« 災害:巨大地震や原発被災、「毎日小学生新聞」が画像表示などあり分かりやすいので資料保存。 | トップページ | 「県、爆発翌日公表せず」の拡散予測図関連ニュース、最終責任は官邸だ。3月12〜14日NHKニュース他、証拠なら沢山ある。 »

2011年5月 8日 (日)

5・7原発やめろ! 渋谷 超巨大サウンドデモ。

 次回の「素人の乱の原発やめろデモは、6月11日全国同時超巨大デモ」です。

 後ろで、救援連絡センターの投稿欄にあった、HN「南十字星」さんのデモ・レポートがなかなか読みごたえがあったのでご紹介します。また、そのレポート中で紹介されていた、デモの最後に歌われたという斉藤和義氏作詞作曲の「ずっとウソだった」の動画と歌詞、そして到着時に駅前ロータリーに流れたという、エリック・クラプトンの「チェンジ・ザ・ワールド」もご紹介しておきました

 

1 記録映画 5・7原発やめろ! 渋谷 超巨大サウンドデモ
http://www.youtube.com/watch?v=dAlWm9hffkI

ほぼ音楽だけ。

 

2 記録映画 5・7原発やめろ! 渋谷 超巨大サウンドデモ
http://www.youtube.com/watch?v=vaybHL7P2k4

 

3 記録映画 5・7原発やめろ! 渋谷 超巨大サウンドデモ
http://www.youtube.com/watch?v=0sCdtc7GsME

 

4 記録映画 5・7原発やめろ! 渋谷 超巨大サウンドデモ
http://www.youtube.com/watch?v=K9UDdEjSJ5Q

高尾山の天狗が登場。

 

5 記録映画 5・7原発やめろ! 渋谷 超巨大サウンドデモ
http://www.youtube.com/watch?v=Gdd6HoU2Ut8

 

6 記録映画 5・7原発やめろ! 渋谷 超巨大サウンドデモ
http://www.youtube.com/watch?v=GiAevEya0c4

 

7 記録映画 5・7原発やめろ! 渋谷 超巨大サウンドデモ
http://www.youtube.com/watch?v=ysMbWo-E8cI

1分40秒あたりからかなりリズミカルな感じ。サウンドをタップリ楽しめます。

 

8 記録映画 5・7原発やめろ! 渋谷2万人デモ
http://www.youtube.com/watch?v=L0nSo7QmY9E

 

9 記録映画 5・7原発やめろ! 夜の渋谷2万人デモ
http://www.youtube.com/watch?v=_b_-xaEE80Y

 

10 記録映画 5・7原発やめろ! 夜の渋谷2万人デモ
http://www.youtube.com/watch?v=z48zlJ_OmSU

 

11 記録映画 5・7原発やめろ! 夜の渋谷2万人デモ
http://www.youtube.com/watch?v=hNzbqTr2hQ8

始めのところで、「出発したデモは既に6時間」の字幕。

記録映画2011年5月7日渋谷
原発やめろ!超巨大サウンドデモ
夜の渋谷の街は2万人のデモに
午後3時に代々木公園から出発したデモはすでに6時間を経過していた

 

12 記録映画 5・7原発やめろ! 夜の渋谷2万人デモ
http://www.youtube.com/watch?v=4_2EP0bRIWk

SOBA:以下の字幕が
(最初のところで)
夜の渋谷2万人のデモ

(最後のところで)
原発やめろ!超巨大サウンドデモ

記録映画2011年5月7日渋谷1から12
日本の脱原発デモを全世界に発信するためにアップロードいたしました
ご視聴ありがとうございました

素人の乱の原発やめろデモ次は
6月11日全国同時超巨大デモを呼びかけ

 

※追加:デモの最後で歌われた斉藤和義作詞作曲の「ずっとウソだった」です。斉藤和義氏自身が歌う映像はこちら

【原発反対】ずっとウソだった×厚生労働省パンフレット【斉藤和義】
by gundar2
http://www.youtube.com/watch?v=4JVJs8sG5A4&fmt=18

作詞作曲:斉藤和義
「ずっとウソだった」

この国を 歩けば 原発が54基
教科書も CMも 言ってたよ 安全です

俺たちを 騙して 言い訳は 「想定外」
懐かしい あの空 くすぐったい 黒い雨

ずっとウソだったんだぜ やっぱバレてしまったな
ほんとウソだったんだぜ 原子力は安全です
ずっと嘘だったんだぜ ほうれん草食いてぇなあ
ほんと嘘だったんだぜ 気づいてたろうこの事態
風に舞う放射能はもう止められない
何人が被爆すれば気がついてくれるの この国の政府

この街を 離れて うまい水 見つけたかい?
教えてよ やっぱいいや もうどこも 逃げ場はない

間奏

ずっとクソだったんだぜ 東電も北電も 中電も九電も もう夢ばかり見てないけど
ずっとクソだったんだぜ それでも続ける気だ
ほんとクソだったんだぜ 何かがしたいこの気持ち

ずっと嘘だったんだぜ ほんとクソだったんだぜ

 

 以下、到着時に駅前ロータリーに流れたという、エリック・クラプトンの「チェンジ・ザ・ワールド」です。前奏が少し長いですがメロディラインに入れば誰でも聞いたことのある、知っている曲と気がつくはずです。

Eric Clapton - Change The World (Live Video Version)
http://www.youtube.com/watch?v=kntzQiaFzOQ&fmt=18

2009/10/26 にアップロード

始めに戻る


 右下サイドエリアにリンクをはっている、お散歩先リスト中、救援連絡センターに、HN「南十字星」さんという方のデモのレポート投稿がありました。なかなか優れたレポートと思いましたので、資料として採録しておきます。なお採録にあたり読みやすいように段落分けしました。(この方、描写力、筆力があるのに段落分けがなくてもったいないと思いました。少しだけ文章の基本を身につければプロの記者としてもやっていけるかも、。取り敢えず、ブログを始めることをお勧めしたいです。)

4・10高円寺超巨大デモに想定外の一万五千人!
http://qc.sanpal.co.jp/info/1206/

2011年5月10日 @ 5:21 PM shaco コメントなし

 トンデモないことがおこってしまった。高円寺の「素人の乱」主催の反原発デモに、デモ申請の人数をはるかに上回る15000人集まってしまったのだ。これ程まで人数が集まり、かつはじめてデモに参加した人々が多く、表現が多様なデモは、ここ近年まれに見るものであっただろう。主催側・警察側も全く予期していない事態だったことは間違いない。新しい時代の流れを印象付ける重要な1日となった、このデモのレポートをしたい。

 高円寺南口の集合地点の公園はあまりの人の多さに入りきらず歩道にも人が溢れ、主催側の誘導も警察も人手が足りず混乱状態。見渡せばツイッターで参加を呼びかけていた著名人の顔触れや、どこからともなく聞こえてくるドラムの音、待ち合わせる人たちの群れ、様々なプラカードを掲げる公園内の人々、次のデモのビラ配り、ベビーカーを押した母親、海外メディア、ピエロなど、公園内外が既に凄いことになっていて、さらに次から次へとノンストップで押し寄せる大量の人たちにデモ経験者も度肝を抜かれたことだろう。予定時間も少し延びたところで出発、デモの最後尾が公園を出たのは先頭が出発してから2時間後のことだったという。

 今回のデモの参加者は若い世代が中心で特にはじめてのデモ参加者が多かった。というのもやはり中東の革命の波と同じく、ネットの波及によって変革を望む若者が集結するという時代の特徴が日本にも当てはまると言うことが証明されたのだ。重ねて「サウンドデモ」という形態のデモであったことも、このデモに若者が集まった特徴だろう。サウンドカー2台を使いDJとバンド演奏が歩行者を盛り上げ、その他仮装した人たちや楽器隊なども場をにぎやかし、このような多様性も今までのデモの様相とは明らかに違うことは多くのネット上の映像や写真が物語っている。歩道はデモ参加者か見物人なのか分からない人々で溢れ、明らかに人不足の警察たちはどうしようもできず、青梅街道の十字路は信号機能停止にさえなった。

 菜の花片手に持つ女性や、ギターを弾き歌いながら歩くグループもいて、端から見ていて全く飽きなかった。もちろん若者だけではなく、老いも若きも赤ちゃんもいた。

 ネットの呼びかけを中心に集まった有象無象の若い世代が、慣れない「デモ」という状況を思い思いの仕方で、楽しみ、表現し、歩いたこのデモで重要だったのは、もちろん反原発という「政治的」(意味のないレッテルだが)キーワードに、若者がこの人数集まったという日本の現代史的な意味、そしてデモ参加者自身が今回の原発事故で抱えていた不安や「反・脱原発と思っているのは自分だけなのだろうか…」という居心地の悪さを一気に払拭したということがあり、特に後者は今回のデモの大きな意義だったのではないだろうか。連日のメディア報道や御用ジャーナリスト・芸能人の発言に辟易していた人たちのだれもが、このデモで解放感を得たはずだ。そして被災地以外の人間は「楽しんではいけない」といったような自粛ムードの中で、多くの人たちと交流し、出会い、自分の思いを話し、主張し、表現することが、どれだけ重要なことであるか。今回のデモを映像でみた人の中には、「若者のただの自己満足じゃないか」と言う人もいる。

 しかし、この窮屈な社会の中で、そして大震災・原発事故後の状況の中で、ひとりひとりがなぜ楽しんで、満足してはいけないのだろう。その溜まりたまったものが爆発する契機として、4・10があったのかもしれない。そこに著名な芸能人やミュージシャン、DJなどの広い支持や賛同、ネット拡散の相乗効果で起きた現象だった。すべてのタイミングはバッチリだった。

 最後の隊列が終着点の高円寺駅に到着したのは夜の7時を回っていた。終着点高円寺駅北口のロータリーは人の群れで埋め尽くされ、最後の隊列のサウンドカーがYOUTUBEで話題沸騰の斉藤和義の「ずっとウソだったんだね」を大音量で流し大合唱状態のまま駅に流れ込んだ。エリック・クラプトンの「チェンジ・ザ・ワールド」が駅前ロータリー前に到着した瞬間流れた時は言いようのない一体感を人々は味わっただろう。高円寺阿波踊りよりも駅前が人でごった返すのを見るのは初めてだという住民もいた。

 学生運動の失敗から立ち上がることが出来ていなかった70年代以降の日本社会においてひとつのターニングポイントとなる出来事だったと、このデモはこれからも評価されることになるだろうと思う。様々な考察や議論がこのデモで対してすでになされているが、ひとつひとつの議論をこれからの土台とし、生かして行けるとよいのではないだろうか。

 いま原発関連のデモや東電前の行動は絶え間なく企画されている。表現の仕方の違いはあろうとも、世代を越えて多様性を認め合いながら、様々な行動は協調してなされていくべきだと感じた。

 次の大規模なデモは6月11日の同時多発デモ。老いも若きも集まれ!
(南十字星)

始めに戻る


 

雑談日記は良質な情報への中継点
と、人気blogランキングバナー に参戦中。

(↓クリックすると拡大)
自民党は自Endバナー 自民党は自Endバナー の猫ちゃんつながりブログを倭国大乱を記録するブログの数々として見つける毎に適宜追加。但し結構忘れてます(汗)

 ココログ利用で、即行で以下のTBPライブリンクをサイドエリアへはりたければ⇒一輪のバラをクリック。

 以下、登録・スタートさせたトラックバック・ピープルです。
主権者は私たち国民自民党政治民主党政治社民党や共産党にトラックバックしてます。

 

※原発関連で3冊:

知事抹殺 つくられた福島県汚職事件 佐藤 栄佐久 (著)

原子炉時限爆弾 広瀬 隆 (著)

隠される原子力・核の真実―原子力の専門家が原発に反対するわけ 小出 裕章 (著)

|

« 災害:巨大地震や原発被災、「毎日小学生新聞」が画像表示などあり分かりやすいので資料保存。 | トップページ | 「県、爆発翌日公表せず」の拡散予測図関連ニュース、最終責任は官邸だ。3月12〜14日NHKニュース他、証拠なら沢山ある。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 5・7原発やめろ! 渋谷 超巨大サウンドデモ。:

« 災害:巨大地震や原発被災、「毎日小学生新聞」が画像表示などあり分かりやすいので資料保存。 | トップページ | 「県、爆発翌日公表せず」の拡散予測図関連ニュース、最終責任は官邸だ。3月12〜14日NHKニュース他、証拠なら沢山ある。 »