« 2013年1月の小出裕章ジャーナルなど。 | トップページ | 【2013年2月4日・生活の党本部】小沢一郎代表 記者会見(動画) »

2013年2月 2日 (土)

(記事採録)福一2号機、穴開けたら予想外の配管。鳥取市内の2か所で見つかった廃棄物から高い放射線が測定された話し、など。

 以下、資料として採録。

2号機、穴開けたら予想外の配管 東電福島原発、調査難航も
http://www.47news.jp/CN/201301/CN2013012801002181.html
http://megalodon.jp/2013-0204-1050-38/www.47news.jp/CN/201301/CN2013012801002181.html

Pn2013012801002200ci0003  穴から見た福島第1原発2号機のトーラス室の様子。銀色や茶色の配管と、格子状の鋼材があり、隙間がほとんどない=28日(東京電力提供)

 東京電力は28日、福島第1原発2号機の原子炉建屋で、圧力抑制室周辺を調べるため上の階の床に開けた穴の先に、調査の障害となる予想外の配管などが見つかったと発表した。今後の調査は難航も予想される。

 東電によると、穴の真下に複数の配管や格子状の鋼材などが通り、調査機器を下ろすスペースがほとんどなかった。東電は「図面を見て穴の位置を決めた」としているが、重要施設の内部を正確に把握できていない実態が露呈した。

 東電は2号機の圧力抑制室を収める「トーラス室」という空間で、溶けた燃料がないか確認し放射線量を測る調査を計画。カメラや堆積物を採取する装置などをつり下げて調べる方針だった。
2013/01/28 21:31   【共同通信】

 

放射性物質の処置を国と協議へ
http://www.nhk.or.jp/lnews/tottori/4045208781.html
http://megalodon.jp/2013-0201-1409-48/www.nhk.or.jp/lnews/tottori/4045208781.html?t=1359695643117

1月31日までに、鳥取市内の2か所で見つかった廃棄物から相次いで通常よりも高い放射線が測定された問題で、県は1日、緊急の会議を開き、来週にも国と廃棄物の処置について協議することなどを確認しました。
この問題は、鳥取市岩倉と滝山の市道脇で、31日までに見つかった廃棄物から相次いで通常よりも高い放射線が測定されたものです。1日は、県や鳥取市の担当者が県庁に集まり対応を協議しました。このなかで、分析の結果、放射性物質は、きのう見つかったものも含めて、自然界に存在するものが大部分であったことが報告されました。
また、これまでに測定された放射線量は、人体には直ちに影響がないレベルだったことも報告されました。
この問題をうけて県が設けた相談窓口には、健康被害に関する問い合わせや、廃棄物の早期撤去の要望が、それぞれ1件寄せられているということです。
会議では、今後も廃棄物が見つかった現場を24時間体制で監視していくことや、来週にも文部科学省や原子力規制庁などと廃棄物の処置について直接協議していくことなどを確認しました。
県生活環境部の中山貴雄部長は「国と処置方法を検討するとともに、不法投棄の経緯を調べて防止策を強化していきたい」と話していました。

02月01日 13時00分

 

放射線量高い新たな廃棄物
http://www.nhk.or.jp/lnews/tottori/4045202822.html
http://megalodon.jp/2013-0201-1426-02/www.nhk.or.jp/lnews/tottori/4045202822.html?t=1359696485376

鳥取市の市道脇で見つかった廃棄物から通常よりも高い放射線が測定された問題で、県が付近を調べたところ、新たにおよそ400メートル離れた場所に捨てられていた廃棄物から通常より高い放射線が測定されたということです。人体には直ちに影響がないレベルだということですが、県は付近を立ち入り禁止にして、放射性物質の種類や廃棄された経緯を調べています。

この問題は、1月29日から30日にかけて鳥取市の市道脇で回収された2種類の廃棄物から通常より高い放射線が測定されたものです。
人体や周辺には直ちに影響はありませんが、県は付近を立ち入り禁止にして廃棄物が不法に捨てられた経緯を調べています。
この問題を受けて、県と鳥取市が31日に付近を調べたところ、新たにおよそ400メートル北に離れた鳥取市滝山の市道の脇に不法に投棄されていた廃棄物から、通常より高い放射線が測定されたということです。
県によりますと、新たに見つかった廃棄物はビニール袋のようなものが3つ程度、道路脇ののり面に埋まっていたということです。
また、放射線量は、最大で1時間あたり22マイクロシーベルトで、30日に見つかった廃棄物より低く、人体には直ちに影響がないレベルだということです。
県は付近を立ち入り禁止にするとともに、放射性物質の種類や廃棄された経緯を調べています。

02月01日 12時59分

 

廃棄物から通常より高い放射線
http://www.nhk.or.jp/lnews/tottori/4045174241.html

29日から30日にかけて、鳥取市の市道の脇で、不法に投棄された2種類の廃棄物から通常よりも高い放射線が測定されました。県によりますと、人体には直ちに影響がないレベルだということですが、県は付近を立ち入り禁止にして、放射性物質の種類や廃棄された経緯を調べています。
29日夕方、鳥取市岩倉の市道の脇で回収された廃棄物から通常より高いレベルの放射線が測定されたと、産業廃棄物の処理業者から市に連絡がありました。
このため、県と鳥取市が30日に現場を調べたところ、最初の廃棄物が見つかった付近で、別の廃棄物が見つかり、さらに高い放射線が測定されたということです。
県によりますと、この廃棄物は、粘着テープのようなものに巻かれた直径1メートルほどの丸い形をしたものと、長さ60センチほどの細長いコンクリート片のあわせて2種類で、最大で1時間あたり24マイクロシーベルトの放射線が測定されたということです。
県によりますと、この放射線量では人体には直ちに影響がないということですが、県は付近を立ち入り禁止にして、放射性物質の種類や捨てられた経緯を調べています。現場は郊外の山の中で、道路脇ののり面の改良工事をしていますが、不法投棄が多いということです。県生活環境部の中山貴雄部長は「水道水などにも影響はなく、周辺の方々には通常の生活をしていただきたい」と話しています。

01月30日 20時59分

 

鳥取の山中、放射線レベル高い粘着テープの塊
http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20130130-OYT1T01245.htm
http://megalodon.jp/2013-0204-1037-22/www.yomiuri.co.jp/national/news/20130130-OYT1T01245.htm

 鳥取県は30日、鳥取市岩倉の山中で、市道のり面に不法投棄された廃棄物から、放射線レベルの高い粘着テープの塊(約1メートル四方)が見つかったと発表した。

 県によると、自然界に存在する放射線量の約600倍で、近くに約170日間立ち続けた場合にがんの発生率が5%上がるといい、「人体に直ちに影響があるレベルではない」としている。県は現場にあるテープの半径3メートル以内を立ち入り禁止にした。

 テープの放射線量率は毎時24マイクロ・シーベルトで、ほかに同6・12マイクロ・シーベルトのコンクリート片(長さ約60センチ、縦・横各約10センチ)も発見された。

 のり面の改修工事に伴い、周辺の廃棄物を撤去した産業廃棄物処理業者が29日に持ち帰ったコンクリート片を調べて放射線を検出し、通報を受けた県と同市が30日に粘着テープの塊を見つけた。テープから、ラジウムなど5種類の放射性物質が検出された。

 現場はJR鳥取駅から約4・5キロ東で、近くの集落まで約1・3キロ離れている。

(2013年1月31日07時46分  読売新聞)

 

↓「違憲状態選挙で選ばれた安倍が憲法改正を言う馬鹿馬鹿しさ」バナー(未制作のgif画像リンクのタグを貼っています。バナー制作しアップすると現れるのでお待ち下さい)
 クリックすると拡大するバナーです。ブログに貼れる370pxのサイズです。微修正の可能性有り、反映させますので直リンクが使用条件です。
「違憲状態選挙で選ばれた安倍が憲法改正を言う馬鹿馬鹿しさ」バナー


 「3経済団体代表者によるごり押し圧力と、元々原発推し進めた自民党の僕たちは原発やめないもん」糾弾バナーです。

「3経済団体代表者によるごり押し圧力と自民党の僕たちは原発やめないもん」糾弾バナー


 クリックで拡大するバナーの場合はコピペでは拡大するようになりません(昔は出来ました。ココログの仕様変更)。タグを拾うには、範囲選択し、右クリックで「選択した部分のソースを表示」で拾います。ブラウザがFirefoxなら、その取得したタグを「HTMLの編集」画面に貼りつけます。

マスゴミの低投票率誘導洗脳大作戦」糾弾バナーです

マスゴミ低投票率誘導洗脳大作戦バナー


始めに戻る

 

雑談日記は良質な情報への中継点
と、人気blogランキングバナー に参戦中。

(↓クリックすると拡大)
自民党は自Endバナー 自民党は自Endバナー の猫ちゃんつながりブログを倭国大乱を記録するブログの数々として見つける毎に適宜追加。但し結構忘れてます(汗)

 ココログ利用で、即行で以下のTBPライブリンクをサイドエリアへはりたければ⇒一輪のバラをクリック。

 以下、登録・スタートさせたトラックバック・ピープルです。
主権者国民連合主権者は私たち国民自民党政治民主党政治社民党や共産党にトラックバックしてます。

 

※原発関連で3冊:

知事抹殺 つくられた福島県汚職事件 佐藤 栄佐久 (著)

原子炉時限爆弾 広瀬 隆 (著)

隠される原子力・核の真実―原子力の専門家が原発に反対するわけ 小出 裕章 (著)

|

« 2013年1月の小出裕章ジャーナルなど。 | トップページ | 【2013年2月4日・生活の党本部】小沢一郎代表 記者会見(動画) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: (記事採録)福一2号機、穴開けたら予想外の配管。鳥取市内の2か所で見つかった廃棄物から高い放射線が測定された話し、など。:

« 2013年1月の小出裕章ジャーナルなど。 | トップページ | 【2013年2月4日・生活の党本部】小沢一郎代表 記者会見(動画) »