« 「主権者国民連合」TBPにトラックバックして頂いたブログを記録していきます。 | トップページ | 官邸内ホールにまで響いたシュプレヒコール。45000人、国民の怒りに火がついた、6・22官邸前再稼働反対抗議行動(動画) »

2012年6月22日 (金)

夕方、行こう!太鼓持ってメガホン持って。6.22緊急!大飯原発再稼動決定を撤回せよ!首相官邸前&関電本店前抗議。

 先週1万2千人なら、夕方その2倍3倍の人で官邸前を埋め尽くそう

【追記あり】6.22緊急!大飯原発再稼動決定を撤回せよ!首相官邸前&関電本店前抗議
http://twitnonukes.blogspot.jp/2012/06/622.html
↑詳細はリンク先で。

(略)

東京:
【日時】6/22(金)18~20時予定
【場所】首相官邸前(国会記者会館前、国会議事堂前駅3番出口出てすぐ)
【呼びかけ】首都圏反原発連合有志

大阪:
【日時】6/22(金)18~19時半予定
【場所】関電本店前(大阪府? 大阪市北区中之島3丁目6-16)
【呼びかけ】TwitNoNukes大阪有志。

(略)

↓千代田区のピンポイント天気情報
http://tenki.jp/forecast/point-682.html
千代田区ピンポイント天気予報では13時まで弱雨で降水確率1%だが、始まる18時から20時は曇りで降水確率0%

首相官邸前のアクセス:

国会議事堂前
東京メトロ丸ノ内線、千代田線

溜池山王
東京メトロ銀座線

Photo ←首相官邸周辺の地図。


↓先週の映像です。

先週金曜日、大飯原発再稼働抗議行動11000人!!!動画@首相官邸前
http://youtu.be/WCr6rMpvDic
hyperballad

hyperballad2011 さんが 2012/06/15 に公開

2012/06/15大飯原発再稼働抗議行動に11000人もの一般市民の方々が首相官邸前に集まり、抗議をしました!抗議行動の中央から最後尾までを撮影しました。(中?央から前の方に延びる列もあったので全てではないですが、おおよその雰囲気は伝わると思います。)あまりの感動に号泣してしまい、私の泣き声が入っています、すみません! 撮影@emi_mumemo 「8bitNews」 http://8bitnews.asia/

(以上YouTube挿入終り)

SOBA:50秒あたりから撮影者(@emi_mumemoちゃん)も「再稼働反対!」を叫び始めます。カメラを360度回した後、1分30秒あたりから今度は「再稼働反対!」を叫ながら列後ろに向かって移動して行きます。3分20秒あたりから感極まり泣き声になりますが、3分45秒あたりからは完全に泣き声になってしまいます。

“11,000 public citizens gathered in front of the Prime Minister's official residence today to  protest against the restart of Oi nuclear power plant.  I videotaped from the middle of the crowd all the way to the end of the line.
I was so moved by the power and energy of 11,000 people that you can hear me sobbing from part of the way.  Please watch it!  You will feel the power!”

 

先週1万2千人集まったのに日本のマスゴミは報道しなかった。
こんな腐ったジャーナリズムは他の先進国では考えられないことです。

↓なお、東京新聞は、6月21日朝刊5面で官邸前一万人抗議を報じなかった事についてのお詫び記事を載せてます。
https://twitter.com/aoshizu/status/215690762912923648
あおしずとななお★NoNukes ?@aoshizu
東京新聞 6/21 5面 これが官邸前一万人抗議不掲載のお詫び記事→ http://instagr.am/p/MH-9KevLkb/  "圧力"はなかったとのこと。全文のテキストは→ http://ameblo.jp/heiwabokenosanbutsu/entry-11283058760.html

Bcaaf0aebb6411e180c9123138016265_7


https://twitter.com/run_bun/status/215647566254186496/photo/1/large
Av4iuafciaaacto_3

 

(以下転載始め)

「東京新聞6月16日朝刊、再稼働抗議デモの不掲載について~応答室だより・鈴木賀津彦室長」2012/06/21(東京新聞)(平和ボケの産物の大友涼介です。)
http://ameblo.jp/heiwabokenosanbutsu/entry-11283058760.html

<書き起こし開始→

野田政権が関西電力大飯原発3、4号機(福井県おおい町)の再稼働を決める前日の十五日夕、首相官邸周辺で大規模な抗議デモがありました。本紙の十六日朝刊には、このデモを報じた記事や写真はなく、読者の皆さんから左記に代表される批判が百件以上寄せられました。

東京電力福島第一原発事故以降、本紙は、事故が起きた原因を検証する一方、原発に頼らない社会に向けた報道に取り組んできました。主権が権力を握る政治家や官僚にあるのではなく、市民の側にあることを確認するため、市民の行動や声を紙面できちんと扱うことにも努めてきました。

再稼働決定前夜のデモは当然報じるべきでした。掲載に圧力がかかったわけではありません。取材を担当する部署内の連絡ミスで、当日、現場に出向いた記者がいなかったのです。官邸前に足を運んだ多くの市民に寄り添うことができず、肝心な取材を怠ってしまう結果となりました。これを重く受け止め、ミスをなくす取材態勢を整えました。

時の政権への市民の異議申し立てを記録していくことは、ジャーナリズムの重要な役割です。「主権在官」を打破し、主権者の意思を国の政策決定に反映させる。それを後押しする本紙の姿勢は揺らいでいません。

◇ ◇ ◇

以上を読者応答室から読者の皆さんへの返答とし、ご理解をいただければと思っております。(室長・鈴木賀津彦)

==================

*** 読者からの主な意見 ***

・首相官邸前に「原発再稼働反対」と1万1000人以上の人々が集まったことに対し1行の記事もないのはどうしたことなのでしょう。団体でも動員でもなく、個々の老若男女が集いました。日本の「ジャスミン革命」の萌芽と思いました。東京新聞がまったく触れていなかったことに、びっくりした。(東京都・女性)

・どのように取り上げてくれるのか楽しみにしていたのでがっかり。このような大規模なデモは、国民の意思が政治にまったく届いていないことを不満に思う市民の気持ちがよく表れていて、ぜひ全国の人にも知ってほしかった。(茨城県・女性)

・外部の圧力があったか自己規制なのか私にはわかりませんが、非常に残念です。国民のために新聞を作ってください。(東京都・男性)

・組織的な動員なしでこの人数、。一目見れば政治家にとって驚異と映るであろう光景でした。1面に載せても不思議ではなかったのにおかしい。(東京都・女性)

・一般市民は、国からも企業からも裏切られた状態で迷子になっている。納得のいかないまま再稼働され不安な中に投げ出され、だからこそ本当の情報を知らせてくれる新聞に期待しているのです。(東京都・女性)

==================

←書き起こし終了>

(以上転載終り)

 

世界は報じた。以下、イギリスのガーディアンの記事。

Japan nuclear restart gets PM's approval
http://www.guardian.co.uk/world/2012/jun/16/japan-approves-nuclear-power-restart?INTCMP=SRCH

Two reactors at Oi power plant will be brought back online, ending nuclear shutdown that flowed from Fukushima disaster

    Justin McCurry in Tokyo
    guardian.co.uk, Saturday 16 June 2012 07.56 BST

Peopleprotestintokyoa008

People protest in Tokyo against the Japanese prime minister's decision to restart nuclear reactors. Photograph: Yoshikazu Tsuno/AFP/Getty

Japan is to resume the use of nuclear power for the first time since last year's triple meltdown at Fukushima Daiichi power plant after the government on Saturday approved the restart of two idled reactors.

The decision to restart reactors three and four at Oi power plant in western Japan could pave the way for the resumption of operations at other atomic facilities, amid concern over power shortages during peak demand this summer.

The prime minister, Yoshihiko Noda, announced the restart after securing support from the mayor of Oi and the governor of Fukui prefecture, where Oi is located.

"Having won local consent, reactivating [the reactors] is now the government's final decision," Noda said. "We are determined to make further efforts to restore people's trust in nuclear policy and safety regulations."

Japan's last working reactor was turned off in early May, leaving it without nuclear power for the first time in more than 40 years.

Four reactors at Fukushima Daiichi were destroyed by the 11 March 2011 tsunami and another 50 around the country were taken offline for regular maintenance. Oi is the first plant to pass simulation "stress tests" introduced last year to address public concern over safety.

Noda has pushed hard for the Oi restart under pressure from the powerful business lobby, which feared disruption to manufacturers. He was expected to give approval after the mayor of Oi, Shinobu Tokioka, gave his backing to the move earlier this week. Tokioka said nuclear safety experts had convinced him the plant could withstand a natural catastrophe similar to the one that struck Fukushima Daiichi.

He added that he was concerned about the effect prolonged closure would have on the local economy and the prospect of power shortages in the Kansai region of western Japan, home to 24 million people and with an economy the size of Australia's.

About 10,000 demonstrators gathered outside Noda's office on Friday night in last-ditch attempt to derail the restart. Anti-nuclear campaigners accused the prime minister of rushing into a decision and ignoring lingering concerns over safety. "Prime minister Noda's rushed, dangerous approval of the Oi nuclear power plant restart ignores expert safety advice and public outcry, and needlessly risks the health of Japan's environment, its people and its economy," said Junichi Sato, executive director of Greenpeace Japan.

"Japan has already survived the peak summer and winter energy demand periods once with little nuclear power online, as well as a full month with none, and despite continued fear-mongering statements from industry and government about the need for restarting Oi, the economy has still grown remarkably well and there have been no significant energy shortages."

The operator of the Oi plant, Kansai Electric Power (Kepco), had warned that the region would face a 15% electricity shortfall in July and August, and had urged consumers to make power savings.

But the trade and industry minister, Yukio Edano, warned against wastefulness, as it will take Kepco about six weeks to bring both reactors to full capacity. "Safety is our main concern," he said. "It will take some time for the reactors to begin generating electricity, and we request that people continue to save energy. If there are safety problems, the process could be delayed."

The government did not require local approval, but Noda and a small team of ministers have spent weeks attempting to win support from residents amid widespread fears over safety and a loss of trust in the nuclear industry in the wake of the Fukushima accident.

The Japanese public remains divided over nuclear power, more than a year after the Fukushima Daiichi meltdown sent radioactive materials into the atmosphere and forced the evacuation of tens of thousands of residents.

According to a nationwide poll by the Mainichi Shimbun newspaper earlier this month, 71% of people cautioned against a rush to restart the Oi reactors, while 25% supported Noda's stance.

Noda has vowed to lessen Japan's dependence on nuclear power and increase the role of renewables. Nuclear once provided about a third of Japan's electricity, but plans to increase that share to more than 50% with the construction of more reactors was scrapped after the Fukushima Daiichi meltdown.

 

雑談日記は良質な情報への中継点
と、人気blogランキングバナー に参戦中。

(↓クリックすると拡大)
自民党は自Endバナー 自民党は自Endバナー の猫ちゃんつながりブログを倭国大乱を記録するブログの数々として見つける毎に適宜追加。但し結構忘れてます(汗)

 ココログ利用で、即行で以下のTBPライブリンクをサイドエリアへはりたければ⇒一輪のバラをクリック。

 以下、登録・スタートさせたトラックバック・ピープルです。
主権者国民連合主権者は私たち国民自民党政治民主党政治社民党や共産党にトラックバックしてます。

 

※原発関連で3冊:

知事抹殺 つくられた福島県汚職事件 佐藤 栄佐久 (著)

原子炉時限爆弾 広瀬 隆 (著)

隠される原子力・核の真実―原子力の専門家が原発に反対するわけ 小出 裕章 (著)

|

« 「主権者国民連合」TBPにトラックバックして頂いたブログを記録していきます。 | トップページ | 官邸内ホールにまで響いたシュプレヒコール。45000人、国民の怒りに火がついた、6・22官邸前再稼働反対抗議行動(動画) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/91038/55025560

この記事へのトラックバック一覧です: 夕方、行こう!太鼓持ってメガホン持って。6.22緊急!大飯原発再稼動決定を撤回せよ!首相官邸前&関電本店前抗議。:

« 「主権者国民連合」TBPにトラックバックして頂いたブログを記録していきます。 | トップページ | 官邸内ホールにまで響いたシュプレヒコール。45000人、国民の怒りに火がついた、6・22官邸前再稼働反対抗議行動(動画) »