« 放射線管理区域相当エリア、福島で第27回東日本女子駅伝をやった、滅び行くカルト国家、オウム真理教キチガイ国民。 | トップページ | 11月20日強行、セシウム137汚染放射線管理区域縦断、挺身隊竹槍突撃玉砕、福島被曝駅伝は文部科学省に最大の責任がある。 »

2011年11月16日 (水)

駅伝の二日後に報道発表「福島の河川など放射線測定値公表 環境省」、このカルト国家、キチガイ役所、キチガイマスゴミ。

 放射線管理区域相当エリアを走る女子駅伝は本来ならこんな格好の放射線保護衣を着て走るべきところだったんです。

 経産省HPの資料からです。詳しくは以下投稿中で、。
Photo

Radioactiveekidenmarathoninfukushim ←第6中継所。


Radioactiveekidenmarathoninfukush_2スクロールして見るなら


 福島放射能汚染駅伝が開催されたのが11月13日、なんでその翌々日15日の環境省による「福島の河川など放射線測定値公表」放射能汚染地報道発表なのか。

 環境省が駅伝の前にこの測定資料を発表していたら、マスコミがそれを問題意識を持って報道していたら、多くの若い女子ランナー達の放射能被曝駅伝をやめさせる事が出来たかも知れない。あんまりなタイミング、言葉もありません。駅伝を何が何でもやらせるために、わざと発表を遅らせたとしか思えません。

 駅伝コース、第1区信夫ヶ丘競技場から出て1.7kmくらい言った所に福島競馬場がありますが、3・11以降一切中止しています。もちろん女子駅伝のあった11月13日も中止してます。放射線管理区域相当エリアを走る女子駅伝は本来ならこんな格好の放射線保護衣を着て走るべきところだったんです

(以下記事転載始め)

福島の河川など放射線測定値公表 環境省【朝日】
http://www.asahi.com/special/10005/TKY201111150573.html

 環境省は15日、福島県内の河川や湖沼、海水浴場で9月から10月にかけて調べた放射性物質の測定結果を公表した。東京電力福島第一原発から半径20キロ圏の警戒区域内にある水辺環境での測定は初めて。放射性セシウムは土に吸着しやすいことから、同区域内を含めてすべての水質で、厚生労働省が定めた飲料水の暫定基準の1キロ当たり200ベクレルを下回った。

 調査したのは警戒区域19地点を含む同県内の193地点。このうち最も放射性物質の濃度が高かったのは警戒区域内の大柿ダム(浪江町)の27ベクレルだった。

 一方、水底や沿岸の泥や土からは高濃度の放射性物質が検出された。水底では旧緊急時避難準備区域の太田川(南相馬市)で6万ベクレル、沿岸では阿武隈川合流前の松川(福島市)で10万4千ベクレルだった。松川では空間線量も1時間当たり3.10マイクロシーベルトを記録した。※

(以上記事転載終り)

※SOBA:記事中の「阿武隈川合流前の松川(福島市)」河口沿岸って、スタートとゴール地点、信夫ヶ丘競技場から500mくらいの距離のところです。

 

環境省>放射性物質対策
原子力発電所事故による放射性物質対策
http://www.env.go.jp/jishin/rmp.html#monitoring

環境モニタリング
環境放射線等モニタリングについて
東日本大震災の被災地における放射性物質関連の環境モニタリング調査について
モニタリング結果

福島県内の公共用水域における放射性物質モニタリングの測定結果について [PDF:987KB] (平成23年11月15日)New
http://www.env.go.jp/jishin/monitoring/result_pw111116.pdf

Photo_21、←↑の8ページ目。

スクロールして見るなら


 左岸でセシウム134と137合計で10万4千ベクレル/kgであり空間線量で3.10μSv/h(平常値を高めの0.05μSv/hとして計算しても平常値の62倍)、右岸で8千900ベクレルであり空間線量で2.25μSv/h(平常値を高めの0.05μSv/hとして計算しても平常値の45倍)。また/kgを/mに換算すると、保安院の記者会見では65倍して換算するとの事なので(土を表面から5cm取ったとした場合)、65倍して換算すると、左岸で676万ベクレル/m。右岸で57万8500ベクレル/m。(※)

(※の始め、SOBA)
 ちなみに、チェルノブイリ原発事故では「148万ベクレル/m超えた地域」は立ち入り禁止強制避難区域です(Confiscated/Closed Zone)。

 「55万5千ベクレル/m越から148万Bq/mまでの地域」は永久管理地域(Permanent Control Zone)になってます。

※医療法による放射線管理区域でも、労働安全衛生法令による放射線管理区域でも、表現に若干の差はあるものの、「放射性同位元素によって表面汚染密度がアルファ線を放出しない 同位元素の場合4Bq/cmを超えるか、もしくは超えるおそれのある場所」です。

カルシウムと同じ様に体に取り込まれ、半減期が30年と長いセシウム137の場合、崩壊モードが「β, γ」なので、これに当てはまります。4Bq/cmを/mに換算し直すと「4Bq×100×100」で40,000Bq/m=4万ベクレル/mです。つまり4万ベクレル/mを超えるか、もしくは超えるおそれのある場所は放射線管理に相当する区域なのです。

http://tsukuba2011.blog60.fc2.com/blog-entry-218.html
Bq/kg→Bq/mの変換
次に、Bq/kg→Bq/mの変換です。早野先生によると、Bq/kg→Bq/mは50倍。保安院の記者会見では65倍すればいいという話らしいです。ただし、それは土を表面から5cm取ったときの話です。農水省の測定方法だと表土から15cmとるので、150倍くらいする必要があるそうです。
(※終わり)

 

 信夫ヶ丘競技場と計測地点の位置(福島第一原発との位置関係)

(クリックすると拡大します)

Photo_32、(スクロールして見るなら

←信夫ヶ丘競技場と、測定地点です。

11月15日、環境省報道発表資料「福島県内の公共用水域における放射性物質モニタリングの測定結果について」の最終ページです。


 さらに拡大、雑談日記作成のコース地図に測定地点を表示してみました。

Photo_4 3、(スクロールして見るなら

←地図右上、信夫ヶ丘競技場。その少し上のところが松川と阿武隈川が合流する直前の「朝日新聞記事中の測定地点」です。駅伝コース、第1区信夫ヶ丘競技場から出て1.7kmくらい言った所に福島競馬場があります。


Ja850px4、(スクロールして見るなら

←JRA日本中央競馬会、福島競馬場(http://www.jra.go.jp/facilities/race/fukushima/ )開催中止のお知らせをキャプチャしました。3・11以降一切中止しています。確かに若い犬や馬は人間と比べ寿命が短い分、細胞分裂も活発で放射線への感受性が人間以上に高いのかも知れないが、放射能汚染の中、馬を走らせずに乙女を走らせるとはこれいかに。ひどい話しです。


Photo_25、(スクロールして見るなら

←2でご紹介した環境省の報道発表資料別添地図に福島女子駅伝コースを重ねて表示しました。


1341376、(スクロールして見るなら)Fukushima NPP and women (young female) Ekiden Marathon running course.(2011/11/13)(福島県内の地表面へのセシウム134、137の沈着量の合計地図で)

←前記地図を参照しながら以下リンク先文科省発表資料5頁目の地図に福島女子駅伝コースを重ねて表示しました。苦労しましたがほぼ正確です。

文部科学省による福島県西部の航空機モニタリングの測定結果について(平成23年9月12日)(PDF:1221KB)
http://radioactivity.mext.go.jp/ja/1910/2011/09/1910_0912.pdf

「文部科学省による福島県西部の航空機モニタリングの測定結果について(福島県内の地表面へのセシウム134、137の沈着量の合計)」

 見て頂くと分かりますが、ほぼ全コースが10万Bq/mから30万Bq/m(100kBq/mから300kBq/m)、第1中継所の手前あたりで30万Bq/mから60万Bq/m(300kBq/mから600kBq/m)です

M_6 7、(スクロールして見るなら)Fukushima NPP and women (young female) Ekiden Marathon running course.(2011/11/13)(福島県内の地表面から1mの空間線量率の地図で)上記リンク先文科省発表資料4頁目の地図に福島女子駅伝コースを重ねて表示しました。

 

20111114 たね蒔きジャーナル 京都大学原子炉実験所助教 小出裕章
tacc77
http://youtu.be/9iWFIe_h9tQ

子供たちに関しては検出限界の低い測定器で将来の発病に備えるべき 小出裕章
http://hiroakikoide.wordpress.com/2011/11/15/tanemaki-nov14/

3分47秒からのところ要旨、
小出氏:4万ベクレル/m(Bq/m)以上の放射線管理区域と言うのは、日本の法律ではその地域に、人は住んではいけないし、その放射線管理区域からは、何一つ持ち出してはならないと言う地域。1万ベクレル/m(Bq/m)は、びっくりして私なら入らない汚染地域。※

※4万ベクレル/m(Bq/m)以上の放射線管理区域がどんな感じか探して見ました。"管理区域作業における装備他"と言う事で、「保護衣・保護具類の着用基準」と「保護衣・保護具類着用例」が分かりました。(経産省HPからです←pdfのURL)

(↓クリックすると拡大します)
Photo7、(スクロールして見るなら

←4Bq以上40Bq未満(ベクレル/cm)=4万Bq以上40万Bq未満(ベクレル/m)は汚染-C区域


Photo_28、(スクロールして見るなら

汚染-C区域での「保護衣・保護具類着用例」(赤枠内)。

って、女子駅伝はほぼ全コースが10万Bq/mから30万Bq/m(100kBq/mから300kBq/m)、第1中継所の手前あたりで30万Bq/mから60万Bq/m(300kBq/mから600kBq/mのところだから、これつけて走ってもおかしくない訳です。


阿修羅投稿についたコメント。画像や内容大幅追加後の投稿についたコメント

 

関連投稿:
11月20日強行、セシウム137汚染放射線管理区域縦断、挺身隊竹槍突撃玉砕、福島被曝駅伝は文部科学省に最大の責任がある。(11月20日福島駅伝)

放射線管理区域相当エリア、福島で第27回東日本女子駅伝をやった、滅び行くカルト国家、オウム真理教キチガイ国民。(11月13日福島女子駅伝)

 

原発を考える 広瀬隆 講演会 5/5
hiroTLR200
http://youtu.be/LPM0s5AIQ1U

始めに戻る

 

付録:

 以下、画像は下記文部科学省の報道発表リンク先より。

航空機による広域のモニタリング[文部科学省]
文部科学省(米国エネルギー省との共同を含む)による航空機モニタリング結果
http://radioactivity.mext.go.jp/ja/monitoring_around_FukushimaNPP_MEXT_DOE_airborne_monitoring/

↑の↓下記ファイル。

文部科学省による福島県西部の航空機モニタリングの測定結果について(平成23年9月12日)(PDF:1221KB)
http://radioactivity.mext.go.jp/ja/1910/2011/09/1910_0912.pdf

 スタートとゴールの信夫ヶ丘競技場は福島第一原発から約62km地点。信夫ヶ丘競技場から見て折り返し地点は、西北西の位置になります。文部科学省の汚染地図に「赤×や赤矢印、女子駅伝 信夫ヶ丘競技場」の説明を僕が加えました。

(↓クリックすると拡大します)
Photo_3 1、(スクロールして見るなら

(参考1)
文部科学省による福島県西部の航空機モニタリングの測定結果について
(文部科学省がこれまでに測定してきた範囲及び福島県西部
における地表面から1m高さの空間線量率)


Photo_4 2、(スクロールして見るなら

(参考2)
文部科学省による福島県西部の航空機モニタリングの測定結果について
(文部科学省がこれまでに測定してきた範囲及び福島県西部
の地表面へのセシウム134、137の沈着量の合計)※


Photo_5 3、(スクロールして見るなら

(参考4)
文部科学省による福島県西部の航空機モニタリングの測定結果について
(文部科学省がこれまでに測定してきた範囲及び福島県西部
の地表面へのセシウム137の沈着量)※


上の方のメモで説明したように、この二つの表示図凡例中「40kBq/m」=「4万Bq/m」を超えるか、もしくは超えるおそれのある場所は放射線管理に相当する区域になります。

 

参考:
556pxchornobyl_radiation_map_2 ←チェルノブイリ原発事故でセシウム137の濃度に基づく放射能汚染地域。(チェルノブイリ原子力発電所事故より)

Confiscated/Closed Zone
Greater than 40 curies per square kilometer (Ci/km2) of Cesium-137

SOBA:立ち入り禁止地域、セシウム137が40キュリー/km2超え。「Bq/m2」換算すると、148万ベクレル/m2超え。

Permanent Control Zone
15 to 40 Ci/km2 of Cesium-137

SOBA:永久管理地域、セシウム137が15キュリー/km2超えから40キュリー/km2まで。「Bq/m2」換算すると、55万5千ベクレル/m2越から148万Bq/m2まで。

Periodic Control Zone
5 to 15 Ci/km2 of Cesium-137

SOBA:一時的管理地域、セシウム137が5キュリー/km2超えから15キュリー/km2まで。「Bq/m2」換算すると、18万5千ベクレル/m2越から55万5千ベクレル/m2まで。

Unnamed zone
1 to 5 Ci/km2 of Cesium-137

SOBA:表中では1 to 15となっていますが、「Periodic Control Zone」で「5 to 15」とやっているので1 to 5の間違いか?セシウム137が1キュリー/km2超えから5キュリー/km2まで。「Bq/m2」換算すると、3万7千ベクレル/m2越から18万5千ベクレル/m2まで。

 

http://ekiden.fukushima-tv.co.jp/index.html

27_1321188203516


キャプチャ:HPトップ出場チームコース紹介レース速報(記録)、過去の大会

 

 以下、海外での反響。

L’ekiden de la mort…
Publié le 13 novembre 2011 par Philippe Mesmer
http://mesmer.blog.lemonde.fr/2011/11/13/lekiden-de-la-mort/

(English text follows)

La décision des autorités de la préfecture de Fukushima, la plus affectée par la crise nucléaire, de maintenir le traditionnel ekiden (駅伝, une course de relais, allant cette fois de 3 à 10 km, pour un total de 42,195 km, la distance d'un marathon) des collégiennes et lycéennes, est pour le moins discutable. Des adolescentes venues de 17 préfectures (du Tohoku, mais également de Tokyo et Yamanashi) courent la 27ème édition de cette compétition ce dimanche 13 novembre dans et autour de la ville de Fukushima.

L’évènement est organisé par la Fédération d'athlétisme du Tohoku et la télévision de Fukushima, avec le soutien du quotidien Sankei Sports, mais également de Toyota, de Citizen, de la compagnie ferroviaire JREast et l'équipementier Mizuno.

En septembre, les organisateurs affirmaient que les radiations de représentaient pas de danger. Ils précisaient avoir mesuré les niveaux de contamination radioactive le long du parcours. Selon eux, ils dépassaient les 1 microsieverts par heure mais étaient en baisse. La ville s'est même engagée à décontaminer le stade de Shinobugaoka, point de départ et d'arrivée de la course.

Dans ces conditions, pourquoi ces mêmes organisateurs ont, selon certaines sources, demandé à toutes ces jeunes filles de signer une décharge précisant:"S'il arrive quelque chose, ce ne sera pas de notre responsabilité"? Etonnant pour une compétition très populaire au Japon et dont l'essence même est de donner vigueur et bonne santé. Surprenant également sachant que les personnes les plus vulnérables aux radiations sont les plus jeunes.

 

Deadly ekiden...

It is strange to see that Fukushima prefecture authorities decided to maintain its traditionnal women junior high school and high school ekiden (駅伝, a traditionnal long-distance relay in Japan). So the 27th  edition has been held on November 13th in and around Fukushima city, one of the most radiation affected city. Girls from 17 prefectures (From Tohoku but also from Tokyo) participated.

The event is organised by Tohoku Athletic Association, along with Fukushima TV, with the support of Toyota, Mizuno, JREast (Railway company) and Citizen.

People in charge say radiations are not a danger. In Septembre, they measured the air radiation level along the course, and said it is over 1 microsievert per hour maximum but that it is trending down. Fukushima City decided to decontaminate locations including the Shinobugaoka Athletic Field which the Ekiden starts and finishes.

Based on that, why, after sources, organisers asked girls to sign a statement saying if there is a problem, it is not their responsability? It's strange for a competition that is supposed to be good for health. It is also strange because the most vulnerable persons to radiations are children.

始めに戻る


 "管理区域作業における装備他"についてのGoogle検索結果URLとスニペット部分のメモ。(阿修羅にアップ保存、その1その2 full版

http://www.google.co.jp/url?sa=t&rct=j&q=放射能 防護服着用義務 濃度&source=web&cd=1&sqi=2&ved=0CC8QFjAA&url=http://www.meti.go.jp/earthquake/nuclear/backdrop/pdf/20110911/annex2.pdf&ei=6-bFTvu0E4qEmQX01bSJCQ&usg=AFQjCNHl2dJzT8nSPxet4GgI1EwWpR77lg&cad=rja
[PDF]
1.管理区域の区域区分に係る値 2.保護衣・保護具類の着用基準 管理 ...
www.meti.go.jp/earthquake/nuclear/backdrop/pdf/.../annex2.pdf
ファイルタイプ: PDF/Adobe Acrobat - クイック ビュー
2011年9月11日 – ※3 パトロール等放射線防護上必要がないと判断した場合は、B服,Bヘルメット ... ※4 必要に応じて一般作業服あるいは一般作業用ヘルメットの代わりに着用する. ことも可とする。 ※5 必要に応じ着用する。 ..... 242Cm, 243Cm, 244Cm 放射能濃度の ..... JAS法上の産地表示義務が県単位までであることも考慮し、県域を原 ...

 

http://www.google.co.jp/url?sa=t&rct=j&q=2011年9月11日 資料集 管理区域作業における装備&source=web&cd=2&ved=0CCIQFjAB&url=http://www.meti.go.jp/earthquake/nuclear/backdrop/pdf/20110911/shiryousyu_full.pdf&ei=g-3FTvH8L43ImQWtyKyhCQ&usg=AFQjCNEN8Z6D7HGJ4YeyJPyDh5lYieB56A&cad=rja
[PDF]
添付資料集
www.meti.go.jp/earthquake/nuclear/.../20110911/shiryousyu_full.pd...
ファイルタイプ: PDF/Adobe Acrobat
2011年9月11日 – 添付資料番号. 資料名. 添付Ⅱ-1. 管理区域作業における装備他. 添付Ⅱ-2. ERSS説明資料. 添付Ⅱ-3. 住民の立入り実績の推移 ..... 2011 年 3 月 11 日に、東日本大震災に伴い東京電力福島第一原子力発電所において事故. 3. が発生し、 ...

始めに戻る


 

雑談日記は良質な情報への中継点
と、人気blogランキングバナー に参戦中。

(↓クリックすると拡大)
自民党は自Endバナー 自民党は自Endバナー の猫ちゃんつながりブログを倭国大乱を記録するブログの数々として見つける毎に適宜追加。但し結構忘れてます(汗)

 ココログ利用で、即行で以下のTBPライブリンクをサイドエリアへはりたければ⇒一輪のバラをクリック。

 以下、登録・スタートさせたトラックバック・ピープルです。
主権者は私たち国民自民党政治民主党政治社民党や共産党にトラックバックしてます。

 

※原発関連で3冊:

知事抹殺 つくられた福島県汚職事件 佐藤 栄佐久 (著)

原子炉時限爆弾 広瀬 隆 (著)

隠される原子力・核の真実―原子力の専門家が原発に反対するわけ 小出 裕章 (著)

|

« 放射線管理区域相当エリア、福島で第27回東日本女子駅伝をやった、滅び行くカルト国家、オウム真理教キチガイ国民。 | トップページ | 11月20日強行、セシウム137汚染放射線管理区域縦断、挺身隊竹槍突撃玉砕、福島被曝駅伝は文部科学省に最大の責任がある。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/91038/53260787

この記事へのトラックバック一覧です: 駅伝の二日後に報道発表「福島の河川など放射線測定値公表 環境省」、このカルト国家、キチガイ役所、キチガイマスゴミ。:

« 放射線管理区域相当エリア、福島で第27回東日本女子駅伝をやった、滅び行くカルト国家、オウム真理教キチガイ国民。 | トップページ | 11月20日強行、セシウム137汚染放射線管理区域縦断、挺身隊竹槍突撃玉砕、福島被曝駅伝は文部科学省に最大の責任がある。 »