« 今週の吉田照美の週刊エンター『ソコトコキーパーソンが語る2012』月から金まで一挙公開podcastネット放送。 | トップページ | F35戦闘機、カナダは白紙撤回 日本は導入強行←日本も白紙撤回すべきだが、もし万が一安倍晋三になれば隷米だからまず無理。 »

2012年12月15日 (土)

日本未来の党・小沢一郎氏が、2日後の総選挙を前に、毎週恒例の官邸・国会前での脱原発の抗議集会に参加。(YouTube)

 BBS投稿を採録。

 後で、僕が自分で撮った写真を追加します(警察と、反原連の壁にじゃまされて撮るの大変でしたが、スタッフなどに守られながらスピーチエリアの方に交差点を渡って歩いてくる小沢さんの姿を写せました。)

(以下転載始め)

12月14日、小沢一郎氏、国会前で演説
http://bww.jp/r/2012/12/15/12

日本未来の党・小沢一郎氏が、2日後の総選挙を前に、毎週恒例の官邸・国会前での脱原発の抗議集会に参加。

小沢一郎氏小沢一郎氏

 小沢氏『総選挙に入っても脱原発の声は広がっておりません。新聞・テレビで脱原発を争点から外している。これは日本社会の歪(ゆがみ)です。マスコミがそういう中に組み込まれている。こんなことが罷り通ったら日本は真っ暗闇になる・・・国会で脱原発を通すなら、脱原発を唱える議員が多数を占めなければなりません!』

 

小沢一郎氏 国会前演説 12.14
TakumiunaTakumiuna
http://youtu.be/KMFGsYV6dpw

(以上転載終り)

 以下、テキスト起こししました。

 ご紹介頂きました、小沢一郎でございます。

 夜分にまで、しかも大変お寒い中、本当に皆様の粘り強い、力強い行動に対しまして心から敬意を表します。本当にご苦労さまでございます。

 今、総選挙はなされていて、もうわずかな時間しかありませんけれども、その総選挙において、いくつかの政党が選挙戦にのぞんでおります。その中で、明確に脱原発を期限をきって、党として主張しておるのは、われわれ未来の党だけでございます。この我々の主張に対して、いろいろな所から、いろいろな批判がよせられております、攻撃がよせられております。そんなことはできっこないとか、そんなことをしたならば、経済がおかしくなるとか、あるいは電力の供給ができなくなる、というようなことがいわれておりますけれども、決してそんなことはありません。私は、自分の信念として、自信をもって、脱原発はやればできると言う風に考えている所でございます。

しかしながら、皆さんに本当によく考えていただきたいことなんでありますけれども、この総選挙において脱原発、その声は、必ずしも広がっておりません。その意味におきまして、私は、非常に心配をいたしております。なぜ、そうなってしまっているんだろうかといいますと、選挙の前からですね、この脱原発ということが、総選挙の議論の争点からはずされてしまっているんです。まさに、新聞でも、テレビでも、この脱原発という言葉さえも使わないように、そういうようないま状況にあります。私はこれはですね、わが党が議席なんぼ得るか、どこの党がいくらだとか、そろったとか、言うこと以上に、日本の社会が本当に既得権の癒着の中で、マスコミさえも、そういう中に組み込まれてしまっているということが、非常に、これは、日本社会の、いま日本社会の持っている、本当に大きな歪(いびつ)であります。こんなことが、まかり通っていたならば、かならず、日本の将来は真っ暗闇に、道に進んでゆくことになると思います。

どうか、皆さん、わたしどもも、多勢に無勢の中で、一生懸命脱原発でがんばっておりますけれども、どうぞ、皆さんのこのお力を、この皆さんの声を、本当に、子供たちのこと、孫たちのことを、日本の未来を、将来を心配する、皆さんの声を、一人でも多くの国民みなさんに伝えてください。あと、選挙戦は、今日、そして明日一日でございます。私も、今日もずっとこの話をしつづけてきました。どうぞ残された時間はわずかでございますけれども、民主主義は、民主主義は数であります。多数であります、多数決です。ですから、国会でこの脱原発の声を出す人たちが、その考えを持っている人たちが、多数を占めなければどうしようもありません、結果だせません。どうか、そういう意味において、私たちも、最後の一秒まで、脱原発を訴えて頑張りますが、みなさんの、どうぞ、最後の最後までのご努力も、よろしくお願い致します。どうぞ、ありがとうございました。ご苦労さまでした。

 

 以下、来る2012・12・16衆院選挙戦貫徹"檄"バナー。ココログの場合、管理頁の「記事の作成」にコピペするだけで表示出来ます。

 微修正の可能性があり、反映させますので全て直リンクが使用条件です

 衆院選バナーその1 衆院選バナーその2
2012・12・16衆院選、勝利を目指し心を一つにし断固闘うバナー 2012・12・16衆院選、勝利を目指し心を一つにし断固闘うバナー

 衆院選バナーその3 衆院選バナーその4
2012・12・16衆院選、勝利を目指し心を一つにし断固闘うバナー 2012・12・16衆院選、勝利を目指し心を一つにし断固闘うバナー

 衆院選バナーその5 衆院選バナーその6
2012・12・16衆院選、勝利を目指し心を一つにし断固闘うバナー 2012・12・16衆院選、勝利を目指し心を一つにし断固闘うバナー

 

マスゴミの低投票率誘導洗脳大作戦」糾弾バナーです。微修正の可能性有り、反映させますので直リンクが使用条件です。以下のクリックで拡大するバナーの場合はコピペでは拡大するようになりません(昔は出来ました。ココログの仕様変更)。タグを拾うには、範囲選択し、右クリックで「選択した部分のソースを表示」で拾います。

クリックすると拡大します。

マスゴミ低投票率誘導洗脳大作戦バナー


 

 一コマ目は、もうすぐあの世行き、棺桶に片足突っ込んだ年寄りが、これからの脱原発に因縁をつけ口出しする、この滑稽、この馬鹿馬鹿しさ
日本商工会議所の岡村会頭(東芝)、経団連の米倉会長(住友化学)、経済同友会の長谷川代表幹事(武田薬品工業)など3経済団体代表者による“原発ゼロは「到底受け入れられない」”ごり押し圧力糾弾バナーです。

『衆院選、あなたは国民の「生活」が第一、それとも生活台なし?』バナー


始めに戻る

 

雑談日記は良質な情報への中継点
と、人気blogランキングバナー に参戦中。

(↓クリックすると拡大)
自民党は自Endバナー 自民党は自Endバナー の猫ちゃんつながりブログを倭国大乱を記録するブログの数々として見つける毎に適宜追加。但し結構忘れてます(汗)

 ココログ利用で、即行で以下のTBPライブリンクをサイドエリアへはりたければ⇒一輪のバラをクリック。

 以下、登録・スタートさせたトラックバック・ピープルです。
主権者国民連合主権者は私たち国民自民党政治民主党政治社民党や共産党にトラックバックしてます。

 

※原発関連で3冊:

知事抹殺 つくられた福島県汚職事件 佐藤 栄佐久 (著)

原子炉時限爆弾 広瀬 隆 (著)

隠される原子力・核の真実―原子力の専門家が原発に反対するわけ 小出 裕章 (著)

|

« 今週の吉田照美の週刊エンター『ソコトコキーパーソンが語る2012』月から金まで一挙公開podcastネット放送。 | トップページ | F35戦闘機、カナダは白紙撤回 日本は導入強行←日本も白紙撤回すべきだが、もし万が一安倍晋三になれば隷米だからまず無理。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 日本未来の党・小沢一郎氏が、2日後の総選挙を前に、毎週恒例の官邸・国会前での脱原発の抗議集会に参加。(YouTube):

« 今週の吉田照美の週刊エンター『ソコトコキーパーソンが語る2012』月から金まで一挙公開podcastネット放送。 | トップページ | F35戦闘機、カナダは白紙撤回 日本は導入強行←日本も白紙撤回すべきだが、もし万が一安倍晋三になれば隷米だからまず無理。 »