« 2012年3月分、東京新聞「こちら特報部」のリストです。 | トップページ | 拝啓、小沢一郎様→4・8渋谷小沢一郎氏は無実デモ→4・20 STOP権力の暴走国民大集会、さあ今、闘うのは私たち国民。 »

2012年3月31日 (土)

2012年3月「首相動静」です。密会の野田ブタの首相動静記録続行です。

 野党自民党党首、谷垣氏と密会してまで消費税を上げようとする財務省のパペット(あやつり人形)野田。首相動静を続行します。

 追加して記録していきます。日付は3月31日にしておきます。「首相動静」は朝日と時事があります。先に時事の「首相動静」を採録しますが、採録をし忘れた時には朝日のを採録しておきます。

 なお、各動静記事末尾でリンク紹介されていた記事中や、その他Webで目に付いたものを資料として採録しておきます

※参考:オープン・ソース・インテリジェンス(OSINT)について

関連:
2012年2月「首相動静」です。大嘘つきの野田の首相動静記録を続行なのだ。

 

 一番下が1日、上が最新です。

首相動静(3月31日)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120401-00000000-jij-pol

時事通信 4月1日(日)0時4分配信
 午前8時現在、公邸。朝の来客なし。
 午前中は来客なく、公邸で過ごす。
 午後も来客なく、公邸で過ごす。
 1日午前0時現在、公邸。来客なし。
(了)

最終更新:4月1日(日)0時4分

 

首相動静(3月30日)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120331-00000000-jij-pol

時事通信 3月31日(土)0時7分配信
 午前6時2分、長浜博行官房副長官、手塚仁雄首相補佐官が公邸に入った。同7時2分、長浜氏が出た。同6分、手塚氏が出た。同28分から同45分まで、亀井静香国民新党代表との与党党首会談。同46分、公邸発。同48分、国会着。同49分、院内大臣室へ。同54分から同8時18分まで、安全保障会議。同23分、閣議開始。
 午前8時42分、閣議終了。同43分から同46分まで、国家公務員倫理審査会の池田修会長に辞令交付。藤村修官房長官ら同席。同52分、同室を出て、同53分、衆院第1委員室へ。同59分、衆院予算委員会開会。
 午後0時7分、衆院予算委散会。同8分、同室を出て、同11分、院内大臣室へ。
 午後0時22分、同室を出て、同24分、衆院議長応接室へ。同30分、同室を出て衆院本会議場へ。同32分、衆院本会議開会。
 午後0時43分、衆院本会議散会。同44分、衆院本会議場を出て院内大臣室へ。同52分、同室を出て、同53分、参院第1委員会室へ。同1時、参院予算委員会開会。
 午後2時35分、参院予算委散会。同36分、同室を出て、同38分、国会発。同40分、官邸着。同41分、執務室へ。
 午後3時20分、執務室を出て、同21分、官邸発。同23分、国会着。同24分、参院議長応接室へ。同27分、同室を出て参院本会議場へ。同31分、参院本会議開会。
 午後3時35分、参院本会議を途中退席し、同36分、国会発。同38分、官邸着。同39分、執務室へ。
 午後4時4分、藤村、斎藤勁正副官房長官、手塚首相補佐官が入った。同37分、藤村、斎藤両氏が出た。同52分、手塚氏が出た。同5時58分、執務室を出て、同59分、記者会見室へ。同6時から同31分まで、記者会見。同32分、同室を出て執務室へ。同40分、執務室を出て特別応接室へ。同41分から同45分まで、仲井真弘多沖縄県知事。同46分、同室を出て執務室へ。同59分、執務室を出て閣僚応接室へ。同7時から同19分まで、閣議室で臨時閣議。同20分、大会議室へ。同21分、原子力災害対策本部開始。
 午後7時40分、同本部終了。同41分、同室を出て執務室へ。同42分から同49分まで、前田武志国土交通相。同50分から同55分まで、古川元久国家戦略担当相。同56分から同8時4分まで、玄葉光一郎外相。同5分、執務室を出て、同6分、官邸発。「副大臣らが辞表を提出したが受理するのか」に「…」。同7分、公邸着。
 31日午前0時現在、公邸。来客なし。(了)

【関連記事】
【特集】日赤職員、初動の記録
原発事故対応は「大失敗」=菅直人・前首相インタビュー
険しくなった「話し合い解散」への道~野田・谷垣密会の裏事情~
「東電解体」はすでに始まっている
【特集】野田佳彦改造内閣閣僚名簿(2012年2月10日)

最終更新:3月31日(土)0時13分

 

首相動静(3月29日)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120330-00000001-jij-pol

時事通信 3月30日(金)0時3分配信
 午前8時現在、公邸。朝の来客なし。
 午前8時29分、手塚仁雄首相補佐官が入った。
 午前8時58分、手塚氏が出た。
 午前9時22分、公邸発。同24分、国会着。同25分、院内大臣室へ。同31分から同36分まで、臨時閣議。同49分、同室を出て、同54分、参院第41委員会室へ。同10時、参院総務委員会開会。
 午前11時、参院総務委を途中退席し、同2分、国会発。同5分、官邸着。同6分、執務室へ。
 午前11時25分から同42分まで、手塚首相補佐官。同43分から同54分まで、竹歳誠官房副長官。午後0時3分、執務室を出て首相会議室へ。
 午後0時26分、同室を出て執務室へ。
 午後2時1分、北村滋内閣情報官、椋木功内閣衛星情報センター所長が入った。同7分、椋木氏が出た。同25分、北村氏が出た。同26分から同42分まで、岡田克也副総理。
 午後3時29分、執務室を出て、同30分、官邸発。同31分、国会着。同33分、参院第2委員会室へ。同43分、同室を出て参院第3委員会室へ。同44分、参院財政金融委員会に出席。
 午後4時55分、参院財政金融委を途中退席し、同56分、国会発。同59分、官邸着。同5時、執務室へ。
 午後5時21分、執務室を出て、同22分、大ホールへ。同23分から同41分まで、中央防災会議。同42分、同ホールを出て特別応接室へ。同43分から同49分まで、米フェイスブックのマーク・ザッカーバーグ最高経営責任者(CEO)。長島昭久首相補佐官同席。同50分、同室を出て、同51分、執務室へ。同6時2分、同室を出て、同3分、大会議室へ。同4分、チリのピニェラ大統領との首脳会談開始。同29分、同会談終了。同30分、同室を出て、同31分、小ホールへ。同33分、首相主催の夕食会開始。
 午後7時40分、夕食会終了。同ホールを出て、同41分から同44分まで、官邸玄関でピニェラ大統領を見送り。同45分、官邸発。同46分、公邸着。同58分、亀井静香国民新党代表と会談開始。
 午後10時6分、同会談終了。
 30日午前0時現在、公邸。来客なし。(了)

【関連記事】
原発事故対応は「大失敗」=菅直人・前首相インタビュー
険しくなった「話し合い解散」への道~野田・谷垣密会の裏事情~
「東電解体」はすでに始まっている
【特集】野田佳彦改造内閣閣僚名簿(2012年2月10日)
〔写真特集〕政治家・亀井静香

最終更新:3月30日(金)0時13分

 

首相動静(3月28日)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120329-00000000-jij-pol

時事通信 3月29日(木)0時4分配信
 午前8時現在、公邸。朝の来客なし。
 午前9時37分、公邸発。同38分、官邸着。同39分から同40分まで、報道各社のインタビュー。「消費増税法案について政調会長一任という形だが受け止めを」に「この間ずっとご議論に参加していただいた皆さんに感謝申し上げたいと思います」。同41分、執務室へ。
 午前10時22分から同42分まで、木下康司財務省国際局長。
 午前11時、執務室を出て大会議室へ。同1分から正午まで、マスコミ関係者らとの子ども・子育て意見交換会。午後0時1分、同室を出て貴賓室へ。
 午後0時2分から同7分まで、日本さくらの女王玉川恵都子さんらの表敬。同8分、同室を出て執務室へ。同13分、執務室を出て首相会議室へ。
 午後0時35分、同室を出て執務室へ。
 午後2時20分、枝野幸男経済産業相、菅原郁郎経産省産業技術環境局長が入った。同28分、斎藤勁官房副長官が加わった。
 午後2時32分、藤村修官房長官が加わった。
 午後2時48分、全員出た。
 午後3時39分、執務室を出て大ホールへ。同40分から同51分まで、ボーイスカウト日本連盟「富士章」受章者の原幸弘さんらの表敬。同52分、同ホールを出て執務室へ。
 午後4時49分、執務室を出て特別応接室へ。同50分から同53分まで、海上自衛隊の加藤耕司佐世保地方総監、吉田正紀次期総監。下条みつ防衛政務官同席。同54分、同室を出て執務室へ。同5時6分、政府・民主三役会議開始。
 午後5時30分、同会議終了。
 午後6時1分、執務室を出て大会議室へ。同2分から同50分まで、イタリアのモンティ首相との首脳会談。同52分、同室を出て、同53分、南会議室へ。同54分から同7時6分まで、共同記者発表。同7分、同室を出て、同8分から同9分まで、官邸玄関でモンティ首相を見送り。同10分、官邸発。
 午後7時27分、東京・新宿の焼肉店「三宝」着。枝野経産相と会食。手塚仁雄、本多平直両首相補佐官同席。
 午後9時53分、同所発。同10時11分、公邸着。
 29日午前0時現在、公邸。来客なし。(了)

【関連記事】
【動画】軌跡を描きながら闇を裂く閃光=2011富士総合火力演習
〔終戦特集〕太平洋戦争の歴史を振り返る
【特集】米国海兵隊兵器総覧~沖縄に配備されているのは?~
【特集】無人機プレデター&リーパー~忍び寄る死神~
〔特集〕真珠湾攻撃~ワレ奇襲ニ成功セリ~

最終更新:3月29日(木)0時13分

 

首相動静(3月27日)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120328-00000000-jij-pol

時事通信 3月28日(水)0時9分配信
 27日午前、ソウル市のコンベンションセンター「COEX」で核安全保障サミットに出席。
 同日昼、COEXでサミット参加各国首脳らとのワーキングランチに出席。
 同日午後、同市のロッテ・ホテルで報道各社のインタビュー。
 同日午後、政府専用機でソウル市の金浦空港発。
(以上、現地時間)
 午後5時4分、核安全保障サミット出席を終え韓国から政府専用機で羽田空港着。同19分、同空港発。
 午後5時43分、皇居着。帰国の記帳。
 午後5時50分、皇居発。同6時、公邸着。同1分、岡田克也副総理、寺田学首相補佐官が入った。
 午後6時17分、岡田、寺田両氏が出た。
 午後6時48分、岡田副総理、民主党の輿石東幹事長、前原誠司政調会長が入った。
 午後7時43分、輿石、前原両氏が出た。同49分、岡田氏が出た。
 午後8時30分、岡田副総理が入った。
 午後9時14分、前原政調会長が加わった。同40分、輿石幹事長が加わった。
 午後9時44分、全員出た。
 28日午前0時現在、公邸。来客なし。
 28日午前3時現在、公邸。来客なし。
(了)

【関連記事】
【特集】日赤職員、初動の記録
【ルポ】重大事故から25年、チェルノブイリは今~住民いまだ帰還できず
【特集】イマドキ女子が農業変えます!~「山形ガールズ農場」の挑戦~
原発事故対応は「大失敗」=菅直人・前首相インタビュー
【特集】福島エクソダス~原発事故は何をもたらしたのか~

最終更新:3月28日(水)3時13分

 

首相動静(3月26日)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120326-00000015-jij-pol

時事通信 3月26日(月)8時11分配信
 午前7時2分、長浜博行官房副長官、手塚仁雄首相補佐官が公邸に入った。
 午前8時48分、長浜、手塚両氏が出た。同49分、公邸発。同51分、国会着。同53分、参院第1委員会室へ。同9時、参院予算委員会開会。
 午前11時54分、参院予算委休憩。同55分、同室を出て、同56分、国会発。同59分、官邸着。正午、執務室へ。
 午後0時46分、執務室を出て、同47分、官邸発。同49分、国会着。同51分、参院第1委員会室へ。同1時、参院予算委再開。
 午後5時9分、参院予算委散会。同10分、同室を出て、同12分、国会発。同14分、官邸着。同16分、執務室へ。
 午後6時26分から同29分まで、藤村修官房長官。同30分、執務室を出て、同31分から同33分まで、官邸エントランスで報道各社のインタビュー。「核安全保障サミットで北朝鮮の長距離ミサイル発射予告にどのようなメッセージを出すか」に「強く自制を求める日本の考えを各国の首脳と共有したい」。同34分、官邸発。
 午後6時55分、羽田空港着。同7時19分、核安全保障サミットに出席するため政府専用機で韓国に向けて同空港発。
(現地時間)
 26日夜、政府専用機でソウル市の金浦空港着。
 26日夜、同市のロッテ・ホテル着。同ホテル泊。(了)
(了)

【関連記事】
【動画】軌跡を描きながら闇を裂く閃光=2011富士総合火力演習
【特集】砲撃の島をゆく 台湾・金門ルポ
【特集】日赤職員、初動の記録
【特集】ガールズバンド結成、平壌でロック教室~「爆風スランプ」のファンキー末吉さん~
【ルポ】重大事故から25年、チェルノブイリは今~住民いまだ帰還できず

最終更新:3月26日(月)22時53分

 

首相動静(3月25日)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120326-00000001-jij-pol

時事通信 3月26日(月)0時3分配信
 午前10時現在、公邸。朝の来客なし。
 午前11時10分、公邸発。同11分、官邸着。同12分、執務室へ。
 午前11時28分、執務室を出て同30分、官邸4階エレベーター前でカナダのハーパー首相を出迎え。同31分から同50分まで特別応接室でハーパー首相と会談。同51分、同室を出て同52分、小ホールへ。同53分、首相主催昼食会開始。
 午後0時57分、昼食会終了。同58分、同ホールを出て、同59分、執務室へ。同1時14分、執務室を出て南会議室へ。同15分、同室を出て記者会見室へ。同17分から同23分まで、共同記者発表。同24分、同室を出て、同25分から同27分まで、官邸玄関でハーパー首相を見送り。同28分、執務室へ。同58分、執務室を出て、同59分、大会議室へ。同2時、国家戦略会議の「フロンティア分科会」委員との意見交換会開始。
 午後3時29分、意見交換会終了。同30分、同室を出て執務室へ。
 午後3時46分、執務室を出て首相会議室へ。同47分から同4時15分まで、斎藤勁官房副長官、深野弘行原子力安全・保安院長、別所浩郎外務審議官、宮川真喜雄外務省軍縮不拡散・科学部長。同16分、同室を出て執務室へ。同17分から同25分まで、斎藤氏。同30分、執務室を出て特別応接室へ。同31分から同34分まで、韓国メディア向けの核安全保障サミットに関するビデオメッセージ収録。同35分、同室を出て官邸発。同36分、公邸着。
 午後6時21分、公邸発。同24分、東京・永田町のザ・キャピトルホテル東急着。同ホテル内の日本料理店「水簾」で民主党の藤井裕久税制調査会長、田嶋要衆院議員と会食。
 午後9時15分、同所発。同17分、公邸着。
 26日午前0時現在、公邸。来客なし。(了)

【関連記事】
【特集】日赤職員、初動の記録
【ルポ】重大事故から25年、チェルノブイリは今~住民いまだ帰還できず
【特集】イマドキ女子が農業変えます!~「山形ガールズ農場」の挑戦~
原発事故対応は「大失敗」=菅直人・前首相インタビュー
【特集】福島エクソダス~原発事故は何をもたらしたのか~

最終更新:3月26日(月)0時13分

 

首相動静(3月24日)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120325-00000001-jij-pol

時事通信 3月25日(日)0時5分配信
 午前8時現在、公邸。朝の来客なし。
 午前中は来客なく、公邸で過ごす。
 午後3時44分、公邸発。同59分、東京・芝公園のホテル「ザ・プリンスパークタワー東京」着。同ホテル内のコンベンションホールで提言組織「日本アカデメイア」の交流会に出席し、講演。
 午後5時34分、同ホテル発。同52分、東京・八重洲の理容室「銀座マツナガ」着。散髪。
 午後6時45分、同所発。同58分、公邸着。
 25日午前0時現在、公邸。来客なし。(了)

最終更新:3月25日(日)0時5分

 

首相動静(3月23日)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120324-00000001-jij-pol

時事通信 3月24日(土)0時3分配信
 午前6時33分、長浜博行官房副長官、手塚仁雄首相補佐官が公邸に入った。
 午前7時47分、長浜氏が出た。同53分、手塚氏が出た。同54分、公邸発。同55分、国会着。同57分、院内大臣室へ。同8時10分、閣議開始。
 午前8時35分、閣議終了。
 午前8時48分、同室を出て、同52分、参院第1委員会室へ。同53分から同54分まで、中塚一宏内閣府副大臣。同56分から同58分まで、安住淳財務相。同9時、参院予算委員会開会。
 午前11時54分、参院予算委休憩。同55分、同室を出て、同56分、院内大臣室へ。
 午後0時17分、同室を出て、同20分、参院議長応接室へ。同27分、同室を出て参院本会議場へ。同28分から同40分まで、参院本会議。同41分、参院本会議場を出て、同42分、院内大臣室へ。同54分、同室を出て、同56分、参院第1委員会室へ。同1時、参院予算委再開。
 午後1時26分、参院予算委休憩。同50分、参院予算委再開。
 午後5時37分、参院予算委散会。同38分、同室を出て、同39分、国会発。同42分、官邸着。同43分、執務室へ。
 午後5時50分、執務室を出て大会議室へ。同51分から同6時2分まで、行政改革実行本部・国家公務員制度改革推進本部合同会合。同5分、同室を出て執務室へ。
 午後6時16分、北村滋内閣情報官、防衛省の西正典防衛政策局長、木野村謙一情報本部長が入った。同30分、西、木野村両氏が出た。同42分、北村氏が出た。
 午後6時43分から同7時11分まで、手塚首相補佐官。同36分、執務室を出て、同37分、官邸発。同39分、公邸着。
 24日午前0時現在、公邸。来客なし。
(了)

【関連記事】
公益法人向け支出を開示=独法の経理透明化
給与削減めぐり政権と対立=人勧実施訴え
AIJ委託基金、6割超で天下り=49人が役員で
首相動静(3月23日)
60歳以降は再任用=公務員の定年延長見送り

最終更新:3月24日(土)0時13分

 

首相動静(3月22日)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120323-00000000-jij-pol

時事通信 3月23日(金)0時4分配信
 午前8時現在、公邸。朝の来客なし。
 午前9時32分、公邸発。同33分、官邸着。同34分、執務室へ。
 午前9時55分から同10時まで、竹歳誠官房副長官。
 正午、執務室を出て首相会議室へ。
 午後0時22分、同室を出て執務室へ。
 午後1時55分から同2時16分まで、金澤博範防衛事務次官。
 午後2時29分、執務室を出て大ホールへ。同30分から同38分まで、民主党主催の学生インターンシップ参加者と懇談。津村啓介同党青年局長同席。同39分、同ホールを出て執務室へ。同40分から同59分まで、佐々江賢一郎外務事務次官。同3時3分、政府・民主三役会議開始。
 午後3時23分、同会議終了。同38分、枝野幸男経済産業相、安達健祐経産事務次官が入った。
 午後3時56分、枝野、安達両氏が出た。
 午後4時5分から同15分まで、岡田克也副総理。
 午後4時45分から同5時15分まで、手塚仁雄首相補佐官。同30分、執務室を出て官邸玄関ホールへ。同32分から同33分まで、クウェートのサバハ首長を出迎え、記念撮影。同34分、同ホールを出て大会議室へ。同35分から同6時10分まで、サバハ首長と会談。同13分、同室を出て南会議室へ。同15分から同19分まで、投資協定に関する署名式。同20分、同室を出て小ホールへ。同23分、首相主催夕食会開始。
 午後7時23分、夕食会終了。同24分、同ホールを出て、同26分から同28分まで、官邸玄関でサバハ首長を見送り。同29分、官邸発。同30分、公邸着。
 23日午前0時現在、公邸。来客なし。
(了)

【関連記事】
原発事故対応は「大失敗」=菅直人・前首相インタビュー
険しくなった「話し合い解散」への道~野田・谷垣密会の裏事情~
「東電解体」はすでに始まっている
【特集】野田佳彦改造内閣閣僚名簿(2012年2月10日)
60歳以降は再任用=公務員の定年延長見送り

最終更新:3月23日(金)0時13分

 

首相動静(3月21日)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120322-00000002-jij-pol

時事通信 3月22日(木)0時4分配信
 午前6時45分、長浜博行官房副長官、手塚仁雄首相補佐官が公邸に入った。同7時25分、長浜、手塚両氏が出た。
 午前7時50分、公邸発。同51分、官邸着。同52分、執務室へ。同59分、執務室を出て、同8時、閣僚応接室へ。同1分、閣議室に移り閣議開始。同7分、閣議終了。同8分、同室を出て執務室へ。
 午前8時44分、執務室を出て、同46分、官邸発。同56分、皇居着。仁実夫人と共にクウェートのサバハ首長の歓迎行事。
 午前9時47分、皇居発。同54分、国会着。同55分、参院議長応接室へ。同57分、同室を出て参院本会議場へ。同10時、参院本会議開会。
 午後0時29分、参院本会議散会。同30分、参院本会議場を出て、同31分、国会発。同33分、官邸着。同34分、執務室へ。
 午後0時41分、執務室を出て首相会議室へ。
 午後1時1分、同室を出て執務室へ。
 午後2時56分、平野達男復興相が入った。同3時1分、斎藤勁官房副長官が加わった。
 午後3時33分、平野、斎藤両氏が出た。
 午後4時30分から同50分まで、手塚首相補佐官。
 午後5時16分、執務室を出て大会議室へ。同17分から同31分まで、月例経済報告関係閣僚会議。同32分、同室を出て執務室へ。同33分から同39分まで、竹歳誠官房副長官。
 午後5時46分、執務室を出て、同47分、官邸発。同48分、公邸着。
 午後6時30分、公邸発。同39分、皇居着。仁実夫人とともにクウェートのサバハ首長歓迎の宮中晩さん会に出席。
 午後8時56分、皇居発。同9時7分、公邸着。
 22日午前0時現在、公邸。来客なし。(了)

【関連記事】
内需に上向きの動きも=景気判断は据え置き
首相動静(3月21日)
「緩やかに持ち直し」判断維持=2月の月例経済報告
景気判断、変更せず=輸出・輸入は下方修正
月例経済報告、判断据え置き=先行きは「緩やかな持ち直し」

最終更新:3月22日(木)0時13分

 

首相動静(3月20日)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120321-00000000-jij-pol

時事通信 3月21日(水)0時2分配信
 午前9時26分、公邸発。同33分、皇居着。春季皇霊祭・神殿祭の儀に出席。
 午前10時30分、皇居発。同36分、公邸着。
 午後1時30分から同57分まで、湯崎英彦広島県知事らによる表敬。同58分から同59分まで、報道各社のインタビュー。
 午後2時29分から同3時37分まで、作家の阿川佐和子氏と対談。同38分、斎藤勁官房副長官、長島昭久首相補佐官、別所浩郎外務審議官、深野弘行原子力安全・保安院長が入った。
 午後4時2分、全員出た。
 午後4時49分、公邸発。同56分、東京・虎ノ門のホテルオークラ別館着。細川護煕元首相、宮脇昭横浜国立大名誉教授と懇談。長浜博行官房副長官同席。
 午後5時40分、同所発。同45分、公邸着。
 21日午前0時現在、公邸。来客なし。(了)

【関連記事】
【特集】日赤職員、初動の記録
〔用語解説〕「原子力損害賠償紛争審査会」
首相動静(3月20日)
首相動静(3月19日)
6月に東電幹部ら告訴へ=原発事故で市民団体

最終更新:3月21日(水)0時13分

 

首相動静(3月19日)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120320-00000000-jij-pol

時事通信 3月20日(火)0時3分配信
 午前8時現在、公邸。朝の来客なし。
 午前8時50分、公邸発。同51分、官邸着。同52分、執務室へ。同9時3分、前原誠司民主党政調会長が入った。
 午前9時23分、前原氏が出た。
 午前9時36分、平野達男復興相が入った。
 午前9時53分、平野氏が出た。同54分、枝野幸男経済産業相、安達健祐経産事務次官、高原一郎資源エネルギー庁長官、深野弘行原子力安全・保安院長が入った。
 午前10時42分、安達、高原、深野各氏が出た。
 午前10時43分、斎藤勁官房副長官、仙谷由人民主党政調会長代行が加わった。同11時3分、枝野、斎藤、仙谷各氏が出た。
 午前11時11分から同32分まで、米村敏朗内閣危機管理監、北村滋内閣情報官。
 午後0時54分、執務室を出て、同55分、官邸発。同1時1分、東京・霞が関の中央合同庁舎4号館着。同3分から同14分まで、国家戦略会議の「幸福のフロンティア部会」に出席し、あいさつ。同15分、同所発。同18分、官邸着。同20分、執務室へ。
 午後3時23分、園田康博内閣府政務官、清水治内閣府審議官が入った。
 午後3時47分、園田、清水両氏が出た。
 午後4時、執務室を出て貴賓室へ。同1分から同4分まで、日本プロボクシング協会に向けたビデオメッセージ収録。同5分、同室を出て執務室へ。同30分から同59分まで、手塚仁雄首相補佐官。
 午後5時、執務室を出て、同1分、大会議室へ。同2分から同10分まで、復興推進委員会。同11分、同室を出て執務室へ。
 午後5時31分、執務室を出て、同33分、特別応接室へ。同34分から同58分まで、東ティモールのグスマン首相と首脳会談。同59分、同室を出て南会議室へ。同6時から同2分まで、円借款の供与に関する署名式。同3分、同室を出て、同4分から同5分まで、官邸玄関でグスマン首相見送り。同6分、小ホールへ。同7分、雇用戦略対話開始。
 午後6時28分、雇用戦略対話終了。同29分、同ホールを出て、同30分、執務室へ。
 午後6時31分から同49分まで、岡田克也副総理。同57分、執務室を出て、同58分、官邸発。同59分、公邸着。
 20日午前0時現在、公邸。来客なし。(了)

【関連記事】
【特集】日赤職員、初動の記録
原発事故対応は「大失敗」=菅直人・前首相インタビュー
険しくなった「話し合い解散」への道~野田・谷垣密会の裏事情~
「東電解体」はすでに始まっている
【特集】野田佳彦改造内閣閣僚名簿(2012年2月10日)

最終更新:3月20日(火)0時13分

 

首相動静(3月18日)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120319-00000001-jij-pol

時事通信 3月19日(月)0時4分配信
 午前9時11分、公邸発。同12分、官邸着。同16分、陸上自衛隊ヘリコプターで官邸屋上ヘリポート発。長島昭久首相補佐官同行。同39分、神奈川県横須賀市の防衛大学校着。
 午前9時44分から同57分まで、防大の応接室で田中直紀防衛相、五百旗頭真校長ら。同10時2分、記念講堂へ。同5分、防大卒業式開始。
 午前11時18分から同30分まで、訓示。同57分、卒業式終了。
 午後0時10分、記念講堂を出て、同13分から36分まで、学校長応接室で田中防衛相、五百旗頭校長らと昼食会。同43分、陸自ヘリで防大発。同1時16分、官邸屋上のヘリポート着。同19分、官邸発。同21分、公邸着。
 午後1時48分、仙谷由人民主党政調会長代行が入った。
 午後2時24分、仙谷氏が出た。
 19日午前0時現在、公邸。来客なし。(了)

【関連記事】
原発事故対応は「大失敗」=菅直人・前首相インタビュー
険しくなった「話し合い解散」への道~野田・谷垣密会の裏事情~
「東電解体」はすでに始まっている
【特集】野田佳彦改造内閣閣僚名簿(2012年2月10日)
首相動静(3月18日)

最終更新:3月19日(月)0時13分

 

首相動静(3月17日)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120318-00000001-jij-pol

時事通信 3月18日(日)0時2分配信
 午前8時現在、公邸。朝の来客なし。
 午前中は来客なく、公邸で過ごす。
 午後も来客なく、公邸で過ごす。
 18日午前0時現在、公邸。来客なし。(了)

最終更新:3月18日(日)0時2分

 

首相動静(3月16日)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120317-00000000-jij-pol

時事通信 3月17日(土)0時3分配信
 午前6時16分から同7時19分まで、長浜博行官房副長官、手塚仁雄首相補佐官。同28分、公邸発。同30分、国会着。同31分、院内大臣室へ。同35分から同48分まで、閣議。同49分、同室を出て、同50分、国会発。同52分、官邸着。同54分、執務室へ。
 午前8時10分から同32分まで、手塚首相補佐官。
 午前8時45分、執務室を出て、同47分、官邸発。同48分、国会着。同50分、参院第1委員会室へ。同9時、参院予算委員会開会。
 午前11時54分、参院予算委休憩。同55分、同室を出て、同58分、院内大臣室へ。午後0時5分、同室を出て、同6分、衆院本会議場へ。同12分、衆院本会議開会。同28分、衆院本会議散会。同29分、衆院本会議場を出て院内大臣室へ。
 午後0時50分、同室を出て、同51分、参院第1委員会室へ。同1時、参院予算委再開。
 午後5時4分、参院予算委散会。同5分、同室を出て、同7分、国会発。同10分、官邸着。同11分、執務室へ。
 午後5時33分、執務室を出て大会議室へ。同35分から同6時8分まで、ラオスのトンシン首相との首脳会談。藤村修官房長官同席。同11分、同室を出て南会議室へ。同12分から同19分まで、署名式。同20分、同室を出て、同21分から同22分まで、官邸玄関でトンシン首相を見送り。同23分、特別応接室へ。
 午後6時24分から同34分まで、有馬朗人元東大学長、今井敬元経団連会長ら。同35分、同室を出て執務室へ。
 午後6時45分から同7時16分まで、手塚首相補佐官。
 午後7時27分、執務室を出て、同28分、官邸発。同29分、公邸着。
 17日午前0時現在、公邸。来客なし。(了)

最終更新:3月17日(土)0時3分

 

首相動静(3月15日)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120316-00000000-jij-pol

時事通信 3月16日(金)0時2分配信
 午前8時現在、公邸。朝の来客なし。
 午前9時33分、公邸発。同34分、官邸着。同35分、執務室へ。
 午前10時、城島光力民主党国対委員長が入った。
 午前10時24分、城島氏が出た。
 午前10時25分から同51分まで、文部科学省の奥村展三副大臣、戸谷一夫研究開発局長。
 午前11時23分から同45分まで、元日本新党衆院議員の山崎広太郎、松岡満寿男、永井英慈各氏。長浜博行官房副長官、手塚仁雄首相補佐官同席。午後0時2分、執務室を出て首相会議室へ。同25分、同室を出て執務室へ。
 午後2時16分から同23分まで、国連教育科学文化機関(ユネスコ)親善大使の千玄室氏。福山哲郎民主党参院議員同席。
 午後2時35分、執務室を出て、同36分、官邸発。同46分、東京・内幸町の帝国ホテル着。同49分から同57分まで、同ホテル内の宴会場「富士の間」で日本商工会議所通常会員総会に出席し、あいさつ。同59分、同ホテル発。同3時7分、官邸着。同8分、執務室へ。
 午後3時9分から同34分まで、樽床伸二民主党幹事長代行。同35分、西村泰彦警察庁警備局長が入った。
 午後3時58分、西村氏が出た。同59分、佐々江賢一郎外務事務次官が入った。
 午後4時21分、佐々江氏が出た。
 午後4時51分、執務室を出て特別応接室へ。同52分から同5時11分まで、世界貿易機関(WTO)のラミー事務局長。同12分、同室を出て執務室へ。同15分、執務室を出て、同16分、大会議室へ。同17分から同26分まで、世界連邦推進日本協議会会長の海部俊樹元首相ら。同27分、同室を出て貴賓室へ。同28分から同33分まで、共同通信社の吉田文和編集局長が就任あいさつ。井原康宏政治部長同席。同34分、同室を出て執務室へ。
 午後5時36分から同59分まで、川端達夫総務相、後藤斎内閣府副大臣、福田昭夫総務政務官。同6時から同6分まで、竹崎博允最高裁長官。同12分、執務室を出て小ホールへ。同13分から同29分まで、水上正史駐アルゼンチン大使ら中南米大使会議出席者。同30分、同ホールを出て大ホールへ。同31分から同40分まで、米ハーバード大ケネディ行政大学院生ら。長島昭久首相補佐官同席。同41分、同ホールを出て執務室へ。
 午後7時5分から同35分まで、手塚首相補佐官。同37分、執務室を出て、同38分、官邸発。同39分、公邸着。
 16日午前0時現在、公邸。来客なし。
(了)

【関連記事】
首相動静(3月15日)
レアアース円満解決に期待=玄葉外相
産業保護の意図ない=中国商務省が公式声明
中国をWTO提訴=レアアース輸出制限で日米欧
地方給与削減「強制せず」=川端総務相

最終更新:3月16日(金)0時13分

 

首相動静(3月14日)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120315-00000001-jij-pol

時事通信 3月15日(木)0時4分配信
 午前8時2分、公邸発。同3分、官邸着。同4分、執務室へ。
 午前8時5分、長浜博行官房副長官、手塚仁雄首相補佐官が入った。
 午前9時35分、長浜、手塚両氏が出た。
 午前9時43分、執務室を出て、同44分、官邸発。同46分、国会着。同48分、参院第1委員会室へ。同55分、参院予算委員会開会。
 午前11時55分、参院予算委休憩。同56分、同室を出て、同58分、国会発。正午、官邸着。午後0時1分、執務室へ。
 午後0時46分、執務室を出て、同47分、官邸発。同49分、国会着。同51分、参院第1委員会室へ。同1時、参院予算委再開。
 午後1時21分、参院予算委休憩。同32分、同委員会再開。
 午後5時7分、参院予算委散会。同8分、同室を出て、同9分、国会発。同11分、官邸着。同13分、執務室へ。同14分、原口一博民主党衆院議員が入った。
 午後5時45分、原口氏が出た。
 午後6時1分、執務室を出て大会議室へ。同2分、男女共同参画会議開始。同6分、同会議を途中退席し、執務室へ。同7分、玄葉光一郎外相、田中直紀防衛相が入った。
 午後6時18分、玄葉氏が出た。同21分、田中氏が出た。
 午後6時22分、北村滋内閣情報官、椋木功内閣衛星情報センター所長が入った。同26分、椋木氏が出た。同43分、北村氏が出た。同49分、執務室を出て特別応接室へ。同50分から同7時まで、遠藤勝也福島県富岡町長の要望。斎藤勁官房副長官同席。同1分、同室を出て執務室へ。
 午後7時2分から同8時22分まで、手塚首相補佐官。
 午後8時48分、執務室を出て、同50分、官邸発。同9時2分、東京・麻布十番の日本料理店「有栖川食堂」着。橋本博明氏ら民主党当選1回衆院議員と会食。
 午後10時22分、同所発。同31分、公邸着。
 15日午前0時現在、公邸。来客なし。(了)

【関連記事】
【特集】日赤職員、初動の記録
原発事故対応は「大失敗」=菅直人・前首相インタビュー
険しくなった「話し合い解散」への道~野田・谷垣密会の裏事情~
「東電解体」はすでに始まっている
【特集】野田佳彦改造内閣閣僚名簿(2012年2月10日)

最終更新:3月15日(木)0時13分

 

首相動静(3月13日)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120314-00000000-jij-pol

時事通信 3月14日(水)0時5分配信
 午前6時34分、長浜博行官房副長官、手塚仁雄首相補佐官が公邸に入った。
 午前7時33分、長浜氏が出た。同54分、手塚氏が出た。同55分、公邸発。同57分、国会着。同59分、院内大臣室へ。同8時6分、災害廃棄物処理の推進に関する関係閣僚会合開始。
 午前8時22分、同会合終了。同28分、閣議開始。
 午前8時45分、閣議終了。同51分、同室を出て、同53分、参院第1委員会室へ。同9時、参院予算委員会開会。
 午前11時53分、参院予算委休憩。同54分、同室を出て、同56分、国会発。同58分、官邸着。同59分、執務室へ。
 午後0時46分、執務室を出て、同47分、官邸発。同49分、国会着。同51分、参院第1委員会室へ。同1時、参院予算委再開。
 午後4時23分、参院予算委散会。同24分、同室を出て、同26分、国会発。同28分、官邸着。同30分、執務室へ。同5時から同30分まで、手塚首相補佐官。
 午後5時44分、執務室を出て特別応接室へ。同45分から同55分まで、北方領土高校生弁論大会最優秀賞の大建千浩さんらの表敬。同56分、同室を出て執務室へ。
 午後5時57分から同6時11分まで、日独フォーラム日本側座長の茂木友三郎キッコーマン名誉会長ら。
 午後6時15分から同33分まで、長谷川真理子国家公安委員に辞令交付。松原仁国家公安委員長同席。同50分から同7時6分まで、杉山晋輔外務省アジア大洋州局長。同24分、執務室を出て、同25分、官邸発。同26分、公邸着。同32分、亀井静香国民新党代表との与党党首会談開始。
 午後9時16分、党首会談終了。
 14日午前0時現在、公邸。来客なし。(了)

【関連記事】
【特集】日本海海戦~天気晴朗ナレドモ波高シ~
【特集】尖閣諸島 緊張の海
原発事故対応は「大失敗」=菅直人・前首相インタビュー
険しくなった「話し合い解散」への道~野田・谷垣密会の裏事情~
「東電解体」はすでに始まっている

最終更新:3月14日(水)0時13分

 

首相動静(3月12日)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120313-00000000-jij-pol

時事通信 3月13日(火)0時3分配信
 午前7時1分、長浜博行官房副長官、手塚仁雄首相補佐官が公邸に入った。
 午前8時23分、長浜、手塚両氏が出た。
 午前8時40分、公邸発。同42分、国会着。同44分、参院第1委員会室へ。同55分、参院予算委員会開会。
 午前10時9分、参院予算委休憩。
 午前10時25分、参院予算委再開。
 午前11時54分、参院予算委休憩。同55分、同室を出て、同57分、国会発。正午、官邸着。午後0時1分、執務室へ。
 午後0時45分、執務室を出て、同46分、官邸発。同48分、国会着。同50分、参院第1委員会室へ。同1時、参院予算委再開。
 午後5時2分、参院予算委散会。同3分、同室を出て、同4分、国会発。同7分、官邸着。同8分、執務室へ。同12分、政府・民主三役会議開始。
 午後5時51分、同会議終了。
 午後6時29分、執務室を出て大会議室へ。同32分、モンゴルのバトボルド首相との首脳会談開始。
 午後6時57分、首脳会談終了。同58分、同室を出て、同7時、南会議室へ。同1分から同7分まで、円借款などに関する署名式。同8分、同室を出て小ホールへ。同9分、首相主催の夕食会開始。
 午後8時10分、夕食会終了。同11分、同室を出て、同12分から同17分まで、官邸玄関ホールで東日本大震災に関する写真パネル「私の復興便り」をバトボルド首相に案内、見送り。同18分、官邸発。同20分、公邸着。
 13日午前0時現在、公邸。来客なし。(了)

【関連記事】
【動画】東日本大震災から1年、復旧作業が続く被災地
【特集】日赤職員、初動の記録
〔写真特集〕東日本大震災 100枚の記録
〔写真特集〕津波、その瞬間
【特集】東日本大震災~あれから1年~

最終更新:3月13日(火)0時13分

 

首相動静(3月11日)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120312-00000000-jij-pol

時事通信 3月12日(月)0時4分配信
 午前10時現在、公邸。朝の来客なし。
 午前10時58分、岡田克也副総理、安住淳財務相、藤村修官房長官が入った。
 午後0時2分、全員出た。
 午後2時11分、公邸発。同17分、東京・隼町の国立劇場着。
 午後2時41分から同3時38分まで、国立劇場内の大劇場で政府主催の「東日本大震災1周年追悼式」に参列し、あいさつ、献花。同39分、同所発。同49分、官邸着。同50分、執務室へ。
 午後4時15分から同45分まで、斎藤勁官房副長官、手塚仁雄首相補佐官。同5時、執務室を出て、同1分、記者会見室へ。同2分から同32分まで、記者会見。同33分、同室を出て、同34分、執務室へ。同38分、執務室を出て、同39分、官邸発。同40分、公邸着。
 12日午前0時現在、公邸。来客なし。(了)

【関連記事】
【動画】東日本大震災から1年、復旧作業が続く被災地
【特集】日赤職員、初動の記録
原発事故対応は「大失敗」=菅直人・前首相インタビュー
険しくなった「話し合い解散」への道~野田・谷垣密会の裏事情~
「東電解体」はすでに始まっている

最終更新:3月12日(月)0時13分

 

首相動静(3月10日)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120311-00000001-jij-pol

時事通信 3月11日(日)0時13分配信
 午前8時現在、公邸。朝の来客なし。
 午前中は来客なく、公邸で過ごす。
 午後も来客なく、公邸で過ごす。
 11日午前0時現在、公邸。来客なし。
(了)

最終更新:3月11日(日)0時13分

 

首相動静(3月9日)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120310-00000012-jij-pol

時事通信 3月10日(土)0時41分配信
 午前6時31分、長浜博行官房副長官、手塚仁雄首相補佐官が公邸に入った。
 午前7時40分、長浜、手塚両氏が出た。同46分、公邸発。同48分、国会着。同49分、院内大臣室へ。
 午前7時54分から同8時8分まで、高度情報通信ネットワーク社会推進戦略本部。同13分から同30分まで、閣議。
 午前8時50分、同室を出て、同52分、参院第1委員会室へ。同9時、参院決算委員会開会。
 午前11時55分、参院決算委休憩。同56分、同室を出て、同57分、国会発。正午、官邸着。午後0時1分、執務室へ。
 午後0時45分、執務室を出て、同46分、官邸発。同48分、国会着。同50分、参院第1委員会室へ。同1時、参院決算委再開。
 午後4時57分、参院決算委散会。同58分、同室を出て、同5時、国会発。同3分、官邸着。同4分、執務室へ。
 午後5時30分、執務室を出て特別応接室へ。同31分から同48分まで、ウクライナのリトビン最高会議議長の表敬。同49分、同室を出て執務室へ。同6時1分、同室を出て大会議室へ。同2分から同6分まで、行政刷新会議に出席し、あいさつ。
 午後6時7分、同室を出て執務室へ。同10分から同20分まで、手塚首相補佐官。
 午後6時23分、安住淳財務相が入った。同27分、古川元久国家戦略担当相、大串博志内閣府政務官が加わった。同35分、全員出た。同37分から同7時3分まで、石原慎太郎東京都知事。長島昭久首相補佐官同席。
 午後7時5分から同16分まで、長島首相補佐官。
 午後7時53分、執務室を出て、同54分、官邸発。同56分、公邸着。
 10日午前0時現在、公邸。来客なし。
(了)

【関連記事】
原発事故対応は「大失敗」=菅直人・前首相インタビュー
険しくなった「話し合い解散」への道~野田・谷垣密会の裏事情~
「東電解体」はすでに始まっている
【特集】野田佳彦改造内閣閣僚名簿(2012年2月10日)
府省版仕分け、公開確認=刷新会議

最終更新:3月10日(土)0時43分

 

首相動静―3月8日 2012年3月8日20時21分
http://www.asahi.com/politics/update/0308/TKY201203080620.html

 【午前】7時16分、斎藤官房副長官、手塚首相補佐官。55分、両氏出る。8時23分、手塚補佐官。50分、国会。59分、衆院予算委員会。

 【午後】1時、衆院総務委員会。2時15分、衆院財務金融委員会。3時24分、岡田副総理。4時3分、衆院本会議。6時15分、与野党各会派などにあいさつ回り。藤村官房長官、安住財務相同行。34分、官邸。43分、福島県双葉町の井戸川克隆町長ら。斎藤副長官、本多首相補佐官ら同席。7時2分、外務省の杉山アジア大洋州局長。19分、手塚補佐官。46分、公邸。

 

首相動静―3月7日 2012年3月7日20時26分
http://www.asahi.com/politics/update/0307/TKY201203070599.html

 【午前】9時31分、官邸。10時28分、竹歳官房副長官。39分、中川防災相、米村内閣危機管理監。11時1分、北村内閣情報官。32分、斎藤官房副長官、岡田経産審議官。55分、岡田氏出る。

 【午後】0時1分、斎藤氏出る。3時17分、新聞・通信各社のグループインタビュー。4時、手塚首相補佐官。48分、「在米日系人リーダー招聘(しょうへい)プログラム」参加者の表敬。斎藤、長浜両官房副長官ら同席。5時32分、タイのインラック首相と首脳会談。玄葉外相、前田国交相ら同席。6時14分、共同記者発表。29分、野田首相主催の夕食会。7時46分、官邸玄関で東日本大震災の被災地写真パネルをインラック首相に紹介し、見送り。51分、公邸。

 

首相動静―3月6日 2012年3月6日21時16分
http://www.asahi.com/politics/update/0306/TKY201203060653.html

 【午前】6時31分、斎藤官房副長官、手塚首相補佐官。7時41分、両氏出る。47分、国会。55分、行政改革実行本部。8時17分、閣議。51分、衆院予算委員会。

 【午後】0時5分、官邸。49分、国会。59分、衆院予算委。3時4分、官邸。4時1分、神奈川県の黒岩祐治知事ら。細野環境相ら同席。30分、政府・民主三役会議。5時5分、同会議終了。30分、手塚補佐官。57分、中川防災相、後藤内閣府副大臣、内閣府の松元事務次官。6時30分、ソニーの中鉢良治副会長らに総合科学技術会議議員の辞令交付。藤村官房長官、古川科学技術相同席。50分、公邸。

 

首相動静―3月5日 2012年3月5日21時40分
http://www.asahi.com/politics/update/0305/TKY201203050524.html

 【午前】9時33分、官邸。34分、官邸玄関ホールで東日本大震災の被災地の写真パネルを見学。

 【午後】0時10分、岡田副総理、寺田首相補佐官、主浜総務政務官。14分、主浜氏出る。26分、全員出る。1時47分、衆院第1議員会館。48分、同会館の野田事務所。仁実夫人。2時12分、官邸。3時29分、日本鉄鋼連盟の林田英治会長、日本造船工業会の釜和明会長、日本鉱業協会の家守伸正会長、日本基幹産業労働組合連合会の神津里季生委員長、民主党の高木義明衆院議員、柳田稔参院議員。43分、全員出る。4時30分、手塚首相補佐官。5時15分、ロシアのプーチン首相と電話会談。6時、モロッコのエル・オトマニ外相による表敬。18分、斎藤官房副長官。53分、東京・紀尾井町のホテルニューオータニガーデンコート。日本料理店「千羽鶴」。小宮山宏前東大総長と食事。9時31分、公邸。

 

首相動静(3月4日)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120305-00000000-jij-pol

時事通信 3月5日(月)0時2分配信
 午前10時現在、公邸。朝の来客なし。
 午前中は来客なく、公邸で過ごす。
 午後も来客なく、公邸で過ごす。
 午後5時15分、公邸発。同31分、東京・東新橋の日本テレビ着。
 午後6時から同51分まで、報道番組に出演。同57分、同所発。同7時10分、公邸着。
 5日午前0時現在、公邸。来客なし。(了)

最終更新:3月5日(月)0時2分

 

首相動静(3月3日)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120304-00000000-jij-pol

時事通信 3月4日(日)0時3分配信
 午前8時現在、公邸。朝の来客なし。
 午前11時55分、公邸発。同57分、東京・永田町のザ・キャピトルホテル東急着。同ホテル内の日本料理店「水簾」で古賀伸明連合会長と会食。
 午後0時43分、同ホテル発。同46分、官邸着。同47分、執務室へ。
 午後2時、執務室を出て特別応接室へ。同1分から同26分まで、米CNNテレビのインタビュー。同27分、同室を出て執務室へ。
 午後2時39分、執務室を出て大ホールへ。同40分から同3時12分まで、中国の新華社通信など外国報道機関18社の共同インタビュー。同13分、同ホールを出て執務室へ。同21分、執務室を出て、同22分、官邸発。同26分、東京・霞が関の経済産業省着。同省内の講堂で「ちいさな企業未来会議」に出席し、あいさつ。同43分、同所発。同45分、公邸着。同54分、手塚仁雄首相補佐官が入った。
 午後4時39分、手塚氏が出た。
 4日午前0時現在、公邸。来客なし。(了)

最終更新:3月4日(日)0時3分

 

首相動静(3月2日)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120303-00000000-jij-pol

時事通信 3月3日(土)0時5分配信
 午前7時51分、公邸発。同53分、国会着。同54分、院内大臣室へ。同55分、少子化社会対策会議と子ども・子育て新システム検討会議の合同会議開始。
 午前8時12分、同会議終了。同17分、閣議開始。
 午前8時32分、閣議終了。同35分、院内大臣室を出て、同37分、国会発。同39分、官邸着。同40分、執務室へ。
 午前9時58分から同10時9分まで、古川元久国家戦略担当相。
 午前10時12分、増子輝彦民主党参院議員、秋葉賢也自民党衆院議員、富田茂之公明党衆院議員が入った。同20分、秋葉、富田両氏が出た。同33分、増子氏が出た。
 午前10時34分から同46分まで、枝野幸男経済産業相、安達健祐経済産業事務次官、高原一郎資源エネルギー庁長官。
 午前10時51分から同11時12分まで、復興推進委員会の五百旗頭真委員長、御厨貴委員長代理、峰久幸義復興事務次官。同13分、前原誠司民主党政調会長が入った。
 午前11時37分、前原氏が出た。
 午前11時44分、執務室を出て、同45分、官邸発。午後0時1分、東京・芝公園のホテル「ザ・プリンスパークタワー東京」着。同ホテル内のコンベンションホールで、米国商工会議所アジア太平洋協会(APCAC)米国アジア・ビジネスサミットであいさつ。同14分、同ホテル発。同26分、官邸着。同27分、執務室へ。同31分、執務室を出て首相会議室へ。同32分から同1時9分まで、細野豪志原発事故担当相。同10分、同室を出て執務室へ。
 午後2時47分から同3時6分まで、山浦善樹、宮川光治新旧最高裁判事。
 午後3時21分から同41分まで、北村滋内閣情報官。同59分から同4時32分まで、斎藤勁官房副長官、長島昭久首相補佐官。同33分、樽床伸二民主党幹事長代行が入った。
 午後5時8分、樽床氏が出た。同9分から同15分まで、手塚仁雄首相補佐官。同16分、執務室を出て大会議室へ。同17分、国家戦略会議開始。
 午後6時46分、同会議終了。同47分、同室を出て、同48分、官邸発。同7時8分、東京・銀座の日本料理店「松山」着。手塚首相補佐官、蓮舫前行政刷新担当相と会食。
 午後10時5分、同所発。同16分、公邸着。「政権発足半年だが、今後の意気込みは」に「頑張ります」。
 3日午前0時現在、公邸。来客なし。
(了)

【関連記事】
【ルポ】重大事故から25年、チェルノブイリは今~住民いまだ帰還できず
【特集】イマドキ女子が農業変えます!~「山形ガールズ農場」の挑戦~
原発事故対応は「大失敗」=菅直人・前首相インタビュー
【特集】福島エクソダス~原発事故は何をもたらしたのか~
野田首相の前に立ちはだかる「2つの敵」・政界激動は4月

最終更新:3月3日(土)0時13分

 

首相動静(3月1日)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120302-00000001-jij-pol

時事通信 3月2日(金)0時4分配信
 午前7時1分、手塚仁雄首相補佐官が公邸に入った。
 午前8時32分、手塚氏が出た。
 午前8時49分、公邸発。同51分、国会着。同52分、衆院第1委員室へ。同56分から同57分まで、渡部恒三民主党最高顧問。同59分、衆院予算委員会開会。
 午前11時57分、衆院予算委休憩。同58分、同室を出て、同59分、院内大臣室へ。午後0時2分から同3分まで、藤村修官房長官。同7分、同室を出て、同8分、衆院本会議場へ。同12分から同20分まで、衆院本会議。衆院本会議場を出て、同21分、院内大臣室へ。
 午後0時54分、同室を出て、同55分、衆院第1委員室へ。同59分、衆院予算委再開。
 午後5時4分、衆院予算委散会。同5分、同室を出て、同6分、国会発。同8分、官邸着。同9分、執務室へ。
 午後6時から同35分まで、手塚首相補佐官。同36分、執務室を出て、同37分、官邸発。同38分、公邸着。
 2日午前0時現在、公邸。来客なし。(了)

【関連記事】
残念という言葉に尽きる=ジャパンウィーク延期で
予算案、8日衆院通過へ=「暫定予算は不可避」
米朝合意を歓迎=野田首相
首相「南京と名古屋で解決を」=虐殺否定の河村市長発言
「ぶら下がり拒否」批判に反論=野田首相

最終更新:3月2日(金)0時13分

始めに戻る


 以下、資料として採録。

 

東日本大震災から1年、復旧作業が続く被災地
JiJi
http://youtu.be/5nO6inSyeUI

JiJi さんが 2012/02/29 にアップロード

2012年2月29日
 東日本大震災が発生して程なく、被災地で救助・救援活動を続ける自衛隊、海上保安庁、日本赤十字社、東京消防庁などから現地の惨状を克明に記録した映像が続々と時事通信社に届けられた。時事ドットコム編集部ではいち早く素材を編集し、動画コーナーにアップしてきた。
 今回、震災発生から1年を迎えるにあたり、動画で複数放映した東北地方の太平洋沿岸部にある宮城県石巻市、気仙沼市、仙台市、岩手県陸前高田市を訪れ、復旧・復興の状況を編集部のカメラに収めてきた。
 まず向かったのは、地震により地盤沈下が発生し、高潮の時期には、街の至るところで冠水被害の出た石巻市。訪れた時、冠水場所は見当たらなかったが、海岸寄りのマンホールからは、途切れることなく水が湧き出ていた。市内は復旧作業の真っ只中で、海に程近い住宅地では、大破した家屋をパワーショベルが取り壊し、がれきをダンプカーが運搬。海沿い道路の中央分離帯には、水産加工業者の製品が描かれた巨大タンクが横たわり、タンクが流される前に設置されていた店舗には、山積みになった缶詰が、そのままの状態で残されていた。
 次に仙台市宮城野区の湾岸地域、市中心部から車で10数分程の場所にある下水道処理施設を訪れた。津波が押し寄せた時、鉄橋の架けられた用水路が濁流となり、海岸方面の建物に波が激しく打ちつける模様を同施設の職員が撮影。震災発生から約3週間後、津波の恐ろしさを物語るこの映像が編集部に提供された。夕暮れ間近、付近に到着。用水路と鉄橋が望める場所に立ち、当時の様子を思い浮かべながら撮影した。水面には橋が映り、荒れ狂った黒い海水があふれ出ていたことなど想像もできないほど、穏やかに水が流れていた。
 2015年に発行される復興事業記念貨幣のデザインに選ばれた「奇跡の一本松」がある陸前高田市は、見渡す限りの平地となっていた。一部コンクリート製の建物が残り、がれき、土砂を積み上げた山が幾つか見える程度。ここに、本当に街があったのかと思ってしまうほど、酸鼻な光景に変貌していた。慌ただしく作業する重機のごう音が、復興ののろしを上げるがごとく、各所で勇ましく鳴り響いていた。
 大津波が船舶を押し流し、街を飲み込んだ気仙沼市では、大小の船が陸に打ち上げられたままとなっていた。大きな漁船の近くには、観光バスが停車し、カメラを構える人の姿も。街中では依然、損壊した家屋が残り、重機が慌しく動いていた。一方、復興への着実な足取りも見られ、市街地にはラーメン屋、居酒屋、八百屋などが入る復興屋台村が幾つか営業し、港近くの鮮魚店では、数多く並べられた海産物を前に、売り文句が威勢良く張りあげられていた。【時事ドットコム編集部撮影】

 

(記事採録)険しくなった「話し合い解散」への道
http://www.jiji.com/jc/v?p=foresight_9301&rel=y&g=phl

12030910 衆院本会議で自民党の谷垣禎一総裁(右手前)の代表質問を聞く野田佳彦首相=2012年1月26日、東京・国会内【時事通信社】

野田佳彦首相(民主党代表)と谷垣禎一自民党総裁が都内で極秘に会談したという情報が2月29日夜、永田町を駆け巡った。政界の歴史を振り返れば与野党党首会談そのものは決して珍しいことではない。だが、この情報は政界に異様な速度で伝わった。

 2人の会談が持つ重大な意味が、よほど鈍感な議員でないかぎり容易に理解できたからだ。2人が協議した内容は消費税増税法案成立に向けた連携と、それに連動する衆議院解散……それ以外に考えられなかった。永田町の誰もがそう推測した。解散日程の決定は、衆院議員をクビにする日が決まるということを意味する。いつの衆院選でも同じだが、選挙日程が早い方が有利と考える議員と遅い方が有利と考える議員が存在する。しかも今回は、衆院選が消費税増税法案成立前なのか後なのか、野田内閣の支持率が現状のままなのかもっと低くなるのか、橋下徹大阪市長が率いる「大阪維新の会」の勢いが今後も続くのかここから下り坂なのか――などの変数が複雑に絡み合い、有利か不利かを読みにくい状況だ。そんな中での極秘会談に、議員らは「極秘会談→消費税法案成立→衆院選近し」のシナリオを考えて困惑し、次から次へと伝えられていったのだ。

 

「幻想だ。解散するはずがない」
http://www.jiji.com/jc/v?p=foresight_9302

12240711 内閣記者会のインタビューに答える野田佳彦首相。「話し合い解散」については、「解散を道具として何かをやり遂げようという考えはない」と慎重姿勢を示した=2012年3月7日、東京・首相官邸[代表撮影]【時事通信社】

極秘会談が行なわれたのは2月25日。この情報をメディアが報じたのは29日夜のテレビと翌3月1日の新聞朝刊である。それよりも前に、すでに自民党では野田首相と谷垣氏が裏で手を結んでいる可能性がささやかれていた。27日午後、参院議員会館で記者会見した自民党の山本一太前参院政審会長は次のように看破した。
「なんとなく自民党の一部の偉い方々の中に、どうも話し合い解散の動きが出てきた気がする」
「話し合い解散」とは、与野党が合意した上で衆議院を解散することだ。一般的には、政府・与党がどうしても成立させたい法案や予算案があり、野党がそれに抵抗して衆議院解散を求めている状況があった場合に、野党が法案・予算案の成立に協力する見返りに首相が解散を断行することを指す。今回の場合、消費税増税法案を成立させたい野田首相と、早期の衆議院解散・総選挙を狙う谷垣氏が密約をかわしたのではないかと言われているわけだ。

 では、どうしても衆院選を先送りしたい勢力、言い方を変えれば早期の衆院選では不利だと思う議員たちは、どのように早期解散を阻止しようとするだろうか。

 山本氏は話し合い解散の可能性を指摘した後に続けて、「消費税増税に賛成しちゃえ、それを条件に解散させたらいいじゃないか。とにかく解散に追い込もう。そういう人がいる」と指摘した。その上で、野田首相からの話し合い解散に乗るべきではないとの立場から、こう言い放った。
「話し合い解散は幻想だ。解散するはずがない。首相が本当に政治家として消費税増税に命をかけるというのが事実ならいいが、私にはそう見えない」

 

なぜ情報は漏れたのか
http://www.jiji.com/jc/v?p=foresight_9303

12177161 厳しい表情で国会の階段を下りる野田佳彦首相。消費増税大綱に衆院議員の定数80削減を明記したことについて、自公両党から「内閣の越権だ」と批判され、野田首相はこの日の衆院予算委で「遺憾に存じ、深くおわび申し上げる」と陳謝する羽目に陥った=2012年2月23日、東京・国会内【時事通信社】

野田首相は信用できないと、山本氏は明言したのだ。山本氏の言うとおり、消費税増税法案だけが成立して、その後に野田首相が衆議院解散の約束を守らなければ、自民党は馬鹿を見る。

 この山本氏が野田首相を疑った論理こそが、早期解散を阻止するためのヒントになる。山本氏の発言は、裏を返せば、話し合い解散という密約が実現するためには双方の信頼関係が必須条件だということを意味しているからだ。当然、信頼関係が崩れれば話し合いによる早期解散は消える。そして、お気づきのとおり、信頼関係を損なう事件はすでに発生しているのだ。それは、極秘会談があったという情報が漏れたという事実である。

 両氏はともに会談があったことそのものを否定し続けたにもかかわらず、メディアは自信たっぷりに会談の事実を報じた。複数の関係者が情報を漏らしているからだ。

 うっかり漏らしてしまったのか、それとも特定の意図があって漏らしたのか。「うっかり」の場合、漏らした人物はよほどの間抜けだ。しかし、野田首相が背水の陣を敷いて取り組んでいる消費税増税法案の成立をぶち壊すような単純ミスを犯す政府・民主党関係者がいるとは想定しにくい。もちろん谷垣氏が執念を燃やす衆議院解散を潰してしまう谷垣氏側近がいるとも考えづらい。

 野田、谷垣両氏は、当然のことながら民主党内の反野田勢力や自民党内の反谷垣勢力には会談を知らせていなかっただろう。足を引っ張られる危険があるからだ。親野田、親谷垣であっても会談開催を知らせる関係者を最小限の信頼できる人物に絞っただろう。また、そうした人物に対しても、重大案件なので口外しないよう念を押していただろう。

 そうなると、情報を漏らしたのは野田首相か谷垣氏にきわめて近い人物ということになる。しかも、その人物は次期衆院選で落選の危機にある議員か、その関係者だろう。それは数人に絞られる。

 

採決先送り工作
http://www.jiji.com/jc/v?p=foresight_9304

12177368 衆議院本会議を終え議場を後にする民主党の小沢一郎元代表(中央)=2012年2月23日、東京・国会内【時事通信社】

一方、早期解散の可能性は、話し合い解散の場合だけではない。

 極秘会談前日の24日夜、石井一参院予算委員長(民主党)が首相官邸で、野田首相と会談した。約20分間の会談を終えて、記者団の前に現れた石井氏は眉間にしわを寄せながら、こう話した。
「しっかし、あの人(野田首相)は思い詰めてるねえ。消費税が葬られたら本当に信を問うかもわからんな。いや、本人がそう言うたわけではないよ。ただ、あれは本当に思い詰めてるな」
「信を問う」という政界用語は、国民が信任してくれるかどうかを選挙で国民に尋ねることを表す。つまり、衆議院を解散するという意味である。消費税増税法案が否決された場合の野田首相の決意を、石井氏は会話から読み取ったのだろう。

 もし、石井氏の読みが当たっているなら、野田首相は消費税増税法案が否決されたら衆議院を解散することになる。野田首相が法案が成立しても、密約による「話し合い解散」を企図していたとすれば、結局、成立してもしなくても解散が近いということになる。そこで、民主党内の早期解散反対派が一計を案じたのが採決先送り工作である。

 野田内閣が17日に閣議決定した「社会保障と税の一体改革」大綱には、現行5%の消費税率を2014年4月に8%、2015年10月に10%に引き上げると明記されている。よく知られているとおり、この税率引き上げ時期は、当初の議論よりも半年ずつ後ろにずらされている。昨年12月28日の段階では、8%には2013年10月、10%には2015年4月にするはずだったのだ。

 消費税率を現実に引き上げるためには、銀行のATM、スーパーのレジ、企業会計システムの変更などの整備が必要になるため、法案成立から少なくとも1年間の周知期間が必要だとされる。もし、当初案どおり2013年10月に8%に引き上げるのなら、何としてもこの通常国会で法案を成立させたいところだろう。だが、2014年4月の引き上げなら、今年秋の臨時国会や最悪でも来年の通常国会の冒頭で処理できる。民主党の小沢一郎元代表に近い有力議員らは次のように野田首相側近ら消費税増税論者を説得し、首相の外堀を埋めているのだという。
「今国会での消費税法案の成立はきわめて困難だ。その上、不成立の場合に、野田首相が衆院を解散しても勝ち目はない。結局、消費税は増税できない。だったら、次の国会に送って好機を待ちましょう」

 だが、野田首相本人には9月の民主党代表選が待ち構えている。政治生命をかけた消費税増税法案も通せず、衆院解散もできない状況では、野田首相の再選は厳しいだろう。それでも反対派の説得に乗るのかどうか。

 

「大阪維新の会」と「選挙制度改革」
http://www.jiji.com/jc/v?p=foresight_9305

11931125 大阪新年互礼会で記者団の質問に答える橋下徹大阪市長(左)と松井一郎大阪府知事=2012年1月4日、大阪国際会議場【時事通信社】

解散時期をめぐる駆け引きで、もうひとつ重要な要素となっているのが、各地で動き始めた新勢力の存在である。とりわけ、橋下徹大阪市長が率いる「大阪維新の会」の激しい勢いを目の当たりにした有力議員の中に、「維新の会の力がピークの時に選挙をするのは得策ではない」という意見が増え始めている。

 大阪維新の会に対しては、「いずれボロが出る。運動資金も枯渇する。賞味期限は案外短い」(民主党ベテラン議員)とみる議員も多い。民主党の樽床伸二幹事長代行は16日に開かれた自ら率いる議員グループ「青山会」の会合で、「維新の会は今の勢いのまま、内部をまとめることができるのだろうか」と懐疑的な見方を示した。樽床氏は衆院大阪12区選出だけに、大阪維新の会の問題は他人事ではない。これらの議員は総じて解散総選挙を来年まで先延ばしして、民主党の生き残りの道を探ろうとしているようだ。

 一方、衆院解散の時期と絡むもうひとつの要素が衆院選挙制度改革である。公明党の山口那津男代表は23日の党中央幹事会で次のように語った。
「民主党が(選挙制度改革について)与党としての責任を積極的に果たそうとせず、解散を遠のかすための言い訳に使うとすれば、それは到底、国民の理解を得られるところではない」

 衆議院は、最高裁が指摘しているように一票の格差が2倍を大きく超える違憲状態にある上に、これを是正するための衆院選挙区画定審議会が勧告期限までに区割りを決められなかったという違法状態にもある。その改善が急務となっているが、解散先送りを望む勢力はそれを逆手にとっている。「違憲、違法状態で衆院選をやるべきではない」というわけだ。

 これに対して、政府側は「違憲状態だとしても、首相の解散権は縛られない」と反論している。たしかに、法的には首相の解散権が優先されるのだろう。だが、実際問題としては、違憲、違法状態での解散は国民の理解を得にくいのも事実。山口氏は、民主党がそれを見越して衆議院を解散できない理由に使うのではないかと警戒しているのだ。

 衆院選が来年まで先送りされれば、公明党が国政選挙なみに力を入れる東京都議選、衆院選、参院選がほんの1、2カ月の間にトリプルでやって来る可能性がある。三重選挙となった場合の支持母体・創価学会の疲弊を考えれば、衆院選は年内に済ましておきたいというのが公明党の本音だろう。

 消費税増税への賛否、選挙制度改革の是非、こうした政策課題はすべて衆院解散日程に直結する。野田首相にとっては増税法案を仕上げて早期解散という流れが好ましいのだろう。だが、話し合い解散の道は情報漏洩によって険しくなった。また、大阪維新の会の勢いを弱めるには、解散を先送りすべきだという党内の意見も一理ある。野党は会期末に向けて内閣不信任決議案提出を準備している。どちらを向いても脱出口がない中、野田首相はいよいよ、この3月に消費税増税を含む一体改革関連法案を国会に提出する。そこから先の政局は、現段階で誰にも読めていないだろう。もちろん野田首相本人にも、である。

始めに戻る


※参考:オープン・ソース・インテリジェンス(Wikipediaより)

オープン・ソース・インテリジェンスまたはOSINTとは、公開情報(オープン・ソース:一般公開され利用可能な情報源)から収集された情報を元にする、(機密)情報収集の専門領域を指す。

概説

“合法的に入手出来る資料”を“合法的に調べ突き合わせる”手法で、情報源は政府の公式発表(プレスリリース)、マスメディ アによる報道、インターネット、書籍、電話帳、科学誌その他を含む。具体的には、対象国の軍の編制を割り出すために、対象国の新聞社交欄、ニュースの断 片、高級将校の異動発令などを丹念に集積し、分析するといった手法である。

細かいデータを少しずつ集めて分析するだけでも、相当な精度の情報が得られることがある。媒体入手・分析は駐在国公館で行なわれる事が多い。ラジオ放送は自国領内で受信する。

始めに戻る


 

雑談日記は良質な情報への中継点
と、人気blogランキングバナー に参戦中。

(↓クリックすると拡大)
自民党は自Endバナー 自民党は自Endバナー の猫ちゃんつながりブログを倭国大乱を記録するブログの数々として見つける毎に適宜追加。但し結構忘れてます(汗)

 ココログ利用で、即行で以下のTBPライブリンクをサイドエリアへはりたければ⇒一輪のバラをクリック。

 以下、登録・スタートさせたトラックバック・ピープルです。
主権者は私たち国民自民党政治民主党政治社民党や共産党にトラックバックしてます。

 

※原発関連で3冊:

知事抹殺 つくられた福島県汚職事件 佐藤 栄佐久 (著)

原子炉時限爆弾 広瀬 隆 (著)

隠される原子力・核の真実―原子力の専門家が原発に反対するわけ 小出 裕章 (著)

|

« 2012年3月分、東京新聞「こちら特報部」のリストです。 | トップページ | 拝啓、小沢一郎様→4・8渋谷小沢一郎氏は無実デモ→4・20 STOP権力の暴走国民大集会、さあ今、闘うのは私たち国民。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 2012年3月「首相動静」です。密会の野田ブタの首相動静記録続行です。:

« 2012年3月分、東京新聞「こちら特報部」のリストです。 | トップページ | 拝啓、小沢一郎様→4・8渋谷小沢一郎氏は無実デモ→4・20 STOP権力の暴走国民大集会、さあ今、闘うのは私たち国民。 »