三谷秀史拉致問題対策本部事務局長代理が入った。同18分、東祥三内閣府副大臣が加わった。同25分、中野、三谷両氏が出た。同29分、東氏が出た。
 午後7時から同54分まで、荒井聡民主党衆院議員。
 午後8時40分、執務室を出て、同41分、官邸発。同42分、公邸着。
 18日午前0時現在、公邸。来客なし。(了)

【関連記事】
〔用語解説〕「原子力損害賠償法」
原発事故、首相喚問も=自民副総裁
賠償枠組み法、今国会提出を=民主PT
仮払いで議員立法案=農漁業者に
係員級は5%カット=国家公務員給与で政府方針

最終更新:5月18日(水)0時26分

 

首相動静(5月16日)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110517-00000000-jij-pol

時事通信 5月17日(火)0時7分配信
 午前7時39分、公邸発。同40分、官邸着。同41分、執務室へ。
 午前7時46分、福山哲郎官房副長官が入った。
 午前8時27分、福山氏が出た。
 午前8時50分、執務室を出て、同52分、官邸発。同53分、国会着。同55分、衆院第1委員室へ。同59分、衆院予算委員会開会。
 午後0時1分、衆院予算委休憩。同2分、衆院第1委員室を出て、同4分、国会発。同5分、官邸着。同6分、執務室へ。
 午後0時51分、執務室を出て、同52分、官邸発。同54分、国会着。同56分、衆院第1委員室へ。同1時、衆院予算委再開。
 午後5時1分、衆院予算委散会。同2分、衆院第1委員室を出て、同3分、国会発。同5分、官邸着。同6分、執務室へ。
 午後5時49分から同59分まで、河野雅治駐イタリア大使。
 午後6時20分、武藤栄東京電力副社長が入った。同41分、海江田万里経済産業相、細野豪志首相補佐官が加わった。
 午後7時11分、武藤氏が出た。
 午後8時42分、海江田、細野両氏が出た。
 午後9時、執務室を出て、同1分、官邸発。同2分、公邸着。
 17日午前0時現在、公邸。来客なし。(了)

【関連記事】
衆院予算委の質疑要旨
「菅降ろし」封じも狙い=2次補正ずれ込みに言及
先送り言及に「怒り」=2次補正
5大銀、純利益1.7兆円=MUFGは50%増-11年3月期
2次補正の先送り論外=共産・市田氏

最終更新:5月17日(火)0時26分

 

首相動静(5月15日)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110516-00000001-jij-pol

時事通信 5月16日(月)0時5分配信
 午前10時現在、公邸。朝の来客なし。
 午前11時58分、安住淳民主党国対委員長が入った。
 午後0時44分、安住氏が出た。
 午後2時5分、仙谷由人官房副長官が入った。
 午後3時2分、仙谷氏が出た。同3分、細野豪志首相補佐官、寺田学民主党衆院議員が入った。
 午後4時11分、福山哲郎官房副長官が加わった。
 午後5時1分、寺田氏が出た。同18分、福山、細野両氏が出た。
 午後6時54分から同7時15分まで、クリストファー・ビーバッハー米国研究製薬工業協会会長、ジェズ・モールディング仏製薬大手サノフィ・アベンティス日本法人社長ら。福山官房副長官同席。
 午後8時45分、岡田克也民主党幹事長が入った。
 午後9時38分、岡田氏が出た。
 16日午前0時現在、公邸。来客なし。(了)

【関連記事】
政府批判「みっともない」=民主・前原誠司前外相インタビュー
疑心暗鬼で迷走する「菅降ろし」
震災対応で菅政権は機能しているのか?
首相、民主幹事長と会談
不信任賛成は「離党覚悟で」=民主・岡田氏

最終更新:5月16日(月)0時26分

時事通信

 

首相動静(5月14日)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110515-00000000-jij-pol

時事通信 5月15日(日)0時4分配信
 午前8時現在、公邸。朝の来客なし。
 午前10時、公邸発。同1分、官邸着。同2分、執務室へ。
 午前10時14分、執務室を出て特別応接室へ。同15分から同35分まで、佐藤雄平福島県知事。福山哲郎官房副長官同席。同室を出て、同36分、執務室へ。
 午前10時37分から同59分まで、福山官房副長官。同11時28分、執務室を出て、同29分、官邸発。同30分、公邸着。
 午前11時32分、作家の石川好氏、宮本雄二前駐中国大使、伊東信一郎全日空社長、大塚陸毅JR東日本会長、若宮啓文朝日新聞主筆が入った。福山官房副長官、杉山晋輔外務省アジア大洋州局長同席。
 午後0時31分、全員出た。
 午後3時54分、公邸発。同55分、官邸着。同57分、大会議室へ。東日本大震災復興構想会議に出席。
 午後5時47分、同会議終了。同50分、同室を出て、執務室へ。
 午後6時57分、執務室を出て、同58分、官邸発。「福島第1原発で作業員が死亡されたが」に「本当に気の毒だと思う。原因が放射能被害かどうかしっかり確かめてもらいたいと思う」。同7時、公邸着。
 午後7時1分から同8時28分まで、古賀伸明連合会長。
 午後8時34分、公邸発。同43分、東京・赤坂の日本料理店「球磨川」着。孫正義ソフトバンク社長と食事。福山官房副長官同席。
 午後11時27分、同所発。同35分、公邸着。
 15日午前0時現在、公邸。来客なし。(了)

【関連記事】
【動画】押し流され岸壁に乗り上げる大型船舶=青森県八戸港を襲う津波
【動画】全日空がボーイング787のパイロット訓練機器を公開
【ルポ】重大事故から25年、チェルノブイリは今~住民いまだ帰還できず
【特集】原発事故は人災~佐藤・前福島県知事インタビュー
【特集】民間機ミュージアム~B787ついに初飛行~

最終更新:5月15日(日)0時26分

 

首相動静(5月13日)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110514-00000000-jij-pol

時事通信 5月14日(土)0時6分配信
 午前7時47分、公邸発。同49分、国会着。同50分、院内大臣室へ。
 午前7時57分から同8時14分まで、犯罪対策閣僚会議。同18分、閣議開始。
 午前8時53分、閣議終了。同54分、院内大臣室を出て、同55分、国会発。同57分、官邸着。同58分、執務室へ。
 午前9時5分から同51分まで、福山哲郎官房副長官、寺田学民主党衆院議員。
 午前10時25分から同58分まで、福山官房副長官。
 午後0時44分、執務室を出て、同45分、官邸発。同47分、国会着。同49分、参院第1委員会室へ。同55分、参院予算委員会開会。
 午後5時8分、参院予算委散会。同9分、参院第1委員会室を出て、同10分、国会発。同13分、官邸着。同14分、執務室へ。
 午後5時58分、松本剛明外相、杉山晋輔外務省アジア大洋州局長が入った。
 午後6時50分、松本、杉山両氏が出た。
 午後6時56分から同7時45分まで、細野豪志首相補佐官。
 午後7時47分から同8時5分まで、福山官房副長官。
 午後8時20分、執務室を出て、同21分、官邸発。同22分、公邸着。
 14日午前0時現在、公邸。来客なし。(了)

【関連記事】
統合案「入り口になり得る」=基地の騒音低減条件
嘉手納統合「賛否言わぬ」=外相
対シリア、経済協力見合わせ=政府
ハーグ条約加盟、20日に閣議了解=首相サミットで表明へ
菅首相、復興後にODA増加=各国支援で「感謝の集い」開催

最終更新:5月14日(土)0時26分

 

首相動静(5月12日)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110513-00000001-jij-pol

時事通信 5月13日(金)0時9分配信
 午前8時現在、公邸。朝の来客なし。
 午前9時31分、公邸発。同33分、官邸着。同34分、執務室へ。
 午前9時39分、北沢俊美防衛相が入った。
 午前10時43分、北沢氏が出た。同44分、海江田万里経済産業相、松永和夫経済産業事務次官、細野哲弘資源エネルギー庁長官が入った。
 午前11時19分、全員出た。
 午前11時32分、執務室を出て、同34分、官邸発。同36分、公邸着。各府省政務官らと昼食。枝野幸男、福山哲郎正副官房長官同席。
 午後0時23分、公邸発。同25分、官邸着。同26分、執務室へ。
 午後0時52分、執務室を出て、同54分、官邸発。同56分、国会着。同57分、衆院本会議場へ。同1時3分、衆院本会議開会。同7分、衆院本会議散会。同8分、衆院本会議場を出て、同9分、国会発。同10分、官邸着。同11分、執務室へ。
 午後1時28分から同2時26分まで、仙谷由人、福山、滝野欣弥各官房副長官。同45分から同54分まで、福山氏、寺田学民主党衆院議員。同55分から同3時まで、植松信一内閣情報官。同1分、松本剛明外相、海江田経済産業相、西宮伸一外務審議官、細野資源エネルギー庁長官が入った。
 午後3時45分、全員出た。同46分から同55分まで、阿久津幸彦内閣府政務官。
 午後3時56分、鹿野道彦農林水産相が入った。
 午後4時36分、鹿野氏が出た。
 午後5時26分、執務室を出て小ホールへ。同27分から同6時14分まで、原発事故経済被害対応チーム関係閣僚会合。同15分、同ホールを出て執務室へ。
 午後7時9分、執務室を出て大会議室へ。同10分から同8時まで、社会保障改革に関する集中検討会議。同2分、同室を出て執務室へ。
 午後8時17分、執務室を出て、同18分、官邸発。同19分、公邸着。
 13日午前0時現在、公邸。来客なし。
(了)

【関連記事】
【ルポ】重大事故から25年、チェルノブイリは今~住民いまだ帰還できず
政府批判「みっともない」=民主・前原誠司前外相インタビュー
疑心暗鬼で迷走する「菅降ろし」
震災対応で菅政権は機能しているのか?
【東日本大震災特集】トップページ

最終更新:5月13日(金)0時26分

 

首相動静(5月11日)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110512-00000000-jij-pol

時事通信 5月12日(木)0時7分配信
 午前8時現在、公邸。朝の来客なし。
 午前9時30分、公邸発。同32分、官邸着。同33分、執務室へ。
 午前10時44分、執務室を出て特別応接室へ。同45分から同11時5分まで、清川泰弘福島県双葉町議会議長ら。福山哲郎官房副長官、増子輝彦民主党参院議員同席。同7分、同室を出て南会議室へ。
 午前11時8分から同32分まで、松本幸英福島県楢葉町議会議長ら。福山官房副長官、金子恵美民主党参院議員同席。同33分、南会議室を出て官邸発。同34分、公邸着。各府省副大臣と昼食。枝野幸男官房長官、仙谷由人、福山両官房副長官同席。
 午後0時24分、公邸発。同25分、官邸着。執務室へ。
 午後0時41分から同1時6分まで、日本原子力産業協会の服部拓也理事長。細野豪志首相補佐官同席。
 午後1時51分から同2時48分まで、文部科学省の清水潔事務次官、森口泰孝文部科学審議官。
 午後2時49分、総務省の岡本保事務次官、小笠原倫明総務審議官、久元喜造自治行政局長、椎川忍自治財政局長、久保信保消防庁長官が入った。
 午後3時28分、全員出た。同42分から同55分まで、馬淵澄夫首相補佐官。
 午後3時58分から同4時25分まで、片山善博総務相、内山晃総務政務官。
 午後5時1分から同15分まで、川勝平太静岡県知事。細野首相補佐官同席。
 午後5時16分から同29分まで、平野達男内閣府副大臣、筒井信隆農林水産副大臣。同30分から同47分まで、玄葉光一郎国家戦略担当相、平野氏。
 午後6時3分、執務室を出て、同4分、官邸発。同18分、東京・麻布台の外務省飯倉公館着。各国の在京大使らを招いた会合に出席し、あいさつ。同31分、同所発。同39分、公邸着。同40分、渡部恒三民主党最高顧問が入った。
 午後7時44分、渡部氏が出た。
 12日午前0時現在、公邸。来客なし。(了)

【関連記事】
【動画】押し流され、ビルに激突する船舶=岩手県宮古港を襲う津波
【特集】原発事故は人災~佐藤・前福島県知事インタビュー
政府批判「みっともない」=民主・前原誠司前外相インタビュー
疑心暗鬼で迷走する「菅降ろし」
震災対応で菅政権は機能しているのか?

最終更新:5月12日(木)0時25分

 

首相動静(5月10日)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110511-00000001-jij-pol

時事通信 5月11日(水)0時7分配信
 午前8時現在、公邸。朝の来客なし。
 午前8時26分、公邸発。同28分、国会着。同29分、院内大臣室へ。
 午前8時42分、経済情勢に関する検討会合開始。
 午前8時57分、同会合終了。同9時4分、閣議開始。
 午前9時34分、閣議終了。同35分から同52分まで、閣僚懇談会。同53分、松本剛明外相、北沢俊美防衛相、枝野幸男官房長官が入った。
 午前10時23分、全員出た。同28分、院内大臣室を出て、同31分、国会発。
 午前10時39分、皇居着。東日本大震災の対応について天皇、皇后両陛下に説明。
 午後0時11分、皇居発。同20分、官邸着。同22分、執務室へ。同26分から同34分まで、細野豪志首相補佐官。
 午後0時45分から同1時まで、馬場有福島県浪江町長。福山哲郎官房副長官同席。同1分、執務室を出て大会議室へ。同2分、東日本大震災復興構想会議開始。
 午後2時7分、同会議を途中退席し、同8分、執務室へ。
 午後3時16分から同39分まで、細野首相補佐官。
 午後5時7分から同47分まで、寺田学民主党衆院議員。同49分、執務室を出て、同50分、記者会見室へ。同51分から同6時27分まで、記者会見。同室を出て、同28分、執務室へ。
 午後6時42分、枝野官房長官、仙谷由人官房副長官が入った。
 午後7時4分、枝野、仙谷両氏が出た。
 午後7時36分、執務室を出て、同37分、官邸発。同39分、公邸着。
 11日午前0時現在、公邸。来客なし。(了)

最終更新:5月11日(水)0時7分

 

首相動静(5月9日)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110510-00000000-jij-pol

時事通信 5月10日(火)0時6分配信
 午前8時現在、公邸。朝の来客なし。
 午前9時27分、公邸発。同28分、官邸着。同29分、執務室へ。
 午後1時49分から同2時52分まで、環境省の南川秀樹事務次官、谷津龍太郎官房長、白石順一総合環境政策局長、鈴木正規地球環境局長、渡辺綱男自然環境局長。同53分から同3時7分まで、直嶋正行元経済産業相、田中慶秋衆院議員。
 午後5時15分から同39分まで、植松信一内閣情報官。
 午後5時40分から同52分まで、平野達男内閣府副大臣。
 午後6時54分、執務室を出て、同55分から同57分まで、報道各社のインタビュー。「浜岡原発停止についての受け止めを」に「中部電力が浜岡原発停止の要請を受け入れてくださったことは大変良かったと思っています」。同58分、官邸発。同7時10分、東京・赤坂の日本料理店「七福神環」着。松本龍防災担当相と食事。
 午後9時32分、同所発。同37分、公邸着。
 10日午前0時現在、公邸。来客なし。(了)

【関連記事】
【動画】警戒区域、指定前に住民が撮影-福島・富岡町
【ルポ】重大事故から25年、チェルノブイリは今~住民いまだ帰還できず
政府批判「みっともない」=民主・前原誠司前外相インタビュー
疑心暗鬼で迷走する「菅降ろし」
震災対応で菅政権は機能しているのか?

最終更新:5月10日(火)0時25分

 

首相動静(5月8日)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110509-00000000-jij-pol

時事通信 5月9日(月)0時5分配信
 午前10時現在、公邸。朝の来客なし。
 午前中は来客なく、公邸で過ごす。
 午後1時2分、公邸発。
 午後1時12分、東京・八重洲のアンテナショップ「福島県八重洲観光交流館」着。視察、買い物。同30分から同33分まで、同所で報道各社のインタビュー。「風評被害も補償対象か」に「風評被害を含めて責任があるものはちゃんと補償すべきだ」。同34分、同所発。同43分、官邸着。同44分、執務室へ。
 午後1時59分、執務室を出て南会議室へ。同2時1分から同3時52分まで、喜多埜裕明ヤフー常務執行役員、小林正忠楽天常務執行役員、藤沢久美ソフィアバンク副代表らと懇談。辻元清美首相補佐官、田坂広志内閣官房参与同席。同53分、同室を出て執務室へ。
 午後5時2分、執務室を出て、同4分、官邸発。同5分、公邸着。同6分、斎藤勁民主党国対委員長代理が入った。
 午後5時37分、斎藤氏が出た。同38分、作家の石川好氏が入った。
 午後6時11分、石川氏が出た。
 午後8時37分、岡田克也民主党幹事長が入った。同55分、枝野幸男官房長官が加わった。同9時2分、輿石東民主党参院議員会長が加わった。
 午後10時、枝野、輿石両氏が出た。同12分、岡田氏が出た。
 9日午前0時現在、公邸。来客なし。(了)

【関連記事】
【動画】漁船を沖へと運ぶ激しい引き波=気仙沼に襲来した大津波
【特集】原発事故は人災~佐藤・前福島県知事インタビュー
政府批判「みっともない」=民主・前原誠司前外相インタビュー
疑心暗鬼で迷走する「菅降ろし」
震災対応で菅政権は機能しているのか?

最終更新:5月9日(月)0時25分

 

首相動静(5月7日)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110508-00000001-jij-pol

時事通信 5月8日(日)0時4分配信
 午前8時現在、公邸。朝の来客なし。
 午前9時59分、福山哲郎官房副長官、河相周夫官房副長官補、西宮伸一外務審議官、八木毅外務省経済局長、岡田秀一経済産業審議官が入った。
 午前11時37分、全員出た。
 午後1時、松本剛明外相、福山官房副長官、河相官房副長官補、梅本和義外務省北米局長が入った。
 午後1時57分、全員出た。
 午後2時47分、東祥三内閣府副大臣が入った。
 午後3時21分、東氏が出た。
 午後6時26分、枝野幸男官房長官、福山、滝野欣弥両官房副長官、細野豪志首相補佐官、原勝則内閣総務官が入った。
 午後7時28分、細野氏が出た。
 午後7時42分、滝野、原両氏が出た。同46分、枝野、福山両氏が出た。同47分、五十嵐敬喜内閣官房参与が入った。
 午後11時9分、五十嵐氏が出た。
 8日午前0時現在、公邸。来客なし。(了)

【関連記事】
「看板掛け替え」色濃く=震災対応組織見直し
ウィキリークス、極めて遺憾=枝野官房長官
菅首相「しっかり確認する」=ビンラディン容疑者殺害
小佐古氏も甘い提言=枝野長官が暗に批判
母乳「影響ない」=枝野官房長官

最終更新:5月8日(日)0時25分

 

首相動静(5月6日)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110507-00000001-jij-pol

時事通信 5月7日(土)0時11分配信
 午前8時現在、公邸。朝の来客なし。
 午前9時27分、公邸発。同28分、官邸着。同29分、執務室へ。
 午前10時、執務室を出て、同1分、閣僚応接室へ。同2分、閣議室へ移り閣議開始。同9分、閣議終了。
 午前10時15分、同室を出て、大会議室へ。同16分から同11時34分まで、緊急災害対策本部と原子力災害対策本部。同35分、同室を出て、同36分、執務室へ。
 午後0時18分、執務室を出て、首相会議室へ。内閣府の東祥三、平野達男両副大臣、松下忠洋経済産業副大臣、阿久津幸彦内閣府政務官、吉田泉財務政務官、国土交通省の市村浩一郎、津川祥吾両政務官が入った。
 午後0時55分、全員出た。同58分、海江田万里経済産業相、福山哲郎官房副長官が入った。午後1時4分、細野豪志首相補佐官が加わった。
 午後1時33分、全員出た。同52分から同2時40分まで、国土交通省の竹歳誠事務次官、佐藤直良技監、宿利正史、増田優一両国土交通審議官、北村隆志総合政策局長。
 午後2時46分から同3時47分まで、農林水産省の本川一善官房長、今井敏生産局長、皆川芳嗣林野庁長官。
 午後3時49分から同4時16分まで、北沢俊美防衛相。
 午後4時32分、海江田経済産業相、福山官房副長官が入った。同36分、細野首相補佐官が加わった。
 午後4時47分、仙谷由人官房副長官が加わった。同5時46分、海江田、仙谷両氏が出た。
 午後6時15分、福山、細野両氏が出た。同20分から同30分まで、寺田学民主党衆院議員。
 午後7時9分、執務室を出て、同10分、記者会見室へ。同11分から同19分まで、記者会見。海江田経産相同席。同20分、同室を出て、同21分、執務室へ。
 午後8時9分、執務室を出て、同11分、官邸発。「久々の夜の外出ですが」に「まあ少し、いろいろな話をしようかと思ってね」。同14分、東京・赤坂のANAインターコンチネンタルホテル東京着。同ホテル内の中国料理店「花梨」で仙谷官房副長官と食事。
 午後10時26分、同ホテル発。同31分、公邸着。「久しぶりの夜の外食はいかがでしたか」に「いろいろな話ができて良かったよ」。
 7日午前0時現在、公邸。来客なし。(了)

【関連記事】
政府批判「みっともない」=民主・前原誠司前外相インタビュー
疑心暗鬼で迷走する「菅降ろし」
震災対応で菅政権は機能しているのか?
菅首相と仙谷氏が会食
自民、「浜岡停止」に複雑=共社は評価

最終更新:5月7日(土)0時25分

 

首相動静(5月5日)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110506-00000000-jij-pol

時事通信 5月6日(金)0時5分配信
 午前9時56分、松本剛明外相が公邸に入った。
 午前10時25分、松本氏が出た。同26分、松本氏、福山哲郎官房副長官、別所浩郎外務審議官、杉山晋輔外務省アジア大洋州局長が入った。
 午前11時25分、松本、別所、杉山各氏が出た。同57分、福山氏が出た。
 午後0時57分、松本外相、福山官房副長官、小寺次郎外務省欧州局長が入った。
 午後1時33分、全員出た。同34分から同2時まで、松本外相、福山官房副長官、岡田秀一経済産業審議官、外務省の小寺欧州局長、八木毅経済局長。
 午後2時1分から同41分まで、松本外相、福山官房副長官、杉山外務省アジア大洋州局長。同54分、細川律夫厚生労働相、与謝野馨経済財政担当相、峰崎直樹内閣官房参与が入った。
 午後3時59分、全員出た。
 6日午前0時現在、公邸。来客なし。(了)

【関連記事】
政府批判「みっともない」=民主・前原誠司前外相インタビュー
疑心暗鬼で迷走する「菅降ろし」
震災対応で菅政権は機能しているのか?
社会保障・税改革で非公式会合=結論時期で異論も
下地氏、電気代値上げ発言に抗議=枝野長官が与謝野経財相を注意

最終更新:5月6日(金)0時25分

 

首相動静(5月4日)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110505-00000001-jij-pol

時事通信 5月5日(木)0時7分配信
 午前10時現在、公邸。朝の来客なし。
 午前中は来客なく、公邸で過ごす。
 午後1時1分、公邸発。
 午後1時40分から同2時28分まで、随行車内で福山哲郎官房副長官。同29分、埼玉県加須市の県立旧騎西高校着。同31分から同34分まで、同所内の双葉町役場執務室で町職員を激励。
 午後2時35分から同3時10分まで福島県双葉町の井戸川克隆町長、埼玉県の上田清司知事、同県加須市の大橋良一市長と同所内で懇談。
 午後3時11分から同7時23分まで、同所内の避難所を視察。
 午後7時24分から同29分まで、同所内で報道各社のインタビュー。「5時間の視察を終え感想を」に「本当にご苦労いただいていることが身に染みて分かった」。同30分、同所発。
 午後8時49分、公邸着。
 5日午前0時現在、公邸。来客なし。(了)

【関連記事】
【動画】仙台市沿岸部を飲み込む津波=自衛隊ヘリが震災発生直後に撮影
【特集】放射性物質、農作物や水への影響は?
【特集】原発事故は人災~佐藤・前福島県知事インタビュー
【東日本大震災特集】トップページ
〔写真特集〕東北地方太平洋沖地震

最終更新:5月5日(木)0時25分

関連:
「20分訪問」反発招き…首相、5時間滞在写真(記事採録)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110504-00000460-yom-pol

 

首相動静(5月3日)

時事通信 5月4日(水)0時6分配信
 午前10時現在、公邸。朝の来客なし。
 午前中は来客なく、公邸で過ごす。
 午後0時18分、公邸発。同26分、東京・永田町のザ・キャピトルホテル東急着。同ホテル内の中国料理店「星ケ岡」で伸子夫人ら家族と食事。
 午後1時41分、同所発。「震災後初めての外食だが、どうだったか」に「おふくろとね、3人でゆっくりしました」。同49分、公邸着。
 4日午前0時現在、公邸。来客なし。(了)

最終更新:5月4日(水)0時6分

    見透かされた首相の限界(産経新聞) 5月4日(水)7時56分
    小沢氏、5日に被災者と面会(時事通信) 5月3日(火)21時15分
    首相動静(5月3日)(時事通信) 5月3日(火)10時17分
    女子高生の太ももに触る=容疑で私大准教授を逮捕―広島県警(時事通信) 5月4日(水)1時31分
    上限20ミリ「べらぼうな数字」=民主・原口氏(時事通信) 5月3日(火)0時3分

 

首相動静(5月2日)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110503-00000002-jij-pol

時事通信 5月3日(火)0時5分配信
 午前6時52分、公邸発。同53分、官邸着。同54分、執務室へ。同7時、福山哲郎官房副長官、寺田学民主党衆院議員が入った。
 午前8時7分、福山、寺田両氏が出た。同20分、執務室を出て、同21分、官邸発。同23分、国会着。同25分、参院第1委員会室へ。同30分、参院予算委員会開会。
 午前10時31分、参院予算委休憩。同11時4分、参院予算委再開。
 午前11時52分、参院予算委散会。同53分、参院第1委員会室を出て、同55分、国会発。同56分、官邸着。同57分、執務室へ。
 午後0時6分、執務室を出て、首相会議室へ。
 午後0時7分、原中勝征日本医師会会長、藤田幸久民主党参院議員が入った。同35分、藤田氏が出た。同56分、原中氏が出た。同57分、首相会議室を出て執務室へ。同1時、与謝野馨経済財政担当相が入った。
 午後1時24分、与謝野氏が出た。
 午後1時40分、福島県の内堀雅雄副知事が入った。福山官房副長官同席。
 午後1時53分、内堀、福山両氏が出た。
 午後2時7分、岡田克也民主党幹事長が入った。
 午後2時16分、仙谷由人官房副長官が加わった。同38分、岡田氏が出た。同47分、仙谷氏が出た。同48分、執務室を出て、同49分、官邸発。同51分、国会着。同54分、院内大臣室へ。同3時6分、同室を出て、同8分、参院本会議場へ。同11分、参院本会議開会。
 午後3時28分、参院本会議を途中退席し、同30分、院内大臣室へ。
 午後3時51分、院内大臣室を出て、同58分から同4時18分まで、参院の西岡武夫、尾辻秀久正副議長、鈴木政二議院運営委員長、与野党各会派にあいさつ回り。野田佳彦財務相、枝野幸男官房長官同行。同19分、国会発。同21分、官邸着。同22分、執務室へ。同32分、執務室を出て、同33分、閣僚応接室へ。同34分、閣議室に移り、閣議開始。
 午後5時7分、閣議終了。同8分、閣議室を出て執務室へ。
 午後5時9分から同26分まで、北沢俊美防衛相、枝野官房長官、防衛省の中江公人事務次官、折木良一統合幕僚長。
 午後5時35分から同6時まで、植松信一内閣情報官。
 午後7時57分、執務室を出て、同58分、官邸発。「4日の埼玉県加須市の視察では何に重点をおくか」に「避難されている皆さんの声を聴くことだ」。同59分、公邸着。
 3日午前0時現在、公邸。来客なし。(了)

【関連記事】
政府批判「みっともない」=民主・前原誠司前外相インタビュー
疑心暗鬼で迷走する「菅降ろし」
震災対応で菅政権は機能しているのか?
広がり欠く「菅降ろし」=民主内、不満増幅も
停滞する憲法改正論議=「非常事態条項」に民主慎重

最終更新:5月3日(火)0時25分

 

首相動静(5月1日)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110502-00000000-jij-pol

時事通信 5月2日(月)0時3分配信
 午前6時1分から同7時11分まで、福山哲郎官房副長官、寺田学民主党衆院議員。
 午前8時41分、公邸発。同43分、国会着。同45分、参院第1委員会室へ。同54分、参院予算委員会開会。
 午前11時52分、参院予算委休憩。同53分、参院第1委員会室を出て、同55分、国会発。同57分、官邸着。同58分、執務室へ。
 午後0時48分、執務室を出て、同50分、官邸発。同52分、国会着。同53分、参院第1委員会室へ。同1時、参院予算委再開。
 午後4時35分、参院予算委散会。同36分、参院第1委員会室を出て、同38分、国会発。同40分、官邸着。同41分、執務室へ。
 午後5時56分から同6時17分まで、滝野欣弥官房副長官。同39分、執務室を出て、同40分、官邸発。同42分、公邸着。
 2日午前0時現在、公邸。来客なし。(了)

最終更新:5月2日(月)0時3分

始めに戻る


 以下、資料として採録。

首相はマネジメント能力がない =危機の時のリーダーは小沢さん=
 -民主・川内博史衆院科技委員長インタビュー-
http://www.jiji.com/jc/v?p=politician-interview_kawauchi_hiroshi-01&rel=y&g=phl

10877567 川内博史 インタビューに答える民主党の川内博史衆院科学技術特別委員長(東京・永田町) 【時事通信社】

 民主党の川内博史衆院科学技術特別委員長は5月19日までに時事通信のインタビューに応じた。川内氏は菅直人首相の東日本大震災や福島第1原発事故の対応を厳しく批判。首相には「マネジメント能力がない」などとして退陣を要求した。発言要旨は次の通り。

 -首相の大震災、原発対応のどこが問題か。

 菅さんの政治は要するにパフォーマンス政治だ。格好だけ。被災者や国民に語るべきビジョンを何ら持ってない。支持率を上げようとパフォーマンスに終始している。また、財源がないという「神話」に踊らされて、大震災を理由に増税を図ろうとし、自民党には大連立を働き掛けた。その手法を姑息だと国民は見ている。
 福島県内の学校における放射線量の暫定基準値について、政府は年間被ばく量20ミリシーベルトまで大丈夫だと発表した。通常、われわれが生活しているのは年間1ミリシーベルトだ。一方、年間20ミリシーベルトに達する恐れのある地域は「計画的避難区域」とした。子どもは20ミリシーベルトまで校庭で遊んでも大丈夫だと言いながら、もう一方は20ミリシーベルトになるから避難しなさいと言う。もう、ばらばらだ。首相にはマネジメント能力がない。だから早く代わってくださいと言っている。

 -首相が大震災翌日に被災地や福島第1原発を視察した初動対応については。

 視察することで自分をアピールしようとしたのだろう。福島第1原発が重大な事態となり、早急な対応が求められていたとき、やるべきことは分かっていた。全電源が喪失し、冷却システムが動かないとき、首相がやることは現場に行くことではない。(格納容器の蒸気を外部に放出する)「ベント」を指示し、市町村にはベントでどのくらいの量の放射性物質が出るかなどをきちんと周知し、防護対策を取らせるべきだった
 3月15、16日に最も大量の放射性物質が出ている。広島型原爆でいうと20個分の放射性物質。15日には2号機が(格納容器の)高濃度の放射性物資を外部に放出する「ドライベント」を行っている。そういう時になぜきちんと関係自治体と情報を共有し、ベントの前に住民を避難させないのか、理解に苦しむ。(続く)

 

SPEEDI「自分のために使った」? =民主・川内博史衆院科技委員長(2)=
http://www.jiji.com/jc/v?p=politician-interview_kawauchi_hiroshi-02

【その2】 前ページから続く

10870881 川内博史 首相官邸に届いた緊急時迅速放射能影響予測ネットワークシステム(SPEEDI)の予測図。2011年5月19日 【時事通信社】

 -5月以降、緊急時迅速放射能影響予測ネットワークシステム(SPEEDI)の未公表データが公表されるようになったが。

 政府は事故発生直後から約1週間、放射性物質が激しくふりそそいでいた一番大事な時期にデータを隠していた。これは法律違反だ。新たに分かったことは、3月11日から16日までの間、首相官邸に上がったSPEEDIの放射性物質の拡散予測図は1枚だけということだ。3月12日午前3時から6時までの間、1号機をベントした場合、放射性物質が全て海に向かうという予測図だった。文部科学省が経済産業省原子力安全・保安院に出し、保安院から首相官邸にファクスで送られたという。官邸の誰が予測図を見たかは分からない。官邸の危機管理センターにはSPEEDIの予測図を受け取る端末もなかったから、ファクスで送ったという。保安院と文科省から聞いたことだ。ちょうど首相の(被災地や原発の)視察を控えていた時だ
 結局、さまざまに細かく定められている(原発事故対応の)マニュアルが一切機能しなかった。官邸の対応はお粗末だ。官邸はSPEEDIの情報をもしかしたら知らなかったかもしれない。何を基に避難区域を判断したのか。何のデータも得ず、思い込みで判断したのではないか。風上から風下に逃げて被ばくした住民もいっぱいいる。首相はSPEEDIを自分のためには使ったが、住民のためには使わなかったのではないか。ものすごく深刻な話だ

 -浜岡原発停止の首相の決断は評価するか。

 当然の決断。エネルギー政策を根本から議論し、エネルギー計画、科学技術総合計画も見直し、エネルギーで経済をどう支えていくかという決断があれば、評価に値する。浜岡停止は極めて当たり前の話。「浜岡を停止する、格好いいだろ」という感じで言ったのではないか。(続く)

 

土壌汚染、一部チェルノブイリ並み…専門家推計
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110525-00000075-yom-sci

読売新聞 5月25日(水)0時52分配信
 東京電力福島第一原子力発電所の事故で放出された放射性物質の土壌汚染が、福島県の一部の地域で、旧ソ連のチェルノブイリ原発事故と同程度とする推定結果を河田東海夫(とみお)・原子力発電環境整備機構フェローがまとめた。

 24日の国の原子力委員会で報告された。河田フェローは、文部科学省が実施している放射線量の測定結果などをもとに、同原発周辺の土壌に含まれる放射性セシウムの量を推計した。チェルノブイリ事故で強制移住の基準となった1平方メートルあたり148万ベクレル以上の高濃度の汚染地域は、飯舘村と浪江町の一部など約600平方キロ・メートルに達するとの結果が出た。

 今後の対応として、河田フェローは、「広域な汚染マップを作るとともに、住民が戻るための大規模な土壌修復計画が必要だ」と指摘している。

最終更新:5月25日(水)0時52分

読売新聞

 

危機の時のリーダーは小沢さん =民主・川内博史衆院科技委員長(3)=
http://www.jiji.com/jc/v?p=politician-interview_kawauchi_hiroshi-03

【その3】 前ページから続く

 -山岡賢次副代表らの勉強会「震災に対応できる連立政権に向けた総調和の会」は事実上「菅降ろし」の動きと見られているが、震災対応最中の政局的な活動には批判も多い。山岡氏らと今後どう動くのか。

 「総調和の会」の議員の思いは共通していると思う。危機だからこそ真のリーダーを選ばなければならない。「こんな時に何をやっているんだ」「次の首相が誰がいるんだ」という批判は、菅さんを応援するメッセージにしかならない。菅政権応援団の発言だ。
わたしは、危機の時は真のリーダーが生まれると信じている。まず、菅さんには降りていただく。なぜなら国のリーダーとしてふさわしくないからだ。真のリーダーが自然と生まれ、その人の下に結束して、復旧・復興、原発対策に当たるべきだ。私は小沢一郎さんこそが危機の時のリーダーにふさわしいと思う。こういう時こそ小沢さんに首相を任せ、私はそれを全力で支えたい。復興財源に特別会計財源を使うよう財務省に指示し、米国に(米軍普天間飛行場の移設先について)辺野古は不可能と伝え、原発によらないエネルギー計画を確立してほしい

 -小沢氏は刑事被告人という立場で、現実に首相は難しいのではないか。

 私自身は、小沢さんは刑事被告人だが、無罪になると確信している。首相になる資格を十分持っていると思う。

 

「20分訪問」反発招き…首相、5時間滞在
読売新聞 5月4日(水)21時20分配信
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110504-00000460-yom-pol

2011050400000460yom0005view 拡大写真
避難所を訪問し、井戸川双葉町長(右端)らとの懇談で、あいさつを終え一礼する菅首相=代表撮影

 菅首相は4日、東京電力福島第一原子力発電所のある福島県双葉町の住民ら約1200人が集団避難している埼玉県加須市の旧埼玉県立騎西高校で井戸川克隆町長と会談し、町民の帰宅の可否や時期などを年明けに判断する考えを伝えた。

 首相は「東電の工程表が予定通りに進めば年明けには一定の安定状況になる。その時点でモニタリングの結果を含め、それぞれの地域がどういう形で戻れるか判断する」と述べた。

 その後、首相は町民と懇談し、要望を聞いた。町長との会談を含め1時間だった滞在予定は約5時間に及んだ

 首相は4月に別の避難所を訪問した際、避難住民とのやりとりを20分ほどで切り上げようとして反発を招いた経緯がある。

最終更新:5月4日(水)21時27分

 

首相が姑息な延命策 6・22閉会を画策
2011/05/03 01:02
http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/politics/politicsit/505220/

 政府・民主党は2日、平成23年度第1次補正予算の成立を受け、6月22日までの通常国会の会期を延長せず、東日本大震災の本格的な復興策を盛り込む平成23年度第2次補正予算案を次期臨時国会に先送りする方向で調整に入った。狙いは衆院での内閣不信任案可決による「菅降ろし」のシナリオの封印にある。震災復興よりも自らの延命を優先させる菅直人首相の姑息(こそく)な手法に与野党の不信はますます強まる公算が大きい。(加納宏幸)

関連記事

    参院予算委要旨 補正予算に首相「月を…
    2次補正 財源が焦点 本格復旧へ20…

記事本文の続き 2次補正の先送り方針は複数の民主党幹部が明らかにした。執行部の一人は「2次補正の編成が終わるのは7月になる。通常国会は延長せずお盆明けの8月中旬に臨時国会を開く」と打ち明けた。

 理由として、復興構想会議が6月末をめどに第1次提言を取りまとめる上、社会保障と税の一体改革の政府・与党案も6月中の取りまとめを目指しており、2次補正の編成作業などに時間がかかることを挙げた。

 この方針を裏付けるように、岡田克也幹事長は2日の記者会見で2次補正の提出時期について「現時点では何も決まっていない」と言葉を濁した。野田佳彦財務相も参院予算委で「復興構想会議の青写真を踏まえ、なるべく早く提出したいが確たることは言えない」と明言を避けた。

 だが、復興構想会議の提言などは言い訳にすぎない。1次補正で国債を発行せず基礎年金の国庫負担2分の1を維持するための「埋蔵金」2兆4897億円を充てたことにこそ、首相の“真意”を読み解くヒントがある。

 「あえて年金財源に穴を開けたのは税制抜本改革を推し進める踏み絵にするためなのか。政権運営を優先させる姑息な対応は震災に乗じた火事場泥棒だ!」

 2日の参院予算委で、公明党の石川博崇氏は政府の対応をこうなじった。2次補正の財源問題と一体改革を結びつけることで野党を協議に引き込もうという意図が透けてみえたからだ。

 そもそも自民、公明両党が1次補正への賛成に転じた契機は、民主党が29日に子ども手当などマニフェスト(政権公約)の見直しに着手することで3党合意に応じたからだ。

 ところが、これが罠(わな)だった。合意文には年金財源の欠損に関し「2次補正予算案編成の際、見直しも含め検討する」との文言が練り込まれていた。つまり2次補正の財源に関する与野党協議は「合意済み」とも読み取れるのだ。

 首相はもともと、今国会を大幅延長し、2次補正まで成立させる算段だった。10兆円規模の復興策をちらつかせれば自公両党は与野党協議のテーブルにつくと考えたからだ。

 ところが、東京電力福島第1原発事故対応での迷走を受け、自公両党で「2次補正編成は『菅抜き』が前提」との声が高まった。

 「このままでは連休明けにも退陣を迫られかねない」。そう考えた首相は、2次補正を先送りし、財源に関する与野党協議で時間稼ぎを画策した。その最中に国会を閉じてしまえば内閣不信任案を回避できると考えたわけだ。

 だが、この姑息さが野党の反発を強めた。

 「政府が責任を果たさないまま会期を終え、2次補正を出さないことは許されない。会期中に出すかが一つの試金石になる」

 国会閉会シナリオを知った公明党の山口那津男代表は2日、記者団を前に語気を強めた。自民党の衛藤晟一(せいいち)参院議員は参院本会議で首相にこう迫った。

 「あなたは復興にとり有害無益だ。一刻も早く退場してもらいたい。首相退陣が復興の第一歩だ!」

 

見透かされた首相の限界
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110504-00000063-san-pol
産経新聞 5月4日(水)7時56分配信
【from Editor】

 東日本大震災の復興財源に関連し、国会で「復旧・復興と財政再建までやれれば政治家として本望だ」と答弁した菅直人首相をみて、ふと半世紀前の池田勇人元首相(昭和35~39年在職)のある言葉を思い出した。池田元首相といえば、10年間で国民経済の規模を実質価値で倍増する目標の下に政策を総動員する国民所得倍増計画を掲げたことで知られる。今でいう成長戦略のようなものだ。

 池田元首相が、その看板政策につながる月給2倍論を最初に訴えた際、高名な経済学者の都留重人氏らから批判を浴びた。都留氏は月給が2倍にならなければ「挂冠(けいかん)(=官職を辞める)」するよう要求。これに対して池田元首相はこう反論した。「挂冠どころか、一生をかけている政治家をさえ辞めるくらいの決意をもっている」

 池田元首相がここまで大見えを切った背景には、ブレーンのエコノミスト、下村治氏による理論的な裏付けがあった。日本経済は終戦後の混乱期を脱して勃興期に向かうというのが下村理論の基本認識。一方の都留氏ら名だたる経済論客は高度成長自体に懐疑的だった。結局、その後の経済は所得倍増計画以上の高い成長を遂げ、日本は経済大国へと突き進んだ。

 そんな経済史の一場面と比べたとき、「政治家の本望」と語る菅首相の言葉からは池田元首相ほどの決意も自信も感じ取れない。東京電力福島第1原子力発電所事故などへの対応で後手に回り、消費をさらに冷え込ませかねない、前のめりの増税シナリオで混迷を深める政権の姿をみれば、場当たり的という印象ばかりが強まる。

 実際、震災で大きな打撃を受けた経済界の見方は厳しい。4月27日付で掲載した本紙の主要企業115社アンケートでは菅政権を評価する回答はわずか2%で、震災対応の遅さを批判する声が続出した。日本経団連の米倉弘昌会長も震災後の不安や混乱の元凶は首相らの「間違った陣頭指揮」にあると語り、その指導力を完全に否定した。経団連トップからここまで酷評される首相も珍しい。

 最近は被災地企業の復旧もある程度は進み、生産再開の動きも出ている。だが、メーカーの部品調達難は相変わらずで、震災前の生産水準とはほど遠い。大切なことは、速やかな震災復旧と、新たな成長につながる、その後の復興をいかに果たすかだ。その展望が開けないようでは萎縮した消費者心理も回復しないが、経済界は首相の限界を確実に見透かしている。(副編集長 長谷川秀行)

【関連記事】
首相、震災後初の外食「ゆっくりした」
首相が姑息な延命策 6・22閉会を画策
菅首相「初めてだから」に自民「恥ずかしくないのか」
小沢氏「民主も自民も動かないのはおかしい」若手と会合
首相指導力に不満76% 早期退陣論も拡大
五輪参加への扉が開かれてから100年 日本スポーツ界を検証する

最終更新:5月4日(水)8時21分

 

フォーサイト POLITICS
疑心暗鬼で迷走する「菅降ろし」
http://www.jiji.com/jc/v?p=foresight_7101&rel=y&g=phl
10787343 Foresightコンテンツ 衆議院本会議で厳しい表情を見せる菅直人首相=2011年4月30日、東京・国会・衆院本会議場【時事通信社】

 東日本大震災への拙劣な対応によって、菅直人首相は野党だけでなく、身内の民主党内からも見放された。そんな状況下にあって、与野党の実力者の中で唯一、菅首相の援護に回っているのが、与党の一角を占める国民新党の亀井静香代表である。

 亀井氏は大震災発生以前の段階から、菅内閣の危機的状況をみかねて、与野党参加の救国内閣の樹立を提唱していた。大震災後はさらにその主張に拍車をかけ、国難を乗り切るための復興実施本部の設置を呼びかけてきた。実施本部の本部長には菅首相、本部長代行には亀井氏が就任して、与野党の首脳級が顔をそろえてオールジャパン体制をつくるのだという。

 だが、各党の態度は厳しかった。4月18日夜、亀井氏は自民党の大島理森副総裁、石原伸晃幹事長と都内のホテルで会談した。大島、石原両氏は亀井氏の提案について、一考の余地があるとして、すぐに拒否はしなかった。だが、ひとつだけ強く言い返した点がある。菅首相の資質についてである。
「首相が本気なのかどうか。それが伝わってこなければ、こちらは『はい、そうですか』とは言えない」

 そして、大島氏はこう付け加えた。
「正直言って、菅さんは信用できない」

 また、大島氏はこれまで接触を重ねてきた民主党の仙谷由人官房副長官に対しても、念を押すように自分の意向を伝えた。 「自民党は菅直人と一緒に沈没するつもりはない」

 一方、公明党では菅政権への協力についてやや柔軟な態度を示してきたのが山口那津男代表である。だが、山口氏はあまりの菅首相の不人気をみて周辺にこう漏らした。
「あの人には徳がなさ過ぎるよ」

「菅さんはダメだ」
http://www.jiji.com/jc/v?p=foresight_7102

10727145 東日本大震災復興構想会議の初会合であいさつする菅直人首相。左隣は五百旗頭真議長=2011年4月14日、東京・首相官邸【時事通信社】

 翌19日、亀井氏はみんなの党にも復興実施本部の設置をもちかけた。前日の亀井氏と自民党とのやりとりを聞き知っていたみんなの党の江田憲司幹事長は復興実施本部設置について、こんなふうに難色を示した。
「提案は党内で真摯に検討します。ただ、自民党が首相を信用できないというのも分かる。あながち嘘じゃない」

 結局、亀井氏の救国内閣構想にしろ復興実施本部設置にしろ、あるいは以前からある民主、自民両党の大連立構想にしろ、その実現の足かせになっているのは菅首相の存在なのである。

 みんなの党に噛みつかれた亀井氏は会談の最後に、こう言わざるを得なかった。
「菅さんはダメだ。それは分かる。だが、被災民には罪がない。何とか協力してもらえないか」

 亀井氏とその他の人々の考え方の違いは、菅首相に能力がないから支えなければならないと思うか、能力がないなら交代させなければならないと思うか、という点にすぎない。なんのことはない。亀井氏本人も菅首相には国家的な危機を乗り切る力がないことを認めているのである。

 いずれにしても、みんなの党の渡辺喜美代表は22日の記者会見で実施本部参加拒否を明言し、自公両党も25日に幹事長、国対委員長会談を開いて不参加を申し合わせた。

亀井氏「首相擁護」の狙いは?
http://www.jiji.com/jc/v?p=foresight_7103

10602884 東日本大震災の発生から2日後の3月13日、菅直人首相との会談を終えた国民新党の亀井静香代表=2011年3月13日、東京・首相官邸【時事通信社】

 ところで、亀井氏がこれほど菅首相擁護に回っていることに対して、政界ではさまざまな憶測が飛び交っている。

 亀井氏に批判的な議員からは、「復興利権にありつこうとしている」との指摘もある。推測の域を出ない話だが、たしかに、亀井氏は建設相や運輸相を歴任しており、業界とパイプがある。亀井氏ほどの海千山千の議員ならば、復興総額が数十兆円から百兆円にも及ぶと言われる大震災対策に首を突っ込もうとするのではないかという読みをする議員がいてもおかしくはない。

 ただ、復興実施本部に関する亀井氏との会談があった18日、自民党幹部はまったく別の見方を記者団に示した。
「亀井さんは、自分が総理大臣になろうとしているんだよ」

 亀井氏の構想によれば、実施本部の本部長には菅首相が就任し、本部長代行に亀井氏が就任することになっている。このため、実施本部の設置は菅首相延命の材料にはなったとしても、亀井氏の首相就任にはつながらないように見える。

 だが、この自民党幹部は「だから、亀井さんだって復興実施本部がうまくいくとは思ってないんだろう」と解説する。

 その分析はこうだ。復興実施本部はどうせ自公両党の反対でうまくいかない。すると、早晩、菅政権は崩壊する。しかし、ポスト菅政権の枠組みは見えない。首相が交代しただけで民主党政権が存続するのか、民自連立政権ができるのか、民主党が菅支持派と不支持派に分裂して新たな与党が形成されるのか。そうした激動の中で、キャスティングボートを握れるのは、与党にも野党にもパイプがあり、なおかつ菅支持派にも不支持派にも通じている人物である。亀井氏は今回の一連の与野党調整作業をへて、菅首相なき後の政界でそういう独特なポジションを得ようとしている――。こんなふうに、この自民党幹部は読むのだ。

「読み過ぎ」の末に……
http://www.jiji.com/jc/v?p=foresight_7104

10613584 菅直人首相との会談を終え、官邸を出る民主党の小沢一郎元代表=2011年3月19日午前、東京・首相官邸【時事通信社】

 亀井氏が実際にそんな思惑を持っているかどうか分からない。そんな政界遊泳術がうまくいくともかぎらない。

 しかし、自民党幹部がこんなややこしい読みをすること自体が、今の政界を象徴している。つまり、今の永田町では、この幹部だけでなく多くの議員が菅首相退陣以降の政界の構図を読みに読んでいる、そして過剰に読み過ぎた結果、誰が味方で誰が敵なのかが分からない状況に陥っている。

 4月10日の統一地方選前半戦の投票終了後、民主党中間派の派閥幹部と中堅議員に相次いで誘いの電話が入った。
「そちらから声を上げてくれませんか。そうしたら、こっちも行動を開始します」

 電話の相手は、民主党の小沢一郎元代表の側近と言われる人物である。「声を上げる」とは、菅首相退陣を主張してくれないかという意味である。

 誘われた2人は、もともと菅首相に批判的な人物であり、「菅降ろし」には大賛成だった。だが、2人は躊躇した。相手が小沢氏の息のかかった人物であり、小沢氏を本当に信用できるかどうか不明だったからだ。
「はしごをはずされたら野垂れ死にだ」

 菅首相退陣論をぶち上げるのは簡単なように見えるが、実際には政治生命を賭けた行動である。菅首相はあくまでも民主党のトップなのであり、首相に対する反逆行為はかなりの冒険だ。小沢系議員が賛同の声を上げてくれなければ自分だけが干上がる。本当に小沢氏が援護射撃してくれるのかを心配するのは当たり前である。

両刃の剣の「小沢カード」
http://www.jiji.com/jc/v?p=foresight_7105

10768065 「震災に対応できる連立政権に向けた総調和の会」の初会合であいさつする鳩山由紀夫前首相(左)。右は民主党の山岡賢次副代表=2011年4月26日、東京・永田町の衆議院第1議員会館【時事通信社】

 また、鳩山由紀夫前首相に近いベテラン議員は、「菅降ろし」を進めるために、水面下で賛同者を集めていたところ、同じように小沢系議員から接触があった。仲間が増えたと喜んでもいいようなものだが、この議員は行動をいったん中断することにした。仲間の議員から「あなたの背後には小沢さんがいるのではないか」と疑われたからだ。

 26日には、小沢氏と近い山岡賢次副代表や鳩山氏らを中心とした民主党議員による「震災に対応できる連立政権に向けた総調和の会」(総調和の会)が発足し、初会合に60人以上の議員が出席した。その狙いは菅首相への退陣要求である。また、この他にも反菅首相系の議員グループが次々と動きを開始している。だが、これらの会合の背後にも小沢氏の影がちらついている。

 民主党内は小沢氏を嫌う多くの議員が今も厳然として存在する。小沢氏との連携は、党内最大勢力である小沢系議員の「数の力」をあてにできるという半面、反小沢系議員の離反を招くという意味で、両刃の剣である。

 小沢氏に対する微妙な空気は別として、これらのエピソードで分かるのは、今、民主党内では、誰の背後に誰がいるとか、この動きの裏には誰がいるとか、そんな疑心暗鬼が充満していることだ。その原因ははっきりしている。そうした動きがすべて、菅首相の次の首相を誰にするのかという動きと直結するからである。誰が「菅降ろし」を主導し、誰と誰が組むのかが次期首相レースを決定する大きな要因になるのだ。

 民主党だけではない。自民党も状況は同じだ。自民党は内閣不信任決議案提出の方針を固めながらも、なぜか党幹部の発言が煮え切らない。逢沢一郎国対委員長は4月14日の時点では、不信任案の提出について、「行動を起こさないわけにはいかない」と強気だった。しかし、1週間後の21日になると、「菅政権はなんか安定してきた。いや、安定とまでは言わんけど、低空飛行で安定というか、政局は凪だしなあ」と、周囲に弱音を漏らし始めた。

自民が恐れる「民公連立」
http://www.jiji.com/jc/v?p=foresight_7106

10687993 菅直人首相と会談後、記者団の質問に答える公明党の山口那津男代表=2011年4月5日、東京・首相官邸【時事通信社】

 こうした何とも曖昧模糊とした空気には、民主党内の情勢が読めないことが大きく影響しているが、もうひとつ理由がある。内閣不信任案が成功して、本当に菅首相を退陣に追い込んでしまった後に、自民党にとって困ったことが起きるかもしれないのだ。

 菅首相周辺はこう言う。
「要するに、自民党が恐れているのは、菅が退陣して次の首相が民主党から選ばれたら、民主党と公明党が連立する可能性が出てくることでしょ」

 もともと公明党は、政策的には自民党よりも民主党に近い。その公明党がこれまで民主党と手を組めなかったのは、(1)不人気な菅首相とは連携したくなかった(2)小沢氏とは距離を置きたかった(3)統一地方選までは、自民党との協力関係を壊したくなかった――ことなどが理由だろう。

 統一地方選は終わった。あとは、菅首相が退陣し、後継首相の人選で民主党内が小沢系議員と反小沢系議員の争いになり、負けた小沢系議員が出て行けば、民公連立内閣に向けてジグソーパズルの最後のピースが完成する。民公連立内閣は現内閣よりも強固になる可能性がある。

 ただし、自民党内では菅首相抜きの民自公大連立内閣を目指す動きもある。さらに、社民党や国民新党、たちあがれ日本、みんなの党などの動向を組み合わせると、複雑すぎて誰にも先が見通せない。各党が疑心暗鬼に陥る中で、漁夫の利を得た菅首相が数年先まで続投する可能性さえあるのだ。

 5月2日に東日本大震災復旧・復興の第1弾となる2011年度第1次補正予算が成立。これをもって、政局激動の幕が切って落とされる。どんな組み合わせの内閣ができても、どんな人間が首相に就任してもおかしくない。それが今の政治状況である。

 

広がり欠く「菅降ろし」=民主内、不満増幅も【時事】
  http://www.jiji.com/jc/zc?k=201105/2011050200718&rel=y&g=pol
 
 東日本大震災の復旧対策を盛った2011年度第1次補正予算が成立し、自民党は後半国会で菅直人首相への退陣要求を強める構えだ。しかし、肝心の民主党 内では「菅降ろし」の動きにブレーキがかかっている。震災復興が依然最優先となる中で党内抗争に突き進むことにためらいがあるのに加え、有力な「ポスト 菅」候補が不在という事情も影響している。
 ◇強気の首相
 「私は首相の立場で、内閣全体としてしっかり大震災という国難に対応したい」。首相は2日の参院予算委員会で、本格的な復興に向けた第2次補正予算案の編成などを念頭に、政権運営に改めて意欲を示した。
 震災対応が内外から批判されている首相は、この日も同予算委で、お盆までに希望者全員が仮設住宅に入居できるようにするとの目標に関し、政府内で事前調整しないままに「私なりの見通し」で発言したと明かし、野党側をあぜんとさせた。
 民主党内では首相の求心力低下に歯止めがかからない。先に「倒閣の動きとは距離を置く」との方針を確認した旧民社党系グループの参院議員が同日開いた会 合では、「菅首相が国会運営の障害だ」などの批判が続出。首相支持派にも小沢一郎元代表グループにも属さない中間派のベテランは、「今のままでいいとは誰 も思っていない。菅降ろしは収束しない」と語った。
 ただ、首相への「嫌悪感」が広がる党内も、倒閣となると二の足を踏んでいるのが実情だ。「両院議員総会を開いても菅さんをクビにはできない。署名なんて するな」。首相批判を強める鳩山由紀夫前首相の側近、平野博文元官房長官はここへきて、若手らに倒閣運動に同調しないよう説いて回っている。
 小沢氏に近い山岡賢次副代表が呼び掛けた勉強会「総調和の会」は先月26日の初会合で、統一地方選敗北などを受け、首相の責任を追及するための両院議員総会開催を求めて署名集めに入ることを決定。だが、顧問に名を連ねた平野氏は初会合を欠席、山岡氏らと一線を画した。
 政府が震災復興と福島第1原発事故への対応に追われる中、「内輪もめしている場合ではない」との党内外の批判を考慮したためだ。実際、初会合の出席者は、小沢氏に近い議員を中心に60人程度と広がりを欠いた。
 鳩山氏も「機が熟して確実に倒せる時まで待つべきだ」との周囲の進言を受け入れ、29日の小沢氏との会談では「今、党が分裂するようなことには慎重であるべきだ」と自重を促した。
 「菅さんを代えて誰にするのか」(閣僚経験者)。低支持率の首相が強気でいられるのは、民主党内の人材不足も背景にある。ポスト菅の一番手とみられた前 原誠司氏は、外国人献金問題で外相を辞任し、後継争いから当面脱落。統一選で惨敗した岡田克也幹事長への風当たりも厳しい。野田佳彦財務相ら名前が挙がる 他の候補にしても、待望論が高まっているとは言い難い。
 ◇谷垣氏「早過ぎる」
 一方、自民党では派閥領袖(りょうしゅう)を中心に内閣不信任決議案の早期提出を求める声が拡大。しかし、可決には民主党から80人近い同調者が出ることが必要で、ハードルは高い。否決されれば菅政権が信任されたことになり、首相を追い込む手だてを失う。
 公明党も早期提出には慎重であることから、自民党の谷垣禎一総裁は周囲に「抜かずの宝刀というわけにはいかないが、今は早過ぎる」と漏らしている。(2011/05/02-23:35)

始めに戻る


※参考:オープン・ソース・インテリジェンス(Wikipediaより)

オープン・ソース・インテリジェンスまたはOSINTとは、公開情報(オープン・ソース:一般公開され利用可能な情報源)から収集された情報を元にする、(機密)情報収集の専門領域を指す。

概説

“合法的に入手出来る資料”を“合法的に調べ突き合わせる”手法で、情報源は政府の公式発表(プレスリリース)、マスメディ アによる報道、インターネット、書籍、電話帳、科学誌その他を含む。具体的には、対象国の軍の編制を割り出すために、対象国の新聞社交欄、ニュースの断 片、高級将校の異動発令などを丹念に集積し、分析するといった手法である。

細かいデータを少しずつ集めて分析するだけでも、相当な精度の情報が得られることがある。媒体入手・分析は駐在国公館で行なわれる事が多い。ラジオ放送は自国領内で受信する。

始めに戻る


 

雑談日記は良質な情報への中継点
と、人気blogランキングバナー に参戦中。

(↓クリックすると拡大)
自民党は自Endバナー 自民党は自Endバナー の猫ちゃんつながりブログを倭国大乱を記録するブログの数々として見つける毎に適宜追加。但し結構忘れてます(汗)

 ココログ利用で、即行で以下のTBPライブリンクをサイドエリアへはりたければ⇒一輪のバラをクリック。

 以下、登録・スタートさせたトラックバック・ピープルです。
主権者は私たち国民自民党政治民主党政治社民党や共産党にトラックバックしてます。

 

※原発関連で3冊:

知事抹殺 つくられた福島県汚職事件 佐藤 栄佐久 (著)

原子炉時限爆弾 広瀬 隆 (著)

隠される原子力・核の真実―原子力の専門家が原発に反対するわけ 小出 裕章 (著)

|

« NHKは「東京電力 福島第一原発事故関連ニュース」をどう伝えたか。(5月分エントリーのまとめリンク) | トップページ | 無能で傲慢、被災県知事への無礼、独裁肯定、ポピュリズムで嘘つき、ペテン師の菅、こんな馬鹿を民主党は何時迄放置するのか。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/91038/51563690

この記事へのトラックバック一覧です: 5月の菅直人の「首相動静」記事を採録しておきます。もうウンザリ早くやめて欲しい。:

« NHKは「東京電力 福島第一原発事故関連ニュース」をどう伝えたか。(5月分エントリーのまとめリンク) | トップページ | 無能で傲慢、被災県知事への無礼、独裁肯定、ポピュリズムで嘘つき、ペテン師の菅、こんな馬鹿を民主党は何時迄放置するのか。 »