« 2012年3月「首相動静」です。密会の野田ブタの首相動静記録続行です。 | トップページ | はなゆー同志、東京方面からの緊急車両など、福一異変ウォッチならこのライブカメラがいい。(4号機が心配) »

2012年4月 2日 (月)

拝啓、小沢一郎様→4・8渋谷小沢一郎氏は無実デモ→4・20 STOP権力の暴走国民大集会、さあ今、闘うのは私たち国民。

「拝啓、小沢一郎様→4・8渋谷小沢一郎氏は無実デモ→4・20 STOP権力の暴走国民大集会、さあ今、闘うのは私たち国民」。

 今まで、色々な気づきがありました。リング外から声援を送るのではなく、さあ今、リングに上がり"頑張り"闘うのは私たち国民。※

※小沢さんも5月24日で齢(よわい)70、今迄長いこと、そして十分闘い頑張って来ました。ん?——「がんばれ。小沢!敗けるな。一郎!」最初から最後まで、これだけ——。って、いくら何でも、これからは主権者たる、私たち国民が闘い頑張る番でしょ。応援ではなく我々自身が我々自身の言葉で声をあげる時でしょう

Photo

↑↓まりあ(@loveofmaria)が尽力してくれた、3・3を機に目覚め起ち上がった人々の感動の書簡集です。

 この書簡集は「issuu.com/」ファイルですが、pdf版も阿修羅にアップしてあります。pdfのままのが読みやすいかもです。

 アップ当初は阿修羅の回線が細く時間がかかりましたが、現在はダウンロード早いです。書簡集に載せた人は、書簡集が最初に編纂された時のボレロを聴きながら読むと当時の熱い思いが蘇ります。PCでなくipadの場合でも、iBooksでpdf書簡集を読みながら、バックで「YouTubeのボレロ bolero」を流せば当時を思いだしながら読めます。

「拝啓、小沢一郎様」pdf版
http://www.asyura2.com/bigdata/bigup1/source/201.pdf (106頁、約2.4MB)
ボレロ bolero
http://www.youtube.com/watch?v=PQb9x6H3TlE&fmt=18

 なお、表紙にある「2004年4月24日」となっているのは「2009年4月24日」の間違い、誤植です。上記表紙画像の2009年は僕が訂正しています。書簡集2頁以降ではすべて2009年となってます。

 

「拝啓、小沢一郎様」「issuu.com/」ファイル版
B.G.Mを聴きながら読むことが出来て、以下2種類。

http://issuu.com/mariameguro/docs/letterstoozawaborero
音楽は「ボレロ」、または「Lascia Ch'io Pianga 私を泣かせてください」版。

http://issuu.com/mariameguro/docs/letterstoozawa
スメタナの我が祖国」版。

 

(↓クリックすると拡大します)
Issuucom1
←音を再生している時のアイコン表示。このアイコンクリックで上記音楽のオン・オフが切り替わります。

なお、1曲終わっても再度クリックするとまた音楽が再生されます。

スピーカーのアイコンの左にある「□□」をクリックすると文字が1段階ずつ拡大します。一番左端にある「□□」をクリックすると一段階ずつ文字が小さくなります。ポインタを動かすだけで読みたい箇所に行けます。

 

Issuucom2←音を再生していない時のアイコン表示。

なお「issuu.com/」ファイルに慣れてない方は阿修羅にアップしているpdf版の方が読みやすいかも知れません。

 

 

 以下、「攻撃されているのは小沢氏ではない 歴史上初めてまっとうな手段で民衆の手による大変革が実現する その最後の段階で仕掛けられた権力による民衆の希望への攻撃なのです ←ここまでは(SOBA制作バナー・コピー、どなんとぅ氏原文)
主権者は私たち国民 汚らしい隷米の犬 お前たちの政治の壟断(ろうだん) 簒奪(さんだつ)を絶対許さない」バナー。

クリックで拡大、「攻撃されているのは~」コマの説明
静止して見たいなら⇒1コマ目2コマ目
攻撃されているのは小沢氏ではない権力による民衆の希望への攻撃なのです

 

「会議録秘密で起訴強制?隷米司法の暗黒裁判だ」版
↓クリックすると拡大します。静止して見たいなら⇒1コマ目2コマ目
規制改革要望書司法改革と検察審査会議事録非公開糾弾バナー

 

「11人の方が重い?う〜む フザケルな〜 インチキ裁判」版
↓の1コマ目2コマ目
規制改革要望書司法改革と検察審査会議事録非公開糾弾バナー

 

4・8(日)渋谷  小沢一郎氏は無実! 名誉回復と復権を求める街頭デモ 実施します
http://ozawa-risen.cocolog-nifty.com/blog/2012/03/post-4868.html

「Ozawa_demo4_8.pdf」をダウンロード
http://ozawa-risen.cocolog-nifty.com/blog/files/Ozawa_demo4_8.pdf

2012年 4月8日(日) 渋谷にて、

小沢一郎氏は無実! 名誉回復と復権を求める街頭デモ

実施いたします。
どなたでもご参加いただけます。

平成24年4月8日(日)
集合地:宮下公園 (渋谷区神宮前6-20-10)
☆JR渋谷駅東口または宮益坂口より、出てすぐの明治通りを左(原宿方面)へ8分

集会:14時より  デモ出発 15時

デモコース:宮下公園~渋谷駅~明治通り~明治公園

(略)

実行委員長 二見 伸明 (元衆院議員)
現場責任者 小吹 伸一

中止・延期・時刻変更が発生する場合があります。開催直前に、当HPを再度ご確認ください。

お問い合わせ  Mail:kobukidesu@livedoor.com

℡ :080-5016-2559
   または 
   070-5552-8284(小吹)

協賛「STOP!権力の暴走」 国民大行動 http://stop.jpn.org/?page_id=13

(略)

Ozawa_demo4_8_page0001

 

「STOP!権力の暴走」 国民大集会
http://stop.jpn.org/?page_id=32

国民大集会

● 4月20日「STOP!権力の暴走」国民大集会
  ―小沢一郎政治裁判の不当判決は許せない―

主催:「STOP!権力の暴走」国民大行動

実行委員会委員長 平野貞夫(日本一新の会代表・元参議院議員)

実行委員会事務局長 伊東 章(小沢一郎議員を支援する会 代表世話人)

実施日:2012年4月20日(金)
会場:6時30分
開演:7時から

場所:文京シビックホール 大ホール

〒112-0003 東京都文京区春日1-16-21

 

TEL.03-5803-1100
*東京メトロ丸ノ内線・南北線 後楽園駅【直結】

*都営地下鉄三田線・大江戸線 春日駅(文京シビックセンター前文京シビックセンター連絡通路【直結】

*JR中央・総武線水道橋駅>【徒歩約10分】
参加費:無料ですが、会場費等をまかなうために1口500円からのカンパを会場入口でお願い致します。

 

「STOP!権力の暴走」 国民大行動 趣意書
http://stop.jpn.org/?page_id=13

いわゆる"小沢裁判"は、立証の柱だった検察官調書の大半が証拠として不採用になるなか、3月9日、良識ある国民の意志に挑戦するかのように、指定弁護士による論告求刑が行われました。「規範意識が鈍磨しており、再犯の恐れは大きい」と禁錮3年を求刑したものの、その中身は推測や間接証拠ばかりで、「共謀」に至っては具体的な日時も場所も動機も何も立証できていないままの求刑というありさまで、"指定弁護士"という急ごしらえの検事役とはいえ、およそ司法に身を置くものとしてあるまじき行為といえます。

 

そもそも当該裁判は、2011年12月15日の公判では小沢強制起訴の最大の根拠である石川議員を再聴取した田代検事の捜査報告書に重大な虚偽記載があり捏造されたものであることが判明し、翌16日の公判でも前田検事は石川議員の調書に問題があったことを指摘しています。さらに、12月20日の公判で弁護側と指定弁護士の双方が証人申請した弥永筑波大教授は、会計学の観点から陸山会の会計処理に問題はないとの見解を示しています。また、今年2月17日に東京地裁は捜査段階の供述調書のほとんどを信憑性に疑問があるとして証拠として採用しないことを決定しました。

 

こうした事実に鑑みると、日本の司法が正常に機能しているならば、世でいう"小沢裁判"はとっくに公訴棄却され終結し、小沢一郎元民主党代表は裁判に時間も労力も拘束されることなく、日本の復旧・復興のために全力を注ぐことができているはずです。

しかし、現実はまったく逆で、裁判所はこの茶番劇をやめる気がなく、指定弁護士も、何ら新しい事実を示すことができずに推測と間接証拠を積み重ねるだけで「禁錮3年」という論告求刑を行いました。こうした現実をみるにつけ、今回の裁判劇は小沢一郎元民主党代表抹殺を画策した政治裁判といえ、政府・検察・検察審査会・裁判所・弁護士・大手マスコミらによる権力の暴走といえます。現在、こうした権力の暴走を止めるシステムは日本に存在せず、これを可能にする唯一の方法は、国民がこの現実に「STOP」と明確に意思表示することしかありません。そのため、いまこそ私たち国民が小異を尊重しながらも大同団結し大きな力となり、「小沢一郎政治裁判の不当判決は許さない」決意を明確に表していかなければなりません。

 

具体的には3月23日(金)に豊島公会堂で行う小沢一郎議員を支援する会による第7回シンポジウム「『小沢政治裁判を終わらせよ!』―今こそ真の民主主義を取り戻そう―」をスタートに、日頃権力の暴走を阻止するために活動している各団体が「STOP!権力の暴走」国民大行動のもと、1ヵ月間にわたりさまざまな意思表示を行っていきます。そして4月26日の小沢裁判判決を直前に控えた4月20日(金)、文京シビックホールに大集合し「STOP!権力の暴走」国民大集会 ~小沢一郎政治裁判の不当判決は許さない~を実施します。

 

3月19日に行われた最終弁論で小沢一郎元民主党代表は「野党第一党の代表である私を強制捜査することで政権交代を阻止しようとし、政権交代後は与党幹部である私を強制捜査・強制起訴することで新政権を挫折させようとした。検察は2年間もの長きにわたって不当・違法な捜査を行い、強力に政治への介入を続けました。それはまさに議会制民主主義を破壊し、国民の主権を冒涜、侵害した暴挙というしかありません」と述べています。

小沢一郎元民主党代表に向けられた攻撃は、まさに民主主義を標榜する私たち国民に向けられた攻撃といえます。今回の裁判で裁判所が有罪判決を出すということは、今後あらゆる団体・個人に対しても同様の手口で弾圧するための恐ろしい前例をつくることになります。民主国家ニッポン、国民国家ニッポンの尊厳を守るのは私たち一人ひとりの国民のチカラです。日本の民主主義を正しく機能させるために「STOP!権力の暴走」国民大行動に参加し、4月20日には文京シビックホールに集まり小沢一郎政治裁判の不当判決は許さないことを強く訴えかけていきましょう!

「STOP!権力の暴走」 国民大行動 実行委員会委員長 平野貞夫
                                                          (日本一新の会代表・元参議院議員)

「STOP!権力の暴走」 国民大行動 実行委員会事務局長 伊東 章
                                          (小沢一郎議員を支援する会 代表世話人)

始めに戻る

 

雑談日記は良質な情報への中継点
と、人気blogランキングバナー に参戦中。

(↓クリックすると拡大)
自民党は自Endバナー 自民党は自Endバナー の猫ちゃんつながりブログを倭国大乱を記録するブログの数々として見つける毎に適宜追加。但し結構忘れてます(汗)

 ココログ利用で、即行で以下のTBPライブリンクをサイドエリアへはりたければ⇒一輪のバラをクリック。

 以下、登録・スタートさせたトラックバック・ピープルです。
主権者は私たち国民自民党政治民主党政治社民党や共産党にトラックバックしてます。

 

※原発関連で3冊:

知事抹殺 つくられた福島県汚職事件 佐藤 栄佐久 (著)

原子炉時限爆弾 広瀬 隆 (著)

隠される原子力・核の真実―原子力の専門家が原発に反対するわけ 小出 裕章 (著)

|

« 2012年3月「首相動静」です。密会の野田ブタの首相動静記録続行です。 | トップページ | はなゆー同志、東京方面からの緊急車両など、福一異変ウォッチならこのライブカメラがいい。(4号機が心配) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 拝啓、小沢一郎様→4・8渋谷小沢一郎氏は無実デモ→4・20 STOP権力の暴走国民大集会、さあ今、闘うのは私たち国民。:

« 2012年3月「首相動静」です。密会の野田ブタの首相動静記録続行です。 | トップページ | はなゆー同志、東京方面からの緊急車両など、福一異変ウォッチならこのライブカメラがいい。(4号機が心配) »