« 2012年9月分、東京新聞「こちら特報部」のリストです。 | トップページ | 2012年9月「首相動静」です。国会同意人事の原子力規制委員会を拡大解釈して権限任命した野田ブタ、お前は独裁者か »

2012年9月29日 (土)

昨日(9月28日 豊島公会堂)のシンポジウム、小沢一郎政治裁判は何をもたらしたか、丸ごとポドキャスト・ネット放送完全版。

 動画をネットで探しても、いいのがないので(一部の人だけだったり、Uストリームで細切れだったり、音声がよく聞こえなかったり)、ポドキャストネット放送しておきます(遊撃取材班)。

 DVDカメラなど映像をやらない代わりに、マイクやレコーダーなど音関係の器材に特化して費用をかけてますので、音質的には良いです。mp3なのでICレコーダーやiphoneにダウンロードして聞くのにも便利だと思います。映像だけが中継じゃないです。(講演者を探しやすいように9分割にしています)

「小沢一郎議員を支援する会」主催シンポジウム
「小沢一郎政治裁判は何をもたらしたか」

日時  平成24年9月28日(金)
    午後6時~午後9時
場所   豊島公会堂

講師  経済学者  植草一秀

主催「小沢一郎議員を支援する会」
http://minshushugi.net/activity/index.cgi

 当日、6時31分PMからの記録です(開場6PM、開演6:30PM)。録音は全2時間39分51秒。

1、伊東章弁護士の主催者挨拶&講演。( mp3のpodcast、17分7秒)

 裁判についてのまとめで必聴です。(正清太一さん(世話人)の簡単な開会挨拶、司会小沢遼子さんの紹介の後から始まります)録音したマイクの性能が良いので、終わりに近い所で携帯の音が入ってますが、集会参加者のです。

 11分31秒の所からは特に重要(←mp3で10分37秒から)(要旨)11月12日には小沢一郎議員に対する控訴審の判決が宣告されるが、これは間違いなく無罪判決と思う。と同時に今回は指定弁護人は上告はしないはず。何故なのか、それはもはや小沢政治裁判を十分利用したことによってその成果が今100%現れている。もはや小沢裁判は連中にとっては(←SOBA:ここは植草さん言う所の悪徳ペンタゴン側)不用の長物になっている。しかも小沢さんは民主党から離党して新しい党を結党した。今、小沢さんの名前を裁判の場で論じたり、メディアで論じると言うことは小沢さんの名前を売ることになってしまうので、もうメディアとしては一切やらない。」※

※SOBA:あれほど嵐のような小沢叩きのマスゴミ報道は何処に行ったかと言う事。悪名は無名にまさると気がついたマスゴミは現在小沢さんの名を極力出さないようにしている。NHKを始めとして、小沢裁判をマスコミはほとんど取り上げなくなり、むしろ無視してます。このことは、現在新党「国民の生活が第一」についてマスコミが黙殺している事とも共通してます。マスコミ情報空間から完全に抹殺している。ネットでの活動がますます重要

(↓全てクリックすると拡大します)
Dsc_5387

Dsc_5395講演を聴く司会の小沢遼子さん。


 

2、森ゆう子参院議員の講演。( mp3のpodcast、15分49秒)

 「検察審査会問題の現状など」ブラックボックスの検察審査会にもとづく強制起訴制度は直ちに廃止すべき、しかし永田町的に一度出来たものをすぐに廃止出来ないのであれば公正を担保する方法を検察審査会法改正によって法制化できないかなどの話しもあり、必聴です。

Dsc_5390

 

3、東 祥三幹事長の講演。( mp3のpodcast、23分7秒)

 17分30秒の所から「脱原発」の話しなど、聞きごたえあります。19分20秒の所で「(要旨)私たちは原発ゼロを目指します。政権を取れば10年後に必ずそれを達成する。」、それへの会場からの野次「再稼働どうするんですか、10年後と言うことは」東幹事長「(再稼働)しません」。野次の人「That's OK 」。※

※ここの所は即時廃炉と取れるが、。後で確認が必要かも。

Dsc_5394

 

4、植草一秀さんの講演。( mp3のpodcast、44分48秒)

 基調報告、「小沢一郎政治裁判は何をもたらしたか」についてで必聴です。

Dsc_5398

_ ←受付で渡されたレジメです。7ページにわたる植草さんの「基調報告 骨子」は良くまとまっていて、出来たら骨子を参照しながらこのmp3を聞くと理想的です。スキャンした画像をpdfにするとファイルサイズが大きくなり過ぎるのでやめました。元はテキストベースなのでpdfにしてもそれほど大きなサイズにならないはず。主催者、「小沢一郎議員を支援する会」側がネットにアップしてくれる事を希望します。(気が変わったら、多少サイズが大きくてもスキャンして雑談日記のこのエントリーにアップするかもです)


 

5、森ゆう子参院議員が出席した各議員を紹介し、各議員からの挨拶。( mp3のpodcast、6分37秒)

 小林正枝衆院議員、三宅雪子衆院議員、相原史乃衆院議員の順。

Dsc_5401

Dsc_5403

Dsc_5405

 

6、民主党残留組なるも出席した川内博史衆院議員の話し。( mp3のpodcast、11分55秒)

 司会小沢遼子さんの紹介もさることながら、時折かかる野次とそれへの川内氏の反応で会場にはじける爆笑、川内氏の話し自体も面白くこの部分も必聴。

 さすがに会場に来ている人は政治的なレベルが高く、ネットで目立つ反応とは感じが違ってます。野次りながらも「同志愛」が感じられる所が面白い。頭の単純な政治音痴の人には分からないかも知れませんが、小沢さんとのホットラインも切れていないはず。

Dsc_5408

 

7、山崎行太郎さんの講演。( mp3のpodcast、20分21秒)

 「小沢一郎について、小沢一郎と田中角栄とネットのあるなしネットの役割について」、そのほか盛りだくさん、これまた話しが面白く時折あがる会場の爆笑、必聴です。13分58秒の所から、川内議員にふれる所からの話しがなかなか面白いです。15分14秒の所で山崎さんが早口でふれていて聞き取り辛いところは、「(川内議員は)ラサールから出てますけど、僕は名も知れない高校ですから」ラサールと言うのは、関西で言えば灘高、関東で言えば開成高校。

Dsc_5410

 

8、小沢遼子さんからカンパの集計や集会出席者数の報告のあと、鹿児島出身川内博史衆院議員からの同じ鹿児島出身山崎行太郎さんへの反論。( mp3のpodcast、3分16秒)

 時折爆笑で和気藹々の雰囲気。

 

9、講演の前の小沢遼子さんの話しもなかなか味がありお勧め、そのあと元参院議員二見伸明さんからのしめの講演です。( mp3のpodcast、16分46秒)

 37秒の所で小沢遼子さんが紹介している集会前日27日のBS11の動画「国民主権の政治をもう一度取り戻す!~国民の生活が第一・小沢一郎代表出演!」を後ろで採録しておきます

 途中じゃっかん二見さんの講演が切れるのは、会場前列からのポスター紹介を二見さんが演壇の端まで行って受け取っている部分です。

Dsc_5417

20451 ←ポスターを受け取る二見さん。この部分じゃっかん講演が途切れます。


Dsc_5418集会終了。最後の小沢遼子さんの挨拶に拍手する皆さん。


始めに戻る

 

当日データ主権者は私たち国民(愛、そして生きる 主権者は私たち)BBSへの投稿を採録。

(以下転載始め)

「小沢一郎議員を支援する会」主催のシンポジウムがあります。
投稿者:SOBA  投稿日:2012年 9月28日(金)11時16分6秒
http://6719.teacup.com/syukensya/bbs/378

「小沢一郎議員を支援する会」主催のシンポジウム。

日時:9月28日、午後6時半より
場所:東京池袋の豊島公会堂
主催:「小沢一郎議員を支援する会」

関連:植草さんの以下エントリー、
2012年9月27日 (木)
小沢一郎代表無罪確定が逆襲開始の号砲になる

(以下引用始め)

(略)
9月28日、午後6時半より、東京池袋の豊島公会堂において、「小沢一郎議員を支援する会」主催のシンポジウムが開かれる。

日本政治の刷新に向けて、一人でも多くの市民の参加が求められる。

シンポジウムの概要は以下の通り。

日時  平成24年9月28日(金)
    午後6時~午後9時

場所   豊島公会堂
     〒170-0013
     東京都豊島区東池袋1-19-1
     TEL:03-3984-7601

テ ー マ 「小沢一郎政治裁判は何をもたらしたか」

講  師  経済学者       植草 一秀
(予 定) 国会議員 参議院議員 森 ゆうこ
(敬称略)      衆議院議員 川内 博史
           衆議院議員 東  祥三
           衆議院議員 小林 正枝
           衆議院議員 岡本 英子
           衆議院議員 三宅 雪子
           参議院議員 姫井由美子
                  (他多数)
      有 識 者 文藝評論家 山崎行太郎
           元衆議院議員 二見 伸明
           市民連帯の会代表 三井 環
                   (他多数)

入 場 料   応分のカンパをお願いします。
(事前申込不要 定員数になり次第受付終了)

詳しくは「小沢一郎議員を支援する会」サイトをご覧ください。
http://minshushugi.net/activity/index.cgi?date=20120926

(以上引用終り)

JR池袋駅東口からユックリ歩いて徒歩5分です。

豊島公会堂への順路(池袋駅東口に出て、パルコ前交差点から中池袋公園を目指して道なりにほぼ直進し、中池袋公園の中を横断すると目の前が豊島公会堂入り口です

↓クリックすると拡大します。
_800px

(以上転載終り)

始めに戻る


 以下、採録。下記動画ですが、倍速で早めてますね。なんでこう言う事をするのか。聞き辛いです。ICレコで遅く再生し、それをもう一つのレコーダーで録音し直しました。もし下記動画が聞き辛い時にはこちらでどうぞ(ほぼ元の早さにしてます)⇒1、mp3のpodcast、19分50秒。2、mp3のpodcast、19分36秒。←実際はもう少し遅いかも知れませんが、「元動画が倍速だった→ICレコに録音→ICレコで遅く再生→それを再録音」とやり、赤字の部分でこれ以上遅くしたら音の劣化で聞き辛くなりました。取り敢えずこのスピードにしておきます。下記動画はちゃんとした動画が見つかったら差し替えます。

INsideOUT
http://www.bs11.jp/news/59/

【9月27日(木)】
鈴木 哲夫(BS11報道局長)

    「国民主権の政治をもう一度取り戻す!~国民の生活が第一・小沢一郎代表出演!」
    ゲスト:小沢 一郎(国民の生活が第一代表)

20120927_小沢一郎インタビュー_国民主権の政治をもう一度取り戻す!1/2 (13分52秒)↓倍速で早めてます
http://youtu.be/YqLOxj1H3p8


shootquerock さんが 2012/09/28 に公開

 

20120927_小沢一郎インタビュー_国民主権の政治をもう一度取り戻す!2/2 (13分42秒)↓倍速で早めてます
http://youtu.be/uMQMzCZkWgM

 

野田首相では戦えず、民主の離党増える…小沢氏
http://www.yomiuri.co.jp/election/shugiin/news/20120927-OYT1T01071.htm

 新党「国民の生活が第一」の小沢代表は27日、BS11の番組収録で、「野田首相では(次期衆院)選挙が戦えないという思いが(民主党議員の)ほとんどの人の心の中にあるから、また離党する人が増える」と述べた。

 そのうえで、「過半数割れすると、衆議院でも(内閣)不信任(決議案)が通ってしまうから大変なのではないか」と民主党をけん制した。

 小沢氏はまた、「第3極」の複数の政党が選挙協力する「オリーブの木」構想について、「それをやらなければ、新しい、民主、自民に代わる政権もできない」と語った。
(2012年9月27日18時34分  読売新聞)

 

小沢氏、第三極の連携強調
産経新聞 9月28日(金)7時55分配信
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120928-00000095-san-pol

 国民の生活が第一の小沢一郎代表は27日のBS11番組収録で、次期衆院選での新党「日本維新の会」を含む第三極の協力に関し、「連携の仕組みができなければ民主、自民両党に代わる新しい政権はできない。それができれば300選挙区みな勝つ」と強調。10月下旬までに衆院選の2次公認候補を選ぶ考えも示した。
【関連記事】

    小沢氏「証拠却下」に何度もうなずく 控訴審初公判
    小沢氏控訴審“第2ラウンド”1時間で幕…立証のハードル高く
    小沢氏は何をしている?側近友近氏が語る素顔
    「某全国紙は橋下市長の醜聞追及チームを編成」と事情通語る
    民主代表選 おののく小沢チルドレン「地元の活動しっかりやらないと」
    「民意」に逃げ込まぬ政治

最終更新:9月28日(金)8時12分

 

生活、10月に2次公認
http://www.jiji.com/jc/zc?k=201209/2012092700586

 新党「国民の生活が第一」の小沢一郎代表は27日、BS11の番組収録で、10月下旬に都内で開く結党記念パーティーまでに次期衆院選の第2次公認候補を選定する方針を示した。9日発表した1次公認は29人。1次公認は前回選挙で小選挙区で出馬した現職(比例復活含む)に限定し、純粋比例の現職や新人は除外していた。小沢氏は、次期衆院選で100人規模を擁立するとしている。 (2012/09/27-15:11)

始めに戻る


 

雑談日記は良質な情報への中継点
と、人気blogランキングバナー に参戦中。

(↓クリックすると拡大)
自民党は自Endバナー 自民党は自Endバナー の猫ちゃんつながりブログを倭国大乱を記録するブログの数々として見つける毎に適宜追加。但し結構忘れてます(汗)

 ココログ利用で、即行で以下のTBPライブリンクをサイドエリアへはりたければ⇒一輪のバラをクリック。

 以下、登録・スタートさせたトラックバック・ピープルです。
主権者国民連合主権者は私たち国民自民党政治民主党政治社民党や共産党にトラックバックしてます。

 

※原発関連で3冊:

知事抹殺 つくられた福島県汚職事件 佐藤 栄佐久 (著)

原子炉時限爆弾 広瀬 隆 (著)

隠される原子力・核の真実―原子力の専門家が原発に反対するわけ 小出 裕章 (著)

|

« 2012年9月分、東京新聞「こちら特報部」のリストです。 | トップページ | 2012年9月「首相動静」です。国会同意人事の原子力規制委員会を拡大解釈して権限任命した野田ブタ、お前は独裁者か »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 昨日(9月28日 豊島公会堂)のシンポジウム、小沢一郎政治裁判は何をもたらしたか、丸ごとポドキャスト・ネット放送完全版。:

» 9月28日シンポジウム「小沢一郎政治裁判は何をもたらしたか」動画紹介。 [ふじふじのフィルター]
 去る9月28日金曜日に、豊島公会堂で、シンポジウム「小沢一郎政治裁判は何をもた [続きを読む]

受信: 2012年10月 1日 (月) 06時01分

« 2012年9月分、東京新聞「こちら特報部」のリストです。 | トップページ | 2012年9月「首相動静」です。国会同意人事の原子力規制委員会を拡大解釈して権限任命した野田ブタ、お前は独裁者か »