« 小沢さん、民主党HPで「国民の生活が第一」小沢ポスターのリンクが切られてるの知ってますか。 | トップページ | MBS毎日放送、たね蒔きジャーナル10月分(10/3から10/13)小出裕章氏の福島原発の話し、その他。 »

2011年10月 2日 (日)

小沢氏がビデオレター発信の約束をした。10月2日第2回目座談会、「日本を語ろうー フツーの市民vs小沢一郎」ネット中継

 小沢さんが最後の所で、ネットからビデオレターで発信する事を約束しました。画期的な事だと思います。

 

録画日時 : 2011/10/02 16:09 JST
20111002 第2回目座談会、「日本を語ろうー フツーの市民vs小沢一郎」
apfnews
http://www.ustream.tv/recorded/17634204
         
Video streaming by Ustream

始めから、参加者市民自己紹介、山崎康彦さんの挨拶と補足説明※。

※フツーの市民について:利権・特権に染まっていない普通に仕事をし生活している市民。

9分50秒、小沢さん登場。

40分から、小沢さんのマスコミ批判。対してネットメディアをなぜ重視するかについて小沢さんの考え。

47分5秒から、山崎氏「陸山会裁判判決 法治国家の終焉」について。

49分12秒から、「東日本大震災の救援・復興と福島原発の封じ込め・被爆者救済・除染など国民国家の崩壊」について。「棄民ではないか」の市民の声に対して、小沢氏の意見。

54分5秒から、小沢氏原発について大いに語る。「(要旨)本当に(福島第一原発)近所の人は帰れないですよね、本当の事を言ってあげなければ次の生活を始める気持ちにもならない、、」から始まるこの部分はぜひ見て・聴いて頂きたい部分、お勧めです。

1時間2分20秒、土壌汚染地図や海洋汚染地図や「[イラスト]これで安全ですか?給食大丈夫ですか?」を示しながらの質問。

(↓クリックすると拡大します、スクロールして見るなら
10 文部科学省による埼玉県及び千葉県の航空機モニタリングの測定結果について(文部科学省がこれまでに測定してきた範囲及び埼玉県及び千葉県内の地表面へのセシウム134、137の沈着量の合計)

文部科学省による埼玉県及び千葉県の航空機モニタリングの測定結果について(平成23年9月29日)(PDF:1829KB)の13ページより。


Photo_2 ←アメリカの海洋コンサルティング会社による海洋汚染シミュレーション地図。


Kizyun_graph1 ←小沢さんへの質問「[イラスト]これで安全ですか?給食大丈夫ですか?」を示しながら、 国際基準からみて日本の基準はゆるすぎていて、何年後かには死んでしまうような基準、国民は既に棄民されているのではないか。政府とつながっていないのではないか。

それに対する小沢さんの答え。

1時間9分40秒から、小沢さんへ、ネットビデオレターで発信する事のお願い。小沢氏並々ならぬ関心を示す。さらに、集会での挨拶やデモの先頭、5分でも歩いて頂けないかのお願いと小沢氏の答え。

1時間14分40秒から、「失われた20年 経済戦争の敗戦」についての質問と、小沢さんの考え。

1時間21分40秒から、(終了直後、この部分は圧巻)市民参加者から再度ネットのビデオレターで発信する事のお願い。テーマを決めて、5分か10分と短く、出来たら週一でネットから発信、携帯でも見られるので、若者も見ます。小沢氏、並々ならぬ関心を示す。「新聞・テレビは悪意があるからね」、、。別れ際に、小沢氏「最低でも月1回、出来れば週1回」の回答をする。「スゴイ、スゴイ」の声とともに拍手。

 

データ:
タイトル:「日本を語ろうー フツーの市民vs小沢一郎 vol.2」

日時:10月2日(日)午後4時15分より

配信先:Ustream  http://www.ustream.tv/channel/apfnews-live

    ニコニコ生放送 http://live.nicovideo.jp/

    ハッシュタグ:#ozawa_nmd

主催:「ネットメディアと主権在民を考える会」

制作・運営協力: 株式会社APF通信社※

※APF(Asia Press Front ):
有限会社APF通信社。日本の独立系ニュースプロダクション。1992年12月設立。東京都港区赤坂に本局があり、大阪とタイのバンコクに支局がある。ミャンマーのヤンゴンで取材中に軍事政権の兵士に射殺された長井健司さんが所属していた戦争・紛争地帯専門の映像取材会社。

 間違えやすいが、フランス通信社(L’Agence France-Presse、略称: AFP)とは別。


 以下、阿修羅への投稿を採録。

「裁判所が、推測や憶測で勝手に事実を認定するようになったら、、、」郷原信郎さんツイート。
http://www.asyura2.com/11/senkyo120/msg/207.html
投稿者 SOBA 日時 2011 年 10 月 02 日 08:25:21: LVbi13XrOLj/s

九州電力第三者委員会の最終報告書で陸山会判決にコメントどころではなかった郷原さんが始めて発信してくれました

http://twitter.com/#!/nobuogohara/status/120124039183351809
nobuogohara 郷原信郎
今朝のツイートでも案内しましたが、昨日の九州電力第三者委員会報告書公表の記者会見、ビデオニュースで無料放送されています。⇒videonews.com 
9時間前

http://twitter.com/#!/nobuogohara/status/120115586436042753
nobuogohara 郷原信郎
続 き)今回の事件では、裁判所は、検察が用意した検察官調書という料理を食べないでが推測、憶測で料理を作り上げた。こういうことがまかり通るのであれば、 検察官は、適当な証拠で取りあえず起訴すれば、有罪判決もあり得るなることもある、ということで、無責任な起訴がまかり通ることになってしまう
10時間前

http://twitter.com/#!/nobuogohara/status/120114901049024512
nobuogohara 郷原信郎
続 き)検察がストーリーを固定化して、それに沿う調査を不当な手段でとろうとするのも問題だが、それ以上に、その調書すら必要とせず、裁判所が、推測や憶測 で勝手に事実を認定するようになったら、不十分とはいえ、検察という組織のハードルがかかるのと比較して、さらに事態は悪化する。(続く
10時間前

http://twitter.com/#!/nobuogohara/status/120114442120867840
nobuogohara 郷原信郎
九 州電力第三者委員会も、昨日の最終報告書公表で、一応終わり。ようやく、陸山会事件の判決要旨を読んだ。唖然としたとしか言いようがない。こんな刑事判決 があり得るのか。検察の立証をベースにしてきた従来の刑事司法を、(悪い意味で)根底から覆し、裁判所が、勝手な判断ができるのといえる(続く
10時間前

http://twitter.com/#!/nobuogohara/status/119900119905746946
nobuogohara 郷原信郎
昨 日の九州電力第三者委員会報告書公表の記者会見、ビデオニュースで無料放送されています。⇒videonews.com 体力的にも限界を超えており、さ すがに疲れが顔に出ている感じもしますが、冒頭の私の10分余のコメントで、問題の本質は理解して貰えるのではないか思います。
10月1日

 

最近、判決が出た裁判内容が実に不可解だった、、、。(岡留安則の幻視行日記)
http://www.asyura2.com/11/senkyo120/msg/238.html
投稿者 SOBA 日時 2011 年 10 月 03 日 08:41:22: LVbi13XrOLj/s

最近、判決が出た裁判内容が実に不可解だった、、、。(岡留安則の幻視行日記)
http://okadome.cocolog-nifty.com/blog/2011/10/10-188e.html

SOBA:岡留さんのブログは表題がないので、文中の最初、あるいは肝部分を表題にしておきます。

(以下転載始め)

2011.10.02

■10 月某日 最近、判決が出た裁判内容が実に不可解だった。小沢一郎氏の三人の秘書に対する執行猶予付きの一審の有罪判決もあまりに杜撰な判決だった。三人の弁護団はすぐさま控訴したが、事実審理を碌にやっていない裁判官の推測に基づく判決内容だった。さらに、外務省機密文書開示裁判も、一審勝訴を全否定するお上目線の判決内容だった。密約自体は認めたものの、外務省が破棄した文書の公開の必要性はないという門前払い。国民の知る権利よりも、官僚側の立場に最大限に配慮した「反動的」判決だった。民主党の政権交代で歴代の外務大臣が全否定してきた密約問題は大きく前進するかに見えた。実際、一審判決は全面勝訴。西山太吉、澤地久江、小町谷弁護士らも大喜びだった。しかし、せっかく勝ち取った一審の画期的判決はすべて取り消された。民主党政権が霞ヶ関官僚と二人三脚の一体化作戦を取り始めたことの反映でなければ幸いだが、「民主主義」、「言論の自由」、「情報公開」、「国民の知る権利」という価値観からは大きく後退したという印象だ。

 快晴の続いた沖縄も曇り気味の空だ。福島原発から40キロも離れた浪江町でもプルトニウムが検出されたというのに、20キロ、30キロ圏からの避難解除は大丈夫なのか。裁判の反動化や福島の先行きを懸念した天気の変わりようでなければ幸いだが(苦笑)。気分晴らしに、ハーバービューホテルで開かれた宮里昭也杯(琉球新報元会長)の前夜祭パーティに参加し、翌日の琉球ゴルフ倶楽部のゴルフコンペにも参加。天気の方はまずまずだったが、参加者は63名でスコアは109と相変わらず不振。 豪華賞品付の表彰式終了後、某通信社の支局長を誘って、奥武島までとびイカを買いに行く。このとびイカはこの島でしか買えない絶品の味なのだ。夏になると、ゴルフ帰りに必ず買いに行くことにしている。この漁港の中本天ぷら屋で売られている天ぷらもおいしい。いつ行っても、行列のできる店なのだ。てんぷらの衣じたいに味がついており、イカも白身魚も野菜もおいしい。那覇に戻ると、年二回のコンペに合わせて恒例の宮里邸でのホームパーティに参加。東京からのゴルフコンペ参加者を中心に、宮里邸でごちそうになり、あれこれ語り会うのだが、東京の雰囲気が体感できるいい機会でもある。

 最近はゴルフの話を書くことが少なかったが、理由がないわけではない。今年の夏は計画節電とやらでやたら熱中症が多かったため、こちらも気分的に自粛したこともある。しかし、なぜか沖縄には熱中症で倒れる人は滅多にいない。もともと亜熱帯の島なので、日中の直射日光に慣れていることもあるのだろう。プレイ中は水や塩分もとるので別に心配することはないのだが、この夏は10月26日に集英社インターナショナルから発売される「沖縄から撃つ!」という本の執筆に専念していたため、気分的に余裕がなかったこともある。本の方は無事に脱稿し、プロモーションのために新宿ロフトでのトークショーや那覇市内のジュンク堂でのトークとサイン会など、目下スケジュール調整中である。

 かといって、ゴルフを全くやらないわけではない。先日はカヌチャゴルフでのコンペに参加したばかり。この時はスコア106、やはり進歩がないのでスコアを書きたくないのだ(苦笑)。沖縄も日中はまだ31度位だが、朝晩は幾分涼しくになってきた。そういう意味ではゴルフシーズン到来である。被災地の事を思えば、忸怩たる思いもあるが、ゴルフをやることも復興に向けたささやかな支援になるはずだ。野田内閣の震災に便乗した人為的な復興増税は、日本の経済をむしろ悪化させる可能性が高いはずだ。ほくそ笑んでいるのは、おそらく財務官僚だけではないのか。野田総理は一見可もなく不可もないように見える印象だが、実は危険な内閣になる可能性が強いという確信的な予感がする。

(以上転載終り)

 

 以下、マスゴミの反応。既に存在感も、存在意義もなし。

小沢氏「びっくりした」元秘書有罪判決批判
< 2011年10月2日 21:48 >
http://news24.jp/articles/2011/10/02/04191825.html

 民主党・小沢元代表が2日夕方、インターネット番組に出演し、自身の資金管理団体による土地購入をめぐり、元秘書3人が執行猶予付きの有罪判決を受けたことについて、「大変びっくりした」と発言した。

 この中で小沢元代表は「何の証拠もないのに、裁判官が独断でその推測に基づいて有罪を決めてしまうというのは、民主主義国家では考えられない結果だったので、本当にびっくりしています」と話した。

 さらに「一方的な意見だけで判決が左右されてしまうのか。最も国民の生命・財産・人権を守らなくてはいけない裁判所までがそういうようなことになってしまっているのが非常に心配だ」などと述べ、判決を批判した。

 

小沢元代表 ネット番組で元秘書有罪に不満タラタラ
http://www.sponichi.co.jp/society/news/2011/10/03/kiji/K20111003001748140.html

 民主党の小沢一郎元代表が2日、インターネット番組に出演し、資金管理団体「陸山会」の土地購入をめぐる収支報告書虚偽記入事件で、政治資金規正法違反罪に問われた元秘書3人を有罪とした東京地裁判決について「民主主義国家では考えられない結果だ。大変びっくりしている」と述べた。先月26日の判決後、公の場で発言するのは初めて。判決を不服とする姿勢を鮮明にした。

 番組冒頭、男性司会者から元秘書への判決について聞かれ「大変びっくりしました」と感想。その上で「何の証拠もないのに裁判官が独断で推測に基づいて有罪と決めてしまうのは民主主義国家では考えられない。独裁国家で、気に入らないヤツは有罪にしてしまえという社会なら別だが」と皮肉を込めて語った。

 東京地裁判決は、収支報告書の記載や資金移動の記録、土地取引への関与などの不自然な事実を積み重ね、元秘書側の説明は不合理と判断。小沢氏から借り入れた原資不明の4億円を隠そうと虚偽記入をしたとの結論を導いた。

 また、検察側が虚偽記入の動機としていた中堅ゼネコン「水谷建設」(三重県桑名市)からの裏献金も認定されており、小沢氏は「(裁判官は)不正な金銭授受があったことを推測で判断した」と指摘。同時に「今までの体制で既得権を持ってきた人は、私を国政の先頭に立たせてはいけないという意識を働かせている。政権交代のスケープゴートにされた」とも述べた。

 強制起訴された小沢氏の初公判は6日に控えている。

 番組名は「日本を語ろう―フツーの市民VS小沢一郎」で、今年4月に続く第2弾。司会者1人と参加者5人の質問に小沢氏が答える形で、番組は約1時間10分に及んだ。小沢氏は最近、ネット番組を活用しており、その理由については「テレビや新聞はその通りを伝えてくれない。正確に伝えてくれるネットを使っている」と説明した。

 男性参加者から「小沢さんのようなまともな政治家もいるのかと思った」と期待されると、満面の笑み。ビデオレターをネット上で公開し、定期的にメッセージを発信するよう提案されると「どうやればいい?」「短時間でもいい?」と逆質問するなど乗り気だった。

 女性参加者からは新党立ち上げの可能性についても聞かれたが「(衆院議員の任期満了まで)あと2年、国民の信頼を取り戻せるかどうかだ」とし、明言は避けた。

 ≪小沢氏「日本は未成熟」≫小沢氏は「日本はまだ本当の民主主義国家になっていない。日本人自身の意識改革が足りない」と、日本の民主主義は未成熟だとも指摘。元秘書への判決が「民主主義国家では考えられない」と述べた後、女性参加者から日本の民主主義について聞かれ、持論を述べた。その理由として「海に囲まれ、豊かな国土で平和に暮らしてきた。だから、あまり自己主張するなという風土が出来上がっている」と説明。また「日本の民主主義は誰も責任を取ろうとしない」と嘆いた。

[ 2011年10月3日 06:00 ]

 

 参考資料として採録。

2011年9月30日21時8分
ストロンチウム、最大で事故前の6倍検出 文科省調査
http://www.asahi.com/national/update/0930/TKY201109300553.html

Tky201109300605 プルトニウムとストロンチウムの沈着状況

 東京電力福島第一原発の事故で放出されたストロンチウムとプルトニウムについて、文部科学省は30日、周辺の土壌の汚染マップを初めて公表した。ストロンチウムの沈着量は原発の20キロ圏内と北西で高い傾向だった。過去の大気圏内核実験で国内に降りそそいだ放射性物質の測定の最大値の6倍のところもあった。事故によるプルトニウムも原発の敷地外で初めて検出したという。

 調査は6月から約1カ月間、福島第一原発から100キロ圏内で土壌を採取。福島県内と県境の他県の市町村(59カ所)と原発周辺(41カ所)の計100カ所で、両物質の1平方メートルあたりの核種の量を分析。1980年代までの大気圏内核実験で日本に降った放射性物質の量と比べた。

 その結果、ストロンチウム90(半減期約30年)が最も高かったのは福島県双葉町(20キロ圏内)の5700ベクレルだった。文科省が1999~2008年度に全国で測定した最大値950ベクレルの6倍。950ベクレルを上回ったのは8カ所あり、7カ所が20キロ圏内と北西方向に集中した。

 プルトニウムは238の最大値が4ベクレル、239と240が計15ベクレルで、いずれの地点でも事故前の観測での最大値を下回った。ただし、原発30キロ圏内と北西の6カ所で検出されたプルトニウムでは、核実験で検出されにくい238の比率が高いことなどから、今回の事故で新たに沈着したことが確認されたという。事故後これまでに福島第一原発の敷地内でしか、検出されていなかった。

 文科省は、最大値が検出された地点に50年間滞在した場合の被曝(ひばく)線量を計算。プルトニウム238は0.027ミリシーベルト、同239+240とストロンチウム90はともに0.12ミリシーベルトだったという。

 文科省は「プルトニウムやストロンチウムの沈着量はセシウムに比べ非常に小さい。今後の被曝の影響評価や除染対策はセシウムに着目するのが適切」としている。

    関連リンク
    福島第一原発、建屋に地下水3万5千トン流入(9/22)
    日本のプルトニウム、国内外に30トン 内閣府が報告(9/20)
    放射線量、除染なしで2年後に4割減 対策本部が試算(8/25)
    放射能汚染水、速く安く浄化 鉱山の技術応用 京大(7/10)
    海底土からストロンチウム 福島第一原発沖合3キロ(6/27)

 

汚染マップ:柏周辺6万~10万ベクレル 千葉・埼玉公表【毎日】
2011年9月29日 21時38分 更新:9月30日 1時10分
http://mainichi.jp/select/today/news/20110930k0000m040093000c.html

20110930k0000m040149000p_size5 千葉県内で放射線量が特に高かった地域

 文部科学省は29日、東京電力福島第1原発事故で生じた放射性セシウムの土壌への沈着量を、東日本全域などで航空機から測って作製を進めている汚染マップのうち、千葉県と埼玉県分を公表した。千葉県では柏、流山、我孫子、松戸市にまたがる10平方キロほどの一帯で、セシウム134と137を合わせると、福島県内の比較的汚染が少ない地域に匹敵する1平方メートルあたり6万~10万ベクレルが測定された。

 柏市は、周辺よりも放射線量が高い「ホットスポット」と指摘されており、土壌のセシウム沈着量でも確認された。また埼玉県秩父市南部の山中の一部でも、沈着量の多い場所があった。これらの地域では、事故後に放射性物質を含む雲が風で運ばれ、雨が降った際に地表に沈着したとみられる。【野田武】 
top

    【知っておきたい】福島第1原発事故 暮らしの中の対策 被ばく、どう防ぐ(9月8日掲載)
    質問なるほドリ:セシウム汚染、新米は大丈夫?=回答・井上英介(8月14日掲載)
    放射性物質処理 廃棄物、法の想定外(9月9日掲載)
    <慣れぬ土地で半年>福島第1原発事故 苦悩と不安(9月9日掲載)
    <除染には1兆円超かかる見通し>概算要求:除染に1兆数千億円…環境省、4536億円要求
    <指定解除目前>福島・南相馬で除染急ピッチ 小中学校など(9月29日掲載)

 

2011年09月30日 13時36分 UPDATE
放射性セシウムの汚染マップ、公表 (1/2)[ZAKZAK]
http://bizmakoto.jp/makoto/articles/1109/30/news045.html

福島第1原発事故を受け、文部科学省が土壌に蓄積された放射性セシウムの汚染マップを公表した。「汚染の帯」は首都圏の食を支える生産地の群馬県、栃木県にも伸び、事態は想像以上に深刻だ。

 福島第1原発事故を受け、文部科学省が県単位で公表を続ける土壌に蓄積された放射性セシウムの汚染マップが、衝撃の実態を明らかにしている。東京はこれから公表の予定だが、分布図で茨城県南部や千葉県北西部の延長線上となる地域は影響をモロに受けた可能性が高い。「汚染の帯」は首都圏の食を支える生産地の群馬県、栃木県にも伸び、事態は想像以上に深刻だ。

 文科省は29日、原発事故で放出された放射性セシウムについて、航空機で測定した千葉県と埼玉県の土壌への蓄積状況を示す分布図を公表。すでに公表された福島、栃木、茨城、群馬県などと合わせてみると、原発から南西方向に比較的高い線量の地域が帯状に伸び、首都圏まで汚染が広がっている。

 文科省は、風の影響によって原発から北西方向に広がった放射性物質が、福島市西部の山間部で南西に方向を変え、群馬県西部まで汚染が広がったと分析している。

 また原発の南方では、茨城県北部で風がいったん海側に向きを変えた後、再び陸地側に方向を変え、千葉県北西部まで到達して数値が高い地域ができたとみている。千葉県柏市や松戸市などの土壌中のセシウムは1平方メートル当たり6万~10万ベクレル、放射線量は毎時0.2~0.5マイクロシーベルトと高かった。埼玉県南東部の三郷市や西部の秩父市でも同様に高い地域があった。
Yd_map 航空機で測定した放射性セシウムの蓄積量を示す広域地図(文部科学省提供)

 岩手、東京、新潟などの周辺都県については、これから公表される予定だ。とりわけ東京23区東部の汚染は必至。実際、3月23日には葛飾区にある金町浄水場の水道水から、乳児向け基準を上回る放射性物質が検出されていた。

 放射性セシウムの「セシウム137」は半減期が約30年と長く、体内に入ると筋肉などにたまり、がんなどの原因となる。文科省によると、毎時0.2マイクロシーベルト以上だと年間被ばく線量が一般人の被ばく限度の1ミリシーベルトを超える恐れがある。

 汚染の帯に覆われた地域で、特に群馬県は全国有数の農産地として知られる。夏秋キャベツ、キュウリ、コンニャクイモの収穫量は全国1位。生乳や生しいたけの生産量は全国2位を誇る。首都東京は居住空間だけでなく、食の面からも放射能汚染の危機にさらされているようだ。

始めに戻る


 

雑談日記は良質な情報への中継点
と、人気blogランキングバナー に参戦中。

(↓クリックすると拡大)
自民党は自Endバナー 自民党は自Endバナー の猫ちゃんつながりブログを倭国大乱を記録するブログの数々として見つける毎に適宜追加。但し結構忘れてます(汗)

 ココログ利用で、即行で以下のTBPライブリンクをサイドエリアへはりたければ⇒一輪のバラをクリック。

 以下、登録・スタートさせたトラックバック・ピープルです。
主権者は私たち国民自民党政治民主党政治社民党や共産党にトラックバックしてます。

 

※原発関連で3冊:

知事抹殺 つくられた福島県汚職事件 佐藤 栄佐久 (著)

原子炉時限爆弾 広瀬 隆 (著)

隠される原子力・核の真実―原子力の専門家が原発に反対するわけ 小出 裕章 (著)

|

« 小沢さん、民主党HPで「国民の生活が第一」小沢ポスターのリンクが切られてるの知ってますか。 | トップページ | MBS毎日放送、たね蒔きジャーナル10月分(10/3から10/13)小出裕章氏の福島原発の話し、その他。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 小沢氏がビデオレター発信の約束をした。10月2日第2回目座談会、「日本を語ろうー フツーの市民vs小沢一郎」ネット中継:

« 小沢さん、民主党HPで「国民の生活が第一」小沢ポスターのリンクが切られてるの知ってますか。 | トップページ | MBS毎日放送、たね蒔きジャーナル10月分(10/3から10/13)小出裕章氏の福島原発の話し、その他。 »