« 26日召集特別国会関連記事採録、未来の党は自主投票。その他計4本。 | トップページ | 東京都選挙管理委員会は衆院選(24.12.16執行)と都知事選の投開票速報のリンクを更新して若干分かりやすくしたようです »

2012年12月25日 (火)

「不正選挙には負けない」の歌と、[お勧め不正選挙論考]原発反対・TPP反対の票はどこへ行ったのか?(不正選挙の計算の仕方)

 BBS投稿を採録。

最初の表題「[お勧め不正選挙論考]わらっちゃう夜(飯山一郎のてげてげ)と、我が国は民主主義国家である・・・(爆(山科恭介の夢想ろうか」から
↑↓に改題します
「不正選挙には負けない」の歌と、[お勧め不正選挙論考]原発反対・TPP反対の票はどこへ行ったのか?(不正選挙の計算の仕方)

以下理由:
今回、この論考を知ったのは(飯山一郎のてげてげ)(山科恭介の夢想ろうかん)velvetmorning blogさんの論考、「原発反対・TPP反対の票はどこへ行ったのか?(不正選挙の計算の仕方)」の順でした。

最初の飯山一郎さんが、
>山科恭介が『我が国は民主主義国家である…(爆)』ちゅう文章書いて、不正選挙の統計学的な状況証拠をかためたが…、
と書いているのに幻惑され、山科恭介氏自身の論考と勘違いしました。元々はvelvetmorning blogさんの論考です。最初の表題では元の論考者に失礼ですので正しい表題に変えておきます。なお改題にあたり、「不正選挙には負けない」の歌動画を最初に追加しておきます。

不正選挙には負けない
http://youtu.be/nObfXS8QgLM

tsalsal

 

(以下転載始め)

◆2012/12/24(月)2  わらっちゃう夜
http://grnba.com/iiyama/index.html#rr12242

みんな「裸の王様」をわらうが、わらってる本人も、じつは
「裸の王様」なんだよな、たいていのばあい。ワハハ。

もちろん鷲も「裸の王様」、てか「裸の家来」なんだけどさ。
み~んな、日本とゆー「裸の王様」の「裸の家来」。

日本。国中に何百もの米軍基地があって、だから植民地
つーか属領で、政府のトップも米国の指令どおりに動く…。

職がなく、カネがなく、夢も希望もなく、み~んなバラバラで、
日に日に状態が悪くなっていて、ひとがドンドン死んでいく。
その死にかたも自殺だぜ、自殺。 どんなにか苦しかったん
だろうなー。死ぬほどの苦しみ…。

そこへ原発が4基も大爆発して…、そのまま。なにもしない。
なにもしないまま1年9ヶ月がすぎてしまった。
だっから前代未聞の放射能禍。それも内部被爆。これ最悪。

選挙をやれば、すこしはかわるかと期待したが、不正選挙!
投票結果の集計システムのプログラムをチョコッといじれば、
集計結果なんぞ、ちょー簡単に帳尻を変えられる…。

山科恭介が『我が国は民主主義国家である…(爆)』ちゅう文章
書いて、不正選挙の統計学的な状況証拠をかためたが…、
これに鷲は反論できない。だから、まちがいなく不正選挙!

わらっちゃうよなー、ほんと。
日本とゆー国が、こんなにもヒドイ国だった! なんて夜ー。
はずかしいよ!まったくぅ。
外国人も嗤(わら)ってるとおもうな。笑(わら)えない話だから…。

(以上転載終り)

↑飯山さんが文中でリンクしている↓「我が国は民主主義国家である・・・(爆)」ですが、その山科氏エントリーの肝部分は他のブログ、velvetmorning blogの転載です。山科恭介氏は転載元エントリー「原発反対・TPP反対の票はどこへ行ったのか?(不正選挙の計算の仕方)」が最後の方で紹介しているリンク等を略しているので、僕はそのリンク紹介などもそのまま採録しておきます。

(以下転載始め)

我が国は民主主義国家である・・・(爆)
2012.12.24 (Mon)
http://kyosukeyamashina2.blog39.fc2.com/blog-entry-82.html

(略)

(以下山科恭介氏の転載元の始め)

【velvetmorning blog】
原発反対・TPP反対の票はどこへ行ったのか?(不正選挙の計算の仕方)
http://velvetmorning.asablo.jp/blog/2012/12/23/6667870

さて、日本の運命を決める、大事な選挙ですが、意味の分らない結果が出ました。

原発反対・TPP反対を明確にした政党の候補者のうち、当選したのは、わずか20名。

ネットでは、不正選挙が騒がれています。

 

本日は、原発反対・TPP反対の票がどこへ行ったのか?計算してみたいと思います。

 

資料

第45回衆議院議員総選挙比例区得票数
第46回衆議院議員総選挙 比例区 得票数

下図 資料参照

 

まず、注目していただきたいのは、社会民主党 3,006,160票→ 1,420,790票
半分以下、実に1,585,370票減である。

社会民主党は、311の前から原発に反対しており、議席が減る要素が少ないばかりか、多くなりそうな政党の一つ。

TPPに反対し、農業振興を訴えているところからも、農業票も見込めそうな政党である。

今回の原発事故とTPP問題で、農家のほとんどは、原発反対・TPP反対に回ったと考えられるからです。

 

さらに、維新や安倍自民党の9条撤廃への危惧という世論が衆院選の前に起きたはずであり、比例の票が減るということが、もっとも考えにくい政党の一つなのだが、仮に、この社会民主党の票が結果の通り1,585,370票も減っていたとしたら、どこへ行くだろうか??

 

これは、日本未来の党しか考えられないですね。

 

で、今回、田中康夫が一人になり、比例区に立候補出来なかった新党日本 528,171票ですが、これは、今回0になりました。

この新党日本が向かう先も、ほとんどが日本未来の党でしょうね。

もちろん、社会民主党の可能性もありますが、前述したように、1,585,370票も減っていたので、可能性として無理がありますよね。

 

もう一つ、前回、亀井静香の活躍で1,219,767票を獲得した国民新党ですが、今回わずか70,847票にまで激減しています。

これほど減ることがあり得るのでしょうか?という疑問はあります。なにしろ1,148.920票減である。

 

これも、もし事実だとして行き先は、亀井静香の日本未来の党しか考えられない。

 

もう一つ、TPP反対で原発反対なのが、鈴木宗男の新党大地。

これも、なぜか433,122票から346,848票に減っている。
86,274減である。

 

この票が入るのも、おそらく日本未来の党だろう。
基本的な政治スタンスが似ているからだ。

 

では、この4つの政党の票が日本未来の党に行ったとして、何票になるか?

 

1,585,370+528,171+1,148.920+86,274=3,348,735

3,348,735票である。

 

では、日本未来の党の比例区における票の数は、3,423,915 票だ。

 

ということは、未来が現実に獲得した票数は、原発反対・TPP反対を明確にした票が減少した数と、ほぼ一致するということです。

しかしながら、これは、大変おかしいわけです。

 

違う言い方をすると、日本未来の党は、75,180票しか独自の票を獲得していないことになっているのです。

 

こんなムチャクチャな話があるはずがありません。

 

なにしろ、日本未来の党は、元々母体は民主党だったわけで、その民主党 は、29,844,799票から9,628,653票 に激減しているわけで、実に20,216,146票も減らしているわけです。

 

そして、日本未来の党の政策は、元々の民主党の政策に近いわけであり、それが、311をうけて原発反対になりTPP反対になったわけである。
民主党支持者が、もっとも投票しやすい政党のはずだ。

 

少なくとも民主党から減った20,216,146票の半分の1000万票くらいは、確実に入っていると考えられます。
管理人の感覚からすると、民主党から減った20,216,146票のうち、70%が日本未来の党に移ったと考えるのが常識的ですね。

すると、14,151,302票になります。

これに、3,348,735票を足すと、17,500,037票です。

当ブログが計算する日本未来の党の比例区票数は、17,500,037票です。

(あくまで、社民や国民新党の数が、これほど減っているのが本当という前提ですが。。)

 

これは、自由民主党 16,624,457票を上回ります。

 

そして、これは、衆院選前のロイターの調査

日本未来の党の支持率34%
自民党の支持率32%

にかなり近いことが分ると思います。

 

では、民主の受け皿になったとされる、みんなの党 5,245,586票と日本維新の会12,262,228票を足してみましょう。

17,507,814票になりました。

 

当ブログが計算した『日本未来の党』の得票は17,500,037票

みんなの党 と日本維新の会の合計は、17,507,814票です。

 

差は何票ですか?

17,500,037-17,507,814=7,777票になりました。

 

つまり、未来への投票が、維新とみんなに、なぜか振り分けられたという可能性が浮上してきます。

 

前回の衆院選における『みんなの党』の得票数は、3,005,199票
一方、日本維新の会のベースとなった『たちあがれ日本』の前回の参議院選の 得票数は、1,232,207票

 

足しても、4,237,406票にしかなりません。
今回の衆院選で、17,507,814票も獲得したとは、到底思えません。

 

そして、この可能性を否定出来ないのは、株式会社ムサシという1社が、投票用紙の製造から、投票箱の管理、システム運営の管理と維持、ソフトの制作からサポートスタッフの派遣にいたるまで、全てを手掛けているからです。

 

ついでにいえば、日本共産党も 4,943,886票から3,689,159票へ1,254,727票も激減

米国のUSTRに逆らったところ、原発マフィアに逆らったところは、無理矢理潰された。
そう考えるのが自然なのではないかと思いませんか?

 

資料(SOBA:データの元資料では、「得票数 得票率」の所が半角スペースで区切っているだけで読み辛かったので、見やすい様に「得票率」の方をカッコで括りました。)↓

第46回衆議院議員総選挙 比例区得票数
得票数 得票率

与党
民主党 9,628,653 (15.9%)
国民新党 70,847 (0.1%)

野党
自由民主党 16,624,457 (27.6%)
日本維新の会 12,262,228 (20.3%)
公明党 7,116,474 (11.8%)
みんなの党 5,245,586 (8.7%)
日本未来の党 3,423,915 (5.6%)
日本共産党 3,689,159 (6.1%)
社会民主党 1,420,790 (2.3%)
新党大地 346,848 (0.5%)
新党日本 0
新党改革 134,781 (0.3%)

無所属・諸派 無所属 1,006,468 (1.6%)
幸福実現党 216,150 (0.3%)
合計 60,179,888 (100.0%)

SOBA:下記第45回と比べ、上記今回の第46回衆院選では「新党改革 134,781 (0.3%)」が実際の計算では0.22%で違っていたり、小数点2桁以下を丸めてないのでやや正確ではなかったりしますが、全体の論考としてはとても参考になります。

 

第45回衆議院議員総選挙 比例区得票数
得票数 得票率

民主党 29,844,799 (42.41%)
社会民主党 3,006,160 (4.27%)
国民新党 1,219,767 (1.73%)
新党日本 528,171 (0.75%)
新党大地 433,122 (0.62%)
民社国系小計 35,032,019 (49.78%)

自由民主党 18,810,217 (26.73%)
公明党 8,054,007 (11.45%)
改革クラブ 58,141 (0.08%)
自公系小計 26,922,365 (38.26%)

日本共産党 4,943,886 (7.03%)

みんなの党 3,005,199 (4.27%)

諸派(比例代表)
幸福実現党:459,387(0.65%)
新党本質:7,399(0.01%)

諸派 466,786 (0.66%) 0 (0.0%) 0 (0.0% ±0)

合計 70,370,255 (100.00%)

 

この記事の転載はフリーです。
ただし、著作権は当ブログにありますので、掲載する時は、必ず当ブログのURLを入れてください。
http://velvetmorning.asablo.jp/blog/2012/12/23/6667870

 

「投票率低調」報道の一方で、なぜか「投票所に今までにない行列ができている」という声が多数 ―
http://velvetmorning.asablo.jp/blog/2012/12/16/6661761

投票読取機ソフトに不正はないのか? ―
http://velvetmorning.asablo.jp/blog/2012/12/16/6661843

自書式投票用紙読取分類機「テラックCRS-VA」に関するメモ
http://velvetmorning.asablo.jp/blog/2012/12/16/6662040

不正選挙を調査!まず、東京都知事選で宇都宮けんじ氏に実際に投票した人の数を数えましょう ―
http://velvetmorning.asablo.jp/blog/2012/12/18/6663169

不正選挙!?この3つの地域、特に重点的に調査しましょう。 ―
http://velvetmorning.asablo.jp/blog/2012/12/18/6663668

不正選挙!投票時間の繰り上げと様々結ぶ点と線 ―
http://velvetmorning.asablo.jp/blog/2012/12/18/6663722

不正手口のまとめ、及び公選法情報 ―
http://velvetmorning.asablo.jp/blog/2012/12/19/6664435

『選挙ごっこ』ではなく、本物の選挙、本物の民主主義をこの国にもたらすために
http://velvetmorning.asablo.jp/blog/2012/12/19/6664618

三原じゅん子氏「出口調査の結果があちこちから流れてきます。自民党、、、厳しいです。」
http://velvetmorning.asablo.jp/blog/2012/12/20/6665326

(以下山科恭介氏の転載元の終り)

 

「一人で500万票集める男」 と云われた小沢一郎が所属している日本未来の党、というか実質的には 「国民の生活が第一」 なのだが(笑)、その日本未来の党の総選挙での比例票が340万票強で、鉄壁の500万票を遙かに下回っている。
不思議なこともあるのだなぁと思っていたら、宮城2区の斎藤やすのりさんという方の選挙結果に対するコメントを Twitter 上で読むことが出来た。
以下は、そのコメント。

日本未来の党 斎藤 やすのり @saitoyasunori
宮城2区の選挙区での私・斎藤やすのりへの投票に対し、比例の未来の党への投票が6割しかなかった件。昨日、私は『様々な団体から党でなく個人への推薦を頂いているから、あり得る』と述べましたが、泉区、宮城野区、若林区が3つとも綺麗に×0.6に。しかも新潟など他でも同じパターン。なにこれ。
https://jp.twitter.com/saitoyasunori/status/281979052703748096

 

・・・・・我が国は民主主義国家である。 ぷっw

日本未来の党は、全力を挙げて不正集計の証拠集めをすべきだろう。
国民の唯一の権利である選挙権が冒涜されている現在、その実態を明らかにするのは公党としての責務である。

 

PS.
上記引用文が作者ご自身によって書き換えられたようですので、最新のものに差し替えました。内容変更に大差ありません。(笑)

(以上転載終り)

 

三原じゅん子の夢案内人
2012年12月16日(日) 19時27分15秒
出口調査
http://ameblo.jp/juncomihara/entry-11428425216.html
魚拓 http://megalodon.jp/2012-1222-0134-40/ameblo.jp/juncomihara/entry-11428425216.html

(↓クリックすると拡大)スクロールして見るなら
Ameblojp_screen_capture_20121222122

関連:
総務省は見せたくないのかな、「総務省の衆議院議員総選挙・最高裁判所裁判官国民審査 速報結果ページ」やっと見つけました。
http://6719.teacup.com/syukensya/bbs/671

【総務省中央選挙管理会に確認】衆院選の"速報"結果の総務省HP、ネットへのアップは年明けになるそうです。
http://6719.teacup.com/syukensya/bbs/673

始めに戻る

 

↓「違憲状態選挙で選ばれた安倍が憲法改正を言う馬鹿馬鹿しさ」バナー(未制作のgif画像リンクのタグを貼っています。バナー制作しアップすると現れるのでお待ち下さい)
 クリックすると拡大するバナーです。ブログに貼れる370pxのサイズです。微修正の可能性有り、反映させますので直リンクが使用条件です。
「違憲状態選挙で選ばれた安倍が憲法改正を言う馬鹿馬鹿しさ」バナー


 「3経済団体代表者によるごり押し圧力と、元々原発推し進めた自民党の僕たちは原発やめないもん」糾弾バナーです。

「3経済団体代表者によるごり押し圧力と自民党の僕たちは原発やめないもん」糾弾バナー


 クリックで拡大するバナーの場合はコピペでは拡大するようになりません(昔は出来ました。ココログの仕様変更)。タグを拾うには、範囲選択し、右クリックで「選択した部分のソースを表示」で拾います。ブラウザがFirefoxなら、その取得したタグを「HTMLの編集」画面に貼りつけます。

マスゴミの低投票率誘導洗脳大作戦」糾弾バナーです

マスゴミ低投票率誘導洗脳大作戦バナー


始めに戻る

 

雑談日記は良質な情報への中継点
と、人気blogランキングバナー に参戦中。

(↓クリックすると拡大)
自民党は自Endバナー 自民党は自Endバナー の猫ちゃんつながりブログを倭国大乱を記録するブログの数々として見つける毎に適宜追加。但し結構忘れてます(汗)

 ココログ利用で、即行で以下のTBPライブリンクをサイドエリアへはりたければ⇒一輪のバラをクリック。

 以下、登録・スタートさせたトラックバック・ピープルです。
主権者国民連合主権者は私たち国民自民党政治民主党政治社民党や共産党にトラックバックしてます。

 

※原発関連で3冊:

知事抹殺 つくられた福島県汚職事件 佐藤 栄佐久 (著)

原子炉時限爆弾 広瀬 隆 (著)

隠される原子力・核の真実―原子力の専門家が原発に反対するわけ 小出 裕章 (著)

|

« 26日召集特別国会関連記事採録、未来の党は自主投票。その他計4本。 | トップページ | 東京都選挙管理委員会は衆院選(24.12.16執行)と都知事選の投開票速報のリンクを更新して若干分かりやすくしたようです »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「不正選挙には負けない」の歌と、[お勧め不正選挙論考]原発反対・TPP反対の票はどこへ行ったのか?(不正選挙の計算の仕方):

« 26日召集特別国会関連記事採録、未来の党は自主投票。その他計4本。 | トップページ | 東京都選挙管理委員会は衆院選(24.12.16執行)と都知事選の投開票速報のリンクを更新して若干分かりやすくしたようです »