« 2013年7月 福島第一原発の現状(東京新聞) | トップページ | 2013年7月の小出裕章ジャーナルなど。 »

2013年7月30日 (火)

2013年7月「首相動静」です。元号平成の「成」をちゃんと書けない安倍晋三、こんなバカに改憲なんて真っ平御免。

 以下首相動静、安倍晋三の動静記録です。

 自分のデータ保存、新聞切り抜き帳のような感じです。データ保存しておき月末に全部アップする場合もあります。比較的詳しい時事の「首相動静」を採録します。

 なお、各動静記事末尾でリンク紹介されていた記事中や、その他Webで目に付いたものを資料として採録しておきます

※参考:オープン・ソース・インテリジェンス(OSINT)について

関連:
2013年6月「首相動静」です。元号平成の「成」、母校成蹊の「成」をちゃんと書けない安倍晋三、アホのミクスも賞味期限(笑

 

 安倍晋三は、「平成」のさえ間違える馬鹿(母校「成蹊」の

参考安倍晋三は「成蹊小学校、成蹊中学校、成蹊高等学校、成蹊大学法学部政治学科卒業。小学4年生から5年生の時(1964年から2年間)、平沢勝栄が家庭教師につき、高校ではクラブは地理研究部に所属。高校卒業後成蹊大学に進み、佐藤竺教授のゼミに所属して行政学を学ぶ」。

(↓クリックすると拡大します)
130427_nico_03_03 ←4月27日、幕張メッセで安倍が書いたメッセージ。

写真はjapan.cnet.comの以下記事より⇒安倍総理がニコニコ超会議2を電撃視察--「ネットで世界を変えましょう」 魚拓


2013050112s ←分かりやすく再度。「これでいいのだろうか」から。

「成」って小学4年生で習う字です。


_←有名な「三體千字文」です。上から「閨餘成歳律呂」とあり、3文字目の「成」の右から楷書、行書、草書です。どう崩したとしても安倍の字にはなりません。


20130428k0000m010065000cimage001←自民総裁安倍と、自民党幹事長石破茂が軍事オタクの馬鹿とは知ってましたが、元号「平成」にも使われている「成」の字を書けないこんな馬鹿に日本を任せておいて大丈夫なのだろうか。

写真は毎日の記事より。
Internet Archive


2013050111_20130501094407s←写真は、「これでいいのだろうか」から。


1343402359←写真は(AKIBAニュース)の「『 ニコニコ超会議2』」記事から。こちらは安倍のお友達、戦争オタクの自民党幹事長石破茂。 魚拓


 

 以下、2013年月の首相動静です

 

首相動静(7月31日)
http://www.jiji.com/jc/zc?k=201307/2013073100096

 午前8時現在、東京・富ケ谷の私邸。朝の来客なし。
 午前9時28分、私邸発。
 午前9時44分、官邸着。
 午前9時59分から同10時4分まで、武見敬三自民党参院議員。
 午前10時7分から同28分まで、古屋圭司国家公安委員長兼拉致問題担当相。
 午前10時29分から同11時まで、葛西敬之JR東海会長。
 午前11時41分から午後0時2分まで、アジア文化交流懇談会座長の山内昌之東大名誉教授ら。
 午後0時6分から同10分まで、全国都道府県議会議長会会長の水本勝規香川県議会議長らと記念撮影。新藤義孝総務相同席。同11分から同1時7分まで、全国都道府県議会議長会との懇談会。新藤総務相ら同席。
 午後1時16分、官邸発。同22分、東京・内幸町の帝国ホテル着。同ホテル内の宴会場「孔雀の間」で故斎藤明元毎日新聞社社長のお別れの会に参列。同33分、同所発。同37分、官邸着。
 午後1時53分、岸田文雄外相、外務省の斎木昭隆事務次官、宮川真喜雄中東アフリカ局長が入った。同2時19分、宮川氏が出た。
 午後3時8分、全員出た。
 午後4時から同20分まで、谷内正太郎内閣官房参与。同24分から同45分まで、西正典防衛事務次官。同5時1分から同45分まで、総合科学技術会議。
 午後5時52分から同6時4分まで、佐藤雄平福島県知事、ミスピーチの植木安里紗さんらの表敬。同6分から同31分まで、北村滋内閣情報官。
 午後6時32分から同43分まで、西村康稔内閣府副大臣。
 午後6時56分から同7時42分まで、イスラム諸国の駐日大使や大相撲の大砂嵐関らと夕食会。同43分、官邸発。同8時3分、私邸着。
 1日午前0時現在、私邸。来客なし。(2013/08/01-00:07)

 

首相動静(7月30日)
http://www.jiji.com/jc/zc?k=201307/2013073000146

 午前8時現在、東京・富ケ谷の私邸。朝の来客なし。
 午前8時50分、私邸発。
 午前9時7分、皇居着。帰国の記帳。
 午前9時16分、皇居発。同24分、自民党本部着。同29分から同31分まで、神戸市長選立候補予定者への推薦証を交付。同36分から同53分まで、自民党役員会。同58分、自民党本部発。同59分、官邸着。同10時2分、閣議開始。
 午前10時12分、閣議終了。
 午前10時17分、麻生太郎財務相、甘利明経済財政担当相、財務省の木下康司事務次官、香川俊介主計局長、田中一穂主税局長が入った。同11時15分、木下、香川両氏が出た。同16分、田中氏が出た。同25分、麻生氏が出た。
 午前11時36分、松元崇内閣府事務次官が加わった。同41分、石井裕晶内閣府政策統括官が加わった。午後0時17分、全員出た。
 午後1時25分から同47分まで、自民党教育再生実行本部の松野博一本部長代理、西川京子、鈴木淳司両副本部長。同2時17分から同27分まで、北方少年交流事業に参加した北海道根室市立歯舞中3年の樫見柚香さんら中学生が表敬。
 午後2時29分から同3時4分まで、西正典防衛事務次官。同6分から同31分まで、沖縄県私立昭和薬科大学附属中3年の石川美咲生さん、北海道函館市立柏野小6年の加藤栞さんら沖縄、函館豆記者団が表敬。同32分から同34分まで、自民党の池田佳隆衆院議員、中里高之名古屋市議の後援会関係者と記念撮影。
 午後3時35分から同4時17分まで、TPP政府対策本部の鶴岡公二首席交渉官、佐々木豊成国内調整総括官。同4時18分から同28分まで、北村滋内閣情報官。同36分、経済財政諮問会議開始。
 午後5時34分、経済財政諮問会議終了。
 午後5時35分から同48分まで、麻生副総理兼財務相。
 午後6時33分、官邸発。同34分、公邸着。自民党の高村正彦副総裁、石破茂幹事長、溝手顕正参院議員会長、脇雅史参院幹事長らと会食。
 午後8時9分、公邸発。同24分、私邸着。
 31日午前0時現在、私邸。来客なし。(2013/07/31-00:04)

 

首相動静(7月29日)
http://www.jiji.com/jc/zc?k=201307/2013072900045

 午前7時30分、東京・富ケ谷の私邸発。
 午前7時50分、JR東京駅着。同56分、はやて103号で同駅発。
 午前9時37分、JR仙台駅着。同44分、同駅発。根本匠復興相、谷公一、秋葉賢也両復興副大臣ら同行。
 午前10時47分、宮城県石巻市中里の災害公営住宅着。村井嘉浩知事、亀山紘市長ら出迎え。同49分から同11時まで、視察し入居者と懇談。同1分、同所発。同13分、石巻市開成の「開成包括ケアセンター」着。同14分から同29分まで、仮設住宅の住民向け健康・福祉事業を視察。長純一センター長と意見交換。同30分、同所発。
 午後0時15分、宮城県南三陸町の「南三陸ホテル観洋」着。根本復興相、村井知事らと昼食。
 午後0時59分、同ホテル発。
 午後1時9分、南三陸町志津川の高台着。周辺を視察、黙とう。佐藤仁町長ら同行。同19分、同所発。同21分、同町の仮設商店街「南三陸さんさん商店街」着。同26分から同27分まで、「及善蒲鉾店」で試食。同29分から同32分まで、土産物店「ヤマウチ」で買い物。同38分、同商店街発。
 午後1時47分、南三陸町の公立南三陸診療所着。視察。同53分、同所発。同54分、南三陸町役場仮設庁舎着。町職員を激励。同2時1分から同3分まで、報道各社のインタビュー。「視察の感想は」に「一歩ずつ復興に向けて、歩みが始まっていると感じることができました」。同10分、同所発。
 午後4時20分、JR仙台駅着。同25分から同35分まで、同駅内の応接室で根本復興相、谷、秋葉両復興副大臣。同41分、やまびこ148号で同駅発。
 午後6時48分、JR東京駅着。同52分、同駅発。
 午後7時18分、私邸着。
 30日午前0時現在、私邸。来客なし。(2013/07/30-00:14)

 

首相動静(7月28日)
http://www.jiji.com/jc/zc?k=201307/2013072900007

 午前9時57分、東京・富ケ谷の私邸発。
 午前10時10分、東京・六本木のホテル「グランドハイアット東京」着。同ホテル内の「NAGOMIスパアンドフィットネス」で運動。
 午後1時10分、同ホテル発。
 午後1時28分、私邸着。
 29日午前0時現在、私邸。来客なし。(2013/07/29-00:22)

 

首相動静(7月27日)
http://www.jiji.com/jc/zc?k=201307/2013072800001

(現地時間)
 27日午前、フィリピン・リサール公園のホセ・リサール記念碑で献花。マラカニアン宮殿で歓迎式典。フィリピンのアキノ大統領と首脳会談。共同記者発表。午後、アキノ大統領主催昼食会。ホテル「ザ・ペニンシュラ・マニラ」で内外記者会見。
 27日午後、東南アジア歴訪を終え、政府専用機でマニラ・ニノイ・アキノ国際空港発。
 午後9時40分、東南アジア3カ国歴訪を終え、フィリピンから政府専用機で羽田空港着。
 午後9時55分、羽田空港発。
 午後10時26分、東京・富ケ谷の私邸着。
 28日午前0時現在、私邸。来客なし。(2013/07/28-00:07)

 

首相動静(7月26日)
http://www.jiji.com/jc/zc?k=201307/2013072500118

(現地時間)
 26日午前、政府専用機でマレーシアのクアラルンプール国際空港発。シンガポールのチャンギ国際空港着。首相府前庭で歓迎式典。首相府でシンガポールのトニー大統領を表敬。リー・シェンロン首相と首脳会談。共同記者会見。
 同日午後、リー・シェンロン首相主催昼食会。リッツ・カールトン・ホテルでバイデン米副大統領と会談。同ホテルで東南アジア研究所主催の「シンガポール・レクチャー」で講演。政府専用機でチャンギ国際空港発。フィリピンのマニラ・ニノイ・アキノ国際空港着。マニラのインターコンチネンタル・ホテルで比日協会主催レセプション。ホテル「ザ・ペニンシュラ・マニラ」泊。(2013/07/27-00:39)

 

首相動静(7月24日)
http://www.jiji.com/jc/zc?k=201307/2013072400111

 午前8時現在、東京・富ケ谷の私邸。朝の来客なし。
 午前9時41分、私邸発。
 午前9時57分、官邸着。
 午前10時13分、杉山晋輔外務審議官、石黒憲彦経済産業審議官、石津緒国土交通審議官らが入った。同11時45分、石黒、石津両氏らが出た。
 午後0時2分、杉山氏が出た。
 午後0時3分から同12分まで、斎木昭隆外務事務次官、山中伸一文部科学事務次官ら。
 午後0時14分から同1時38分まで、船橋洋一日本再建イニシアチブ理事長、マイケル・グリーン米戦略国際問題研究所上級副所長。
 午後1時39分から同2時13分まで、野田毅自民党税制調査会長。
 午後2時28分、麻生太郎財務相、木下康司財務事務次官らが入った。同3時42分、木下氏らが出た。同46分、麻生氏が出た。
 午後3時47分から同52分まで、金田勝年自民党衆院議員ら。
 午後4時24分から同5時2分まで、礒崎陽輔首相補佐官、平松賢司外務省総合外交政策局長、徳地秀士防衛省防衛政策局長。同6分、官邸発。
 午後5時21分、東京・渋谷の美容室「HAIR GUEST」着。散髪。
 午後6時44分、同所発。
 午後7時2分、東京・永田町の赤坂エクセルホテル東急着。同ホテル内のレストラン「赤坂ジパング」で報道関係者と会食。
 午後9時51分、同所発。
 午後10時7分、私邸着。
 25日午前0時現在、私邸。来客なし。(2013/07/25-00:08)

 

首相動静(7月23日)
http://www.jiji.com/jc/zc?k=201307/2013072300138

 午前8時現在、東京・富ケ谷の私邸。朝の来客なし。
 午前9時35分、私邸発。
 午前9時53分、官邸着。「英国のウィリアム王子夫妻に第1子が誕生したが」に「英国にとっても世界にとっても、明るい、素晴らしいニュースだ。心からお喜びを申し上げたい」。同10時3分から同15分まで、閣議。
 午前10時20分、月例経済報告関係閣僚会議開始。
 午前10時38分、月例経済報告関係閣僚会議終了。
 午前10時59分から同11時35分まで、下村博文文部科学相。同36分から同58分まで、飯島勲内閣官房参与。午後1時10分から同20分まで、菅義偉、加藤勝信、世耕弘成、杉田和博正副官房長官。
 午後2時6分から同11分まで、長嶺安政外務審議官。
 午後2時55分から同3時20分まで、江渡聡徳防衛副大臣、徳地秀士防衛省防衛政策局長。
 午後3時29分から同39分まで、郵政民営化委員会の増田寛也委員長。
 午後5時9分から同19分まで、山口県議会の畑原基成副議長。同22分、北村滋内閣情報官、木野村謙一防衛省情報本部長が入った。同34分、木野村氏が出た。同45分、北村氏が出た。同53分、官邸発。
 午後6時1分、東京・南青山の青山葬儀所着。猪瀬直樹東京都知事の妻、故ゆり子さんの通夜に参列。同17分、同所発。
 午後6時32分、東京・六本木の中華料理店「華都飯店」着。昭恵夫人らと食事。
 午後9時2分、同所発。
 午後9時18分、私邸着。
 24日午前0時現在、私邸。来客なし。(2013/07/24-00:10)

 

首相動静(7月22日)
http://www.jiji.com/jc/zc?k=201307/2013072200164

 午前8時現在、東京・富ケ谷の私邸。朝の来客なし。
 午前10時39分、私邸発。
 午前10時56分、自民党本部着。同11時1分、自民党臨時役員会開始。
 午前11時17分、自民党臨時役員会終了。
 午前11時18分から同30分まで、石破茂同党幹事長。同32分から同44分まで、細田博之同党幹事長代行。同46分から同58分まで、河村建夫同党選挙対策委員長。
 午前11時59分、自民党本部発。午後0時2分、官邸着。
 午後0時58分、官邸発。同59分、国会着。同1時1分、常任委員長室へ。同4分、山口那津男公明党代表との党首会談開始。自民党の石破茂、公明党の井上義久両幹事長同席。
 午後1時21分、党首会談終了。同23分、国会発。同25分、官邸着。
 午後1時48分、官邸発。同51分、自民党本部着。
 午後2時から同30分まで、記者会見。同40分から同51分まで、高村正彦自民党副総裁。同53分、自民党本部発。同55分、官邸着。
 午後4時49分から同5時4分まで、山口県理容生活衛生同業組合の角野悦雄理事長ら。同12分から同36分まで、外務省の斎木昭隆事務次官、杉山晋輔外務審議官、伊原純一アジア大洋州局長。
 午後5時50分から同6時20分まで、菅義偉、加藤勝信、世耕弘成、杉田和博正副官房長官。同7時、官邸発。
 午後7時2分、東京・永田町の日本料理店「黒澤」着。時事通信の加藤清隆解説委員、ジャーナリストの後藤謙次氏らと会食。同8時57分、同所発。同59分、東京・永田町のザ・キャピトルホテル東急着。同ホテル内の日本料理店「水簾」で北村滋内閣情報官、田中一穂財務省主税局長らと懇談。同10時20分、同ホテル発。同39分、私邸着。
 23日午前0時現在、私邸。来客なし。(2013/07/23-00:10)

 

首相動静(7月21日)
http://www.jiji.com/jc/zc?k=201307/2013072100048

 午前10時現在、東京・富ケ谷の私邸。朝の来客なし。
 午前11時9分から同45分まで、斎木昭隆外務事務次官。同46分、私邸発。
 正午、東京・六本木のホテル「グランドハイアット東京」着。
 午後0時3分から同1時14分まで、同ホテル内の日本料理店「旬房」で麻生太郎副総理兼財務相と昼食。
 午後1時15分から同45分まで、同ホテル内の個室で長谷川栄一首相補佐官。
 午後2時から同5時39分まで、同ホテル内の「NAGOMIスパアンドフィットネス」で運動。同40分、同ホテル発。
 午後5時50分、東京・虎ノ門のホテルオークラ着。同ホテル内の鉄板焼き店「さざんか」で秘書官と食事。
 午後7時33分、同ホテル発。
 午後7時39分、自民党本部着。
 午後7時55分から同57分まで、河村建夫同党選挙対策委員長。
 午後9時45分から同10時28分まで、記者会見場でテレビ各社の報道番組に出演。
 午後10時30分から同32分まで、茂木敏充経済産業相。同35分から同40分まで、記者会見場でインターネット動画サイト「ニコニコ動画」に出演。
 午後10時48分から同11時14分まで、記者会見場でテレビ・ラジオ各社の報道番組に出演。同52分から同53分まで、報道各社のインタビュー。同54分、党本部発。22日午前0時8分、私邸着。
 午前1時現在、私邸。来客なし。(2013/07/22-01:06)

 

首相動静(7月20日)
http://www.jiji.com/jc/zc?k=201307/2013072100003

 午前7時26分、東京・富ケ谷の私邸発。同49分、JR東京駅着。同56分、はやて103号で同駅発。
 午前9時38分、JR仙台駅着。同40分、同駅発。
 午前11時7分、山形県村山市の市総合文化複合施設「甑葉プラザ」前着。街頭演説。同35分、同所発。
 午後0時、山形県寒河江市の道の駅「寒河江チェリーランド」前着。街頭演説。同27分、同所発。
 午後0時56分、JR山形駅着。同58分から同1時7分まで、同駅構内の駅長応接室で自民党山形県連の遠藤利明会長。同12分、つばさ142号で同駅発。
 午後4時、JR東京駅着。同4分、同駅発。
 午後4時36分、JR蒲田駅西口着。街頭演説。同54分、同所発。
 午後6時1分、JR中野駅北口着。街頭演説。同15分、同所発。
 午後6時52分、東京・浅草の雷門前着。街頭演説。同7時7分、同所発。
 午後7時45分、JR秋葉原駅前着。街頭演説。同8時4分、同所発。
 午後8時28分、私邸着。
 21日午前0時現在、私邸。来客なし。
(2013/07/21-00:10)

 

首相動静(7月19日)
http://www.jiji.com/jc/zc?k=201307/2013071900134

 午前8時現在、東京・富ケ谷の私邸。朝の来客なし。
 午前8時37分、私邸発。
 午前9時2分、JR東京駅着。同10分、のぞみ19号で同駅発。
 午前10時50分、JR名古屋駅着。同53分、同駅発。同54分、近鉄名古屋駅着。同11時、近鉄特急で同駅発。
 午前11時44分、近鉄津駅着。同47分、同駅発。
 午前11時54分、津市のお城西公園着。街頭演説。午後0時22分、同所発。
 午後0時29分、津市の中国料理店「陶陶津店」着。同42分から同1時12分まで、自民党三重県連の川崎二郎会長、水谷隆幹事長らと昼食。同14分、同所発。同18分、近鉄津駅着。同27分、近鉄特急で同駅発。
 午後1時47分、近鉄四日市駅着。同51分、同駅発。同52分、三重県四日市市の四日市市民公園着。街頭演説。同2時23分、同所発。同24分、近鉄四日市駅着。同48分、近鉄特急で同駅発。
 午後3時1分から同5分まで、NHKのインタビュー。同16分、近鉄名古屋駅着。同17分、同駅発。同18分、JR名古屋駅着。同32分、のぞみ28号で同駅発。
 午後5時13分、JR東京駅着。同17分、同駅発。
 午後5時57分、JR船橋駅南口着。街頭演説。同6時24分、同所発。
 午後7時24分、私邸着。
 20日午前0時現在、私邸。来客なし。(2013/07/20-00:14)

 

首相動静(7月18日)
http://www.jiji.com/jc/zc?k=201307/2013071800110

 午前7時21分、東京・富ケ谷の私邸発。同49分、JR東京駅着。同56分、はやて103号で同駅発。
 午前10時32分、JR水沢江刺駅着。同35分、同駅発。
 午後0時9分、岩手県陸前高田市の仮設団地着。街頭演説。同20分、同所発。
 午後0時38分、同県大船渡市の日本料理店「活魚すごう」着。昼食。
 午後1時37分、同所発。同39分、同市の「おおふなと夢商店街」着。練り歩き、街頭演説。同2時6分、同所発。
 午後3時6分、同県釜石市の「JAいわて花巻 釜石支店」前着。街頭演説。同26分、同所発。
 午後4時17分、同県遠野市の自民党岩手県連遠野支部前着。街頭演説。同50分、同所発。
 午後5時47分、同県花巻市の定住交流センター「なはんプラザ」前着。街頭演説。同6時20分、同所発。同29分、JR新花巻駅着。
 午後6時56分、やまびこ66号で同駅発。
 午後10時2分、JR東京駅着。同7分、同駅発。
 午後10時26分、私邸着。
 19日午前0時現在、私邸。来客なし。(2013/07/19-00:06)

 

首相動静(7月17日)
http://www.jiji.com/jc/zc?k=201307/2013071700118

 午前8時現在、宿泊先の那覇市のANAクラウンプラザホテル沖縄ハーバービュー。朝の来客なし。
 午前8時46分、同ホテル発。同57分、那覇空港着。
 午前9時32分、全日空1763便で同空港発。同10時16分、石垣空港着。同26分、同空港発。
 午前10時38分、沖縄県石垣市大浜のサトウキビ畑着。視察。同44分、同所発。
 午前11時7分、同市浜崎町の係留岸壁着。石垣海上保安部の巡視船「いしがき」に乗船し視察。職員を激励。同27分、同所発。同41分、同市の真栄里公園着。街頭演説。午後0時10分、同所発。同16分、同市の居酒屋「海神丸」着。自民党の西銘恒三郎衆院議員らと食事。
 午後0時56分、同所発。同1時14分、石垣空港着。同15分から同26分まで、同空港内の特別待合室で中山義隆石垣市長ら。同27分から同48分まで、同空港内の土産物店で買い物。
 午後2時34分、全日空1792便で同空港発。同56分、宮古空港着。同3時6分、同空港発。
 午後3時15分、沖縄県宮古島市の航空自衛隊宮古島分屯基地着。防衛省の片岡晴彦航空幕僚長、林育正同基地司令。同27分から同29分まで、同基地隊員を激励。同31分、同所発。
 午後3時50分、宮古島市のカママ嶺公園着。街頭演説。同4時17分、同所発。同28分、宮古空港着。同29分から同43分まで、同空港内の有料待合室で自民党沖縄県連の座喜味一幸政調会長ら。同58分、日本トランスオーシャン航空566便で宮古空港発。同5時34分、那覇空港着。
 午後6時24分、全日空134便で那覇空港発。
 午後8時28分、羽田空港着。同43分、同空港発。
 午後9時11分、東京・富ケ谷の私邸着。
 18日午前0時現在、私邸。来客なし。(2013/07/18-00:07)

 

首相動静(7月16日)
http://www.jiji.com/jc/zc?k=201307/2013071600102

 午前8時現在、東京・富ケ谷の私邸。朝の来客なし。
 午前8時42分、私邸発。
 午前8時47分、東京・宇田川町の渋谷区役所着。参院選の不在者投票。同53分から同54分まで、報道各社のインタビュー。「どういう思いで投票したのか」に「しっかりと政治を前に進めていきたいという願いをこめて一票を投じた」。同55分、同所発。同9時14分、官邸着。
 午前9時15分から同31分まで、北村滋内閣情報官。
 午前9時32分から同47分まで、古屋圭司拉致問題担当相。同49分から同58分まで、日本経済再生本部。同10時2分、閣議開始。
 午前10時13分、閣議終了。同24分、官邸発。
 午前10時51分、羽田空港着。
 午前11時22分、日本航空909便で羽田空港発。
 午後1時38分、那覇空港着。仲井真弘多沖縄県知事出迎え。同2時1分、同空港発。
 午後3時11分、沖縄県うるま市の安慶名交差点着。街頭演説。同30分、同所発。
 午後3時53分、沖縄県沖縄市の胡屋十字路着。街頭演説。同4時16分、同所発。
 午後4時47分、那覇市の沖縄三越前着。平和通り、市場本通りを練り歩き。同5時12分、同所発。同27分、同市の複合ビル「パレットくもじ」前着。街頭演説。同55分、同所発。
 午後5時59分、那覇市のANAクラウンプラザホテル沖縄ハーバービュー着。那覇市議選立候補者と写真撮影。同6時32分、同ホテル発。
 午後7時7分、沖縄県宜野湾市の沖縄コンベンションセンター着。自民党参院選立候補者の総決起大会に出席。
 午後8時36分、同所発。
 午後8時56分、那覇市のステーキレストラン「碧 おもろまち店」着。自民党の小此木八郎筆頭副幹事長、竹下亘組織運動本部長らと会食。
 午後10時47分、同所発。同11時1分、那覇市のANAクラウンプラザホテル沖縄ハーバービュー着。
 17日午前0時現在、宿泊先の那覇市のANAクラウンプラザホテル沖縄ハーバービュー。来客なし。(2013/07/17-00:16)

 

首相動静(7月15日)
http://www.jiji.com/jc/zc?k=201307/2013071500024

 午前8時22分、東京・富ケ谷の私邸発。
 午前8時42分、JR東京駅着。同50分、のぞみ103号で同駅発。
 午前10時31分、JR名古屋駅着。同37分、みえ5号で同駅発。
 午前11時21分、伊勢鉄道鈴鹿駅着。同24分、同駅発。
 午前11時32分、三重県鈴鹿市の弁天山公園着。街頭演説。同56分、同所発。
 午後0時15分、同市の日本料理店「津弥や」着。鈴木英敬三重県知事らと昼食。
 午後0時49分、同所発。同50分、同市の近鉄白子駅着。同51分から同55分まで、同駅内の応接室で鈴木知事、末松則子鈴鹿市長。同57分、近鉄特急で同駅発。
 午後1時19分、同県桑名市の近鉄桑名駅着。駅前で街頭演説。同2時、近鉄特急で同駅発。
 午後2時17分、近鉄名古屋駅着。同18分、徒歩で同駅発。同20分、名古屋市中村区の名古屋マリオットアソシアホテル着。同ホテル内の宴会場「オーク」で藤川政人、鈴木政二両自民党参院議員。
 午後2時55分、徒歩で同ホテル発。同57分、JR名古屋駅前着。街頭演説。同3時18分、同所発。
 午後4時20分、JR岐阜羽島駅北口着。街頭演説。
 午後4時52分から同5時10分まで、同駅内の貴賓室で猫田孝自民党岐阜県連幹事長。同11分、ひかり528号で同駅発。
 午後7時10分、JR東京駅着。同14分、同駅発。
 午後7時43分、千葉県市川市の市文化会館着。自民党参院選立候補者の個人演説会に出席し、演説。同8時20分、同所発。
 午後8時50分、自民党本部着。
 午後8時59分から同9時36分まで、同党の高村正彦副総裁、石破茂幹事長、河村建夫選挙対策委員長ら。同41分、同所発。
 午後9時55分、私邸着。
 16日午前0時現在、私邸。来客なし。(2013/07/16-00:18)

 

首相動静(7月14日)
http://www.jiji.com/jc/zc?k=201307/2013071400018

 午前7時45分、東京・富ケ谷の私邸発。
 午前8時11分、羽田空港着。
 午前8時51分、日本航空1201便で羽田空港発。
 午前9時48分、青森空港着。同58分、同空港発。
 午前10時19分、青森市の「青い森公園」着。街頭演説。同45分、同所発。
 午前10時55分、同市の新青森駅前公園着。産直市「あおもりマルシェ」見学。同11時15分、JR新青森駅着。構内で青森県立青森西高校茶道部によるお茶のもてなし。木村太郎首相補佐官同席。同42分、はやて32号で同駅発。
 午後0時34分、JR盛岡駅着。同駅東口で街頭演説。午後1時7分、同所発。
 午後2時28分、岩手県一関市の温泉施設「願叶乃湯」前着。街頭演説。同55分、同所発。
 午後3時47分、同県北上市の「さくら野百貨店北上店」前着。街頭演説。同4時21分、同所発。
 午後5時59分、秋田市のJR秋田駅前着。街頭演説。同6時29分、同所発。
 午後6時54分、秋田空港着。同56分から同7時8分まで、同空港の貴賓室で自民党の金田勝年衆院議員ら。
 午後7時22分、全日空880便で秋田空港発。
 午後8時8分、羽田空港着。同22分、同空港発。
 午後8時50分、私邸着。
 15日午前0時現在、私邸。来客なし。(2013/07/15-00:30)

 

首相動静(7月13日)
http://www.jiji.com/jc/zc?k=201307/2013071400002

 午前7時44分、東京・富ケ谷の私邸発。
 午前8時17分、羽田空港着。
 午前8時51分、日本航空505便で羽田空港発。
 午前9時57分、新千歳空港着。同10時13分、同空港発。
 午前11時10分、札幌市中央区の大通公園着。街頭演説。同38分、同所発。
 午後0時32分、新千歳空港着。
 午後0時59分、日本航空2904便で新千歳空港発。同1時48分、仙台空港着。同57分、同空港発。
 午後2時38分、仙台市青葉区の商業施設「藤崎ファーストタワー館」前着。街頭演説。同3時2分、同所発。
 午後4時2分、JR山形駅西口着。街頭演説。同30分、同所発。
 午後5時30分、山形県高畠町の文化ホール「まほら」の駐車場着。街頭演説。同52分、同所発。
 午後6時16分、同県米沢市の文化施設「伝国の杜」前着。街頭演説。同32分、同所発。同38分、JR米沢駅着。同44分、つばさ156号で同駅発。
 午後8時55分、JR東京駅着。同9時、同駅発。同25分、私邸着。
 14日午前0時現在、私邸。来客なし。(2013/07/14-00:04)

 

首相動静(7月12日)
http://www.jiji.com/jc/zc?k=201307/2013071200136

 午前8時現在、宿泊先の長崎市のホテルニュー長崎。朝の来客なし。
 午前9時20分から同28分まで、同ホテル内で長崎国際テレビのインタビュー。
 午前9時51分、同ホテル発。
 午前9時57分、長崎市の鉄橋着。街頭演説。同10時23分、同所発。
 午前11時23分、佐賀県武雄市のショッピングセンター「ゆめタウン武雄」の駐車場着。街頭演説。同46分、同所発。
 午後1時7分、福岡市中央区の警固公園着。街頭演説。同31分、同所発。同41分、JR博多駅着。同57分、ソニック29号で同駅発。
 午後4時1分、JR大分駅着。同7分、同駅発。
 午後4時14分、大分市の商店街「ガレリア竹町」着。街頭演説。同38分、同所発。
 午後5時41分、大分空港着。同45分から同6時8分まで、同空港内で広瀬勝貞大分県知事ら。
 午後6時22分、全日空200便で大分空港発。
 午後7時41分、羽田空港着。同59分、同空港発。
 午後8時39分、東京・富ケ谷の私邸着。
 13日午前0時現在、私邸。来客なし。(2013/07/13-00:04)

 

首相動静(7月11日)
http://www.jiji.com/jc/zc?k=201307/2013071100103

 午前8時現在、東京・富ケ谷の私邸。朝の来客なし。
 午前8時6分、私邸発。
 午前8時37分、羽田空港着。
 午前9時13分、全日空603便で羽田空港発。
 午前10時25分、宮崎空港着。同36分、同空港発。
 午前10時56分、宮崎市の百貨店「宮崎山形屋」前着。街頭演説。同11時24分、同所発。同27分、同市のホテル「ニューウェルシティ宮崎」着。同ホテル内の「レストランひむか」で自民党宮崎県連の中村幸一会長、坂口博美幹事長と昼食。
 午後0時9分、同ホテル発。同11分、JR宮崎駅着。同12分から同24分まで、同駅内で宮崎県の稲用博美、内田欽也両副知事ら。同30分、きりしま11号で同駅発。
 午後2時29分、JR鹿児島中央駅着。同38分から同50分まで、同駅東口で街頭演説。同3時4分から同26分まで、同駅内で自民党の保岡興治、宮路和明両衆院議員ら。同32分、さくら410号で同駅発。
 午後4時19分、JR熊本駅着。同21分、同駅発。同29分、熊本市中央区の辛島公園着。街頭演説。同54分、同所発。同5時1分、JR熊本駅着。同3分から同33分まで、同駅内で前川収自民党熊本県連幹事長ら。同36分、つばめ356号で同駅発。
 午後6時12分、JR新鳥栖駅着。同22分、かもめ39号で同駅発。
 午後8時1分、JR長崎駅着。同2分、同駅発。同4分、長崎市のホテルニュー長崎着。
 12日午前0時現在、宿泊先のホテルニュー長崎。来客なし。(2013/07/12-00:14)

 

首相動静(7月10日)
http://www.jiji.com/jc/zc?k=201307/2013071000104

 午前8時現在、東京・富ケ谷の私邸。朝の来客なし。
 午前8時42分、私邸発。
 午前9時13分、羽田空港着。同14分から同23分まで、同空港内のVIPルームで石井隆一富山県知事。
 午前9時39分、全日空883便で同空港発。
 午前10時16分、富山空港着。同20分から同34分まで、同空港内のVIPルームで富山県の石井知事、自民党の四方正治、米原蕃両県議。同35分、同空港発。
 午前11時1分、JR富山駅前着。街頭演説。同27分、同所発。
 午後0時26分、金沢市の近江町市場着。練り歩き、買い物。同41分、同市場の和食料理店「近江町食堂」着。近江町市場商店街振興組合の幹部と昼食。同1時、同所発。同11分、同市の商業施設「香林坊アトリオ」前着。街頭演説。同32分、同所発。
 午後2時55分、JR福井駅西口着。街頭演説。同3時23分、同所発。
 午後4時19分、小松空港着。同24分から同27分まで、同空港内で自民党の佐々木紀衆院議員の支援者らにあいさつ。同28分から同29分まで、同空港内の貴賓室で森喜朗元首相。同30分から同41分まで、NHKの報道番組の収録。同42分から同48分まで、森元首相。
 午後5時4分、全日空758便で同空港発。
 午後5時58分、羽田空港着。
 午後6時17分から同53分まで、同空港内の羽田エクセルホテル東急の個室で秘書官と食事。同55分、同空港発。
 午後7時30分、東京・六本木のテレビ朝日着。
 午後8時から同55分まで、報道番組の収録。同9時2分、同所発。
 午後9時17分、私邸着。
 11日午前0時現在、私邸。来客なし。(2013/07/11-00:14)

 

首相動静(7月9日)
http://www.jiji.com/jc/zc?k=201307/2013070900125

 午前8時現在、東京・富ケ谷の私邸。朝の来客なし。
 午前8時30分、私邸発。
 午前8時44分、官邸着。
 午前8時53分から同59まで、北村滋内閣情報官。同9時から同12分まで、安全保障会議。同21分から同33分まで、閣議。同42分、官邸発。
 午前10時5分、羽田空港着。
 午前10時41分、日本航空1487便で羽田空港発。
 午前11時38分、高知空港着。同45分、同空港発。
 午後0時14分、高知市の高知市中央公園着。街頭演説。同41分、同所発。
 午後1時14分、高知県大豊町の林業「とされいほく」着。同15分から同2時2分まで、岩崎憲郎大豊町長、中谷元自民党衆院議員らと意見交換し、昼食。同3分、同所発。
 午後3時40分、松山市の伊予鉄道松山市駅前着。街頭演説。同4時3分、同所発。
 午後4時18分、松山空港着。同空港内の貴賓室で中村時広愛媛県知事、塩崎恭久衆院議員ら同県選出の自民党国会議員。
 午後5時18分、日本航空1472便で松山空港発。
 午後6時35分、羽田空港着。
 午後6時48分、羽田空港発。
 午後7時9分、東京・永田町のザ・キャピトルホテル東急着。同ホテル内の客室で秘書官と食事。
 午後7時55分、同所発。同8時2分、東京・赤坂のTBS着。報道番組の収録。
 午後9時21分、同所発。
 午後9時37分、私邸着。
 10日午前0時現在、私邸。来客なし。(2013/07/10-00:10)

 

首相動静(7月8日)
http://www.jiji.com/jc/zc?k=201307/2013070800052

 午前8時現在、東京・富ケ谷の私邸。朝の来客なし。同9時から同30分まで、NHKのインタビュー。
 午前9時43分、私邸発。
 午前10時35分、JR津田沼駅北口着。街頭演説。同55分、同所発。午後0時2分、JR松戸駅西口着。街頭演説。同24分、同所発。
 午後0時26分、千葉県松戸市の松戸商工会議所着。同商議所の杉浦裕会頭らと昼食。斎藤健、桜田義孝、渡辺博道各自民党衆院議員同席。同1時4分、同所発。
 午後2時23分、JR水戸駅南口着。街頭演説。同47分、同所発。
 午後4時19分、JR小山駅西口着。街頭演説。同43分から同50分まで、同駅構内の貴賓室で茂木敏充経済産業相らと懇談。同5時3分、やまびこ213号で同駅発。
 午後5時4分から同12分まで、茂木経産相。同13分、JR宇都宮駅着。同15分から同22分まで、同駅の駅長室で自民党の上野通子参院議員らと懇談。同23分、同駅発。同25分、同駅西口着。街頭演説。同46分、徒歩で同所発。同51分、JR宇都宮駅着。同6時20分、やまびこ150号で同駅発。
 午後7時7分、JR東京駅着。同12分、同駅発。同30分、私邸着。
 9日午前0時現在、私邸。来客なし。(2013/07/09-00:20)

 

首相動静(7月7日)
http://www.jiji.com/jc/zc?k=201307/2013070700032

 午前6時47分、東京・富ケ谷の私邸発。同7時3分、東京・台場のフジテレビ着。
 午前7時38分から同8時25分まで、報道番組に出演。同28分、同所発。同45分、東京・紀尾井町のNHK千代田放送会館着。
 午前9時から同10時30分まで、討論番組に出演。同32分、同所発。同48分、私邸着。
 午後0時10分、私邸発。同22分、JR新宿駅着。同30分、かいじ107号で同駅発。
 午後2時8分、JR甲府駅着。同駅南口で街頭演説。同35分、同所発。
 午後3時1分、山梨県昭和町の複合施設「イオンモール甲府昭和」前着。街頭演説。同27分、同所発。
 午後3時53分、JR甲府駅着。同55分、スーパーあずさ22号で同駅発。
 午後4時49分、JR八王子駅着。同54分、同駅発。
 午後5時50分、相模原市南区の小田急相模大野駅北口着。街頭演説。同6時16分、同所発。
 午後7時9分、私邸着。
 8日午前0時現在、私邸。来客なし。(2013/07/08-00:06)

 

首相動静(7月6日)
http://www.jiji.com/jc/zc?k=201307/2013070700001

 午前7時39分、東京・富ケ谷の私邸発。
 午前8時7分、羽田空港着。
 午前8時46分、日本航空107便で羽田空港発。同9時30分、大阪国際空港着。同40分、同空港発。
 午前10時40分、JR奈良駅西側ロータリー着。街頭演説。同11時13分、同所発。
 午後0時20分、JR草津駅東口着。街頭演説。同46分、同所発。
 午後1時9分、大津市の大津プリンスホテル着。同10分から同11分まで、嘉田由紀子滋賀県知事。
 午後1時13分から同41分まで、同ホテル内の日本料理店「和食 清水」で昼食。同43分、同所発。
 午後1時47分、大津市の商業施設「大津パルコ」前着。街頭演説。同2時15分、同所発。
 午後2時48分、京都市役所前着。街頭演説。同3時12分、同所発。
 午後4時12分、大阪市北区の家電量販店「ヨドバシカメラ マルチメディア梅田」前着。街頭演説。同35分、同所発。
 午後4時56分、大阪国際空港着。
 午後5時29分、日本航空128便で大阪国際空港発。同6時25分、羽田空港着。同36分、同空港発。
 午後7時21分、私邸着。
 7日午前0時現在、私邸。来客なし。(2013/07/07-00:03)

 

首相動静(7月5日)
http://www.jiji.com/jc/zc?k=201307/2013070500091

 午前8時現在、東京・富ケ谷の私邸。朝の来客なし。
 午前8時3分、私邸発。
 午前8時37分、羽田空港着。
 午前9時16分、全日空281便で羽田空港発。
 午前10時12分、徳島空港着。同18分、同空港発。
 午前10時39分、JR徳島駅前着。街頭演説。同11時8分、同所発。
 午前11時28分、徳島県藍住町のショッピングセンター「ゆめタウン徳島」着。同所内のイベント広場で自民党参院選立候補者の演説会に出席し、演説。同56分、同所発。
 午後0時49分、高松市の「ぶっかけうどん大円」着。平井卓也自民党衆院議員と食事。
 午後1時12分、同所発。
 午後1時20分、高松市のことでん瓦町駅前着。街頭演説。同44分、同所発。
 午後2時21分、香川県坂出市のJR坂出駅前着。街頭演説。同47分、同所発。
 午後3時42分、JR岡山駅前着。街頭演説。同4時3分、同所発。
 午後4時27分、岡山空港着。同29分から同5時まで、同空港内の貴賓室で、伊原木隆太岡山県知事、加藤勝信官房副長官。
 午後5時15分、全日空658便で岡山空港発。
 午後6時24分、羽田空港着。
 午後6時45分から同7時20分まで、同空港内の羽田エクセルホテル東急内の個室で秘書官と食事。同24分、羽田空港発。同39分、東京・台場のフジテレビ着。
 午後8時8分から同9時8分まで、報道番組に出演。同22分、同所発。
 午後9時47分、私邸着。
 6日午前0時現在、私邸。来客なし。(2013/07/06-00:04)

 

首相動静(7月4日)
http://www.jiji.com/jc/zc?k=201307/2013070500003

 午前8時現在、宿泊先の福島市の「リッチモンドホテル福島駅前」。朝の来客なし。
 午前8時51分から同58分まで、NHKの報道番組の収録。同9時4分から同5分まで、報道各社のインタビュー。
 午前9時20分、同ホテル発。同24分、JR福島駅前着。街頭演説。同55分、同所発。
 午前11時36分、福島県いわき市の日本料理店「味匠やぐち」着。昼食。
 午後0時8分、同所発。
 午後0時14分、JRいわき駅前着。街頭演説。同43分、同所発。
 午後3時29分、JR池袋駅東口着。街頭演説。同52分、同所発。
 午後4時23分、東京・有楽町の大型商業施設「有楽町イトシア」前着。街頭演説。同47分、同所発。
 午後4時59分、自民党本部着。
 午後5時9分から同19分まで、細田博之同党幹事長代行。同20分から同30分まで、高村正彦同党副総裁。
 午後5時36分から同52分まで、スポーツ3紙のインタビュー。同53分から同6時9分まで、産経新聞のインタビュー。同56分、自民党本部発。同59分、東京・紀尾井町のNHK千代田放送会館着。
 午後7時20分から同37分まで、NHKの報道番組に出演。同40分、同所発。
 午後7時56分、東京・富ケ谷の私邸着。
 5日午前0時現在、私邸。来客なし。(2013/07/05-00:06)

 

首相動静(7月3日)
http://www.jiji.com/jc/zc?k=201307/2013070300119

 午前8時現在、東京・富ケ谷の私邸。朝の来客なし。
 午前9時10分、私邸発。
 午前9時25分、官邸着。
 午前9時28分から同56分まで、北村滋内閣情報官。
 午前9時57分から同10時11分まで、与党整備新幹線建設推進プロジェクトチームの町村信孝座長。
 午後0時25分、官邸発。
 午後0時30分、東京・内幸町の日本プレスセンタービル着。
 午後1時1分、日本記者クラブ主催の9党党首討論会開始。
 午後3時3分、党首討論会終了。同5分、同所発。同9分、官邸着。
 午後3時10分から同48分まで、岸田文雄外相、外務省の斎木昭隆事務次官、伊原純一アジア大洋州局長。
 午後3時49分から同4時7分まで、山本有二衆院議員。同15分から同27分まで、玉井義臣あしなが育英会会長らの表敬。同28分から同36分まで、ふるさとづくり有識者会議。
 午後4時42分から同5時22分まで、田村憲久厚生労働相。同23分から同38分まで、佐々木幹夫日韓経済協会会長ら。
 午後6時14分、官邸発。同25分、東京・二番町の日本テレビ麹町スタジオ着。
 午後7時12分から同50分まで、報道番組の収録。同52分、同所発。
 午後8時9分、JR東京駅着。同16分、やまびこ71号で同駅発。
 午後9時50分、JR福島駅着。同51分から同52分まで、同駅構内のコンビニエンスストア「NEWDAYS」で買い物。同54分、同駅発。同56分、福島市の「リッチモンドホテル福島駅前」着。
 4日午前0時現在、宿泊先のホテル。来客なし。(2013/07/04-00:18)

 

首相動静(7月2日)
http://www.jiji.com/jc/zc?k=201307/2013070200103

 午前8時現在、東京・富ケ谷の私邸。朝の来客なし。
 午前9時12分、私邸発。
 午前9時27分、官邸着。
 午前9時40分から同52分まで、古屋圭司拉致問題担当相。同10時2分から同14分まで、閣議。同17分から同39分まで、復興推進会議。
 午前10時41分から同11時まで、稲田朋美行政改革担当相。同24分から同49分まで、米フェイスブックのシェリル・サンドバーグ最高執行責任者らの表敬。同50分から午後0時12分まで、斎木昭隆外務事務次官。同15分から同20分まで、木村太郎首相補佐官。
 午後0時52分、官邸発。同55分、東京・虎ノ門のホテルオークラ着。同ホテル内の宴会場「平安の間」で全日本私立幼稚園PTA連合会全国大会に出席し、あいさつ。同1時30分、同ホテル発。同35分、官邸着。同2時5分、官邸発。同21分、東京・神南のNHK着。参院選比例代表の政見放送収録。
 午後4時45分、同所発。
 午後5時2分、自民党本部着。小泉進次郎青年局長と広報用のインターネット動画の収録。同24分、同所発。同27分、官邸着。同28分から同35分まで、北村新司千葉県八街市長、自民党の秋本真利衆院議員らから地域農業振興の要望。
 午後5時37分から同57分まで、山本一太海洋政策・領土問題担当相。同58分から同6時26分まで、甘利明経済再生兼TPP担当相。同28分、官邸発。同37分、東京・芝公園の東京プリンスホテル着。同38分から同7時7分まで、同ホテル内の宴会場「プロビデンスホール」で森喜朗元首相の「私の履歴書」出版記念会に出席し、あいさつ。同8分、同ホテル発。
 午後7時33分、東京都渋谷区本町の焼き肉店「カレア」着。秘書官らと食事。
 午後9時11分、同所発。同19分、私邸着。
 午後9時32分から同44分まで、朝日新聞の参院選企画用の写真撮影。
 3日午前0時現在、私邸。来客なし。(2013/07/03-00:14)

 

首相動静(7月1日)
http://www.jiji.com/jc/zc?k=201307/2013070100071

 午前8時現在、東京・富ケ谷の私邸。朝の来客なし。
 午前8時18分、私邸発。
 午前8時42分、JR上野駅着。同9時、スーパーひたち11号で同駅発。
 午前11時29分、JRいわき駅着。同32分、同駅発。根本匠復興相、森雅子消費者担当相ら同行。
 午前11時50分、福島県いわき市の「道の駅よつくら港」着。同51分から午後0時6分まで、隣接する海水浴場や道の駅内を視察。同7分から同8分まで、渡辺敬夫同市長から要望書受け取り。同11分、同所発。
 午後0時19分、いわき市久之浜町の慰霊碑前着。合掌、周辺の被災状況を視察。同25分、同所発。同34分、福島県広野町の日本料理店「和風みさか」着。根本復興相、森消費者担当相、山田基星同町長らと昼食。同1時5分、同所発。
 午後1時33分、福島県楢葉町の常磐自動車道復旧工事現場着。視察。松本幸英同町長ら同行。同46分、同所発。同57分、同県広野町の水田前着。同58分から同2時6分まで、水田を視察し農家を激励。同7分から同11分まで、報道各社のインタビュー。「復興に対する決意を」に「希望の芽が力強く枝葉を茂らせて大きな大木になっていくように全力を尽くしていきたい」。同12分から同14分まで、山田町長から要望書受け取り。同15分、同所発。
 午後2時51分、JRいわき駅着。同3時17分、スーパーひたち50号で同駅発。
 午後5時37分、JR上野駅着。同40分、同駅発。
 午後6時3分、東京・虎ノ門のホテルオークラ着。同ホテル内の日本料理店「山里」で伊吹文明衆院議長、下村博文文部科学相、中曽根弘文自民党参院議員会長らと会食。
 午後8時7分、同所発。同20分、東京・飯田橋のホテルグランドパレス着。同ホテル内の日本料理店「千代田」で読売新聞東京本社の飯塚恵子論説委員らと会食。
 午後10時9分、同ホテル発。同23分、私邸着。
 2日午前0時現在、私邸。来客なし。(2013/07/02-00:06)

始めに戻る


 キャンペーンバナー。

↓「カルト宗教 統一協会のお友だち こんな奴らが改憲?笑わせるな」バナー。

 クリックすると拡大するバナーです。ブログに貼れる370pxのサイズです。微修正の可能性有り、反映させますので直リンクが使用条件です。
「違憲状態選挙で選ばれた安倍が憲法改正を言う馬鹿馬鹿しさ」バナー


 

 「3経済団体代表者によるごり押し圧力と、元々原発推し進めた自民党の僕たちは原発やめないもん」糾弾バナー。

「3経済団体代表者によるごり押し圧力と自民党の僕たちは原発やめないもん」糾弾バナー


 クリックで拡大するバナーのタグを拾うには、範囲選択し、右クリックで「選択した部分のソースを表示」で拾います。ブラウザがFirefoxなら、その取得したタグを「HTMLの編集」画面に貼りつけます。

 

マスゴミの低投票率誘導洗脳大作戦」糾弾バナー。

マスゴミ低投票率誘導洗脳大作戦バナー


始めに戻る


 以下、資料として採録。

 

安倍首相 被災地パフォーマンスのあざとさ
2013年7月5日 掲載
http://gendai.net/articles/view/news/143274

07321de50cb0e6ec68e988b476728e78_2
「自民党は安全神話に寄りかかり、原発政策を推進してきたことを深刻に反省しないといけない。私たちには復興を加速させる大きな責任があり、復興のためにも強い経済を取り戻す」

 これは安倍首相が福島で行った参院選の第一声だ。原発政策を反省する政党が、なぜ再稼働を推進するのか。なぜ海外への原発輸出に必死になるのか。復興を加速させると言いながら、復興予算の流用対策が遅れ、1兆円が被災地以外に使われていくのを止められなかったではないか。

 安倍は、昨年の衆院選に続き、今回もまた公示日にわざわざ福島へ出向いた。前夜遅く福島駅前のホテルに泊まり、午前福島駅前といわき駅前で街頭演説。午後には東京・池袋へトンボ返りだ。“震災復興”を選挙の象徴的なイメージにしようと躍起である。

「被災地を利用した選挙パフォーマンス」だと呆れるのは、作品の取材で毎月東北を回っている作家・相場英雄氏だ。
「安倍さんは福島もいわきも駅前で数時間滞在しただけでしょ。『被災地の復興を考えています』という、わざとらしさが透けて見えます。被災地の住民はみな、『政府の偉い人たちは、一度、仮設住宅に泊まってみたらいい』と口々に言っています。そうすれば本当のニーズがもっと分かる。例えば、自治体によってガレキの残っている量が全く違うんです。自治体の境界線を越えるとガラッと景色が変わることがある。復興庁という組織をつくったのに、機能していないんじゃないか」

<トンボ返りせず仮設住宅に泊まってみたら>

 6月に被災地を取材したばかりのジャーナリスト・鈴木哲夫氏もこう言う。

「被災者が望んでいるのは、生活再建と仕事です。しかし、相変わらず仮設住宅に住み、雇用は増えていません。高台移転の話がありましたが、土地の確保も進んでいない。石巻(宮城県)で一番大きな仮設住宅を取材すると、『国会議員は現場に来ないから、実態が分かるわけがない。それなのに、どんどん復興に関する公約がつくられる。不思議です』という声を聞きました」

 安倍は毎月被災地を訪問していることもアピールの材料に使っているが、そこまで言うなら、駅前のホテルじゃなくて、仮設住宅に泊まればよかったんじゃないか。

関連記事
 「DJポリス」に警視総監賞のあざとさ
 長島・松井の「国民栄誉賞」で透けて見えるあざとさ
 「子どもマニフェスト」まで作った自民のあざとさ
 「官邸崩壊」第2幕 安倍側近が放言 自己アピールでついに暴走
 橋下代表、オスプレイ大阪受け入れ提案はパフォーマンス

 

フォーサイト POLITICS
自民党「参院選後」の頭痛のタネは「公明党」
http://www.jiji.com/jc/foresight?p=foresight_11401&rel=y

1140114821329 参院選が公示され、第一声を上げる自民党総裁の安倍晋三首相=2013年7月4日、福島市【時事通信社】

 「選挙に絶対はない」とは、政界でよく使われる言葉だ。ただ、6月23日に投開票された東京都議選の結果を見るかぎり、7月21日投開票の参院選の結果はある程度予想がつく。多少のずれはあるだろうが、自民党は議席数を大きく伸ばし、民主党は後退するだろう。問題は選挙後の展開である。

 安倍晋三首相にとっての今後の課題は念願である集団的自衛権行使の容認や憲法改正であり、それに加えて、判断を誤ることができない消費税増税や成長戦略などであろう。だが、そうした政策を進める上で、気がかりな点がある。公明党の存在である。

「アベノミクス」をめぐる温度差

 都議選での自民党勝利が確実な情勢となりつつあった投開票日の6月23日夜、同党の石破茂幹事長は党本部で記者団に囲まれて、勝因について次のように語った。

 「大胆な金融緩和、機動的な財政出動という第1、第2の矢はご評価をいただいている。第3の矢はまだお示ししている段階だから、多くの国民が得心していただけるようなさらなる努力が必要だ」

 やや控えめな言い方ではあるが、安倍内閣の経済政策(アベノミクス)の3本の矢が国民に支持されているという自負がうかがえる。

 同じ夜、公明党の山口那津男代表は周囲にこんなふうに愚痴をこぼしていた。

 「都議選でアベノミクスがどうのこうのと訴えるのはおかしい。医療とか福祉とかゴミ問題とか、都民はそっちに関心が強い」

 さらに、公明党の高木陽介選挙対策委員長は公明党本部に集まっていた記者団に、「アベノミクスの評価が下されたかどうかは、都議選では分からない。評価されたかもしれないし、そうではないかもしれない。だから、『アベノミクスが評価された』と言いすぎると、足をすくわれる。実際、内閣支持率も株価も下がっているじゃないか」と話した。

 アベノミクスへの評価としてどちらの説が妥当かは別として、大事なことは自公両党の言い分が明らかに異なっているという事実である。


「憲法改正」での深い溝
http://www.jiji.com/jc/foresight?p=foresight_11402

1140214821342 参院選の公示日を迎え、第一声を上げる公明党の山口那津男代表=2013年7月4日午前、さいたま市大宮区のJR大宮駅前【時事通信社】

 公明党は与党の一員であり、当然アベノミクスを推進している立場である。もちろん、アベノミクスに反対していない。だが、2人の発言を聞くかぎり、そんなふうにも思えない。反対はしていないが、それほど成功するとも思っていない。そんなふうに聞こえる。経済政策の先行きに不安を感じているのだ。

 自公両党のもっと深い溝は、憲法改正問題に表れている。

 「都議選では憲法改正を強調することは都議選という性格上差し控えた。参院選は国政選挙だから参院選において憲法改正を訴えないということはない。ただ、国民が今一番切実に期待しておられるのは何かと言えば経済政策である」

 都議選の大勢が判明した6月23日午後11時半ごろ、自民党本部で記者会見した石破幹事長は、記者から「参院選では憲法改正をどのように訴えていくのか」と尋ねられて、こんなふうに答えた。その上で、石破氏は次のように付け加えた。

 「憲法改正を当然正面から掲げるものだが、時間軸の観点から言って、それよりもさらに急ぐことはあるだろう。憲法改正を隠すつもりは全くないが、何が国家国民にとって緊要であるのかということを訴えることも参院選の大きな意義だ」

 この言い訳がましい答え方には、憲法改正を主張することへの迷いが垣間見える。石破氏は、憲法改正の訴え方について聞かれたのだから、憲法のことだけを答えればいいのに、聞かれてもいない経済政策に言及した。その挙句に、問わず語りに「憲法改正を隠すつもりはない」とまで言い添えた。まるで後ろめたいことでもあるかのようである。


「集団的自衛権」にも批判的
http://www.jiji.com/jc/foresight?p=foresight_11403

1140314747842 離島奪還を想定した日米統合訓練で、訓練の打ち合わせを行う、陸上自衛隊員(奥)と米海兵隊員=2013年6月20日、米カリフォルニア州サンクレメンテ島【時事通信社】

 こんな発言の背景には、憲法改正に関して自民党が抱える2つの問題がある。1つは、各種マスメディアの世論調査で、自民党が主張してきた憲法96条改正が必ずしも国民の過半数の支持を得ていないという事実。2つ目は連立政権を組む友党の公明党が憲法改正に慎重であるという政治事情である。

 安倍首相は6月10日発売の月刊誌のインタビューで、以下のような見解を示している。

 「場合に応じて改憲の発議要件を衆参両院の3分の2以上にする場合と、2分の1以上にする場合に分けてはどうかという案があります。たとえば、統治機構に関する条文は衆参両院の2分の1でもよいが、一方で人権に関わる条文や9条などは3分の2以上にしようという議論です」

 インタビューの前後を読めばわかるが、これは安倍首相本人の意見ではない。安倍首相が自民党内に存在する一部の意見を紹介したものだ。

 ただ、こうした自民党内の声をあえて披露しなければならなかったのはなぜか。憲法96条改正に慎重な公明党と世論への配慮としか考えられない。

 これまでの自民党の戦略は、国会が改憲を発議するためのハードルを現在の衆参両院の3分の2から2分の1へと下げるために、そのハードルを定めている憲法96条の改正を先行させるというものだった。ただ、それだけで終わりではなく、96条改正の後には、安倍首相は憲法9条改正のほか、憲法前文の改正を目指しているとみられる。

 これに対して、公明党は憲法9条などに新たな条項を書き加える「加憲」の立場を打ち出しているものの、概して憲法改正には消極的である。同党の山口代表はことあるごとに憲法96条を先行して改正するという自民党の従来の主張に対して、「議論が成熟していない中で96条だけ変えるのは国民になじまない」と慎重姿勢を強調してきた。また、それだけでなく、96条を改正することそのものについて、「(発議要件を2分の1以上にして)法律と同じにするとぐらぐらしてしまう」と疑問視。また、集団的自衛権の行使についても批判的な態度をとってきた。


いずれは袂を分かつ日が…
http://www.jiji.com/jc/foresight?p=foresight_11404

1140414501861 憲法改正の発議要件を定めた96条について初めて討議した衆院憲法審査会。多くの報道陣が見守った=2013年5月9日、国会内【時事通信社】

 都議選開票翌日の24日には、同党の井上義久幹事長が都内のホテルで講演し、「今回の参院選で、憲法が争点だという人がいるが、私は大きな争点にならないと思う。1番の理由は国民の議論が具体的に憲法のどこをどう変えるのかという、その議論が熟していない」と指摘した。

 公明党の言うように参院選の争点から憲法改正問題を隠すこともできる。そうすれば、一時的に自公の亀裂は目立たなくなる。だが、将来この問題をめぐって自公両党が袂を分かつ日がやって来るだろう。

 失速気味ではあるが、日本維新の会は憲法改正推進派である。同党の一部の議員は安倍首相や菅義偉官房長官ら現政権幹部と親密な関係にある。このため、与党内からは、「安倍首相はいずれ維新の会と手を組み、公明党を排除したいのだろう」という声がよく聞こえてくる。

 ただ、今の維新の会の勢いからみると、参院選でそれほど大きく議席数を伸ばすことは考えにくい。そうなると、公明党を排除した場合、安倍首相は参院の総定数の3分の2の改憲勢力を集めるのが困難になる。

 また、民主党内の保守系議員の数をあてにするわけにもいかない。なぜなら、改憲積極派の民主党議員のほとんどが衆院議員だからだ。衆院ではすでに自民党と維新の会を合わせて改憲派が3分の2を超えている。だが、参院では、自民党が今回の参院選に勝利したとしても3分の2には程遠い。維新の会も調子がよくなく、あまり議席増は見込めない。頼みの民主党にはほとんど改憲派議員がいない。

 安倍首相はそれでもなんとか、思い通りに改憲派をかき集めることができるか。それとも公明党などと手を組み、改憲の中身をより他党の主張に沿ったものにするか。苦しい決断を迫られることになる。


安倍首相のストレスは?
http://www.jiji.com/jc/foresight?p=foresight_11405

1140514822657 街頭演説の終わりに投票を呼び掛ける自民党総裁の安倍晋三首相=2103年7月4日午後、東京都豊島区【時事通信社】

 他にも、安倍政権にとって気がかりなことがある。安倍首相の心理状態である。

 安倍首相が6月12日にインターネットの会員制交流サイト「フェイスブック」に書き込んだ内容が話題になっている。田中均元外務審議官の北朝鮮問題に関する発言について、「彼に外交を語る資格はない」と、厳しく批判したのだ。

 田中氏の外交姿勢には問題があるのかもしれないが、そうだったとしても一国の首相がすでに民間に退いた一個人を激しく罵倒するのはやりすぎだとの声が多い。

 民主党からも強い批判があったが、公明党幹部も「危ないな。あそこまで批判する必要はない」と疑問視している。また、身内の自民党でも、小泉進次郎青年局長が「個人の名前を挙げて反論、批判すべきではないと思う。そこは受け流して、(政治家としての)結果を出すことに専念した方がいい」と述べた。

 安倍首相は最近、心理的な余裕を失っているのかもしれない。内閣支持率は依然高水準とも言えるが、ピークを過ぎて落ち始めた。安倍政権発足時からみれば、株価は上がり円高も是正されたとも言えるが、最近の株価は乱高下し、アベノミクスに暗雲が垂れ込めてきた。こうした状況に比例して、国会などでの野党とのやりとりで、安倍首相が無視しておけばいいような発言にかみつく場面も散見されるようになってきた。

 第1次安倍政権は安倍首相が体調を崩したことで終焉した。これから消費税増税などに取り組まなければならない安倍首相に、こうしたストレスがどのように影響するか。注視しなければならない。


民主党はどこまで負けるか
http://www.jiji.com/jc/foresight?p=foresight_11406

1140614823194 福島原発事故で福島県浪江町から避難している仮設住宅を訪れ、支持を訴える民主党の海江田万里代表(左)=2103年7月4日午後、福島市【時事通信社】

 一方、参院選後に、安倍首相以上に政局の荒波に翻弄されそうなのは野党だろう。特に民主党と維新の会は危機的な状況にある。

 民主党の細野豪志幹事長は都議選の開票結果を受け、6月24日未明の記者会見で、「敗因は?」と質問されて次のように述べた。

 「これだけ厳しい選挙なので、候補者ひとりひとりの責任にするわけにいかない。党全体で受け止める必要がある」

 候補者個人ではなく、民主党そのものに敗因があると言っているわけだ。

 選挙においては、候補者の資質が問題になることもあるし、地方選ではその土地の特殊事情や固有のテーマが問題になることもある。だが、今回の都議選はそうしたものはすべて脇に押しやられた感がある。民主党のベテラン議員はこんなふうに指摘している。

 「3年3カ月の民主党政権の失敗を都民は忘れていなかった。民主党というだけで勝てない」

 たしかに、鳩山由紀夫、菅直人、野田佳彦の3代の民主党政権を経験して、民主党はもうこりごりだと有権者は思っているのではないか。もちろん都政は国政とは違い、都議選は政権選択選挙ではない。それでも、都民は民主党に政治を任せるのが嫌だった。つまり、都議選での民主党候補者の敗因は「民主党候補」だったという点にある。多くの有権者は党名で投票先を選んだのではないか。

 これは民主党にとって根源的に深刻な事態である。民主党の政策や候補者ではなく、民主党そのものが失格という烙印を押されているとすれば、対処のしようがないからだ。このベテラン議員は「党名を変えないとだめだ」とも言うが、そんなことでは、有権者の判断は変わらないだろう。参院選でも、民主党だという理由で、民主党候補は苦戦するだろう。


維新は「四分五裂」の危機
http://www.jiji.com/jc/foresight?p=foresight_11407

1140714816290 参院選公示を前に行われた与野党9党首による討論会で、方針を示す日本維新の会の橋下徹共同代表=2013年7月3日午後、東京都千代田区の日本記者クラブ【時事通信社】

 参院選で負ければ、民主党内から党執行部の責任を追及する声も出て来る。海江田万里代表を降ろそうという動きもあるはずだ。そうなれば、民主党代表選が実施される。

 だが、新代表を選んだところで、国民の信頼を回復することができるだろうか。新代表が誰であろうと、民主党内からは今後も離党者が相次ぐだろう。何しろ、民主党だというだけで選挙に負けるのだから、そんな政党に残っていても何の得にもならないと判断する議員がいてもおかしくない。このため、参院選で予想を覆す勝利をおさめられればいいが、そうでない場合、民主党は自壊過程に入る可能性が大きい。

 維新の会も参院選後に四分五裂するかもしれない。慰安婦発言で党を窮地に陥れた橋下徹共同代表の責任を問う声が、すでに党内から上がっている。だが、問題は民主党と違って、維新の会にとっては橋下氏が象徴的な存在であるという点にある。橋下氏擁護派は「橋下さんが代表ではない維新の会は、もう維新の会ではない」と話すが、たしかにそういう面はある。維新の会が、橋下氏のキャラクターやリーダーシップでここまで来た政党であることは間違いない。

 党内では、以前から橋下氏のもとにまとまってきた大阪維新の会メンバーと東京を中心に活動する新参者の国会議員団の間に亀裂が生じている。これが分裂に発展するのかどうか。すでに若手議員を集めた党内グループ結成の動きや保守系議員を中心とした離反の動きが水面下で始まっている。

 参院選後は、与党では自民、公明の溝が広がるのか修復されるのか、野党では民主党と維新の会が分裂するのか存続するのか。ここが注目点になるだろう。

始めに戻る


※参考:オープン・ソース・インテリジェンス(Wikipediaより)

オープン・ソース・インテリジェンスまたはOSINTとは、公開情報(オープン・ソース:一般公開され利用可能な情報源)から収集された情報を元にする、(機密)情報収集の専門領域を指す。

概説

“合法的に入手出来る資料”を“合法的に調べ突き合わせる”手法で、情報源は政府の公式発表(プレスリリース)、マスメディ アによる報道、インターネット、書籍、電話帳、科学誌その他を含む。具体的には、対象国の軍の編制を割り出すために、対象国の新聞社交欄、ニュースの断 片、高級将校の異動発令などを丹念に集積し、分析するといった手法である。

細かいデータを少しずつ集めて分析するだけでも、相当な精度の情報が得られることがある。媒体入手・分析は駐在国公館で行なわれる事が多い。ラジオ放送は自国領内で受信する。

始めに戻る


 キャンペーンバナー。

↓「カルト宗教 統一協会のお友だち こんな奴らが改憲?笑わせるな」バナー。

 クリックすると拡大するバナーです。ブログに貼れる370pxのサイズです。微修正の可能性有り、反映させますので直リンクが使用条件です。
「違憲状態選挙で選ばれた安倍が憲法改正を言う馬鹿馬鹿しさ」バナー


 

 「3経済団体代表者によるごり押し圧力と、元々原発推し進めた自民党の僕たちは原発やめないもん」糾弾バナー。

「3経済団体代表者によるごり押し圧力と自民党の僕たちは原発やめないもん」糾弾バナー


 クリックで拡大するバナーのタグを拾うには、範囲選択し、右クリックで「選択した部分のソースを表示」で拾います。ブラウザがFirefoxなら、その取得したタグを「HTMLの編集」画面に貼りつけます。

 

マスゴミの低投票率誘導洗脳大作戦」糾弾バナー。

マスゴミ低投票率誘導洗脳大作戦バナー


始めに戻る

 

雑談日記は良質な情報への中継点
と、人気blogランキングバナー に参戦中。

(↓クリックすると拡大)
自民党は自Endバナー 自民党は自Endバナー の猫ちゃんつながりブログを倭国大乱を記録するブログの数々として見つける毎に適宜追加。但し結構忘れてます(汗)

 ココログ利用で、即行で以下のTBPライブリンクをサイドエリアへはりたければ⇒一輪のバラをクリック。

 以下、登録・スタートさせたトラックバック・ピープルです。
主権者国民連合主権者は私たち国民自民党政治民主党政治社民党や共産党にトラックバックしてます。

 

※原発関連で3冊:

知事抹殺 つくられた福島県汚職事件 佐藤 栄佐久 (著)

原子炉時限爆弾 広瀬 隆 (著)

隠される原子力・核の真実―原子力の専門家が原発に反対するわけ 小出 裕章 (著)

 

|

« 2013年7月 福島第一原発の現状(東京新聞) | トップページ | 2013年7月の小出裕章ジャーナルなど。 »

コメント

SOBAさん、メチャおひさしぶりです。
ところで、また不正選挙かとおもいます。

残余投票用紙・残余入場券の数の確認には
http://richardkoshimizu.at.webry.info/201307/article_210.html

NHK世論調査:投票「必ず行く」など66% 参院選の期日前投票 前回比12%増の456万人余り ~総務省 ―
http://velvetmorning.asablo.jp/blog/2013/07/21/6910844

杉並・桃井第三小の出口調査 9位、公明・山口(3.94%)
http://velvetmorning.asablo.jp/blog/2013/07/22/6911871

今回の参院選が不正選挙であったといえる理由 西東京市編 ―2013/07/22 21:48
http://velvetmorning.asablo.jp/blog/2013/07/22/6912407

【投票時間の繰り上げが過去最高】 周到に準備された不正選挙か?
http://www.rui.jp/ruinet.html?i=200&c=400&t=6&k=2&m=279464

投稿: あずーる | 2013年7月23日 (火) 23時10分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/91038/57758828

この記事へのトラックバック一覧です: 2013年7月「首相動静」です。元号平成の「成」をちゃんと書けない安倍晋三、こんなバカに改憲なんて真っ平御免。:

« 2013年7月 福島第一原発の現状(東京新聞) | トップページ | 2013年7月の小出裕章ジャーナルなど。 »