« 2012年4月分、東京新聞「こちら特報部」のリストです。 | トップページ | 天木直人さんがTwitter(ツイッター)を始めましたよ⇒ツイッターを始めました(天木直人のブログ) »

2012年4月30日 (月)

2012年4月「首相動静」です。消費税&原発再稼働真理教カルト、野田ブタの首相動静記録続行です。

 野田の首相動静を続行します。

 追加して記録していきます。日付は4月30日にしておきます。「首相動静」は朝日と時事があります。先に時事の「首相動静」を採録しますが、採録をし忘れた時には朝日のを採録しておきます。

 なお、各動静記事末尾でリンク紹介されていた記事中や、その他Webで目に付いたものを資料として採録しておきます

※参考:オープン・ソース・インテリジェンス(OSINT)について

関連:
2012年3月「首相動静」です。密会の野田ブタの首相動静記録続行です。

 

 一番下が1日、上が最新です。

首相動静(4月30日)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120501-00000008-jij-pol

時事通信 5月1日(火)1時5分配信
(現地時間)
 29日午後、米アンドルーズ空軍基地着。日本大使公邸のレセプションに出席し、米レスキュー隊員らと懇談。ワシントンの迎賓館ブレアハウス泊。
 30日午前、ワシントン近郊のアーリントン国立墓地で献花。
 同日午前、ホワイトハウスでオバマ米大統領と首脳会談。(了)

【関連記事】
【特集】米国海兵隊兵器総覧~沖縄に配備されているのは?~
〔写真特集〕ロシアの「マッチョ」指導者 プーチン氏
〔写真特集〕メドベージェフ・ガールズ~セクシー衣装で熱烈支持~
アーリントン墓地に献花=首相
アジア太平洋新秩序へ連携=日米首脳、共同声明発表へ

最終更新:5月1日(火)1時8分

アジア太平洋新秩序へ連携=平和と繁栄に「役割と責任」-日米首脳、共同声明発表
http://www.jiji.com/jc/zc?k=201204/2012043000239&rel=y&g=pol

Imagephpid252046h450w450  【ワシントン時事】野田佳彦首相は30日午前(日本時間1日未明)、ホワイトハウスでオバマ米大統領と会談した。両首脳は、日米がアジア太平洋地域の平和と繁栄に「役割と責任」を果たしつつ、地域の秩序づくりへ連携していくことで一致。軍事・経済両面で台頭する中国をにらみ、安全保障協力を進展させる方針を確認。両首脳は会談後、共同記者会見に臨み、包括的な同盟深化に向けた共同声明を発表した。
 首相の公式訪米は、2009年9月の民主党政権発足後初めて。両首脳は会談で、同政権下で揺らいだ日米関係を立て直し、新たに発展させる足掛かりを築きたい考えだ。
 両政府が取りまとめた共同声明は「未来に向けた共通ビジョン」と題し、日米同盟を「アジア太平洋地域における平和、安全保障、安定の礎」と位置付けた。その上で、こうした課題を実現するため「あらゆる能力を駆使し、われわれの役割と責任を果たす」と明記。オバマ政権のアジア太平洋重視路線を踏まえ、日米が手を携えて同地域の秩序づくりを主導する姿勢を鮮明にした。
 特に、安全保障面では、先に発表した在日米軍再編計画見直しの中間報告に沿って、中国の海洋進出を念頭に、日米がともに警戒監視活動に当たり、自衛隊や米軍施設の共同使用を促進する「動的防衛協力」を打ち出した。
 一方、野田政権が交渉参加を目指す環太平洋連携協定(TPP)に関し、共同声明は「2国間協議を引き続き前進させる」と言及するにとどめた。会談で首相は、国内の根強い反対論や慎重論に配慮し、交渉参加表明を見送ったとみられる。 
 会談では、長距離弾道ミサイルを発射し、核実験の強行が懸念される北朝鮮情勢についても協議し、引き続き緊密に連携して対処していくことを確認。このほか、民主化努力が進むミャンマー情勢やイランの核開発、治安が悪化するアフガニスタンへの支援問題も議題になったとみられる。
 両首脳は、民生用原子力や宇宙分野の日米協力などを盛り込んだ関連文書も併せて公表した。(2012/05/01-03:27)

アーリントン墓地に献花=首相
http://www.jiji.com/jc/zc?k=201204/2012043000385&rel=y&g=pol

20120430at34b  【ワシントン時事】訪米中の野田佳彦首相は30日午前(日本時間同日夜)、オバマ大統領との首脳会談に先立ち、ワシントン近郊のアーリントン国立墓地を訪れ、無名戦士の墓とアフガニスタン、イラク両戦争の殉職者の墓にそれぞれ献花した。
 公式訪米した日本の首相は同墓地に献花するのが慣例。19発の礼砲に迎えられた首相は、日の丸模様に彩った花輪をささげ、深く一礼した。 (2012/04/30-23:06)

 

首相動静(4月29日)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120429-00000022-jij-pol

時事通信 4月29日(日)10時9分配信
 午前10時現在、公邸。朝の来客なし。
 午前中は来客なく、公邸で過ごす。
 午後2時32分、公邸発。
 午後2時50分、羽田空港着。同53分から同56分まで、報道各社のインタビュー。「日米首脳会談への意気込みは」に「日米同盟の今日的な意義を確認しながら、将来に向けてのビジョンを忌憚(きたん)なく意見交換したい」。同3時19分、日米首脳会談のため、政府専用機で米国に向け同空港発。(了)

【関連記事】
首相、米国へ出発=1日未明に首脳会談
野田首相、29日に訪米=同盟深化、共同声明発表へ
中間報告、実現へなおハードル=米議会、予算承認に消極姿勢
対中国で同盟深化図る=普天間固定化の懸念も
共同声明に「動的な日米防衛協力」明記=野田首相、29日から公式訪米

最終更新:4月29日(日)15時53分

 

首相動静(4月28日)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120429-00000002-jij-pol

時事通信 4月29日(日)0時3分配信
 午前8時現在、公邸。朝の来客なし。
 午前10時2分、公邸発。
 午前10時25分、東京・神南の代々木公園着。同27分から同32分まで、第83回メーデー中央大会会場内の東日本大震災被災者支援スペースで農産物などを購入。
 午前11時16分、同大会に出席し、あいさつ。同37分、同所発。同55分、公邸着。
 午後1時53分、仙谷由人民主党政調会長代行が入った。
 午後2時59分、仙谷氏が出た。同3時、山口壮外務副大臣、斎藤勁官房副長官、長島昭久首相補佐官、別所浩郎外務、岡田秀一経済産業両審議官、外務省の伊原純一北米、八木毅経済両局長が入った。
 午後3時47分、別所、岡田、伊原、八木各氏が出た。同4時1分、山口、斎藤両氏が出た。同6分、長島氏が出た。
 29日午前0時現在、公邸。来客なし。
(了)

【関連記事】
原発事故対応は「大失敗」=菅直人・前首相インタビュー
消費増税政局「衆院解散」までの読み方
「東電解体」はすでに始まっている
【特集】野田佳彦改造内閣閣僚名簿(2012年2月10日)
〔写真特集〕東日本大震災 100枚の記録

最終更新:4月29日(日)0時13分

 

首相動静(4月27日)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120428-00000001-jij-pol

時事通信 4月28日(土)0時27分配信
 午前8時現在、公邸。朝の来客なし。
 午前8時51分、公邸発。同52分、官邸着。同53分、執務室へ。
 午前8時59分、執務室を出て、同9時、閣僚応接室へ。同2分、閣議室に移り、閣議開始。
 午前9時16分、閣議終了。同17分、同室を出て執務室へ。同28分から同42分まで、玄葉光一郎外相、田中直紀防衛相、藤村修官房長官。長島昭久首相補佐官、金沢博範防衛事務次官、伊原純一外務省北米局長同席。同46分から同10時2分まで、玄葉氏。
 午前10時54分、山口壮外務副大臣、長島首相補佐官、別所浩郎外務審議官、伊原外務省北米局長が入った。
 午前11時18分、全員出た。同24分、石原慎太郎東京都知事が入った。長島首相補佐官同席。
 午前11時58分、石原、長島両氏が出た。
 午後1時15分から同20分まで、一川保夫民主党参院幹事長。同2時48分から同3時20分まで、本多平直首相補佐官。
 午後3時42分、執務室を出て、同43分、官邸発。同46分、東京・永田町の憲政記念館着。
 午後4時21分から同41分まで、「みどりの式典」に出席し、あいさつ。同42分から同50分まで、記念撮影。同5時から同31分まで、同式典のレセプションに出席。同32分、同所発。同35分、官邸着。同36分、執務室へ。
 午後5時37分から同46分まで、加藤公一民主党東京都連会長、手塚仁雄首相補佐官。同47分、執務室を出て小ホールへ。同48分から同6時2分まで、韓日協力委員会会長の南悳祐元首相、日韓協力委員会会長代行の麻生太郎元首相ら。同3分、同ホールを出て執務室へ。同14分、執務室を出て大会議室へ。同19分、地域主権戦略会議開始。
 午後7時28分、同会議終了。同29分、同室を出て執務室へ。同30分から同44分まで、長浜博行官房副長官。
 午後7時45分から同8時3分まで、手塚仁雄首相補佐官。同8分、執務室を出て、同9分、官邸発。同11分、公邸着。
 28日午前0時現在、公邸。来客なし。
(了)

【関連記事】
原発事故対応は「大失敗」=菅直人・前首相インタビュー
消費増税政局「衆院解散」までの読み方
「東電解体」はすでに始まっている
【特集】野田佳彦改造内閣閣僚名簿(2012年2月10日)
野田首相と韓国元首相が会談

最終更新:4月28日(土)0時28分

 

首相動静(4月26日)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120427-00000000-jij-pol

時事通信 4月27日(金)0時3分配信
 午前8時現在、公邸。朝の来客なし。
 午前9時11分、公邸発。同12分、官邸着。同13分、執務室へ。同14分、米倉弘昌経団連会長が入った。
 午前9時30分、米倉氏が出た。同46分、執務室を出て小ホールへ。同47分、政府・連合トップ会談開始。
 午前10時26分、同会談終了。同27分、同ホールを出て、同28分、執務室へ。
 午前10時30分から同48分まで、中川正春公務員制度改革担当相。
 午前11時59分、執務室を出て首相会議室へ。
 午後0時22分、同室を出て執務室へ。
 午後0時50分、執務室を出て、同51分、官邸発。同53分、国会着。同54分、衆院本会議場へ。同1時2分から同12分まで、衆院本会議。同13分、衆院本会議場を出て、同14分、国会発。同16分、官邸着。同17分、執務室へ。
 午後2時30分から同46分まで、松原仁拉致問題担当相。
 午後2時47分から同58分まで、金沢博範防衛事務次官。
 午後4時1分から同15分まで、岡田克也副総理。
 午後4時29分、執務室を出て大会議室へ。同30分から同5時まで、中日友好協会の唐家セン会長が表敬。斎藤勁、長浜博行両官房副長官、長島昭久首相補佐官同席。同1分、同室を出て執務室へ。同5分、北村滋内閣情報官、防衛省の木野村謙一情報本部長、石塚泰久官房審議官が入った。同14分、木野村、石塚両氏が出た。同30分、北村氏が出た。
 午後5時45分から同6時15分まで、手塚仁雄首相補佐官。同42分、執務室を出て大会議室へ。同43分から同54分まで、カンボジアのチャム・プラシット商業相ら東南アジア諸国連合(ASEAN)各国経済閣僚ら表敬。岡田秀一経済産業審議官同席。同55分、同室を出て、同56分、官邸発。同7時、東京・赤坂のANAインターコンチネンタルホテル東京着。同ホテル内の中国料理店「花梨」で石井一参院予算委員長らと会食。水岡俊一首相補佐官同席。
 午後9時9分、同ホテル発。同16分、公邸着。
 27日午前0時現在、公邸。来客なし。(了)

【関連記事】
原発事故対応は「大失敗」=菅直人・前首相インタビュー
消費増税政局「衆院解散」までの読み方
「東電解体」はすでに始まっている
【特集】野田佳彦改造内閣閣僚名簿(2012年2月10日)
ASEANとの連携に意欲=野田首相

最終更新:4月27日(金)0時13分

 

首相動静(4月25日)
headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120426-00000001-jij-pol

時事通信 4月26日(木)0時7分配信
 午前8時現在、公邸。朝の来客なし。
 午前9時32分、公邸発。同33分、官邸着。同34分、執務室へ。
 午前11時1分、北村滋内閣情報官、椋木功内閣衛星情報センター所長が入った。同9分、椋木氏が出た。同19分、北村氏が出た。
 正午、執務室を出て首相会議室へ。
 午後0時21分、首相会議室を出て執務室へ。
 午後2時25分、新党大地・真民主の鈴木宗男代表、手塚仁雄首相補佐官が入った。
 午後2時51分、鈴木、手塚両氏が出た。同3時、執務室を出て、同1分、官邸発。同6分、東京・隼町の国立劇場着。
 午後3時31分から同4時12分まで、同劇場内の大劇場で日本国際賞授賞式に出席し、あいさつ。同14分、同所発。同27分、官邸着。同29分、執務室へ。
 午後4時30分から同45分まで、西宮伸一外務審議官。同5時1分、執務室を出て特別応接室へ。同2分から同13分まで、経済協力開発機構(OECD)のグリア事務総長。同14分、同室を出て執務室へ。同20分から同44分まで、手塚首相補佐官。
 午後5時45分から同58分まで、石井一参院予算委員長。
 午後6時23分から同7時5分まで、斎藤勁官房副長官、長島昭久首相補佐官。同11分、執務室を出て、同12分、官邸発。同13分、公邸着。
 26日午前0時現在、公邸。来客なし。(了)

 

    2012年4月24日22時0分
首相動静―4月24日
http://www.asahi.com/politics/update/0424/TKY201204240621.html

 【午前】9時2分、官邸。12分、閣議。25分、閣議終了。10時26分、皇居。春の叙勲の内奏。11時23分、官邸。

 【午後】1時51分、小貫芳信、古田佑紀新旧最高裁判事。2時26分、衆院第1議員会館。29分、同会館の歯科診療室で治療。54分、官邸。3時57分、竹歳官房副長官。4時9分、同氏出る。5時、手塚首相補佐官。23分、経済同友会の長谷川閑史代表幹事。43分、同氏出る。6時54分、公邸。55分、参院の平田議長、尾辻副議長、水岡首相補佐官。9時5分、平田、尾辻両氏出る。7分、水岡氏出る。

 

首相動静(4月23日)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120423-00000014-jij-pol

時事通信 4月23日(月)8時5分配信
 午前8時現在、公邸。朝の来客なし。
 午前9時20分、公邸発。同22分、官邸着。同23分、執務室へ。同29分から同33分まで、小宮山洋子厚生労働相に少子化担当相の補職辞令交付。藤村修官房長官同席。同34分から同38分まで、小宮山厚労相。同51分から同57分まで、岡田克也副総理。
 午前10時59分、執務室を出て特別応接室へ。同11時から同26分まで、井川直樹日本青年会議所会頭と対談。手塚仁雄首相補佐官同席。同27分、同室を出て執務室へ。
 午前11時33分から同51分まで、堀江良一駐スーダン大使、大塚聖一駐レバノン大使。同56分、執務室を出て首相会議室へ。
 午後0時17分、同室を出て執務室へ。
 午後0時31分、執務室を出て、同32分、官邸発。同40分、東京・赤坂のTBS着。
 午後0時57分から同1時36分まで、TBSの番組収録。同43分、同所発。同49分、官邸着。同50分、執務室へ。
 午後2時14分から同17分まで、本多平直首相補佐官。
 午後4時26分、古川元久国家戦略担当相が入った。
 午後5時6分、古川氏が出た。
 午後5時7分から同30分まで、手塚首相補佐官。同51分、執務室を出て、同52分、官邸発。同57分、東京・虎ノ門のホテルオークラ着。同59分、同ホテル内の宴会場「平安の間」へ。同6時1分、故鷲尾悦也元連合会長の「お別れの会」に出席。同31分、同宴会場を出て、同32分、同ホテル発。同37分、公邸着。(了)

【関連記事】
【ルポ】延命か崩壊か シリア・アサド政権
原発事故対応は「大失敗」=菅直人・前首相インタビュー
消費増税政局「衆院解散」までの読み方
「東電解体」はすでに始まっている
【特集】野田佳彦改造内閣閣僚名簿(2012年2月10日)

最終更新:4月23日(月)19時48分

 

首相動静(4月22日)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120423-00000000-jij-pol

時事通信 4月23日(月)0時4分配信
 午前10時現在、公邸。朝の来客なし。
 午前中は来客なく、公邸で過ごす。
 午後4時30分、公邸発。同35分、東京・紀尾井町のホテルニューオータニ着。同ホテル内の理容室「ヘアサロンONO」で散髪。
 午後5時51分から同6時14分まで、同ホテル内の控室。同16分、同ホテル発。同27分、東京・虎ノ門のホテルオークラ別館着。同ホテル内の宴会場「オーチャードルーム」で、日米欧の有識者による研究討論会「三極委員会第43回東京総会」に出席し、あいさつ。同41分、同ホテル発。同49分、ホテルニューオータニ着。同ホテル内の宴会場「鳳凰の間」で民主党懇親会に出席し、あいさつ。
 午後6時58分、同宴会場を出て、同7時、同ホテル内のイタリア料理店「リストランテ ベッラヴィスタ」着。同40分から同8時59分まで、政府・民主三役会議のメンバーと懇談。
 午後9時1分、同ホテル発。同6分、公邸着。
 23日午前0時現在、公邸。来客なし。(了)

最終更新:4月23日(月)0時4分

 

首相動静(4月21日)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120422-00000000-jij-pol

時事通信 4月22日(日)0時2分配信
 午前7時46分、公邸発。同55分、東京・元赤坂の迎賓館着。
 午前8時40分から同51分まで、玄関ホールで日本・メコン地域諸国首脳会議に出席するタイのインラック首相らを出迎え。同52分から同54分まで、「彩鸞の間」で記念撮影。同56分、「羽衣の間」で首脳会議開始。
 午前10時30分、同会議終了。同47分から同11時10分まで、「花鳥の間」で共同記者発表。同26分、同所発。同33分、公邸着。
 午後1時46分、公邸発。同54分、迎賓館着。
 午後3時1分、「朝日の間」でカンボジアのフン・セン首相との首脳会談開始。前田武志国土交通相同席。
 午後3時42分、同会談終了。同45分から同55分まで、「彩鸞の間」で無償資金協力に関する署名式。共同記者発表。
 午後4時19分、「朝日の間」でベトナムのグエン・タン・ズン首相との首脳会談開始。前田国交相同席。
 午後5時4分、同会談終了。同30分、「朝日の間」でミャンマーのテイン・セイン大統領との首脳会談開始。枝野幸男経済産業相、前田国交相同席。
 午後6時33分、同会談終了。同36分から同54分まで、「彩鸞の間」で無償資金協力に関する署名式。共同記者発表。同7時10分、「小食堂」で首相主催の夕食会開始。
 午後8時15分、夕食会終了。同20分、同所発。同26分、公邸着。
 22日午前0時現在、公邸。来客なし。(了)

【関連記事】
首相動静(4月21日)
TPP参加「一刻も早く」=推進派国民会議
中小企業の経営支援策を策定=来年3月末の円滑化法終了で
枝野氏事務所に脅迫メール=「爆発物送る」男を逮捕
TPP参加表明が急務=経産相に要請

最終更新:4月22日(日)0時13分

 

首相動静(4月20日)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120420-00000034-jij-pol

時事通信 4月20日(金)8時5分配信
 午前8時現在、公邸。朝の来客なし。
 午前9時9分、公邸発。同10分、官邸着。同11分、執務室へ。同19分、同室を出て、同20分、閣僚応接室へ。同21分、閣議室に移り閣議開始。同31分、閣議終了。同32分、同室を出て執務室へ。
 午前9時33分から同34分まで、玄葉光一郎外相。
 正午、執務室を出て首相会議室へ。
 午後0時21分、同室を出て執務室へ。
 午後1時58分、長島昭久首相補佐官、伊原純一外務省北米局長、西正典防衛省防衛政策局長が入った。
 午後2時15分、西氏が出た。同18分、伊原氏が出た。同25分、長島氏が出た。
 午後5時26分、古川元久国家戦略担当相、内閣府の後藤斎副大臣、松元崇事務次官が入った。
 午後5時51分、後藤氏が出た。同58分、古川、松元両氏が出た。同59分、前原誠司民主党政調会長が入った。
 午後6時12分、前原氏が出た。
 午後6時13分から同26分まで、手塚仁雄首相補佐官。同27分、執務室を出て、同28分、官邸発。同39分、東京・元赤坂の迎賓館着。同7時、日本・メコン地域諸国首脳会議参加者との首相主催夕食会開始。
 午後8時30分、夕食会終了。同39分、同所発。同47分、公邸着。(了)

【関連記事】
原発事故対応は「大失敗」=菅直人・前首相インタビュー
消費増税政局「衆院解散」までの読み方
「東電解体」はすでに始まっている
【特集】野田佳彦改造内閣閣僚名簿(2012年2月10日)
ミャンマーに円借款再開=21日の首脳会談で表明へ

最終更新:4月20日(金)21時3分

 

首相動静(4月19日)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120420-00000000-jij-pol

時事通信 4月20日(金)0時2分配信
 午前8時現在、公邸。朝の来客なし。
 午前9時30分、公邸発。同31分、官邸着。同32分、執務室へ。
 午前9時33分から同43分まで、松原仁拉致問題担当相。同46分、執務室を出て特別応接室へ。同47分から同57分まで、日・EUビジネス・ラウンドテーブルの米倉弘昌日本側共同議長が表敬。長浜博行官房副長官同席。同58分、同室を出て執務室へ。
 午前10時30分、下地幹郎国民新党幹事長が入った。
 午前10時50分、下地氏が出た。
 午前11時、執務室を出て特別応接室へ。同1分から同34分まで、米紙ワシントン・ポストのインタビュー。同35分、同室を出て執務室へ。
 午後0時2分、執務室を出て首相会議室へ。同3分、政府・民主三役会議開始。
 午後1時2分、同会議終了。同3分、同室を出て執務室へ。
 午後1時30分、執務室を出て、同31分、官邸発。同41分、東京・元赤坂の赤坂御苑着。仁実夫人とともに春の園遊会出席。
 午後2時48分、同所発。同56分、官邸着。同57分、執務室へ。
 午後3時34分から同41分まで、本多平直首相補佐官。
 午後3時57分から同4時24分まで、岡田秀一経済産業審議官。同30分から同5時まで、手塚仁雄首相補佐官。同1分、北村滋内閣情報官、防衛省の西正典防衛政策局長、木野村謙一情報本部長が入った。同7分、西、木野村両氏が出た。同28分、北村氏が出た。
 午後5時49分、執務室を出て特別応接室へ。同50分から同6時1分まで、ウクライナのバロガ非常事態相が表敬。同2分、同室を出て執務室へ。
 午後6時8分、岡田克也副総理が入った。
 午後6時23分、岡田氏が出た。同24分から同30分まで、原子力損害賠償支援機構の下河辺和彦運営委員長、岡田副総理、枝野幸男経済産業相、藤村修官房長官。
 午後6時52分、執務室を出て、同53分、官邸発。「東電の会長就任を受諾した下河辺氏に期待することは何か」に「頑張っていただきたいと思います」。同7時3分、東京・赤坂の日本料理店「津やま」着。長浜官房副長官と食事。
 午後9時51分、同所発。同58分、公邸着。
 20日午前0時現在、公邸。来客なし。
(了)

【関連記事】
【特集】日赤職員、初動の記録
原発事故対応は「大失敗」=菅直人・前首相インタビュー
消費増税政局「衆院解散」までの読み方
「東電解体」はすでに始まっている
【特集】野田佳彦改造内閣閣僚名簿(2012年2月10日)

最終更新:4月20日(金)0時13分

 

首相動静(4月18日)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120419-00000001-jij-pol

時事通信 4月19日(木)0時2分配信
 午前7時16分、長浜博行官房副長官、手塚仁雄首相補佐官が公邸に入った。
 午前8時41分、長浜、手塚両氏が出た。同48分、公邸発。同50分、国会着。同51分、衆院第1委員室へ。同59分、衆院予算委員会開会。
 午前11時59分、衆院予算委散会。正午、同室を出て、午後0時2分、国会発。同4分、官邸着。同5分、執務室へ。
 午後0時45分、執務室を出て、同47分、官邸発。同49分、国会着。同50分、参院第1委員会室へ。同1時、参院予算委員会開会。
 午後4時9分、参院予算委散会。同10分、同室を出て、同12分、国会発。同14分、官邸着。同15分、執務室へ。
 午後5時から同30分まで、手塚首相補佐官。
 午後5時52分、執務室を出て特別応接室へ。同53分から同6時5分まで、中国の張毅寧夏回族自治区共産党委員会書記ら日中知事省長フォーラムの中国側参加者の表敬。程永華駐日中国大使同席。同6分、同室を出て、同7分、執務室へ。同8分、玄葉光一郎外相、安住淳財務相、田中直紀防衛相が入った。同12分、岡田克也副総理が加わった。同48分、全員出た。同51分、執務室を出て、同52分、官邸発。
 午後7時12分、東京・緑の鳥料理店「かど家」着。中井洽衆院予算委員長らと会食。
 午後9時7分、同所発。
 午後9時30分、公邸着。
 19日午前0時現在、公邸。来客なし。
(了)

【関連記事】
原発事故対応は「大失敗」=菅直人・前首相インタビュー
消費増税政局「衆院解散」までの読み方
「東電解体」はすでに始まっている
【特集】野田佳彦改造内閣閣僚名簿(2012年2月10日)
「評判の悪い政策ばかりで」=野田首相

最終更新:4月19日(木)0時13分

 

首相動静(4月17日)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120418-00000002-jij-pol

時事通信 4月18日(水)0時2分配信
 午前8時現在、公邸。朝の来客なし。
 午前8時15分、公邸発。同17分、国会着。同18分、院内大臣室へ。
 午前8時25分から同45分まで、災害廃棄物処理の推進に関する関係閣僚会合。
 午前8時55分、閣議開始。
 午前9時4分、閣議終了。同5分から7分まで、古川元久国家戦略担当相。同8分、同室を出て、同10分、国会発。同11分、官邸着。同13分、執務室へ。同15分から同24分まで、後藤斎内閣府副大臣。
 午前9時55分、安住淳財務相、財務省の勝栄二郎事務次官、中尾武彦財務官、木下康司国際局長が入った。
 午前10時34分、全員出た。
 午前11時59分、同室を出て首相会議室へ。正午から午後0時33分まで、手塚仁雄、本多平直両首相補佐官。
 午後0時34分、同室を出て執務室へ。
 午後0時46分、執務室を出て、同47分、官邸発。同49分、国会着。同51分、衆院議長応接室へ。同1時、同室を出て衆院本会議場へ。同2分、衆院本会議開会。同9分、本会議を途中退席し、同10分、国会発。同11分、官邸着。同12分、執務室へ。
 午後1時51分、佐々江賢一郎外務事務次官が入った。
 午後2時23分、佐々江氏が出た。
 午後4時21分、輿石東民主党幹事長が入った。
 午後4時54分、輿石氏が出た。同55分、藤井裕久民主党税制調査会長が入った。
 午後5時9分、藤井氏が出た。同11分から同22分まで、国際協力機構(JICA)の田中明彦、緒方貞子新旧理事長。
 午後5時30分から同6時まで、手塚首相補佐官。
 午後6時12分、執務室を出て、同14分、官邸発。同25分、東京・麻布台の外務省飯倉公館着。緒方JICA前理事長の貢献に敬意を表すレセプションに出席し、あいさつ。同33分、同所発。同52分、東京・高輪のグランドプリンスホテル新高輪着。大宴会場「飛天」で世界旅行ツーリズム協議会(WTTC)グローバルサミット開会式に出席し、あいさつ。同7時11分、同所発。
 午後7時31分、東京・赤坂の中国料理店「赤坂璃宮」着。新聞・通信各社などの論説委員らと懇談。手塚首相補佐官同席。
 午後9時4分、同所発。同11分、公邸着。
 18日午前0時現在、公邸。来客なし。(了)

【関連記事】
原発事故対応は「大失敗」=菅直人・前首相インタビュー
消費増税政局「衆院解散」までの読み方
「東電解体」はすでに始まっている
【特集】野田佳彦改造内閣閣僚名簿(2012年2月10日)
夏の電力需給で検証委=連休明けに結論

最終更新:4月18日(水)0時13分

 

2012年4月16日21時21分
首相動静―4月16日
http://www.asahi.com/politics/update/0416/TKY201204160429.html

 【午前】9時32分、官邸。10時12分、長島首相補佐官。56分、枝野経産相。11時15分、枝野氏出る。

 【午後】0時50分、国会。1時、参院本会議。12分、官邸。3時、井上弘民放連会長。6分、井上氏出る。4時47分、玄葉外相。51分、藤村官房長官加わる。5時14分、藤村氏出る。25分、玄葉氏出る。55分、中川防災相に公務員制度改革担当相の補職辞令交付。藤村長官同席。6時12分、国と地方の協議の場。21分、手塚首相補佐官。57分、東京・虎ノ門のホテルオークラ。日本料理店「山里」で米国のルース駐日大使と食事。斎藤官房副長官同席。8時37分、公邸。

 

首相動静(4月15日)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120416-00000002-jij-pol

時事通信 4月16日(月)0時3分配信
 午前9時21分、公邸発。同38分、東京・台場のホテル日航東京着。同ホテル内の宴会場「オリオン」で「東アジア低炭素成長パートナーシップ対話」に出席し、あいさつ。同52分、同ホテル発。
 午前10時8分、公邸着。
 午後は来客なく、公邸で過ごす。
 16日午前0時現在、公邸。来客なし。(了)

【関連記事】
【詳報】B787 エコ時代にぴったりの「準国産機」
【特集】民間機ミュージアム~新鋭B787から懐かしのA300まで~
〔写真特集〕懐かしの旅客機~DC-6、B727、バイカウント、フレンドシップ~
〔写真特集〕世界のキャビンアテンダント
〔写真特集〕ボーイング787 夢の次世代旅客機~日本から世界デビュー~

最終更新:4月16日(月)0時13分

 

首相動静(4月14日)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120415-00000001-jij-pol

時事通信 4月15日(日)0時8分配信
 午前8時現在、公邸。朝の来客なし。
 午前10時57分、公邸発。同58分、官邸着。同59分、執務室へ。
 午前11時35分、執務室を出て、同36分、大会議室へ。同37分、パレスチナ自治政府のアッバス議長との会談開始。斎藤勁官房副長官、長島昭久首相補佐官同席。
 午後0時15分、同会談終了。同16分、同室を出て小ホールへ。同17分、首相主催の昼食会開始。
 午後1時21分、昼食会終了。同22分、同ホールを出て、同23分から同24分まで、官邸玄関でアッバス議長を見送り。同25分、官邸発。同30分、東京・紀尾井町のホテルニューオータニ着。同ホテル内のフランス料理店「トゥールダルジャン」で小西洋之民主党参院議員。同44分、同ホテル発。同52分、公邸着。
 15日午前0時現在、公邸。来客なし。(了)

【関連記事】
首相動静(4月14日)
パレスチナ議長が来日へ=14日にも野田首相と会談

最終更新:4月15日(日)0時13分

 

首相動静(4月13日)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120414-00000001-jij-pol

時事通信 4月14日(土)0時6分配信
 午前6時46分、公邸発。同47分、官邸着。同48分、執務室へ。
 午前8時25分、藤村修官房長官が入った。同27分、長島昭久首相補佐官が加わった。同28分、藤村、長島両氏が出た。同35分から同37分まで、田中直紀防衛相。同44分、執務室を出て首相会議室へ。同45分から同9時5分まで、安全保障会議。同6分、同室を出て執務室へ。同11分、執務室を出て閣僚応接室へ。同13分から同25分まで、閣議室で閣議。同26分、執務室へ。
 午前10時2分から同43分まで、岡田克也副総理、長島首相補佐官。
 午前11時4分、執務室を出て首相会議室へ。同5分、安全保障会議開始。
 午前11時27分、同会議終了。同28分、同室を出て執務室へ。
 午後0時47分、執務室を出て、同49分、官邸発。「ミサイル状況の公表は早められなかったのか」に「引き続き適切に情報提供する」。同50分、国会着。同52分、衆院議長応接室へ。同1時、同室を出て衆院本会議場へ。同2分、衆院本会議開会。同8分、衆院本会議散会。同議場を出て、同10分、国会発。同11分、官邸着。同12分、執務室へ。
 午後3時10分、長島首相補佐官が入った。同19分、岡田副総理、寺田学首相補佐官が加わった。同24分、田中防衛相、防衛省の金沢博範事務次官、岩崎茂統合幕僚長が加わった。同28分、藤村官房長官が加わった。同4時2分、全員出た。
 午後4時4分、執務室を出て特別応接室へ。同5分から同17分まで、ボランティア団体「アートオブリビング」創設者のシュリ・シュリ・ラビ・シャンカール氏。同18分、同室を出て執務室へ。同30分から同43分まで、北村滋内閣情報官。同46分から同50分まで、岡田副総理。同5時、執務室を出て大会議室へ。同1分から同10分まで、デフレ脱却等経済状況検討会議に出席し、あいさつ。同11分、同室を出て執務室へ。同15分、輿石東民主党幹事長が入った。
 午後5時57分、輿石氏が出た。
 午後6時から同13分まで、手塚仁雄首相補佐官。同14分から同25分まで、斎藤勁官房副長官。同29分、執務室を出て大会議室へ。同30分、原発に関する3閣僚との会合開始。仙谷由人民主党政調会長代行同席。
 午後7時36分、執務室を出て、同37分、官邸発。「エムネットの文言は適切だったと考えるか」に「官房長官の説明の通りです」。同39分、公邸着。
 14日午前0時現在、公邸。来客なし。(了)

【関連記事】
【特集】日赤職員、初動の記録
【ルポ】重大事故から25年、チェルノブイリは今~住民いまだ帰還できず
【特集】イマドキ女子が農業変えます!~「山形ガールズ農場」の挑戦~
原発事故対応は「大失敗」=菅直人・前首相インタビュー
【特集】福島エクソダス~原発事故は何をもたらしたのか~

最終更新:4月14日(土)0時13分

 

首相動静(4月12日)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120413-00000001-jij-pol

時事通信 4月13日(金)0時3分配信
 午前6時46分、公邸発。同47分、官邸着。「北朝鮮がミサイル発射を強行する構えだが、政府の対応は」に「最後まで自制を求めていきたいと思うが、万が一にはしっかりと万全の態勢で備えたいと思います」。同48分、執務室へ。
 午後0時46分、執務室を出て、同47分、官邸発。同49分、国会着。同51分、衆院議長応接室へ。同1時、同室を出て衆院本会議場へ。同2分、衆院本会議開会。同12分、衆院本会議散会。同13分、衆院本会議場を出て、同14分、国会発。同15分、官邸着。同17分、執務室へ。
 午後2時、執務室を出て大会議室へ。同1分から同17分まで、月例経済報告関係閣僚会議。同18分、同室を出て執務室へ。
 午後2時19分、川端達夫総務相が入った。同29分、藤村修官房長官が加わった。同45分、川端、藤村両氏が出た。
 午後2時53分から同3時19分まで、西村智奈美厚生労働副大臣。
 午後3時34分から同40分まで、米村敏朗内閣危機管理監、北村滋内閣情報官。
 午後3時50分、岡田克也副総理、園田康博内閣府政務官、寺田学首相補佐官が入った。同4時13分、園田、寺田両氏が出た。同23分、岡田氏が出た。同45分から同5時20分まで、手塚仁雄首相補佐官。
 午後5時24分、執務室を出て大会議室へ。同25分、原発に関する3閣僚との会合開始。仙谷由人民主党政調会長代行同席。
 午後6時51分、同会合終了。同52分、同室を出て、同53分、官邸発。同54分、公邸着。
 13日午前0時現在、公邸。来客なし。(了)

【関連記事】
【動画】パトリオットミサイル(PAC3)迎撃試験成功
【特集】砲撃の島をゆく 台湾・金門ルポ
【特集】日赤職員、初動の記録
【ルポ】重大事故から25年、チェルノブイリは今~住民いまだ帰還できず
【特集】一からわかるミサイル防衛~テポドンは打ち落とせるか~

最終更新:4月13日(金)0時13分

 

首相動静(4月11日)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120412-00000000-jij-pol

時事通信 4月12日(木)0時10分配信
 午前8時現在、公邸。朝の来客なし。
 午前9時31分、公邸発。同33分、官邸着。同34分、執務室へ。
 午前10時から同11時10分まで、手塚仁雄首相補佐官。
 午後0時3分、執務室を出て首相会議室へ。
 午後0時25分、同室を出て執務室へ。
 午後2時46分、執務室を出て、同48分、官邸発。同50分、国会着。同51分、参院第1委員会室へ。同3時、党首討論開始。
 午後3時49分、党首討論終了。同51分、同室を出て、同52分、国会発。同54分、官邸着。同55分、執務室へ。
 午後4時、執務室を出て、同1分、大会議室へ。同2分から同15分まで、日米文化教育交流会議(カルコン)の槙原稔、ティエリー・ポルテ日米両委員長らの表敬。ルース駐日米大使同席。同16分、同室を出て、同17分、執務室へ。同32分、政府・民主三役会議開始。
 午後5時23分、同会議終了。
 午後5時半、執務室を出て特別応接室へ。同31分から同39分まで、ヘルシー・ソサエティ賞受賞者の表敬。同40分、同室を出て執務室へ。
 午後5時41分から同44分まで、原恒雄人事院総裁に辞令交付。藤村修官房長官、斎藤勁、長浜博行、竹歳誠各官房副長官同席。同46分、北村滋内閣情報官、防衛省の西正典防衛政策局長、木野村謙一情報本部長が入った。同59分、西、木野村両氏が出た。米村敏朗内閣危機管理監が加わった。同6時6分、米村、北村両氏が出た。
 午後6時7分から同27分まで、手塚首相補佐官。同31分、執務室を出て、同33分、大会議室へ。同34分、バーレーンのハマド国王との会談開始。
 午後7時、同会談終了。同2分、同室を出て、同3分、南会議室へ。同4分から同6分まで、防衛交流に関する署名式。同7分、同室を出て小ホールへ。同9分、首相主催夕食会開始。
 午後8時13分、夕食会終了。同ホールを出て、同14分から同17分まで、官邸玄関でハマド国王を見送り。同18分、官邸発。同19分、公邸着。
 12日午前0時現在、公邸。来客なし。(了)

【関連記事】
協約締結権、慎重に議論を=原新総裁が就任会見
首相動静(4月11日)
原人事院総裁を決定
人事院事務総長に尾西雅博氏
4月2日から受け付け=新国家公務員採用試験

最終更新:4月12日(木)0時13分

 

首相動静(4月10日)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120411-00000002-jij-pol

時事通信 4月11日(水)0時6分配信
 午前8時現在、公邸。朝の来客なし。
 午前8時51分、公邸発。同52分、官邸着。同53分、執務室へ。同59分、同室を出て、同9時、閣僚応接室へ。同1分、閣議室に移り、閣議開始。
 午前9時9分、閣議終了。同10分、同室を出て執務室へ。
 午前10時35分、執務室を出て特別応接室へ。同36分から同56分まで、大西隆日本学術会議会長から東日本大震災の復興に向けた提言の受け取り。同57分、同室を出て執務室へ。同58分、石井一参院予算委員長が入った。
 午前11時19分、石井氏が出た。
 正午、執務室を出て首相会議室へ。
 午後0時20分、同室を出て執務室へ。
 午後1時50分、執務室を出て、同52分、官邸発。同56分、東京・霞が関の中央合同庁舎4号館着。同58分から同2時14分まで、国家戦略会議の「繁栄のフロンティア部会」に出席し、あいさつ。同15分、同所発。同18分、官邸着。同19分、執務室へ。
 午後3時21分、執務室を出て小ホールへ。同22分から同52分まで、新聞・通信各社のグループインタビュー。同53分、同ホールを出て執務室へ。同54分、田中直紀防衛相、防衛省の金沢博範事務次官、岩崎茂統合幕僚長が入った。
 午後4時14分、全員出た。
 午後4時28分から同48分まで、民主党の北沢俊美元防衛相、広田一参院議員。長島昭久首相補佐官同席。同5時から同30分まで、手塚仁雄首相補佐官。
 午後5時46分、執務室を出て大ホールへ。同47分から同55分まで、「食と地域の『絆』づくり」選定証授与式に出席し、あいさつ。同56分、同ホールを出て執務室へ。
 午後6時27分、執務室を出て、同29分、大会議室へ。同30分、英国のキャメロン首相との首脳会談開始。斎藤勁、長浜博行両官房副長官、長島首相補佐官同席。
 午後7時7分、同会談終了。同8分、同室を出て、キャメロン首相と共に官邸発。同9分、公邸着。同10分、首相主催の夕食会開始。
 午後8時19分、夕食会終了。同21分から同23分まで、公邸玄関でキャメロン首相を見送り。
 11日午前0時現在、公邸。来客なし。
(了)

【関連記事】
【動画】東日本大震災から1年、復旧作業が続く被災地
【特集】日赤職員、初動の記録
原発事故対応は「大失敗」=菅直人・前首相インタビュー
険しくなった「話し合い解散」への道~野田・谷垣密会の裏事情~
「東電解体」はすでに始まっている

最終更新:4月11日(水)0時13分

 

首相動静(4月9日)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120410-00000001-jij-pol

時事通信 4月10日(火)0時3分配信
 午前8時現在、公邸。朝の来客なし。
 午前9時33分、公邸発。同34分、官邸着。同35分、執務室へ。
 午前9時59分、執務室を出て特別応接室へ。同10時から同17分まで、中国の謝旭人財政相。中尾武彦財務官同席。同18分、同室を出て執務室へ。
 午前10時30分から同40分まで、江利川毅前人事院総裁。同58分、古川元久国家戦略担当相が入った。
 午前11時23分、古川氏が出た。
 午前11時31分、北村滋内閣情報官、防衛省の西正典防衛政策局長、木野村謙一情報本部長が入った。同38分、西、木野村両氏が出た。同42分、北村氏が出た。午後2時から同20分まで、米村敏朗内閣危機管理監、桜井修一官房副長官補。
 午後2時23分、石田勝之内閣府副大臣が入った。
 午後2時47分、石田氏が出た。同3時1分から同38分まで、玄葉光一郎外相。同4時42分から同57分まで、斎藤勁官房副長官、長島昭久首相補佐官。同5時から同30分まで、手塚仁雄首相補佐官。
 午後5時31分、執務室を出て南会議室へ。同32分から同46分まで、ブルガリアのツァチェバ国民議会議長。同47分、同室を出て貴賓室へ。同51分、同室を出て小ホールへ。同52分、国家戦略会議開始。
 午後7時3分、同会議終了。同4分、同ホールを出て執務室へ。同8分、執務室を出て大会議室へ。同9分、原発に関する3閣僚との会合開始。仙谷由人民主党政調会長代行同席。
 午後8時26分、同会合終了。同27分、同室を出て執務室へ。同44分、執務室を出て、同45分、官邸発。同46分、公邸着。
 10日午前0時現在、公邸。来客なし。
(了)

【関連記事】
【特集】日赤職員、初動の記録
【ルポ】重大事故から25年、チェルノブイリは今~住民いまだ帰還できず
【特集】イマドキ女子が農業変えます!~「山形ガールズ農場」の挑戦~
原発事故対応は「大失敗」=菅直人・前首相インタビュー
【特集】福島エクソダス~原発事故は何をもたらしたのか~

最終更新:4月10日(火)0時13分

 

首相動静(4月8日)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120409-00000001-jij-pol

時事通信 4月9日(月)0時3分配信
 午前10時現在、公邸。朝の来客なし。
 午前中は来客なく、公邸で過ごす。
 午後1時6分、城島光力民主党国対委員長が入った。
 午後2時20分、城島氏が出た。
 9日午前0時現在、公邸。来客なし。(了)

最終更新:4月9日(月)0時3分

 

首相動静(4月7日)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120408-00000000-jij-pol

時事通信 4月8日(日)0時4分配信
 午前6時56分、公邸発。同7時19分、羽田空港着。同空港内のVIPルームへ。同25分、同室を出て、同51分、日本航空103便で同空港発。同8時41分、大阪国際空港着。同空港内のVIPルームへ。同51分、同室を出て、同53分、同空港発。
 午前10時4分、兵庫県丹波市の県立柏原病院着。小児科病棟を視察。同10分から同58分まで、井戸敏三同県知事、足立確郎同病院長、「県立柏原病院の小児科を守る会」代表の丹生裕子さんらと意見交換。同11時5分から同6分まで、報道各社のインタビュー。「小児科などの分野で不安をなくすことがそこを支える世代にとっては恩恵を受けることになる。大変参考になった」。同7分、同所発。
 午後0時33分、兵庫県西宮市の甲南大西宮キャンパス着。
 午後0時34分から同47分まで、石井一参院予算委員長、石井登志郎民主党衆院議員、水岡俊一首相補佐官と昼食。同48分から同50分まで、松本剛明民主党国対委員長代理。同51分から同57分まで、河野昌弘西宮市長。同1時3分から同2時24分まで、「明日の安心」対話集会に出席。同29分から同30分まで、報道各社のインタビュー。「対話集会を受けての手応えを」に「充実した実りある議論だった」。同32分、同所発。
 午後3時2分、大阪国際空港着。同空港内のVIPルームへ。
 午後3時25分、同室を出て、同40分、日本航空124便で同空港発。同4時31分、羽田空港着。同40分、同空港発。
 午後5時13分、公邸着。
 8日午前0時現在、公邸。来客なし。(了)

【関連記事】
【動画】JAL新鶴丸ロゴ機お披露目=モチーフのタンチョウが生息する釧路へ
【詳報】B787 エコ時代にぴったりの「準国産機」
【特集】民間機ミュージアム~新鋭B787から懐かしのA300まで~
〔写真特集〕懐かしの旅客機~DC-6、B727、バイカウント、フレンドシップ~
〔写真特集〕世界のキャビンアテンダント

最終更新:4月8日(日)0時13分

 

首相動静(4月6日)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120407-00000001-jij-pol

時事通信 4月7日(土)0時6分配信
 午前7時47分、公邸発。同50分、東京・永田町のザ・キャピトルホテル東急着。同ホテル内の日本料理店「水簾」で白川方明日銀総裁と会食。
 午前8時47分、同ホテル発。同49分、官邸着。同50分、執務室へ。
 午前9時25分、北村滋内閣情報官、椋木功内閣衛星情報センター所長が入った。同35分、椋木氏が出た。同51分、北村氏が出た。同59分、執務室を出て、同10時、閣僚応接室へ。同1分、閣議室に移り、閣議開始。
 午前10時26分、閣議終了。同27分、同室を出て、同28分、執務室へ。
 午前10時29分から同43分まで、小野芳清総合海洋政策本部事務局長。同44分、佐々江賢一郎外務事務次官が入った。
 午前11時15分、佐々江氏が出た。
 午前11時31分、執務室を出て特別応接室へ。同32分から同37分まで、横倉義武日本医師会会長らが表敬。長浜博行官房副長官同席。同38分、同室を出て執務室へ。同39分から同59分まで、尾崎正直高知、飯泉嘉門徳島両県知事。午後0時7分、同室を出て首相会議室へ。同26分、同室を出て執務室へ。
 午後0時59分、樽床伸二民主党幹事長代行が入った。
 午後1時15分、樽床氏が出た。
 午後1時41分、執務室を出て、同42分、官邸発。同55分、東京・代々木神園町の国立オリンピック記念青少年総合センター着。国家公務員合同初任研修閉講式で訓示。同2時7分、同所発。同18分、官邸着。同20分、執務室へ。
 午後3時1分、執務室を出て、同2分、官邸発。同10分、皇居着。内奏。大島敦民主党衆院議員らの副大臣認証式。
 午後3時50分、皇居発。同4時、官邸着。同1分、執務室へ。
 午後4時22分、執務室を出て特別応接室へ。同23分から同24分まで、加賀谷健民主党参院議員に総務政務官の辞令交付。同25分から同26分まで、副大臣、政務官と記念撮影。同27分、同室を出て執務室へ。同43分、執務室を出て特別応接室へ。同44分から同51分まで、自見庄三郎国民新党代表との与党党首会談。民主党の輿石東幹事長、樽床幹事長代行、下地幹郎国民新党幹事長同席。同52分、同室を出て執務室へ。
 午後5時から同30分まで、手塚仁雄首相補佐官。同31分、執務室を出て大会議室へ。同32分、原発に関する3閣僚との会合開始。仙谷由人民主党政調会長代行同席。
 午後6時20分、同会合終了。同21分、同室を出て執務室へ。
 午後6時48分、執務室を出て、同49分、官邸発。同50分、公邸着。
 7日午前0時現在、公邸。来客なし。(了)

【関連記事】
【特集】日赤職員、初動の記録
【ルポ】重大事故から25年、チェルノブイリは今~住民いまだ帰還できず
【特集】イマドキ女子が農業変えます!~「山形ガールズ農場」の挑戦~
原発事故対応は「大失敗」=菅直人・前首相インタビュー
【特集】福島エクソダス~原発事故は何をもたらしたのか~

最終更新:4月7日(土)0時13分

 

首相動静(4月5日)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120406-00000000-jij-pol

時事通信 4月6日(金)0時7分配信
 午前7時46分、長浜博行官房副長官、手塚仁雄首相補佐官が公邸に入った。
 午前8時37分、長浜氏が出た。同43分、手塚氏が出た。同44分、公邸発。同46分、国会着。同48分、参院第1委員会室へ。同51分から同53分まで、枝野幸男経済産業相。同9時、参院予算委員会開会。
 午後0時32分、参院予算委散会。同33分、同室を出て、同35分、院内大臣室へ。
 午後0時50分、同室を出て、同53分、参院議長応接室へ。同57分、同室を出て参院本会議場へ。同1時1分、参院本会議開会。
 午後2時1分、参院本会議を途中退席し、同3分、国会発。同5分、官邸着。同6分、執務室へ。
 午後2時39分、執務室を出て、同41分、官邸発。同43分、国会着。同44分、衆院本会議場へ。同45分から同47分まで、平野博文文部科学相。同52分、衆院本会議開会。同54分、衆院本会議休憩。本会議場を出て、同55分、国会発。同57分、官邸着。同58分、執務室へ。
 午後3時57分、玄葉光一郎外相、田中直紀防衛相、金沢博範防衛事務次官、伊原純一外務省北米局長が入った。
 午後4時36分、玄葉、伊原両氏が出た。同45分、田中、金沢両氏が出た。
 午後4時46分から同5時5分まで、手塚首相補佐官。同6分、執務室を出て、同7分、官邸発。同9分、国会着。同10分、衆院議長応接室へ。同20分、同室を出て衆院本会議場へ。同22分、衆院本会議再開。同27分、衆院本会議散会。本会議場を出て、同31分から同47分まで、参院の平田健二、尾辻秀久正副議長、鶴保庸介議院運営委員長、与野党各会派にあいさつ回り。安住淳財務相、藤村修官房長官同行。同48分から同6時まで、衆院の衛藤征士郎副議長、小平忠正議院運営委員長、与野党各会派にあいさつ回り。安住財務相、藤村官房長官、城島光力民主党国対委員長同行。同1分、国会発。同3分、官邸着。同4分から同6分まで、南会議室前で報道各社のインタビュー。「2012年度予算成立の受け止めを」に「年度内の成立はできなかったが、きょう成立してほっとしている」。同7分、執務室へ。同11分、同室を出て大会議室へ。同12分、原発に関する3閣僚との会合開始。仙谷由人民主党政調会長代行同席。
 午後7時46分、同会合終了。同47分、同室を出て執務室へ。同59分、執務室を出て、同8時、官邸発。同1分、公邸着。
 6日午前0時現在、公邸。来客なし。(了)

【関連記事】
【特集】日赤職員、初動の記録
【ルポ】重大事故から25年、チェルノブイリは今~住民いまだ帰還できず
【特集】イマドキ女子が農業変えます!~「山形ガールズ農場」の挑戦~
原発事故対応は「大失敗」=菅直人・前首相インタビュー
【特集】福島エクソダス~原発事故は何をもたらしたのか~

最終更新:4月6日(金)0時13分

 

首相動静(4月4日)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120405-00000000-jij-pol

時事通信 4月5日(木)0時6分配信
 午前7時16分、長浜博行官房副長官、手塚仁雄首相補佐官が公邸に入った。
 午前8時40分、長浜、手塚両氏が出た。同48分、公邸発。同51分、国会着。同52分、参院第1委員会室へ。同9時、参院予算委員会開会。
 午前11時53分、参院予算委休憩。同54分、同室を出て、同56分、国会発。同58分、官邸着。同59分、執務室へ。
 午後0時47分、執務室を出て、同48分、官邸発。同50分、国会着。同52分、参院第1委員会室へ。同1時、参院予算委再開。
 午後5時5分、参院予算委散会。同6分、同室を出て、同8分、国会発。同10分、官邸着。同12分、執務室へ。
 午後5時19分、玄葉光一郎外相が入った。
 午後5時44分、玄葉氏が出た。同45分から同6時15分まで、手塚首相補佐官。
 午後6時35分、執務室を出て、同37分、官邸発。同59分、東京・神南のNHK着。
 午後7時半から同58分まで、NHKの「クローズアップ現代」に出演。同8時4分、同所発。
 午後8時21分、公邸着。
 午後8時31分、政府・民主三役会議開始。
 午後10時10分、同会議終了。
 午後10時11分から同26分まで、前原誠司民主党政調会長。
 5日午前0時現在、公邸。来客なし。(了)

【関連記事】
原発事故対応は「大失敗」=菅直人・前首相インタビュー
険しくなった「話し合い解散」への道~野田・谷垣密会の裏事情~
「東電解体」はすでに始まっている
【特集】野田佳彦改造内閣閣僚名簿(2012年2月10日)
鳩山元首相、6日からイラン訪問

最終更新:4月5日(木)0時13分

 

首相動静(4月3日)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120404-00000000-jij-pol

時事通信 4月4日(水)0時5分配信
 午前8時現在、公邸。朝の来客なし。
 午前8時22分、公邸発。同23分、国会着。同25分、院内大臣室へ。
 午前8時33分から同45分まで、行政改革実行本部。同50分、閣議開始。
 午前9時5分、閣議終了。同11分、院内大臣室を出て、同12分、国会発。同14分、官邸着。同15分、執務室へ。
 午前11時39分、執務室を出て特別応接室へ。同40分から午後0時2分まで、福島県の佐藤雄平知事、井戸川克隆双葉町長ら。斎藤勁官房副長官、本多平直首相補佐官同席。同3分、同室を出て執務室へ。
 午後1時51分、高木義明民主党選対委員長が入った。
 午後2時27分、高木氏が出た。
 午後3時59分から同4時23分まで、長島昭久首相補佐官。同49分から同5時9分まで、手塚仁雄首相補佐官。
 午後5時16分から同32分まで、岡田克也副総理。
 午後5時52分、執務室を出て、同53分、官邸発。同6時11分、東京・日本橋室町のホテル「マンダリンオリエンタル東京」着。「アラブ・デー・レセプション」に出席し、あいさつ。同41分、同ホテル発。同57分、官邸着。同59分、執務室へ。同7時2分、同室を出て大会議室へ。同3分、原発に関する3閣僚との会合開始。仙谷由人民主党政調会長代行同席。
 午後8時13分、同会合終了。同14分、同室を出て閣僚談話室へ。同17分、同室を出て、同18分、官邸発。同20分、公邸着。
 4日午前0時現在、公邸。来客なし。(了)

【関連記事】
【特集】日赤職員、初動の記録
【ルポ】重大事故から25年、チェルノブイリは今~住民いまだ帰還できず
【特集】イマドキ女子が農業変えます!~「山形ガールズ農場」の挑戦~
原発事故対応は「大失敗」=菅直人・前首相インタビュー
【特集】福島エクソダス~原発事故は何をもたらしたのか~

最終更新:4月4日(水)0時13分

 

2012年4月2日20時34分
首相動静―4月2日
http://www.asahi.com/politics/update/0402/TKY201204020421.html

 【午前】7時16分、長浜官房副長官、手塚首相補佐官。8時26分、長浜、手塚両氏出る。48分、国会。9時、参院予算委員会。11時59分、官邸。

 【午後】0時48分、国会。1時、参院予算委。5時38分、官邸。50分、中尾財務官、岡田経産審議官。6時、国家戦略会議「フロンティア分科会」。9分、政府・民主三役会議。7時、ドイツのメルケル首相と電話会談。21分、斎藤官房副長官。25分、手塚補佐官。53分、公邸。

 

2012年4月1日21時41分
首相動静―4月1日
http://www.asahi.com/politics/update/0401/TKY201204010291.html

 終日、公邸で過ごす。

始めに戻る


 以下、資料として採録。

協約締結権、慎重に議論を=原新総裁が就任会見-人事院
http://www.jiji.com/jc/zc?k=201204/2012041100913&rel=y&g=pol

 人事院の原恒雄総裁は11日の就任記者会見で、自らがJR東海で副社長を務めたことを踏まえ、「国鉄という『官』と、民間会社になったJRの両方の経験を生かして自分なりに任務を果たしたい」と抱負を述べた。また、公務員に対する協約締結権の付与については、「今までにない仕組みだからいろんな問題点があると思う。きちんと議論し、しかるべく機能する制度でなければいけない」と述べ、慎重な対応を求めた。
 政府が2013年度の国家公務員の新規採用を09年度比55.6%削減する方針を決めたことに関しては、「人材の確保という観点では、安定的に中長期的な議論をしながら一定の採用があることが望ましい」と疑問を呈した。(2012/04/11-20:08)

 

原人事院総裁を決定
http://www.jiji.com/jc/zc?k=201204/2012041000127&rel=y&g=pol

 政府は10日の閣議で、人事院総裁を任期満了に伴い7日退任した江利川毅氏の後任に、原恒雄人事院人事官を任命することを決めた。また、前人事院事務総長の吉田耕三氏を人事官に任命する人事も決定した。11日付で発令する。
 〔人事院総裁〕
 原 恒雄氏(はら・つねお)東大工卒。67年旧国鉄に入り、JR東海専務取締役総合技術本部長、代表取締役副社長を経て、06年4月人事院人事官。67歳。東京都出身。
 〔人事官〕
 吉田 耕三氏(よしだ・こうぞう)名大法卒。75年人事院に入り、職員福祉局長、給与局長を経て、10年1月事務総長。61歳。東京都出身。(2012/04/10-09:21)

 

フォーサイト POLITICS
消費増税政局「衆院解散」までの読み方(記事採録)
http://www.jiji.com/jc/v?p=foresight_9401

12388664 2012年度予算が成立し、衆議院本会議で笑顔を見せる野田佳彦首相(右)と岡田克也副総理=2012年4月5日、東京・国会・衆院本会議場【時事通信社】

消費税増税法案の閣議決定に伴う国民新党の分裂や小沢一郎元代表系議員らの役職辞任などで与党の混乱が続いた。だが、今回の騒動はこれからの政界激震の前座に過ぎない。真打ちは衆議院解散・総選挙をめぐる政局である。

 増税法案の行方も民主党分裂や離党騒ぎも、すべて衆院選に絡む政治的思惑に左右される。当たり前のことだが、衆院選が今後数年間の政界の構図を決定づけ、次の政権の枠組みを決めるからだ。

「9月までには解散」

 衆院選に向けた各党の帰趨を占うとき、重要ポイントのひとつは、「解散はいつか」という点にある。なぜなら、解散時期によって各政党および各候補者の利害が大きく異なるからである。

 4月3日、大阪市の橋下徹市長が率いる「大阪維新の会」のブレーンの1人、中田宏元横浜市長が大阪府庁を訪ね、維新の会幹事長でもある松井一郎知事、維新の会府議会議員団代表の浅田均大阪府議会議長と会談した。議題の半分は同会が開講した「維新政治塾」の話だったが、残りの半分の話題は政局、とくに衆院解散についてだった。

 中田氏「衆院解散がいつになるのか。われわれが一番気にしなければならないのはそこだ。7月から9月まで……8月か……。民主党代表選と自民党総裁選が9月までにあるんだから、それまでに解散があるのは間違いない。そう考えた方がいい」

 松井氏「そうだね」

 維新の会は衆院選候補について、現在集まった応募者を最終的に6月中に絞り込む構えでいる。逆に言えば、6月までに衆院選が実施された場合には、維新の会は準備不足のまま選挙戦に突入せざるを得ないことになる。

 一方、中田氏が7-9月の衆院解散、その中でも8月に照準を合わせているのはなぜだろうか。

 年度末の予算案採決などをめぐる国会の混乱による「3月解散説」、野党による通常国会会期末の内閣不信任決議案提出や消費税増税関連法案採決が引き金となる「6月解散説」、さらに民主党代表選と自民党総裁選が重なる時期を想定した「9月解散説」が、野田政権発足当時から政界ではささやかれていた。

 このうち、3月の解散はすでに消えた。次に来るのが6月解散だ。中田氏はこの可能性を小さいとみているようだが、なぜなのか。

 おそらく中田氏は通常国会の会期延長を視野に入れているのだろう。

 通常国会後半戦の最大の焦点となる法案は、言うまでもなく消費税増税法案である。現在の民主党による国会運営は順調とは言い難く、この法案の審議入りは早くても5月の大型連休明けになるだろうと言われている。法案の閣議決定をめぐる民主党内の議論が大詰めを迎えていた3月下旬、民主党の加藤公一国会対策委員長代理は、増税をめぐる民主党内の抗争について、「党内のこんな混乱は大した影響はない。問題は国会審議に入ってからだ」と指摘した上で、法案の行方について、以下のように分析した。
「4月の審議入りは困難。その上、消費税を最初に導入した時には審議時間が80時間以上もかかった。今回はそれを上回ることになるのではないか。だけど、会期末までにそれほどの時間を確保するのは無理だ」

 

突然の議論打ち切り
http://www.jiji.com/jc/v?p=foresight_9402

12348678 消費増税関連法案を事前審査する民主党政策調査会の合同会議で、前原誠司政調会長(左奥)のあいさつを聞く議員ら=2012年3月27日、東京・永田町の衆院第2議員会館【時事通信社】

今のままでは、消費税増税法案は会期末までに処理できない――。これは与野党の国会対策関係者の共通した見方になりつつある。

 今国会の会期末は6月21日である。もともと6月解散説の背景には、会期末に野党による内閣不信任決議案の提出と消費税増税法案の採決などが重なるという読みがある。

 だが、会期末に増税法案の審議が終わっていなかった場合、増税賛成派は何がなんでも今国会での法案成立にこだわり、会期延長を目論むだろう。そうだとすると、6月に政局上の山場はやって来ない。

 6月以降の政局を読むにはきわめて複雑な分析が必要になる。

 野田首相にとって、法案成立のための必要条件は自民、公明両党など野党の協力である。衆議院では、民主党は300近い議席数を持っている。増税反対派の小沢一郎元代表グループの造反を押さえ込めば法案を可決できる。一方、野党が多数を占める参議院では、党内の造反者を押さえ込めたとしても野党の議席数がないと法案は可決しない。いずれにしても、法案を衆参両院で可決、成立させるには野党の協力が必要になる。

 そういう視点から考えると、3月28日未明にあった民主党政策調査会合同会議の大混乱の持つ意味がよく分かる。午前2時15分すぎ、会議室は怒号に包まれていた。会議を増税賛成でとりまとめたい前原誠司政調会長が突然、議論を打ち切ったからだ。会議室のドアがバーンと開け放たれ、会議打ち切りは横暴だと主張する増税反対派議員が、前原氏の理不尽な対応をメディアに広めるために「マスコミ入れ、部屋に入れ! 会議は終わった、さあ入れ」と絶叫。これに対して、党内の混乱を表沙汰にしたくない賛成派議員が「入るな、出て行けマスコミ」と怒鳴る。ドア周辺で賛否両派の議員だけでなく党職員も入り乱れて乱闘寸前の状態になった。

 だが、混乱する直前の会議室での議論について、出席者のひとりは意外にもこう明かしている。
「実は議論はまとまりかけていた。あともうちょっとだった」

 

タイムリミット
http://www.jiji.com/jc/v?p=foresight_9403

12351591 民主党政策調査会の合同会議の議論を打ち切り、大混乱の会場を抜け出す前原誠司政策調査会長=2012年3月28日、東京・永田町の衆議院第2議員会館【時事通信社】

会議終了の直前の様子は以下のようなものだった。

 まず、民主党ベテラン議員である石井一参院議員が議論を法案賛成の方向で収拾しようとして、次のように提案した。
「野田首相があそこまで決意を固めている以上、法案は提出せざるを得ない。どうしても反対の人は今年9月に党代表選があるのだから、そこで反対派候補を立てて戦えばいいじゃないか」

 これに対して、反対派の急先鋒のひとり、川内博史衆院議員が以下のように応じた。
「景気弾力条項について、もう1度議論しよう。歩み寄れる点を探そう」

 石井氏の議論終結の提案に対して、強硬な反対派だった川内氏が一定の景気回復を増税の前提とするという弾力条項の文言を検討しようという条件闘争に入ったのだ。その場にいた誰もが、川内氏の軟化を感じ取った。

 これにより、膠着状態にあった議論は、反対派を納得させるためにどのような条件を付けるかに移ったかに見えた。もちろん、川内氏が提示する条件が極端に高いハードルであるならば、再び議論は平行線をたどっただろう。だが、増税賛成派の議員も言う。
「この議論はやってみる価値はあった」

 ところが、前原氏が突然ここで議論を打ち切ったのだ。この幕引きには増税賛成派や中間派も「あともう少し、あと1、2時間でまとまったと思う。あんな終わり方はないだろうよ」と首をかしげた。

 なぜこういう形になったのか。答えは簡単である。民主党執行部がここで幕を引くと決めていたからである。

 この合同会議は3月14日から土、日、祝日を除くほぼ連日開かれていた。しかし、民主党執行部は27日午後から28日未明にかけての会議が始まる段階で、あらかじめここで増税賛成で党内を押し切る作戦だったのだ。

 これを受けて、野田内閣は3月30日に消費税増税法案を閣議決定した。31日が土曜日であることを考えれば、30日の閣議決定が年度内決着のタイムリミットだった。景気弾力条項をめぐり議論が紛糾し、万が一にもこの日の決定を先延ばしする危険は避けなければならなかったわけだ。野田首相が28日未明の強引な会議終結と3月中の閣議決定にこだわったのには理由がある。自民党と公明党を味方につけたかったからである。

 

「亀井切り」を容認した野田首相
http://www.jiji.com/jc/v?p=foresight_9404

12393778 与党党首会談で握手する野田佳彦首相(右)と国民新党の自見庄三郎新代表=2012年4月6日、東京・首相官邸【時事通信社】

もともと消費税率の10%への引き上げを掲げてきた自民党は本来民主党政権の増税案に賛成すべきである。だが、法案成立にもっとも真剣に取り組むべき民主党内が増税法案推進でまとまっていないことに呆れていた。逆に言えば、「野田首相が党内をまとめきれないだろう」「反対派を切り捨てられないだろう」という不信感を抱いていた。
「野田首相の覚悟を疑う。野田内閣が3月末までに増税法案を提出できなければ即死だ」

 自民党の山本一太前参院政審会長は3月12日の記者会見でこう言っていた。こうした自民党側の不信感を払拭するために、首相の強い決意を形にして見せたのが3月28日未明の強引な議論終結だったのだ。

 野田首相は3月24日の講演でも「不退転の決意」「政治生命をかける」「命をかける」などの強い表現で今国会での増税法案成立に強い覚悟を示した。この時点では、言葉だけで行動は伴っていなかった。28日未明についに行動を開始したのだ。

 3月末から4月6日にかけての国民新党分裂問題でも、野田首相ら民主党執行部は同様の態度を貫いた。

 この騒ぎは、国民新党結成時からの党内随一の実力者である亀井静香代表を追い出し、自見庄三郎郵政改革担当相や下地幹郎幹事長が同党の実権を握ることで決着した。一種のクーデターである。

 これを単なる国民新党内のお家騒動と片付けるわけにいかない。党代表を解任する手続きについて明確な規定がない国民新党に対して、党代表者の交代をどういう法的な根拠のもとに認めるかについては、政府内部でもっと精緻な議論があっても良いはずだった。

 だが、そういう論争が起きる前に、亀井氏があっさりと土俵を割り、自見氏らに軍配が上がった。なぜそうなったか。理由のひとつは、新党を目指していた亀井氏らが、さっさと国民新党という土俵の外に次の一歩を踏み出したかったということだろう。

 だが、それだけではない。そこには野田首相サイドの事情が絡んでいる。野田首相は消費税反対の亀井氏を見捨て、増税容認の自見氏らと連立を継続する方針を固めた。具体的には、政府のトップである野田首相が代表交代を事実上容認し、それに加えて新代表側との連立政権維持を決断した。だからこそ、勝負はあっさり決まり、亀井氏は土俵際の踏ん張りが効かなかったのだ。結局、野田首相はこの局面で亀井氏を切ることによって「反対派を切り捨てられないだろう」という自民党からの不信感をぬぐってみせたのだ。

 

「継続審議」でも解散?
http://www.jiji.com/jc/v?p=foresight_9405

12321024 自身の勉強会「新しい政策研究会」の会合に臨む民主党の小沢一郎元代表(右)=2012年3月22日、東京・国会内【時事通信社】

野田首相が覚悟を決めたからには、自民、公明両党もそれなりの対応をとらざるを得ない。増税反対を主張するならまだしも、ただ審議を引き延ばすだけの対応をとれば、国民世論の批判を招くだろう。このため、自公両党が増税の前提となる社会保障改革で民主党との協議に取り組む可能性があるし、この結果、法案審議が軌道に乗ることもあり得る。

 これに対して、審議が軌道に乗っては困るのが民主党内の増税反対派、特に民主党小沢氏グループである。これは政策的に増税に反対だというような単純な話ではない。審議が進むと解散が早まるかもしれないから困るのである。

 小沢氏グループには次期衆院選での当選がきわめて困難視されている議員が多い。つまり、落選の危機にある議員群と消費税反対議員群はかなり重なっているのだ。こうした議員らは次のように政局を読んでいる。
「早期解散を求めている自公両党は消費税増税法案の審議促進に協力するかもしれない。審議が進めば、いずれ採決時期が来る。自公両党の反対で法案が否決されれば、野田首相は国民の信を問うために衆院を解散するだろう。逆に、両党が民主党と手を組んで法案成立と衆院解散を取り引きする、いわゆる『話し合い解散』もあり得る」

 結局、法案成立でも否決でも早期解散があり得る。これを阻止するには、可決も否決もさせない。つまり、採決させないしかない。そのためには法案を「継続審議」として次期国会に先送りすればよい――。3月ごろまで、増税反対派の中には、こうした作戦を口にする議員が多かった。だが、最近になって事情が変わってきている。増税反対派の中堅議員は次のように指摘する。
「野田首相は継続審議であっても、衆院を解散するだろう」

 たしかに、最近の野田首相は単純に法案成立だけではなく、はっきりと意識的に「今国会」での成立を明言し始めた。

 そうなると、可決でも否決でも継続でも解散の可能性が消えないことになる。そこで反対派議員らが無理矢理考え出した答えはこういうものである。
「会期を延長して法案審議をいつまでも続けることだ」

 

輿石幹事長はどう動く
http://www.jiji.com/jc/v?p=foresight_9406

12329038 民主党役員会に臨む輿石東幹事長=2012年3月21日、東京・国会内

しかし、これはかなりの無理筋である。永遠に議論を続けるわけにはいかず、いつかは終局が訪れる。ただ、9月には民主党代表選がある。たとえば、いまだに成立していない特例公債法案の審議を口実として代表選直前の8月後半まで会期を延長し、消費税増税法案の審議を長引かせられれば、法案成立を前に野田首相を代表選で引きずり下ろすチャンスが生まれる。ただ、法案審議を約2カ月も遅らせられるかどうか。カギを握るのは、小沢氏との距離を測りながらの党運営を続ける輿石東幹事長、さらに、選挙戦での苦戦が予想されており、「個人的には早期の衆院解散に大反対の立場だ」と公言している樽床伸二幹事長代行、同じく選挙戦が厳しい城島光力国対委員長らだろう。彼らは法案審議の進め方に影響を及ぼせる地位にある。

 中田氏が言う8月解散説は、ほかにも消費税法案成立後の解散の可能性なども考慮したものだろう。もっと言えば、石原新党結成をめぐる動きや民主党内部の党内抗争、造反の動きなど、政局は今後もっと曲折した道をたどるに違いない。いずれにしても9月の民主党代表選前に政局の大きな節目がやってくることになる。

始めに戻る


※参考:オープン・ソース・インテリジェンス(Wikipediaより)

オープン・ソース・インテリジェンスまたはOSINTとは、公開情報(オープン・ソース:一般公開され利用可能な情報源)から収集された情報を元にする、(機密)情報収集の専門領域を指す。

概説

“合法的に入手出来る資料”を“合法的に調べ突き合わせる”手法で、情報源は政府の公式発表(プレスリリース)、マスメディ アによる報道、インターネット、書籍、電話帳、科学誌その他を含む。具体的には、対象国の軍の編制を割り出すために、対象国の新聞社交欄、ニュースの断 片、高級将校の異動発令などを丹念に集積し、分析するといった手法である。

細かいデータを少しずつ集めて分析するだけでも、相当な精度の情報が得られることがある。媒体入手・分析は駐在国公館で行なわれる事が多い。ラジオ放送は自国領内で受信する。

始めに戻る


 

雑談日記は良質な情報への中継点
と、人気blogランキングバナー に参戦中。

(↓クリックすると拡大)
自民党は自Endバナー 自民党は自Endバナー の猫ちゃんつながりブログを倭国大乱を記録するブログの数々として見つける毎に適宜追加。但し結構忘れてます(汗)

 ココログ利用で、即行で以下のTBPライブリンクをサイドエリアへはりたければ⇒一輪のバラをクリック。

 以下、登録・スタートさせたトラックバック・ピープルです。
主権者は私たち国民自民党政治民主党政治社民党や共産党にトラックバックしてます。

 

※原発関連で3冊:

知事抹殺 つくられた福島県汚職事件 佐藤 栄佐久 (著)

原子炉時限爆弾 広瀬 隆 (著)

隠される原子力・核の真実―原子力の専門家が原発に反対するわけ 小出 裕章 (著)

|

« 2012年4月分、東京新聞「こちら特報部」のリストです。 | トップページ | 天木直人さんがTwitter(ツイッター)を始めましたよ⇒ツイッターを始めました(天木直人のブログ) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 2012年4月「首相動静」です。消費税&原発再稼働真理教カルト、野田ブタの首相動静記録続行です。:

« 2012年4月分、東京新聞「こちら特報部」のリストです。 | トップページ | 天木直人さんがTwitter(ツイッター)を始めましたよ⇒ツイッターを始めました(天木直人のブログ) »